ベンツ

    google

    1: 2017/11/09(木) 11:23:28.95 ID:3js8pN+e0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典

    ドイツ自動車大手ダイムラーは、学習型AI(人工知能)機能を持つチャットボット
    (自動会話プログラム)型の顧客支援サービス、「アスクメルセデス」を間もなく導入する。
    最高デジタル責任者(CDO)のサビーヌ・ショナー氏が7日、リスボンで開催された「ウェブサミット」で発表した。

    アスクメルセデスは当初から複数の市場と言語で利用可能で、今後は世界展開を図るとしたが、
    詳細は明らかにしなかった。顧客は音声による指示やテキストベースのチャットを使い、
    いつでもサポートが受けられる。

    最近の車種に搭載されているアスクメルセデス・アプリ、スマートホン向けのアプリ、
    もしくは自宅に置いているグーグルの「グーグルアシスタント」に話しかけることで質問が可能だという。

    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/ai-25.php


    【ベンツ発表、ナイト2000みたいに喋る人工知能を搭載wwww】の続きを読む

    1: 2017/11/06(月) 17:20:19.99 ID:2QVsQOmd0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典

    ひと口に電気自動車と言っても、電気モーターを駆動する方法はいくつもある。
    いま再び注目を集めているのは、水素を燃料にして発電するクルマだ。

    水素で走るEV(電気自動車)のことを、充電方式を採る車両と区別してFCV(燃料電池車)と呼ぶ。
    先刻ご承知の読者もいるだろうが、日本ではトヨタ が「MIRAI」でホンダが「クラリティ」で先鞭をつけている。
    簡単に構造を説明すると、FCVは水素と酸素を化学反応させて電気を取り出す構造を持っている。
    その電気でモーターを駆動するのだ。

    FCVは日本だけが推進するガラパゴス的テクノロジーだ、と思っているひともなかにはいるかもしれないが、
    じつは海外のブランドも注目している。メルセデス・ベンツはそのうちのひとつで、東京モーターショーに
    「GLC F-CELL」なるモデルを持ちこんだ。

    no title


    トヨタともホンダともちがうのはプラグインである点だ。GLC F-CELLは水素充填だけでなく、
    外部充電システムも備える。その意味では“世界初”とメルセデス・ベンツが謳うのは正しい。

    「わが社はFCVに注目しています。日本でも各地に水素ステーションが出来ているし、欧州でも
    ドイツを中心に各国がステーション増設に向けていま動きだしています」

    燃料電池の技術と水素インフラを担当するシニアマネージャー、という肩書きを持つドクター・
    ゲオルグ・フランクは、東京モーターショーのメルセデス・ベンツのブースでそう語った。

    https://gqjapan.jp/car/story/20171031/electric-mobility-with-fuel-cell


    【メルセデス・ベンツ、最高級車を発表】の続きを読む

    img_top_main2

    1: 2017/10/29(日) 08:34:50.007 ID:YLnkglayH

    友達「Aだけど…」
    俺「やっぱり。Aとか日本でいう軽だよ。それでドヤ顔されても…」
    女「なにそれ?ベンツってだけで凄いじゃん。人の車にケチつけるとかダサいよ」



    やっぱベンツつえーわ…


    【友達「俺ベンツ乗ってるよ」女「すごーい!」俺「クラスは?」】の続きを読む

    thumb_227_default_large

    1: 2017/08/18(金) 21:16:23.985 ID:msK12U9b0

    各クラスとも、世界トップクラスの性能・デザインだよね
    悲しくなる
    国産メーカーがCクラスと同等のレベルの車作ろうとしたら1.5倍くらいの値段になりそう


    【現実的にメルセデス・ベンツに対抗できる国産自動車メーカーが一切ない件についてお前らはどう考えてるの?】の続きを読む

    img_e4d0c48684f71e0e5a338cb06d37d4ef214046

    1: 2017/07/22(土) 06:25:00.96 9

     メルセデス・ベンツ日本(東京)は21日、親会社のドイツ自動車大手ダイムラーが欧州で実施するディーゼル車300万台以上の無償修理について、日本でも同様に対応すると発表した。
    「日本は対象外」との方針を20日に公表していたが、その後、ダイムラーからの指示を受け、一転して無償修理の実施を決めた。

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072200065


    【ベンツ「日本でディーゼル車の無償修理は行わない」→ 一転して修理実施】の続きを読む

    img_e4d0c48684f71e0e5a338cb06d37d4ef214046

    1: 2017/07/20(木) 22:24:51.13 ID:CAP_USER

    排ガス不正が疑われる独ダイムラーが実施する大量リコール(回収・無償修理)をめぐり、メルセデス・ベンツ日本法人は20日、日本での販売分はリコール対象外だと発表した。

     対象は300万台を超え、11年以降に欧州で売ったメルセデス・ベンツのディーゼル車のほぼ全てにあたる。ダイムラーは、欧州と日本では排ガス規制が違うため、現時点では対象から外したと説明している。

     ダイムラーは現地検察の捜査を受けているが、不正を否定し、今回の修理も「サービスキャンペーン」と主張する。修理では、欧州の市街地を実際に走ったときに、排ガスに含まれる有害物質が減るようエンジンのソフトウェアを更新する。

     日本でのベンツの販売のうちディーゼル車は2割を占める。所有者からの問い合わせは、
    http://www.asahi.com/articles/ASK7N4T8NK7NULFA00M.html


    【ベンツ「日本販売分はリコール対象外」 排ガス不正疑惑】の続きを読む

    1: 2017/07/06(木) 09:55:45.98 ID:CAP_USER

    ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは7月5日、ブランド初の市販ピックアップトラック、『Xクラス』を7月18日に初公開すると発表した。

    メルセデスベンツは2016年秋、『コンセプト Xクラス』を発表。Xクラスは、このコンセプトカーの市販版として登場する。

    Xクラスは、メルセデスベンツを擁するダイムラーと、ルノー日産の協力関係を生かして開発が進められてきた。日産の新型『NP300ナバラ』と、車台などの基本構造を共有する。

    Xクラスの生産は、日産NP300ナバラやルノー『アラスカン』とともに、アルゼンチン・コルドバのルノー工場と、スペイン・バルセロナの日産工場で行う計画。設計とデザインは、メルセデスベンツが独自に担当。Xクラスは2017年後半、欧州、オーストラリア、南アフリカ、中南米などの市場に投入される予定。

    Xクラスは、最大積載量が1トンクラスの中型ピックアップトラック。全高はおよそ1900mm。パワートレインに関しては、最上級グレードにV型6気筒ターボディーゼルを設定。駆動方式は、フルタイム4WDの4MATICとの組み合わせになる。
    https://response.jp/article/2017/07/06/297068.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【メルセデス初のピックアップトラック、『Xクラス』 7月18日デビューが決定】の続きを読む

    1: 2017/06/23(金) 13:36:06.247 ID:KA8H4P+j0

    no title

    no title



    メルセデス・ベンツS65AMGク-ペ

    お値段3400万円
    6000ccのv12ツインタ-ボ
    630馬力 トルク102kgm

    マッサージ機能やシ-トエアコン付き

    乗り心地の良さは今世にある車でロ-ルスロイスかこれかって言われるぐらいらしい


    【メルセデス・ベンツの最高峰の車をご覧ください…】の続きを読む

    1: 2017/05/03(水) 18:50:38.69 ID:CAP_USER9

    http://www.asahi.com/articles/ASK5235X1K52ULFA00B.html?iref=com_rnavi_arank_nr01
    no title

    (他の写真はソースに有ります)

     独メルセデス・ベンツ日本法人は2日、人気映画「スター・ウォーズ」シリーズの公開40周年を記念した特別仕様車の受注を始めた。
    120台限定で、6月上旬に発売する。都内で開かれたイベントには、おなじみのロボット「C―3PO」や「R2―D2」も登場し、ファンを喜ばせた。

     4ドアのクーペ「CLA」がベース。ドアを開くと、足もとに映画のロゴがライトで映し出される。
    さらにエンジンのスイッチを押すと、ドライブレコーダーからは「R2―D2」の電子音が流れ、映画の雰囲気を再現する。

     車体の色は黒と白の2種類で、それぞれ悪役「ダース・ベイダー」と兵士「ストームトルーパー」をイメージした。
    価格は税込み504万円。

     5月4日はファンの間で「スター・ウォーズの日」として親しまれている。
    映画の人気フレーズ「May the Force be with you(フォースとともにあらんことを)」のMay「5月」とthe Force「4日(the Fourth)」の語呂合わせで「スター・ウォーズの日」になった。


    朝日新聞
    2017年5月3日10時01分


    【スター・ウォーズ仕様のベンツ車、504万円で6月発売 公開40周年記念特別仕様 車内も雰囲気を再現】の続きを読む

    1: 2017/04/17(月) 09:43:44.220 ID:OkzpY95cd

    満場一致ですね(^^)

    no title

    no title

    no title

    no title


    【とんでもなくかっこいい車見つけたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ