アウディ

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/08/17(月) 10:39:51.58

    http://japanese.joins.com/article/448/204448.html
    ドイツのプレミアム自動車ブランドであるアウディが1度の充電で500キロメートルを
    走ることができる電気スポーツユーティリティー車両(SUV)を開発するためにLG化学・サムスンSDIと
    協業することにした。アウディのウルリッヒ・ハーケンベルグ開発総括は13日、
    「次世代の電気SUV開発プロジェクトに採用される革新的で強力なバッテリーセルとモジュールを共同で開発する」と明らかにした。

    3社が膝を突き合わせて開発に乗り出すバッテリーは1度の充電で最大500キロメートルを走ることができる
    容量で既存の乗用車と同等の水準だ。通常の電気自動車の走行距離(150~200キロメートル)
    を越えることはもちろん電気自動車の代表会社であるテスラのモデルSの走行距離(480キロメートル)より進んでいる。

    サムスンSDI関係者は「現在1度の充電で300キロメートルを走ることができる
    バッテリー基盤技術が開発されている状態であり、完成車業者と共助すれば500キロメートル完走用製品も
    まもなくリリースすることができるだろう」と説明した。趙南成(チョ・ナムソン)サムスンSDI社長は「バッテリー革新を繰り返して電気自動車時代を早める」と話した。

    市場調査機関であるB3によれば世界の電気自動車市場は今年の230万台規模から
    2020年600万台規模に増加する展望だ。電気自動車バッテリー市場も同期間60億ドル(約7470億3000万円)
    から211億ドルに3倍以上成長すると予想される。


    【【自動車】アウディ・サムスン・LGの3社、500キロ走行可能な次世代バッテリーを共同開発へ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/03(月) 17:34:51.85 ID:???.net

    http://response.jp/article/2015/08/03/257093.html
    https://youtu.be/Lb1Efv0EH7A


    アウディは7月31日、米国カリフォルニアのソノマ・レースウェイで、
    最新世代のアウディ「RS7 自動運転コンセプトカー」による走行を公開。プロドライバーに匹敵する運転スキルで、
    1周4050メートルのサーキットを2分01秒01のタイムで周回した。

    アウディは2014年10月、「ボビィ」というニックネームで呼ばれたRS7ベースの実験車で
    独ホッケンハイム・サーキットを自動運転。最高速度240km/hを記録した。
    それに対し、「ロビィ」と名付けられた今回のテスト車は、560hpのパワーを発生し、
    重量は前のモデルより約400kg軽量化。ブレーキングやステアリング操作、加速において、すべての運転操作を完全に自律的かつ最高の精度でコントロールした。

    またアウディは、自動運転の実験をサーキット以外の過酷な実際の道路交通環境でも行っている。
    2015年の初めに、「ジャック」と命名された、生産モデルに近いA7の自動運転コンセプトカーが、
    シリコンバレーからコンシューマーエレクトリックショー(CES)が開催されるラスベガスまで、一般のハイウェイなどを通って自動運転で移動してみせた。

    アウディの自動運転は、『A8』の次世代モデルで実用化が図られる予定で、駐車時の操作や、
    フリーウェイなどにおける60km/h以下での加減速、停止、再発進などの自動操作が盛り込まれる見込みだ。


    【【クルマ】アウディ、米のサーキット場で自動運転走行公開 プロドライバーの運転スキルで周回 次世代A8モデルで実用化へ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/27(土) 17:10:21.841 ID:DhAzcxwx.net

    メーターにナビ表示するって逆になんで今まで誰もやらなかったんだ
    超便利ぞゃん


    【アウディの新型車のメーターかっこよすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/04/08(水) 22:36:04.95 ID:???.net

    アウディは、改良した高級スポーツ車「A7 スポーツバック」を21日から売り出す。
    価格は税込み716万円で、従来モデルよりも約160万円安い。

    排気量を1リットル落としたエンジンを積むなどしてコストを抑える一方、後部座席の定員を
    従来モデルより1人増やし、5人乗りにした。

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://www.asahi.com/articles/ASH4754C3H47ULFA017.html


    【【自動車】アウディ、A7スポーツバック発表 価格抑え716万円】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/17(火)09:53:42 ID:???

    先進技術による革新をめざす独アウディは、LEDをはじめとする照明技術にも力を入れる。
    独インゴルシュタットにある本社工場敷地内の研究棟には、長さ120mにもおよぶ
    照明研究用施設を備える。そこで公開されたアウディ未来の照明技術のひとつが、
    「ボディパネルの照明化」だ。

    その中でも、まだあまり世に知られていないのが「ボディパネルの照明化」技術だ。
    デモンストレーションでは、アウディ『A1』のリアビューをアレンジした模型に
    ディスプレイ状のLEDが取り付けられ、炎のような模様がアニメーションとして
    映し出されていた。この炎はブレーキランプ、そして黄色い光はターンシグナルだ。

    渦巻く赤い炎の中から、車両の外側に向かって走るターンシグナルの動きは、
    マトリクスLEDのターンシグナルの進化形ともいえるだろう。

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=oisfJcRD5w8



    http://response.jp/article/2015/03/16/246739.html


    【【自動車】炎を描くテールランプ、アウディ最新の照明技術】の続きを読む

    1: マスク剥ぎ(catv?)@\(^o^)/ 2015/03/09(月) 11:42:45.54 ID:iGTQTBwc0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    アウディは、ジュネーブモーターショー2015 フルモデルチェンジするQ7のプラグインハイブリッドモデル
    Q7 E-Tron クワトロ を正式発表した。

    新型Q7
    全長5,050mm
    全幅1,970mm
    全高1,740mm
    ホイールベース長2,990mm

    世界初となるディーゼル・プラグイン・ハイブリッド

    3.0L V型6気筒ターボディーゼルエンジンTDI
    最高出力258ps
    最大トルク600Nm

    電気モーター
    最大出力128ps
    最大トルクトルク350Nm

    トータル
    最大出力373ps
    最大トルク700Nm
    8速オートマチックトランスミッション「Tiptronic」

    に17.3kWhものリチウムイオン電池を積む、このプラグインハイブリッドカーは
    56kmをEV走行することができるそうだ。
    ディーゼル燃料満タンで、1,410kmの距離を走行できる。
    no title

    no title

    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-475.html


    【アウディ 新型 Q7 E-Tron クワトロ 世界初のディーゼルプラグインハイブリッド 正式発表!!】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/06(金) 17:35:06.94 ID:+iw5Rxgd.net

    どういった条件で迷われているんですか?って聞かれたから装備や大きさ並べた後に「特にブランドには興味ないんですよね」って言ったら
    「そんなね、曖昧なものじゃなくてですね、「アウディに乗りたいんだ!」ってお客様に乗っていただきたいんですよ、失礼ですがそんな選び方をする方珍しいですよ」
    って怒られた
    おまえらにブランド脳はアホとか刷り込まれたからこんなこと言っちゃって怒られたんだぞ
    まずおまえら俺に謝れよ


    【アウディの車屋さんの営業マン高圧的すぎワロエナイッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2014/12/30(火) 00:00:01.12 ID:???.net

    アウディジャパン、36モデルで値上げ…原材料費高騰などで

    アウディジャパンは、2015年1月1日より一部モデルで約3%の価格改定をおこなうと発表した。
    原材料費の高騰および、輸送コスト上昇に対応するもの。
    対象となるのは、『RSモデル』や『R8』なども含む36モデル。

    レスポンス 12月29日(月)13時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00000011-rps-bus_all

    VWジャパン、1月1日より11モデル29グレードを値上げ
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000052-rps-bus_all


    【【自動車】アウディジャパン、値上げ】の続きを読む

    1: トペ コンヒーロ(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/16(木) 17:51:01.55 ID:AiVYxiMi0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典

    アウディが幾つかのモデルに採用を開始した「マトリクスLEDヘッドライト」が話題だ。世界初の眩惑防止機能を備えたこのライト、名前こそ凄そうだが、どう凄いのか今一つ分からない、という人も多いはず。
    オフィシャルページに詳細な説明があるものの、メカ好き向けと言う雰囲気だ。そこでおススメしたいのがこの動画。たった40秒、英語の説明が少しあるだけだが、一見でマトリクスLEDライトと普通のライトの違いがわかるはず!
    http://www.youtube.com/watch?v=DSbbf-by0J4


    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20141016-10212455-carview/


    【一目瞭然!動画で分かる、アウディ マトリクスLEDライトの凄さ】の続きを読む

    1: クロイツラス(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 09:46:53.84 ID:gyV/1xuk0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    no title


    日産ジュークがターゲット!アウディ新型コンパクトSUV「Audi Q1」のレンダリング!
    アウディは去年の12月に新型のサブコンパクトクラスのSUV、アウディQ1の概要を公表しましたが、今回紹介するのはフリーのPhotoshop アーティストによるQ1のレンダリング。※トップは以前アウディが公開したQ1のイメージスケッチ。

    公開されたアウディQ1のレンダリングは、緩やかなボディラインにアイデンティティーであるシングルフレームグリルに、多少キツめのヘッドライトで特徴的なフロントマスクに仕上げられている
    no title

    Audi Q1に関してまだ詳しい詳細は明かされていないが、以前のレポートによるとボディサイズは日産JUKEに近い4000mm 前後で、
    パワートレインは最高出力140PS&250Nmの1.4L TFSI、最高出力180PS&280Nmの1.8L TFSI、最高出力230PS&370Nmの2.0L
    TFSI、最高出力150PS&320Nmの2.0L TDI、最高出力184PS&380Nmの2.0L TDIがランナップされると言われている。

    そして噂ではあるが日産JUKE NISMOに対抗するような、最高出力300PS&380Nmを発する2.0LツインターボTSFI直4仕様のRS Q1、
    最高出力231PS&500Nmを発する2.0Lツインターボ TDIエンジンを積むSQ1が後に登場するかもしれないといわれている。
    http://www.j-sd.net/audi-q1-rendering/


    【アウディ新型コンパクトSUV「Audi Q1」は日産ジュークがライバル!】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/08/18(月) 23:58:28.52 ID:???.net

    アウディジャパンは、新型「A4オールロードクワトロ」と「A6オールロードクワトロ」を8月20日(水)に発売する。
    価格は「A4オールロードクワトロ」が617万円、「A6オールロードクワトロ」が940万円となる。

    「オールロード」は、ステーションワゴンモデルである「アバント」をベースに、フルタイム4WDシステムのクワトロを
    組み合わせたプレミアムクロスオーバーモデル。

    エクステリアには、垂直方向のラインを強調したシングルフレームグリルをはじめ、コントラストカラーのバンパー、
    大型ホイールアーチ、アルミニウムサイド大型ドアアンダープロテクター、ステンレスアンダーガード、アルミニウムルーフレールなど
    数々の専用部品を採用。さらに、悪路での走行性能を高めた専用ラフロードサスペンションを装備するなど、
    オンロードでの快適性はそのままに、荒れた路面や積雪路面などでの走破性が高められている。

    A4オールロードクワトロ
    外装色には8色に加えてオーダーメードプログラムによるスペシャルボディーカラーを設定。内装はファブリックシートを
    標準採用し、パーシャルレザーおよび3種類のレザーパッケージが用意される。エンジンは165kW(224PS)を発生する
    2リッター直噴ターボ。トランスミッションは7速Sトロニックが組み合わされる。専用18インチアルミホイールをはじめ
    、リアビューカメラやオートマチックテールゲートなども標準装備となる。

    A6オールロードクワトロ
    パワートレインは環境性能に優れたスーパーチャージャー付き3リッターV6直噴ガソリンエンジンに
    デュアルクラッチ式トランスミッション7速Sトロニックが組み合わされ、効率的かつ力強い走りを実現。

    また車高調整が可能なアダプティブエアサスペンションや5アームデザインの18インチアルミホイールに加え、
    カメラやセンサーなどにより衝突の危険性を車両システムが察知した場合、乗員に注意を促すとともに
    走行状態を判別して、緊急時には衝突回避もしくはドライバー保護機能が作動する先進のセーフティシステム
    「アウディプレセンスプラス」も標準装備される。

    <新型「オールロードクワトロ」シリーズのモデル/価格>
    A4オールロードクワトロ/617万円
    A6オールロードクワトロ/940万円
    ※ハンドルはいずれも右

    no title

    no title

    http://www.topnews.jp/2014/08/18/auto/111457.html


    【【自動車】アウディ、新型「A4オールロードクワトロ」「A6オールロードクワトロ」を発売】の続きを読む

    アウディS1の公式映像が公開されました。

    エンジンは、2リッター直列4気筒直噴ターボエンジン 2.0TFSIを搭載。
    最高出力は170kW(231ps)、最大トルク370Nm。
    0-100km/h加速はS1で5.8秒、S1スポーツバック5.9秒。
    最高速度はともに250km/h。
    20140323-10201466-carview-000-1-view


    アウディは今年2月に発表したS1(3ドア)およびS1スポーツバック(5ドア)のオフィシャル映像を公開した。S1はコンパクトなA1ベースのハッチバックボディに、最高出力231psの2リッターターボチャージドエンジンを組み合わせたモデル。ドイツでは今年第2四半期の発売が予定されている。

    20140323-10201466-carview-001-1-view


    映像では、スポーティなだけでなく、オシャレさを併せ持つ高性能スモールカーの魅力を1分30秒で表現している。



    引用元:

    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20140323-10201466-carview/
    【アウディS1の公式映像】の続きを読む

    1: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2014/02/08 04:11:25 ID:6K1hojEH0

    サッカーの本田圭介
    ゴルフの石川遼
    他にも海老蔵、ジローラモ、細川元総理(都知事候補)

    海外ではメッシ、クリスティアーノ・ロナウドなど
    スーパースターがこぞってアウディを選んでいる


    【◆スーパースターほどアウディに乗る理由◆】の続きを読む

    このページのトップヘ