フォルクスワーゲン

    1: ドラゴンスープレックス(東京都)@\(^o^)/ 2015/07/06(月) 19:46:24.35 ID:reFZ0KFE0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

     日本自動車輸入組合が6日発表した今年上半期(1~6月)のブランド別国内販売台数で、メルセデス・ベンツが前年同期比
    19・1%増の3万2680台となり、上半期としては16年ぶりにフォルクスワーゲン(VW)を抜いて首位になった。
    VWは16・5%減の2万9666台で、約3千台差をつけられた。

     ベンツは主力モデル「Cクラス」の新型車に加え、株高などを背景に1千万円以上の「Sクラス」など高級車の販売も伸びた。

     比較的手ごろな小型車「Aクラス」などのラインアップを強化し、経済性が高いディーゼルエンジン車の投入を進めたことも
    台数を押し上げた。

     VWは主力モデル「ゴルフ」の全面改良から時間が経ったことに加え、昨年の消費税増税以降、日本車と競合する400万円以下の
    モデルが苦戦したことも響いたもようだ。

     6月単月の販売台数はベンツが前年同月比52・1%増の6346台、VWが2・2%増の5433台。VWは下期以降、新型セダンなどの
    投入で巻き返しを目指す。
    http://www.sankei.com/economy/news/150706/ecn1507060015-n1.html


    【フォルクスワーゲン、ベンツに輸入車販売トップの座を奪われる】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/06/30(火) 18:30:33.71 ID:???.net

    フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは30日、初代から根強いファンを持つ、
    丸みを帯びたデザインが特徴の「ザ・ビートル」を値下げし、
    最も安い229万9千円のグレードを投入すると発表した。
    これまでの購入者は50代以上が多いが、手の届きやすい価格にして若者などにもアピールする。

    229万9千円の「ザ・ビートル・ベース」を新たに設定、7月7日から発売する。
    これまで最も安いグレードは「ザ・ビートル・デザイン」で264万9千円だったが、
    フォグランプをなくすなど装備を簡素化し、約35万円安くなる。

    同時に、ザ・ビートル・デザインも新たにレインセンサーやオートライトシステムなどを
    装着したうえで、260万円に値下げする。

    BMWの「ミニ」などと競合が激しくなっており、
    同社は「手の届く商品として、お客様に関心を持ってもらいたい」としている。

    http://www.sankei.com/economy/news/150630/ecn1506300022-n1.html


    【【自動車】VWが「ビートル」値下げ、最安モデルは230万円に 若者の購入に期待】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/04/23(木) 14:04:46.30 ID:???.net

    http://www.asahi.com/articles/ASH4R33XWH4ROIPE002.html
    2014年度のグループ世界販売台数で、独フォルクスワーゲン(VW)がこれまで首位だったトヨタ自動車を上回った。
    年度ベースでVWが世界首位に立つのは初めて。13年度はトヨタが27万台多かったが、
    中国を中心に積極投資するVWが一気に抜き去った。
     トヨタが23日午後に発表した14年度のグループ世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車含む)は
    前年度比0・3%増の1016万8千台だった。VWは、公表済みの速報値をもとに計算すると前年度比約3%増の1019万台程度で、
    トヨタはこれに及ばなかった。
     13年度は、トヨタの1013万台に対し、VWは986万台にとどまっていた。14年暦年でも、トヨタが9万台上回っていたが、
    14年度は、消費増税前の駆け込みによる14年1~3月の国内での販売急増分が含まれなくなった
    ことなどで販売全体も伸びず、VWに逆転されることになった。
     トヨタは拡大路線が裏目に出て08年のリーマン・ショック後に大赤字に陥った反省から、
    このところ工場新設など販売増につながる投資を抑制。一方、VWは、トップシェアを握る世界最大市場の中国で、
    13年8~10月だけで三つの新工場(年産能力計65万台)を稼働させており、大幅に販売台数を積み増した。(高橋諒子)


    【【自動車】VW、世界販売台数トップに トヨタを抜き去る】の続きを読む

    1: パイルドライバー(catv?)@\(^o^)/ 2015/04/13(月) 17:24:57.35 ID:TRLiDe+70.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    no title

    欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンが『ザ・ビートル』をベースに開発したコンセプトカー、「デューン」。同車の市販化が、あらためて発表された。

    『ザ・ビートル・デューンコンセプト』は2014年1月、デトロイトモーターショー14で初公開。ザ・ビートルをベースに、オフロードテイストに仕上げたコンセプトカーが、デューン。外観はザ・ビートルに対して、
    アンダーガードやフェンダーエクステンション、大径タイヤを追加装備。車高は50mm引き上げられた。ボディカラーは明るいオレンジ、「アリゾナ」で塗装。バンパーは専用デザインとした。

    室内はボディカラーに合わせて、ダッシュボードやドアトリム、ステアリングホイールなどにオレンジのアクセントを使用。助手席前方のダッシュボードには、アシストグリップが装着される。

    パワートレインは、ザ・ビートルの「Rライン」と共通。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」は、最大出力210psを発生。トランスミッションは、6速デュアルクラッチの「DSG」。電子制御ディファレンシャルロックの「XDS」も装備された。

    フォルクスワーゲンは4月1日、ニューヨークモーターショー15において、デューンの市販化をあらためて発表。この発表は、2014年夏に続くもので、今回は「2016年初頭、販売店に到着する予定」と、具体的な発売時期を明言している。

    なお、ニューヨークモーターショー15では、フォルクスワーゲンはザ・ビートルのコンセプトカー4台を初公開。この4台に関しても、市販する方針。フォルクスワーゲンは、「デューンのようなコンセプトカーを、
    いかに早く量産化できるかを、我々は示した」と説明している。
    http://response.jp/article/2015/04/13/248902.html


    【VW ザ・ビートル のオフロード仕様、2016年初頭に市販化】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 21:23:16.56 0.net

    オッサン趣味なスポーツカーなんて要らんのだよ、
    だって新社会人に一番人気の車が日産キューブなんだから
    こういうデザインにこだわった車を出すべき
    じゃないとますます若者の車離れは進むだろう

    かっこいい…
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【フォルクスワーゲンの車がかっこよすぎる・・・・なぜ日本人はこんな車を作れないのか】の続きを読む

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2015/01/13(火) 06:42:48.91 ID:???0.net

    2015/01/12 15:54

     【デトロイト共同】欧州自動車最大手フォルクスワーゲン(ドイツ、VW)は11日、2014年のグループ全体の世界販売台数が前年比4・2%増の1014万台だったと発表した。18年までとしていた目標を前倒しで達成した。

     一方、トヨタ自動車はグループのダイハツ工業と日野自動車を含む14年の世界販売を1022万台と計画しており、今月下旬に同年の世界販売台数を発表する。計画通りなら、トヨタが小差でVWを上回り、3年連続の世界首位となる。

     トヨタは13年度(13年4月~14年3月)に世界で1013万3千台を販売し、初の1千万台超えを記録した。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で
    引用元:47NEWS(よんななニュース) http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015011201001521.html


    【【国際】 フォルクスワーゲン(VW)、世界販売1千万台を突破 14年、トヨタと首位競う】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2014/10/15(水) 18:50:59.01 ID:???.net

    新型VWポロ ブルーGTは価格283.5万円、燃費はリッター21.5km

    Bセグメント(全長4m前後の小型車)におけるベンチマークと言われることも多い、
    フォルクスワーゲン・ポロの最上級モデル「ポロ ブルーGT」がモデルチェンジしました。
    専用フロントグリル、前後バンパー、リヤスポイラー、そしてブラックドアミラーといった
    エクステリアで標準モデルと差別化した「ブルーGT」の特徴は、
    ACT(状況に応じて2・3版気筒を休止するシステム)を採用した1.4リッターエンジンを積んでいることです。
    もちろん、アイドリングストップも備えています。
    従来のブルーGTに対して、10馬力アップしたという1.4リッターターボエンジンながら、燃費性能も向上。
    これまでより0.2km/L優れる21.5km/LのJC08モード燃費としています。
    環境性能の指標のひとつである排ガス性能は、平成17年規制75%減とクリーンで、取得税・重量税ともに免税対象ということです。
    ポロ ブルーGTは右ハンドル、4ドア、前輪駆動のモノグレード。
    メーカー希望小売価格は2,835,000円(消費税込)となっています。
    標準モデルのポロに対して15mmダウンのスポーツサスペンションや17インチタイヤでフットワークを引き締めたポロ ブルーGTは、
    最上級モデルらしく装備も充実しています。
    安全面では、ミリ波レーダーをつかったプリクラッシュセーフティ「フロントアシストプラス」を標準装備。
    あわせて低速域での衝突被害軽減ブレーキである「シティエマージェンシーブレーキ」も装備します。
    さらに、リヤビューカメラも標準搭載。ドライバーの疲労検知システムも採用しているのがGT(グランツーリスモ)らしいところといえるでしょうか。
    ミリ波レーダーを利用したACC(先行車追従型クルーズコントロール)はパドルシフトとのセットオプション(64,800円)として設定。
    そのほか、オプションとしてはバイキセノンヘッドライト(129,600円)や純正ナビゲーション”714SDCW”(199,260円)を用意しています。

    ポロ ブルーGT 主要スペック
    全長:3995mm
    全幅:1685mm
    全高:1445mm
    ホイールベース:2470mm
    エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ
    総排気量:1394cc
    最高出力:110kW(150馬力)/5000-6000rpm
    最大トルク:250Nm/1500-3500rpm
    トランスミッション:7速DSG
    燃料消費率:21.5km/L(JC08モード)
    タイヤサイズ:215/40R17

    国産Bセグメントでは1.5リッタークリーンディーゼルを搭載したマツダ・デミオが話題となっていますが、
    そのデミオの1.5リッターディーゼル(AT)と同等の最大トルク250Nmをガソリンターボで発生しているポロ ブルーGT。
    国内Bセグメントにおけるパフォーマンス争いは、ガソリンターボ VS. クリーンディーゼルといった
    様相を呈してきたといえるのかもしれません。

    clicccar 10月15日(水)16時40分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141015-00010006-clicccarz-bus_all
    no title


    【【自動車】VW新型「ポロ ブルーGT」は価格283.5万円、燃費はリッター21.5km】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/07/08(火) 21:48:57.27 ID:???.net

    独フォルクスワーゲン(VW)は当地の設計センターで、人気のセダン「パサート」の最新モデルを披露した。
    同社は高級な機能を装備した、スポーティーな新型パサートを競争力のある価格で提供し
    大衆車ブランドと高級車ブランドの区別を不明瞭にしている。「国民(フォルク)」のための高級車戦略とでも呼ぶべきものだ。

     独BMWや独メルセデス・ベンツなどの高級車メーカーが低価格車にシフトし
    VWや仏ルノー、米フォード・モーター、米ゼネラル・モーターズ(GM)といった量産メーカーの顧客を奪っている。
    そうしたなか、VWは新型パサートで反撃を狙う。

     VWのマルティン・ビンターコルン最高経営責任者(CEO)は新型パサートについて
    「この車は高価でない高級モデルになることを目指している」と語った。

     VWだけではなく、他社も売れ筋の量産モデルに高級車の機能を詰め込んでいる。
    フォードはパサートと直接競合する「モンデオ・ヴィニャーレ」の設計を進めている。
    GM傘下のオペルはパサートや低価格の高級セダンに対抗する「インシグニア」を開発した。
    フランスのPSAプジョーシトロエンは「DS」シリーズを高級ブランドに発展させている。

     新型パサートは燃費性能に優れた240馬力の5.3リットル直噴ガソリンターボエンジンとともに
    これまでBMW、ダイムラー傘下のメルセデス、VW傘下のアウディなどが製造する高級車にしか見られなかった機能を装備する。
    ハンドルの背後のダッシュボードにはコックピットのようなコマンドセンターを配置し
    運転手が居眠りをするなどの緊急時に備えた自動運転システム機能も搭載する。
    車載システムが運転手を起こすことができない場合、このシステムが作動して車を待避レーンに寄せて減速し、最終的に停車する。

     価格は約2万5900ユーロ(約360万円)からと、現行モデルを500ユーロ上回るだけだ。

     新型パサートは今秋、欧州で発売する。VWが4日に発表した新モデルは米国では発売しない。
    VWの販売責任者、クリスチャン・クリングラー氏は「われわれは間もなく米国について答えを出す」と語った。

     パサートを手ごろな高級車として位置づけ直せばBMWやメルセデスに奪われたシェアを回復できるかもしれないが
    VWグループ内で顧客を奪い合うリスクもある。ベルギッシュ・グラートバッハ応用科学大学自動車研究センターの
    シュテファン・ブラッツェル所長は「VWはパサートを一層高級なクラスに位置づけて(高級車部門の)
    アウディを損なわないように注意する必要がある」と指摘した。

     VWは車中通信やLED照明といったハイテクシステムの低価格化に加えて
    部品の共通化でパサートの価格抑制を実現した。パサートは「ゴルフ」、「アウディA3」
    スペインのセアトの「レオン」、チェコのシュコダの「オクタビア」と同じプラットフォームを利用している。

     アナリストらの見方では、アウディは今後も価格の高さに見合うようにセダンの「A3」、「A4」、「A6」の高級化を進める必要がある。

    http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304188504580016443577630602


    【VW、新型「パサート」で高級化を推進】の続きを読む

    1: ファルコンアロー(芋)@\(^o^)/ 2014/07/05(土) 07:35:36.65 ID:ymVLr9R70.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンが2014年1月、デトロイトモーターショー14に出品した『ザ・ビートル・デューンコンセプト』。同車の市販化が決定した。

    これは6月26日、フォルクスワーゲングループが明らかにしたもの。同社は、「2016年、ザ・ビートル・デューンコンセプトを市販する」と発表している。

    ザ・ビートル・デューンコンセプトは、『ザ・ビートル』をベースに、オフロードテイストに仕上げたコンセプトカー。外観はザ・ビートルに対して、アンダーガードや
    フェンダーエクステンション、大径タイヤを追加装備。車高は50mm引き上げられた。ボディカラーは明るいオレンジ、「アリゾナ」で塗装。バンパーは専用デザインとした。

    室内はボディカラーに合わせて、ダッシュボードやドアトリム、ステアリングホイールなどにオレンジのアクセントを使用。助手席前方のダッシュボードには、アシストグリップが装着される。

    パワートレインは、ザ・ビートルの「Rライン」と共通。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」は、最大出力210psを発生。トランスミッションは、6速デュアルクラッチの「DSG」。電子制御ディファレンシャルロックの「XDS」も装備された。

    6月26日、フォルクスワーゲングループは、ザ・ビートル・デューンコンセプトの2016年の市販化を宣言。同社は、ボディタイプについて、「クーペとカブリオレを設定する」と公表している。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20140703-10207008-carview/
    no title

    no title


    【VW ザ・ビートル、オフロード風味の“デューン”を2016年に市販化】の続きを読む

    1: ビッグブーツ(catv?)@\(^o^)/ 2014/06/30(月) 11:32:54.84 ID:v667UbYX0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    no title


    世界の魔改造シリーズ!フォルクスワーゲンのキャンピングカーにポルシェエンジンを搭載!

    2003年にデビューしたVWのキャンピングカーT5に、ポルシェ997型911のエンジンやトランスミッションを組み込んだ世界最速?
    キャンピングカーのプロトタイプが開発されたとの速報がドイツで伝えられました。

    仕様は580 psを発生する3.6 Lのツインターボエンジンを搭載し5速マニュアルトランスミッションが組み合わされます。

    最高速度はキャンピンングカーにもかかわらず280 km/h!
    no title


    no title

    no title

    2014年の秋ごろには販売開始予定とのことですが、気になるお値段は税抜き18万ユーロ(約2500万円弱!)以上の見込みだそうです。

    ポルシェのエンジン音がこの車に響く瞬間がちょっと想像がつきにくいですが、海岸にも乗り付けられるコンパクトキャンパー、これでヨーロッパをあちこち旅行できちゃったりしたら最高~、ですね!
    http://www.j-sd.net/volkswagen-spacecamper-th5-porsche-powertrain/

    no title

    no title


    【世界最速!? ポルシェ 911エンジン&ドライブトレインを搭載したVWキャンピングカーを市販化! 】の続きを読む

    1: フェイスクラッシャー(千葉県)@\(^o^)/ 2014/05/31(土) 07:05:22.64 ID:nfRM5f3r0.net BE:548963814-PLT(12345) ポイント特典

    フォルクスワーゲンはオーストリア・ライフニッツで開催中の"ヴェルターゼー ミーティング"で、メーカー自ら「これまででもっとも迫力あるGTI」をうたうコンセプトカー“GTIロードスター”を披露した。

     GTIロードスターは、フォルクスワーゲンとポリフォニー・デジタルが5月26日に発表したグランツーリスモ6専用のバーチャルモデルを実車化したもの。
    ロー&ワイドなオープン2シーターボディをまとうそのスタイリングは、バーチャルの世界だけではもったいないと思わせる仕上がりだ。

     エンジンは3リッターV6ツインターボを搭載し、最高出力503ps、最大トルク560Nmを発生。0-100km/h加速は3.6秒、最高速度は309km/hに達するという。運転したい! という人はグランツーリスモ6で。

    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/20140530-10205114-carview/
    no title

    no title


    【VWの“GTIロードスター”がかっこ悪すぎる】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/04/30(水) 00:45:34.16 ID:???.net

    ドイツ自動車大手フォルクスワーゲンが29日発表した第1・四半期決算は、欧州の景気回復を追い風に
    高級車ブランドのアウディやポルシェの販売が過去最高となる中、営業利益が22%増加した。

    基礎利益は29億ユーロ(40億ドル)と、前年同期の23億ユーロから増加し、トムソン・ロイター・エスティメーツが
    まとめたアナリスト予想平均の27億4000万ユーロを上回った。
    ただ、予想レンジの上限だった30億5000万ユーロには届かなかった。

    欧州での需要回復が支援し、第1・四半期のアウディの販売(出荷)台数は11.7%増の41万3000台
    ポルシェの販売台数は4.5%増の3万8700台となった。

    2014年通年の営業利益率は5.5─6.5%と、前年の5.9%から概ね横ばいの伸びにとどまるとし
    2月に示した慎重な見通しを維持した。

    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0DF19420140429


    【フォルクスワーゲン営業利益2割増 ポルシェ、アウディ販売が史上最高】の続きを読む

    巷では若者のクルマ離れが叫ばれている昨今。今の時代、確かにクルマを持っていなくても生活をしていけますが、クルマを持っている、持っていないでは「便利さ」「モテ度」が違います。クルマがあれば、行きたい場所へ思い立ったときにいつでも行くことができますし、ドライブデートは二人っきりの空間で誰にも気兼ねすることなく会話を楽しむことができます。

    vw

    少々言い過ぎかも知れませんが、スタイリッシュなクルマに乗っていれば、その人の価値・センスをより一層輝かせることもできるのではないでしょうか。お手頃な価格帯でセンスの良いクルマといえばドイツのフォルクルワーゲン車。通勤、プライベートでもきっと注目されるフォルクルワーゲンの人気車『up!』『Polo』『Golf』を紹介していきます。

    up-300x162

    ●up!

    全長3545×全幅1650×全高1495mm。高級セダン、軽自動車、SUVなど国内・国外様々な車を乗り継いできたクルマ好きのナイスミドルも「運転することが楽しくなる」と感想をもらすクルマ。まさにテンションUP!

    up!のおすすめは4ドアのmove up!。4人で気軽にでかけたり、後席にちょっとした荷物を積みたい時も大変便利。ある時はショッピングで買った荷物をたくさん乗せて。またある時は、みんなを誘って楽しいドライブはいかがでしょうか。小回りがきくので車庫入れなどもラクラク!免許を取り立ての方も自由自在に乗りこなせるでしょう。

    polo-300x130

    ●Polo

    ワールドカーオブザイヤー2010を受賞したフォルクスワーゲン「Polo」。日本の世間一般ではGolfの弟分という認識が大多数だと思います。しかし、生産国のドイツでは7万6507台を販売し、Aセグメントのコンパクトカー部門では常に上位をキープしています。特筆すべきはDSG(ダイレクトシフトギアボックス)を搭載している点です。その前にDSGとは、コンマ数秒というレベルでギアチェンジできるので、MT車を軽く凌駕する加速性能を持っています。ダイレクトにクルマがぐぐっと前に出て行く感覚をぜひ体感してみてください。

    gorl-300x146

    ●Golf

    日本カー・オブ・ザ・イヤーは、その年の最も優れたクルマに与えられる名誉ある賞。「2013-2014 日本カー・オブ・ザ・イヤー」にはフォルクスワーゲン「Golf」が選ばれました。受賞理由は、クルマが本来持つべき運転する楽しさをいつでも味わうことができ、街乗りからロングドライブまで誰もが満足できること。さらに日本市場において手頃な価格を実現したことも高評価。いま日本のユーザーにいちばん乗って欲しいクルマとして選ばれました。ちなみに、日本カー・オブ・ザ・イヤーでは輸入車の受賞はGolfが初めて。長距離ドライブでも疲れないというシート&走りをぜひ体感してみてください。

    ビートルからはじまったフォルクスワーゲンの歴史。多くの人に愛されるクルマを作ることがフォルクスワーゲンの信条。その姿勢を保ちつつ、「プレミアム」という新たな価値を創出しています。この部分は、国内はじめ他のクルマメーカーが真似しても真似できない点でしょう。フォルクスワーゲンの良さは、カタログや雑誌、数値などを見ても分からないでしょう。百聞は一見にしかずではありませんが、一度体感すればその魅力は十二分に伝わるはずです。

    引用元「ライバルに差を付ける! 新社会人におすすめのフォルクスワーゲン3車種」
    http://clicccar.com/2014/03/05/248475/


    【新社会人におすすめのフォルクスワーゲンとは】の続きを読む

    1: 中年'sリフト(芋) 2014/02/12 07:39:10 ID:iC+QlOPCP

    インド・ニューデリーで開催されたインドオートエクスポにおいて、フォルクスワーゲンはコンパクトSUVのコンセプトモデル「Taigun(タイグン)」をアジアデビューさせています。
    すでに、2012年にブラジル・サンパウロのショーでワールドプレミアしているコンセプトカーですが、アジアデビューにあたって背面タイヤ仕様としています。

    no title

    新興市場をターゲットに、比較的アフォーダブルな価格帯を想定しているという4シーターのコンパクトSUVである「タイグン」ですが、
    ESCのような安全装備はきちんと備わっているということです。

    また、リヤバンパーに開いた穴は左右出しのマフラーのように見えますが、排気口となっているのは左側だけで、右側は牽引フックを取り付けられるようになっているという
    遊び心あるフィニッシュとなっているのもユニークなところといえそうです。また、 背面タイヤ化に伴い、リヤウインドウは上ヒンジ、リヤゲートは横ヒンジで開くようになっているのも
    、アジアデビューにおける変更点ということです。

    ラゲッジスペースは4座状態で280リッター、リヤシートをたたむことで996リッターまで拡大するとアナウンスされている「タイグン」。 ラフロードでのロードクリアランスを確保しながら、
    レジャービークルとして楽しめるスペースユーティリティも、インド市場にマッチしているといえるのでしょうか。

    http://clicccar.com/2014/02/12/246456/
    no title

    no title

    no title


    【フォルクスワーゲン新SUV「タイグン」は背面タイヤ仕様でアジア初登場 6MT ヴェエルのDCTは所詮ATw】の続きを読む

    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/18 11:46:39

    2014年1月14日、仏国際ラジオ放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、
    新年を迎え、独自動車各社が2013年の販売成績を公表し、中国における販売が継続して拡大していることが明らかになった。
    大手フォルクスワーゲンは中国における販売高が2013年に16.2%増え、グループ全体で327万台を販売した。

    米ゼネラルモーターズ(GM)も販売成績を公表しており、2013年の中国における販売台数は316万台。フォルクスワーゲンの統計には香港も含まれているが、GMの統計には含まれていない。
    しかし、GMの統計には小型トラックが含まれるが、VWの統計には含まれていないなどの違いがある。
    フォルクスワーゲンは2018年までに世界最大の自動車企業になることを目標としており、中国市場での勝利で目標達成に一歩近づいた格好となった。

    2013年は欧州連合(EU)最大の自動車メーカーが新たな記録を作った1年ともなった。フォルクスワーゲン傘下全体で平均5%の成長を実現し、世界全体での販売が初めて950万台を突破した。
    米国本国での販売は7%下落し、南米では10%も落ち込んだ。中国での高い成長は不可欠な要素となっている。

    現在、中国では1000人あたりの自動車保有台数は47台。ドイツでは540台、米国では750台となっており、
    中国がドイツ並みの自動車保有台数となれば、7億台の自動車需要が見込めることなる。スモッグや環境汚染などで中国を批判的に伝えることの多いドイツメディアも、
    こと自動車に関してはまったくの別問題として扱っている。(翻訳・編集/岡田)

    http://news.livedoor.com/article/detail/8440123/


    【【中国】VWなどドイツ自動車メーカーの「楽園」に、販売拡大続く-仏メディア[01/17]】の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/23 19:17:41

    ★日本カー・オブ・ザ・イヤーにVW・ゴルフ

    自動車雑誌などでつくる日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は23日、今年の最も
    優れた自動車に贈る賞「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、ドイツ自動車大手フォルクス
    ワーゲン(VW)の「ゴルフ」を選んだ。輸入車の受賞は初めて。

    ゴルフは7代目の全面改良車が6月に発売された。正確な操作性と上質な乗り心地を両立し、
    市街地走行でも長距離ドライブでも楽しめることなどが受賞理由で、実行委は
    「いま日本のユーザーに一番乗ってほしい」とたたえた。

    また、環境技術などを評価する新設の「イノベーション部門賞」は三菱自動車のプラグイン
    ハイブリッド車「アウトランダーPHEV」が、デザインなどで選ぶ「エモーショナル部門賞」
    はマツダの主力車「アテンザ」が受賞した。

    軽自動車が対象の「スモールモビリティ部門賞」はスズキの「スペーシア」とマツダの
    「フレアワゴン」が選ばれ、特別賞にはダイハツ工業の福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」
    が輝いた。

    (2013年11月23日19時05分 スポーツ報知)
    http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20131123-OHT1T00136.htm
    no title


    【【経済】日本カー・オブ・ザ・イヤーにVW・ゴルフ 輸入車の受賞は初めて】の続きを読む

    このページのトップヘ