フォルクスワーゲン

    1165248

    1: 2017/03/17(金) 20:30:39.05 ID:CAP_USER9

    欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは3月13日、自動車メーカーとして初めて、量子コンピューターの使用を開始した、と発表した。

    量子コンピューターは、従来のスーパーコンピューターでも何百万年を要する計算を、数ミリ秒で実現するという高性能コンピューター。

    フォルクスワーゲンは、カナダのD-Waveシステムズ社と共同で、量子コンピューターによる大都市の交通量を最適化する研究プロジェクトに取り組んでいる。

    D-Waveシステムズ社は2011年、世界で初めて、商用ベースの量子コンピューターを開発したことで知られる。

    両社の共同プロジェクトは、中国の中でもとくに渋滞が激しいとされる北京で実施中。フォ

    続きはソースで
    http://response.jp/article/2017/03/17/292270.html


    【VW、量子コンピューターを使用開始…自動車メーカー初】の続きを読む

    1: 2017/03/07(火) 11:32:40.74 ID:CAP_USER

     独Volkswagen Groupは3月6日(現地時間)、スイスで開催の「ジュネーブモーターショー 2017」で、
    ステアリングもない完全自動運転車「Sedric」のプロトタイプを披露した。

     読みは「セドリック」で日産がかつて販売していたモデル(CEDRIC)と同じだが、
    SedricはSElf DRiving Car由来のようだ。あくまでもコンセプトカーなので、この名称で一般に販売するかどうかは不明だ。
     Sedricは、米GoogleからスピンオフしたWaymoのプロトタイプと同じ、ステアリングもブレーキやアクセルもない、完全に自動運転する車だ。

    VolkswagenはSedricをSAE Internationalが定義する「レベル5」の完全自動運転車だとしている。リモコン「OneButton」
    をタッチするだけでユーザーの元に迎えに来て、ユーザーを認識するとドアを開ける。
     完全自動運転車はまだ世界で認可されていない。Sedricの発売時期や価格はまだ不明だ。同社は昨年5月、
    米Uberと競合する配車サービス企業Gettに出資しており、配車サービスでの採用も想定しているのかもしれない。
     マティアス・ミューラーCEOは発表文で、向う数年間で数十億ユーロを自動運転技術に投資し、最高の専門家を採用していくと語った。


    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/07/news058.html
    no title

    no title

    no title

    https://youtu.be/G20J6MdW75c



    【独VW、ハンドルもブレーキもない完全自動運転車を初公開】の続きを読む

    211_2_0

    1: 2017/02/01(水) 22:17:16.54 ID:CAP_USER9

    ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は1日、
    米国内で販売された排気量3000ccの排ガス不正ディーゼル車に対する
    補償に関して、所有者や米連邦取引委員会(FTC)と
    最終合意に達したと発表した。

    *+*+ jiji.com +*+*
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020100864&g=int 


    【VW、米で1360億円支払い…3000cc車でも合意、排ガス不正】の続きを読む

    1-GOLF7-GTEE-GOLF-5

    1: 2017/01/18(水) 00:07:04.05 ID:DkaFwSCA0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

     独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人は17日、小型車「ゴルフ」の電気自動車(EV)である「eゴルフ」を6~7月をめどに
    日本で発売すると発表した。VWが日本市場に投入する初のEVとなる。排ガス不正問題の影響などで2016年のVWの
    国内販売は大きく落ち込んだ。17年は新型車の積極投入や中型車「パサート」のディーゼルモデルの追加導入などで
    巻き返しを図る。

     日本で発売するeゴルフは16年の米ロサンゼルスモーターショーで発表した新型車になる。従来比で容量を約7割増やした
    新型リチウムイオンバッテリーを採用し、1回の充電で最大300キロメートル走行が可能という。

     eゴルフを含め、17年にはゴルフや小型車「up!」などで少なくとも5つの新型モデルを投入する。17日には8年ぶりに全面
    改良した多目的スポーツ車(SUV)「ティグアン」の新型車を発売した。インターネット接続機能を標準装備するなどした
    ティグアンの価格は360万円から。

     15年9月に発覚した排ガス不正問題により、該当するディーゼルモデルの取り扱いがなかった日本でもVWのブランド
    イメージは悪化。16年の国内販売台数は15年比13.8%減の約4万7000台に落ち込んだ。輸入車のブランド別では独メルセデス・
    ベンツ、独BMWに次ぐ3位となり、22年ぶりに上位2位から陥落している。

     VWは16年5月から全国で試乗会を開催するなど信頼回復に向けた取り組みを進めている。日本法人のティル・シェア社長は
    17日に開いた新車発表会で「ブランドの信頼は取り戻せている。17年は新型車の投入計画もあり、昨年実績を上回りたい」と述べた。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17HZV_X10C17A1TI5000/


    【フォルクスワーゲン、EVとディーゼル車を日本に投入して人気復活へ】の続きを読む

    p1510650

    1: 2016/12/14(水) 12:11:29.20 ID:CAP_USER

    http://toyokeizai.net/articles/-/148953
    「まさかと思いましたよ」
    日産自動車が12月1日に発表した部長級人事に、独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人、
    フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)の社内では驚きが広がった。
    社員が興奮気味に語るのも無理はない。日産が発表した人事には、2015年7月末にVGJの社長を突然辞任した
    庄司茂氏(53歳)の名前があったからだ。11月16日付けで就任した役職は日本ネットワーク戦略本部の本部長。
    国内のディーラー網の構築や再建を進める部門のトップだ。

    (中略)


    VWのディーラーを運営するある販売会社の社長も、庄司氏の日産入りに驚きを隠せない様子だ。
    「庄司氏の販売店改革はかなり強引で相当な波風を立てた。日産でも同じようなことをやるのではないか」と話す。

    庄司氏を日本に派遣したVWには当時、2018年までにトヨタを抜き世界一を奪取する目標があった。
    それに呼応しVGJも新車販売を2018年までに年11万台まで引き上げる計画を策定。
    これは2014年の水準から63%増というかなり野心的な目標だった。
    前出の社長によれば、収益性が高い販社に投資を促して店舗数を拡大させる一方、
    販売規模が小さく投資余力がない販売会社との契約を容赦なく解除したという。
    その結果、国内の販売店数は現在も約250店と従来と同じ水準だが、販売会社の数は減っている。
    庄司氏をよく知るVGJ社員は「現場に密着し、即断即決だった」と日本人離れした経営スタイルの一面を明かす。
    その庄司氏が、今度は日産の国内販売網をどう変えようとするのか。
    日産は以前、国内シェア2位のポジションをホンダと争っていたが、2012年度に5位へ転落。その後も低迷が続き、
    2016年度上期はシェアが1割を切る窮地に陥っている。この下期は新型「セレナ」や改良型の「ノート」が好調だけに、
    反転攻勢をかけたいところだろう。
    一方で販売網の効率化も課題だ。国内2位のホンダの販売店は全国に約2200店と日産の約2100店とほぼ同等だが、
    2015年度の販売台数は日産を2割も上回る。日産はせっかくの販売網を使いこなせていない。
    販売店は車検などアフターサービスの役割も担うため、顧客の利便性を考えると一定の数は必要だが、
    販売台数の低迷が今後も続くとなれば、収益性に基づいた販売店の統廃合や販売会社の絞り込みも検討に値するはずだ。

    日産のカルロス・ゴーン社長は今年5月の決算発表で「日産は国内で第2のブランドでなければならない」と語り、
    商品や技術に加え、販売網の強化にも取り組む姿勢を示している。ゴーン社長の期待に応えることができるか、
    VGJの黄金期を作った庄司氏の手腕に、注目が集まる。


    【突然消えた「ワーゲン」社長、衝撃の日産入り…国内販売店改革で再び辣腕をふるうのか】の続きを読む

    deec579e3230af1505487cc6a4da458f

    1: 2016/11/23(水) 11:50:44.74 ID:CAP_USER

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK23H0L_T21C16A1000000/

     【フランクフルト=加藤貴行】独フォルクスワーゲン(VW)がディーゼル車の排ガス不正問題の震源地となった
    米国でのディーゼル車販売から撤退する方針であることが22日明らかになった。VW取締役で、
    同ブランド乗用車部門トップを務めるヘルベルト・ディース氏が独経済紙ハンデルスブラット(電子版)で明らかにした。
     ディース氏は同紙で「米国では新たなディーゼル車を提供することはないだろう」と述べた。
    理由に「米国の法的な枠組み」を挙げ、同国の厳しい環境基準が背景にあるとした。
     VWは不正発覚後、米国では対象となったディーゼル車の販売を見送っている。このまま再開せず
    米国で主流のガソリン車と電気自動車(EV)に軸足を移すことになりそうだ。VWは22日、2021年に米国でEV生産を始めることも発表している。
     VWにとってディーゼル車は存在感を全く示せていなかった米国市場攻略の切り札だった。
    一時は同国でのVWの新車販売の4分の1を占めたが、厳しい基準をクリアするため試験の不正に手を染める結果となった。
     一方、VWグループの独アウディなどはまだ米国でディーゼル車の販売も続ける方針を示している。


    【VW、米国でのディーゼル車販売撤退へ】の続きを読む

    ダウンロード

    1: 2016/11/18(金) 20:08:22.26 ID:CAP_USER

    [ヴォルフスブルク(ドイツ) 18日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)は、主力の「VW」ブランドの立て直しに向け、ドイツで2万3000人を削減する計画を発表した。一方、電気自動車部門では、今後9000人を採用する計画。
    2020年までにVWブランドで年間37億ユーロ(39億2000万ドル)のコスト削減を目指す。
    ドイツにある工場の生産性は25%向上する見通し。今年2%を見込んでいるVW部門の営業利益率を2020年までに4%に引き上げる計画。
    同社は、コスト削減策や今後の戦略について、労使間で協議を重ねてきた。

    http://jp.reuters.com/article/volkswagen-costs-idJPKBN13D10S


    【フォルクスワーゲン、国内で2万3000人削減 主力ブランド立て直しへ】の続きを読む

    1: 2016/10/27(木) 22:08:45.99 ID:3cybW1VM0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

    『ビートル』ほど、語るエピソードが多い大衆車はめずらしいだろう。
    もともとは、ヒトラーが打ち出した国民車構想から生まれた車で、設計は、後にポルシェを創業する
    フェルナンド・ポルシェ博士。1938~2003年までの累計生産台数は、世界最多となる2150万台超に上る。
    じつは、『ビートル』は通称で、正式名称は『フォルクスワーゲン タイプ1』だった。
    車名となったのは1998年に発売された『ニュービートル』からで、このモデルと併売された後、
    『ビートル』は2003年に生産終了。その後、2011年、『ニュービートル』は『THE Beetle(ザ・ビートル)』と
    名前を変えてフルモデルチェンジを果たす。そして2016年9月、4年ぶりに刷新されて新型『ザ・ビートル』がデビューした。

    エンジンやトランスミッションといったパワートレインは従来モデルを踏襲している。『ベース』『デザイン』は、
    最高出力77kW(105PS)/ 5000rpm、最大トルク175Nm(17.8kgm)/ 1500-4100rpm を発生する
    1.2L直列4気筒ターボエンジン、『2.0 Rライン』は最大出力155kW(211PS)/5300-6200rpm、
    最大トルク280Nm(28.6kgm) /1700-5200rpmを発生する2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載した。

    『ザ・ビートル』は、フォルクスワーゲンの原点であり、ブランドアイコンだ。
    4年ぶりの刷新は、走行性能の強化というよりは、安全性の向上であったり、IT技術への対応だったりが目立つ。
    これからの車の方向性のひとつを感じさせる刷新内容だ。
    no title

    http://a.excite.co.jp/News/car/20161024/Editeur_26433.html


    【ヒトラーが音頭を取りポルシェ博士が設計した世界で最も売れた車『ザ・ビートル』 4年ぶり新型】の続きを読む

    1: 2016/08/12(金) 07:35:08.72 ID:CAP_USER9 BE:348439423-PLT(13557)

    ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)グループが採用している
    車のリモコンキーについて、車の開閉を操作するための情報が盗まれ、
    複製されやすいことが11日、英バーミンガム大学などの研究報告で
    明らかになった。報告は似たような問題がVW以外にも、
    米欧主要メーカーや日本車の一部車種で判明したと指摘した。

    *+*+ jiji.com +*+*
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081200114&g=int 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【VWのリモコンキー、複製が容易…日本車や米欧主要メーカーの一部も】の続きを読む

    1: 2016/05/17(火) 17:25:32.36 ID:CAP_USER

    http://www.sankei.com/economy/news/160517/ecn1605170059-n1.html

     フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは17日、小型車「ゴルフ」や「ポロ」の一部を値下げしたと
    発表した。ディーゼルエンジン車の排ガス規制逃れ問題の影響で国内販売が低迷しており、値下げでてこ入れする。

     ゴルフで最も安い「TSI トレンドライン」の希望小売価格を16万1千円値下げし、249万9千円で販売。
    「ポロ」は199万9千円から買えるようにした。衝突の危険を察知すると自動でブレーキをかける安全装備を標準で付けた。

     ティル・シェア社長は東京都内で記者会見し「商品をお客さまの手に届きやすくし、
    VWを選んでもらえるようにしたい」と話した。

     VWジャパンは2015年の外国メーカー車の輸入販売台数で、16年ぶりに首位から陥落した。

    ゴルフ TSI
    no title

    ポロ
    no title


    【VW日本法人が「ゴルフ」「ポロ」値下げ 排ガス問題での低迷でテコ入れ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/04/29(金) 13:51:27.16 ID:CAP_USER.net

    http://www.asahi.com/articles/ASJ4X4GYDJ4XUHBI00X.html

    独フォルクスワーゲン(VW)は28日、米国で実施する不正車両の所有者への金銭補償について、欧
    州などほかの地域では応じない考えを示した。不正車両の買い取りも欧州では行わないとした。
    欧州ではVWの対応に不満が高まっており、補償を求める訴訟が増える可能性もある。

    特集・フォルクスワーゲン不正問題
     米国では不正車両のリコール(回収・無償修理)計画の承認を得る交渉が難航していたが、21日に米環境当局などと、
    不正車両の買い取りや所有者への金銭補償で合意。米国の不正車両約60万台のうち約50万台が買い取りの対象になる。

     一方、世界の不正車両約1100万台のうち約8割を占める欧州では、リコール計画の承認を受けて1月から作業を始めており、
    「今のところ燃費などに影響なく直せる」としている。


    【VW、米以外で金銭補償せず 欧州で不満高まる】の続きを読む

    1: ムーンサルトプレス(空)@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 12:03:41.80 ID:G+R7hnPq0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

     ドイツ紙ウェルト(電子版)は20日、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の
    排ガス規制逃れ問題を巡って不正車両を所有する米顧客に対し、
    それぞれ5000ドル(約55万円)の補償金を支払うことで米当局と合意したもようだと報じた。
    http://www.nikkansports.com/m/general/news/1635142_m.html


    【【速報】フォルクスワーゲン 不正対象車ユーザーに5000ドル支払いでアメリカ当局と合意か】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/16(水) 22:35:27.88 ID:CAP_USER.net

    http://jp.reuters.com/article/volkswagen-emissions-court-cancel-idJPKCN0WI1OG


    [ボーフム(ドイツ) 16日 ロイター] - ドイツの裁判所は16日、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)の
    排ガス不正問題で、顧客が同社製自動車の購入をキャンセルしたいとして販売ディーラーを訴えた裁判で、原告の訴えを退ける判断を下した。

    原告は、ドイツ西部ボーフムのディーラーでスポーツ多目的車(SUV)の「ティグアン」を購入したが、VWの不正により中古車として売却することができなくなったとして訴訟を起こしていた。

    訴えに対し地方裁判所のインゴ・ストリーク裁判官は、自動車を製造したのは被告であるディーラーではないため、「義務を著しく怠った」罪には問えないと判断した。

    原告弁護士は控訴する構えを見せている。


    【【国際】独裁判所、排ガス不正理由としたVW車購入キャンセルの訴え退ける】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/13(日) 09:40:34.08 ID:CAP_USER.net

    http://wpb.shueisha.co.jp/2016/03/03/61507/

    新生活のスタートなどで、春は中古車の売買が盛んになる季節。
    そこで週プレが注目するのが、中古車市場に数多く出回っている「未使用車」と呼ばれるクルマの存在だ。
    未使用車の正式名称は「登録(届け出)済未使用車」という。メーカーがモデルチェンジを行なった
    車種の型落ち在庫車を処分するために、新車をいったん登録して大幅な値引きをするなどのケースがある。
    たとえば、昨年マイナーチェンジを行なった「メルセデス・ベンツ Aクラス」。「A180」の未使用車は、
    走行距離わずか19kmで約20万円分のオプションが装備されて276万円で販売されていた例も(新車価格は326万円から)。

    つまり、極端に少ない走行距離で格安なのが未使用車の魅力なのだが、フォルクスワーゲンの場合は、少し事情が違うという…。

    ***
    昨年、米国の排出ガス規制を逃れるための不正を行なっていたことが大きな問題となったフォルクスワーゲン社(以下、VW)。
    不正の該当車種はディーゼル車で、日本には導入されていないモデルだが、不正発覚以降、販売台数は大幅にマイナスとなり、
    16年間も続いた「輸入車のブランド別新車販売台数1位」の座をメルセデス・ベンツに譲り渡してしまった。
    しかし、この状況はユーザーにとってチャンスだった! そもそも国内で販売されているモデルにはなんら
    問題がないどころか、クオリティは近年グングンと上がっている。未使用車は市場に出回っていないのか?
    「元々、VWは未使用車が少ないメーカーです。不正発覚後も、大量の未使用車が販売店に出回ったという話はありません」(中古車情報誌編集者)

    では、VWは特に今が買い時というわけではない?
    「いえ、その結論はまだ早い」と、前出の編集者が言う。
    「未使用車で狙うなら『ポロ』ですね。少ないながらも中古車販売店で販売されています。
    中古車で狙うなら、ディーラーで展示車やデモカーとして使用されていた走行距離5千㎞くらいの個体が狙い目ですね。
    それらは2014年登録が多いので、新車と比べれば車検までの期間が短いというデメリットはありますが、明らかにお買い得です。
    それよりも、今なら新車を狙ったほうがいい。車種やグレードは限られますが、ひと声で車両本体価格から
    10%も値引きした価格が提示されたりしているし、下取り車がある場合は、高く引き取ってくれる。
    『ゴルフ』や『ゴルフヴァリアント』『パサート』などが対象となっているようです」

    発売中の『週刊プレイボーイ』10号ではこの他、特集記事「中古車屋さんが絶対に教えたくない 買ったときよりも高く売れるクルマはこれだ!」
    で最新の中古車市場の動向を大検証。ぜひ、参考にしていただきたい。


    【【クルマ】排ガス規制で失墜したフォルクスワーゲン車が今、買い!な理由】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/08(月) 11:13:40.33 ID:CAP_USER.net

    http://newswitch.jp/p/3528

    日本自動車輸入組合(JAIA)がまとめた1月の外国メーカー車の輸入車新規登録台数によると、
    フォルクスワーゲン(VW)は前年同月比20・4%減の2993台だった。前年同月実績と比べ5カ月連続で減少した。
    ディーゼルエンジン車の排出ガス不正問題の影響などで販売が伸び悩むが、減少幅は2015年12月(同39・2%減)よりも改善した。
     外国メーカー車全体の登録台数は同0・8%減の1万7045台。5カ月連続でマイナスとなった。
    登録車全体に占めるシェアは前年同月とほぼ同等の7・2%だった。
     首位はメルセデス・ベンツで同9・6%減の4120台。前年は「Cクラス」の新車効果で水準が高かったため
    4カ月連続のマイナスとなったが、11カ月連続で首位を守った。
     2位のVWは新車効果が一巡し、排ガス不正問題の影響も続く。ただテレビ広告を再開したほか、
    1月に発売した派生モデルの販売が好調に推移するなど、JAIAは「回復傾向にある」との見方を示した。
     16年は各社がクリーンディーゼル車やプラグインハイブリッド車の投入を予定するなど品ぞろえの拡充が見込まれ、
    外国メーカー車で「30万台規模の販売を期待している」(JAIA)という。

    EV発売見送り、主軸はPHVで


    【【自動車】1月の輸入車、VWは2割減も販売はじわり回復傾向】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/12(火) 21:05:55.91 ID:CAP_USER.net

    http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2016011200661

    no title

     独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人フォルクスワーゲングループジャパン(愛知県豊橋市)は12日、
    ミニバン「ゴルフ トゥーラン」の新型車を発売した。昨年9月の排ガス不正発覚後、
    日本での新車発売は今回が最初。低迷する販売を盛り返したい考えだ。
     2015年のVWブランドの国内販売は前年比18.8%減の5万4766台と落ち込み、
    15年続いた輸入車シェア首位から転落した。排ガス不正の影響が大きかったという。
     VWグループジャパンのスヴェン・シュタイン代表取締役は発表会で「ご心配を掛け、おわびする」
    と排ガス不正を陳謝した。その上で「消費者の信頼を取り戻す。輸入車の中でナンバーワンにならなければならない」と語った。

     新型車は7人乗り。室内空間を広げたほか、燃費も1リットル当たり18.5キロと従来の
    15.0キロから向上した。価格は284万7000~376万9000円。(


    【【クルマ】独フォルクスワーゲン、新型ミニバン「ゴルフ トゥーラン」を発売 不正発覚後国内初】の続きを読む

    1: ミラノ作 どどんスズスロウン(北海道)@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 22:29:04.22 ID:EB9ypd0w0●.net BE:488538759-PLT(13931) ポイント特典

    都市生活者は、効率のよさを好むもの。クオリティとコストをバランスさせると、ベストな選択はこのクルマ。
    メディアで取り上げられることの多いフォルクスワーゲンだが、いいものはいい、とお勧めしたい。

    フォルクスワーゲン・ジャパンが2014年9月に発売した新型フォルクスワーゲン・ポロは、ドイツ車のクオリティをコンパクトなボディに凝縮させたモデルだ。
    都会で扱うのにちょうどよい4mを切るサイズに、リッター20km超えを誇る燃費、そして操縦しての楽しさが光る。

    北米で1.4リッターディーゼルエンジンのコンピュータプログラム不正書き換え問題に揺れるフォルクスワーゲン。
    この記事を作成している2015年11月初頭の段階で、今度はガソリンエンジンのCO2排出量のデータが違うという指摘の報道がされている。
    不正があってはならないけれど、クルマの出来のよさをそれと切り分けて評価したら、怒られるだろうか。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151222-00010000-gqjapan-life


    【【イイものはイイ】排ガス不正もあったけど、結局出来の良いクルマは国産じゃなく独VWな事が判明へwへ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/08(火) 13:46:52.14 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2015/12/08/265702.html

    排ガス不正問題を受けて、財務状況が悪化しているフォルクスワーゲングループ。
    同社が、傘下の高級車ブランドを売却する可能性が出てきた。

    これは12月4日、『ロイター』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、
    「フォルクスワーゲングループが巨額の借入金を返済できなければ、傘下のベントレーかランボルギーニを手放す可能性がある」と伝えている。

    フォルクスワーゲングループに関しては、排ガス不正問題を受けて、大規模なリコール
    (回収・無償修理)を予定。さらに、各国当局から巨額の罰金が科せられる可能性もある。
    また、米国を中心に、フォルクスワーゲングループに対する集団訴訟も相次いでいる
    財務状況が悪化しているフォルクスワーゲングループ。同メディアによると、同社は最近、
    銀行13行から総額200億ユーロ(約2兆6000億円)を借入れ。期限の1年後に返済できなければ、ラ
    ンボルギーニかベントレーを売却する可能性があるという。
    ブランドの買収によって、グループを拡大してきたフォルクスワーゲン。その成長戦略が、
    排ガス不正という一大スキャンダルによって、大きな転機を迎えているようだ。


    【【自動車】VWグループ、財務悪化で高級車ブランドのランボルギーニとベントレーを売却する可能性】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 09:36:36.18 ID:Abt+UGw40.net

    VWの不正 検察が脱税容疑でも捜査開始
    11月25日 5時54分

    ドイツ大手自動車メーカーフォルクスワーゲンが、二酸化炭素の排出量を巡って不正を行っていた問題で、ドイツの検察当局は、
    フォルクスワーゲンが不正によって二酸化炭素の排出量に応じて支払うべき自動車税の負担を軽くしていた脱税の疑いでも捜査を開始したことを明らかにしました。

    フォルクスワーゲンは、排ガス不正の発覚を受けて内部調査を進め、窒素酸化物だけでなく二酸化炭素の排出量の測定の際にも不正を行っていたことを明らかにしています。


    【【悲報】フォルクスワーゲン、脱税wwwwwwww】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/11/20(金) 18:20:21.25

    http://jp.autoblog.com/2015/11/18/vw-dealers-short-supply/

    排出ガス不正問題で危機に陥っているフォルクスワーゲン(VW)だが、少なくとも米国市場における売り上げに
    おいては、意外にも危機的状況とは掛け離れたところにいるようだ。

    VWの米国における9月の売り上げは0.56%増だったが、10月の売り上げも、インセンティブによる効果でほぼ変わることなく、
    0.24%増となった。米自動車メディア『Automotive News』が伝えるところによると、売れ行きは好調で、
    増える需要に見合うだけの十分な在庫がないとディーラーが報告しているという。

    VWは顧客離れを防ぐために、既存の顧客向けに2,000ドル(約25万円)のキャッシュバックや、
    車種によっては最高で4,200ドル(約52万円)もの値引きなどをしており、そうした対策が功を奏している。
    米国の自動車市場情報サイト『TrueCar』のデータによれば、VWの10月末時点における新車の在庫は
    48日分しかなく、これは同社にとって過去12カ月で最も少ない台数だ。しかも、この数字は販売が停止されているディーゼル車を含むものであるという。

    こうした需要の高まりから、VW車の中には、すぐに購入できないモデルが出てきている。
    例えば、ミッドサイズ・セダンの「パサート」は大掛かりなリフレッシュを施した2016年型への移行期となり、
    現在は出荷量が少なく、2015年型はほとんど在庫が残っていない。新型「ティグアン」は10月の売り上げが
    167%も増え、供給が需要に追い付いていない状況だ。
    こうした好調な売り上げのおかげで今回の危機を切り抜けているVWのディーラーではあるが、
    今度は別の問題が浮上しつつある。『Automotive News』によれば、VW社では12月中旬までの
    各ディーラーに割り当てるモデルの台数を既に決めているが、活発な需要を満たすには不十分かもしれないというのだ。
    今後の数週間は、VWディーラーで品不足状態が続くことになるかもしれない。


    【【自動車】意外にも米国で販売好調なフォルクスワーゲン、ディーラーでは在庫不足の状況に】の続きを読む

    1: フェイスクラッシャー(大阪府)@\(^o^)/ 2015/11/16(月) 10:25:32.88 ID:tYPcxmn20.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典

     (ブルームバーグ):ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)は、二酸化炭素(CO2)排出量と燃費性能との整合性が「疑われる」自動車に新車43万台が含まれることを明らかにした。
    同社は排ガス不正をめぐる危機に対応するため、監督当局と協議を続けている。

    今回の発表は、CO2排出量と燃費性能との整合性に疑問がある約80万台の半分以上が、2016年モデルであることを意味している。
    VWは13日遅くに発表した資料で、最新車種以外の調査とCO2排出量の適正評価を継続していると説明した。

    非公開情報であることを理由に関係者1人が匿名を条件に語ったところでは、VWは不正ソフトが搭載されていた排気量1600ccのディーゼルエンジンについての是正策を16日にドイツの監督当局に提示する。
    関係者によれば、今回の提案は同社が当初懸念していたほど複雑でコストのかかる内容ではなく、ドイツで承認されれば欧州全域で採用が可能という。

    事情に詳しい複数の関係者によれば、VWは総額200億ユーロ(約2兆6300億円)の短期つなぎ融資の確保に向けて、16日に銀行の関係者と話し合いを行う。

    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NXVSK06K50Y801.html


    【フォルクスワーゲン「銀行さん、2兆6300億円貸してください」】の続きを読む

    1: すゞめ ★ 2015/11/12(木) 21:02:08.63 ID:???*.net

    http://www.sankei.com/economy/news/151111/ecn1511110011-n1.html
    2015.11.11 09:46

    ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は10日、米当局が新たに排ガス規制逃れを指摘した高級車スポーツカー「ポルシェ」などの排気量3000ccのディーゼル車について、
    ドイツ当局が欧州連合(EU)内では問題がないとの見解を示していると主張した。

    ロイター通信が、VW英国法人の幹部が英議会に送った書簡の内容として伝えた。
    米環境保護局(EPA)は2日、ポルシェの「カイエン」など排気量3000CCのディーゼルエンジン搭載車についても、違法ソフトを使って排ガス規制を不正に逃れていると指摘。
    VWは違法ソフトを使用した規制逃れが最大約1100万台であったことは認めているが、排気量3000CCの車両については不正を否定していた。(共同)


    【【VW】高級車は問題なしと主張 VW、独当局の見解示す】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/10(火) 11:39:16.76 ID:???.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3066046

    【11月10日 AFP】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の米国法人は9日
    、排ガス不正問題が発覚した同社ディーゼル車の所有者らに対し、1000ドル(約12万円)相当を還元す
    る「好意のパッケージ」を用意したことを明らかにした。
     同米国法人によると、対象となるのは、有害な窒素酸化物の排出に関する同国の規制に違反した、
    同社2リットルディーゼルエンジン搭載車両の所有者。対象者に配布されるのは、クレジットカード大手ビザ(Visa)
    の500ドル(約6万円)分のプリペイドカードと、同社販売代理店で使用可能な同額のカード。
    また、ロードサイドサービスも3年間無料で利用できるようになるという
     同社米国法人のマイケル・ホルン(Michael Horn)社長は声明で、
    「顧客の信頼を取り戻すための第一歩として、この『好意のパッケージ』を用意した」と述べている。
     VWは今年9月、2009~2015年型モデルのうち、2リットルディーゼルエンジンを搭載している
    車両に排ガス規制を逃れるための不正なソフトを搭載していたことを認めている。(c)AFP


    【【企業】米フォルクスワーゲン、排ガス不正車所有者に「おわび」 12万円相当還元】の続きを読む

    1: キチンシンク(dion軍)@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 11:26:41.30 ID:DdhDMY5X0.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典

    VW、80万台で新たな不正 ガソリン車にも波及か
    2015年11月4日 11時21分
     【ベルリン共同】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は3日、最大約80万台の車両について、
    実際よりも低い二酸化炭素(CO2)排出量を当局や消費者に示す新たな不正があったと発表した。
    排ガス規制逃れ問題に絡み進めている社内調査で判明した。

     排ガス規制逃れの対象車はディーゼルエンジン車だったが、VWは今回の約80万台については
    ディーゼル車が「大部分だ」と発表。不正がガソリン車にも及んでいることを示唆した。

     VWは排ガス規制逃れで、対象車約1100万台の巨額のリコール(無料の回収・修理)費用などによる
    経営悪化が懸念されている。
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015110401000768.html


    【VW「実はガソリン車も…」】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2015/10/28(水) 23:53:14.80 ID:???*.net

    NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151028/k10010285361000.html
    ドイツのフォルクスワーゲンが排ガス規制をクリアするためディーゼル車に不正なソフトウエアを搭載していた問題について、
    来日しているフォルクスワーゲンの幹部は
    「過ちを犯したことをおわびしたい」と述べた一方、来年中にも日本にディーゼル車を投入する方針を明らかにしました。
    これは、フォルクスワーゲンの乗用車ブランドのヘルベルト・ディース取締役会会長が、
    29日開幕する東京モーターショーの会場で記者団の取材に答えたものです。
    この中で、ディース会長は「このような過ちを犯してしまい、大変申し訳ない。おわび申し上げる」と述べ、
    不正ソフトの搭載問題を謝罪しました。一方で、今後のディーゼル車事業については、
    「ディーゼルは二酸化炭素の排出を減らす有能なエンジンだ。ディーゼル車は今も重要な未来を担うと考えている」と述べ、
    今後も生産や販売を継続していく考えを示しました。
    そのうえで、ディース会長は「来年のいつごろになるか決定していないが、今もディーゼル車を日本市場で販売しようと思っている」と述べ、
    年内にもとしていた当初の計画よりは遅れるものの、来年には日本にディーゼル車を投入する方針を明らかにしました。


    【【自動車】フォルクスワーゲン 来年にも日本市場にディーゼル車を投入へ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/24(土) 08:00:24.48 ID:???.net

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/151024/bsa1510240500006-n1.htm

    独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人は23日から、国内のVW車全てを対象に、
    専用機器を使った不具合診断やオイルやブレーキなどの無料点検を始めた。
    米国で発覚した排ガス規制逃れ問題によって、低下したブランドイメージを回復する狙いだ。
    国内のVW車全てが対象で、正規販売店以外で購入した中古車なども含める。合計で約60万台になるという。

     期間は12月20日まで。VWは規制逃れをしていたディーゼルエンジン車を国内で販売していないが、
    問題が発覚した9月以降、来店客が通常の半分以下というケースもあった。


    【【企業】フォルクスワーゲン日本法人、国内全車対象に無料点検】の続きを読む

    1: ニールキック(空)@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 13:37:06.00 ID:CdtOQnj60.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典

    ドイツのフォルクスワーゲンが、排ガス規制を逃れるために、ディーゼル車に不正なソフトウエアを搭載していた問題で、
    日本国内で登録されている該当車種230台のうち、少なくとも36台に、実際に不正なソフトが、搭載されていたことがわかった。

    フォルクスワーゲンのディーゼル車をめぐっては、アメリカなどで、少なくとも、1,100万台で不正ソフトの搭載が確認されているが、日本国内では、これらと同じ型の車種が、並行輸入などで、およそ230台登録されている。

    石井国土交通相は、該当する車を確認した結果、少なくとも36台に不正ソフトが実際に搭載されていたと明らかにした。

    国交省は、今後、車検時の排ガス検査について、検査場での試験だけでなく、路上走行試験も追加する方針で、検討会を立ち上げる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151023-00000439-fnn-bus_all


    【VW、日本でも不正ソフト使用確認キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

    1: 小助 ★ 2015/10/23(金) 19:39:22.39 ID:???*.net

    2015年10月23日 16:39

    フォルクスワーゲンが排ガス検査を不正に逃れていた問題について、
    ユーザーや不正を知らずに販売していたディーラーは事態をどう見ているのだろうか。問題のきっかけとなったアメリカで取材した。

    ■“正しい買い物”と信じていたはずが―
    ニューヨークに住むアマンダ・イーゼルさんは、3年前に初めて買ったマイカーが渦中のフォルクスワーゲンのディーゼル車だった。
    イーゼルさん「環境に良いことをしていると思ったし、燃費のいい車を選ぼうと思ったんです」
     “ディーゼル車はガソリンよりも燃費がよく、排ガスはきれいに処理されていると信じていた”というイーゼルさん。
    毎月570ドル(約6万8000円)のローンを払い続けているが、不正の発覚で車への愛着は冷めてしまった。運転しながらイーゼルさんが語る。

    「正しいことをしたと思っていたのに、そうではなかったと分かり、がっかりしています。この状況に失望しました」

    ■不正はこうして見つかった
    不正に気づいたのは、アメリカ東部・ウェストバージニア州の大学の研究チーム。そのテストの方法を見せてもらった。
    ウェストバージニア大学 ダニエル・カーダー氏「これは路上で使用するための装置です」
    見せてくれたのは、道路を走る際にマフラーから出る排気ガスを小型の装置に取り込み成分を分析するだけのもの。
    しかし、そこで発覚したのは基準の40倍もの排ガス。この研究チームにはユーザーからの問い合わせが相次いでいるという。
    カーダー氏「走行性能にどういう影響があるか?燃費のいい、環境に良い車が欲しくて買ったのに
    どうしたらいいのか?と聞かれる」「解決はまだ先のことです。待つしかないのです」

    ■フォルクスワーゲン販売店は―
    ユーザーの厳しい視線にさらされるのが販売店だ。取材したフォルクスワーゲンの販売店では、
    ディーゼル車の売り上げが約10%を占めていた。しかし、今は店内にディーゼル車はない。
    問題のディーゼル車は販売停止となったが、フォルクスワーゲンブランド自体に傷がついた中、売り上げの維持のため対策をとっていた。
    フォルクスワーゲン販売店 トム・バッカーさん
    「既にフォルクスワーゲン車を持っている人に2000ドル(約24万円)の割引を提供します」「購入者には3年の無料整備もします」
    このためか、客足は減っていないという。しかし、事態の大きさに不安ものぞかせる。
    バッカーさん
    「思いやりを持って対応します。可能な限り対応しますが、限界もあります。その後は本社に委ねます」

    ■対応の見通しは立たず
    不正が行われた車はアメリカだけで48万台。今月初めてフォルクスワーゲンの幹部が議会の公聴会で説明を行った。
    議員「改修を終えるには、数年かかる見通しだということですか?」
    フォルクスワーゲン米法人・ホルン社長「そうです。43万台を修理するとしたら、1
    台につき5~10時間かかります。つまり、最低でも1~2年はかかるということです」
    フォルクスワーゲンの対応には見通しがついていない。

    ■失った信頼―「次はアメリカ車か日本車を」
     一方、ディーゼル車に乗っているイーゼルさんは、修理を待たず、フォルクスワーゲン以外のメーカーへ買い替えることを検討している。
    イーゼルさん
    「私は、次はアメリカ車か、日本車を買うつもりです。ドイツの車で最高の技術者が造った車だと思っていたけど、だまされただけでした」

    アメリカでは少なくとも27の州が刑事責任を視野に合同捜査を始めたほか、
    ユーザーや投資家が損害賠償を求める集団訴訟手続きを始めており、経営への影響も懸念される。
    何より、失った信頼をどうしたら取り戻せるのか、その道筋はまだ見えてこない。

    ニュースの映像はリンク先で
    http://www.news24.jp/articles/2015/10/23/10312939.html


    【【VW】VW排ガス不正 “裏切られた”人々のいま】の続きを読む

    このページのトップヘ