フォルクスワーゲン

    1: 2018/02/15(木) 07:45:59.48 ID:CAP_USER9

     独フォルクスワーゲン(VW)日本法人は14日、ディーゼルエンジンを搭載した主力車「パサート」を売り出した。VWがディーゼル車を日本に投入するのは20年ぶり。排ガス不正の影響は和らいだとみて、燃費の良さを売りに巻き返しを図る。

     売り出したパサートは、1973年に登場して以来「ゴルフ」などと並ぶVWの主力車種。新開発のディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも燃費が約3割向上。軽油1リットルあたり20・6キロになった。排出される二酸化炭素も約2割減らした。価格は消費税込みで422万9千円から。

     「再びVWのディーゼルが日本に戻ってきた。非常に厳しい日本の排ガス規制をクリアしたモデルだ」。東京都内であった発表会で、日本法人のティル・シェア社長は力を込めた。

     日本自動車輸入組合によると、2017年の輸入車販売台数のうち、ディーゼル車は6万6630台。全体に占める割合が初めて2割を超えた。割安な軽油を燃料とするディーゼル車の人気を背景に、VWも投入に踏み切った。

     VWは排ガス不正問題以降、国内ではディーゼル車がないにもかかわらず販売が低迷。輸入車1位の座を15年以降、3年連続で独メルセデス・ベンツに奪われている。(高橋克典)

    no title

    no title

    http://www.asahi.com/articles/ASL2G4RP1L2GULFA01G.html


    【独VWが日本市場にディーゼル車「パサート」、20年ぶり投入 422万円~】の続きを読む

    1: 2018/01/18(木) 00:59:45.32 ID:CAP_USER9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011292691000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    1月17日 22時30分
    ドイツの大手自動車メーカー フォルクスワーゲンは、去年の世界全体の販売台数が、グループでおよそ1074万台と2年連続で過去最高になったと発表しました。

    フォルクスワーゲンの17日の発表によりますと、グループの去年2017年の世界全体の販売台数は、前の年より4.3%多い1074万1500台と2年連続で過去最高を記録しました。
    地域別に見ますと、世界最大の自動車市場の中国は、引き続き好調で、5.1%増加したほか、ディーゼル車の排ガスをめぐる不正が、3年前、最初に明るみに出たアメリカも5.8%の増加に転じました。

    これについてフォルクスワーゲンのミュラー会長は「電気自動車や自動運転の技術開発に思い切った投資をするとともに、従来のディーゼル車やガソリン車の改良を進めていることが、よい結果につながった」と述べました。

    フォルクスワーゲンは、おととし2016年の販売台数で、トヨタ自動車を抜いて初めて年間で首位に立ちました。世界の自動車業界は、フォルクスワーゲンとトヨタ自動車、アメリカのGM=ゼネラル・モーターズ、それに三菱自動車工業を傘下に収めた日産自動車とフランスのルノーのグループの4つのグループが、首位の座を競う構図となっており、今後各社から発表される販売実績が注目されます。

    no title


    【フォルクスワーゲン 世界販売台数2年連続で過去最高】の続きを読む

    img_c9c786cc504bf20d9e3c4545e31af6b6124183

    1: 2018/01/10(水) 12:46:14.20 ID:/wlBw1j90

    外車の高級車なら分かるけど大衆車メーカーやぞ? 
    外車の大衆車買うなら国産車で良くないか?


    【フォルクスワーゲンとか言うどんな客層が乗ってるか分からない車メーカーwwwww】の続きを読む

    4413426

    1: 2017/12/25(月) 04:53:30.89 ID:CAP_USER

    エレクトリファイ・アメリカ(フォルクスワーゲンの子会社)は、2019年6月までに米国で電気自動車(EV)向けの充電施設2800箇所を設置すると約束した。ロイターが報じた。

    充電施設は米国の大都市17で作られる。うち75%はオフィスビルに、25%は一般家屋に設置される。

    フォルクスワーゲンはこのプロジェクト20億ドルを投資する予定で、うち8億ドルは米カリフォルニア州に向かう。ロイターによると、こうした投資により、同社は排ガス規制を不正にくぐり抜け1100万台を売りおおせた「ディーゼル詐欺」の罪を償おうとしている。

    調査によると、同社の車では排ガス排出量検査のときに窒素酸化物の排出量を下げるモードが起動していた。通常のモードでは許容量を40倍上回る量を排出していた。2016年にはこの「テクノロジー」に対しフォルクスワーゲンにイグ・ノーベル賞すら与えられた。今日、排ガス不正問題関連費用は計300億ドルに膨れ上がっている。
    https://jp.sputniknews.com/science/201712244413470/


    【フォルクスワーゲン、2019年までに米国にEV充電2800施設を設置へ】の続きを読む

    1: 2017/11/07(火) 15:29:23.02 ID:CAP_USER9

    フォルクスワーゲン「e―ゴルフ」
    no title


    独フォルクスワーゲン(VW)日本法人は、電気自動車(EV)の小型車「e―ゴルフ」の受注を始めた。VWが日本でEVを売り出すのは初めて。航続距離は最大約300km。9.6秒で時速100kmに達する加速力があり、急速充電器なら35分で8割まで充電できるという。消費税込み499万円から。12月下旬までは、LED後部ランプなどがつく17万2800円のオプションを付けないと注文できない。

     VWは2025年までにグループで50車種のEVを投入する計画。e―ゴルフを皮切りに国内でも順次、販売車種を増やす予定という。

    配信2017年11月7日15時19分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASKC6438TKC6ULFA00L.html


    【【フォルクスワーゲン】ゴルフのEV、日本で受注開始、お値段499万円から】の続きを読む

    1: 2017/10/17(火) 22:12:59.01 ID:CAP_USER9

    no title


    2017年3月に開催されたジュネーブモーターショーにおいて世界初公開された、フォルクスワーゲン「Arteon(アルテオン)」は、世界的にトレンドなクーペスタイルのミッドサイズ・サルーン。そのアルテオンが、日本におけるフォルクスワーゲンの新フラッグシップとして発売されることが明らかとなりました。

    発売開始は2017年10月25日、同日より始まる第45回 東京モーターショーでもお披露目されます。

    そのスタイリッシュなボディは、従来のフラッグシップといえる「Passat(パサート)」よりも一回り大きくなっています。しかも、ホイールベースは2835mm と長くなっていることで、クーペスタイルで全高が低めながら、十分なキャビンを実現しているといいます。

    エンジンは2.0リッター直噴ターボで、その最高出力は206kW(280PS)、最大トルクは350Nm(35.7kg-m)と強力なもの。そのパワーは、4MOTIONと呼ばれる四輪駆動システムによって路面に伝達されます。トランスミッションは最新の湿式 7 速 DSG(DCT)となり、まさに「Golf R(ゴルフ アール)」のパフォーマンスを持った、ラグジュアリーサルーンとなっていることが期待できるのです。

    現代のクルマに求められる先進安全装備についてもフラッグシップらしくフル搭載状態。フォルクスワーゲンのクノロジーショーケースとしてフラッグシップにふさわしい最新技術を採用しています。もちろん、渋滞時追従支援システム“Traffic Assist(トラフィックアシスト)”などの自動運転を見据えた運転支援システムも備わります。

    日本仕様としては初採用となる“デイタイムランニングライト”や、デジタルメータークラスター“Active Info Display(アクティブインフォディスプレイ)”といったテクノロジーもフラッグシップにふさわしい内外装を演出する新型「アルテオン」。グレードとしては、「R-Line 4MOTION」「R-Line 4MOTION Advance」の 2つを設定。

    ボディカラーは、ターメリックイエローメタリック(有償オプションカラー)、 チリレッドメタリック(新色)、 ディープブラックパールエフェクト、 パイライトシルバーメタリック、 アトランティックブルーメタリック、 オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト(有償オプションカラー)の6色を用意しています。

    メーカー希望小売価格(税込)は、「R-Line 4MOTION」が549万 円、「R-Line 4MOTION Advance」が 599万 円となっています。

    no title

    ■フォルクスワーゲン・アルテオン R-Line 4MOTION Advance主要スペック
    全長:4865mm
    全幅:1875mm
    全高:1435mm
    ホイールベース:2835mm
    車両重量:1700kg
    乗車定員:5名
    エンジン形式:直列4気筒DOHCインタークーラーターボ
    総排気量:1984cc
    最高出力:206kW(280PS)/5600-6500rpm
    最大トルク:350Nm(35.7kg-m)/1700-5600rpm
    変速装置:7速DCT
    燃料消費率:13.3km/L (JC08モード)
    タイヤサイズ:245/35R20
    メーカー希望小売価格(税込):5,990,000円

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    ※ソース先に他画像あります

    配信2017/10/17 12:07
    クリッカー
    https://clicccar.com/2017/10/17/521632/

    他ソース
    フォルクスワーゲン、新型フラグシップモデル「アルテオン」10月25日発売(2017年10月17日 14:24)
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1086467.html


    【フォルクスワーゲンの新フラッグシップ「アルテオン」 280馬力の四駆でお値段549万円から】の続きを読む

    20141106200808

    1: 2017/09/03(日) 07:53:56.08 ID:5hHKyxns0

    同じドイツ車でもどうせ買うならBMW、ベンツ、アウディのような高級車買えば良いのになぜ大衆車のフォルクスワーゲンなんや?
    それにもし大衆車が良いなら普通日本車買うやろ


    【フォルクスワーゲンの車買う奴ってどんな層なん?】の続きを読む

    1: 2017/08/29(火) 20:21:06.69 ID:CAP_USER9

    VW ポロ 新型
    no title


    フォルクスワーゲンは8月28日、新型『ポロ』を欧州で発売した。ドイツ本国での価格は、1万2975ユーロ(約170万円)からとなる。

    6世代目モデルとなる新型ポロは、「未来を現実にする」をテーマに開発。部分的な自動運転、デジタル化、コネクティビティ、スマートサステナビリティと、イノベーション4分野を重視している。

    中でも、新型には、歴代ポロ初のデジタルコクピットを採用。ドライバー正面のメーターに、ナビゲーションを含めて必要な情報を分かりやすく表示する。フォルクスワーゲンの2世代目のアクティブインフォディスプレイも、新型ポロが初導入となる。

    新型ポロには、数多くのADAS(先進運転支援システム)を用意。ブラインドスポットモニター、アダプティブクルーズコントロール、衝突回避の自動ブレーキなど、上級車並みの先進運転支援システムが設定されている。

    配信2017年8月29日(火) 15時45分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/08/29/299073.html

    関連ニュース
    VW新型ポロの日本発売は2018年初夏!価格は200万円~?2017年8月29日
    https://carnews.jp/articles/m5YrV


    【フォルクスワーゲン新型「ポロ 」欧州発売…部分自動運転やコネクト重視】の続きを読む

    vw_sirocco

    1: 2017/08/22(火) 09:31:55.00 ID:UQSRM0pi0

    傘下企業
    アウディ、BMW、ポルシェ、ランボールギーニ、ベントレー、シュコダ、セアト、スカニア、ドゥカティ、MAN、AutoVision、IAV、

    世界販売台数世界一


    【フォルクスワーゲンとか言う実はスゲー車メーカーwwwwwww】の続きを読む

    vw

    1: 2017/07/27(木) 20:26:37.69 ID:fgtgoqB70 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

    [ヴォルフスブルク(ドイツ) 27日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)のマティアス・ミュラー
    最高経営責任者(CEO)は27日、主要都市におけるディーゼル禁止措置を回避する方策を政府当局者と話し合う場で、
    ディーゼル車400万台の修理を提案する考えを明らかにした。

    ドイツの自動車メーカーはディーゼルエンジンの改良圧力を規制当局や政治家から受けている。

    業界幹部と政権閣僚は8月2日にベルリンで会合を開き、ディーゼルによる汚染問題の解決方法を話し合う予定となっている。
    https://jp.reuters.com/article/volkswagen-emissions-idJPKBN1AC1IZ


    【フォルクスワーゲン「ディーゼル車禁止になったら困る。400万台修理するから許して」】の続きを読む

    vw

    1: 2017/06/15(木) 19:44:11.67 ID:CAP_USER9

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HPC_V10C17A6TJ1000/

    2017/6/15 19:34

     【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)が排ガス不正があった欧州の車両について、所有者に2年間の延長保証を提供することで欧州連合(EU)と合意したことが14日わかった。VWは欧州ではこれまで不正車の買い戻しや補償金など消費者への特別な措置をしていなかった。

     複数の現地メディアがEUの行政執行機関である欧州委員会の報道官の話として報じた。不正があった約1100万台の大半は欧州で販売された。EUは欧州の消費者に対し何らかの措置をとるよう圧力をかけていた。

     2015年9月の排ガス不正の発覚を受け、VWは北米では2兆円を超える制裁金などの支払いや車両の買い戻しなどの手続きを進めている。

     米国とは異なり欧州では各国で検査制度が異なることなどを背景に、VWは違法行為はしていないと主張している。欧州の所有者に対してはソフトウエアの改修だけで対応してきた。EU加盟国は新型車を発売するための認定制度の厳格化で合意するなど、EUの権限を高めて不正の再発を防ごうとしている。


    【VW、排ガス不正車の保証2年延長、EUと合意】の続きを読む

    gg

    1: 2017/06/07(水) 19:54:45.26 ID:CAP_USER9

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ07HPZ_X00C17A6TJ2000/

    2017/6/7 19:46

     【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)が2015年の排ガス不正発覚後の車両改修後も多量の有害物質が出ると知りながらソフト改修を実施した疑いが7日、明らかになった。独誌シュピーゲル(電子版)などが報じた。改修ソフトはドイツ連邦自動車局(KBA)が承認していた。VWは「技術対応を施し、規制を満たしている」としている。

     15年9月のディーゼル不正発覚を受け、同社は不正の原因となったソフトの書き換えを実施している。独誌などが確認した同年11月のVWの内部文書で、路上では室内検査の規制値の3~5倍の窒素酸化物(NOx)が排出されることを認識していたという。路上排ガス試験は導入されておらず、法的には問題ないとみられるが、批判は集まりそうだ。

     VWはグループの1100万台の車両で、検査時だけ排ガス浄化装置を作動させる違法ソフトウエアを使っていた。ソフトウエア改修はこの違法ソフトを書き換えて、正常に有害物質を取り除く目的だった。


    【VW排ガス不正、改修後も規制値3~5倍を認識か】の続きを読む

    01_volkswagen-touareg

    1: 2017/05/05(金) 22:06:27.68 ID:CAP_USER

     【ウォルフスブルク=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)は5日、VW乗用車ブランドの記者会見を開き2020年までに多目的スポーツ車(SUV)の車種を現在の2から19に増やすと発表した。人気が高まっていて利益率も高いSUVに、米国など苦戦する市場での収益改善を託す。ディーゼル不正後に打ち出した合理化策と合わせて、2025年に6%の営業利益率を目指す。

     SUVは17年に2車種追加するほか、18年にも5車種を投入する。7人乗りの大型SUVや主力車種「ゴルフ」のSUVタイプなどが含まれる。中大型の車両は二酸化炭素(CO2)排出量を抑えるため、ハイブリッド車や電気自動車(EV)をそろえることを検討している。

     20年までにドイツ国内で3万人の削減を柱とするリストラ策は「労使協調して体系的に進める」(ヘルベルト・ディース取締役)。ドイツでは16年に3億ユーロ(約370億円)のコストを下げたことを明らかにし、20年までに生産性を25%高める目標を掲げた。16年は1.8%にとどまった乗用車部門の営業利益率は今期2.5~3.5%を見込む。

     SUVの販売を増やすことや、苦戦が続く北米を2020年までに赤字から脱却させることで、全体の営業利益率を20年に4%以上、25年に6%以上にそれぞれ高める。

     VW乗用車部門は「アウディ」や「ポルシェ」を傘下に抱えるVWグループで販売台数の約6割を占める屋台骨。部門を率いるディース取締役は会見で「市場でのシェアを回復させ、ブランドの自信を取り戻す」と意気込んだ。

    2017/5/5 21:24
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC05H1E_V00C17A5TJC000/


    【独VW、SUV19車種に大幅拡充へ 20年までに】の続きを読む

    1165248

    1: 2017/03/17(金) 20:30:39.05 ID:CAP_USER9

    欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは3月13日、自動車メーカーとして初めて、量子コンピューターの使用を開始した、と発表した。

    量子コンピューターは、従来のスーパーコンピューターでも何百万年を要する計算を、数ミリ秒で実現するという高性能コンピューター。

    フォルクスワーゲンは、カナダのD-Waveシステムズ社と共同で、量子コンピューターによる大都市の交通量を最適化する研究プロジェクトに取り組んでいる。

    D-Waveシステムズ社は2011年、世界で初めて、商用ベースの量子コンピューターを開発したことで知られる。

    両社の共同プロジェクトは、中国の中でもとくに渋滞が激しいとされる北京で実施中。フォ

    続きはソースで
    http://response.jp/article/2017/03/17/292270.html


    【VW、量子コンピューターを使用開始…自動車メーカー初】の続きを読む

    1: 2017/03/07(火) 11:32:40.74 ID:CAP_USER

     独Volkswagen Groupは3月6日(現地時間)、スイスで開催の「ジュネーブモーターショー 2017」で、
    ステアリングもない完全自動運転車「Sedric」のプロトタイプを披露した。

     読みは「セドリック」で日産がかつて販売していたモデル(CEDRIC)と同じだが、
    SedricはSElf DRiving Car由来のようだ。あくまでもコンセプトカーなので、この名称で一般に販売するかどうかは不明だ。
     Sedricは、米GoogleからスピンオフしたWaymoのプロトタイプと同じ、ステアリングもブレーキやアクセルもない、完全に自動運転する車だ。

    VolkswagenはSedricをSAE Internationalが定義する「レベル5」の完全自動運転車だとしている。リモコン「OneButton」
    をタッチするだけでユーザーの元に迎えに来て、ユーザーを認識するとドアを開ける。
     完全自動運転車はまだ世界で認可されていない。Sedricの発売時期や価格はまだ不明だ。同社は昨年5月、
    米Uberと競合する配車サービス企業Gettに出資しており、配車サービスでの採用も想定しているのかもしれない。
     マティアス・ミューラーCEOは発表文で、向う数年間で数十億ユーロを自動運転技術に投資し、最高の専門家を採用していくと語った。


    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/07/news058.html
    no title

    no title

    no title

    https://youtu.be/G20J6MdW75c



    【独VW、ハンドルもブレーキもない完全自動運転車を初公開】の続きを読む

    211_2_0

    1: 2017/02/01(水) 22:17:16.54 ID:CAP_USER9

    ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は1日、
    米国内で販売された排気量3000ccの排ガス不正ディーゼル車に対する
    補償に関して、所有者や米連邦取引委員会(FTC)と
    最終合意に達したと発表した。

    *+*+ jiji.com +*+*
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020100864&g=int 


    【VW、米で1360億円支払い…3000cc車でも合意、排ガス不正】の続きを読む

    1-GOLF7-GTEE-GOLF-5

    1: 2017/01/18(水) 00:07:04.05 ID:DkaFwSCA0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

     独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人は17日、小型車「ゴルフ」の電気自動車(EV)である「eゴルフ」を6~7月をめどに
    日本で発売すると発表した。VWが日本市場に投入する初のEVとなる。排ガス不正問題の影響などで2016年のVWの
    国内販売は大きく落ち込んだ。17年は新型車の積極投入や中型車「パサート」のディーゼルモデルの追加導入などで
    巻き返しを図る。

     日本で発売するeゴルフは16年の米ロサンゼルスモーターショーで発表した新型車になる。従来比で容量を約7割増やした
    新型リチウムイオンバッテリーを採用し、1回の充電で最大300キロメートル走行が可能という。

     eゴルフを含め、17年にはゴルフや小型車「up!」などで少なくとも5つの新型モデルを投入する。17日には8年ぶりに全面
    改良した多目的スポーツ車(SUV)「ティグアン」の新型車を発売した。インターネット接続機能を標準装備するなどした
    ティグアンの価格は360万円から。

     15年9月に発覚した排ガス不正問題により、該当するディーゼルモデルの取り扱いがなかった日本でもVWのブランド
    イメージは悪化。16年の国内販売台数は15年比13.8%減の約4万7000台に落ち込んだ。輸入車のブランド別では独メルセデス・
    ベンツ、独BMWに次ぐ3位となり、22年ぶりに上位2位から陥落している。

     VWは16年5月から全国で試乗会を開催するなど信頼回復に向けた取り組みを進めている。日本法人のティル・シェア社長は
    17日に開いた新車発表会で「ブランドの信頼は取り戻せている。17年は新型車の投入計画もあり、昨年実績を上回りたい」と述べた。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17HZV_X10C17A1TI5000/


    【フォルクスワーゲン、EVとディーゼル車を日本に投入して人気復活へ】の続きを読む

    p1510650

    1: 2016/12/14(水) 12:11:29.20 ID:CAP_USER

    http://toyokeizai.net/articles/-/148953
    「まさかと思いましたよ」
    日産自動車が12月1日に発表した部長級人事に、独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人、
    フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)の社内では驚きが広がった。
    社員が興奮気味に語るのも無理はない。日産が発表した人事には、2015年7月末にVGJの社長を突然辞任した
    庄司茂氏(53歳)の名前があったからだ。11月16日付けで就任した役職は日本ネットワーク戦略本部の本部長。
    国内のディーラー網の構築や再建を進める部門のトップだ。

    (中略)


    VWのディーラーを運営するある販売会社の社長も、庄司氏の日産入りに驚きを隠せない様子だ。
    「庄司氏の販売店改革はかなり強引で相当な波風を立てた。日産でも同じようなことをやるのではないか」と話す。

    庄司氏を日本に派遣したVWには当時、2018年までにトヨタを抜き世界一を奪取する目標があった。
    それに呼応しVGJも新車販売を2018年までに年11万台まで引き上げる計画を策定。
    これは2014年の水準から63%増というかなり野心的な目標だった。
    前出の社長によれば、収益性が高い販社に投資を促して店舗数を拡大させる一方、
    販売規模が小さく投資余力がない販売会社との契約を容赦なく解除したという。
    その結果、国内の販売店数は現在も約250店と従来と同じ水準だが、販売会社の数は減っている。
    庄司氏をよく知るVGJ社員は「現場に密着し、即断即決だった」と日本人離れした経営スタイルの一面を明かす。
    その庄司氏が、今度は日産の国内販売網をどう変えようとするのか。
    日産は以前、国内シェア2位のポジションをホンダと争っていたが、2012年度に5位へ転落。その後も低迷が続き、
    2016年度上期はシェアが1割を切る窮地に陥っている。この下期は新型「セレナ」や改良型の「ノート」が好調だけに、
    反転攻勢をかけたいところだろう。
    一方で販売網の効率化も課題だ。国内2位のホンダの販売店は全国に約2200店と日産の約2100店とほぼ同等だが、
    2015年度の販売台数は日産を2割も上回る。日産はせっかくの販売網を使いこなせていない。
    販売店は車検などアフターサービスの役割も担うため、顧客の利便性を考えると一定の数は必要だが、
    販売台数の低迷が今後も続くとなれば、収益性に基づいた販売店の統廃合や販売会社の絞り込みも検討に値するはずだ。

    日産のカルロス・ゴーン社長は今年5月の決算発表で「日産は国内で第2のブランドでなければならない」と語り、
    商品や技術に加え、販売網の強化にも取り組む姿勢を示している。ゴーン社長の期待に応えることができるか、
    VGJの黄金期を作った庄司氏の手腕に、注目が集まる。


    【突然消えた「ワーゲン」社長、衝撃の日産入り…国内販売店改革で再び辣腕をふるうのか】の続きを読む

    このページのトップヘ