フェラーリ

    1: 2019/05/30(木) 13:59:35.51 ID:QsR/RYNF9

    車台番号10659のフェラーリ330GTCは「標準」とはかなり違う姿をしている
    風変わりなボディはイタリアのコーチビルダー、ザガートが作り替えたもの
    RMサザビーズのオークションに出品予定で、落札予想価格は5000万円超えだ

    ー 見慣れない姿の跳ね馬
    ー 小さな事故が大きく運命を変える
    ー ザガートの手で生まれ変わる
    ー 奇妙な、しかし唯一無二のクルマ
    ー ザガートとオーナーは大いに気に入っていた
    ー 運転していれば素晴らしいクルマ
    ー 落札予想価格は約5200万~5800万円

    見慣れない姿の跳ね馬

    1960年代のスポーツカーの中でも、フェラーリ330GTCは美しさが広く認められた1台だ。生産台数は600台のみで、そのすべてがまるで絵に描いたような優雅なツーリングカーの典型である。いや、この1台を除いて。

    なぜなら、この車台番号10659は “標準の” GTCとはかなり違う姿をしているからだ。有名なイタリアのコーチビルダーであるザガートがデザインした独自のボディをまとっており、角張ったスタイルは大いに意見が分かれるだろう。

    その唯一無二の跳ね馬が、土曜日のヴィラ・エルバで開催されるRMサザビーズのオークションに出品される。その印象的な物語を振り返ってみよう。

    小さな事故が大きく運命を変える

    時代は1966年まで遡る。フェラーリはジュネーブ・モーターショーで330GTCを発表した。V12エンジンを搭載したこのクルマは、パワフルな275GTBとそのシャシーを延長した330GT2+2のちょうど間を埋めるモデルだった。

    ピニンファリーナがデザインしたGTCは、洒落ていて控えめなスタイリングの習作で、優しげな顔つきとほっそりしたノーズから、引き締まったエッジがリアエンドまで伸び、その両側には力強いショルダーが備わっている。

    発表から1年後、車台番号10659(今回RMサザビーズのオークションに出品されるGTCだ)はピニンファリーナ製のボディが架装され、米国へ送られた。

    最初にこのクルマを購入したのは、米国で最初にフェラーリの輸入を手掛けた元レーシング・ドライバーの有名なルイジ・キネッティだった。それからすぐに、マサチューセッツ州ケンブリッジに住むロバート・ケネディに販売される。

    これまでのところ、よくある話だ。少なくとも、1台のゴージャスなフェラーリのよくある販売話に過ぎない。

    しかしそれから5年後の1972年、ケネディがちょっとした事故を起こし、素晴らしいボディシェルが新車当時の美しさを損ねてしまったときに、このフェラーリの運命は大きく変わることになる。

    ザガートの手で生まれ変わる

    元通りに修理して路上を走り始めればよかったのだが、物事はそのように運ばなかった。ケネディはGTCをキネッティに戻し、キネッティはそれをイタリアのコーチビルダー、ザガートに送ったのだった。

    普通のボディで作り直そうとは思わなかったキネッティの意向により、このGTCはザガートの手で風変わりなボディに作り替えられることになる。それより数年前、ザガートは250GTにシャープなエッジのボディを載せた「3Z」を製作していた。

    この事故でダメージを受けたフェラーリを使って、まったくユニークなクルマを作り上げて欲しいとキネッティはザガートに依頼した。

    ザガートが手掛けたボディは、ノーズ部分はデイトナに少し似ており、車体中央と後部はポルシェ914を思わせる。

    見る角度によって前衛的な傑作にも思えるし、あるいはフランケンシュタインのようなクルマの怪物にも感じられる。

    奇妙な、しかし唯一無二のクルマ

    以下ソース先で

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2019年5月30日 12時5分
    AUTOCAR JAPAN
    http://news.livedoor.com/article/detail/16539767/


    【世界に1台のザガート制作 「最も醜いフェラーリ」車台番号10659、330GTCがオークションに出品 落札予想5000万円超】の続きを読む

    1: 2019/05/21(火) 11:51:52.81 ID:s4qqW1zK0● BE:887141976-PLT(16001)

    中国の江蘇省蘇州にて男性が友人から借りた500万元(約8000万円)のフェラーリを運転させてもらうも、数秒で交通事故を起こしてしまった。
    陳と姓だけが知られている事故を起こしたドライバーはこの日に友人からフェラーリを借して欲しいと切実に願った。

    白いフェラーリに乗り出発すると操作が不慣れだったのか左右に蛇行し左に走っていた
    黒の乗用車めがけて突っ込みそのまま交通事故となった。

    この事故により黒の乗用車は道路から押し出されさらに道端に駐車されていた灰色の乗用車とスクーター2台まで巻き込んだ。
    一方フェラーリは減速し路肩に停車。

    事故現場の通報を受けた消防隊員が駆けつけ、破損した黒い乗用車の中に運転手が閉じ込められているのを発見。
    運転手は病院に搬送されるも不幸中の幸いで首や体にかすり傷がある程度だった。フェラーリを運転していたドライバーも
    両手に若干のかすり傷がある程度で、灰色の乗用車とスクーター2台には当時人は乗っていなかった。

    問題はこの事故で陳氏が自身が借りて乗ったフェラーリをはじめ、他の4台の車両に関する事故修理費が高くついたことだ。
    まさにスーパーカーの運転を夢見て普通の外車一台が買える値段になるかもしれないという。

    地元警察が見積もったところ事故車両フェラーリを含めて5台の合計は40万元(約638万円)と車が余裕で買える値段になるという。

    ※記事に動画あり
    https://gogotsu.com/archives/50860
    no title

    no title

    no title




    【8000万円のフェラーリを友達から借りる → 操作できずに数秒で事故wwwww】の続きを読む

    1: 2019/05/21(火) 10:06:47.80 ID:1NL+ULnh0● BE:887141976-PLT(16001)


    2億6000万円もする希少価値のあるフェラーリを試乗しようとした男性がそのまま逃走するという事件が発生した。

    ドイツのデュッセルドルフのフェラーリ店にて、「フェラーリ288 GTOを試乗してみると乗って出て行った男性が連絡から途絶えた」と伝えた。

    このフェラーリはフェラーリ愛好家の中でも夢の車であり2億6000万円するほどの値がついている。

    店はすぐに通報して出動した警察は、男性の行方を追いかけた。その後2日経ってたからデュッセルドルフ市役所近くの駐車場で盗難車を発見。

    しかし、男性の行方ははっきりしない状態で逮捕出来ずにいる。フェラーリ288 GTOは272台のみ生産された車で
    希少性の価値がある。そればかりか手作りで製作されたせいで、なんと2億6000万円もするもする。

    https://gogotsu.com/archives/50849
    no title


    【2億6000万円のフェラーリを男性客が試乗 → そのまま逃走 さすがの逃げ足で見つからず】の続きを読む

    1: 2019/05/18(土) 03:37:40.82 ID:HR2OgIQn9

    https://www.cnn.co.jp/style/autos/35137056.html

    2億円超のフェラーリ、試乗中に盗む 容疑者の捜索続く 独

    2019.05.17 Fri posted at 14:35 JST

    希少モデルとして知られるフェラーリの「288GTO」が試乗中に盗難に遭った
    Amy Woodyatt, CNN

    ドイツでこのほど、イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリの希少モデル「288GTO」が試乗中に盗まれる事件があった。車両は見つかったものの、容疑者は依然逃走中で、警察が行方を追っている。

    事件は13日に発生。デュッセルドルフ警察によると、容疑者は購入希望者と称してビンテージカーの販売業者に連絡を取り、交渉の末、試乗の許可を得た。業者が車から降りたところ、代わって運転席に座った容疑者は車を加速させ、走り去っていった。
    (リンク先に続きあり)

    no title


    【2億円超のフェラーリ「288GTO」、試乗中に盗む 容疑者の捜索続く】の続きを読む

    1: 2019/02/07(木) 11:47:03.98 ID:IFRGU2Os9

    02/05/2019 08:40 pm
    https://irorio.jp/takumiurushidate/20190205/514291/
    no title

    すーぱーかーやきいも 提供:ドリームカー

    いーしやぁーきいも~!とうたい文句を響かせて住宅街をまわる移動式の焼きいも屋さん。
    ゆっくり走る屋台付きの軽トラックは日本の風物詩ともいえる風景だが、東京都西多摩郡日の出町では一風変わった焼きいも屋さんが話題を呼んでいる。

    ■ 赤いフェラーリの焼きいも屋さん
    https://twitter.com/dreamcar5982/status/1091998225597325312
    窯を牽引して走るのは、最高時速250キロを出せる真っ赤なスポーツカーである。

    交差点で隣になったら、ちょっと待ってと目を疑うだろうシュールな組み合わせだ。

    2月3日に「すーぱーかーやきいも」というコメントでTwitterに投稿された映像は、2日間で40万回以上も再生されるほど反響を呼んでいる。
    no title

    ※ 全文は記事でご覧ください

    ▼制作にあたり最初に描いたイラスト
    no title

    ▼制作途中の屋台
    no title

    no title

    no title




    【【ちょっと待って】真っ赤なフェラーリの焼きいも屋さん、Twitterで話題wwwwww】の続きを読む

    1: 2019/01/31(木) 12:52:39.37 ID:2ZLJ55O90● BE:842343564-2BP(2000)


    日本以外ではKEN OKUYAMAとして活動する工学デザイナーの奥山清行氏が30日、東京・お台場のTHE GUNDAM BASE TOKYOでガンダム40周年コラボレーション商品の発表会に参加。
    奥山氏がデザインしたことで有名なフェラーリのエンツォフェラーリについて「ガンダムからインスパイアされたデザインだと言えます」と明かした。

    40周年を記念し『機動戦士ガンダム40周年記念KEN OKUYAMA DESIGN ガンプラプロジェクトムービー』の制作と登場する『RX-78-2 ガンダム』のプラモデルを発売が発表された。
    奥山氏率いる「KEN OKUYAMA DESIGN」がデザインし、LDHが楽曲を提供するムービーで、奥山氏が本気でガンダムを検証する特別企画となる。

    奥山氏は「僕が大学生になってからガンダムは放送された。僕の中で工学デザイナーとして、ものすごく影響を受けた。
    アニメを超えたプロダクト。お仕事をいただいて『タダでもやります』とコラボレーションをした。タダじゃないですけど(笑)」と冗談交じりにコラボを喜んだ。
    そして驚きの秘密も明かされた。2002年に奥山氏がデザインしたことで有名なエンツォフェラーリについて
    「エンツォが出たときに『ガンダムそっくり』と批判を受けた。その通りでございます。僕の中でガンダムに影響を受けて、ずっと車のデザインをやってきた。今だからこそ言えます。エンツォフェラーリはガンダムからインスパイアされたデザインだと」とぶっちゃけ。
    続けて「やっと逆にガンダムがデザインできる」と、かみしめるように語った。

    囲み取材で、エンツォフェラーリのどのあたりが着想された部分か問われると「フロントがコアファイターの形です。曲線の感じや全体の構成が、みなさんに『ガンダムだ』と言われていた。あのころは言えなかったですけど、その通りでございます」と回想。
    さらに「フェラーリのデザイナーは、みんな机の上にガンプラ置いたりしている」とも明かしていた。
    右手で左肩後ろを触ったり、膝を胸につける動きなどできるような設計をするそう。この週末もガンプラを作っていたと語り
    「最近のガンプラは進化している。でも、昔のもいいところがある。いいとこ取りしようと思って作っています。これは仕事として(笑)」とガンダム愛たっぷりだった。
    https://www.topics.or.jp/articles/-/156269


    フェラーリ・エンツォフェラーリ
    no title


    【フェラーリのデザイナー「ガンダムが好き。影響受けている」嘘付けこれマッハ・パトロールじゃねえか】の続きを読む

    1: 2019/01/29(火) 01:09:44.79 ID:eATWC6My0

    no title

    no title

    no title

    フェラーリ430スクーデリア 16mってヤツで世界限定499台
    10年前の新車価格は3200万円
    今の日本の中古車市場の相場は平均4050万

    フェラーリがF1でタイトルを獲得した記念車らしい


    【フェラーリかっこ良すぎてワロタwwwwww】の続きを読む

    1: 2019/01/02(水) 14:37:07.65 ID:CAP_USER9

    2日午前、埼玉県蓮田市の東北自動車道でイタリアの高級車「フェラーリ」が中央分離帯に衝突する事故があり、この影響で東北道は付近で一時、約12キロの渋滞となりました。

    午前9時ごろ、東北道下りの蓮田サービスエリア付近で「事故を起こし、一番右側の車線で止まってしまった」と運転していた男性から110番通報がありました。
    警察が駆け付けると黒色のフェラーリが車体の後部を中央分離帯にぶつけ、追い越し車線をふさぐ形で止まっていました。
    車体の前の部分にも激しく衝突した跡があり、路上には直前に大きく回転したタイヤ痕が残っていました。
    運転していた男性にけがはありません。事故直後には現場に「赤色のフェラーリも停車していた」
    という目撃情報もあるということです。この影響で東北道の下りは一時、約12キロの渋滞となりました。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15821115/
    2019年1月2日 11時56分 テレ朝news

    no title


    【フェラーリ自損事故、車線ふさぎ東北道一時渋滞wwwww】の続きを読む

    1: 2018/09/26(水) 06:47:41.30 ID:CAP_USER9

    2018/09/26 01:04 Narinari.com
    エリック・クラプトンのフェラーリ、競売に出品

    エリック・クラプトン(73歳)が所有していたフェラーリが、10月にオークションへ出品される。
    10月17日に英ダックスフォードにある帝国戦争博物館で開催されるH&Hクラシックス社主催のオークションでは、そのブルーミラボーの右ハンドル仕様の2004年式フェラーリ612スカリエッティF1が、5万5000ポンド(約820万円)から7万5000ポンド(1100万円)で落札されると予想されているようだ。

    2004年に7週間かけて製造された同車には、赤いブレーキキャリパー、リアパーキングセンサー、フロントシートヒーター、スクーデリアシールド、助手席エアバッグのオフシステム、レザーヘッドライナー、シルバーのプレートが装備されている。

    クラプトンを含め3人のオーナーによる14年落ちの同車だが、走行距離2万9700マイル(約4万8000km)と年式に比べ少なく、運転する喜びをドライバーに提供してくれるという。
    また、フェラーリの正規ディーラー、マラネロセールスで働くクラプトンの友人でもあるマーク・ホーキンス氏によると、本人いわく自宅のある英サリー州で運転するにはサイズが大きいとのことだが、南仏の家までドライブするなどして同車を楽しんでいたそうだ。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    no title


    https://www.narinari.com/Nd/20180951345.html


    【エリック・クラプトンのフェラーリ、競売に出品】の続きを読む

    1: 2018/09/19(水) 19:37:39.51 ID:CAP_USER9

    伊フェラーリは2018年9月18日(現地時間)、新型「フェラーリ・モンツァSP1」および「SP2」をマラネロで発表した。

    ■クラシカルな造形と最新のスポーツカー技術が融合

    モンツァSP1/SP2は、フェラーリが新たに「Icona(イーコナ)」とネーミングしたジャンルに属する限定モデルである。1950年代のレーシングカーをほうふつとさせるスタイリングと最先端のスポーツカー技術を併せ持つ点が特徴で、往年のレーシングカー「750モンツァ」「850モンツァ」などを思い出させるネーミングに加え、1948年に登場した「166MM」を想起させる要素が盛り込まれているという。

    ルーフもウインドスクリーンもないボディーはいずれも軽量なカーボンファイバー製で、SP1では1500kg、SP2では1520kgに重量を軽減(いずれも乾燥重量)。最高出力810ps、最大トルク718Nmを発生する6.5リッターV12エンジンとの組み合わせにより、「バルケッタ史上最高のパワーウェイトレシオ」を実現しているという。動力性能については、0-100km/h加速が2.9秒、0-200km/h加速が7.9秒、最高速は300km/h以上。ロール感のないスポーツカーならではのピュアなハンドリング特性も、特徴として挙げられている。

    また必要最小限の、ドライバーの周囲を包み込むように開口部の開けられたコックピットまわりもすべてカーボンファイバーとなっており、上向きに開くコンパクトなドアとの組み合わせでスポーティーかつインパクトあるデザインに仕立てられている。乗車定員はSP1が1人、SP2が2人となっている。(webCG)

    2018.09.19
    https://www.webcg.net/articles/-/39482

    モンツァSP1/SP2
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【フェラーリ、往年のレーシングカーを思わせる「モンツァSP1/SP2」を発表】の続きを読む

    1: 2018/09/12(水) 09:55:13.88 ID:CAP_USER9

    no title

    no title


    ■フェラーリ51台全損のフェラーリ正規ディーラーはどんな場所に

    ※省略

     神戸地方気象台の発表によると、高潮警報は9月4日午前2時50分、同午前6時23分、同9時28分と合計3回、発表され注意を呼び掛けていましたが、神戸市にあるフェラーリ正規ディーラーでは51台ものフェラーリが海水につかり全損となってしまいました。全損となった51台のフェラーリは、事前に避難させることはできなかったのでしょうか。また今後、その車両はどのような扱いとなるのでしょうか。

     高潮の被害を受けたフェラーリ正規ディーラー「オート・カヴァリーノ」は神戸にある人工島「六甲アイランド」の北東側にあります。阪神高速の「六甲アイランド北」ランプのすぐ近くで、入り組んだ湾の奥に位置しており、周辺の倉庫や店舗なども約30本のコンテナが海に流出したり、冠水した車両十数台から火災が発生したり、甚大な被害を受けました。4日午後3時半頃には神戸市災害警戒本部より、六甲アイランド全域に避難指示(緊急)が発令されましたが、この時間帯にはすでに海水がかなりの高さまで侵入していたと思われます。

     なお、同じ六甲アイランドの中にある「ポルシェセンター神戸 六甲アイランド認定中古車センター」に聞いてみたところ「高潮の被害は全くありませんでした。事前に車を移動させることもやっていません」とのことでした。フェラーリ51台もアイランドの中央部にまで移動していれば、このような甚大な被害にはならなかったかもしれません。

    ■「全損」となったフェラーリ51台、本当に全く使えない?

     被害の概要としては、ディーラーに置いてあった53台のうち51台が高潮によって「全損」の扱いとなるようです。残り2台は修理などでリフトの上にあって難を免れたということです。ディーラーの公式サイトによると、新車で扱っているリストには以下の車がラインナップされていました。

    ・812 Superfast・GTC4Lusso・488 GTB・488 Spider・GTC4Lusso T・488 Pista・Portofino

     今回、塩水を被ってしまったフェラーリたち、1台平均3000万円としてみても51台ともなると、被害額は十数億円にも達します。これらの車両は全く使えないのでしょうか? フェラーリのメカニック歴20年以上、自らもV8からV12まで一通りフェラーリを乗り継いで、現在はフェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーを扱う、ガラ・オートモーティブ株式会社(静岡県静岡市)の営業主任を務める伊藤隆利氏に聞いてみました。

    ――フェラーリ51台が高潮で全損というニュースをご覧になった時、どう思われましたか?

     大変驚きました。過去、国内において正規ディーラーがフェラーリを高潮や火災、なんらかの天災により全損させるような事があったという記憶がないからです。

    ――実際、高潮(=海水)では、ホントに全損になりますか? パネルごとに洗浄すれば使えることもありますか?

     ※省略

    ――正規ディーラーではフェラーリにはどんな保険が掛けられているのでしょうか? 今回の高潮被害によって、51台分の保険は全額支払われるのでしょうか?

     ディーラーごとに保険の掛け方は違うと思います。所有車両全車に満額の保険を掛けることは大変な金額になるため、車両ごとに保険をかけてはいないと思います。そのあたりは詳しいことがわかりません。51台の中には、新車納車待ち、展示車、ユーズドカーや、お客様からの修理預かり、またフェラーリジャパンからの預かり宣伝車両(488 Pista)などがあるようですので、車両ごとの対応をすることになると思います。

     修理預かりなどで入庫中の車であれば、お客様が加入している保険を使わせていただくなどの方法を選択せざる得ないことも考えられます。いずれにしても、おそらくですが、51台分全額保険支払いは難しいと思います。

    ■海水を浴びたフェラーリを修理して乗ることは可能か?

    以下全文はソース先で

    2018.9.12
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180912-10341529-carview



    【【台風21号】被害額は十数億円…高潮で全損のフェラーリ51台 海水を浴びた新車のフェラーリはその後どうなる?】の続きを読む

    1: 2018/08/27(月) 18:26:14.64 ID:CAP_USER

    ・62年式のフェラーリ250GTOに54億円、史上最高の落札額

    ニューヨーク(CNNMoney) 競売大手サザビーズが25日、米カリフォルニア州モントレーで開催した高級車のコレクター向けオークションで、1962年式の「フェラーリ250GTO」が4840万ドル(約53億8000万円)で落札された。

    オークションにかけられた車の落札価格としては史上最高。これまでは、英競売大手ボナムズが2014年に開いたオークションで62~63年式のフェラーリ250GTOに付いた3800万ドルが最高記録だった。

    ただし車の価格は一般に、個人間で売られるほうがオークションよりはるかに高くなる。最近も63年式のフェラーリ250GTOが7000万ドルで個人売買されたと伝えられている。

    250GTOモデルの人気の秘密は車体の美しさやレースでの成績、フロントエンジン方式の乗りやすさなどにあるとされる。

    製造された全36台は現在も走行可能な状態。オーナー同士の交流の場としてラリーが開かれることもある。

    no title


    ・Sold: Ferrari 250 GTO goes for $48.4m
    https://www.topgear.com/car-news/pebble-beach-2018/sold-ferrari-250-gto-goes-484m

    no title


    2018.08.27 Mon posted at 12:17 CNN
    https://www.cnn.co.jp/showbiz/35124620.html


    【【アメリカ】62年式のフェラーリ250GTOに54億円 史上最高の落札額】の続きを読む

    このページのトップヘ