動画

    1: 男色ドライバー(芋) 2014/02/11 19:02:59 ID:iD8XaTl4P

    no title


    今回はアメリカの大寒波による大雪の中で動けなくなったパトカーを救出するスバルのインプレッサ WRXの様子をとらえた、こちらの動画が
    海外の掲示板で話題となっていたのでご紹介します。雪と大型のパトカーというかなり困難な条件の中で、救出を成功させたインプレッサ WRXに称賛の声が集まっていたようです。



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=J6m7cd9fWDo



    【「日本車には勝てないな・・」パトカーを雪の中から救出するスバル車を見た外国人の反応】の続きを読む

    1: キングコングニードロップ(catv?) 2014/01/01 23:31:19 ID:QxAYQqKf0

    no title


    50m以内で、車のエンジンを高周波パルスで強制的に停止させるシステムを開発!
    車のエンジンを高周波パルスによって強制的に停止させることが出来るという警察が大喜びそうなシステムRF Safe-Stop systemを英E2Vが開発し、その実験動画を公開しています。

    このシステムは、最大50メートルの範囲内で強制的にエンジンを約1秒以内に停止させることが出来るシステムで、高周波パルスを利用し車両の電子システムに侵入、
    自分の車の信号と混同させて、信号を遮断しエンジン停止させるもので、車やバイクを安全に停止させることが可能なシステムとのことです。サイズは小型で複数バンドの
    無線周波数帯を持ち電子制御された物であれば、車やバイクだけではなく、小型船舶などにも有効なんだそうです。

    しかし、このシステムは電子制御化される以前の車両には動作しないそうです。



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ipRP5uO8-q8



    皆さんのご想像通り、これには警察が大きな関心を示しているそうです。これが完成すれば、カーチェイスが減り、日本でも暴走族の取り締まりなどが楽に出来るようになりそうです。

    もしかしたら、将来的には道路の一定区間ごとにこの装置が設置されるようになるのかもしれません。(特にアメリカのようなカーチェイスの多い国では)

    でも、そうなると映画でもカーチェイスが無くなってしまうのでしょうか? その辺はイタチごっこなので、それに対抗する技術も出てきそうですが(笑)

    実際、車のドアロックやセキュリティを簡単に解除してしまう謎のデバイスを使った自動車窃盗がアメリカで急増していますが、自動車メーカーや警察は理由わからず困惑しているそうです。

    http://www.j-sd.net/news-24/


    【車のエンジンを高周波パルスで強制停止させる技術を開発!最大50mの範囲で有効 キャブ車完全勝利!!】の続きを読む

    1: ハーフネルソンスープレックス(岡山県) 2013/12/23 20:44:10 ID:YrQf9Rbg0

    海外「日本ってホント安全」日本の街の治安に外国人もビックリ

    Did he leave his keys on purpose?


    http://www.youtube.com/watch?v=lrF2KPOCa84



     「Did he leave his keys on purpose?」と名づけられた動画で紹介されるのは、日本の街角で
    行われたとある実験(?)の様子。東京は秋葉原の一角だそうで、そこにスクーターを駐車する
    風景が捉えられています。

     ただ駐車するだけ?と思われるかもしれませんが、駐車したスクーターにはある仕掛けが
    施されていました。よくある・・・とまでは行きませんが、遅刻しそうで焦っているときなどにやって
    しまいがちな、鍵をつけたままでの駐車をしているのです。ともすれば盗んだバイクで走り出されて
    しまいそうな状況がどんな結果を生むのか試すのでした。

     自分がやったと思うと考えるだけでハラハラドキドキしてしまいますが、投稿者様は悠然と待機。
    途中でゴールキーパーのようにボールキャッチするワンちゃんや時計を見に行くなど、たっぷり
    40分間も時間を置いています。その結果は・・・実際に動画でご確認ください。

    ―海外の反応
    ・これはとても凄いことだよ!
    ・クールな光景だね!
    ・いいねー。もし本当にこんなに安全だったら日本に住みたいね。
    ・おお、見てよ。警備もなしだぜ。どうしてこうなるんだ
    ・東京にいるときに2回ほど電車で落し物したけど、2回とも帰ってきたよ。電車で忘れ物してもあきらめないで!
    ・メキシコでこれやったらこの男は2度とこのバイクに触れることは出来なかったね
    ・誠実な人々だ
    ・日本ってホント安全だね、東京にいた日々が懐かしいよ。いつかまた戻るんだ・
    ・アメリカでもあったよ、お年寄りが多い街でだけど

    http://blog.livedoor.jp/otataho/archives/35868223.html


    【外国人 「日本で鍵を挿しっぱなしにしたバイクを放置した結果www」 → 海外仰天】の続きを読む

    1: ニールキック(岡山県) 2013/12/20 12:34:11 ID:75ERHNWD0

    レゴ50万個以上を組み上げて作られた自動車が本当に走っているムービー

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


     デンマーク生まれのおもちゃのブロックであるレゴは大人でも楽しめるものですが、
    おもちゃの範疇を超えて科学の分野やアートの材料として使われるなどさまざまな
    可能性を兼ね備えています。そんなレゴブロックを50万個以上も組み合わせて、
    実際に走行できる自動車を作りあげてしまった人がいました。

    http://gigazine.net/news/20131219-lego-car/

    実際に動いてる動画


    http://www.youtube.com/watch?v=_ObE4_nMCjE



    【【動画あり】 レゴブロックを50万個以上組み上げて実際に走る車を作った猛者が現るwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 雪崩式ブレーンバスター(catv?) 2013/12/08 12:55:41 ID:9r5C1Vs40

    no title

    フランスの自動車専門誌Motorsport Magazineは、2014年モデルとしてリリースされた991型"Porsche 911 Turbo S"と"McLaren MP4-12C Coupe MSO
    (McLaren Special Operations)"、"Nissan GT-R"の3台のスポーツクーペによる0-1000m加速対決の映像を配信した。

    最新世代の911シリーズの現時点の旗艦となる911 ターボ Sは、最高出力560ps&最大トルク750Nmの排気量3.8L 水平対向6気筒ターボエンジン搭載で
    車輌重量は1,605kg。対するMP4-12C クーペ MSOは、最高出力625ps&最大トルク 600Nmの排気量3.8L V型8気筒ターボエンジン搭載の車輌重量1,434kg。
    もう一台のGT-Rは最高出力550ps&最大トルク632Nmの排気量3.8L V型6気筒エンジン搭載で車輌1,740kgというスペックとなっている。なお、911 ターボ Sと
    GT-Rが四輪駆動、MP4-12C クーペ MSOが後輪駆動をそれぞれ採用する。


    奇しくも同じ排気量の3台による勝負。一番先にゴールラインを越えたのは・・・?



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Agq4je0XICA



    【0-1000m加速対決! ポルシェ 911 ターボ S vs マクラーレン MP4-12C、日産 GT-R】の続きを読む

    1: 断崖式ニードロップ(空) 2013/10/22 21:38:35 ID:6t39wOJVP

    ■日産 GT-R、ドラッグレースで新記録…最高速402.23km/h

    日産自動車を代表するスポーツカー、『GT-R』。同車の最大出力を1700psに高めた怪物が、
    0-1600m加速を競うドラッグレースにおいて、400km/hを超える最高速を記録したことが分かった。

    これは10月20日、ドラッグレース専門サイト、『DragTimesInfo』が公式サイトを通じて配信した映像で明らかになったもの。
    10月13日、ロシア・モスクワで開催されたドラッグレース、「Unlim500+」における映像だ。

    このドラッグレースに、米国オハイオ州に本拠を置くSWITZERパフォーマンス社が手がけたGT-Rが参加。
    同車はGT-Rの最大出力を1700psまで引き上げながら、公道走行に必要な法規を満たすモンスター。
    ドラッグレースの常連として知られる。

    今回、このSWITZERパフォーマンス社のGT-Rが、0-1600m加速タイム22秒602を計測。
    この時の最高速は、402.23km/hに到達した。同社によると、GT-Rが0-1600m加速タイムを競うドラッグレースにおいて、
    400km/hを超える最高速を記録したのは、世界で初めてという。

    ソース
    http://response.jp/article/2013/10/22/209115.html
    ■画像
    no title

    ■動画


    http://www.youtube.com/watch?v=tx-Pmc_qw1k



    【【動画】 「1700馬力」にパワーアップ!!!400km/h超の「日産GT-R」をご覧ください ※公道走行可 →】の続きを読む

    1: キチンシンク(チベット自治区) 2013/10/18 11:10:07 ID:ruFHuMHQ0

    http://rocketnews24.com/2013/10/17/379480/



    http://www.youtube.com/watch?v=CId-uAr34rg


    工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工 何をしたいの? (´・ω・`)


    【ヘタクソすぎる! 史上最悪の車庫入れ動画が話題】の続きを読む

    1: ( ´`ω´) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★ 2013/10/25 22:14:52

    空飛ぶ車と言えば、数年以内の販売が予定されているテラフージア社の「トランジション」が
    思い出されるが、今回は、スロバキアで開発が進められている空飛ぶ車のプロトタイプ
    「Aeromobil 2.5」が初のテスト飛行を行ったときの映像をご紹介しよう。

    「Aeromobil」はつい最近登場したように思われるかもしれないが、実は製造元のAeromobil社の
    共同設立者兼チーフデザイナーであるステファン・クライン氏が、20年もの歳月をかけて
    開発してきた車だ。今回テスト飛行を行ったAeromobil 2.5はAeromobilの第3世代のプロトタイプであり、
    1990年に開発された初代のAeromobil 1.0に比べると、外観は大きく変わり、より洗練された印象だ。
    折り畳み式のウィングは、地上走行時はボディ後方に格納され、空を飛ぶ際には広がる仕組みになっている。

    Aeromobil 2.5は、スチール製フレームとカーボンファイバー製ボディを組み合わせた構造で、
    車両重量はわずか450kg、ロータックス製912エンジンで駆動するプロペラがリヤに搭載されている。
    最高速は、飛行時で124mph(200km/h)以上、地上走行時は100mph(160km/h)以上とのことだ
    (Aeromobil社は正確な数値を発表していない)。最大飛行距離は430マイル(700km)、
    地上での最大走行距離は310マイル(500km)となっているという。

    それでは早速、テスト飛行の模様をご覧いただこう。またフォトギャラリーで、Aeromobil 2.5の
    画像とAeromobil 3.0のレンダリング画像をチェックするのもお忘れなく。

    http://jp.autoblog.com/2013/10/24/slovakian-aeromobil-flying-car-first-flight/

    動画:

    http://www.youtube.com/watch?v=ow6ybXBF9AU



    【【科学】 “20年かけて開発” 空飛ぶ車が初のテスト飛行…スロバキア(動画あり)】の続きを読む

    1: 閃光妖術(芋) 2013/10/23 18:43:51 ID:Wt2JX7M70

     そうなんです

    993型の911なんですね

    そんなことどーでもいっすねー




    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=LKzk21s3SxM

     
    こえええええ


    たまひゅんってこーゆうこというんだねっ


    だって、軽自動車とかバンとかだったらむりでしょ


    ポルシェのっててよかったね~


    【【動画】さすがポルシェ!!!高速道路でとんでも事故を大回避!!!ホンダのバンや軽じゃムリだね】の続きを読む

    1: キングコングニードロップ(チベット自治区) 2013/10/21 14:08:17 ID:d5enUMlm0

     どひゃー!コインパーキングにぼったくられた動画。あまりにも高すぎる駐車料金が話題に。
    no title


    数日前にアップされたばかりの「駐車料金高すぎww」という動画が話題になっていましたので紹介します。20分1000円と
    いう極悪料金設定のコインパーキングが大阪にもありますが、さすがにこれは無いわwwwしかも硬貨or1000円札しか使え
    ないみたい。1000円札を1165回も入れないといけないのかよwwwそんなに入るのか?あの機械に1165枚も入るのか?って
    かどんだけ長期間停めてたんだよー!1年くらい停めてたのかよー!



    http://www.youtube.com/watch?v=EADi2Qt3u0U



    ボッタクリなコインパーキングって、定期的にアップされるね (´・ω・`)


    【どひゃー!コインパーキングにぼったくられた動画。あまりにも高すぎる駐車料金が話題に。】の続きを読む

    1: 張り手(芋) 2013/10/19 22:09:39 ID:DHi9UyNw0

    ホンダが2013年秋、欧州市場へ投入した『CR-V』のアース・ドリーム・ディーゼル搭載車。そのユニークなCMがネット上で公開されている。

    このディーセルには、ホンダの新世代環境技術、「アース・ドリーム・テクノロジー」を反映。「i-DTEC」と命名された 1.6リットル直列4気筒ターボディーゼルは、最大出力120ps、最大トルク30.6kgmを発生する。

    1.6リットル i-DTECは、クラス世界最軽量を目指して徹底した軽量化と、ガソリンエンジン並みの低フリクションを追求。ホンダは「加速性能、
    ハンドリング、燃費性能を高い次元で両立した」と説明する。欧州で重視されるCO2排出量は119g/km。優秀な環境性能を達成した。

    ホンダは10月17日、CR-Vのアース・ドリーム・ディーゼル搭載車のCMを、公式サイトを通じて配信。その内容は、平面に立体的な造形を描き出す、トリックアートを利用したもの。

    『不可能を可能にする』と題されたこのCM、動画共有サイト経由で見ることができる。



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=UelJZG_bF98


    http://response.jp/article/2013/10/19/208901.html


    【ホンダ CR-V 欧州仕様、アース・ドリーム・ディーゼルCM[動画]】の続きを読む

    1: ジャーマンスープレックス(芋) 2013/10/13 14:16:27 ID:tYxhdLBw0

    昨日、11月5日開幕の2013 EICMAでのデビューが予想されているカワサキの新型マキシスクーター"J300"のプロトタイプの姿が
    撮影されたという話題をお伝えしたが、そのJ300の幾つかの画像が正式に公開された(参照:【スパイショット】カワサキのマキシスクーター"J300"!?)。

    カワサキのヨーロッパのR&D部門で開発されたJ300について、そのスペックは現時点では未発表。しかし、最高出力30hpの排気量300cc
    単気筒エンジンとトランスミッション、フロントフォーク、リアサスペンションなどの主要コンポーネントを、台湾のスクーターブランドKymco(光陽工業)が
    販売している"Kymco Downtown 300i/Dink 300 Street"と共用しているため、そのダウンタウン 300i/ディンク 300 ストリートと性能はさほど変わらないものと予想されている。


    ちなみに、J300の名称の"J"は日本語の「情熱=Jyounetsu」が由来であるそうだ・・・
    no title

    http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51807569.html


    【カワサキ、新型マキシスクーター"J300"の幾つかの画像を公開】の続きを読む

    このページのトップヘ