スバル

    1: 2019/10/09(水) 23:50:48.20 ID:uh5GIQ860● BE:423476805-2BP(4000)

    現行型レヴォーグは2013年の東京モーターショーでデビューしたモデル。
    あれから6年が経過するタイミングとなっており、スバルから次期レヴォーグを予告するティザー画像一枚が公開された。
    10月23日の東京モーターショー2019プレスデーでのプロトタイプ世界初公開が予告されている。

    2018年のジュネーヴモーターショーでは、レヴォーグのデザインスタディモデルとして、VIZIV TOURER CONCEPTが発表されていた。
    その特徴的なリアフェンダーの膨らみは、幾分トーンダウンを受けながらも次期レヴォーグに反映される部分となる。
    シャープとなったリアコンビネーションランプ、あるいはリアクォーターウィンドウの形状もVIZIV TOURER CONCEPTで示されたイメージに近い。
    サイドパネルは前方からのキャラクターラインとリアフェンダーからのキャラクターラインが上下2段引かれ、これらがリアドア部分で平行に重なることで表情が作られている。
    このあたりは現行型レヴォーグの要素が引き継がれた部分と考える。

    東京モーターショー2019では、6年前同様にスバルのメインステージにレヴォーグがセッティングされることになるだろう。
    予想発売時期としては2020年5月以降が考えられる。

    https://car-research.jp/subaru/levorg-14.html
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=Q-L2cFlRv4Q



    【スバル・レヴォーグがフルモデルチェンジへ、東京モーターショーでプロトタイプ発表】の続きを読む

    kk

    1: 2019/10/07(月) 07:16:52.47 ID:4ThKE6/X0 BE:306759112-BRZ(11000)

     技術力で高い評価を受けるSUBARU(スバル)の代名詞となっている水平対向エンジンのうち、
    主力であり続けた「EJ20型」が令和元年度をもって生産を終了し、30年の歴史に幕を閉じる。
    平成元年発売の「レガシィ」に初搭載されたことになぞらえ、「後世に残る遺産」として称える声もある。
    そんなスバル車を愛するスバリストたちの懸念は、トヨタ自動車の関連会社になった後の“トヨタ化”にある。

     「代表的な搭載車種はこれだ、とは言いづらい」。スバルの広報担当者はこう話す。
    元年から20年ごろに発売されたスバル車にはほぼすべてに、EJ20型が搭載されていたためだ。

     あえて挙げるなら、やはり初搭載されたレガシィだろう。平成の幕が開けた元年2月、
    当時は「富士重工業」だったスバルが発売したレガシィは、その発売以前から話題を呼んでいた。
    試作車が同年1月、10万キロ連続走行における平均時速223.345キロという、FIA(国際自動車連盟)公認の世界速度記録を樹立したからだ。

     記録達成の舞台は、寒暖差が激しい米アリゾナ州の砂漠地帯にあるテストコース。
    タイヤなどを交換しつつ、昼夜問わず19日間、21人のドライバーが乗り継いで、1万周以上を走り切った。
    これにより、レガシィは高い性能と信頼性を実証してのデビューとなったが、それを支えたのがEJ20型だったのだ。
    記録は17年まで破られなかった。

     水平対向エンジンは、他のエンジンとはピストンの動きが大きく異なるのが特徴だ。
    車づくりではエンジンの振動をいかに抑えるかがポイントの一つだが、直列型などではピストンが上下や斜め方向に動くのに対し、
    水平対向は水平方向に左右対称で動く。このため振動を打ち消し合い、揺れが格段に少なくなるのだ。

     こうしてスムーズでぶれがない回転が生まれるほか、エンジンの高さが低くなって車体が低重心に設計できるようになった。
    エンジン自体も軽量でコンパクトになり、走りの安定性とハンドリング性を向上させることができるという。



    平成の名エンジン「EJ20型」生産終了 スバリストの“トヨタ化”懸念に社長は……
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/07/news051.html


    【スバル、平成の名エンジン「EJ20型」の生産終了。 スバリストの“トヨタ化”懸念に社長は…】の続きを読む

    1: 2019/09/25(水) 21:48:17.62 ID:47TngvBJ9

    スバルは2019年9月25日、第46回東京モーターショー(開催期間:2019年10月23日~11月4日)に新型「レヴォーグ」や「WRX STI EJ20ファイナルエディション」のプロトタイプを出展すると発表した。

    今回の東京モーターショーにおいて、スバルは「人生をより良くできるクルマは、きっと、ある。~believe.~」をコンセプトに出展する。展示が予定される主要各モデルの概要は以下の通り。

    【新型レヴォーグ プロトタイプ】
    2014年に誕生したレヴォーグが初のフルモデルチェンジによって第2世代に進化。プロトタイプが世界初公開される。

    【WRX STI EJ20ファイナルエディション プロトタイプ】
    1989年からスバルの主力エンジンとして親しまれたEJ20型水平対向エンジンの製造が間もなく終了。同エンジンが搭載されるWRX STIの受注も、2019年12月末までとなる。その集大成ともいえる最終特別仕様車では、バランス取りされたエンジンの搭載やレカロシート、ゴールド塗装のBBS鍛造19インチホイール、シルバー色の6ポッドブレーキキャリパーの採用などが特徴で、台数555台の限定販売となる予定。

    【インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight】
    2019年8月27日に先行予約が開始された第5世代「インプレッサ」の大幅改良モデル。フロントセクションのデザイン変更やサスペンションの改良が行われている。運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」については、全車に標準装備となる。

    【ヴィジヴ アドレナリン コンセプト】
    2019年3月の第89回ジュネーブモーターショーで世界初公開されたコンセプトカー。より大胆なデザイン表現を通じスバルブランドの持つ世界観を広げ、特徴をより際立たせる「BOLDER(ボールダー)」の考え方のもとにデザインされたという。

    (webCG)

    2019.09.25
    https://www.webcg.net/articles/-/41553

    レヴォーグ プロトタイプ
    no title

    WRX STI EJ20ファイナルエディション プロトタイプ
    no title

    インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight
    no title

    ヴィジヴ アドレナリン コンセプト
    no title


    【スバルが次期「レヴォーグ」や「WRX STI」最終モデルのプロトタイプを出展 東京モーターショー2019】の続きを読む

    1: 2019/09/06(金) 01:06:28.81 ID:foXNEYGb9

    スバルは9月5日、排出ガスが漏れるおそれがあるとして「WRX」「レヴォーグ」「フォレスター」の3車種、計3万2224台のリコールを国土交通省に届け出た。

    対象車両の製作期間は2015年5月9日~2018年2月20日。

    不具合は、排気管のエキゾーストパイプフロント組み付け作業のトルク指示が不適切なため、規定より低いトルクで締結されたものがある。

    そのため走行振動などにより緩みが生じて、最悪の場合では隙間ができて排出ガスが漏れるおそれがある。

    改善対策として、全車両のエキゾーストパイプフロント取り付けナットの締付状態を点検する。

    規定トルクを満足していないものは、エキゾーストパイプフロントとガスケットを新品に交換する。不具合件数は7件で事故は発生していない。

    (改善箇所説明図)
    no title

    (全文)
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1205568.html


    【スバル「WRX」「レヴォーグ」「フォレスター」計3万2224台リコール エキパイ組み付け不良】の続きを読む

    aa

    1: 2019/09/03(火) 19:35:52.09 ID:6lgRjsl/0 BE:194767121-PLT(12001)

    スバル「レガシィ」にスポーティな新グレード追加! アウトバックは悪路走破性が向上
    https://kuruma-news.jp/post/173937


    【スバル・レガシィの水平対向4気筒エンジンのドドドドって音がなくなったのは良い事なの?】の続きを読む

    1: 2019/07/19(金) 19:34:25.31 ID:SqliTd0h9

    スバルは2019年7月16日、軽乗用車の新型「シフォン」を発表した。同年7月25日に発売する。

    シフォンは、スバルがダイハツからOEM供給を受けて販売する軽トールワゴンであり、「ダイハツ・タント」の姉妹モデルにあたる。ベースとなるタントは2019年7月9日に新型となっており、一足遅れてシフォンもフルモデルチェンジされることとなった。

    製品の特徴はベース車に準じており、大開口の助手席側「ミラクルオープンドア」を踏襲しつつ、グレードに応じて運転席に最大540mmのロングスライド機構を採用。前席から後席へのウオークスルーを可能にした。

    装備も充実しており、自動でハイビームとロービームを切り替え、対向車の有無によってハイビームの照射範囲を制御する「アダプティブドライビングビーム」を採用。全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールやレーンキープコントロール、スマートパノラマパーキングアシストを設定するなど、運転支援システムも大幅に強化された。

    またプラットフォームやエンジン、CVTも従来モデルから刷新されており、高い操縦安定や快適な乗り心地、優れた加速性能や燃費性能などを実現しているという。

    価格は標準車が130万6800円から165万2400円、ドレスアップ仕様の「カスタム」が170万6400円から190万6200円。(webCG)

    2019.07.16
    https://www.webcg.net/articles/-/41226

    シフォン
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【軽トールワゴン「スバル・シフォン」がモデルチェンジ 全方位的な進化を遂げた新型が登場】の続きを読む

    1: 2019/05/14(火) 21:11:16.62 ID:PSfCS5c99

    スバルは2019年5月14日、スポーツセダン「WRX S4/STI」の改良モデルを発表した。同年6月27日に販売を開始する。

    今回の改良では、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更するとともに、すべてのドアがロックされていない状態においては、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられるよう仕様変更されている。

    今回の主な変更点は以下の通り。

    ・ボディーカラーをダークグレーメタリックから新色マグネタイトグレーメタリックに変更
    ・WRX S4 STI Sport EyeSightのフロントグリルにメッキモールを追加
    ・WRX S4 2.0GT-S EyeSightの18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更
    ・WRX STI全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更
    ・WRX STIタイプSに19インチ切削光輝アルミホイールを採用
    ・ハイビームアシストが作動する車速を変更(40km/h→30km/h)
    ・トランクの開閉方法を変更

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・WRX S4 2.0GT EyeSight:336万9600円
    ・WRX S4 2.0GT-S EyeSight:373万6800円
    ・WRX S4 STI Sport EyeSight:409万3200円
    ・WRX STI:386万6400円
    ・WRX STIタイプS:406万0800円

    (webCG)

    2019.05.14
    https://www.webcg.net/articles/-/40889

    WRX STI
    no title

    no title

    no title


    【スバルが「WRX S4/STI」の改良モデルを発表】の続きを読む

    このページのトップヘ