スバル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スバルの車

    1: 2022/08/09(火) 17:52:09.42 ID:sRsBeYZQ0

    なんでやろな?


    【【急募】車好きが「スバルの車」に惹かれる理由wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    レヴォーグ乗ってる

    1: 2022/08/05(金) 22:10:06.155 ID:tB5e8HOk0

    アイサイトで自動追従してるだけなんです😔


    【レヴォーグ乗ってるんだが高速でみんな車線変更するのやめてくれへんか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    車を買うのを止めてくれ

    1: 2022/07/30(土) 08:08:24.76 ID:I6F4UIG50

    5MT!4WD!
    no title


    【ワイにスバル車を買うのを止めてくれwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title

    1: 2022/07/25(月) 22:30:13.74 ID:0oT0UiIR9

    スバルは2022年7月24日、FRスポーツカー「BRZ」の特別仕様車「BRZ S “10th Anniversary Limited”」を発表した。販売台数は200台限定で、同年の7月28日から9月30日にかけて注文を受け付ける(期間中、200台に達した時点で販売終了)。

    BRZ S “10th Anniversary Limited”は、初代BRZ誕生からの10周年を記念して設定される限定車。主に以下の専用アイテムで内外装がドレスアップされている。

    【エクステリア】
    ・10周年記念ステッカー(バックガラス)
    ・マットブラックの18インチアルミホール
    ・電動格納式リモコンブラックカラードドアミラー
    ・ラスターブラックのBRZリアオーナメント

    【インテリア】
    ・10周年記念刺しゅう(ドアトリム)
    ・ウルトラスエード×本革のコンビシート(ブルー/ブラック、ブルーステッチ+ブルーアクセント)
    ・ダークキャストメタリック加飾(インストゥルメントパネルおよびシフトパネル周辺)
    ・ブルーステッチ入り、ダークキャストメタリック加飾付きの本革(高触感革)巻きステアリングホイール
    ・ブルーステッチ入りの本革(高触感革)巻きハンドブレーキレバー
    ・ブルーステッチ入りのドアトリムアームレスト
    ・ブラックのスポーツ/スノーモードスイッチ ※AT車のみ
    ・ブラックのVSC(VDC)トラックモードスイッチ
    ・ダークキャストメタリック加飾付きのヒーターコントロールダイヤル&スイッチ/プッシュエンジンスイッチ

    MT車とAT車が設定され、ボディーカラーはいずれも「WRブルー・パール」のみとなる。価格は以下のとおり。
    ・S “10th Anniversary Limited”(6MT):338万8000円
    ・S “10th Anniversary Limited”(6AT):355万3000円

    (webCG)

    2022.07.24
    https://www.webcg.net/articles/-/46697


    【【スバル】200台の限定販売「BRZ」の10周年記念モデルが登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    レヴォーグ

    1: 2022/07/19(火) 21:26:55.010 ID:HQFPjQf60

    SUVばっかり...


    【ステーションワゴン乗りたいけどまともな国産車がレヴォーグしかないwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スバル、マツダ

    1: 2022/07/11(月) 18:20:16.11 ID:z80q3DYQd

    スバル、マツダ


    【信者がキモいとされる自動車メーカーさんがこちらwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/06/30(木) 20:53:37.75 ID:PccMHYed0 BE:422186189-PLT(12015)

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title




    【スバルの「穴のないSTI」がワイの中で話題にwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/06/28(火) 22:42:39.53 ID:7mpj8E6i9

    スバルは2022年6月27日、同年夏の一部改良で「フォレスター」に追加予定の新グレード「STI Sport」の概要を公開した。

    フォレスターは、スバルのグローバル戦略を担うミドルサイズSUVであり、現行型は2018年6月に登場した5代目のモデルにあたる。

    追加されるSTI Sportは、「WRX S4」や「レヴォーグ」にも設定されるスポーツグレードであり、「モータースポーツを通じてスバルの走りを磨き続けるSTI(スバルテクニカインターナショナル)が、歴戦で培った知見と技術を注ぎ、SUVの走りを深めたモデル」と説明されている。

    STIチューニングによる専用ダンパーを装備することで、重心の高いSUVでありながらスポーツセダンのようなハンドリングと上質な乗り心地を追求。またエクステリアでは艶のあるブラックパーツを採用して上質さとスポーティーさを、インテリアでは深みのあるボルドーのナッパレザーにより、上質な空間を演出しているという。(webCG)

    2022.06.27
    https://www.webcg.net/articles/-/46570

    フォレスター STI Sport
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【スバル】「フォレスターSTI Sport」の概要を発表 2022年夏の一部改良で追加を予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ffd

    1: 2022/06/27(月) 21:11:21.50 ID:bs4+UOMq0● BE:423476805-2BP(4000)

    スバルの中型SUV、フォレスター(5代目、SK系)は2021年にフェイスリフトを含むマイナーモデルチェンジ相当の大幅改良が実施されていた。
    今後の予定は、2022年夏にE型への年次改良が行われる。

    ■フォレスター「STI Sport」、2022年夏発表の予告

    今夏の一部改良で、「STI Sport」グレードの追加設定が行われることが発表された。
    既に先行予約がスタートしている。

    新型フォレスター「STI Sport」は、STIチューニングによる専用ダンパーを装備することで、重心の高いSUVでありながら、 スポーツセダンのようなハンドリングと上質な乗り心地が実現される。

    また、エクステリアでは、艶のあるブラックパーツをあしらい、STI Sportの「上質さとスポーティさ」を表現。インテリアでは、熟成された深みのあるボルドー×ナッパレザー素材に包まれる「上質な空間」が演出される。

    ■フォレスターはF型への年次改良あり、フルモデルチェンジは2024年か
    (つづきあり)
    https://car-research.jp/forester/subaru-2.html


    【【スバル】「フォレスター」STI Sport追加、2022年夏のE型発売が予告】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/06/12(日) 17:35:25.68 ID:XsWfdSYk0

    no title


    【オレ的にスバルの新型SUVが好きすぎるwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スバル新型車「ゴ

    1: 2022/06/07(火) 00:34:26.79 ID:aP0urI1U0

    no title


    【スバルの新車「ドミンゴ」wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    新型SUV「ソルテラ」

    1: 2022/05/18(水) 08:59:15.28 ID:1hVOTDeK9

    スバル新型SUV「ソルテラ」一部仕様が“年度内分完売”!? 早くも受注終了!
    ソーラールーフ装着車が受注終了
     スバルは、2022年5月12日に受注を開始した新型EV「ソルテラ」について、ソーラールーフ装着車(2022年度生産分)の受注を終了したと、公式サイトで明らかにしました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d2d7061283297d72d81c200ea350e0b0fbe11cd


    【【スバル】新型SUV「ソルテラ」一部仕様が“年度内分完売”!? 早くも受注終了!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/05/15(日) 20:03:22.58 ID:lcX7b4AC0

    no title

    no title

    no title

    貴重なセダンって感じ
    車好き的にはSUVよりこういうセダンの方がカッコいいんやろ?


    【【スバル】新型レガシィがかっけえええええ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    国内初のEV工場 27年以降稼働

    1: 2022/05/12(木) 12:24:58.78 ID:t/K2h5RM9

    SUBARU(スバル)は国内で電気自動車(EV)の工場を新設する方針を固めた。2020年代後半の稼働を目指す。国内でEV工場の新設計画が明らかになるのは初めて。スバルは他社に比べてガソリン車の比率が高く、電動車シフトは遅れている。主力の米国市場ではEV化が急速に進む見通しで、工場新設でEVの生産能力を一気に引き上げる。世界的なEVシフトの波が中堅規模の日本車メーカーにも及んできた。

    12日午後に...(以下有料版で、残り665文字)

    日本経済新聞 2022年5月12日 12:15
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC120UQ0S2A510C2000000/


    【スバル、国内にEV工場 車メーカーで初】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    SUBARU

    1: 2022/05/03(火) 07:48:19.70 ID:mL1jGoa8r



    【SUBARU公式「SUBARU乗りの特徴を教えて!」←お前らどう答える??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/04/15(金) 20:08:33.71 ID:5Ei4jqK79

    スバルは2022年4月14日、SUVタイプの新型電気自動車(EV)「SOLTERRA(ソルテラ)」のラインナップと価格を発表した。同年5月12日に注文受け付けを開始する。

    スバル・ソルテラは、スバルがトヨタと共同開発した新世代EVであり、「トヨタbZ4X」の姉妹モデル。2021年11月11日に車両概要が発表されるとともに、2022年の年央までに日本、アメリカ、カナダ、欧州、中国などで導入を開始することなどがアナウンスされていた。

    今回発表されたラインナップは、1モーターのFWDが1モデル、2モーターの4WDが2モデルの計3種類で、前者が最高出力150PSを、後者がシステム最高出力160PSを発生する。

    ラインナップと価格は以下のとおり。

    ・ET-SS(FWD):594万円
    ・ET-SS(4WD):638万円
    ・ET-HS(4WD):682万円

    初年度は月販150台を予定している。(webCG)

    2022.04.14
    https://www.webcg.net/articles/-/46199

    SOLTERRA(ソルテラ)
    no title

    no title

    no title


    【【スバル】電気自動車「ソルテラ」の価格を発表 2022年5月12日に注文受け付けを開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    vv

    1: 2022/03/17(木) 20:46:23.23 ID:IgkBRsg50● BE:423476805-2BP(4000)

    スバル オブ アメリカは、新型WRX STIの生産を行わないことを発表した。

    先代型WRX STI(VA型)は、搭載されるEJ20型エンジンの生産終了とともに、2019年12月にオーダー受付を終了させていた。

    一方でスバルでは、2016年発売のインプレッサを皮切りに、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用するラインアップの一新を進めてきた。
    昨年2021年11月には、WRX(日本名:WRX S4)が、SGP採用のフルモデルチェンジを果たしており、残すは高性能スポーツモデルのWRX STIのみという段階であった。

    その新型WRX STIの発表時期としては、2022年春頃が期待されていたが、ここに来て状況は一変している。

    ■日本向け新型WRX STIは、発売の可能性が残されるが
    まず、現段階で確定しているのは、内燃機関を搭載する新型WRXをベースとした、新型WRX STIの米国仕様は発売されないということ。
    日本など他市場向けは発売される可能性が残されているが、主力の米国仕様無しにWRX STIを発売させるのは容易ではないだろう。

    また、米国向けWRX STIの生産を断念するに至った理由として、温室効果ガス(GHG)規制、CAFE規制、ゼロエミッション車(ZEV)の要求が挙げられている。
    さらに、自動車市場が電動化に向かうなかで市場のニーズが変化しているとも述べられており、内燃機関搭載のWRX STIでは、高性能スポーツカーのジャンルでは戦えないという判断も含まれていそうだ。
    つまりWRX STIを後継するモデルが将来リリースされるとするなら、それはBEVである可能性が高い。
    ただし、その具体的な内容については、言及されておらず、実現したとしてもかなり先となりそう。

    ■WRX STI EJ20 Final Edition 画像
    (続きあり)
    https://car-research.jp/wrx/subaru-7.html


    【【スバル】新型WRX STIの発売は無し?米国スバルが生産断念を発表、日本仕様はどうなる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    002

    1: 2022/03/14(月) 21:11:23.43 ID:8runUfbq0● BE:423476805-2BP(4000)

    スバルXVのフルモデルチェンジは、2023年初頭頃の発表が予想される。
    (写真は現行型)

    現行型XVは2017年のデビューで、2021年12月にはF型への年次改良が発表されていた。
    これが現行モデルの最終型ということになりそう。

    ■新型XVのエクステリアはリーク済み
    次期XVについては、偽装パターンが貼られたテスト車両がリークしている。
    偽装パターンの裏側には、ほぼ市販型に近いパーツが装着されていると考えられ、その完成度は高い。

    次期XVのフロント部分は、ヘッドランプとエンブレムを一本のバーで繋げた新たなデザインが採用され、大きな特徴となっている。
    ヘキサゴングリルはSUVらしい迫力を感じさせるシェイプとなり、グリル内は大柄のハニカムパターンでデザインされる。
    また、リアコンビネーションランプは小型化され、引き締まった印象となる。さらにコの字のテールランプがしっかりと張り出され、立体感が強く表現されているのが確認できる。

    ■初期型のA型からラインアップの可能性
    従来のXVシリーズは、ベース車のインプレッサ発売から約1年遅れで登場していた。
    2023年初頭頃が想定されるフルモデルチェンジでは、XVとインプレッサの同時発表が予想される。
    つまり、従来のXVには初期型であるA型が無かったわけだが、新型XVではA型からラインアップされることが期待できる。
    ただし、実際の発売日および生産開始時期は2023年春頃が予想され、新型インプレッサよりも遅れる可能性がある。
    (続きあり)
    https://car-research.jp/xv/subaru-3.html


    【【スバル】「XV」フルモデルチェンジ発表2023年初頭頃予想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アルシオーネSVX

    1: 2022/03/12(土) 19:54:13.262 ID:ss84m8hVd

    それにしたい


    【スバルの車でお前らが買うとしたらどの車?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スバル車

    1: 2022/03/08(火) 18:29:18.111 ID:5ycDOYrO0

    スバリスト様教えてくれ


    【スバル車の良いところ教えてくれ!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/02/19(土) 22:48:06.644 ID:TBJXmE6yd

    no title


    no title


    no title


    no title


    no title


    【スバルってモデルチェンジするたびに格好悪くなるのなんでなん??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    マツダ→陽キャ スバル

    1: 2022/02/17(木) 12:30:01.150 ID:ioi/eOju0

    何故なのか


    【マツダ→陽キャ スバル→キモオタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    インプレッサ

    1: 2022/02/12(土) 14:32:22.33 ID:W2DBCqT4p

    いいのか…


    【スバルさん、インプレッサ1本で勝てると思ってるらしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/02/09(水) 20:32:17.11 ID:VJnxZCAB9

    スバルは2022年2月8日、「スバルBRZ Cup Car Basic(カップカー ベーシック)」を発表した。

    スバルBRZカップカー ベーシックは、「トヨタGR86」とスバルBRZによって行われるワンメイクレース「TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup」の参戦用車両として開発された、コンプリートカーである。

    レース参戦に必要となるロールケージ(6点式+サイドバー付き)や6点式シートベルト用アイボルト(運転席のみ)など、個別に装着すると高額となる装備をパッケージで装着。ロールケージとの干渉を避ける専用カットのフロアマットも用意される。また、車両のパフォーマンスアップを想定して空冷式のエンジンオイルクーラーやリアデフ冷却フィンも装備する一方でシートサイド&カーテンシールドエアバッグを取り外すなど、レース参戦向けベース車両として最適化が図られている。

    製作に際しては、専用のベース車両にスバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルが専用装備を架装。持ち込み登録の完成車両として販売される。

    トランスミッションは6段MTのみ。ボディーカラーは有償色の「クリスタルホワイト・パール」や「イグニッションレッド」などを含め、全7色から選択可能となっている。価格は333万8500円。(webCG)

    2022.02.09
    https://www.webcg.net/articles/-/45896

    BRZ Cup Car Basic(カップカー ベーシック)
    no title

    no title

    no title

    no title


    【【スバル】ワンメイクレース用のベース車両「スバルBRZ Cup Car Basic」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/02/06(日) 21:14:43.608 ID:gmUeKbin0

    2000cc←税金安い
    1.5t未満←税金安い
    中古車←安い
    260馬力←速い
    デザイン←かっこいい
    これで直4なら整備性も良くて最強だったわ

    no title


    【4代目レガシィとかいうコスパめっちゃいい車wwwww】の続きを読む