スズキ

    suzuki

    1: 2018/08/02(木) 22:14:08.87 ID:CAP_USER9

    ◆スズキ、日印の両輪で駆ける 4~6月の純利益31%増

    スズキの業績が堅調だ。
    2日発表した2018年4~6月期の連結決算は純利益が前年同期比31%増の859億円と4~6月期で過去最高となった。

    事前の市場予想の平均(QUICKコンセンサス)602億円を大幅に上回った。
    市場シェアが5割を超えるインドで自動車販売が伸びたうえ、国内でも軽自動車が好調だった。

    日印の両輪が大幅増益をけん引した。
    2030年に世界販売台数を前期実績の322万台から700万台と約2.2倍に増やす壮大な構想に向けて、快調なスタートを切った。

    記者会見で長尾正彦取締役は「四輪車の世界販売は前年同期比16%増の86万台と過去最高だった」と胸を張った。
    なかでもインドは同26%増の46万台と大きく伸びた。
    主力車種「スイフト」は新型車が2月の発売以来、インド市場最速となる145日で10万台を達成したという。

    国内も堅調で、同9%増の17万台だった。
    日本「スペ―シア」、「クロスビー」など新型車が貢献した。

    結果として売上高は14%増の9874億円。
    営業利益は37%増の1164億円。
    販売台数の伸びで原材料高、為替影響、研究開発費の増加を吸収した。

    滑り出しは絶好調。
    にもかかわらず、19年3月期通期は純利益が前期比5%減の2050億円の見通しを据え置いた。

    その理由の1つが「研究開発を加速させるため」(長尾取締役)。
    研究開発費増は200億円の減益要因になる。
    電動車や自動運転など先進技術の開発がかさむ。

    今後、インドでの高成長を実現するため、かつてない積極投資をする方針。
    先行費用、減価償却費の負担が利益成長ペースを鈍らせる可能性がある。

    6月末に静岡県浜松市で開いた定例株主総会。
    鈴木修会長は、「2030年にインド市場で四輪車販売500万台を目指す」と強気の構想をぶち上げた。

    インドの四輪車販売台数の市場規模が今の300万台半ばからほぼ3倍の1000万台になると想定。
    同社も市場成長と同じように販売を伸ばせば、台数は前期実績比3倍の500万台に達するという見立てだ。
    30年時点でその他地域や日本を含めた販売台数は200万台規模を目指し、同社全体の販売台数は700万台を目指すことになる。

    インドでは現在、グジャラート州など3カ所の工場で現地車を生産している。
    仮に500万台を現地生産するなら、工場は10カ所近く、自動車の販売やメカニックもさらに10万人以上の人材が必要になる。
    鈴木会長は「マルチスズキ、スズキ、部品会社、販売代理店と『四位一体』で挑戦する」と意気込む。

    スズキは世界販売台数を700万台にするらしい――。
    市場では期待が先行し、株価は総会から約1カ月たった7月26日に上場来高値6839円を付けた。

    それでもPER(株価収益率)は14倍と自動車メーカーの中では高いが、東証1部の平均(15倍台)と比べるとまだ割高感はない。
    多くのアナリストの目標株価は7000円台で、8000円台もある。

    焦点は壮大な「インド500万台構想」に向けた具体策だ。
    「インドの工場、営業、販売、サービス人員などをどう増やすのか、それらを精査して、長期展望を描き、さらに短期をまとめることを今期やりたい」。
    長尾取締役は今期中にインドの事業計画を策定する方針を明らかにした。

    株式相場には「噂で買って、事実で売れ」という格言がある。
    投資規模が想定より大きければ、償却負担が重荷となって利益が市場の期待ほど伸びない可能性もある。
    投資家は短期的には株価の波乱リスクにも注意を払った方が良さそうだ。

    日本経済新聞 2018/8/2 17:32
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33721410S8A800C1000000/?nf=1


    【スズキ、日印の両輪で駆ける 4~6月の純利益31%増】の続きを読む

    1: 2018/07/31(火) 21:50:54.23 ID:CAP_USER9

    no title


    スズキの欧州部門は7月30日、『ビターラ』(Suzuki Vitara、日本名:『エスクード』)の改良新型モデルを欧州で発表した。

    現行ビターラは2014年秋、フランスで開催されたパリモーターショー2014でワールドプレミア。ビターラの車名は、30年前の1988年、欧州市場に投入された初代エスクードの現地名。パリモーターショー2014では、小型のスタイリッシュSUVとして、ビターラが復活を果たした。

    今回、デビューからおよそ4年が経過し、現行ビターラが登場以来、初となる大幅改良を受けて、改良新型モデルを発表。ガソリンエンジンを従来の1.6リットルから、1.0リットルと1.4リットルにダウンサイズする。

    直噴1.0リットル直列3気筒ガソリンターボ「ブースタージェット」は、最大出力111psを発生する。オプションで、「オールグリップ」と呼ばれる4WDシステムを用意。路面の状態や走行シーンに応じて、オート、スポーツ、スノー、ロックの4モードが切り替えられる。

    1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「ブースタージェット」は、最大出力140ps、最大トルク22.4kgm。最大トルクは、1500~4000rpmの領域で引き出される設定とした。従来の1.6リットルの最大出力120ps、最大トルク15.9kgmを上回る。

    外観は、グリルやバンパーを新デザインとして、リフレッシュ。リアはLEDテールランプが新しい。室内は、ダッシュボードが新デザイン。スズキは、ソフトタッチ素材を採用してクオリティを引き上げた、としている。

    2018.7.31 Tue 15:15
    レスポンス
    https://s.response.jp/article/2018/07/31/312570.html?from=tprt


    【【スズキ】ビターラ(日本名:エスクード) 改良新型、1.0リットルエンジン新搭載 欧州で先行発表】の続きを読む

    h

    1: 2018/07/29(日) 09:34:17.16 ID:QULuKTYX0

    【スズキ(売上3.75兆円、純益2157億円、世界10位の自動車メーカー】
    平均年収:657万円

    【部品メーカーたち】
    デンソー:811万円
    豊田自動織機:795万円
    アイシン精機:733万円
    トヨタ紡織:716万円
    日鍛バルブ:713万円
    NOK:712万円
    八千代工業:712万円
    曙ブレーキ工業:696万円
    ユタカ技研:675万円
    プレス工業:675万円
    芦森工業:672万円
    豊田合成:661万円

    なんでやねん


    【【悲報】超大手自動車メーカースズキの平均年収、下請け部品メーカーにボロ負けするwww】の続きを読む

    no title

    1: 2018/07/18(水) 21:35:38.80 ID:CAP_USER9

    スズキは2018年7月17日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「タフワイルド」を設定し、販売を開始した。

    今回のハスラー タフワイルドは、Aピラーからルーフ、リアクオーターパネルをブラックとした2トーンカラーが最大の特徴だ。既存の2トーンカラーよりも塗り分けをより鮮明にしたことで、新鮮な印象を持たせたとうたわれている。塗り分けられるボディーカラーは「オフブルーメタリック」「ブリスクブルーメタリック」「フェニックスレッドパール」「アクティブイエロー」「スチールシルバーメタリック」の全5色が設定される。

    「使い込むほど愛着の湧くインテリア」をテーマにした内装には、専用色となるオフブルーのインパネやレザー調とファブリック素材を組み合わせた専用シート表皮を採用した。

    このほか、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」やディスチャージヘッドランプ、LEDフォグランプなども装備する。

    特別装備の内容は以下の通り。

    【エクステリア】

    ・ブラック2トーン(Aピラー、ルーフ、リアクオーターパネル)[ブラック塗装]
    ・専用フロントバンパーガーニッシュ[車体色と同色]
    ・専用リアパーガーニッシュ[車体色と同色]
    ・「HUSTLER」アルファベットエンブレム[ホワイト](フロントグリル)
    ・「TOUGH WILD」エンブレム(バックドア)
    ・カラードドアハンドル[ブラック]
    ・LEDサイドターンランプ付きドアミラー
    ・専用色15インチスチールホイール[ブラックメタリック]

    【インテリア】

    ・専用色インパネカラーパネル[オフブルー]
    ・専用色エアコンガーニッシュ[ガンメタリック]
    ・専用色エアコンルーバーリング[ガンメタリック]
    ・専用レザー調&ファブリックシート表皮[ネイビー&ブラウン]
    ・専用色スピーカーリング[ガンメタリック]
    ・専用色ドアトリムカラーパネル[オフブルー]
    ・メッキインサイドドアハンドル
    ・専用色ステアリングガーニッシュ[ガンメタリック]
    ・ステアリングオーディオスイッチ

    【機能&装備】

    ・ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付き]
    ・LEDフロントフォグランプ
    ・オートライトシステム
    ・プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
    ・「ナノイー」搭載フルオートエアコン[カテキン・エアフィルター付き]
    ・フロント2スピーカー、フロント2ツイーター、リア2スピーカー
    ・電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]

    【安全装備】

    ・デュアルカメラブレーキサポート
    ・誤発進抑制機能
    ・車線逸脱警報機能
    ・ふらつき警報機能
    ・先行車発進お知らせ機能

    価格はFF車が148万7160円、4WD車が161万3520円。(webCG)

    2018.07.17
    http://www.webcg.net/articles/-/39118


    【「スズキ・ハスラー」の特別仕様車「タフワイルド」発売】の続きを読む

    1: 2018/07/14(土) 22:58:16.97 ID:L4WVjWSP0

    好きなデザインはジムニーシエラ
    地元は温暖で坂道も無い平野な街中

    ジムニーシエラ 1.5L ターボ
    no title

    no title


    クロスビー 1.0Lターボ
    no title

    no title


    【スズキの普通車買うんやがジムニーシエラかクロスビーで迷うンゴオオオオオオ!!】の続きを読む

    1: 2018/07/07(土) 08:12:38.47 ID:6v1abn3F0 BE:837857943-PLT(16930)


    オフロードや業務を含む悪路走行において、シンプルな構造、低いメンテナンスコストは、馬力やトルク以上のパフォーマンスを発揮する。
    なんらかのLSD機構と独立ブレーキ制御を組み合わせている車種も存在するが、シンプルさやコスト面ではジムニー方式のほうが有利だろう。

    https://response.jp/article/2018/07/06/311625.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【新型スズキ『ジムニー』に悪路で無茶な走行をしてみたら確実に進歩していた】の続きを読む

    1: 2018/07/05(木) 12:48:16.04 ID:YgR/mqZ50● BE:299336179-PLT(13500)

    正式発売(7月5日)を前にティザーサイトで概要を公開するなど、20年ぶりのフルモデルチェンジとあって、スズキが開発に力を注いで来た新型「ジムニー」。



    4代目となる新型では上級グレード「XC」(5M/T 174.4万円/4AT 184.1万円)に衝突回避/
    衝突被害軽減を図る単眼カメラ+赤外線レーザー式のデュアルセンサーブレーキサポートやクルーズ
    コントロール、LEDヘッドランプ、スモークガラス、フルオートエアコン、16インチアルミホイール等を標準装備するなど、充実した装備の数々が目を引きます。

    新型ジムニーのエクステリアは2代目風のスクエアなイメージが強調されており、「シエラ」には前後ホイールアーチ部にオーバーフェンダーを装備。

    伝統の縦置きエンジン、ラダーフレーム、副変速機付パートタイム4WD機構を継承しており、
    ジムニー(660cc 直3ターボ+Sエネチャージ)には3グレード、ジムニー シエラ(1.5L 直4 NA)には2グレードが用意され、それぞれ5速M/Tと4速A/Tが組み合わされています。

    同車ファンの中には既に先行予約を済ませた方も多いのではないでしょうか。

    原点回帰したスクエアな外観が特徴の新世代オフロードマシン、新型「ジムニー」ですが、5ドアロングモデルなど、今後の派生モデル登場の可能性についても期待が高まります。
    https://clicccar.com/2018/07/04/605995/

    no title


    【【ついに発売!】新型スズキ「ジムニー」は快適装備充実の新世代オフロードマシンへ 145.8万円~】の続きを読む

    1: 2018/06/18(月) 12:17:47.88 ID:CAP_USER9

    新型ジムニー(4代目)
    no title

    no title


    ■スズキ ジムニーがいよいよフルモデルチェンジ

    スズキは、軽自動車「ジムニー」と乗用車「ジムニーシエラ」を20年ぶりにフルモデルチェンジし、2018年7月に発売する。発売に先立ち、新型ジムニーのティザーサイトが公開された。

    >>よりワイルドになった!スズキ 新型ジムニー・新型ジムニーシエラの画像を見る
    https://autoc-one.jp/news/5002267/photo/

    1970年に登場した初代ジムニーは、軽自動車唯一の4WDオフローダーとして独自の地位を築いてきた。現行モデル(3代目)は1998年10月に発売。スタイリッシュなデザインと快適性の向上に加え、ジムニーならではの悪路走破性もさらに進化。20年という長きにわたって多くのユーザーに愛されてきた。

    世界でも類を見ない小型4WDオフローダーのジムニーは、現在までに、世界での累計販売台数285万台を達成。地球上のありとあらゆる道なき道で、今も活躍を続けている。

    今回公開された4代目となる新型ジムニー/ジムニーシエラは、歴代ジムニーのDNAを継承しつつ、最新のテクノロジーも注ぎ込まれた。

    これまで以上に頑丈なラダーフレーム構造にエンジンを縦置きしたFRレイアウトを引き続き採用。副変速機付きパートタイム4WDや3リンクリジッドサスペンションも健在だ。

    一方で、最新のテクノロジーとして、単眼カメラとレーザーレーダーで危険を回避する「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されたのは大きなニュースだ。ジムニーとしては初の自動ブレーキ採用で、予防安全性能はグンと上がった。
    .
    ■本格的な四輪駆動車らしく、これまで以上にワイルドなデザインに

    新型ジムニーのデザインは、現行ジムニー(3代目)よりスクエアなボディスタイルが印象的だ。ジムニー・ジムニーシエラともにフロントグリルになどにブラック仕上げの精悍なパーツを装着。さらに、ジムニーシエラでは、ブラックのオーバーフェンダーも追加することで、よりワイルドなスタイリングを実現している。

    一方、初代から継承される丸型のヘッドランプや2代目モデルのボンネットフードの形状、3代目モデルの5スロットグリルなど、歴代モデルのモチーフが随所に見て取れるのも新型ジムニーの特徴となっている。

    新型ジムニーに搭載されるエンジンは660ccで駆動方式は4WD、トランスミッションは5MTと4ATをラインナップする。一方の新型ジムニーシエラは、排気量が現行モデルの1.3リッターから1.5リッターに変更されたが、駆動方式は4WDでトランスミッションは5MT/4ATと、軽自動車のジムニーと同様となる。

    ボディカラーは、鮮やかな黄色のキネティックイエローをはじめとしたモノトーン9色に、2トーンカラーが3色、ルーフとボンネットが黒塗装になるブラック2トーン(受注生産)も取り揃えた。

    新型ジムニーの詳細な情報は今後発表されるものと思われるが、今回20年ぶりのフルモデルチェンジされるということもあり、新型ジムニーがどれだけ進化したか気になるところだ。

    6/18(月) 12:09
    オートックワン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010000-autoconen-bus_all


    【スズキ、ジムニー 20年ぶりのフルモデルチェンジ!2018年7月発売!】の続きを読む

    K1001147958

    1: 2018/06/15(金) 22:16:22.57 ID:CAP_USER9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180615/k10011479581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_059

    スズキ 中国南東部での車の生産から撤退へ
    2018年6月16日 0時00分

    自動車メーカーの「スズキ」は、中国での販売低迷を受け、中国南東部で20年以上続けてきた車の生産から撤退することになりました。

    スズキは、中国南東部の江西省にある現地生産会社、「昌河鈴木」の工場で1995年から小型のワゴン車などを生産してきました。

    この工場では、2014年のピーク時には、年間9万台を生産していましたが、去年は、その4分の1以下に落ち込み、販売計画を大きく下回る状況が続いていたということです。

    このため、スズキはグループとして「昌河鈴木」に出資していた46%の持ち分すべてを現地メーカーに譲渡したと15日、発表しました。

    これにより、この工場の生産から撤退することになります。

    スズキは、中国の別の工場での生産は続けるとしていますが、世界最大市場の中国は経済成長に伴い、大型車や高級車の人気が高まっていて、小型車を得意とするスズキには逆風となっています。


    【【スズキ】 中国南東部での車の生産から撤退へ】の続きを読む

    1: 2018/06/07(木) 17:53:54.44 ID:q4nFsdsv0● BE:423476805-2BP(4000)


    スズキの新型ジムニーがフルモデルチェンジを受けて、2018年7月5日にも発売される見通しとなった。
    ワイドボディの登録車モデル、ジムニーシエラも同時デビューする見込みである。
    次期ジムニーのリーク画像もちらほら出回っており、エクステリアの概形が判明しつつある。
    新型ジムニーに搭載されるエンジンは旧式のK6A型エンジンから、ロングストローク化されたR06A型に切り替わると予想される。やはり出力性能を補うためターボチャージャーは備わるだろう。
    ジムニーシエラの方は、1.0Lターボが有力で、この他に1.2Lのマイルドハイブリッドもパワートレイン候補として考えられる。

    https://car-research.jp/tag/jimny
    no title


    【スズキ新型ジムニー7月発表見込み、ワイドボディのシエラも同時デビュー】の続きを読む

    このページのトップヘ