スズキ

    1: 2017/09/13(水) 18:39:11.84 ID:CAP_USER9

    スズキは2017年9月13日、新型「スイフトスポーツ」を同年9月20日に発売すると発表した。

    ■今や希少な“ホットハッチ”が4代目に進化

    コンパクトでリーズナブルながら、スポーツごころあふれるホットハッチとして、コアなファンを持つ通称「スイスポ」ことスイフトスポーツ。新型は2005年に登場した初代から数えて4代目となるが、スズキでは3代目と呼んでいる。古くは「カルタス」の輸出仕様がスイフトの名を冠していたり、逆に初代スイフトが海外では「イグニス」を名乗っていたりしたことなどから、スズキでは軽自動車「Kei」をベースにした初代スイフトを、歴代モデルに含めていないのだ。

    それはともかく、新型スイフトスポーツのコンセプトは“Ultimate Driving Excitement”。開発にあたっては、Bセグメントのホットハッチとしての圧倒的な動力性能と、スイフトのフラッグシップとしてのエキサイティングなハンドリング性能を追求。ドライバーに操る楽しさと感動を与え、五感に響く刺激的なドライビングが楽しめるモデルと主張している。

    ■従来モデルから70kgの軽量化を実現

    走りの基礎となるボディーは、軽量高剛性の新プラットフォームを土台に、軽量で強度の高い超高張力鋼板を先代の約3倍使用し、スポット溶接打点を追加するなどして構成。この剛性を高めつつ軽量化したボディーを筆頭に、エンジンや内外装部品など細部に至るまで最適化し、先代比で70kgもの軽量化を達成。車両重量は6段MT車で970kg、6段AT車で990kgと1t以内におさめている。

    ボディーサイズは全長×全幅×全高=3890×1735×1500mm、ホイールベース2450mm。旋回性能を高めるべく前後トレッドをそれぞれ30mm拡大したため、全幅が1.7mを超えてスイフトとしては初の3ナンバーサイズとなった。とはいうものの、実は1735mmという全幅は海外向けのスイフトと同じ。国内向けのノーマルのスイフトのみ、5ナンバーサイズにおさめるためにダウンサイズしているのである。

    拡幅により安定感を増したエクステリアは、逆スラントした大開口のハニカムグリルやルーフエンドリアスポイラー、存在感のあるデュアルエキゾーストパイプなどでスポーティーに装う。インテリアはスポーツドライビングをサポートすべく、メーター、ステアリングホイール、シート、ペダルプレートなどを専用開発。マルチインフォメーションディスプレイには、新たにブースト計と油温計を追加している。

    ■エンジンには1.4リッター直噴ターボを採用

    フロントがマクファーソンストラット/コイル、リアがトーションビーム/コイルのサスペンションは、形式はノーマルと同じだが、ステアリング操作に対する応答性を高めるべく、専用ハブベアリングやトーションビームを採用して車軸支持剛性を強化。さらに専用スタビライザーやコイルスプリング、ブッシュ類などによってロール剛性を最適化。歴代モデルで定評のあるモンロー製ストラット&ショックアブソーバーも引き続き採用している。ブレーキは、フロントに先代より1インチ大径となる16インチのベンチレーテッドディスクを導入して動力性能向上に対応。足元は専用17インチアルミホイールに専用開発された195/45R17タイヤを履く。

    エンジンは1.4リッター直4直噴ターボのK14C型ブースタージェット。すでに「エスクード1.4ターボ」に積まれているユニットをベースに専用チューニングを施したもので、最高出力140ps/5500rpm、最大トルク230Nm/2500-3500rpmを発生。いずれも先代の自然吸気1.6リッターを上回り、0-100km/h発進加速は先代よりMT車で約20%、AT(先代はCVT)車で約25%向上しているという。いっぽう燃料消費はJC08モードで16.0km/リッター(6MT)と、先代(14.8km/リッター)より低減している。なお使用燃料はプレミアムガソリンである。トランスミッションはクロスレシオの6段MTと、先代のCVTに代わって、パドルシフトを備えたトルコン式の6段ATを用意している。駆動方式はFFのみである。

    スズキのフラッグシップとなるだけに、安全運転支援システムもより充実した。セーフティパッケージ装着車には、単眼カメラとレーザーレーダーによる、歩行者の検知も可能な衝突被害軽減ブレーキシステムやアダプティブクルーズコントロール、スズキ車としては初となる車線逸脱抑制機能などで構成されたシステムを搭載する。

    スズキスポーツDNAの結晶とうたう新型スイフトスポーツ。価格はMT車が183万6000円、AT車が190万6200円。それぞれに8万6200円高でセーフティパッケージ装着車が、14万4720円高でセーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車が用意される。(文=沼田 亨)

    2017.09.13
    http://www.webcg.net/articles/-/37072


    2: 2017/09/13(水) 18:39:34.78 ID:CAP_USER9

    スイフトスポーツ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表】の続きを読む

    no title

    1: 2017/08/28(月)20:56:36 ID:Ogk

    新型車は軽自動車より排気量が大きい1000ccクラスのエンジンを搭載。
    マイルドハイブリッド車の設定も検討する。
    デザインはハスラーを踏襲するが、車名は別とする案が有力。
    小型車の主力工場である相良工場(静岡県牧之原市)で、12月に量産開始する計画だ。
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00440865


    【スズキ、「ハスラー」1000cc版を年内投入】の続きを読む

    1: 2017/08/23(水) 16:18:04.89 ID:CAP_USER9

    2017年8月23日 発売
    107万8920円~119万9880円

    スズキは8月23日、軽乗用車の新型「ワゴンR」の「FA」グレードに5速MT車を設定して発売した。価格は107万8920円~119万9880円。

     FAグレードに設定された5速MT車は、2WD(FF)と4WDを用意。主な専用装備はフロアシフトと手動式パーキングブレーキ、セパレートタイプの
    フロントシート、インパネセンターポケット。ボディカラーは計10色を設定する。

     同社によると、今回の5速MT車の設定は、MT車を必要とするユーザーに向けて追加したものとしている。

    no title

    no title

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1076831.html


    【スズキ、新型「ワゴンR」の5速MT車を発売】の続きを読む

    1: 2017/08/15(火) 19:56:08.20 ID:CAP_USER

    no title


    『120kgの軽量化』。その衝撃的なインパクトをもって、新型スイフトが発売されたのは2016年12月。いまから約半年前のことだ。思えば2014年12月に発売されたアルトも先代比60kgの軽量化を実現してデビューした。この軽量化幅は、他メーカーと比べてもちょっと異例。なぜ、スズキだけがこれほどの軽量化を実現できるのか? そして、軽量化のネックはないのか?

    スイフトは1クラス下のライバルより軽い!!
    「スズキさんは凄い」(国産メーカー開発者談)

    他の自動車メーカーからこんなふうに言われるほど、スズキの軽量化は圧倒的だ。では、実際に数値的にどれくらい凄いのか?

    例えば、スイフトの車重は870kg。同クラスのライバル車の車重(各最軽量グレード)は、それぞれフィット、ノートが1030kg、デミオが1020kg、アクアが1060kgといった具合。

    車重はボディの大きさに比例する。スイフトはフィット、ノートなどより少し全長が短い。それを考慮しても150kg以上の差は驚異的。しかも、スイフトはパッソ(910kg)、マーチ(940kg)など1クラス小型な車より軽いのだがら、いかに飛び抜けているかがわかるというもの。ルノー・トゥインゴなど輸入車の同クラスモデルよりも圧倒的に軽い。

    no title


    【表】国産&輸入コンパクトカーの車重 ※【T】の記載があるものはターボエンジン

    『衝突安全のスバル』に対して『軽さのスズキ』
    「プラットフォームの更新などで得た技術的なゲイン(=利得)を、軽さに使うのか、衝突安全に使うのか、ということだろう」

    「スズキの場合は、そのゲインの多くを軽さに使っている。いっぽう、衝突安全性能に多く使っているのがスバル」

    このように分析するのは、メカニズムに詳しい自動車評論家の鈴木直也氏だ。そして、スズキがライバル車に対して大幅に軽いのは、メーカーとしての考え方や事情も絡んでいるからだという。

    「スズキのメインマーケットはインドなどの新興国市場で、いっぽうスバルのメインマーケットはアメリカ。多くの国産メーカーはスバル同様、先進国市場を重視しなくてはならない」

    「先進国では『衝突安全試験で五つ星を獲りました』ということに意味があるけれど、新興国では『軽くて燃費がいい』ことのほうにより意味がある」

    『最新の技術で得たものを軽さにつぎ込む』。スズキ流のコンセプトが、他社にはない軽さを実現した背景にあるといえるだろう。

    「スイフトの車重は870kgで、初代インサイトの850kg。アルミボディで作られた2シータークーペと遜色ない軽さを、一般的な5ドアハッチバックで実現しているところにスイフトと最近の軽量化技術の凄さを感じる」

    軽量化による“ネガ”はないのか?
    鈴木氏が指摘するとおり、ここ20年間の軽量化技術の進化は凄まじい。高級車なら、カーボンを多用するなどコストをかけた軽量化もできる。それを軽自動車のアルトや大衆車のスイフトで実現できる点こそ、技術発展の凄さを物語っている。

    ただし、気になる点もある。『軽さ重視のコンセプト』だとすれば、犠牲になっているものはないのか? ということだ。前出の鈴木氏は、スイフトに乗って予想外の驚きを持ったという。

    「普通、軽さを優先すると、ボディがペナペナに感じたり、遮音性がイマイチになりがち。でも、スイフトに乗ると、軽さによる悪影響を驚くほど感じない。ライバルのデミオなどと比べても遜色ないレベル」

    「現行型のスイフトは、今年のカー・オブ・ザ・イヤーに推せる1台だね。軽さを重視したスズキ、骨太なスバルと、さまざまなコンセプトがあることはとてもいいこと」

    最軽量グレードは1.2LのNAエンジンを積むスイフト。1LターボのRStでも930kgという車重を利して軽快に走る

    “最新の技術を最大限軽さに振る”。その思い切りのよさは、他のメーカーには決して真似できない、スズキ独自のコンセプトなのだ。

    https://bestcarweb.jp/archives/29168


    【スイフトは120kg減!! なぜスズキだけ圧倒的に軽量化できるのか? コンセプトは『スバルと対照的』】の続きを読む

    1: 2017/08/04(金) 07:04:16.39 ID:CAP_USER9

    スズキが3日発表した2017年4~6月期決算は、売上高が前年同期比15・3%増の8693億円、営業利益が43・8%増の850億円、純利益が72・4%増の654億円と、いずれも第1四半期として過去最高だった。
    利幅の大きい多目的スポーツ車(SUV)が好調だった。

    四輪車の世界販売も9・7%増の74万1千台で過去最高を更新。欧州ではSUV「SX4 S―CROSS」などが好調で販売台数が19・8%増え、乗用車市場のシェア5割を占めるインドでも14・3%増えた。

    欧州では、スズキのSUV「ビターラ(日本名エスクード)」にディーゼルエンジンを供給するフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)に排ガス不正疑惑が浮上している。
    この日の会見で、スズキの長尾正彦常務は「一義的にはFCAに対応して頂きたい」と述べた。

    日本でも、燃費不正問題で冷え込んでいた軽自動車が持ち直した。近年力を入れている軽以外の車も、小型車「ソリオ」や「スイフト」が堅調で、利益水準を押し上げた。

    欧州などで売れ行きが好調なスズキのSUV「SX4 S―CROSS」
    no title


    配信 2017年8月3日22時15分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK8356RNK83ULFA01F.html


    【スズキ、純利益72%増 SUV好調で過去最高を更新 SX4 S-CROSSなど】の続きを読む

    1: 2017/07/25(火) 04:50:58.88 ID:CAP_USER

    スズキは2017年7月24日、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)において、
    新型「スイフトスポーツ」を世界初公開すると発表した。

    スイフトスポーツは初代の発売以来、スズキのスポーティーなイメージをけん引してきたモデルである。
    今回の新型では、「世界中のスポーツドライブファンにさらなる刺激を与えるクルマに進化した」とうたわれる。

    新型スイフトスポーツの詳細については、9月12日に行われる、
    フランクフルト国際モーターショーの記者発表会で明らかにされる予定。

    http://www.webcg.net/articles/-/36784
    no title


    【スズキ、新型「スイフトスポーツ」を世界初公開】の続きを読む

    1: 2017/07/12(水) 19:21:39.56 ID:CAP_USER9

    スズキは2017年7月12日、コンパクトカー「スイフト」に電動走行も可能なフルハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加し、販売を開始した。

    ■スズキ独自の軽量・小型・高効率なハイブリッド機構

    今回スイフトに採用されたハイブリッドシステムは、「オートギヤシフト(AGS)」と呼ばれるシングルクラッチ式ATに、発電も可能な駆動用モーターを組み合わせたスズキ独自のもので、2016年11月に登場した「ソリオ」のフルハイブリッドモデルから導入が進められている。これまでにも、スイフトにはマイルドハイブリッド機構が搭載されるグレードは設定されていたが、フルハイブリッドシステムの採用については今回が初となる。

    組み合わされるエンジンは1.2リッターのガソリン自然吸気で、状況に応じて駆動用モーターが走行をアシスト。クリープ状態や約60km/h以下での一定速走行時には、エンジンを止めての電動走行も可能となっており、1tを切る車重とも相まって、JC08モード計測で32.0km/リッターという燃費を実現している。また、100Vの高電圧リチウムイオンバッテリーについては荷室床下に搭載。スイフトのボディーサイズや室内空間はそのままにフルハイブリッド化をかなえているという。

    また、搭載に際してはスイフトの持つスポーティーなキャラクターに合わせ、クラッチの切り離し時間を短縮するようAGSの変速制御をチューニング。シフトパドル操作時にはさらに切り離し時間を短くし、スピーディーな変速とスポーティーなシフトフィールを実現している。

    走行モードは「標準モード」と「エコモード」の2種類で、後者では停車からの発進時などでより頻繁にEV走行を行い、燃料消費を抑制するという。

    内外装の違いによる差別化も図っており、クロームメッキの加飾付きフロントグリルや、ブルーの加飾を施したシフトノブ、ブルーイルミネーションのメーターを採用。エンジン回転計の内側には、モーターの作動状態を表示するモーターパワーメーターが搭載される。

    グレードは「ハイブリッドSL」と「ハイブリッドSG」の2種類。前者には自動緊急ブレーキや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能、シフトパドルなどが搭載される。

    価格は以下の通り。

    ・ハイブリッドSL:194万9400円
    ・ハイブリッドSG:166万8600円

    2017.07.12
    http://www.webcg.net/articles/-/36735

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【「スズキ・スイフト」に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場】の続きを読む

    1: 2017/03/13(月) 21:01:04.78 ID:6zvqmuhD0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典

    no title


    スズキが1998年まで販売し、「軽のユーノス ロードスター」とも言われた2ドアオープン「カプチーノ」に、20年振り後継モデルの噂が立っている。

    発売当時はマツダ「AZ-1」、ホンダ「ビート」、と並び「ABCトリオ」とも言われ人気を博したモデルだ。

    その後ホンダは、2015年に後継モデルとして「S660」を発売し話題となっており、スズキもカプチーノ後継モデルに意欲的だと言う。

    後継モデルには、「アルト」からプラットフォームを流用し、駆動方式はFF、軽量化に特化させクラス最強のパフォーマンスを目指す。

    パワートレインは、直列3気筒DOHCエンジンを搭載し、最高馬力は66ps程度が予想される。

    ワールドプレミアは2018年秋、発売価格は200万円以下を期待したい。

    http://spyder7.com/article/2017/03/13/3168.html


    【スズキ カプチーノ、20年振り後継モデル登場か!?】の続きを読む

    s-P4060260

    1: 2017/02/23(木) 17:37:32.42 ID:CAP_USER

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022300905&g=eco


     スズキは23日、右前輪の車軸に不具合があったとして、軽自動車「ワゴンR」など12車種計
    7万1808台(2008年9月~09年10月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
    09年以降、車軸が外れて走行不能になるなどのトラブルが60件あったが、事故は起きていない。
     国交省によると、他の車種は「アルト」「パレット」や、日産やマツダにOEM(相手先ブランドによる生産)供給した「モコ」「AZ-ワゴン」など。
     段差などを乗り越えた際にエンジンの動力を右前輪に伝える車軸が外れ、加速が悪くなったり、
    走行不能になったりする恐れがある。設計不良が原因で、部品を交換して対応する。(2017/02/23-15:34)


    【スズキ、「ワゴンR」などリコール 車軸が外れ走行不能になるトラブルが60件発生】の続きを読む

    1: 2017/02/01(水) 12:12:01.12 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2017/02/01/289766.html
    no title


    スズキは2月1日、新型『ワゴンR』、新型『ワゴンRスティングレー』を発表し、同日より販売を開始した。
    新型ワゴンR、新型ワゴンRスティングレーは、広くなった室内空間と軽ワゴンならではの使い勝手の良さをさらに向上させながら、
    機能性とデザイン性を両立させた機能美を表現。幅広い世代のライフスタイルと、さまざまな価値観に対応する個性的な3つの外観デザインを採用した。

    パワートレインには、発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを搭載。軽量化と高剛性を両立させた
    新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により、軽ワゴンNo.1の低燃費33.4km/リットルを達成した。

    安全装備では、単眼カメラと赤外線レーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突の被害を軽減するシステム「
    デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」や、周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能を導入した。

    また、運転席前方のダッシュボードに車速やデュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示する
    「ヘッドアップディスプレイ」を、軽自動車で初めて採用。先進の安全装備を充実させた。
    さらに、荷室開口幅を拡大して大きな荷物も入れやすくなったラゲッジルームや、後席ドア両側の内側に
    アンブレラホルダーを設置するなど、利便性を向上させている。


    【スズキ、新型ワゴンRを発表 33.4km/リットルの低燃費を実現!】の続きを読む

    このページのトップヘ