スズキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジムニー

    1: 2021/10/12(火) 15:34:39.16 ID:weJuqNcna

    今ワイ「カローラクロスください」


    【1週間前ワイ「10ヶ月待ったけどようやく念願のジムニーが納車されたンゴ!今日からワイの相棒や!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/10/11(月) 13:01:19.438 ID:OSkxBsR80

    うわっダサ!!
    no title


    【【画像】この車ダサいけど運転楽しすぎて欲しいwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ハスラーハイブリッド

    1: 2021/09/26(日) 07:11:13.201 ID:uXR65u+20

    キャリアに荷物積んだだけでこんな悪くなんのな


    【ハスラー燃費リッター10キロもないとかハイブリッドなのに悪すぎwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/09/21(火) 21:24:12.99 ID:M67WqiIN0● BE:423476805-2BP(4000)

    スズキ・ラパンのフルモデルチェンジが2022年にも実施される見通しとなっている。
    no title


    スズキは女子向けの新型軽自動車として、今月にワゴンRスマイルを発売したばかり。
    さらに、女性がターゲットの軽自動車としては元祖であるラパンもフルモデルチェンジが計画されている。
    スズキは、2つのニューモデルで女性ユーザーを獲得していきたい狙いがある。

    ■ラパン シリーズ20周年となる2022年にフルモデルチェンジ
    初期型アルト ラパンは2002年に発売されたモデル。ベーシック軽自動車のアルトをベースに、主に女性に好まれる内外装が採用された。

    その後ラパンは、2008年と2015年にフルモデルチェンジを受けており、シリーズ20周年となる2022年には、4代目モデルへ一新されることになる。

    新型ラパンは、ハイブリッドモデルの導入も注目の一つとなる。

    スズキは、他メーカーが及び腰である軽自動車のハイブリッド化について、これまで積極的な姿勢を見せてきた。
    ISG(モーター機能付発電機)を採用する、いわゆるマイルドハイブリッドではあるものの、スペーシア、ワゴンR、ハスラー、そして最新のワゴンRスマイルにも導入済みとなっている。

    また、ワゴンRスマイルでは、コンベンショナルエンジン(ハイブリッドではない従来エンジン)モデルも引き続き採用され、低価格グレードが用意された。

    こういったハイブリッドとコンベンショナルの両方を設定していくというスズキの方針は、新型ラパンでも採用されることが予想される。

    ■次期ラパンに採用される新世代R06D型エンジン+WA04Cモーター
    (続きあり)
    https://car-research.jp/lapin/suzuki-2.html


    【【スズキ】新型「ラパン」2022年フルモデルチェンジ発売、女子向け軽自動車を強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    車がアルト

    1: 2021/09/12(日) 15:30:11.50 ID:qdxOCn4D0

    どうやろか


    【初めての車がアルトってダサい・・・?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/09/09(木) 20:18:09.32 ID:SwVSloj69

    スズキは2021年9月7日、小型車「イグニス」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

    今回の仕様変更では新グレード「ハイブリッドMV」を追加設定し、「ハイブリッドMG」「ハイブリッドMF」と合わせた全3グレード展開とした。

    ハイブリッドMVは、ハイブリッドMFと同様の力強さを表現したバンパーに加えて、LEDヘッドランプやLEDフロントフォグランプ、リアフォグランプ、さらにシフトパドルを装備。力強い印象のエクステリアと操る楽しさを追求したとうたわれる新グレードだ。

    ハイブリッドMGもハイブリッドMFと同じバンパーに加えて、キーレスプッシュスタートシステムとフルオートエアコンを追加装備した。

    ハイブリッドMFには新たにラゲッジシェルフが標準装備となっている。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・ハイブリッドMG:160万0500円(FF車)/173万6900円(4WD車)
    ・ハイブリッドMV:174万7900円(FF車)/188万4300円(4WD車)
    ・ハイブリッドMF:185万6800円(FF車)/199万3200円(4WD車)

    (webCG)

    2021.09.07
    https://www.webcg.net/articles/-/45088

    イグニス ハイブリッドMV
    no title

    イグニス ハイブリッドMG
    no title

    イグニス ハイブリッドMF
    no title


    【スズキが「イグニス」の一部仕様を変更 新グレード「ハイブリッドMV」を追加設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジムニー

    1: 2021/09/05(日) 13:36:46.61 ID:hldN17a/0

    人気ありすぎのジムニー、未だに納期は1年以上!?
    https://news.yahoo.co.jp/articles/492761bae7806d5523a599d31915cac1dcd685c0

    no title

    no title

    no title


    【「納車1年待ちでも待つ!」ジムニー、そんな状況でも大人気続くwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スズキの車

    1: 2021/09/06(月) 00:19:49.878 ID:DE5YJB1J0

    だから安っぽいいってるだろうが耄碌ジジイ!!!


    【俺「スズキの車乗ったけど安っぽいなぁ」スズキ社長「安っぽいんじゃなくて安いんです」俺「?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/09/03(金) 12:23:51.65 ID:J4ixTgee0● BE:844481327-PLT(13345)

    2018年の発売以来、絶大な人気を誇っているスズキの本格クロカン軽自動車『ジムニー』。
    これまでたびたび、5ドアのロングバージョンが登場するという情報を掴んできたが、この新モデルが日本市場で発売される可能性が高いことがスクープサイト「Spyder7」の調べでわかった。

    5ドア仕様は、海外版ジムニー、日本でいう『ジムニーシエラ』をベースに開発される。全長はシエラより300mm延長され3850mmに、全幅は変更なく1645mmをキープ。
    ホイールベースは2250mmから2550mmに伸びることが予想されている。全高、及び最低地上高に変化はなさそうだ。

    これまでスクープ撮影したプロトタイプ車両からは、そのアウトラインは確認できたもののディティールまでは見えていない。そこで今回、Spyder7が独自にそのエクステリアを予想してみた。

    フロントグリルを横3本のメッキラインに変更し、より上品さをアピール。バンパーデザインもより立体的なデザインに変更、それに合わせた迫力あるアンダーガードが装着される可能性もある。仕上げはロングボディに合わせた、ワイド感あふれるウレタンタイヤハウスガードも予想される。

    パワートレインは1.5リットル直列4気筒ガソリンのほか、1.4リットル直列4気筒ターボ+電気モーターのハイブリッドも有力も有力で、最高出力は150ps程度が期待できそうだ。

    安全装備では同社の「Safety Support」の最新バージョンを搭載、「デュアルセンサーブレーキサポート」、「デュアルカメラブレーキサポート」、「レーダーブレーキサポート」など約20の最新装備でロングボディをしっかりと守ってくれる。

    ジムニー5ドア仕様の発売は、早ければ2022年初頭、遅ければ2022年夏から秋になると予想される。人気になること間違いなしの新モデル。日本の登場が待ち遠しい。

    https://s.response.jp/article/2021/09/02/349117.html
    no title

    no title


    【スズキがジムニー5ドアを来年にも発売か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    has

    1: 2021/09/03(金) 05:57:42.070 ID:a5Pyj1MFd

    みんな俺のハスラーカワイイって言ってくれるし女の子にも大ウケだぞ


    【お前ら「軽自動車は恥、惨め、女の乗り物、自転車の方がマシ」←でもハスラーだったら…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジムニー 今注文しても納車は

    1: 2021/08/26(木) 08:07:30.618 ID:+MVa4Q7Ea

    今度は半導体不足


    【【悲報】ジムニー 今注文しても納車は1年以上先だという現実www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/08/26(木) 21:17:06.14 ID:2bxVanVv0● BE:423476805-2BP(4000)

    新型ワゴンRスマイルが9月にも発売日を迎える見込み。半導体不足の影響により、そのデビューが待たされていたが、陸送中である完成車両の目撃情報が出回る段階となっており、いよいよ発売が現実味を帯びてきた。
    no title


    ■新型ワゴンRスマイル、フロントデザインはスペーシアの系統
    ワゴンRスマイルは、そのモデルネームが示す通りワゴンRの車体がベースとなり、後席用スライドドアが装備されたモデルとなる。ただしエクステリア、特にフロントデザインの方向性はスペーシアの通常モデルに近く、女性ユーザーを意識したデザインに仕上がっている。

    ヘッドランプは大型の楕円形で太いメッキフレームで囲まれる。このあたりはスペーシアの五角形ヘッドランプとは異なり、ワゴンRスマイルのアイデンティティを感じさせるところである。

    また、フロントグリルのパターンは、ドットタイプと横桟タイプが用意されるようだ。どちらもメッキ加工の多用で質感は高く見え、一見して上位グレードがどちらなのかわからない。フォグランプが付いているドットパターンの方が上位グレードだろうか。

    そのフォグランプも円形のメッキフレームで装飾される。やや大きめで存在感が大きく、レトロなテイストが強調されている。

    ツートンカラーは上段:ブラウン系統色、下段:ブラック系統色の存在が確認できる。サイドの窓枠はブラックアウト化されているようだ。

    スペーシアの全高バランスと比べると、ワゴンRスマイルは低く見える。やはりワゴンRベースで、居住空間としてはスーパーハイトワゴンとまではいかないようである。その分、丸みを帯びたボディスタイルが魅力的で、オーナーの所有欲を満足させるモデルとなりそうだ。

    ■全車マイルドハイブリッドの可能性
    (つづきあり)
    https://car-research.jp/wagon-r/smile.html


    【【スズキ】新型ワゴンRスマイル 9月発売へ、陸送中車両 エクステリア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    xbee

    1: 2021/08/17(火) 20:05:33.540 ID:NFA48cyL0

    イタリア人デザイナー雇えば変われるのにな


    【スズキの車やバイクって総じて糞ダサいけどさ、でも・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/08/24(火) 21:13:27.533 ID:UgYa/UlD0

    おっそ
    no title

    no title


    【所詮軽自動車のジムニーさん、イキってしまうwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/08/22(日) 20:48:02.89 ID:zwPehcDJ0● BE:423476805-2BP(4000)

    スズキの女子向け軽自動車、ラパンのフルモデルチェンジ開発が進められている。
    no title


    現行型3代目ラパンは、2015年6月に発売されたモデル。ベーシック軽自動車のアルトをベースに、ウサギ(Lapin)をイメージした内外装に仕上げられ、多くの女性ユーザーを獲得してきた。
    販売期間約7年となる2022年には、次期型4代目へのフルモデルチェンジが見込まれる。

    ■IGS方式のマイルドハイブリッド搭載へ
    次期ラパンでは、いよいよハイブリッドモデルが登場することになる。厳しくなる燃費基準を背景に、軽自動車の電動化はメーカーを問わず大きなテーマとなっている。
    なかでもスズキは、ISG(モーター機能付発電機)を採用したマイルドハイブリッドの導入を進めてきており、もちろん次期ラパンもその対象となる。

    ■新世代R06D型エンジン+WA04Cモーター
    スズキの軽自動車向けハイブリッドは、従来のR06A型+WA05A型モーターのシステムから、現在は第二世代型となるR06D型エンジン+WA04C型モーターのシステムに切り替わりつつある。
    既にハスラー、ワゴンRの自然吸気モデルには、この第二世代型が導入済みで、次期ラパンへの搭載も進められるだろう。

    R06A型のボア・ストロークは64.0×68.2mmであるが、R06D型は61.5×73.8mmとなっており、燃費性能で有利となるようにロングストローク化が果たされている。これにより圧縮比は12.0を達成。さらに、デュアルインジェクションとクールドEGRが採用され、熱効率が高められている。

    また、エンジンパフォーマンスとしては下げられているのも特徴で、R06A型 NAは最高出力52ps、最大トルク6.4kg・mであったが、R06D型 NAは49ps、5.9kg・mと抑えられている。
    それでも日常的なエンジン回転域では従来のR06A型 NAと遜色ない加速性能が発揮される。

    また、ハスラーでは全車マイルドハイブリッドの設定となっている。次期ラパンは、ハイブリッド専用車となるのか、あるいは低価格なコンベンショナルエンジン車も用意されるのか、このあたりは車両価格に直結する問題でもあり、今後も注視していきたい。

    ■最新ステレオカメラによるデュアルカメラブレーキサポートを採用
    (続きあり)
    https://car-research.jp/lapin/suzuki-2.html


    【【スズキ】ラパン2022年フルモデルチェンジ発売へ、R06D型ハイブリッド搭載で値上がり必至】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    黄色のスイスポ zc31s

    1: 2021/08/21(土) 03:54:08.964 ID:p1bZZUe20

    なんでそんなに叩くの…


    【大学生になって小さい頃から憧れてた車買ったんだがネットでボロクソに叩かれてて悲しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/08/13(金) 21:10:15.23 ID:M3kKG4F+0● BE:423476805-2BP(4000)

    スズキからワゴンRスマイルが発売される見込み。
    (写真は現行ワゴンR)
    no title


    ワゴンRスマイルは、ワゴンRをベースに、後席にスライドドアを装備したモデルとなる。
    これまでのスズキのラインアップでは、スライドドア装備の軽自動車としてスーパーハイトワゴンのスペーシアが販売されてきた。
    ワゴンRスマイルは全高を低くし、ターゲットを女性ユーザーに絞った丸みのあるエクステリアが特徴で、ダイハツ・ムーヴキャンバスと直接対抗する車種となる。

    ■スライドドア+ハイブリッド+女子向け外装の「高付加価値」軽自動車

    そして、ワゴンRスマイルの車両価格もムーヴキャンバスを意識したものとなるだろう。
    ムーヴキャンバスの現行ラインアップは低価格なLグレード系統のモデルが販売終了となっているが、これは消費税込み車両本体価格で127万円台に設定されていた。

    ワゴンRスマイルも同価格帯のエントリーモデルが設定されることが期待される。
    しかし、モーター機能付き発電機(ISG)を搭載したマイルドハイブリッドの全車標準装備が予想され、そうなると車両価格は幾分高く設定されることになる。
    「高付加価値」軽自動車という言葉もあるが、ワゴンRスマイルスマイルはこれに該当する典型的なモデルとなる。

    ワゴンRスマイルは、ムーヴキャンバスに対してコンセプトで後追いとなってしまう。
    スズキが得意とするマイルドハイブリッドによる燃費性能で、燃費性能や先進性をアピールしていくことになるだろう。

    ■ワゴンRスマイルの発売日、2021年秋以降に延期の可能性
    (続きあり)
    https://car-research.jp/wagon-r/smile.html


    【【スズキ】ワゴンR スマイル、車両価格はスライドドア+ハイブリッドで高くなる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    現行ハスラー

    1: 2021/08/09(月) 09:33:14.51 ID:qXKET/d50

    可愛い


    【代車で現行ハスラー来たんやがええなwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/08/03(火) 20:11:49.65 ID:xpUGjwLv9

    スズキは2021年8月2日、軽トラック「キャリイ」の一部仕様を変更し、同年8月18日に発売すると発表した。

    今回の変更では、「KCエアコン・パワステ農繁」と特別仕様車「農繁スペシャル」に、悪路走行を支援する「ぬかるみ脱出アシスト(ブレーキLSDコントロール)」や「ヒルホールドコントロール」に加え、強化スプリング(4枚リーフスプリング)を標準装備。また両グレードに3段AT仕様を新設定した。

    エクステリアにも手を加えており、「KCエアコン・パワステ」やKCエアコン・パワステ農繁、「スーパーキャリイL」にメッキフロントガーニッシュを採用している。

    価格は、キャリイが75万2400円から130万4600円、スーパーキャリイが105万8200円から142万4500円、キャリイ特装車シリーズが125万0700円から228万1400円となっている。

    また、特別仕様車として「60周年記念車」を新設定。車名の通り、今年がキャリイシリーズの元祖である「スズライトキャリイFB型」の登場(1961年10月)から60周年にあたることを記念して設定されたもので、キャリイ初となる4段ATが採用されるほか、HIDヘッドランプや強化スプリングが標準装備される。

    価格は2WD車が114万7300円、4WD車が129万9100円。(webCG)

    2021.08.03
    https://www.webcg.net/articles/-/44924

    キャリイ
    no title

    スーパーキャリイ
    no title

    キャリイ 60周年記念車
    no title


    【スズキが軽トラック「キャリイ」を一部改良 60周年記念の特別仕様車も設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ハスラー

    1: 2021/07/12(月) 10:44:22.82 ID:B1IyS8JH0

    見た目も内装もビビッとなんよ


    【独身男29歳でハスラー欲しいって普通だよな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/07/26(月) 20:27:06.57 ID:P488OkWd0 BE:423476805-2BP(3000)

    スズキ・スペーシアのフルモデルチェンジは、2022年度内の実施が予想される。
    no title


    モデル末期に差し掛かったスペーシアであるが、好調な販売が続いている。2021年上半期(1-6月)における軽自動車の販売台数によると、首位はホンダ・N-BOX(110,551台)の独走は相変わらずであるが、スペーシアはこれに次ぐ2位(78,698台)となり、3位にダイハツ・タント(69,262台)が続いた。

    さらにスズキは、スライドドア装備の軽自動車としてのもう一つの選択肢、ワゴンRスマイルを2021年末に投入する予定。これからフルモデルチェンジ前に入るスペーシアの販売減をフォローしていく体制もできつつある。

    ■次期スペーシアのタイミングでは、スズキ&ダイハツの共同開発EVパワートレインは間に合わない
    昨今、スズキとダイハツの関係が親密になってきた。2021年07月21日には、軽商用事業でのCASE(コネクテッド、自動運転、シェア、電動化)普及に向けて、CJP(Commercial Japan Partnership)にスズキとダイハツも参画することが発表された。
    これは既に明らかとなっていた軽自動車向けEVパワートレインの共同開発を加速させることにもなるだろう。まずは走行パターンが単純な商用車で、電動化に限らずCASE全体での技術開発が進められ、将来的には乗用車へも応用されることになる。

    ただし、2022年度内のフルモデルチェンジが迫ったスペーシアにおいては、その影響は限定的となりそう。
    スペーシアシリーズは、前身となるパレット時代も含めて、これまで5年前後でフルモデルチェンジされてきた。競争が激しいセグメントだけに、3代目となる次回フルモデルチェンジも大きく遅延することなく実施されるだろう。

    ■スズキのEV参入は2025年頃まで遅れる可能性
    (続きあり)
    https://car-research.jp/spacia/hybrid-2.html


    【【スズキ】スペーシア、フルモデルチェンジ2022年度内予想、ハイブリッド継続、EV化ならず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/07/11(日) 16:46:03.94 ID:z4Rno/n00 BE:423476805-2BP(3000)

    スズキの軽自動車、ワゴンRに派生モデルとして「ワゴンRスマイル」が追加発売される見込み。
    その発売日は、当初の6月から8月に延期となっていたが、その実現性も疑わしくなってきた。
    no title


    新型ワゴンRスマイルの発売日は、2021年秋以降に再延期となっている可能性がある。
    自動車向け半導体不足の問題は、スズキの新型車投入時期にも影響を及ぼしている。

    ■ワゴンRスマイルは、後席スライドドアを装備
    ワゴンRスマイルは、ダイハツ・ムーヴキャンバスに直接対抗するモデルとなる。

    スズキがワゴンRをベースに、このようなモデルを開発しているという噂は以前からあったが、「WAGON R SMILE」の商標が2019年12月5日付で出願されたことで、そのモデルネームについても判明しつつあった。

    従来型ワゴンRと新型ワゴンRスマイルの構造的な違いは、後席ドアにある。
    従来型ワゴンRは一般的なヒンジドアを採用しているのに対し、新型ワゴンRスマイルではスライドドアが採用される。

    スライドドア装備車は子育てママから人気が高いものの、軽自動車ではスペーシアのようなスーパーハイトワゴン車において装備されることがほとんどである。
    しかし、ワゴンRのような全高が低めのモデルでもスライドドア車の需要が高いことは、ムーヴキャンバスの販売が好調なことからも明らかであった。

    ■ワゴンRスマイルは女子向けエクステリア
    新型ワゴンRスマイルのエクステリアは、女性ユーザーをターゲットとした可愛らしいデザインとなる見込み。
    デザインコンセプトについても、ムーヴキャンバスを後追いしたものとなりそうだ。

    一方で、スズキはラパンを2021年度内にもフルモデルチェンジ発売させる見込み。
    ラパンは女性ユーザーをターゲットとした軽自動車としては定番モデルである。

    近い将来、スズキのラインアップでは、女子向けの新型軽自動車として2モデルが同時販売されることになる。

    ■新型ワゴンR スマイルが売れる理由、スライドドア軽自動車が人気
    (続きあり)
    https://car-research.jp/wagon-r/smile.html


    【【スズキ】新型ワゴンR スマイル、発売日は2021年秋以降に再延期か、スライドドア装備車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジムニー

    1: 2021/07/06(火) 22:28:55.218 ID:xhpnBjgXM

    スポーツカー乗ってたから燃費の悪さとかあまり気にならない


    【来月ジムニーがついに納車される予定!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/07/06(火) 21:24:50.89 ID:ml8y+XoH0 BE:423476805-2BP(3000)

    スズキの軽自動車、アルトラパンの次期型の開発が、最終段階に近づいている。
    2021年度内のフルモデルチェンジ発売が見込まれる。
    no title


    現行型ラパンは、2015年に発売された3代目モデルである。
    スズキの新プラットフォームのHEARTECTは、既に現行型で導入済み。
    これは進化を受けつつ、次期ラパンにも採用される。

    搭載されるエンジンは、現行のR06A型からR06D型へと刷新される。
    R06D型は熱効率と実用燃費が重視された設計で、ロングストローク化により圧縮比は12.0を達成する。
    また、最高出力は49ps、最大トルクは5.9kgmと、軽自動車向けのNAエンジンとしては控えめな数値となっているが、日常的なエンジン回転域では従来のR06A型と遜色ない加速性能が発揮される。
    デュアルインジェクションシステム、クールドEGRといった、最新のエンジン技術も盛り込まれる。

    R06D型エンジンは、ハスラーとワゴンRで先行導入され、特にハスラーでは全車マイルドハイブリッドの設定となっている。
    次期ラパンは、ハイブリッド専用車となるのか、あるいは低価格なコンベンショナルエンジン車も用意されるのか、このあたりは車両価格に直結する問題でもあり、今後も注視していきたい。

    ■ラパンとワゴンRスマイル、女性がターゲットの新型軽自動車を2種類導入
    次期型もラパンの車名は踏襲されるだろう。
    つまりウサギをテーマとしたコンセプトは変わらず、女性ユーザーを強く意識した内外装デザインとなる。

    また、スズキは2021年末にかけて、新型ワゴンRスマイルを発売させる計画で、こちらも女性ユーザーに好まれる車種となりそう。
    (続きあり)
    https://car-research.jp/lapin/suzuki-2.html


    【【スズキ】新型ラパン2021年度内発売へ、女子向け新型車を連続投入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジムニー

    1: 2021/07/02(金) 03:24:18.67 ID:gLP+bN9v0

    ちなJA11乗りや


    【ワイが好きな車「ジムニー」「ランクル」「パジェロ」←どんなイメージ?】の続きを読む