スズキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ソリオバンディット

    1: 2020/10/30(金) 08:13:17.16 ID:16Yy7ZcK0

    ソリオバンディットしかないやん


    【ジッジ「好きな車買ったるわ!」ワイ「!」ジッジ「スズキ限定な!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    軽ジムニー

    1: 20/10/23(金)22:09:45 ID:q3x

    悲しい


    【ワイジムニーシエラ乗り、見かけるのが軽ジムニーばかりで落胆wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    新型ジムニー

    1: 2020/10/18(日) 18:03:57.14 ID:pXZ0ZeHja

    女友達100人から好評w


    【【朗報】新型ジムニー、女受けめちゃいいぞwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    jimny_001

    1: 2020/10/21(水) 16:38:26.85 ID:ZjHI0wMt9

    2019年の東京モーターショー時には日本導入が決まっていた!?
     かねてから噂されているスズキ「ジムニーシエラ」の5ドアモデルの日本導入の話題。ついに日本導入決定の情報をキャッチしました。果たして、その発売時期はいつ頃になるのでしょうか。

    以前に、2019年に開催された東京モーターショーで、ジムニーシエラの5ドアモデル(ロング)がお披露目されるかもしれないという話題がありました。

     しかし、東京モーターショー2019ではジムニーシエラ5ドアは発表されませんでしたが、最近になってある情報を入手。

    それは、スズキは東京モーターショー2019においてジムニーシエラ5ドアを発表する予定だったというのです。

     スズキの情報に通じているジムニー業界関係者は、次のように語ります。

    「かなり上のポストの人から、『ジムニーシエラ5ドアの日本発売が決まった』という話を聞きました。

     この時点で、すでに日本のスズキとインドのマルチスズキが合弁で作ったハサンプールの工場が完成していたので、やはり日本用の生産ラインもあるのかと思いました」

     ちなみにこの関係者によれば、2020年度初頭からジムニーシエラ5ドア用のラダーフレームをハサンプール工場で生産を開始する予定になっていたということです。

     しかし、コロナ禍により生産は当然中止となり、現在もラインは動いていない模様です。

     マルチスズキは、かつてSJ413という先々代ジムニーをロングホイールベース化してモデルを生産してきました。

     いわゆる「ジプシー」と呼ばれるモデルで、主に警察や軍が使用していたことで知られています。

     SJ413は基本設計が約40年と古いため、すでにインドの警察はジムニーシエラ5ドアを大量に発注しているといいます。

     早ければ、2021年からデリバリーを始める予定でしたが、どうも2022年にずれ込むのではないかという見方が有力です。

     話は日本導入に戻りますが、スズキが日本導入を発表できない理由があります。

     それは日本向けモデルの納車の大幅な遅れです。ジムニー、ジムニーシエラの納車がままならない現状において、新バリエーションの発表がひんしゅくを買うことは容易に想像できます。

     しかし、前述の通りスズキは東京モーターショー2019の会場において、ジムニーシエラ5ドアの発表を準備していたのではないかという、別の証言もあります。

     スズキに太いパイプを持つ業界関係者から、「今年に入ってから湖西工場内においてジムニーシエラ5ドアを見た」という話が飛び出しました。

     その関係者の話によれば、ジムニーやジムニーシエラの生産ラインの脇に、シエラの5ドアモデルが数台置かれていたといいます。

     試作車なのか、それともモックだったのかは分からなかったようですが、きれいに塗装もされていて、今にも走り出しそうな感じに見えたということです。

     その車両が何のために造られたのか、目的は不明です。しかし、この車両が目撃されたのが2020年の前半だったことを考えれば、東京モーターショー2019に参考出品するための展示車両だったということも十分に考えられます。

    以下ソースにて
    2020/10/21
    https://kuruma-news.jp/post/307018


    【5ドアのスズキ新型「ジムニーロング」ついに発売へ!? 日本導入は2021年末か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2020/10/14(水) 19:32:36.19 ID:Rvlh0SCH0● BE:644423549-2BP(5500)

    スズキは2020年10月14日、軽乗用車「アルト」および「アルト ラパン」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

    今回はグレード構成を見直しており、アルトは「X」グレードを廃止し、「F」「L」「S」に「アルトワークス」を加えた4グレード展開に。一方のアルト ラパンは「S」グレードを廃して「G」「L」「X」「モード」の4グレード展開とした。

    装備面ではアルトに電動格納式カラードドアミラーとフルオートエアコンなどを追加設定。アルト ラパンにはフルオートエアコンと電動格納式リモコンドアミラー、ステアリングオーディオスイッチ、時間調整付きフロント間欠ワイパーなどを追加した。

    さらにアルトにはボディーカラーに「フェニックスレッドパールメタリック」を追加設定している。

    ラインナップと価格は以下の通り。
    【アルト】

    F(5段MT):86万3500円(FF車)/97万1300円(4WD車)
    F(5段AGS):86万3500円(FF車)/97万1300円(4WD車)
    L(CVT):91万8500円(FF車)/102万8500円(4WD車)
    S(CVT):109万7800円(FF車)/120万0100円(4WD車)
    ワークス(5段MT):153万7800円(FF車)/164万7800円(4WD車)
    ワークス(5段AGS):168万6300円(4WD車)
    【アルト ラパン】

    G(CVT):121万円(FF車)/132万2200円(4WD車)
    L(CVT):128万3700円(FF車)/138万8200円(4WD車)
    X(CVT):144万8700円(FF車)/154万9900円(4WD車)
    モード(CVT):141万9000円(FF車)/152万0200円(4WD車)

    https://www.webcg.net/articles/-/43479
    no title
    no title


    【スズキが「アルト」「アルト ラパン」を仕様変更 グレードラインナップを見直し】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    エブリィ

    1: 2020/10/14(水) 20:48:16.66 ID:+8m3Jvsj0

    no title

    最強


    【エブリィとかいう働いてる奴なら絶対乗ったことある車wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    実は凄いラインナップ

    1: 2020/10/13(火) 21:02:33.18 ID:ESMbPvob0● BE:644423549-2BP(5500)

    スズキが販売する海外専売SUVとは
     スズキは日本のみならず世界各国でクルマの製造・販売をおこなっていますが、近年人気の高まるSUVのラインナップを見ると、日本では販売していない海外専売車もあります。いったいどんなSUVが存在するのでしょうか。

    【画像】スズキ版RAV4!? 新型「アクロス」はいったいどんなデザイン?(20枚)

    スズキ「ジムニーシエラ」

     スズキが世界市場で展開するSUVのなかで、世界でも評価の高いクロカン四駆としては、「ジムニー」シリーズが挙げられます。

     初代ジムニーは1970年に発売されたモデルで、現行型は4代目となる、長い歴史を持つモデルです。

     軽自動車規格内である全長3395mm×全幅1475mm×全高1725mmのボディは、本格的なラダーフレーム構造が採用されています。

     組み合わされる4速AT/5速MTは、副変速機付きのタイプが採用され、激しい悪路走行を想定しているとわかる設計です。

     軽自動車規格の仕様のほかに、海外仕様のジムニーとしても販売される、登録車タイプの「ジムニーシエラ」もラインアップ。ボディサイズは全長3550mm×全幅1645mm×全高1730mmに拡大され、1.5リッターガソリンエンジンを搭載しています。

     また、ジムニーシエラに近いボディサイズのコンパクトSUVとして、インドで販売される「エスプレッソ」などが存在します。

     ボディサイズは全長3565mm×全幅1520mm×全高1549mmで、1リッターガソリンエンジンを搭載。トランスミッションは5速MTとAGSを用意します。

     また、コンパクトSUVとして「クロスビー」や「ビターラブレッツァ」(海外専売車)も存在します。

     一方、スズキのなかで比較的大きいSUVとして、「SX4 S-CROSS」(海外名:S-CROSS)や「エスクード」(海外名:ヴィターラ)などが存在。

     また、新興国向けには「エルティガ」や「XL6」、「XL7」のような3列モデルが用意されています。高めの車高や、ブラックのフェンダーモールによって、SUVらしいテイストを持つモデルに仕立てられています。

    ※ ※ ※

     直近の新型車として、スズキは2020年7月にトヨタのミドルサイズSUV「RAV4 PHV」のOEM車「アクロス」を欧州市場に投入すると発表。オランダ市場では2020年9月10日に発売されました。

     スズキの車種ラインナップ内では唯一となるプラグインハイブリッド車で、オランダ市場では6万5000ユーロ(約806万円)で販売されます。

     ジムニーのような歴史のあるモデルを長年ラインナップし続ける一方、それぞれの市場ごとに必要とされる車種を柔軟に提供できているといえるでしょう。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/58e985a82d8df7e7976f6cd2a9bd09960090b0dd


    【実は凄いラインナップ!? スズキSUVは人気の「ジムニー」だけじゃない? どんなSUVが存在するのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/10/08(木) 18:50:11.24 ID:XylzZZog0● BE:896590257-PLT(21003)


    スズキ キャリイ など8万2000台、燃料タンクに亀裂が入るおそれ…リコールして全車交換へ
    2020年10月8日(木)17時48分 レスポンス

    スズキは10月8日、『キャリイ』などの燃料タンクに亀裂が入るおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。
    対象となるのは、スズキ『キャリイ』、日産『NT100クリッパー』、マツダ『スクラム』、三菱『ミニキャブ』の4車種で2013年9月4日~2014年8月19日に製造された8万2590台。
    対象車両は、燃料タンクの車体取付部位の強度が不足しているため、走行中の振動により取付部位付近に亀裂が発生するものがある。
    そのため、そのまま使用を続けると、亀裂が進行し燃料がにじみ出ることがあり、最悪の場合、滴下するおそれがある。
    改善措置として、全車両、燃料タンクを対策品に交換する。
    不具合は18件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発覚した。

    https://response.jp/article/2020/10/08/339180.html
    no title


    スズキ公式
    https://www.suzuki.co.jp/recall/car/2020/1008/
    no title

    no title


    【【リコール】働く男のスズキ キャリイ・クリッパー・スクラム・ミニキャブ、ガソリン漏れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 20/10/08(木)09:07:36 ID:xMt

    わいはかっこいいと思うんやが
    no title

    no title


    【スズキのジムニーをベンツやランドローバーみたいに改造したらかっこ悪いかな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スイフトスポーツ

    1: 2020/10/10(土) 07:43:03.97 ID:ahBbr0p20

    黄色や🥰


    【【朗報】ワイ手取り15万、新車でスイフトスポーツを契約!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/10/01(木) 18:23:28.46 ID:QIz8hyIV0● BE:844481327-PLT(13345)

    令和2年10月1日

    スズキ株式会社から、令和2年10月1日国土交通大臣に対して、下記のとおりリコールの届出がありましたので、お知らせします

    https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_003832.html

    不具合の内容
    フロントサスペンションにおいて、コイルスプリングの鋼材に対する塗料の密着性が不足しているため、砂や小石を噛み込んだ場合に、塗装が剥がれやすく、腐食が早期に進行するものがあります。
    そのため、最悪の場合、コイルスプリングが折損するおそれがあります。

    改善の内容
    全車両、フロントコイルスプリングを対策品に交換します。

    https://www.suzuki.co.jp/recall/car/2020/1001/
    no title


    【【リコール】スズキがジムニーをリコール バネが錆びて折れる恐れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ新型アーバンクルーザー発表

    1: 2020/09/30(水) 02:02:47.49 ID:lnw74s6h0 BE:644423549-2BP(4500)


    本題となるアーバンクルーザーもOEMだけに、機能面はビターラブレッツァと共通。

      大きな違いは、シートカラーがブラックとなるビターラブレッツァに対し、アーバンクルーザーはブラウンとなる点、フロントマスクを中心としたエクステリア、グレード構成の3つだ。

      エクステリアは、グリル、フォグランプが入る位置、バンパー開口部が上下に大きいビターラブレッツァに対して横方向に大きいアーバンクルーザーという印象で、フロントマスクはアクロスとRAV4 PHVくらい違う。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/775c15bf6de8d72cb7ed9cf1c94522c878960a23?page=2


    【え!?これスズキなの?トヨタ新型アーバンクルーザー発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 20/09/24(木)20:52:33 ID:gBx

    no title

    no title

    no title


    【スズキの「SX4 S-CROSS」カッコよすぎwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジムニーの納期

    1: 2020/09/17(木) 20:29:20.43 0

    なんかヤバいらしい


    【ジムニーの納期ってどうなってんの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジムニー

    1: 2020/09/18(金) 13:16:05.02 ID:MwtUsycX0

    山ドライブ楽しい☺


    【彼氏が車買ったんだけどジムニーだったwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2020/09/11(金) 14:36:31.03 ID:U3jSCdAj0● BE:487816701-PLT(13060)

    9月8日、スズキのイギリス法人は、「ジムニー」の商用ヴァージョンを発表した。

    2018年にイギリスで販売開始された現行「ジムニー」は、欧州の排ガス規制強化に伴い、新規オーダーの受付をストップした。
    そこで排ガス規制に対応すべく、ジムニーを商用ヴァージョンに仕立て直した。なぜなら、CO2排出量の目標値が、小型乗用車の場合95g/kmであるのに対し、小型商用車は147g/kmであるからだ。

    商用ヴァージョンは、リアシートがないためふたり乗りである。ラゲッジルームは863リッターで、乗用ヴァージョンのリアシート格納時とくらべ33リッター増えたという。
    実用性を高めるべく、ラゲッジルームはフラットで、かつキャビンとのあいだには荷崩れ防止用のパーティションが付く。

    搭載するエンジンは、従来とおなじ1.5リッター直列4気筒ガソリン。駆動方式は4WDで、トランスミッションは5MTのみ。
    乗用ヴァージョンとおなじく、衝突被害軽減ブレーキやヒルディセントコントロールなどの安全装備は標準だ。
    no title


    no title


    https://www.gqjapan.jp/cars/article/20200910-suzuki-news


    【スズキ「クソッ!ジムニーがどうしても欧州の排ガス規制をクリアできない…。そうだ!」→】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ワゴンR

    1: 2020/09/11(金) 21:14:13.426 ID:NORPXyoz0

    買いか?


    【ワゴンRが千円で売ってんだがwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スズキ

    1: 2020/09/08(火) 20:37:46.974 ID:kDD/q6680

    車もバイクも値上げした上で性能ゴミ化とかいう
    産廃メーカーと化したホンダよりもはや格上なんだよなあ・・・


    【スズキとかいう一般人の予算を考えた車やバイクを作ってくれる神メーカーwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    シフォンアイボリーメタリック

    1: 20/09/02(水)07:36:55 ID:aaj

    カッコええ


    【ワイ大学入学祝いにジムニーシエラ買ってもらうwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スズキのアルト

    1: 2020/08/31(月) 12:54:02.86 ID:iHPzjpbra

    運転苦手民ワイからしたら神みたいな車や


    【スズキのアルトとかいう車wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジムニーに憧れる

    1: 2020/08/23(日) 09:18:55.331 ID:9/uu2RPf0

    さすがにワロタ


    【ジムニーに憧れるって日本ってマジで不況なんだなwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    MTのアルトバン

    1: 2020/08/25(火) 22:20:48.35 ID:S/3avuYb0

    折角MTで免許取ったしMT乗りたいンゴ


    【MTのアルトバンって運転楽しいかな?www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    nn

    1: 2020/08/15(土) 20:50:48.81 ID:CdBVYqdv9

    まだ1年待ち!? ジムニーの長い納期 ライバル勢登場でユーザーは心移りしない?(くるまのニュース) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
    ■ジムニー納車までいまだ1年待ち…一体なぜ?

     スズキ「ジムニー」は2018年7月にフルモデルチェンジを果たしました。当初から納期の長さが話題となっていましたが、スズキの販売店に確認すると、フルモデルチェンジから2年経った2020年8月時点でも、納車までに1年3か月ほど掛かるとしています。 もちろん、新型コロナウイルスの影響も少なからあり、海外から調達している部品が不足し、2020年4月には国内工場のすべてが操業停止となっていました。

     しかし、新型コロナウイルスの影響はジムニーに限った話ではありません。ジムニー特有の事情として、スズキの販売店は「おもに海外を中心に想定を上回る需要があり、生産が追いついていない」と説明します。

     単純に考えれば、これほどまでに人気なのであれば、生産台数を増やせばよいと思うかもしれません。納車までに1年もかかるというのは、メーカーの怠慢と思うユーザーもいるでしょう。なぜそれができないのでしょうか。

     現在、ジムニーおよびジムニーシエラは、海外向けを含めた全数を静岡県の湖西工場で生産されています。しかし、湖西工場で生産しているのは、ジムニー/ジムニーシエラだけではありません。

     湖西工場では「アルト」「ワゴンR」「ハスラー」といった主力の軽自動車を生産しています。ジムニーの生産を増やすということは、こうした主力車種の生産を減らすということにもなるのです。

     スズキの販売店は次のように話します。

    「ジムニーシリーズは確かに人気ですが、どちらかというと現状は趣味のクルマとしての需要が高いです。一方で、アルトやワゴンR、ハスラーをお求めになるのは、日常の足として今すぐに必要とされている人です。スズキには、『地方の移動を支える』という理念があるため、そうしたクルマの生産を優先しています」

    ※ ※ ※

     確かにジムニーは人気という印象ですが、絶対数でいえばアルトやワゴンR、ハスラーといった主力車種に遠くおよびません。

     ジムニーを優先させた結果、ほかのクルマの生産が減ったり滞ったりすることは、スズキの理念に合わないということのようです。

     もちろん、ジムニーも趣味のためのクルマではなく、林業従事者など日常的に悪路などを走るユーザーが想定されています。

     そうしたユーザーを必要以上に待たせることのないよう、スズキではインド工場でもジムニーを生産し、供給量を増やす努力をしています。

    ■長すぎる納期で顧客流出の可能性は?

     ジムニーが魅力的なモデルであることは間違いありませんが、納車までに1年以上を要するとなると、ユーザーはほかのモデルに目移りしてしまうのではないのでしょうか。

     スズキの販売店は次のように話します。


    (略)

     ジムニー狙いのユーザーが結果としてハスラーを購入するのであれば、スズキとしては良いことかもしれません。しかし、最近では強力なライバルが登場したことで、スズキの販売店も戦々恐々としているといいます。

    「2020年6月に登場したダイハツ『タフト』は、ハスラーの強力なライバルとなっています。ハスラーと同じSUVルックであることはもちろん、ハスラーにはない大型のガラスルーフがお客さまの気をひいているようです。ジムニー狙いのユーザーはもちろん、ハスラーに関心のある人がタフトに流れないように必死です」

     多くのユーザーにとって、本格的な悪路走破性能よりも、居住性や燃費性能のほうが日常的にメリットを実感できるでしょう。さらに、タフトのもつ「スカイフィールトップ」は、ハスラーにもない大きな強みとなっています。

     ジムニーの納期が長いことから代替モデルとしてハスラーを検討し、ハスラーの競合としてタフトを比較する、という構図が出来つつあるようです。

    ※ ※ ※

     発売開始から2年経ったモデルで、納期が1年以上というのは国産モデルとしては異例といえます。あまりに長い納期や、強力なライバルの出現によって、顧客が流出する事例もあるようですが、それでもジムニーが唯一無二の存在であることは変わりません。

     1年以上待ってでもジムニーがほしいというユーザーが多いことが、それを証明しているといえます。
    https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/3278c51e96a24da73e98632cddfa07998ec3f516/


    【まだ1年待ち!? ジムニーの長い納期 ライバル勢登場でユーザーは心移りしない?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スイフトスポーツ

    1: 2020/08/09(日) 16:01:49.32 ID:nY6kR09O0

    悩んでるんやが


    【スズキ・スイフトスポーツ(200万円)VSダイハツ・ロッキー(200万円)買うならどっち買う??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スイスポ

    1: 2020/08/09(日) 05:16:03.25 ID:QKVB2TOoa

    どっちが無理?w


    【彼氏の車がスイスポvs彼氏の車が軽wwwwww】の続きを読む