スズキ


    1: 2019/05/18(土) 23:26:16.18 ID:W1bFtcMV0

    OEM車で比較

    ソリオ バンディット(スズキ)
    no title


    デリカD2 カスタム(三菱)
    no title


    ハスラー(スズキ)
    no title


    フレアクロスオーバー(マツダ)
    no title


    6代目アルト(スズキ)
    no title


    ピノ(日産)
    no title


    【スズキの車がダサい理由ってエンブレムの「S」がダサいせいだよな?】の続きを読む

    スズキ

    1: 2019/05/12(日) 19:43:45.69 ID:xgzpJyhb0

    軽自動車セダン
    アルトバン(スズキ)610kg
    アルト(スズキ)650kg
    ミライース バン(ダイハツ)650kg
    ミライース(ダイハツ)720kg

    ハイト系軽自動車
    ワゴンR(スズキ)750kg
    ムーヴ(ダイハツ)820kg
    NWGN(ホンダ)820kg
    ekワゴン(三菱)880kg

    スーパーハイト系軽自動車 
    スペーシア(スズキ)830kg
    タント(ダイハツ)920kg
    ムーヴキャンバス(ダイハツ)910kg
    NBOX(ホンダ)890kg
    ekスペース(三菱)930kg

    軽スポーツ
    アルトワークス(スズキ)720kg
    キャストスポーツ(ダイハツ)870kg
    コペン(ダイハツ)850kg
    S660(ホンダ)830kg

    コンパクトカー (ハッチバック)
    スイフト(スズキ)840kg
    ノート(日産)1030kg
    ヴィッツ(トヨタ)990kg
    フィット(ホンダ)970kg
    デミオ(マツダ)1020kg


    【スズキ「車は軽さこそ正義だ!!」】の続きを読む

    国交省がスズキ本社に立ち入り検査

    1: 2019/04/19(金) 09:43:32.59 ID:bp+tawBd9

    https://this.kiji.is/491770035858064481

    国交省がスズキ本社に立ち入り検査
    2019/4/19 09:384/19 09:42updated
    ©一般社団法人共同通信社

     国土交通省は19日、道路運送車両法に基づき、ブレーキなどの検査不正が発覚したスズキの本社(浜松市)の立ち入り検査に着手した。


    【【検査不正】国交省がスズキ本社に立ち入り検査】の続きを読む

    1: 2019/04/18(木) 08:48:58.54 ID:RodPmoGe9

    世界各国の自動車評論家らが優れた車を選ぶ2019年の「ワールド・カー・アワーズ」が17日、ニューヨーク国際自動車ショーの会場で発表され、スズキの「ジムニー」が小型車向けの「ワールドアーバンカー」を受賞した。

    17年に新設された部門で、日本車メーカーが受賞したのは初めて。主催団体の幹部は「審査員は、ジムニーはニューヨークのような混み合う都市の通りにぴったりだと結論づけた」と述べた。

    最優秀賞「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」は、英ジャガー・ランドローバーの高級電気自動車(EV)「ジャガーI-PACE(アイペース)」が選ばれた。(共同)

    2019年4月18日8時26分
    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/general/news/201904180000157.html
    no title


    【スズキ、ジムニーが「ワールドアーバンカー」受賞 日本車メーカーで初 [ワールド・カー・アワーズ]】の続きを読む


    1: 2019/04/14(日) 15:22:24.44 ID:sQIKYzN+0● BE:423476805-2BP(4000)


    スズキの軽自動車、ハスラーがフルモデルチェンジを受けて2代目モデルへ。
    2020年前半の発売が予想される。
    (動画は現行ハスラー ワンダラー)
    ハスラーシリーズは、先代ワゴンRのプラットフォームをベースにクロスオーバーSUVタイプの内外装が与えられたモデルで、2013年の東京モーターショーでの初公開であった。
    増産体制が敷かれワゴンRを超えるセールスとなり、スズキとしても想定外の人気車種に成長した。
    ベースとなったワゴンRのほうは、2017年のフルモデルチェンジで新しくなっている。
    ハーテクトと呼ばれる軽量プラットフォームの採用、R06A型エンジンとハイブリッドシステムのブラッシュアップ、これらによるJC08モード燃費の改善が次期ハスラーにも導入されることになるだろう。
    2019年10月の東京モーターショーで、市販型あるいはプロトタイプとしての参考出品が期待される。
    https://car-research.jp/tag/hustler
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=O6e4QLliVoc



    【スズキ・ハスラー、2020年フルモデルチェンジ予測、HEARTECTで軽量化】の続きを読む

    スズキのブレーキ検査不正

    1: 2019/04/12(金) 15:26:10.75 ID:1l9alLWM9

    https://this.kiji.is/489320524467111009

    スズキのブレーキ検査不正、1981年から
    2019/4/12 15:24
    ©一般社団法人共同通信社

     スズキは、ブレーキの制動力検査などの工程でも不正があったことを明らかにした。不正は1981年6月ごろから今年1月まで続いていた。弁護士に依頼した調査で判明した。


    【【スズキ】ブレーキ検査不正、1981年から】の続きを読む

    suzki

    1: 2019/04/07(日) 10:24:06.33 ID:49oEJIPX0● BE:394757614-2BP(2000)


    日本主要メーカー 国内四輪生産台数 (2018年1-12月累計) マークラインズ

    メーカー・・・・・合計・・(シェア)
    1トヨタ・・・・3,138,751台(34.0%)
    2スズキ₋・・1,013,916台(11.0%)
    3マツダ・・・・996,264台(10.8%)
    4日産・・・・・・930,997台(10.1%)
    5ダイ発₋・・・・929,401台(10.1%)
    6ホンダ₋・・・・891,248台(9.6%)
    7三菱・・・・・・676,317台(7.3%)
    8スバル・・・・659,965台(7.1%)
    合計・・・・・・9,236,859台(100.0%)
    https://www.marklines.com/portal_top_ja.html


    【スズキさん 日本第2位の自動車メーカーに成長してしまう】の続きを読む


    1: 2019/04/01(月) 05:07:49.37 ID:bCBduKME0USO

    スズキ「ほらよ!MTは乗り出し80万円!ATは90万円の激安軽自動車や!」

    貧乏人「ダサい!買わない!」

    何故なのか?

    【アルト バン(5MT)】4ナンバー
    【価格】¥ 723,600
    【年間自動車税】¥ 5000
    【車検】2年→2年→2年
    no title


    【アルト(5MT)】5ナンバー
    【価格】¥ 847,800
    【年間自動車税】¥ 10,800
    【車検】3年→2年→2年
    no title


    【貧乏人「最近の軽自動車は高いンゴ…買えないンゴ…」スズキ「はぁ…」】の続きを読む

    1: 2019/03/28(木) 17:10:43.99 ID:+Ac1PxJy0● BE:151915507-2BP(2000)


    スズキ・ジムニーが、国際舞台のジュネーブ・モーターショーで快挙を成し遂げた。3月5日、同会場で発表された世界の最優秀車賞「ワールド・カー・アワード(WCA)」で、20年ぶりにフルモデルチェンジされたジムニーは、6部門中2部門でトップ3のファイナリストに残った。

    つまり、メジャーな日本のカーメーカーがファイナリストから消えていく中で、超小型車のジムニーだけが、25か国の85人の選考委員から世界的に大きな支持を受けた。しかも、「アーバンカー賞」と言う小型車部門と、競争率のとても激しい「デザイン賞」のトップ3に残ったのだ。

    でも、ちょっと待った。ジムニーは世界100か国以上で販売されているのに、世界の最大市場であるアメリカでは売られていない。WCAの1つの重要な条件は、選考委員がある候補車に投票するには、絶対にそのクルマに乗っていなければならない。

    そのためスズキは今回、アメリカ人の選考委員がちゃんと試乗できるように、2台のジムニー外国仕様車をWCAのロサンゼルス大試乗会に送っていた。

    そもそも、わざわざジムニーを空輸しなければならなかったのは、スズキが2012年に4輪部門をアメリカから撤退させたからだ。
    それまでは、キザシとSX4と言う小型車があったけれど、販売台数が少なかったし、韓国車との競争も激しくなった。
    しかも、スズキはアメリカ人が乗りたがるような大型車は作っていなかった。

    しかし、ジムニーをアメリカに送った甲斐は大きい。多くの選考委員が試乗し、走りやスタイリングを肌で確認できたので、支持率がかなり上がった。と言うことで、「アーバンカー賞」と「デザイン賞」のファイナリストにランクイン。残るは、4月17日にニューヨーク国際オートショーでウィナーたちが発表される表彰式だ。




    とはいえ、選考委員の多くが乗れる候補車は、受賞する確率がグーンと上がると言うことだ。ただ、韓国車のライバルも強い。
    アメリカで人気のヒュンダイAH2と、キア・ソールはトップ3の地位からジムニーと戦う。デザイン賞では、また強烈なライバルのジャガーI-PACEと、ボルボXC40とバトルを繰り広げる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190328-00026346-forbes-bus_all&p=1

    キア・ソール
    no title

    ヒュンダイ・AH2
    no title

    スズキ・ジムニー
    no title


    【人気のスズキ・ジムニー、世界の最優秀車の部門ファイナリストに。韓国車と熾烈な争い】の続きを読む

    ジムニー

    1: 2019/03/19(火) 14:45:17.378 ID:o/OmTJRNM

    わい「あれ?これシエラ?」
    知り合い「そやで!

    わい「(ジムニーで軽じゃないとかなんやこいつ、、、
    知り合い「じゃいこか!

    ガチャ

    わい「え?オートマ!?
    知り合い「あたりまえやんwwww

    わい「(えぇ、、、ジムニーなんでのってんのこいつ、、、


    【知り合い「ジムニー買った!納車終わったしドライブいこうぜ!」】の続きを読む


    1: 2019/03/11(月) 09:25:14.47 ID:m2dZ3Qz40

    ハイゼットカーゴ(ダイハツ)
    no title


    ピクシス バン(トヨタ)
    no title


    ディアスワゴン(スバル)
    no title


    エブリィ(スズキ)
    no title


    ミニキャブ バン(三菱)
    no title


    NVクリッパー(日産)
    no title


    スクラム バン(マツダ)
    no title


    【スズキさん、車がダサい理由がエンブレムのせいだと判明するwwwwww】の続きを読む

    1: 2019/03/06(水) 19:56:34.10 ID:ufUzGJ/d0 BE:155743237-PLT(12000)

    スズキ ジムニー、2019ワールドアーバンカーオブザイヤーの最終選考に…日本車唯一
    2019年3月6日(水)18時00分

    ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月5日、スイスで開幕した
    ジュネーブモーターショー2019において、「2019ワールドアーバンカーオブザイヤー」
    の最終選考3車種を発表した。

    ワールドアーバンカーオブザイヤーは、今回が3度目だ。ワールドアーバンカーオブザイヤーは、
    世界の人口の50%以上が、都市部に集中していることに着目して、3年前に新設された賞で、
    都市に似合う車を選ぶ賞となる。

    2019ワールドアーバンカーオブザイヤーの最終選考3車種は以下の通り。
    ・ヒュンダイ・サントロ
    no title

    ・キア・ソウル
    no title

    ・スズキ・ジムニー
    no title


    日本メーカーでは、ワールドアーバンカーオブザイヤーのノミネートの常連のスズキから、
    新型『ジムニー』が日本メーカー車で唯一、最終選考に残った。スズキ車では、
    第1回目に『バレーノ』と『イグニス』、第2回目に新型『スイフト』が、
    ワールドアーバンカーオブザイヤーにノミネートされている。

    他の2車種は、韓国メーカーから選出された。ヒュンダイ『サントロ』とキア『ソウル』となる。
    欧州メーカー車の新型アウディ『A1』とセアト『アローナ』は、最終選考に進めなかった。

    2019ワールドアーバンカーオブザイヤーは2019年4月、米国で開催される
    ニューヨークモーターショー2019で発表される予定だ。
    第1回はBMW『i3』、第2回は新型フォルクスワーゲン『ポロ』が栄冠を手にしている。

    https://response.jp/article/2019/03/06/319828.html


    【スズキ・ジムニーは「世界で最も都会的な車」世界カーオブザイヤー主催団体が認定しちゃいそう】の続きを読む

    1: 2019/02/28(木) 08:29:39.26 ID:3ikjy4/R0● BE:423476805-2BP(4000)


    スズキのスーパートール軽ワゴン車、スペーシアの販売が好調となっている。
    2017年12月にフルモデルチェンジを受けた現行型からは、販売目標が月間12000台に引き上げられており、1年が経過した結果をみても月平均でクリアしている状況である。
    そんな好調なスペーシアにスペーシアギアとして派生モデルが登場したのが2018年12月。
    スペーシア全体の売上台数は2019年1月が14350台と伸びた。
    同じ月のライバルモデルは、ホンダ・N-BOXが19192台と圧倒的な販売台数。2位がスペーシアで、3位 ダイハツ・タント 13125台と続く。
    https://car-research.jp/tag/spacia
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=taxD7x3b8pQ



    【スズキ・スペーシアの販売台数が好調、新型スペーシアギアも追加】の続きを読む

    1390431

    1: 2019/02/27(水) 17:05:10.35 ID:Mb9ZT1aA9

    電子反則キップがSMSで届く、マルチスズキが新型オービス&信号無視検知システムの設置に協力
    2019.2.27 Wed 16:15
    https://response.jp/article/2019/02/27/319572.html

    スズキのインド法人、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は2月26日、現地のデリー警察と協力して、インド初の「赤信号違反検知システム」と「スピード違反検知システム」を設置した、と発表した。

    このシステムは道路交通規則を守り、安全運転の促進や歩行者の安全の確保、交差点での事故を減らすことを目指して開発された。

    新開発のシステムは、最新の3Dレーダーと高解像度カメラを使用し、車両の交通ルール違反を摘発する。赤信号無視やスピード違反を行った車両の登録番号を記録する仕組みだ。

    システムは違反記録をすぐに暗号化して、そのデータをデリー警察本部の中央サーバーに送信する。そして、違反の証拠写真と反則キップを、SMSや電子メール、郵便などで車両の所有者に迅速に送付する。

    このシステムは、デリーの環状線沿いの9か所に設置され、24時間365日稼働している。違反の摘発から電子反則キップの発行まで、完全に自動化されたシステムによって、透明性のある法執行の強化が期待される、としている。


    【電子反則キップがSMSで届く スズキのインド法人が「新型オービス&信号無視検知システム」を開発】の続きを読む

    このページのトップヘ