ヒュンダイ

    1: 2016/06/15(水) 08:26:53.74 ID:CAP_USER

    Record china
    配信日時:2016年6月15日(水) 8時10分

    2016年6月14日、韓国・オートタイムズによると、韓国の自動車最大手の現代(ヒュンダイ)自動車と傘下の起亜(キア)自動車が、販売中の車種で「走行中にボンネットが開く可能性が見つかった」として2車種のリコールを決めた。

    米運輸省道路交通安全局によると、現代車のSUV「Tucson(ツーソン)」でボンネットフードのラッチ部分に欠陥が見つかった。フードが開かないように押さえる役目の1次ラッチが外れた状態で走行すると、2次ラッチが正常に働かず、走行中に突然フードが開く可能性がある。リコール対象は昨年5月?今年3月の生産分で、米国で8万1000台、韓国6万2000台に上る。また、同車種は欧州にも輸出されているため、今後リコール台数はさらに増えるとみられる。

    起亜車の輸出用ミニバン「Carnival(カーニバル)」も同様の欠陥によりリコールが行われる。こちらは2次ラッチの腐食により、閉じたフードを押さえておくことができない可能性があるという。リコール対象は米国21万9800台、韓国16万台だ。

    この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

    「分かってないなあ。これこそ最先端の冷却システムなんだよ」
    「見事な技術だ。エンジンが熱くなり過ぎないように配慮してるとは」
    「運転中にボンネットが開くなんて、これは世界初じゃないか?」
    「やっぱり現代・起亜は未来志向的だなあ」

    「だから現・起(ヒュン・ギ)は路上の凶器(ヒュンギ)と呼ばれるんだね」
    「驚くことでもない。さすが“凶器”、期待を裏切らないな」
    「結局、米国や欧州ではリコールするけど、国内では部品交換か点検だけってことでしょ?」
    「衝突時に歩行者を守ろうとする現代・起亜の最先端技術だ」

    「80年代の漫画でこんな場面を見たような…」
    「ツーソンのボンネットが開いたというニュースは国内で発売当初にもあったけど、その時は何の措置もなかったように思う」
    「笑っちゃいけないけど、走ってる途中にボンネットが開いたらどうなるんだろう…」(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/a141535.html


    【【話題】韓国・現代自動車、「走行中にボンネットが開く危険」でリコール=韓国ネット「世界初じゃないか?」】の続きを読む

    1: 2016/05/27(金) 01:05:20.42 9

    韓国のYTNテレビが26日、韓国の現代(ヒュンダイ)自動車の「急発進欠陥」疑惑をスクープした。

    事実なら、ただでさえ減速気味の韓国経済に、小さくないダメージとなるかもしれない。

    事故が起きたのは23日。
    YTNは、問題車両の車載カメラが記録した事故発生の瞬間の動画 を入手し、オンエアした。
    それを見ると、赤信号の手前でスムーズに減速していたSUVと見られる乗用車が、
    なぜか急に加速。前方に停止中の車両に追突した。

    それだけではない。

    問題の乗用車は、いったんバックした後、再度急加速して前の車に追突。
    これを2度も繰り返したのだ。

    その間、運転者の女性と、その母と思われる同乗者は

      「何これ!?どうなってるの!」

      「お母さん、どうしたの!」

      「降りて、早く降りて!」

    などの悲鳴を繰り返し発している。

    YTNはメーカーと車種に言及していないが、車のエンブレムはそのまま映っており、
    現代自動車製であることは間違いない。
    問題の車は、今年1月に購入された新車。
    運転歴27年の女性運転者は、「ブレーキを踏んだのに急加速した」と語っている。

    メーカー側はYTNの取材に「車に異常はなかった」としているが、
    外部の専門家は「運転者のミスである可能性はほとんどない」と言い切っている。
    事故原因については警察が精査中だが、いずれにせよ注目されるのが、
    事件に対する朴槿恵(パク・クネ)政権の対応だ。

    多数の死者を出した「殺人加湿器」問題で、再び安全行政の在り方が問われている今、
    朴槿恵政権が民間、それも韓国経済の牽引役である現代自動車の問題に
    どこまでメスを入れられるかに、国民の関心が集まるだろう。
    対応が中途半端だと、議会で多数派の野党からの猛攻を招き、
    朴槿恵政権のレームダック化がいっそう加速する。
    http://dailynk.jp/archives/67570


    【ヒュンダイ車にブレーキを踏むと急加速して前のクルマに追突する不具合か、韓国メディアが衝撃スクープ】の続きを読む

    1: トラースキック(チベット自治区)@\(^o^)/ 2016/03/29(火) 15:09:35.31 ID:ShZlIqio0●?2BP(3375)

    ヒュンダイの新型EV、アイオニック …日産 リーフ を超える航続性能

    『アイオニック』(IONIQ)は、ヒュンダイの新型環境対応車。1月中旬、韓国でまずハイブリッド車が発表された。
    アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定。通常のハイブリッドに続いて、
    3月1日にスイスで開幕したジュネーブモーターショー16では、プラグインハイブリッド(PHV)とEV版のアイオニック エレクトリックがデビューした。

    EVパワートレインのモーターは、最大出力120hp、最大トルク29.7kgmを発生する。
    二次電池は、蓄電容量28kWhのリチウムイオンポリマーバッテリー。急速充電の「コンボ」を使えば、バッテリーの80%の容量を約20分で充電できる。
    米国仕様の性能については、米国EPA(環境保護局)の認定見込み値ながら、「1回の充電で最大110マイル(約177km)を走行できる」と発表された。

    航続距離は、日産『リーフ』の米国向け2016年モデルのバッテリー容量30kWh仕様の107マイル(約172km)を、若干上回った。
    ヒュンダイは、「アイオニックがグローバル成長戦略において、重要なマイルストーンになる」とコメントしている

    http://response.jp/article/2016/03/28/272380.html
    no title


    【ヒュンダイがEV車アイオニックを発表 デザインもまともで日産リーフとはなんだったのか】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/08(火) 10:44:17.27 ID:CAP_USER.net

    http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1603/01/news100.html

     Hyundai Motor(現代自動車)は2016年2月24日、「ジュネーブモーターショー2016」(一般公開日:2016年3月3~13日)において、
    新型車「IONIQ(アイオニック)」のハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車をそろえて披露すると発表した。

    no title


     アイオニックは、同社が「世界で初めて、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、
    電気自動車を1車種でそろえた」と主張する新型車だ。トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」に対抗する車両になると報道されている。

     アイオニックのハイブリッド車とプラグインハイブリッド車には、新たに開発した排気量1.6l(リットル)の直列4気筒直噴
    ガソリンエンジンを搭載。同エンジンの熱効率は40%としており、新型「プリウス」と同等だ。最大出力は77kW(105ps)、
    最大トルクは147Nmで、新型プリウスのエンジンの最大出力72kW/最大トルク142Nmを上回っている。
     ハイブリッド/プラグインハイブリッドシステムにおいてエンジンとモーターをつなぐトランスミッションには、
    新開発の6速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)採用した。DCTを採用するハイブリッドシステムと言えば、ホンダの1モータータイプの「i-DCD」が挙げられる。
     アイオニックのハイブリッド車とプラグインハイブリッド車も、i-DCDと同様に搭載モーター数は1個とみられる。
    ハイブリッド車のモーターは最高出力32kW/最大トルク170Nmで、後席下部に設置したリチウムポリマー電池パックの容量は
    1.56kWh。エンジンを含めたハイブリッドシステムでは最高出力103.6kW/最大トルク265Nmに達する。最高速度は時速185kmで、
    目標とするCO2排出量は79g/kmとなっている。
     プラグインハイブリッド車は、モーターの最高出力が45kWとだけ表記されている。リチウムポリマー電池パックの容量は8.9kWhで、
    電池とモーターだけの走行(EV走行)距離は50kmになるという。目標とするCO2排出量は32g/kmだ。
    なお、新型プリウスの走行用モーターは最高出力53kW/最大トルク163Nmであり、アイオニックのプラグインハイブリッド車のモーターよりも最高出力は高い。
     アイオニックの電気自動車は、モーターの最高出力が88kW、最大トルクが295Nmで、容量28kWhのリチウムポリマー電池パック
    よる走行距離は250kmを想定している。

     これらの他アイオニックでは、Apple(アップル)の「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」といったスマートフォン
    連携機能に対応した7インチディスプレイの車載情報機器を搭載している。加えて。自動ブレーキ、車線維持、
    アダプティブクルーズコントロールなどの機能をそろえた運転支援システムも採用している。
     そして、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車で共通する車体の空気抵抗係数(Cd値)は0.24。これは、新型プリウスと全く同じ値である。

    no title

    no title


    【【クルマ】ヒュンダイ、新型環境対応車「アイオニック」 PHVやEVモデルも揃え初披露】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 18:20:48.20 0.net

    この形でハイブリッド、PHV、電気自動車バージョンを1年かけて投入する模様
    完全に来年プリウスは世界でシェアを大きく減らすだろう

    http://response.jp/article/2015/12/23/266683.html
    no title


    【ヒュンダイが1月に発売するプリウスの対抗車がかっこよすぎてトヨタ大ピンチ!】の続きを読む

    1: ジャンピングパワーボム(茨城県)@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 23:00:34.69 ID:WHQGgGWp0.net BE:844481327-PLT(12000) ポイント特典

    韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)の最上級クーペ、『ジェネシスクーペ』。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

    これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。ヒュンダイ ジェネシスクーペの2013-2015年モデルについて、「ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカから、リコールの届け出を受けた」と発表している。

    今回のリコールは、サスペンションの不具合によるもの。
    NHTSAによると、ヒュンダイ ジェネシスクーペのリアサスペンションの固定ボルトが緩み、ドライブシャフトがディファレンシャルから外れる可能性があるという。

    リコールの対象となるのは、2013-2015年モデルのジェネシスクーペのMT車。米国で販売された1万0800台が、リコールに該当する。

    ヒュンダイは、対象車を所有する顧客に連絡。
    販売店において、ディファレンシャルを正しく組み付けるリコール作業を行うとしている。

    http://response.jp/article/2015/12/15/266175.html
    no title


    【韓国ヒュンダイ、ジェネシスクーペのリコール発表 ネジが緩み、ドライブシャフトが外れる恐れ】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/11/19(木) 00:05:28.16 ID:???.net

    配信日時:2015年11月18日(水) 22時30分

    2015年11月16日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の現代自動車が世界最高水準の燃費性能を
    実現しトヨタ自動車の「プリウス」に対抗し得るハイブリッドカーを、来年初めにも発売すると
    発表した。また、3~4年後には1回の充電で300キロ以上を走行できる電気自動車(EV)を開発し、
    発売する計画だという。

    同社研究開発本部の権文植(クォン・ムンシク)副会長はこの日ソウルのイベントに出席、
    理工系の大学生を前に、「年末に『アバンテ』クラスのハイブリッド専用車AE(プロジェクト名)を
    量産し、来年初めに発売する」とし、「これまで経験したハイブリッドとはまったく違う性能と
    燃費を備えた車になる」と述べた。

    EVについては、「一度の充電でどれだけ走れるかがEVの競争力」とし、「3~4年ほどしたら、
    1回の充電で300キロ以上の走行が可能になる」と、その開発計画に自信をみせた。

    これについて、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

    「その前に、世界最高水準のエアバッグを作って。安全が基本だからね」
    「プリウスを狙うって?プリウスの燃費を知ってて言ってるの?」
    「ここまでが輸出用です。国内用については追って通知します。…そんなところだろう」

    「理想と現実とは違うよ。信じられない」
    「フォルクスワーゲンの問題を見てないのか?うそばかりついていると、そのうち駄目になるよ」
    「車体を薄くして、燃費を上げようとする現代自動車」

    「一度の充電で300キロ走れる。でも、充電は1回しかできない…」
    「3~4年したら、現代自動車も中国の下流業者に転落するだろう」
    「米国のテスラは、一度の充電で500キロ走れるものをすでに造っているよ」
    「トヨタはもう水素自動車を量産しているのに…。世界とか最高とか、口では何とでも言える」(翻訳・編集/和氣)

    http://www.recordchina.co.jp/a123415.html


    【【韓国】現代自、世界最高燃費のハイブリッド車を来年発売 3年後には1回の充電で300km走行の電気自動車を開発】の続きを読む

    1: 河津掛け(茨城県)@\(^o^)/ 2015/10/20(火) 23:00:04.70 ID:CcuoKAzl0.net BE:844481327-PLT(12000) ポイント特典

    韓国ヒュンダイモーターの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは11月、米国ラスベガスで開催されるSEMAショー15において、『ジェネシス クーペ』のカスタマイズカーを初公開する。

    ジェネシス クーペは、ヒュンダイの上級2ドアクーペ。駆動方式はFR。
    エンジンはV型6気筒と直列4気筒の2種類で、スポーツ志向を鮮明にしている。

    SEMAショー15では、この最新ジェネシス クーペをベースに、米国のARKパフォーマンスがチューニングを担当。
    ハイライトは、3.8リットルV型6気筒ガソリンエンジン。排気量を4.0リットルへ、200cc拡大する。

    さらに、スーパーチャージャーを追加するなどの専用チューニングを実施。最大出力は500hp以上を獲得する。

    また、内外装や足回りもチューニング。
    なお、ヒュンダイモーターアメリカは、予告イメージを1点公開。
    同社は、「性能やラグジュアリーさは、BMW『M4』やレクサス『RC F』と同等」とコメントしている。

    http://response.jp/article/2015/10/20/262434.html
    no title

    no title

    no title


    【ヒュンダイがSEMAショーでジェネシスクーペの500馬力超え改造車を初公開予定 ライバルはM4とレクサスRC F】の続きを読む

    1: ランサルセ(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 02:49:25.98 ID:X12A1REy0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    パクリ文化の奥深さという点で中国と双璧をなす韓国の、とある企業がまたやってくれそうだ。その企業は韓国
    最大手の自動車メーカー、ヒュンダイ(現代)自動車。販売台数が低迷しているうえ、ウォン高による輸出採算の
    悪化で厳しい経営が続く同社が起死回生を狙って年内にも投入する新型車が、トヨタ自動車のベストセラー車
    「プリウス」と酷似していると話題になっているのだ。そもそもパクリ疑惑には事欠かない現代自だが、よりによって
    トヨタの代名詞的な存在のプリウスにまで触手を伸ばすとは…。日本車キラーとして急速に世界で販売を伸ばした
    勢いがすっかり消え失せた現代自動車の苦境を一層鮮明にしているともいえそうだ。

    「似すぎている…」

    そう専門家たちを騒然とさせているのが、今年に入り、自動車専門メディアで開発状況とその姿が何度か
    “スクープ”されている、その名も「プリウスハンター(通称)」。

    http://www.sankei.com/premium/news/150831/prm1508310002-n1.html
    上が現代自動車が開発を進めているハイブリッド専用車「プリウスハンター(通称)」(ユーチューブから)。
    下がトヨタ自動車「プリウス」。ネット上などでシルエットが似ていると話題になっている
    no title


    【プリウスにそっくりじゃね~か!韓国現代自動車がモロパクリ その名も「プリウスハンター(通称)」】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/28(土) 23:07:37.02 ID:3FxZNIwI0.net

    これは煽り抜きで神デザインですわ
    no title

    no title


    【現代自動車のジェネシスっていう高級車がカッコよすぎて激しく嫉妬wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2013/12/30 10:24:14

     米国道路安全保険協会(IIHS)が今年から実施している車両衝突テストで、現代
    自動車と傘下の起亜自動車は1車種も最高等級の「優秀(Good)」判定を受けられ
    なかったことが分かった。IIHSの衝突テスト結果は米国消費者が新車を購買する際
    に安全性の尺度として用いる指標で、「優秀」「良好(Acceptable)」「普通(Ma
    rginal)」「不良(Poor)」の4等級で示される。

     IIHSは28日(現地時間)、2014年型の新車約180車種について前側面「スモール
    オーバーラップ」テストを実施した結果、22車種が「優秀」判定を獲得したと発
    表した。

     スモールオーバーラップは運転席のフロント部分(前面部の左側25%)を時速4
    0マイル(64キロ)で障害物に衝突させ、車の損傷具合や運転者(人形)の傷害レ
    ベルなどを検証するテスト。これまでのテストは運転席フロント部分の40%を衝突
    させるものだったが、今年からは電柱や木、ほかの車の一部との衝突などを想定
    したこのテストを追加し、安全性要件をより厳しくした。

     現代・起亜自は6車種がこのテストを受けたが「優秀」判定は1台もなく、「良
    好」も現代自の「エラントラ(韓国名:アバンテ)」と起亜自の「オプティマ(韓
    国名:K5)」だけだった。主力車種の「ソナタ」は「普通」で、競合車種となる
    ホンダの「アコード」(優秀)やトヨタ自動車の「カムリ」(良好)に及ばなかっ
    た。現代自の「ツーソン」と起亜自の「K3」「スポーテージ」はいずれも「不良」
    と判定された。現代自は「新型『ジェネシス』からはスモールオーバーラップテス
    トに備えて車体の強度を高める」としている。

     一方、現代自グループの鄭夢九(チョン・モング)会長は28日、現代自の米国法
    人を5年間率いてきたジョン・クラフチック社長を解任し、デイブ・ズコフスキー副
    社長を新社長に任命した。同社関係者は「クラフチック社長の在任中にシェアとブ
    ランド知名度は大幅に上昇したが、先の安全問題などへの対応が不十分だったとの
    指摘があった」と、交代の背景を説明した。

    キム・ウンジョン記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/12/30/2013123000537.html


    【【自動車】米国の新衝突テスト、現代・起亜自は「優秀」判定ゼロ [12/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ