ポルシェ

    car-brand-emblem-PORSCHE-02

    1: 2018/04/10(火) 13:22:40.62 ID:CAP_USER9

     独ポルシェの日本法人は9日、顧客メールアドレスの流出を新たに約2850件確認したと発表した。

    外部からの不正アクセスで流出したアドレスは2月末に発表した分と合わせ、計約3万1570件となった。

     新たな流出分は、2012~16年にインターネットのサイトを通じて資料請求をした顧客や17、18年にメールマガジンに登録した顧客のアドレス。悪用は確認されていないという。問い合わせはフリーダイヤル(※電話番号はソース先でご確認ください)。

    2018年04月09日 21時29分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180409-OYT1T50069.html


    【ポルシェの顧客情報、新たに2850件流出 計約3万1570件】の続きを読む

    1: 2018/03/30(金) 08:40:11.64 ID:CAP_USER9

    ポルシェ ジャパンは3月28日、「第88回 ジュネーブ国際モーターショー」で世界初公開され
    た新型GTスポーツカー「911 GT3 RS」の予約受注を開始した。左ハンドル仕様で価格は
    2692万円。

    公道走行に対応する911 GT3 RSは、先代モデルや「911 GT3」から15kW(20PS)アップとな
    る最高出力383kW(520PS)/9000rpmを発生する水平対向6気筒の4.0リッター自然吸気エン
    ジンを搭載。デュアルクラッチトランスミッションの「7速PDK」を介して後輪を駆動し、
    0-100km/h加速3.2秒、最高速312km/hを実現。
    さらに「リアアクスルステアリング」を最大限のダイナミクスと精度が得られるようリファインし、
    カーボン製フルバケットシート、軽量ドアパネル、軽量リアリッドなどを採用し、遮音材も
    減らした軽量化によって比類なきドライビングダイナミクスを発揮するという。
    no title

    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1114191.html


    【ポルシェ、2692万円の新型「911 GT3 RS」予約受注開始】の続きを読む

    911カレラ

    1: 2018/03/08(木) 08:05:40.00 ID:lVy01Eji0

    中古車サイト見てるけど911だのいろいろ種類があって
    どれが一番高いか1個1個調べるのが面倒
    だから一番高い車種を教えて!!!


    【本当にポルシェに詳しい人来て!ポルシェで一番高いのって何なん?】の続きを読む

    2

    1: 2018/02/26(月) 17:25:44.69 ID:CAP_USER9

     ポルシェの日本法人「ポルシェ ジャパン」は、顧客情報が流出した可能性があると発表した。
    不正なアクセスを受け、インターネットでカタログを請求した顧客などのメールアドレスが流出したうえ、氏名や住所、電話番号、年収などの個人情報についても流出した可能性があるという。
    流出した可能性のある情報は、合わせて2万8722件に上るとのこと。NHKニュースが報じた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14356347/


    【ポルシェ ジャパンが2万件以上の顧客情報流出か 氏名、住所、電話番号、年収など】の続きを読む

    1: 2017/12/15(金) 21:36:41.80 ID:CAP_USER

    ポルシェジャパンは、新型『カイエン』の予約受注を12月16日より開始する。

    新型カイエンはより伸びやかで洗練された外観イメージに刷新し、東京モーターショーでアジア初公開された。日本へ導入するのは3モデル。「カイエン」は最高出力340ps、最大トルク450Nmを発生する3.0リットル直6ターボを、「カイエンS」は同440ps/550Nmの2.9リットルV6ツインターボを、「カイエンターボ」は同550ps/770Nmの4.0リットルV8ツインターボを搭載。トランスミッションはいずれも新型の8速ティプトロニックSとなる。

    価格はカイエンが976万円、カイエンSが1288万円、カイエンターボが1855万円。なおカイエンターボのみ左ハンドル仕様も用意されるが、2018年1月15日までの期間限定での予約受注となる。
    https://response.jp/article/2017/12/15/303811.html
    no title


    【ポルシェジャパン、新型カイエンの受注開始…976万円より】の続きを読む

    986_1a

    1: 2017/10/25(水) 18:32:04.176 ID:8qPtP2VC0

    まちのり3速のポルシェ150万円とか出せよ!
    何百万とか出してまちのりしかしないんじゃもったいないと思うだろしかし!


    【性能とかどうでもいいからカッコいいスポーツカーの形の車に乗りたいんだよこっちは】の続きを読む

    1: 2017/09/28(木) 08:19:24.19 ID:dHAZl3lg0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

    市販スポーツカーのベンチマークといえるニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)の最速タイムが更新されました。新レコード、
    6分47秒3をマークしたのは、3.6リッターツインターボエンジンを搭載するポルシェ911 GT2 RSです。

    0-100km/h加速2.8秒、最高速340km/hという市販車最速を誇るGT2 RS。その心臓部であるツインターボエンジンは、
    最高出力515kW(700馬力)、最大トルク750Nmというスペック。2シーターの軽量化されたボディは1470kgといいます。

    こうした数値からも世界最速級であることは容易に想像できますが、ニュルブルクリンク最速を実現したときのオンボード映像は、
    まさに異次元のスピード感、必見です。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170928-00515576-clicccarz-bus_all
    no title


    驚異の"6分47秒3”!! 新型ポルシェ911GT2 RS ニュルLAP
    https://youtu.be/Ah5aUpyb75o



    インプ 7分55秒
    シビック タイプR 7分43秒
    GTR NISMO 7分8秒(日本最速)


    【ポルシェ・911がニュルブルクリンクの市販車最速タイムを更新、6分47秒【ノーカット映像】】の続きを読む

    1: 2017/08/31(木) 07:50:10.69 ID:CAP_USER9

    ポルシェは8月29日、新型『カイエン』に最新の車載コネクティビティを採用すると発表した。

    新型カイエンには、「ポルシェアドバンストコックピット」を装備。新しいディスプレイとコントロールコンセプトの中心部は、最新世代のPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム)の12.3インチフルHDタッチスクリーン。各デジタル機能は、ボイスコントロールなどで直感的に操作できる。

    標準装備の「ポルシェ コネクトプラス」を使用して、オンラインサービスとインターネットにアクセスすることも可能。リアルタイム交通情報表示を備えたオンラインナビゲーションも標準装備。センターコンソールのスイッチは、スマートフォン同様、音声と触覚で操作するガラスルックのタッチパネルに統合された。

    ドライバー正面のメーターには、ポルシェ特有のアナログレブカウンターを中央にレイアウト。両側の2つの7インチフルHDディスプレイには、その他の全てのドライビングデータと、マルチファンクションステアリングホイールで選択した追加情報が表示される。

    新型カイエンは、必要なときにオンライン接続して、LTE対応の統合SIMカードを介して拡張されたコネクト プラスサービスを利用できる。たとえば、スマートフォンでエンジンから独立したヒーターを遠隔設定することも可能。さらに、新しい標準パッケージとして、カイエン専用に開発されたオフロードプレシジョンアプリは、起伏に富んだ地形の走行を詳細に記録し、録画をしてドライバーの技術向上を支援する。

    http://s.response.jp/article/2017/08/31/299147.html
    no title

    no title

    no title


    【ポルシェ カイエン 新型、最新コネクト採用…オフロードアプリも装備】の続きを読む

    1: 2017/08/22(火) 06:14:44.55 ID:CAP_USER9

    2017.8.22 Tue 2:00
    ポルシェは8月18日、自動車メーカーとしては世界初となるブレイデッドカーボンファイバー製の軽量ホイールを発表した。

    CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製のホイールは、基本的に2つのコンポーネントで構成。ホイールセンターはカーボンファイバーファブリック製で、生産時には200以上のコンポーネントを切り出し、組み立てる作業が行われる。

    もうひとつのコンポーネントは、ブレイデッドカーボンファイバー製のリムベース。世界最大の大きさを持つ約9m径のカーボンファイバー編み機で生産される。

    その後、ホイールセンターがリムベースに編み込まれ、組み立てられたホイールは樹脂を含浸して、高圧高温で硬化準備処理。完成したホイールは、高温で硬化された後、長時間かけて冷却処理される。センターロックが完成したホイールに挿入されると、ホイールはクリアラッカーによって保護される。

    このホイールは、標準のアルミホイールより約8.5kg軽量。さらに、強度は20%アップした。ポルシェは『911ターボS』の「エクスクルーシブシリーズ」に、オプション設定することを決定している。

    http://s.response.jp/article/2017/08/22/298785.html
    no title

    no title

    no title


    【ポルシェ、網組みカーボン製ホイール発表…自動車メーカーで世界初】の続きを読む

    1: 2017/08/22(火) 06:09:52.80 ID:CAP_USER9

    2017.8.21 Mon 22:31

    ポルシェは8月21日、新型『カイエン』のプロトタイプの写真を公開した。

    新型カイエンは3世代目モデル。歴代モデルは、ポルシェならではの運動性能とプレミアム性を備えたSUVとして、成功を収めてきた。2002年に登場した初代モデル以来、世界累計販売台数は76万台を超えている。

    新型カイエンのプロトタイプは、外気温がマイナス45度からプラス50度という世界各地の過酷な気候条件の下で、開発テストを実施。ポルシェによると、開発車両の累計走行距離は、およそ440万kmに達するという。

    具体的には、極度の負荷をシミュレートするため、新型カイエンのプロトタイプは世界各地で走行テストを実施。例えばドイツでは、ホッケンハイムリンクと、ニュルブルクリンク北コースを使用。イタリアでは、ナルドの全長12.6kmの高速サーキットで連続走行が行われ、試験車両の性能が試されている。

    http://s.response.jp/article/2017/08/21/298783.html
    no title

    no title

    no title


    【ポルシェ カイエン 新型、プロトタイプ車両を公開】の続きを読む

    このページのトップヘ