その他/雑談

    1: メンマ(芋) 2014/02/25 20:33:38 ID:f5XPdLUjP

    顔や職業もそんなに悪くないのに、なかなか結婚しないオトコの人って身の回りに結構いますよね??
    あなたもそんな一人ですか?何が一体悪いんだろう・・・・考えてもなかなか答えが出ませんよね?

    ●車内が臭い
    ●よくわからないシミがいっぱいある
    ●とにかく汚い
    ●悪趣味・ネオンとかがいっぱい光る(22・大学生)
    ・理解できない改造がされている(29・OL)
    ・オトコのくせにケバイ内装(27・CGデザイナー)
    ●クルマからいって家庭向きじゃない

    ・真冬でも真夏でもオープンカーの屋根を開けてでドライブデートに行こうとする(28・メーカー勤務)
    ・いかにも維持費がかかりそうなクルマに乗っている(30・百貨店勤務)
    ・外車に乗っているのが唯一の自慢(27・介護士)
    ●神経質すぎる

    ・クルマを土禁にしている人は性格が合わない。(29・フラダンス講師)
    ・ガムや飴も食べることを禁ずる人はイヤ(20・フリーター)
    ・土禁なうえスリッパを履くように強要するヤツ(24・イラストレーター)
    http://clicccar.com/2014/02/25/247198/


    【結婚できない男のクルマには共通点があった! ・オープンカー ・改造車 ・外車 ・土禁】の続きを読む

    1: ファイヤーボールスプラッシュ(栃木県) 2014/02/24 09:36:05 ID:RMxwGb3p0

    サイクリングシーズン前に見直したい、自転車を守る盗難対策関連製品を拡販。


    サイクリングシーズン前に見直したい、愛車を盗難の危険から守る方法。
    自転車を守る盗難対策関連製品を拡販。

     ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、弊社自転車ブランド
    DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)より、ライダーの愛車を盗難の危険から
    守るための自転車盗難対策関連製品を拡販します。
     近年のサイクリングブームに伴い、特に高級自転車を狙った窃盗事件が全国各地で
    相次いで発生しています。「すぐ戻ってくるから少しだけ」「自分だけは大丈夫」という
    思いで駐輪・保管をしていては盗難に遭うリスクは高く、またきちんと対策をしていても
    盗難に遭う危険性はゼロとはいえない時代となりました。

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/140224/prl1402240839001-n1.htm


    【ロードバイクの横を普通に車で通り過ぎただけなのに何かすげー怒鳴ってた あいつらほんとキチガイだな】の続きを読む

    1: 閃光妖術(千葉県) 2014/02/23 20:48:09 ID:FXrXo06q0

    府は昨年総務省が12月24日の閣議で提示した2014年度税制改正大綱に基づき、来年4月以降購入する新車に対する軽自動車税の増税などを盛り込んだ「地方税法改正案」を2月7日の閣議で正式決定しました。

    これに伴い、自家用軽自動車に課せられる軽自動車税は現在の7,200円/年から1.5倍の1万800円に、自家用貨物車は4,000円/年から5,000円となります。

    また原付きバイク(50cc以下)についても1,000円/年から2,000円に、小型二輪車(250cc超)の場合は4,000円/年から6,000円にそれぞれ増税に。

    (総務省資料に加筆)

    結果的に軽自動車や原付バイクに課せられる軽自動車税は排気量区分を問わず全て増税となります。


    http://news.ameba.jp/20140218-40/


    【軽自動車批判って、本当は軽に乗りたいのに、変な固定概念で乗れない雑魚の嫉妬だよねw】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2014/02/24 13:58:29

    俺が乗るとたまにアクセルがひっかかって急発進したり本当に危険だと感じた
    明らかにサイズがあってなくてブレーキやアクセルに干渉してるし
    意地でもやめないからやめさせるいい知恵はないだろうか


    【親が車のフロアマットの上にビニールのフロアマット敷いてるが危険だと言ってもやめようとしない】の続きを読む

    1: 閃光妖術(千葉県) 2014/02/23 09:12:46 ID:FXrXo06q0

    ポルシェのスポーツカーラインアップのなかで『ボクスター』の上、『911』の下に位置するのが『ケイマン』。ボクスターがオープンボディのみなのに対し、ケイマンはクローズドボディのみという構成となる。

    試乗車は275馬力の2.7リットル水平対向6気筒エンジンを搭載、PDKと呼ばれる7速の2ペダルATを採用するモデルで、標準タイプで659万円のプライス。レクサスGSの中間グレードあたりと同価格となる。

    エンジンを始動するとシートの後ろで鼓動をはじめるが、その振動はまるで感じない。スムーズこのうえないスタートでクルマを走らせる。Dレンジで走っている限り、まったく気を使う必要はない。
    アクセルペダルを踏むだけで、スポーティな走りができる。もちろんセレクトレバーを左側に倒し、マニュアルモードを選べば、さらにスポーティな走りができる。PDKの変速時間は100分の数秒以内と、もはや人間ではかなわないクイックさ。

    ハンドリングも格別。試乗時間が短く、攻め込むシチュエーションでもなかったが、動きの素直さと正確さ、そして機敏さは文句なくポルシェのもの。
    ゆったり走っているときは、まるで乗用車のようにイージーで乗り心地もいい。しかし、アクセルを踏み込みスピードを上げていくほどに、ハンドリングはスポーティにエキサイティングになる。
    だからといって乗りにくくなるわけでない。無理はさせない、クルマの状態を正確に伝えてくれるのがケイマンの走りだ。

    http://response.jp/article/2014/02/22/217800.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【一度、MRの車に乗ると価値観が変わる 自分を中心に回る感じ、わかるかな?w】の続きを読む

    1: パイルドライバー(茨城県) 2014/02/23 13:17:27 ID:U5xu0xhE0

     国内最大級のクラシックカーの展示会「ノスタルジック2デイズ」が22日、横浜市西区の
    パシフィコ横浜で始まり、多くの家族連れや旧車ファンでにぎわった。

     「70年式ブルーバードSSSクーペ」や「ホンダスポーツ360」など、1960、70年代の車を
    中心に約150台がずらり。今では入手困難な旧車の部品なども販売している。

     2020年の東京五輪・パラリンピック開催を記念して、64年東京五輪でパレードに使われ
    たという「プリンス グロリアデラックス」も展示され、来場者がのぞき込んだり、記念撮影し
    たり。逗子市の主婦(47)は「懐かしさがこみ上げてきます」と感慨深そうに話していた。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140222-OYT1T01268.htm


    【おまえらの知っている旧車 なんでもいいから書いてけ】の続きを読む

    1: 稲妻レッグラリアット(京都府) 2014/02/23 13:18:21 ID:K7zJXj030

    海外を含めた売上高ではダイハツを上回るものの、国内販売では僅差で2位。軽自動車をめぐる競争はますます激化している。
    スズキはどんな戦略を進めているのか。国内営業を担当する田村実・代表取締役副社長を直撃した。
    ──スズキの国内販売は業販店で売られる比率が8割と高い。社内ではどう位置づけているのか。
     
    田村:スズキの原点は業販店との関係にある。私は1972年入社。その年の1月に第1回となる「副代理店大会」を開き、
    今年1月で43回目となった。今年は浜松や東京など6か所で延べ5000人が参加した。年間72台以上売った副代理店は
    鈴木修・会長兼社長から壇上で表彰される。出席すること、そして表彰を毎年目標としている副代理店は多い。
    業販店のおかげでスズキは成り立っている。
    ──副代理店大会ではみんな鈴木会長と会うのを楽しみにきている。一方で、80代の会長が先頭に立ち、以前のように
    客一人ひとりにビールを注いで回るのは厳しくなったのではないか。
    田村:5年前から会長には着座してもらい、副代理店の方にテーブルに来てもらう形に変えた。われわれ役員が各テーブル
    を回り、ビールを注いで副代理店の方と記念撮影する。生産や技術の役員には担当の営業マンをつけ、紹介させて打ち解け
    易くさせている。会長の力には及ばないが、いまの体制でできる限りのことをやっていくしかない。「日頃は会えない役員に
    意見を言えた」と喜ぶ副代理店もいて、おおむね好評だ。


    【いい年したおっさんが、軽自動車に乗ってるの見ると涙がでてくるよね(´・ω・`)】の続きを読む

    このページのトップヘ