その他/雑談

    gatag-00005064

    1: 2018/05/19(土)10:08:04 ID:mB3

    どないしたらええんや?

    状況

    隣の家が新築した
    駐車スペース狭くて駐車すると道路に車の先がはみ出す
    車の台数は2台
    道路は一本道で車がすれ違うのが難しいのでかなり邪魔になっている


    【隣の家が自分の家からはみ出して駐車しとんのが許せんのやが・・・・】の続きを読む

    depression

    1: 2018/04/18(水) 22:44:47.261 ID:POlhW/UO0

    当て逃げとかじゃない
    一応心当たりはある
    同僚が俺にムカついてて多分蹴ったんだと思う
    でも証拠がないからどうしようもない・・・


    【車のボディが凹んでたんだがこれって泣き寝入りするしかないの・・・?】の続きを読む

    5bf950da-s

    1: 2018/05/17(木) 16:07:58.29 ID:UN4vLfC4r

    俳優の坂上忍(50)が17日、自身のブログを更新し、平日に限定されている免許証の更新手続きに「お役所仕事を、いつまで当たり前のように押し付けているのか」と私見をつづった。

     坂上は「若干、腹が立ったりするのです」のタイトルで記事をアップ。「ちょっと、困っているのである。この数ヵ月で、プライベートでいろいろやらなければならないことがありまして…。
    要するに、免許の更新だなんだといったことなんですが」と切り出し、「平日の限られた時間までしか受け取りができないモノがあり…。本人でなければ、ダメと…。
    そんなこと、言われてもね。物理的に、間に合わなかったりするわけですよ」とつづった。

     平日はフジテレビ系の昼番組「バイキング」(月~金曜・前11時55分)のメーンMCを担当するなど売れっ子の坂上だけに「ある日突然葉書が来て、『いついつまでに…』って言われても…。
    すでに、数ヵ月先まではほぼほぼビッチリ埋まってしまっているわけで…ええ。じゃあ、決まっているお仕事を無理矢理ズラせばいいのかと」と困惑。

     「まぁ、どこかでなんとかしなければいけないのでしょうが…。こういったお役所仕事を、いつまで当たり前のように押し付けているのかと…ね。
    若干、腹が立ったりするわけです」と心境を明かし、「従いますけど、ね。もちろん、嫌々ですけど…。所詮、我々などは一市民でしかないわけですから」とつづった。


    【【悲報】坂上忍さん、平日限定の運転免許更新手続きにキレるwwwww】の続きを読む

    4

    1: 2018/05/16(水) 07:21:17.30 ID:CAP_USER9

     金沢署員が速度違反の取り締まりをしていた際、停止を求める棒状の旗(停止旗)が当たって車が破損したとして、車の所有者の男性が県に約23万円の損害賠償を求めた訴訟で、横浜地裁(大西勝滋裁判長)は15日、署員の過失を認め、県に約14万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

     判決によると、署員は2016年8月24日、横浜市金沢区内の路上で速度違反の取り締まりを実施。原告の車両の後続車に違反を認め、停止旗を差し出したところ、原告車の左後部に当たり長さ約8センチの線状の擦過痕が生じた。

     訴訟で県側は、原告車も含めて停止の合図を送ったと主張。停止旗を差し出したタイミングが主な争点となった。大西裁判長は判決理由で、擦過痕が車の後方部にだけ生じていたことから、「原告車の通過中、後続の違反車両を停止させるために停止旗を差し出したと認めるのが相当」と判断し、署側に注意義務違反があったと結論付けた。

     県警監察官室の千葉証室長は「判決内容を検討の上、今後の対応を決めたい」とコメントした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00025866-kana-l14


    【【横浜地裁】停止旗で車破損 県に賠償を命令】の続きを読む

    parking-accident

    1: 2018/05/15(火) 20:25:32.50 0

    日本では
    車は移動・搬送手段というよりも威張る手段
    昭和後期までの国産高級車・昭和末期以降のドイツやイタリア製高級車がステータスシンボル
    自動車・バイク・自転車優遇と歩行者への過度な冷遇
    軽自動車・五ナンバー普通車・三ナンバー普通車の区分け
    等々

    なぜ日本の自動車文化は世界的に見て非常にイビツなのか?


    【日本の自動車文化はなぜイビツなのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ