その他/雑談

    carlineup_prius_grade_grade5_2_01_pc

    1: 2016/12/01(木) 04:39:19.84 ID:T0ExIciT0

    ミッドシップのMR2とかガルウイングのセラみたいに変態な車も作ってるんだよなぁ…
    スポーツカーの少ない今だってZN6作ったし
    確かに主力製品は万人向けやけど、はっきりいって世間のトヨタに対する評価は不当だ


    【アホウ「トヨタは万人向けの車しか作らない」ワイ「はぁ…」】の続きを読む

    no title

    1: 2016/11/28(月) 22:49:41.82 ID:VjHq6clv0

     
    【クルマ】コリジョンコース現象 (Collision Course) 【事故防止】

    コリジョンコース現象(コリジョンコースげんしょう)とは、そのまま進み続ければ衝突するであろう
    一点に向かって等速直線運動をしている2つの車両同士が、視界が良好な場合であってもお互いを
    早期に視認することが著しく困難であるという現象をいう。

    見通しの良い平原の真ん中の交差点等で発生し、実際に衝突してしまった場合には運転者の
    著しい過失によるものと思われることもあるが、
    人間の視覚能力の特性に起因した現象であることに留意する必要がある。

    この現象による交通事故は別名、田園型事故とも呼ばれる。


    【【事故防止】 コリジョンコース現象 (Collision Course)】の続きを読む

    1: 2016/11/28(月) 19:11:22.24 ID:ZNQ3DKy40

    ついにミッドシップへと進化!2017年モデルのポルシェ911 RSR発表

    ポルシェが、2017年のモータースポーツシーンにおいてLM-GTEカテゴリーに投入する新型911 RSRを発表しています。

    no title


    エンジンは排気量4000ccの水平対向6気筒。ボア102mm、ストローク81.5mmという超ショートストロークで、レーシングエンジンらしく重心を下げつつ油圧も確保できるドライサンプ方式。
    リストリクターによって変わりますが、最高出力は375kW(510PS)と発表されています。

    主戦場となるWEC(世界耐久選手権)やアメリカIMSAシリーズでは、LMP1などプロトタイプと混走になりますが、その対策として「コリジョン・アボイド・システム」と呼ばれるレーダーサポートによる衝突警告システムを装備。
    夜間にも高速のLMPプロトタイプを早期に検知して接触を回避するという、レース仕様のプリクラッシュセーフティシステムが導入されているのがニュースのひとつ。

    2017年モデルの911 RSRにおけるトピックスは、それだけではありません。市販車の911ではリヤエンジンであることがアイデンティティとなっていますが、このレーシングマシンはエンジンをミッドシップに搭載したのです。
    こうしてエンジン位置を動かしたことによるメリットは、後ろ姿で確認できる立派なリヤディフューザーが生み出すであろう空力性能など多岐にわたると想像されます。

    http://clicccar.com/2016/11/20/418846/


    【クルマ好きを名乗っていい条件は、愛車歴にミドシップのMTがあること】の続きを読む

    ダウンロード

    1: 2016/11/26(土) 22:36:39.53 ID:t9Sl+u9/0

    ホンダ社長、自動運転車の前倒し投入には否定的

    八郷氏インタビュー「しっかりしたものを出すことが優先だ」

    自動運転の開発競争が激しいです。
    「安全技術群『ホンダセンシング』が思った以上に評価されている。
    自動運転よりもまずはこれを拡大したい。
    2020年の高速道路での自動運転車の発売を計画しているが(発売を早めるより)しっかりしたものを出すことが優先だ。
    自動運転は都内の知能化技術の研究拠点やシリコンバレーを使ってオープンイノベーションでやっていきたい」

    http://newswitch.jp/p/6916


    【やっぱり車は完成度の高さと壊れ難さが一番だよな!】の続きを読む

    1: 2016/11/26(土) 07:27:50.22 ID:CAP_USER9

    ◆千原ジュニア&田中康夫「免許制度への提案」納得多数

    車離れが叫ばれる一方で、近頃高齢者による交通事故がニュースになることも多い。
    そんな日本の車事情に関して、最近2人の有名人がある“提案”を世に投げかけ、それぞれネット上で話題となっている。

    最近耳にすることの多い高齢者による事故を背景に発言したのは、千原ジュニアだ。
    11月20日深夜放送の『にけつッ!!』(日本テレビ系)に出演したジュニアは、アクセルとブレーキの踏み間違い事故を防ぐために、60歳以上もしくは70歳以上はマニュアル車しか乗れないようにすべきだと提案したのだ。
    マニュアル車であれば、アクセルとブレーキを踏み間違ったとしても、エンストするだけで、急発進することはないため、大きな事故にはつながりにくいというわけだ。

    この意見にツイッターでは、

    「ただ、交差点でエンストしたり、坂道発進でバックしてくるのも増えそう(笑)」
    「信号や一時停止でエンスト、坂道発進でエンスト、車庫入れでもたつき。渋滞は増えるような?」

    など、デメリットをあげる人もいたが、

    「細かい議論は置いといて、とりあえず賛成。中途半端に便利っぽくなると人間の能力は衰えるし見えなくなるものがあるよね…」
    「この方法であれば技術力の粋を集める必要などない。とっくの昔に開発済みだ」

    と、多くのネットユーザーが納得していた。

    一方、“ペーパードライバーのゴールド免許”について意見を投げかけたのは作家で元長野県知事の田中康夫氏。
    11月19日放送の『おぎやはぎの愛車遍歴NO CAR、NO LIFE!』(BS日テレ)に出演した田中氏は、“車社会へ物申す!”という企画でペーパードライバーが“ゴールド免許”を取得するのはおかしいと発言。
    「運転していない人こそ、半年、一年で講習すべき」と提言したのだ。

    この意見についても、ツイッターでは、

    「まったく同感!」
    「全くじゃよ、クルマと連携して運転した距離が記録されるシステムとか作ればいいのに」

    などと、賛同するネットユーザーは多い。

    写真:千原ジュニアが『にけつッ!!』で高齢者の事故防止策を提言した ※この画像はサイトのスクリーンショットです
    no title


    (▼続きは以下のURLでご覧下さい)

    R25 2016/11/26(土) 7:05
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161126-00000009-rnijugo-ent


    【千原ジュニア「高齢者はMT車しか乗れないようにすべき」&田中康夫「ペーパーが“ゴールド免許”おかしい」 納得多数】の続きを読む

    1: 2016/11/26(土) 10:20:01.03 ID:irtXQGwL0

     お馴染み、NSXドラッグ対決動画の最新動画

    「新型NSX VS 日産GT-R」が公開されました!!

    日産、ホンダが世界に誇るスポーツカー対決は

    国産対決、、とは言い難いものの、日本を代表する

    スーパーカーの代表と言えるでしょう!!

    以前ご紹介したサーキットラップタイム対決に続く、

    ドラッグ対決ですが、

    581psのNSX対570psのGT-R!

    果たして勝つのはどっち!?

    https://www.youtube.com/watch?v=EHiw63VLcCU



    NSXvsランボルギーニ・アヴェンタドール
    https://www.youtube.com/watch?v=hUSb8cjECDE


    NSXvsフェラーリ・458スパイダー

    http://honda-connect.com/


    【ホンダNSX(2016) vs 日産GT-R(2016) 結果は言うまでもないよねwwww】の続きを読む

    141224_quarrel2farewell-point

    1: 2016/11/25(金)20:32:29 ID:gnL

    彼女に「ドライブしたいな~」って言われて
    「車高いからなー」て言ったら「軽なら安くない?私もお金出すよ」って言われたから
    「軽でドライブとかジャージ着てデートしてるようなもんだぞ」って言ったら
    「そのジャージすら買えないのは誰だよ」って笑われたからムカっと来て
    「お前だって車もってねーだろ!俺んち来るときだって親の車だろ!」って怒鳴っちゃったんよ
    そしたら彼女が「何年も運転してないペーパードライバーに言われたくないけどね」とか言ってきたの
    そんでムカ~来て彼女追い出してしまった
    明日デートの予定だったのに最悪
    10分位たって駐車場見に行ったらもう彼女も車もいなかったし


    【車が原因で彼女と別れそうなんだが…】の続きを読む

    このページのトップヘ