マツダ

    1: 2018/02/19(月) 08:38:16.66 ID:CAP_USER9

     国内の自動車市場でディーゼル車の人気が再び高まってきた。

     2015年に発覚した独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題を受け、16年の売れ行きは鈍ったが、17年は前年と比べて約10%増の約15万6000台と再び増加に転じた。自動車各社はディーゼル車の品ぞろえを増やしており、競争が激しくなっている。

     VWは2月、ディーゼルエンジンを搭載した乗用車「パサート」を発売した。排ガス不正の悪いイメージが残っているのではないかとの懸念もあったが、ディーゼル車人気を受けて投入を決めた。VWが日本市場でディーゼル車を販売するのは実に20年ぶりとなる。

     独BMWの小型車「ミニ」が17年に最も売れた輸入車になった要因の一つに、17年2月に全面改良したスポーツ用多目的車(SUV)「ミニ クロスオーバー」のディーゼルモデルのヒットがある。マツダが17年12月に発売したSUV「CX―8」はディーゼル車のみの設定だが、発売1か月時点の受注台数は月間販売目標の10倍となる1万2000台に達した。

    (ここまで442文字 / 残り639文字)

    マツダ「CX―8」
    no title

    フォルクスワーゲン「パサート」
    no title

    BMW「ミニ クロスオーバー」
    no title


    2018年02月19日 07時29分
    YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180219-OYT1T50012.html?from=ytop_main6



    【ディーゼル車人気再燃、排ガス不正の印象薄らぐ マツダ、SUV「CX―8」発売1ケ月受注台数、目標の10倍】の続きを読む

    01_s

    1: 2018/02/16(金) 18:30:03.42 ID:CAP_USER9

    2/16(金) 17:25配信 読売新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00050065-yom-bus_all
     マツダは、2019年にマイルドハイブリッドと呼ばれる簡易型システムを搭載したハイブリッド車(HV)を発売する。

     自動車各社がHVや電気自動車(EV)に注力する中、マツダはエンジンにこだわる独自路線を続けてきたが、
    世界的な環境規制の強化で電動化に踏み切ることになった。

     マイルドHVは小型の電池でモーターを動かし、エンジンの力と合わせて発進・加速する仕組みで、ガソリン、
    ディーゼルエンジン車よりも二酸化炭素(CO2)排出量を減らせ、燃費性能も高い。
    マツダは次世代エンジン「スカイアクティブX」と組み合わせる。

     トヨタ自動車の「プリウス」など通常のHVとは異なりモーターだけでは走行できないが、
    価格を抑えられるため、新興国でも販売しやすいと期待される。


    【マツダ、簡易型ハイブリッド車発売へ モーターだけでは走行出来ないが、価格を抑えるという】の続きを読む

    1: 2018/02/08(木) 19:22:40.37 ID:CAP_USER

    マツダは8日、クロスオーバーSUV「CX-5」を商品改良して予約開始し、3月8日に発売すると発表した。同社の国内向けSUV最上位モデル「CX-8」にも搭載される進化したクリーンディーゼルエンジンに加え、新技術を採用したガソリンエンジンを搭載するなど最新のSKYACTIVエンジンを全面展開する。
    no title


    ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-G 2.5」に「エッジカットピストン」「低抵抗ピストン」などの新技術を採用し、「SKYACTIV-G 2.5」には「気筒休止」技術を同社初採用。ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」には「急速多段燃焼」などの技術を採用し、実用燃費や走行性能を向上させている。

    「360°ビュー・モニター」をメーカーセットオプションで設定したほか、「車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)」を全グレードに標準装備するなど、安全性や利便性も向上。フロントドア / リアドアのパワーウインドーに「自動反転機構およびワンタッチ&タイマー付」も採用した。好評のパワーリフトゲートのメーカーセットオプション設定をガソリンエンジン車にも拡大し、機能性も向上させた。

    これらの改良により、ガソリンエンジン車では高速道路やバイパスでの走行など一定速度で巡航している状態での実用燃費の向上、ディーゼルエンジン車では多人数乗車時や荷物を載せた状態で従来以上の快適な走りと実用燃費の向上が期待できるという。

    「360°ビュー・モニター」を使用することで、駐車時や狭い道でのすれ違い時、見通しの悪い交差点進入時でもより安全な運転をサポートできるようになる。今回の商品改良では、このように日常的に使用されるシーンにおいて、これまで以上に「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」が実感できることをめざしたとのこと。
    no title

    https://news.mynavi.jp/article/20180208-582499/


    【マツダ「CX-5」改良、3/8発売 - 最新のSKYACTIVエンジン全面展開】の続きを読む

    1: 2018/02/02(金) 08:02:04.08 ID:E/E6HYGJ0 BE:423476805-2BP(3000)

    パリで開催される国際自動車フェスティバルにおいて、マツダのVISION COUPE コンセプトがMost Beautiful Concept Car of the Yearを受賞した。
    ボディパネルは一見シンプルな曲面ではあるが、折れで表現されるキャラクターラインよりも生産難度は高く、技術力が求められるところとなる。
    そのいくらかの要素が取り入れられた次期アクセラが、最も市販に近いモデルと考えられ、これを予告するKAIコンセプトが東京モーターショー2017で発表済みである。
    https://car-research.jp/mazda
    no title


    【マツダ、パリで「最も美しいコンセプトカー賞」を獲得!】の続きを読む

    u

    1: 2018/02/01(木) 16:49:14.63 ID:CAP_USER9

    自動車メーカーのマツダは、「デミオ」など乗用車3車種でエンジンに問題があり最悪の場合エンジンが破損するおそれがあるとして、合わせておよそ16万台のリコールを国に届け出ました。

    リコールの対象となったのは、マツダが製造、販売した「デミオ」、「CX-3」、「アクセラ」の3車種のうち、ディーゼルエンジンのタイプの合わせておよそ16万台です。
    製造期間は車種によって異なりますが、平成26年8月から去年10月までです。

    これらの車では、エンジンや制御システムに問題があり、加速が十分にできなくなったり、最悪の場合、エンジンが異常燃焼して破損したりするおそれがあるということで、これまでに700件以上の不具合が報告されているということです。

    マツダは2日から全国の販売店で無料で部品の交換やプログラムの修正に応じることにしています。

    2月1日 16時16分
    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180201/k10011311531000.html?utm_int=news_contents_news-main_005


    【【リコール】マツダ 、「デミオ」「CX-3」「アクセラ」で16万台リコール】の続きを読む

    1: 2018/01/25(木) 06:45:32.97 ID:CAP_USER9

    http://www.zaikei.co.jp/sp/article/20180124/422636.html
    マツダ・CX-8が発売後約1カ月となる2018年1月15日までに、月間販売予定台数の10倍、12,000台を受注したという。この大ブレークをどのように評価したらよいのだろうか?世界的にSUVの売れる台数が伸びている。日本ではミニバンがまだ人気があるが、世界ではSUVのようだ。

     また、マツダ・CX-8で注目すべきは、購買層として30歳代以下が40%と若い層が支持していることがわかる。ミニバンブームの中で成長してきた購買層が、自分が家庭を持った時にも「走る部屋」のイメージが強いのであろう。子育て世代の当然の選択ともいえる。セダンに比べてミニバンは使いやすい。 しかし、そろそろミニバンに飽きが出てきたのであろうか、スタイリングではSUVが気に入られているようだ。また、3列シートの需要は基礎的なものなのかもしれない。

     CX-8の車体寸法は、国内市場においてはかなり大きいといえる全長4900×全幅1840×全高1730mm、ホイールベース2930mm。エンジンは、マツダお得意のクリーンディーゼル2.2リッターエンジン・最高出力190ps、最大トルク450Nm、6ATを装備して、JC08モード17.6km/Lを達成している。価格帯は320万円から420万円ほどとお手頃価格の範囲に収めている。

     しかし、これほど大ブレークする源は何なのであろうか?マツダはミニバンを廃止して、SUVを揃えて代替えをしている。CX-3、CX-5、CX-8を国内で揃え、北米ではCX-9を以前から販売してきた。国内もこれでそろったということであろう。

     車の出来としては、CX-3はリアサスペンションに問題があるが、修正されてきている。CX-5には乗ってみたが、かなりの良い出来であると感じた。GVCとマツダが呼んでいる「電子ハンドリング」はかなり強力に制御しているが、気づくユーザーも少ないほど自然な出来で好感が持てた。何もしなくても、また無茶な荒い運転をしても、車が調整してくれる。逆に言えば、コーナリングなどの操縦性は「面白くない」ほど「何もしなくてよい」出来だ。

     CX-8も、その大きな車体を感じさせないほど「よくできた実用車」といえる出来なのであろう。期待してよいようだ。そしてこの人気には、マツダ技術陣が丁寧に作り上げたカラーの存在を忘れてはなるまい。何層もの塗装を重ね、微妙な色合いをや輝きを選出したことが女性にも受けているのであろう。マシーングレープレミアムメタリックが全体の33%、ソウルレッドクリスタルメタリックが12%となっており、努力して演出した甲斐があったようだ。

     これからのマツダの課題は「電動化」であるが、それはトヨタとの提携を進めて準備は万端なのであろうか?(kenzoogata)

    no title

    編集が雑な参考動画
    http://youtube.com/watch?v=_VzfnBuJvME



    【マツダ・CX-8大ブレーク 販売予定の10倍受注 やはり3列シートが求められていた】の続きを読む

    bsa1801191225005-p1

    1: 2018/01/20(土) 02:59:14.55 ID:CAP_USER

    マツダは19日、昨年12月14日に発売した3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の受注台数が1カ月間で1万2000台を超えたと発表した。月間販売計画1200台の10倍を超える受注実績となる。30代以下のユーザーが40%を占め、スタイリングや使い勝手の良さが若いカップルやファミリーに支持されているという。

     CX-8はマツダの国内SUVラインナップにおける最上位モデルで、ミニバンに代わる新たな市場の創造に挑戦した3列シートのSUV。同社によると30代から40代を中心に幅広い顧客から支持されており、「多人数乗車を可能としながら、かっこよさを感じる」「内装の細部に至るまでこだわりを感じた」といったデザイン面や、「3列目は座り心地も広さも十分」「車中泊も視野に入れられる」などユーティリティ性能の高さが好評だという。

     受注の内訳は、上級機種「L Package」が42%、装備を充実させた「PROACTIVE」が52%。ボディカラーは「マシーングレープレミアムメタリック」が33%、従来から彩度や深みを増した「ソウルレッドクリスタルメタリック」が12%となっており、より高い質感や安全性能を備えた機種やボディカラーが人気だという。(SankeiBiz編集部)
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180119/bsa1801191225005-n1.htm


    【マツダ「CX-8」月販目標10倍超え 若者に人気「3列目も座り心地いい」】の続きを読む

    img_cdc5f498d2336f7a2752cbc05edeff0952358

    1: 2018/01/11(木) 03:06:08.28 ID:CAP_USER9

    http://toyokeizai.net/articles/-/204001

    2018年01月10日
    ロイター

    [9日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>とマツダ<7261.T>は米アラバマ州ハンツビルに16億ドルを投じて新たに自動車工場を建設する。複数の関係筋が9日明らかにした。

    10日に正式発表が行われる予定だという。トヨタとマツダの広報担当者はコメントを避けた。

    製造関連企業の米国への誘致に取り組んできたトランプ大統領にとって大きな成果となる。2016年の大統領選では、トランプ氏がヒラリー・クリントン候補に28ポイント差をつけてアラバマ州を制した。

    新工場は最大4000人を雇用し、年間約30万台を生産する。トヨタは既にアラバマ州に大規模なエンジン工場を持つ。

    トヨタとマツダは建設予定地の候補をアラバマ州とノースカロライナ州に絞り込んでいた。また、新工場の稼働は2021年と見込んでいた。

    優遇策の詳細は不明。両社は少なくとも10億ドルのインセンティブを求めていると報じられていた。

    トヨタの元幹部で現在はコンサルタントを務めるデニス・クネオ氏は「自動車組み立て工場のインパクトは短期的な経済効果にとどまらず、その他のプロジェクトを引き付けるハロー効果をもたらすため、各州は手厚いインセンティブを付与している」と述べた。

    アラバマ州政府商務省によると、州内には150の大手自動車部品メーカーが事業を展開している。


    【トヨタとマツダ、アラバマ州に新工場建設へ 最大4000人を雇用し、年間約30万台を生産】の続きを読む

    1: 2017/12/30(土) 00:37:40.57 ID:CAP_USER9

    no title


    マツダは12月27日、11月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比22台減の15万5489台、微減ながら4か月連続のマイナスとなった。

    海外生産は『デミオ』や『CX-4』などが伸び、同0.3%増の6万2015台で2か月ぶりのプラス。しかし、国内生産は『CX-5』や『CX-3』などの増加が『アクセラ』の落ち込みをカバーしきれず、同0.2%減の9万3474台で2か月ぶりのマイナスとなった。

    国内販売(軽自動車を含む)は新型CX-5が好調だったものの、デミオやアクセラが落ち込み、同19.3%減の1万3102台で3か月ぶりのマイナスとなった。登録車は同24.0%減の1万0185台で3か月ぶりのマイナス、シェアは同1.0ポイントダウンの3.9%。軽自動車は同3.1%増の2917台で2か月ぶりのプラスとなった。

    輸出は北米やオセアニア向けなどが増加し、同2.1%増の7万7815台で、2か月ぶりのプラスとなった。

    配信2017年12月27日(水) 18時45分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/12/27/304235.html


    【マツダ、世界生産15万5489台…微減ながら4か月連続マイナス【11月】】の続きを読む

    1: 2017/12/26(火) 18:44:41.75 ID:CAP_USER

    no title

    発表から3カ月を経て、12月14日にようやく発売されたマツダの3列シートSUV(スポーツ多目的車)「CX-8」が絶好調だ。発売までの3カ月間で月間販売目標1200台の6カ月分を上回る7362台の予約注文を獲得。ミニバンの新型車開発から撤退し、多人数乗車ができる3列シートSUVへのシフトという大きな賭けが功を奏したといえる(「マツダ『CX-8』が脱ミニバンで目指す新境地」)。

    マツダの稼ぎ頭であるSUV「CX-5」の2代目が今年2月に発売された時は、発表から1カ月半で9055台(月販目標2400台)だった。単純な比較はできないが、CX-8はCX-5に引けをとらぬ勢いがある。「一般的に新型車の受注は、発表直後にピークが来てだんだん落ち着くが、CX-8は発表後、週を追うごとに尻上がりに増え続けている」(マツダ広報)という。

    ■実車がない中で販売店は工夫凝らす

     しかも、CX-8は予約期間中に店頭にも車そのものがなかった。事前に試乗する機会はもちろん、実物を見ることもせずに、購入を決める――そんなユーザーが相当いたということだ。そんな状況の中で、マツダはどのようにこれだけの受注を獲得したのか。

     都内の販売店では、まずは排気量2.2リットルのディーゼルエンジンを載せたCX-5に試乗してもらい、「これよりもいいエンジンが載ります」と説明したという。また、CX-8は全長5m近い大きな車のため、取り回しに不安を持つ主婦層も多い。そこで、車幅がCX-5と同じことをアピールしたり、周囲の様子がモニターで確認できるオプション機能の360度ビュー・モニターを勧めたりすることで、「安心して運転してもらえるように配慮した」(販売店営業担当者)という。

     ほかにも、全国の10カ所を巡回して実車展示を行った。CX-5のときよりも多くの拠点を回り、ショッピングモールなどでも展示をしたことで、今までのマツダとは接点のなかった層にも訴求することができた。発表から販売まで1カ月ほどが多い中で、3カ月は「異例の長さ」とも呼べるが、その長い期間を逆手に取ったとも言える。

     そして今回、特に興味深いのは、購入者に占める30代までの若年層の多さだ。予約客の38%を30代までが占める。今回のCX-8は大きさとともに、今まで以上に落ち着きや高級感のあるパッケージングが特徴。価格は319万6800~419万0400円(税込み)とマツダ車では高価格帯に属する。

    マツダは、年代で購入者のターゲットを絞らないとしつつも、「小学校高学年より上のお子様がいる、落ち着いたファミリー」などを想定していた。国内営業担当の福原和幸常務執行役員も、「イベントを各地でやると、上の年代より、ヤングファミリーの新しい層からの反響が大きい。想定外だ」と驚きを隠せない。

    ■多人数でもかっこいい車に乗りたい層が反応

     なぜ想定外の「若返り現象」が起きたのか。まずは、多人数でも「かっこいい車」に乗りたいという需要を取り込めたことにある。マツダは2012年発売のCX-5から、走行性能と環境性能を高めたスカイアクティブ技術と躍動感あふれる「魂動デザイン」を導入して、クルマ作りを全面刷新。マツダが「新世代商品群」と呼ぶ車種は軒並みヒットし、従来は40%台前半だった再購入率が、2016年は50%を超えるところまで上昇した。

     しかし、ファミリー層を主要ターゲットとするミニバンでは顧客への訴求が十分ではなかった。「MPV」「ビアンテ」「プレマシー」の3車種をあわせた2016年の販売台数は9000台余りと苦戦。ミニバンの人気はトヨタ自動車「ヴォクシー」、日産自動車「セレナ」、ホンダ「フリード」などの競合大手に集中し、マツダユーザーの多くが子どもを持つことを機に他社に流出していた。

     ファミリー層をどう取り込むか。マツダはミニバンユーザーの不満に、自社の強みであるSUVで応えることに活路を見いだした。ミニバンのいかにも「ファミリー向け」というイメージを嫌がる層は一定数いる。家族の運転手になりたくない。走りもよく、自分も運転していてうれしい車が欲しい――。そんな父親の思いをかなえるような車は今まであまりなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00202727-toyo-bus_all


    【マツダCX-8が若い世代に大ウケしている理由】の続きを読む

    MZ_1306FlairCustom02

    1: 2017/12/26(火) 10:52:45.33 ID:obHrFmks6

    ワイ「5年落ち6万キロ、どやろか」
    店「う~ん、15万!www」
    なお日産なら+10万、スズキだったら+20万で売れた模様


    【マツダの軽を売りに行ったワイ、買取価格を見て無事オワタwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/12/15(金) 18:23:25.97 ID:CAP_USER9

    マツダが発売した新型「CX-8」
    no title


    マツダは14日、同日発売した3列シートの新型スポーツ多目的車(SUV)「CX―8」の予約受注台数が発売前の約3カ月で月間販売目標(1200台)の約6倍となる7362台になったと発表した。輸入車を含めた国内の3列SUVの月間販売台数は3000台程度。規模が小さな市場の中で、上々の滑り出しとなった。

    CX―8はマツダにとって国内初となる3列SUV。人間工学に基づき、3列目の空間を身長170センチメートルの人でも快適に過ごせる設計にした。衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術「アイ・アクティブセンス」を標準装備した。経済産業省などが進める「安全運転サポート車(サポカーS・ワイド)」に全車種が該当する。消費税込み価格は319万6800円からとなる。

    グレード別受注は、最上位モデルの「XD・L・Package」が43%。中間モデルの「XD・PROACTIVE」が51%となって、上位モデルが全体の70%以上を占めた。購入者を年齢層別でみると、30代までが38%と最も多くなった。

    ブランド推進部の高場武一郎主幹は「想定以上に若いファミリー層を獲得できた。国内3列SUV市場は開拓の余地が大きい」と話した。

    配信2017年12月15日
    日刊工業新聞 ニュースイッチ
    https://newswitch.jp/p/11362


    【予約受注7300台、発売前で目標の6倍 マツダ、3列SUV「CX-8」 想定以上に若いファミリー層を獲得】の続きを読む

    1: 2017/12/14(木) 06:10:04.02 ID:CAP_USER9

    マツダが2017年12月13日から初代ロードスター(NA型)のレストアサービスをWEBで受付開始
    2017/12/13 14:10
    https://clicccar.com/2017/12/13/539435/
    no title


    マツダが12月13日、初代ロードスター(NA型)のレストアサービスのWEB申込受付を本日より開始したと発表しました。

    同サービスは、ユーザーからロードスターをマツダが預かり、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするもの。
    サービスを申し込んだユーザーに対して、ロードスターアンバサダーの山本修弘氏をはじめとした担当者が面談、
    個別の要望やクルマの状態に合わせてサービス内容を決定していくそうです。

    また、今後もロードスターに乗り続けてもらうための幅広い環境作りを目指し、現在供給終了となっている一部パーツの再供給を予定しているそうです。

    本サービスは第27回RJCカーオブザイヤーの特別賞を受賞。
    事前説明会には600名以上の参加申込があったそうで、WEB申込受付の開始にあたって山本修弘氏は、
    「レストアサービスの実現に向けて、サプライヤー各社様、専門店の方々やファンクラブのオーナー様など、これまで多方面の皆さまからご支援をいただきました。
    まだ対象となるモデルや部品は限られてはおりますが、お客様とともに、このサービスを今後育てていきたいと思います」と語っています。

    なお、パーツの再供給については、オリジナルと同じくバックウインドウを解放できるビニール生地のソフトトップや、
    トレッドパターンを再現し乗り味にこだわったブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)、NARDI製ウッドステアリング/シフトノブの4点をはじめ、
    復刻した約150点の部品を2018年1月より販売開始するそうです。

    その他の生産終了部品の再供給についても引き続き検討を進めるそうで、同社は「ロードスター」のレストアサービスやパーツの再供給を通して、
    お客様の人生をより豊かにし、お客様と特別な絆で結ばれたブランドになることを目指すとしています。


    【マツダが12月13日から初代ロードスター(NA型)のレストアサービスをWEBで受付開始】の続きを読む

    1: 2017/12/11(月) 12:30:21.27 ID:CAP_USER

    no title


    マツダ RX-9 テストミュール スクープ写真

    マツダのロータリースポーツプロジェクトが動き出したその瞬間をついに目撃した。『RX-8』後継モデルとされる『RX-9』(仮称)の開発テスト車両を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えることに成功した。

    ニュルブルクリンク付近で目撃された1台の不自然なRX-8。これが次期ロータリースポーツのテスト車なのは間違いない。外観はほぼRX-8のままだが、フロントエアダクトが見慣れぬ形状に拡大されていることが分かる。ボディの延長や拡大はされておらず、初期段階のエンジンテスト車両だと思われる。

    マツダは2017年に入り、2個のターボチャージャーに、電動スーパーチャージャーを加えた3つの加給システムを持つ「トリプルチャージャー」や、ドアが5~15度上方に向けて開く「スワンウィングドア」、スポーツカー用格納式リアスポイラーなどの特許を申請しており、これらのいずれかがこの次期ロータリースポーツに採用される可能性があるという。

    しかし何と言ってもパワートレインの本命は、次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」だ。800cc×2の排気量で450psを発揮すると見られる。駆動方式はFR、ボディサイズは全長4440mm、全幅1910mm、全高1180mm、車重は1300kg~1350kgと予想されている。

    エクステリアは、2015年の東京モーターショーで公開された『RX-VISION』からインスピレーションを得た、グラマラスで押し出しの強いデザインとなるだろう。

    現在の開発状況から見て、ワールドプレミアは、2019年内となりそうだ。

    https://response.jp/article/2017/12/11/303548.html


    【マツダの新型ロータリースポーツ、ついに開発車両を目撃!】の続きを読む

    このページのトップヘ