マツダ

    1: 2018/11/28(水) 16:27:43.95 ID:CAP_USER9

    マツダ 新型「アクセラ」世界初公開! 次世代エンジン「スカイアクティブX」搭載や新“魂動デザイン”を採用
    11/28(水) 12:48配信

    ■新型「マツダ3」をロサンゼルスモーターショー2018で世界初公開

    マツダは発表を予告していた新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」を、
    30日からはじまるロサンゼルスモーターショー2018(一般公開)に先立ち、
    日本時間2018年11月28日に世界初公開しました。

    新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」は日本の美意識の本質を体現することを目指す、深化した「魂動デザイン」を採用。
    ワンモーションのシンプルな動きでフォルムを描きつつ、繊細なボディ造形による光の移ろいや
    リフレクションの動きによって、これまで以上に力強く味わい深い生命感がつくり込まれています。

    そのうえで、ハッチバックではエモーショナルさを、セダンではエレガンスさが追求され、
    「マツダ3」というひとつのネームプレートのもと、まったく異なるふたつの個性がつくられています。

    また、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した、
    新世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Archtecture(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」や、
    幅広い走行シーンで意のままの加減速を可能にする、最新の「SKYACTIV-X」、「SKYACTIV-G」、「SKYACTIV-D」を搭載。

    人間を中心に設計するという思想に基づき、クルマとしての基本性能を飛躍的に向上させ、
    走る・曲がる・止まるという、クルマの動きが自然に感じられるよう磨き上げられています。

    2003年のデビュー以来、累計販売台数が600万台を超える「マツダ3」は、
    マツダの「走る歓び」を世界中に届けるとともに、マツダの主要な生産拠点において
    生産の中核を担うなど、ブランドとビジネスの両面でマツダをけん引してきたグローバル戦略車となっています。

    代表取締役社長兼CEOの丸本明氏は「本日お披露目した新型『マツダ3』から マツダの新世代商品が始まります。
    クルマを所有する価値を飛躍的に高めたこの新世代商品を通じ、ブランド価値をさらに引き上げていくことで、
    世界中のお客様と強い絆で結ばれたブランドを目指してまいります」と述べました。

    【新型アクセラ(MAZDA3)主要諸元】
    ■ボディタイプ ・セダン ・ハッチバック
    ■乗車定員 ・5 名
    ■ボディサイズ(数値は北米仕様車) [全長×全幅×全高(mm)]
    ・ セダン:4662×1797×1445 ・ ハッチバック:4459×1797×1440
    ■ホイールベース ・2725mm
    ■エンジン
    ・SKYACTIV-G1.5 ・SKYACTIV-G2.0 ・SKYACTIV-G2.5
    ・SKYACTIV-D1.8 ・SKYACTIV-X
    ■トランスミッション
    ・6速オートマチックトランスミッション ・6速マニュアルトランスミッション
    ■フロントサスペンション ・マクファーソンストラット式
    ■リアサスペンション ・トーションビーム式
    ■ステアリング ・ラック&ピニオン式
    ■ブレーキ(前/後) ・ベンチレーテッドディスク/ディスク
    ■タイヤ ・205/60R16 ・215/45R18

    11/28(水) 12:48配信 くるまのニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00010006-kurumans-bus_all
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【マツダの新型車がやべえwwwwwwwww】の続きを読む

    cover

    1: 2018/11/12(月) 21:06:29.432 ID:vBzuu3Il0

    2018年11月09日
    マツダ社長「ガソリンエンジンに磨きかける!」
    「EVなどの技術をそこまで使わなくてよい」
    http://newswitch.jp/p/15170

    マツダは電気自動車やハイブリッドではなくガソリンエンジンの追求で勝負をかける。

    マツダこそが正しい王道の道を歩んでいっている。

    ガソリン・ディーゼル、スカイアクティブが世界の最先端。


    【マツダ社長「電気自動車ではなく、ガソリン車に磨きをかける」】の続きを読む

    cover

    1: 2018/11/10(土) 07:49:41.234 ID:reBGso6i0

    結局ネットでオタクが褒めまくってるだけなの?

    結局みんなトヨタ、ホンダ、日産に乗るよね。


    安物車、大学生向け、子供っぽいデザインの
    イメージが定着して安物ブランドになってるから、
    普通の人はまず買わないのでは?
    だから、いっそ社名を変えた方がいい。


    1流 トヨタ、ホンダ、日産
    2流 ダイハツ、スズキ
    3流 スバル、マツダ、三菱


    【マツダってデザイン褒められるが、実際何で乗ってる人いないの?】の続きを読む

    1: 2018/11/10(土) 14:40:45.30 ID:CAP_USER

    マツダは8日、最新エンジン「スカイアクティブX」を新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」のセダンとハッチバックのモデルに初搭載することを発表した。米国で来年発売する予定で、今月末から開催される米ロサンゼルス・モーターショーで初公開する。

     独フォルクスワーゲンや日産自動車などの競合は今後、100%バッテリーで駆動する電気自動車(BEV)を中心に投入する計画だが、マツダはスカイアクティブXに駆動を補助するモーターを装着したマイルドハイブリッド車で対抗する。

     マツダの丸本明社長は6日のロイターなどとの取材で、スカイアクティブXにマイルドハイブリッドを組み合わせたのは「燃費の改善以上に運転性能を良くしたい」ためで、「主役はスカイアクティブX。脇役がマイルドハイブリッド。走る喜びを提供することがファースト・プライオリティだ」と語った。「スカイアクティブXは非常に効率の良いエンジン。フルハイブリッドでなくても、マイルドハイブリッドでそれくらいの燃費が向上できる」とも述べた。

     初搭載車をマツダ3にした理由については「(乗用車の)マツダ3のセグメントは(スポーツ多目的車=SUVの)『CX-5』のセグメントに次ぐ大きさ」で、乗用車の需要は落ちてきているが、「絶対量としては大きい」と指摘。「マツダ3のアーキテクチャー(車体構造)を使ったSUVも遠くない将来に投入する。順番にはあまりこだわっていない」という。マツダ3のセグメントは初めて車を買う人が多く、「そういう人たちにマツダを理解してもらう。経験してもらいたい」とも語った。

     スカイアクティブXのトヨタへの技術提供の可能性については「スカイアクティブはマツダの独自性。ここは競争領域。技術的興味は持たれているが、提供は考えていない」と否定した。マツダとトヨタ自動車はEVの基幹技術などで提携している。

     マツダは10月、2030年にはすべての車に電動化技術を搭載するとの方針を表明。同年の車両構成比はBEVとロータリーエンジンによるEVで5%、電動化技術搭載の内燃機関車は95%を想定する。この95%のうち、丸本社長はプラグインハイブリッド車は少しで、「大部分はマイルドハイブリッド車」との認識を示した。

     スカイアクティブXは、ガソリン燃料をディーゼルの燃焼方式で燃やす。ガソリンの出力の強さとディーゼルの燃費の良さを融合しており、燃費は同社の従来のガソリンエンジンより約3割向上する。

    no title


    ダイヤモンド・オンライン
    https://diamond.jp/articles/-/184994


    【マツダ、最新エンジン「スカイアクティブX」は「マツダ3」で初搭載】の続きを読む

    mazda_axela

    1: 2018/11/08(木) 15:36:53.57 ID:CAP_USER9

    マツダ23万台リコール=エンジン停止の恐れ
    11/8(木) 15:28配信
    時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000082-jij-soci

     マツダは8日、エンジン部品に不具合があり、停止する恐れなどがあるとして、普通乗用車「アクセラ」など4車種計23万5293台(2012年2月~18年7月製造)をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。

     国交省によると、エンジンで空気を圧縮するバルブを閉じるばねに不具合があり、エンジンの回転が不安定になったり、停止したりする可能性がある。また、エンジン関係のプログラムが不適切で、バルブが開かなかったり、変速時の振動が大きくなったりする恐れもある。 


    【【リコール】マツダ23万台リコール=エンジン停止の恐れ】の続きを読む

    mazda

    1: 2018/10/26(金) 19:06:44.24 ID:CAP_USER

    マツダは2019年3月期の連結営業利益が750億円前後と前期比で半減する見通しだ。従来予想を300億円下回る。7月の西日本豪雨の影響で工場の生産が滞ったうえ、豪ドルやロシアルーブルなど資源国通貨の下落を受けて輸出採算も悪化している。

    営業利益の水準は13年3月期(539億円)以来、6年ぶりの低さとなる。当時は東日本大震災やタイの洪水、円高進行などを受けた業績悪化からの回復途上にあった。

    今期は豪…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36972650W8A021C1MM8000/


    【マツダ、今期営業益半減 豪雨で生産落ち込む】の続きを読む

    ユーノスコスモ

    1: 2018/10/19(金) 20:23:11.41 ID:8JajTFV80 BE:194767121-PLT(12001)


    マツダ、スカイアクティブ成功の鍵はモデルベース開発
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36682470Z11C18A0000000/


    【マツダのユーノス・コスモって今でも通用するデザインだよなwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ