トヨタ

    h

    1: 2018/05/06(日) 06:10:30.40 ID:CAP_USER9

     2018/19年WEC世界耐久選手権開幕戦の決勝レースが5月5日、ベルギーのスパ・フランコルシャンで行われ、6時間レースをTOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組)が制した。僚友7号車トヨタTS050ハイブリッドが総合2位を獲得。総合3位にはレベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・AERが入っている。

     スタートからトップ快走する8号車トヨタとは対照的に、全車から1周遅れのピットレーンスタートとなった7号車トヨタ。
     
     苦しい立ち上がりとなった7号車トヨタだったが、スタート直後と1時間後のフォードGTのクラッシュによって導入された2回のセーフティカーランの助けも借りながらレース開始から1時間40分後にトップと同一周回に復帰。レース折り返し直前には、小林可夢偉の3スティント連続走行などの奮闘もあり、レベリオン・レーシングらのLMP1プライベーター勢を攻略して総合2番手に浮上する。
     
     その後、ブエミ、アロンソ、一貴とバトンをつなぎながら首位を走る8号車トヨタにイレギュラーのピットストップや一貴の単独スピンなど、小規模のタイムロスがあったものの、2台のトヨタTS050ハイブリッドは55~60秒のギャップを維持しながら約2時間に渡って走行を重ねていく。
     
     しかし、チェッカーまで残り1時間を迎えようかというタイミングで、直前まで3号車レベリオンR13・ギブソンと総合3番手を争っていたSMPレーシング、17号車BRエンジニアリングBR1・AERのマテボス・イサキャーンがオー・ルージュの出口付近でクラッシュ。この日3回目のSCが入る。
     
     これによりトップを走る8号車トヨタと2番手につける7号車トヨタの差は事実上消滅。チェッカーまで残り約45分でレースがリスタートされると8号車トヨタを駆る“ルーキー”アロンソの背後に7号車トヨタのコンウェイがピタリとつける形に。
     
     しかし、トヨタは2台を争わせることはさせず。両車はマージンを保ったままファイナルラップを迎え、トヨタが2年に渡るロングシーズンのオープニングレースでワン・ツー・フィニッシュを飾った。8号車トヨタは昨年の富士ラウンドから4連勝。アロンソにとってはWEC参戦初戦での初優勝となった。
     
     プライベーター勢最上位となる総合3位は、アンドレ・ロッテラーらを擁す1号車レベリオンR13・ギブソンが獲得。僚友3号車レベリオンR13・ギブソンがこれに続く総合4位に入っている。レベリオン勢はトヨタから2ラップスダウンとなったが、LMP1プライベーターとしては前評判どおりの実力を示したといえるだろう。
     
     総合5番手はバイコレス・レーシング・チームの4号車ENSO CLM P1/01・ニスモ、同6番手はSMPレーシングの11号車BRエンジニアリングBR1・AERとなり、それぞれトップから5周遅れでチェッカーを受けている。

    >>2以降に続きます

    5/6(日) 3:09配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00366173-rcg-moto


    ■2018/19年WEC世界耐久選手権第1戦スパ・フランコルシャン6時間レース 決勝暫定結果
    http://www.as-web.jp/sports-car/366164?all


    【【WEC】トヨタ、ル・マン前哨戦で1-2フィニッシュ。アロンソがデビューウイン飾る】の続きを読む

    1: 2018/05/05(土) 14:04:46.66 ID:nRWOEjaV0● BE:423476805-2BP(4000)


    トヨタ新型センチュリーが2018年6月25日に発売日を迎える見込みとなった。
    20年ぶりとなる今回のフルモデルチェンジで3代目モデルとなる。
    昨年の東京モーターショー2017では、市販プロトタイプが公開されていた。
    ボディサイズは先代型から拡大。
    エクステリアデザインは従来型からのキープコンセプトながらも、最新モデルらしい繊細さが与えられた。
    搭載されるエンジンは、2UR-FSE型のV型8気筒 5.0Lハイブリッドとなり、環境性能の向上が期待される。

    https://car-research.jp/tag/century
    no title


    【トヨタ・センチュリーが今夏フルモデルチェンジ発売】の続きを読む

    img_db

    1: 2018/04/30(月) 00:48:28.68 ID:d6nyeIEl0

    トヨタ下請けの平均年収
    デンソー→827万
    トヨタ織機→790万
    アイシン→738万
    トヨタ紡織→691万

    完成車メーカーの平均年収
    スズキ→642万
    スバル→674万
    マツダ→684万
    三菱自→718万

    下請けの方が完成車メーカーよりも給料ええやん・・・


    【友「トヨタの下請けいじめのせいで下請け社員は給料払えない!」←これ】の続きを読む

    noimage

    1: 2018/04/26(木) 13:56:28.00 ID:CAP_USER9

    トヨタの世界販売、17年度2%増の1044万台 過去最高
    2018/4/26 13:36
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL26HH6_W8A420C1000000/

     トヨタ自動車(7203)は26日、2017年度(17年4月~18年3月)のグループ全体の世界販売台数(ダイハツ工業と日野自動車を含む)が前の年度に比べて2%増の1044万台になったと発表した。年度ベースでは過去最高となった。1000万台を越えるのは5年連続。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕


    【トヨタの世界販売、17年度2%増の1044万台 過去最高】の続きを読む

    1: 2018/04/20(金) 17:39:00.56 ID:CAP_USER

    no title

    トヨタ自動車は2018年4月18日、北京モーターショー(開催期間:2018年4月25日~5月4日)において新型「レクサスES」を世界初公開すると発表した。レクサスESは、1989年のブランド設立時に、フラッグシップセダンの「LS」とともに、レクサス最初のラインナップとして誕生したセダンである。日本では2~4代目が「トヨタ・ウィンダム」として販売されていたが、2006年に登場した5代目からは海外専売モデルとなっている。今回発表される新型は7代目にあたる。新型では、ESの原点とされる「上質な快適性」がさらに進化したほか、新世代レクサスとしてデザインや走りも大きな変革を遂げたという。レクサスのプレスカンファレンスは現地時間の4月25日に予定されており、日本導入予定も含めた詳細はそこで明らかにされる見込み。(webCG)
    http://www.webcg.net/articles/-/38654


    【レクサスが北京ショーで新型「ES」を世界初公開】の続きを読む

    h

    1: 2018/04/17(火) 12:05:13.69 ID:cDEVJ75O0 BE:422186189-PLT(12015)

    トヨタ自動車は3年後の2021年から米国で販売する車両に近距離通信用チップの搭載する計画を明らかにした。
    車両同士のコミュニケーションを可能にし、自動車の安全性向上を巡る競争で優位に立つ狙い。

    北米向け製品計画のグループバイスプレジデント・アンドルー・コッツィ氏は、トヨタは米国で販売する
    「トヨタ」と「レクサス」の両モデルに21年から近距離通信用チップを搭載すると述べた。
    この技術によって、衝突を減らすために車両が自ら位置や速度のデータを周辺の車両や道路沿いのインフラに送信することが可能になる。 

    トヨタが利用を開始する狭域通信(DSRC)と呼ばれるこのシステムは、1秒間に複数回にわたって車両同士が
    情報をやりとりするもので、これにより衝突が起きる前にドライバーに危険を知らせることができる。

    トヨタやゼネラル・モーターズ(GM)を含む自動車メーカーのグループは昨年11月、23年までに新たに
    販売される全ての乗用車を「話す車」にするためにチャオ米運輸長官に支援を要請した。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-04-16/P7AVTJ6TTDS001


    【トヨタやGMなど、危険時にスピーカーで罵倒する画期的な機能を規格化】の続きを読む

    mcb1804170944025-p1

    1: 2018/04/17(火) 10:05:19.15 ID:CAP_USER

    トヨタ自動車は16日、日本で実用化されている無線通信を使った事故防止システムを、2021年から米国で販売するトヨタブランドと高級車ブランド「レクサス」の車に搭載すると発表した。20年代半ばには米国で販売するほとんどの車に搭載する計画だ。

    このシステムは、信号機に設置された機器やシステムを搭載した車同士が通信する仕組み。日本では、交差点を右折する時に歩行者を見落としている可能性がある運転者に注意喚起したり、前を走る車との車間距離を保ったりすることができる。

    システムに対応する信号機は、東京都や埼玉、神奈川、愛知の各県、大阪府の一部地域に設置されている。(共同)
    2018.4.17 09:44
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180417/mcb1804170944025-n1.htm


    【【トヨタ】米でも事故防止システム、2021年から搭載へ】の続きを読む

    1: 2018/04/17(火) 05:42:41.85 ID:wbFIFI7e0● BE:842343564-2BP(2000)

    車高短プリウスに激オシ!! 「脚のスペシャリスト」が手がけた超薄型ボディキット
    https://carview.yahoo.co.jp/news/goods/20180416-10302195-carview/
    no title



    “USストリート的”遊びゴコロを根ざす 求めた最適解は「純正プラスアルファ」

    トヨタ・プリウスに特化したブランドで知られる「スペジール(speziell)」は、USストリート系に特化しているわけではない。
    どちらかと言えば、純正プラスアルファなスタイル。さり気なく美しいボディライン構築に、特にこだわりを発揮している。
    そんな「スペジール」の姿勢が、足元を軸にスマートに見せたいプリウス乗りに刺さったのだろう。以前から販売する先代の30系プリウス用エアロは、ストリート系では3本の指に入るほどまでに、熱烈な支持を受けた。
    今回登場する50プリウス用も、同じ路線となるだけにまた、ストリート系のオーナーにウケることは確実だ。

    採用するのは超薄型のリップ形状。これは純正バンパーが車体サイズいっぱいに作られていることが多く、全長&全幅を変えずに済むように、との配慮から。
    また、車高をベタ落としにしたとき、純正バンパーと地面にクリアランスが生じてしまうため、これをスマートに埋められる形状にもこだわったという。
    さり気なく、純正の物足りなさ感はしっかりと補完してくれる。調整式のアッパーアームやトーもラインアップ、ベタ落としの姿勢のままで快適に走る準備も、万全だ。

    純正バンパーのコーナーとコーナーをつなぐようなフロントスポイラーは、さり気ないながらも純正の物足りなさを払拭。エッジ感も上々だ。

    トランクエンドに装着するリアウイングも、シンプルでさり気ない薄型仕様。なだらかに跳ね上がる無理のない形状で、自然な躍動感を強調する。

    リアに採用するのは全グレード対応のハーフスポイラー。やりすぎない、オトナな薫りが特徴で、マフラーアダプターも付属させた。

    デモカーは「エアフォース」のエアサスで美しいロワードを描く。合わせたのは19インチの『ワーク・ジーストST2』は、ガツンとリムが被ったアグレッシブな魅せ方で。

    調整式のアッパーアームでリアは7度キャンバー方向に。ピロ化はあえてせず、交換が可能な強化ウレタンカーボンブッシュを採用。美しい足元と走行性能を両立する調整式トーも設定済み。

    スペジール for 50プリウス フロントスポイラー ¥49,680 リアスポイラー(マフラーアダプター付) ¥54,000 リアウイング ¥37,800 調整式アッパーアーム ¥32,184 調整式トー ¥15,984 スペジール


    【黒プリウスをシャコタンにする頭の悪い車カスがこちらwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ