トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    toyota

    1: 2021/12/14(火) 15:35:21.25 ID:sTR8PW1W9

    トヨタ自動車の豊田章男社長は14日、東京都内で会見し、EV=電気自動車の世界販売を2030年に350万台にするという新たな目標を明らかにしました。これまでは2030年にEVとFCV=燃料電池車を合わせて200万台としていましたが、水準を大幅に引き上げた形です。

    トヨタはハイブリッド車やFCVなどさまざまな電動車を手がける全方位の戦略をとっていますが、ヨーロッパや中国でEVの普及が急速に進む中、EVの戦略を強化し市場での存在感を高めていくねらいです。

    https://www.google.com/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20211214/amp/k10013387871000.html


    【トヨタ 電気自動車の販売で新目標 2030年に世界で350万台】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/12/10(金) 14:51:21.31 ID:oM6aBnEx0

    no title


    【パッパ「レクサスに乗り換えたんだよ」ワイ「はえ〜すごいやんどれどれ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tpoyo

    1: 2021/12/14(火) 07:03:31.705 ID:zwNpYZHMd

    no title

    トヨタ、内燃機関を存続させるために「チーム・ジャパン」を結成

    トヨタは、自社と他の日本の4つのメーカーからなるチームを結成し、ICE車の存続を目指しています。

    https://insideevs.com/news/547809/toyota-team-japan/


    コメ欄の外国人「トヨタがこのままだと、いずれ死のスパイラルに陥り、日本の自動車産業全体の足を引っ張ることになるでしょう。」
    no title


    【トヨタ、内燃機関存続のため「チームジャパン」結成 EVダメゼッタイ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tt

    1: 2021/12/07(火) 11:21:34.71 ID:zJ4OUfG+9

    ■時事通信(2021年12月07日07時46分)

     【ニューヨーク時事】トヨタ自動車の北米法人は6日、米ノースカロライナ州に車載用電池の工場を建設すると発表した。同社の車載用電池工場は北米では初めて。世界的に車両の電動化が加速する中、電気自動車(EV)などに搭載する電池の安定確保やコスト低減を目指す。

    ※以下省略、続きはリンク先でお願いします
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021120700215


    【トヨタ、米に電池工場 電動車用に1500億円投資】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2

    1: 2021/12/05(日) 10:43:22.036 ID:8GZrOTBA0

    これはGENEO


    【一番実用的なトヨタ車と言えば?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ系列の会社に就職したら

    1: 2021/12/05(日) 09:49:35.923 ID:8hoJwJVl0

    つまらないな


    【ドイツ車好きなのにトヨタ系列の会社に就職したらドイツ車一生乗れないのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタのSUV

    1: 2021/12/02(木) 04:32:03.13 ID:l5pff3g6d

    ランクル
    ランクルプラド
    ハリアー
    RAV4
    カローラクロス
    C-HR
    ヤリスクロス
    ライズ

    こんなにいる?


    【トヨタのSUV、多すぎるwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    MT車むず

    1: 2021/12/01(水) 11:27:39.622 ID:j9O/J4eJ0

    最上グレードのハイブリッドのカローラフィールダー
    ETC以外全部付いてる
    ネットに載ったその日のうちに来店予約したわ


    【5年落ち8000kmの車を140万で買った俺って情強だよなwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アクアは

    1: 2021/11/28(日) 10:24:58.45 ID:xbZuYOsAa

    無謀だったか?


    【年収300万ワイ、270万円でアクアを買う!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/11/19(金) 00:00:50.45 ID:EkKWiGsO0

    no title

    no title

    トヨタ アイゴx
    3700×1740×1510
    の小型SUV


    【【画像】トヨタが欧州で発売した新型車をご覧ください】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/11/16(火) 22:39:22.753 ID:Nv5hgZeu0

    no title

    no title

    フロントだけで言うとベンツBMWアウディは
    余裕で超えてる


    【最近レクサスの顔のデザインカッコ良すぎだろ・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/11/13(土) 23:24:46.875 ID:nARhPrHk0

    no title

    乗り出し500万とかだろ
    普通車販売台数トップ10に食い込んでくるし

    でもカッコいいし質感良いし便利だし隙ないな……


    【【画像】アルファードって高級車なのに売れてるんだなw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/11/15(月) 20:38:57.29 ID:w2zWOfmd9

    トヨタ自動車は2021年11月15日、「カローラ」および「カローラ ツーリング」の特別仕様車「ハイブリッドW×B “50ミリオンエディション”」と、「カローラ スポーツ」の特別仕様車「ハイブリッドG“スタイル50ミリオンエディション”」を発売した。

    今回の特別仕様車は、カローラシリーズのグローバル累計販売5000万台を記念して設定されたモデル。カローラおよびカローラ ツーリングの「ハイブリッドW×B」と、カローラ スポーツの「ハイブリッドG」がベースとなっている。

    全モデル共通の主な特別装備は以下の通り。

    ・スレートグレーメタリック、アーミーロックメタリック、プレシャスメタルなどのボディーカラーを新設定。アルミホイールはマットブラック塗装。
    ・フロントフェンダー左右に貼られた“50 Million Edition”専用ロゴデカール
    ・ドライバーと周辺にたまっている静電気をボディー全体に分散させて帯電量を軽減し、安定した車両挙動に貢献するという「除電スタビライジングプラスシート」(運転席)
    ・9インチディスプレイオーディオ、ブラインドスポットモニター+パーキングサポートブレーキ (後方接近車両)

    価格は、カローラ ハイブリッドW×B “50ミリオンエディション”が283万5000円(FF車)と303万3000円(4WD車)、カローラ ツーリング ハイブリッドW×B “50ミリオンエディション”が288万4500円(FF車)と308万2500円(4WD車)、カローラ スポーツ ハイブリッドG“スタイル50ミリオンエディション”は283万円(FF車)。(webCG)

    2021.11.15
    https://www.webcg.net/articles/-/45424

    カローラ スポーツ ハイブリッドG“スタイル50ミリオンエディション”
    no title

    カローラ ハイブリッドW×B “50ミリオンエディション”(ボディーカラーはスレートグレーメタリック)
    no title

    カローラ ツーリング ハイブリッドW×B “50ミリオンエディション”(ブラックマイカ×アーミーロックメタリック)
    no title

    カローラ スポーツ ハイブリッドG“スタイル50ミリオンエディション”(アティチュードブラックマイカ×プレシャスメタル)
    no title

    各車、9インチのディスプレイオーディオが標準装備される
    no title

    フロントフェンダー部の“50 Million Edition”専用ロゴデカール
    no title


    【【トヨタ】累計販売5000万台を記念 特別なカラーをまとう「トヨタ・カローラ」発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/11/14(日) 00:34:40.744 ID:7F18lAHr0

    no title

    no title

    no title

    レクサスNX


    【【画像】レクサスの新型NXがカッコよすぎる・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ、脱炭素化で最低評価

    1: 2021/11/06(土) 18:58:58.71 0

    【グラスゴー時事】

     環境保護団体グリーンピースが4日、英グラスゴーで開催されている国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に合わせて公表した
    主要自動車メーカーの脱炭素化の取り組みのランキングで、日本のトヨタ自動車が最低評価となった。


    【トヨタ、脱炭素化で最低評価 環境団体がランキング発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/11/05(金) 19:58:12.25 ID:mz2y/vxM9

    トヨタ自動車は2021年11月5日、レクサスのプレミアムSUV「RX」に特別仕様車「ブラックツアラー」「エレガントツアラー」を設定し、同日、販売を開始した。

    ■黒基調のコーディネートでスポーティーさを表現

    「レクサスRX300/RX450h“ブラックツアラー”」は、充実した装備が特徴の“バージョンL”をベースに、ブラック基調のカラーコーディネートを採用することでスポーティーなイメージを付与した特別仕様車である。

    同車の特別装備は以下の通り。
    ・スピンドルグリル(専用ブラック塗装)
    ・フロントロワバンパー(専用ブラック塗装)
    ・235/55R20 102Vタイヤ&20×8Jアルミホイール(専用ブラックスパッタリング塗装)
    ・アウターミラー(ブラック塗装、ボディーカラーに「グラファイトブラックガラスフレーク」を選択した場合はボディーカラー同色)
    ・リアバンパーロワガーニッシュ(専用ブラック塗装、ガソリン車のみ)
    ・本木目(専用ウオールナット<オープンフィニッシュ/墨ブラック>)+本革ステアリングホイール(パドルシフト付き)&本革シフトノブ+専用ライトグレーステッチ
    ・オーナメントパネル(専用ウオールナット<オープンフィニッシュ/墨ブラック>)
    ・インストゥルメントパネル(ブラック+専用ライトグレーステッチ)
    ・セミアニリン本革シート(専用ブラック&ホワイトアッシュ+専用ライトグレーステッチ+運転席・助手席シートヒーター+運転席・助手席ベンチレーション機能付き)
    ・専用ライトグレーステッチ(ステアリング/インストゥルメントパネル/シート/コンソール/ニーパッド/シフトブーツ/ドアトリム)

    価格は以下の通り。
    ・RX300“ブラックツアラー”(FF):630万円
    ・RX300“ブラックツアラー”(4WD):657万円
    ・RX450h“ブラックツアラー”(FF):744万円
    ・RX450h“ブラックツアラー”(4WD):771万円

    ■ブラウンの内装色とシルバーの外装パーツが特徴

    「レクサスRX300/RX450h“エレガントツアラー”」は、“バージョンL”をベースに、ブラウン基調のインテリアとシルバーの外装パーツを組み合わせたモデルである。

    特別装備は以下の通り。
    ・スピンドルグリル(専用シルバー塗装)
    ・フロントロワバンパー(専用ブラック塗装)
    ・235/55R20 102Vタイヤ&20×8Jアルミホイール(専用スパッタリング塗装)
    ・リアバンパーロワガーニッシュ(専用ブラック塗装、ガソリン車のみ)
    ・本木目(レーザーカット本杢用)+本革ステアリングホイール(パドルシフト付き)&本革シフトノブ+(専用ライトグレーステッチ)/オーナメントパネル(レーザーカット本杢<ダークグレー>)/インストゥルメントパネル(ノーブルブラウン+専用ライトグレーステッチ)/セミアニリン本革シート(ノーブルブラウン+専用ライトグレーステッチ+運転席・助手席シートヒーター+運転席・助手席ベンチレーション機能付き)
    ・専用ライトグレーステッチ(ステアリング/インストゥルメントパネル/シート/コンソール/ニーパッド/シフトブーツ/ドアトリム)

    価格は以下の通り。
    ・RX300“エレガントツアラー”(FF):630万円
    ・RX300“エレガントツアラー”(4WD):657万円
    ・RX450h“エレガントツアラー”(FF):744万円
    ・RX450h“エレガントツアラー”(4WD):771万円

    (webCG)

    2021.11.05
    https://www.webcg.net/articles/-/45376

    RX450h“ブラックツアラー”
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    RX450h“エレガントツアラー”
    no title

    no title

    no title

    no title


    【「レクサスRX」に特別仕様車「ブラックツアラー」「エレガントツアラー」が登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コペンGR

    1: 2021/10/29(金) 01:12:25.149 ID:xd9l6gG60

    込み込みで


    【今MTで300万円で買えるベストなスポーツカーってコペンGRで良い?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ヤリクロ

    1: 2021/11/03(水) 18:16:56.60 ID:XzpYlHOwp

    いやどれ買えばいいんだよ…


    【ワイ「SUV欲しいなぁ…」トヨタ「ヤリクロ!カロクロ!ハリアー!RAV4!ランクル!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ランクル北米向け

    1: 2021/11/02(火) 12:52:05.68 ID:VCElO1spp

    アホなんかこいつら
    売れるものを欠品にしてるってビジネスチャンス逃してるだけやんか


    【トヨタ「ランクル北米向けに確保しなきゃ…日本向け?ないよ!納車まで5年な!」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/11/02(火) 15:10:10.83 ID:Al67Tsqv9

    トヨタのフラッグシップミニバン、国産最高級ミニバンのアルファードの販売好調が止まらない。2021年4~9月の販売台数は4万5565台に及び、全乗用車のランキングで4位につけるほどの人気、売れ行きである。ヴェルファイアが1モデルとなったこともあるにせよ、高級ミニバンの需要は、もはや国産高級セダンの座を奪ったと言ってもいいだろう。

     しかし、アルファードユーザーがいま大いに気になるのが、アルファードのレクサス版ともいえるレクサスLMの存在ではないだろうか。レクサスLMは、基本部分をアルファードと共用するレクサス初のフラッグシップミニバン。しかし、2019年の上海モーターショーで世界初公開されたことからも分かるように、現時点では中国、台湾、タイ、インドなどのアジア専用車となっている。アジアでも高級・大型ミニバンは大人気なのである。

    ここでアルファードとレクサスLMのスペックを比較してみると、アルファードは全長4950×全幅1850×全高1945~1950mm、ホイールベース3000mm。車重2240kg。HVモデルのパワーユニットは、2AR-FXE 2493ccエンジン+2モーターで、エンジンは112kW/206N・m、モーターはフロント105kW/270N・m、リヤ50kW/50N・m。システム最高出力は145kW、最小回転半径5.6m、最低地上高は165mmとなる。

     一方、レクサスLMは、全長5040×全幅1850×全高1945mm、ホイールベース3000mm。車重2290kg。LM300hと呼ばれるHVモデルのパワーユニットは、同2AR-FXE 2493ccエンジン+2モーターで、エンジン86kW、198N・m+モーター(F)105kW/270N・m、(R)50kW/50N・m。システム最高出力は120kWで、最小回転半径5.6m、最低地上高は170mmとなる。

     つまり、レクサスLMのほうが全長のみ長く、エンジンの出力、システム出力は控え目。ホイールベース、前後トレッド、モーター出力、小回り性などはアルファードと同等というスペックになる。エンジン出力が控え目なのは、アジアでは平均走行速度が日本や欧州に比べて低いからと考えられる。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9e78ad89d53e37852cc7fcc7b248eacf342414e
    no title

    no title


    【最上級アルファードの約3倍の価格!2000万円超の超高級ミニバン「レクサスLM」はアルファードと何が違う?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/11/01(月) 20:03:32.28 ID:Htx16WKa9

    トヨタ自動車は2021年11月1日、「GRヘリテージパーツプロジェクト」としてAE86型「カローラレビン」「スプリンタートレノ」の一部パーツを復刻・販売した。

    今回発売されたパーツは以下の通り。リアのドライブシャフトについては同年12月1日に発売される。

    ・2021年11月1日発売:リアブレーキキャリパー、ステアリングナックルアーム
    ・2021年12月1日発売:リアドライブシャフト

    いずれも通常の純正部品と同様にトヨタの販売店で購入できるようになるが、サプライヤーの協力による限定生産のため、工場での生産期間終了後は在庫限りでの販売となる。

    このプロジェクトは、「思い出の詰まった愛車に乗り続けたい」というユーザーの思いに応えるべく、既に廃番となってしまった補給部品を復刻し、純正部品として再販売するもの。これまでA70型/A80型「スープラ」、「トヨタ2000GT」、40系「ランドクルーザー」についても同様の取り組みが実施されている。(webCG)

    カローラレビン
    no title

    スプリンタートレノ
    no title

    リアブレーキキャリパー
    no title

    ステアリングナックルアーム
    no title

    リアドライブシャフト
    no title


    【トヨタがAE86「カローラレビン」「スプリンタートレノ」のパーツを復刻】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    FR、2ドアクーペ、MT

    1: 2021/10/29(金) 10:48:53.299 ID:jP3fX/3Xd

    自称車好き「高くて無理」


    何なんこいつ


    【自称車好き「FR、2ドアクーペ、MT乗りてええええ!!!」トヨタ「出したぞ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/10/29(金) 16:27:18.50 ID:+chFAAlk9

    2021年10月29日、トヨタは、新たな電気自動車(EV)の「bZシリーズ」第一弾となるSUVの新型「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」の詳細情報を公開しました。
     
     電動化が加速するなかで、トヨタのbZシリーズとはどのような特徴をもつEVなのでしょうか。

    トヨタは、1997年に世界初の量産ハイブリッド車(HV)となる初代「プリウス」を発売して以降、HV/PHEV/EV/FCVという電動車のフルラインナップ化を推し進め、さまざまな選択肢を展開しています。

     2020年末時点では、乗用車・商用車合わせてHV45車種・PHEV4車種・EV4車種・FCV2車種の計55車種の電動車をラインナップ。

     また、今後の電動車フルラインナップ化の一環として2025年までにEV15車種を導入する計画を推進中となり、そのなかの新シリーズとしてbZシリーズを7車種導入する計画です。

     bZシリーズは、中国・米国・欧州・日本など、EVの需要や再生可能エネルギーによる電力供給が多い地域で、多くのユーザーに受け入れられることを目指しています。

     第一弾となる新型bZ4Xは、EV専用プラットフォーム「e-TNGA」をスバルと共同開発し、低重心・高剛性化したミディアムセグメントSUVです。

     デザインは、「Hi-Tech and Emotion」をテーマに、EVの先進感やSUVらしい力強さを両立したスタイリングを表現しています。

     フロント部分では、従来車のラジエータを象徴したセンター強調のテーマと異なる、空力アイテムが織り込まれたコーナー部と、上下に薄いバンパー形状によりEVの独自性を表現。

     リア部分は、コンビネーションランプ、バックドア、バンパーをタイヤへ向かう台形のテーマとし、低重心で力強いスタンスを実現しています。

     インテリアは、EV専用プラットフォームによる、ひとクラス上の広い室内空間として、Dセグメントセダン並みのタンデムディスタンス(前後シート間距離)1000mmを確保。

     運転席は、ステアリングホイールの上側を通してメーターが見えるように配置したトヨタ初のトップマウントメーターを採用することで、視線移動を少なく遠視点化し、見やすさを重視しました。

     また、ステアリングコラムを含めた運転操作系を操作しやすいようモジュール化、手元からメーターの視線誘導を促す羽衣のような形状を採用しています。

     なお、ステアリングには2種類のタイプを設定しており、ひとつはステアバイワイヤシステムと異形ステアリングを組み合わせたトヨタ初のワンモーショングリップ。もうひとつは、従来車と同様の丸形ステアリングです。

     ステアバイワイヤシステムを採用することで、ステアリングの回転角度を持ち替え不要な約+-150度に設定し、Uターンや車庫入れ、ワインディングロード走行時などでドライバーの負荷を大きく低減します。

     トヨタによると「中国市場向け、その後、その他市場向けに、2022年の発売以降、順次装着車を設定仕向地などによるものの基本的には、ふたつのステアリングを設定します」と話しています。

     足元の広さも、前後ともミディアムセグメントSUVクラストップレベルを誇ります。

     また、低い位置のインストルメントパネル、大開口パノラマルーフ(装着車を設定)により解放感を創出したほか、落ち着いた室内を演出するファブリック張りのインストルメントパネルを採用。

     マルチメディアシステムとしては、クラウド上の地図情報を活用し、交通情報や駐車場の空き情報をリアルタイムで取得するコネクティッドナビを採用しています。

     また、通常のナビゲーション機能に加え、移動支援、充電施設表示、航続、可能エリア表示などEV専用の機能にも対応。

     安全面では、最新の「Toyota Safety Sense」の機能として、ミリ波レーダーおよび単眼カメラの検知範囲拡大により、各機能の性能向上や一般道での支援をおこなう新機能を追加。

     そのほか、高度運転支援技術「アドバンスト パーク(リモート機能付き)」を採用しています。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/31f5c2897e150ec53b5d8cdde571f194c174dd53

    no title


    【トヨタ新型SUV「bZ4X」日本仕様公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ86とRAV4

    1: 2021/10/29(金) 21:53:02.82 ID:9M2Ldu9QdNIKU

    イキれるのはRAV4
    楽しいのは86
    維持費はどっちがええのか知らん

    どっちも欲しい
    両極端やけど、どっちがええと思う?


    【トヨタ86とRAV4、どっちがコスパええかな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ハイラックスって大型駐車場に止めても

    1: 2021/10/29(金) 07:50:04.162 ID:MFOPIaf/a

    普通車枠だと狭すぎるし
    ハイラックスクソでかいから


    【ハイラックス乗りだけど大型駐車場に止めても問題ないよな?w】の続きを読む