トヨタ

    1: 2018/08/06(月) 19:43:56.85 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は2018年8月6日、「ハイエース」および「レジアスエース」の特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME II”」と、ハイエースの誕生50周年を記念した特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」を発売した。このうちスーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は、2019年7月31日までの期間限定生産となる。

    今回のスーパーGL“DARK PRIME II”は、ハイエースとレジアスエースの最上級グレード「スーパーGL」をベースに内外装の質感を向上させた特別仕様車。エクステリアはダークメッキを施したフロントグリルとバックドアガーニッシュが、インテリアはブラックのルーフ、ピラー、セパレーターバーが特徴となっている。

    そのほか、スライドドアのスカッフプレートには車名ロゴとイルミネーションを装備。SRSエアバッグやプリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルト(助手席)も標準で備わる。ボディーカラーは、特別設定色「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」(オプション)を含む全5色がラインナップされる。

    価格は、「2WD・2000ガソリン・標準ボディー」の313万9560円から、「4WD・2800ディーゼル・標準ボディー」の403万2720円まで。

    もう一台のスーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は、ハイエースの最上級グレード「スーパーGL」がベース。漆黒メッキのフロントロアグリルや、高輝度塗装を施したフロントフォグランプベゼルおよびフルホイールキャップでドレスアップされている。

    バックドアには「50TH ANNIVERSARY」エンブレムも装備。インテリアについては、ルーフ、ピラー、セパレーターバーをブラックで統一したほか、シート表皮にダークブラウン色のトリコット+合成皮革&ダブルステッチを採用。随所に茶木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾を施すことで、高級感と上質感を演出した。

    「50TH ANNIVERSARY」エンブレム付きのスマートキーや、車名ロゴ&イルミネーション付きのスカッフプレート(スライドドア)、デュアルパワースライドドア、SRSエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルト(助手席)も備わる。

    ボディーカラーは特別設定色「グラファイトメタリック」を含む全6色で、価格は「2WD・2000ガソリン・標準ボディー」の324万円から、「4WD・2800ディーゼル・標準ボディー」の413万3160円まで。(webCG)

    2018.08.06
    http://www.webcg.net/articles/-/39246

    ハイエース スーパーGL“DARK PRIME II”
    no title

    no title

    レジアスエース スーパーGL“DARK PRIME II”
    no title

    ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”
    no title

    no title

    no title


    【プレミアム感を高めた特別な「ハイエース」登場】の続きを読む

    tranp

    1: 2018/08/04(土) 07:36:37.61 ID:vF6WVHfQ0 BE:323057825-PLT(12000)


    トヨタ自動車は3日、米トランプ政権が検討している自動車や関連部品の関税引き上げについて、
    「日本からの輸出車1台あたり平均約6000ドルの負担増になる」と明らかにした。
    合計では年間で約4700億円の影響が出る計算になり、日本以外からの輸出分も含めると負担はさらに膨らむ。
    米関税引き上げが実際に発動されれば、他の完成車・部品メーカーも打撃は免れない。
    自動車産業には多数の業種が関連するだけに、世界景気の

    トヨタ、米関税影響4700億円 日本からの年間輸出分
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33808900T00C18A8MM8000/


    【【悲報】トヨタ、米国関税引き上げの影響で年間約5000億円の損失と公表】の続きを読む

    unnamed

    1: 2018/08/03(金) 16:04:33.75 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車といすゞ自動車は3日、資本関係を解消することで合意したと発表した。トヨタが5.89%を保有するいすゞの株式を全て売却する。

    2018/8/3 15:32
    共同通信
    https://this.kiji.is/398000716516279393


    【トヨタ自動車といすゞ自動車が資本関係解消 5.89%を保有するいすゞの株式を全て売却】の続きを読む

    toyota

    1: 2018/08/03(金) 16:11:02.16 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車が3日発表した平成30年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期比7・2%増の6573億円と4~6月期として過去最高だった。中国や欧州など海外販売が好調で、2年連続の増益となった。売上高も4・5%増の7兆3627億円と最高だった。

     本業のもうけを示す営業利益は18・9%増の6826億円だった。

     31年3月期の通期業績予想は、売上高が29兆円、純利益が2兆1200億円とした従来見通しを据え置いた。

    2018.8.3 13:48
    産経WEST
    https://www.sankei.com/west/news/180803/wst1808030046-n1.html


    【【決算】トヨタ、純利益過去最高 6573億円 海外販売好調 4~6月期】の続きを読む

    bb

    1: 2018/08/02(木) 14:27:32.27 0

    トヨタ自動車は8月2日、「カローラ スポーツ」に6速MT(マニュアルトランスミッション)車を設定し、発売した。価格(税込)は210万6000円~238万6800円。



     変速・発進操作をアシストする「インテリジェントマニュアルトランスミッション」(iMT)を採用。クラッチ、シフト操作に合わせて最適なエンジン回転数になるように自動制御する。

     スムーズな発進をサポートするほか、ドライブモードを「SPORT」にすると、走行中の滑らかな変速をアシスト。シフトダウン時の回転数合わせも自動的にしてくれるというわけだ。

     カローラスポーツは6月に発売したハッチバックの新型車。発売1カ月で約9200台を受注している。


    【クラッチ、シフト操作に合わせて最適な回転数になるように自動制御。トヨタ「カローラ スポーツ」にMT車を設定 回転数合わせる「iMT」】の続きを読む

    r

    1: 2018/07/31(火) 09:42:25.40 ID:CAP_USER

    2018/7/31 7:30 日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33599260R30C18A7000000/

    【シリコンバレー=白石武志】トヨタ自動車の米国法人は30日、燃料電池を搭載した大型トラックの改良型を公開した。これまで4つだった水素タンクを6つに増やし、航続距離を従来の1.5倍の約480キロメートルに延ばした。カリフォルニア州の港湾で進めている燃料電池トラックの実証実験に追加導入し、性能を評価する。

    トヨタは自社の物流施設で排出する二酸化炭素(CO2)をゼロにする目標に向け、2017年夏からロサンゼルス港で燃料電池を搭載した大型トラックの実証実験を続けている。初代の走行距離は約1万6000キロメートルに達しているといい、実用化を意識した改良型では運転席に簡易ベッドを備えるなど居住性を高める工夫を凝らした。

    次世代のエコカーとして電気自動車(EV)が本命視されるなか、燃料電池車(FCV)は水素ステーションの整備が進まず米国でも市場開拓が遅れている。トヨタはカリフォルニア州でバイオマス(生物資源)から水素や電気などを生み出す発電施設の建設を予定するなど、インフラ整備も主導することで水素利用の拡大を目指している。


    【トヨタ、燃料電池大型トラックを改良 航続距離5割増】の続きを読む

    1: 2018/07/30(月) 08:45:29.52 ID:sj/IMvH90

    トヨタ「ミニバンもカッコ良くするで」
    世間のパッパ「うぉおおおおカッコイインゴオオオ買うンゴオオオ!」

    トヨタ商売上手やな

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【世間のパッパ「結婚したから次の車はミニバンか…嫌やなぁ」トヨタ「任せろ!」】の続きを読む

    AS20180723003570_comm

    1: 2018/07/24(火) 07:19:50.98 ID:CAP_USER.net

     トヨタ自動車は23日、2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせて、東京臨海部などで自動運転の実証実験を行うと発表した。選手村では自動運転車を選手の移動手段としても使う。

     実験する自動運転は5段階の分類のうち「レベル4」と呼ばれるもので、天気など特定の条件を満たせば人の手を介さずにシステムが全ての操作を行う。車両を開発し、東京の臨海副都心と羽田で実験的に走らせる。トヨタはブレーキとハンドルの操作をシステムが同時に行う「レベル2」までは一部車両に搭載済みで、レベル4は20年代前半の実用化を目指している。

     また、選手村の中で自動運転車「eパレット」を走らせる。運転手なしで走る箱形の電気自動車だ。このほか、選手や大会関係者の移動用に、水素で走る燃料電池車など環境車3千台以上を公式車両として提供する。通信機器を搭載。収集したビッグデータを活用し、効率的な輸送管理を目指すという。

     トヨタは国際オリンピック、国際パラリンピックの両委員会と最高位のスポンサー契約を24年まで結んでいる。
    2018年7月24日06時31分
    https://www.asahi.com/articles/ASL7R4J0CL7ROIPE01D.html

    【【自動運転】トヨタ、レベル4の自動運転実験開始へ 東京五輪に向け】の続きを読む

    rr

    1: 2018/07/22(日) 17:37:47.91 ID:zQLdwwd80

    下請けだからちょっとバカにしてたけどよく考えれば福利厚生はトヨタに準じてるし、給料もトヨタの7、8掛けは貰えるし悪くねぇなって


    【ワイ20卒、トヨタ系下請けが案外コスパ良いことに気付くwwwww】の続きを読む

    noimage

    1: 2018/07/20(金) 01:40:50.06 ID:0o5HzEhG0

    2017年企業別販売台数
    1)トヨタ(日本) 938万台
    2)GM(米国) 797万台
    3)VW(ドイツ) 623万台
    4)日産(日本) 581万台
    5)ホンダ(日本) 522万台
    6)フォード(米国) 491万台
    7)現代(韓国) 451万台
    8)ルノー(フランス) 376万台


    【トヨタ自動車ってなんでここまで世界で売れるようなったん?】の続きを読む

    1: 2018/07/20(金) 14:29:30.56 ID:CAP_USER9

    豊田喜一郎氏が米自動車殿堂入り
    トヨタ創業者
    2018/7/20 13:52
    c一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/392900828656796769

    豊田喜一郎氏
    no title


    トヨタ自動車は20日、創業者の故豊田喜一郎氏が2018年の米国自動車殿堂に選出され、殿堂入りしたと発表した。自動車産業への貢献が評価されたとしている。

    豊田章男社長は「トヨタの継承者として、孫として、大変誇らしく思う」とのコメントを発表した。
    トヨタからはこれまで豊田章一郎名誉会長や、元社長の故豊田英二氏が殿堂入りしており、喜一郎氏は3人目。


    【【トヨタ】豊田喜一郎氏が米自動車殿堂入り 豊田章男社長「トヨタの継承者として、孫として、大変誇らしく思う」】の続きを読む

    このページのトップヘ