トヨタ

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/08(月) 11:24:16.57 ID:CAP_USER.net

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/160208/bsa1602080904001-n1.htm

    トヨタ自動車は8日、国内全工場の稼働を休止した。グループの愛知製鋼で1月に起きた爆発事故で、
    エンジンなどに使う特殊鋼と呼ばれる鋼材の供給が滞るためだ。グループ会社を含む国内16工場の
    完成車組み立てラインは13日まで約1週間、停止する。

     国内の全工場が止まるのは、平成23年の東日本大震災以来。トヨタは5日に、
    15年4~12月期の好調な決算を発表したが、16年3月期業績予想には今回の生産休止に伴う費用は織り込んでおらず、
    今後の業績への影響が懸念されている。

     完成車の組み立てラインは週明けの15日に再開する。生産休止による影響台数は7万~8万台に及ぶとみられる
    。トヨタのエンジンなどを造る部品工場は、8日は休止したが、9日以降は状況を見ながら生産ラインごとに稼働させるかどうかを検討していく。


    【【自動車】トヨタ、今日から全工場で生産休止 完成車組み立てラインは1週間停止】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/01(月) 23:31:53.19 ID:CAP_USER.net

    http://www.sankei.com/economy/news/160201/ecn1602010034-n1.html

    トヨタ自動車が国内全工場で約1週間の生産休止を決めたことは、生産効率の追求と、安定した供給網(サプライチェーン)
    の確保を両立することの難しさを改めて示した。必要な量の部品を適時使う「かんばん方式」と呼ばれるトヨタ流
    の生産方式は、生産現場の在庫などムダを徹底的になくして業績拡大につながった。
    だが、一部部品の生産が滞れば供給網全体に影響がおよび、生産効率が犠牲になる「もろさ」への対応という課題も残る。

     トヨタが東日本大震災時の生産を休止したのは、被災工場からの部品供給ストップや、
    一部交通網の寸断で輸送が滞ったことが要因だった。だが、今回は愛知製鋼が代替ラインで生産を続け、
    神戸製鋼所など他社へも生産委託する。特殊鋼の一部製品は代替生産が難しく
    「発注から納入までに要する時間を考えると納期が厳しい」(関係者)とするが、一定の部品供給は維持している。

     それでも生産休止に踏み切るのは、トヨタが追求する効率や品質が犠牲になる恐れがあるからだ。
    かんばん方式は一部部品の納期の遅れで、工場全体の稼働率が大幅に落ちる傾向がある。生産を急げば不良品が発生する恐れもある。

     トヨタは「部品不足のみならず総合的に判断した」と説明し、復旧後の挽回生産で高効率を維持する考え。
    震災後に進めた代替部品供給先の明確化など対策を進化させ「競争力のある工場づくり」につなげられるかが問われる。(会田聡)


    【【自動車】トヨタ全工場で生産休止、供給網のもろさに課題 「かんばん方式」生産効率との両立に難儀】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/01/31(日) 20:46:23.682 ID:V4ICZVm10.net

    20年近く前の車なのに走行距離少ないのが300万以上、
    かなり走行距離距離いってたり修復歴あっても200万以上とかするんだけどどうして?
    http://www.carsensor.net/usedcar/search.php?CARC=TO_S086&AL=1&SORT=1&STID=SMPH0001


    【スープラの中古車って何でこんなに高いの?】の続きを読む

    1: ファイナルカット(静岡県)@\(^o^)/ 2016/01/28(木) 02:09:21.86 ID:Av3ulIFw0.net BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典

    【小川フミオのモーターカー・世界の名車】
    トヨタ・マークIIは、1980年代のトヨタ自動車を象徴する一台である。
    上質感のあるスタイリング、豪華な室内、そしてパワフルなエンジン。
    この時代のトヨタは、市場をリードするようなミドシップスポーツカー・MR2をつくる一方で、
    60年代から続いてきた“夢の高級セダン”の仕上げとしてマークIIを手掛けた。
    つまり、革新性と保守性という両輪を企業の推進力としたのだ。

    84年に発売された5代目マークII。4年という短いインターバルを経てのモデルチェンジだった。
    しかし、内容は一新されていた。クラウンと同等のボディーサイズ、6気筒エンジン、華やかな内装。
    さらに、電子制御サスペンションや2モードパワーステアリングなど、先進技術の数々だ。
    「コロナ・マークII」の車名が「トヨタ・マークII」になったことも、新しい世代の象徴だった。

    内装に関しては、やわらかいシートなど米国的なテイストを継承していたが、構成は明らかにトヨタ・オリジナルだ。
    中でも、ブラックの特徴的なリアクオーターピラーを持つ4ドアハードトップは、従来の凡庸なセダンスタイルとは
    一線を画すものである。ある自動車専門誌が名付けた、傑作ネーミング「ハイソカー」の代表格としてもてはやされた
    ことも納得できた。

    “ハイソサエティ=裕福な世界”の人になるのも夢ではないという、バブル経済期の消費者心理をうまくついたクルマだ。
    いい時代でもあったのである。

    http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2016012276011.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【80年代ハイソカーの代表格「トヨタ・マークII」】の続きを読む

    1: ニコラス・ブロディ ★ 2016/01/27(水) 13:49:25.79 ID:CAP_USER*.net

    2016/1/27 13:35
     トヨタ自動車は27日、ダイハツ工業や日野自動車を含むグループ全体の2015年の世界販売台数が
    前年比0.8%減の1015万1千台だったと発表した。4年連続で世界首位となった。主力の北米市場は
    ガソリン安でSUV(多目的スポーツ車)など大型車の販売が好調だった。ただ国内や新興国での販
    売不振が響き、14年実績は下回った。

     トヨタに次ぐ独フォルクスワーゲン(VW)の15年の販売台数は2%減の993万600台で、トヨタと
    の台数差は22万台となった。14年のトヨタの世界販売は1014万台で、VWを9万台上回っていた。VW
    は15年上半期(1~6月)に初めて世界販売で首位に立ったが、その後はトヨタが上回って推移してい
    る。

     VWは昨年9月中旬に米国で発覚したディーゼル車の排ガス試験の不正問題などの影響で、米国や欧州
    での販売が減少。同12月単月の世界販売台数は5%減った。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD27H0A_X20C16A1000000/


    【【企業】トヨタの15年世界販売1015万台 4年連続首位】の続きを読む

    1: 丸井みどりの山手線 ★ 2016/01/28(木) 00:05:33.17 ID:CAP_USER*.net

     トヨタ自動車がスズキとの提携を検討していることが27日、分かった。トヨタが持つ先進の環境・安全技術と、スズキが得意な小型車の開発ノウハウを持ち寄り、協力関係の構築を目指すもようだ。実現すれば、自動車業界の合従連衡が加速する可能性がある。

     トヨタは傘下のダイハツ工業の完全子会社化も検討している。スズキと協力すれば、環境性能に優れた小型車で新興国での販売を伸ばせる。スズキは独フォルクスワーゲン(VW)から買い戻した自社株を保有しており、株式持ち合いに発展する可能性もある。
     トヨタは、北米販売などが好調で2016年3月期に過去最高の連結営業利益を見込む。だが新興国市場の開拓が課題で、インドの乗用車市場で4割を超すシェアを持つスズキは魅力的だ。
     スズキは昨年、VWとの資本・業務提携を解消。将来的な環境規制の強化や自動運転の実用化を見据えた先進技術の開発が課題で、大手メーカーとの提携を模索している。
     ただ、トヨタとスズキは27日、ともに「提携交渉を行っている事実はない」との否定コメントを発表しており、実現には曲折も予想される。(2016/01/27-20:58)

    引用元:http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2016012700841


    【【企業】トヨタ、スズキと提携検討=ダイハツ完全子会社化も-自動車の合従連衡加速[時事通信]】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/23(土) 12:44:26.06 ID:CAP_USER.net

    http://newsphere.jp/business/20160123-1/
     トヨタ自動車は、昨年12月に発売となった新型プリウスに関する広報企画「PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」
    を18日から開始した。プリウスに採用されている部品やコンセプト40点について、それぞれの特徴をもとに
    女性キャラクターに擬人化。キャラクターについて知るうちにプリウスについても詳しくなる、
    という企画になっている。擬人化したキャラクターを用いたプロモーションは、日本ではさまざまな分野でおなじみだ。
    一部海外メディアも、そのことは承知しつつ、トヨタのこの企画には驚いたようだ。

    ◆「通常なら関心を持たなそうな層」にアピール
     トヨタのハイブリッド車プリウスは、昨年6年半ぶりのモデルチェンジを行い、
    4代目となる新型が12月に発売された。発売からおよそ1ヶ月の時点で約10万台の受注を獲得し、好調な滑り出しを見せている。
     「プリガー」こと「PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」は、新型プリウスの性能を実現しているさまざまな部品や
    コンセプトをキャラクター化したもの。24人の絵師が参加し、10キャラクターには第一線で活躍する
    人気女性声優が声を当てている。(トレーディング)カードや缶バッジ、ビッグクッションといったグッズまで
    作成する念の入れようだ。ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)ブログ「日本リアルタイム」によると、
    このクッションは「少女たちの等身大」とのことで、どうやら抱き枕らしい。
     WSJによると、トヨタの広報担当者は「通常なら関心を持たなそうな層を引きつけることで、プリウス、
    トヨタ、自動車のファンになっていただきたいのです」と語ったそうである。おそらくは、「車離れ」が言われている若者層に、
    プリウスや車自体に関心を持ってもらうきっかけとなることを意図したものだろう。

    ◆擬人化キャラを用いたプロモーションは日本では普通だが
     擬人化したものなどキャラクターを用いたプロモーションは、日本ではよく行われるものだということは、海外メディアも承知している。
     アジアニュースサイトのアジアン・コレスポンデントは、トヨタが部品40点をセクシーでかわいいアニメ少女に擬人化する
    ことでプリウスを宣伝しているのは、「日本限定」と容易にわかる戦略だと語っている。
     WSJは、日本では、認知度を上げたり、売り上げを増やすため、漫画キャラクターや着ぐるみのマ
    スコットキャラクターを用いることはおなじみであり、株式投資のプロモーションや政治家の選挙運動にも登場してきた、
    と語る。しかし時にはトラブルになることもあった、と述べ、三重県志摩市であった事例を紹介している。
     トヨタがこのようなPR手法を取ったことについて、WSJは、主力車種の1つである「プリウス」のイメージをより
    エキサイティングなものにするためのトヨタの取り組みの一環である、としている。
     テクノロジー系ニュースサイト、米テックタイムズは、日本における自動車の販売促進活動は、
    ここアメリカとは少し異なっている、と語る。アメリカの自動車のCMも、しばしば奇妙なものになる傾向があるが、
    アメリカの自動車メーカーが越えようとは思わないラインというものはある、と語り、
    トヨタが行った擬人化はそのラインの1つだと語っている。
     同じく米のテクノロジー系ニュースサイト「バージ」となると、露骨に皮肉な口調である。
    日本でハイブリッド車を売ることはたやすい。どうやら必要なのは、部品を擬人化して、顧客がバッジ、
    抱き枕、タペストリーを買えるアニメのマスコットキャラクターにすることだけのようだ、と語っている。
     どちらの記事の筆者も、擬人化した2次元キャラクターを車の宣伝に使うことに違和感を覚えているようだ。
    テックタイムズの筆者は「これは私にいくらか居心地の悪さを感じさせるものだ」と語っている


    2: 海江田三郎 ★ 2016/01/23(土) 12:44:34.22 ID:CAP_USER.net

    ◆プリウスは「セクシー」というイメージ作りの一環?
     米メディアは「プリガー」が「セクシー」だという捉え方をしているところが多い。一部ではそれが反感にも結びついているようである。
     トヨタ自身、日本で放送されたCMでは新型プリウスを「エロい」という言葉で形容している。
    それを受け、WSJは、最近トヨタは、かつては環境問題に意識の高いドライビングの象徴だったプリウスを、
    セックスシンボルに変えようと試みている、と指摘する。
     そこで「プリガー」についても、トヨタ・プリウスの「セクシー」化の一環だという見方が出た。
    米フォーチュン誌は、トヨタはプリウスが「セクシー」と納得させるために漫画キャラクターを用いる、と報じた。
     同誌によれば、プリウスには、「セクシー」だとか、わくわくするようなハイブリッド車だという世評はない。
    「信頼できる」「環境に対して意識が高い」「賢明な」といった言葉のほうが、プリウスとそのオーナーにはしっくりくる、
    と述べている(AP通信の過去の報道によれば、アメリカではトヨタ車には、性能や信頼性は高いが、
    華やかさがなく没個性的というイメージがあるようだ)。
     けれども、トヨタは消費者に、プリウスを見て「セクシー」と考えて欲しがっている。そこでトヨタは「プリガー」を作り上げた
    、というのがフォーチュン誌の説明である。「プリガー」については、露出の多い服を着た、目の大きな40人の女性と
    かなり十把一絡げな捉え方をしている。
     フォーチュン誌が紹介している「プリガー」No.13は、プリウスの「リヤビュー」を擬人化したもので、背中のざっくり開いた
    服を着ている。英語版のキャッチフレーズは「背中には自信があります。どうぞそれを見て楽しんで」
    (日本語版は「自慢の背中、どうぞ見惚れて?」)というドキッとさせるもので、フォーチュン誌の見方にも無理からぬ
    ところがあると感じせられる。

    ◆「過度なセクシー」だと嫌悪感をあらわにするメディアも
     フォーチュン誌は「プリガー」の「セクシー」さについて、中立的に伝えているが、バージのほうははっきりと批判的である。
     使用されている素材の一部は、弁解の余地なく不届きなものである、とバージは語る。キャラクターたちの多くは、
    どう見てもティーンエージか、もっと年少と思われるが、不必要に性的特徴が強調された服を着せられている、と非難する。
     トヨタは「リヤコンビネーションランプ」を擬人化(No.22)して、お尻に注目させるコスチュームを着させているが、
    トヨタがなぜそうしようと思ったのかは、トヨタが未成年の少女を性的に崇拝する人々にアピールしようと試みているのでないかぎり、
    理解が困難だ、と語っている。ハイブリッド車は、トヨタがこれほど必死にならないといけないほど売れ行きが悪いわけではない、
    とバージは語っている。


    no title

    http://toyota.jp/prius/cp/parts/
    https://www.youtube.com/watch?v=yBU0tV_UcUw




    【【クルマ】「一線を超えている」「過度なセクシー」「日本では普通のこと」 プリウス部品の美少女キャラ化に海外メディア困惑】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 08:57:30.85 ID:BhFI/+fHa.net

     トヨタ自動車は1月18日、新型「プリウス」の公式サイトで使用部品や機能を擬人化したコンテンツ「PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」(略称:プリガー)プロジェクトを開始した。
     「ハイブリッドバッテリー」「2ZR-FXEエンジン」「パワーコントロールユニット」などを擬人化して各部品を紹介。合わせてそれぞれのキャラクターの性格を紹介するとともに、一部の部品では声優によるセリフを聞くこともできる。
     なお、1月19日からTV-CM「プリウス PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」篇をオンエアするなど、今後さまざまなコンテンツを展開するとしている。

    「PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」トレーラー映像
    https://www.youtube.com/watch?v=zR24e9sWmV0


    no title
     http://m.car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/739/526/02.jpg
    no title
     http://m.car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/739/526/04.jpg
    no title
     http://m.car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/739/526/06.jpg
    no title
     http://m.car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/739/526/08.jpg
    no title
     http://m.car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/739/526/10.jpg
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20160118_739526.html


    【【悲報】トヨタ、車擬人化で艦これに喧嘩を売る】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/18(月) 19:29:19.98 ID:CAP_USER.net

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20160118_739423.html

     トヨタ自動車は1月18日、2015年12月9日に発売した新型「プリウス」について、約1カ月となる2016年1月17日時点で
    約10万台を受注したと発表
    した。新型プリウスの月販目標台数は1万2000台で、目標の8倍を受注した。

     1月8日発表時点、新型プリウスの納期に関しては、注文から工場出荷予定までに3~4カ月程度の期間を要している。
    上級グレードの納期についてはさらに期間を要しており、「A」「Aツーリング」で4~5カ月、
    「Aプレミアム」「Aプレミアムツーリング」で6~7カ月、といった状況。
     新型プリウスの主な好評点として、「E」グレードで40.8km/Lを実現する低燃費、
    低重心パッケージによるスタイル、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」等の安全装備の充実、
    プリウス初の4輪駆動の設定などが挙げられている。


    【【クルマ】トヨタ、新型「プリウス」が発売1カ月で約10万台を受注、目標の8倍 一部車種は納車まで最大7ヶ月待ち】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/12(火) 09:15:28.16 ID:CAP_USER.net

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2016detroit/20160112_738425.html
    no title

    no title


    https://youtu.be/OES-ns-_UOg


     レクサス(トヨタ自動車)は1月11日(現地時間)、2016年北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)
    においてプレスカンファレンスを開催。豊田章男社長が登壇し、新型ラグジュアリークーペ「LC500」を世界初公開した。
     豊田社長は英語でプレゼンテーション。あまり英語はうまくないがと語りつつも、「共通の言語として“クルマ”がある」といい、
    レクサスブランドの独立性に加え、技術に挑戦する姿勢を示した。

     最初に紹介されたのは、北米では初公開(2015年の東京モーターショーで世界初公開)となる燃料電池自動車「LF-FC」。
    2020年ごろの投入を目指すとした。
     次に豊田社長は、2012年のデトロイトモーターショーに出展したデザインスタディモデル「LF-LC」を紹介したあと、
    その進化形である新型ラグジュアリークーペ「LC500」を世界初公開した。日本での発売は2017年春ごろを予定している。

    LC500は、レクサス最強のパワーユニットであるV型8気筒 5.0リッターの「2UR-GSE」を搭載。
    最高出力は349kW(475PS)/7100rpm、最大トルクは530Nm(54.0kgm)/4800~5600rpmと発表された。
    そのパワーユニットにレクサス初となる10速ATを搭載。切れ味のよい変速を実現しているという。
     そのエンジンサウンドも素晴らしいと豊田社長は語り、エンジンサウンドの再生を行なった。
     プラットフォームは新規のFRプラットフォーム。フロント、リアともマルチリンクサスペンションとなり、
    フロントサスペンションタワー、フロントフェンダー、サイドドア外板などでアルミ素材を採用。
    ルーフ、ラゲージドア、サイドドア内側にCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を採用し、高剛性ボディながら軽量だという。
     ボディサイズは、4760×1920×1345mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースは2870mm。
    トレッドは前1630mm、後1638mmで、タイヤは、前245/40 RF21・後275/35RF21と、
    前245/45 RF20・後275/40 RF20の組み合わせ。記号から分かるようにランフラットタイヤを標準採用する。

     また、先進安全機能としては、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を採用。ミリ波レーダー
    とカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および
    被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」(PCS)、車線維持をサポートする「レーンキーピングアシスト」(LKA)、
    夜間歩行者の早期発見に寄与しロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」(AHB)、
    先行車との車間距離を保ちながら追従走行する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」
    の4つの機能がパッケージ化されている。


    【【クルマ】レクサス、新型ラグジュアリークーペ「LC500」を発表 2017年春発売】の続きを読む

    1: レジェンゴ ★ 2016/01/05(火) 10:15:01.23 ID:CAP_USER*.net

    トヨタ自動車は4日、インターネットに常時接続してデータをやりとりする「車載通信機」の搭載車両を拡大する方針を発表した。現在の対象は
    高級車にとどまっているが、米国で2017年のモデル切り替えから搭載率を高める。その後、米国以外でも拡大する。

    ラスベガスで6日から開かれる家電見本市「インターナショナルCES」に先立ち発表した。顧客は事故時に迅速なサポートを受けたり、
    最新の道路情報を入手したりすることが可能になる。搭載率の具体的な数値目標は明らかにしていない。

    トヨタは、米フォード・モーターの子会社が手掛ける、カーナビなどの車載機器とスマートフォンを連携させる技術方式を、同子会社などと
    共同で開発する方針も正式に発表した。(共同)

    http://www.sankei.com/economy/news/160105/ecn1601050022-n1.html


    【【経済】トヨタ、ネット常時接続車を拡大へ2017年米国から】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/27(日) 14:53:37.47 ID:CAP_USER.net

    http://economic.jp/?p=56652

     各自動車メーカーが開発を進めている自動運転だが、トヨタ自動車<7203>が
    その自動運転に適応する地図自動的に作成する技術を開発した。同社は、
    2016年1月6日~9日に米国ネバダ州ラスベガスで開催する2016 International CESにおいて、
    市販車に搭載しているカメラやGPSを活用して、自動運転の走行に必要となる高精度地図を
    自動的に生成する「地図自動生成システム」を展示する。
     このシステムは、カメラを装着した車両が走行中に収集した路面の画像データと位置情報を
    データセンターに集約し補正することで、自動的に広域の高精度地図データを作成。
    将来の自動運転車の走行に役立てるという。

     自動運転の実現のためには、自車位置情報、道路構造や交通ルール(制限車速や各種標識)
    を把握することが欠かせない。さらにその情報は、定期的に更新することが求められている。
    これまでは3次元レーザースキャナーを搭載した計測車両が実際に市街地や高速道路を走行
    しデータ収集していたため、地図の更新頻度が少なく、情報鮮度の高い地図は得られなかった。
    また、道路の白線や標識などは人手をかけて専用地図データを作成していたため、多大なコストがかかっていたという。

     今回開発したシステムは、豊田中央研究所が開発した空間情報の自動生成技術「COSMIC」
    を採用し、車両から収集した画像データとGPS信号から高精度地図データを生成する。
    車載カメラとGPSから収集するデータは誤差が大きいが、走行軌跡を高精度に推定する技術と、
    複数車両から収集した路面画像データを統合・補正する技術により、
    位置誤差を解消(直線路の場合で誤差5cm以内)。さらに情報収集に市販車両や
    既存インフラを活用することで、リアルタイムにデータ更新が可能で、かつ安価なシステム
    構築も可能となるとしている。
     システムは、トヨタが2020年頃に実用化を目指し開発中の自動車専用道路での自動運転で
    必要となる重要な要素技術の一つであり、将来的には一般道や道路上の障害物への対応など、
    機能を拡張していくという。また、高精度地図データの公共・民間サービスへの活用も視野に、
    地図メーカーとの連携も強化していく。
     
     これで、また自動車の自動運転が一歩近づいた。その実現は案外早いかもしれない。(編集担当:慶尾六郎)


    【【技術】トヨタ、地図を自動的に作成する技術を開発 自動運転車両に適応へ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/21(月) 22:17:24.26 ID:CAP_USER.net

    http://news.mynavi.jp/news/2015/12/21/476/
    no title

    トヨタ自動車は21日、TOYOTA GAZOO Racingが開発したコンプリートカー「86"GRMN"」の商談申し込みを、
    2016年1月4日から1月22日までの19日間にWeb限定で受け付けると発表した。発売は2月1日から、
    販売台数は100台限定で、応募多数の場合は抽選となる。なお、同車は幕張メッセで1月15日~17日の期間に
    開催される「東京オートサロン2016」に出展を予定。

    86"GRMN"は、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦を通じて得た知見をいかし、道を選ばず、走り出した
    瞬間から素直な車両挙動が感じられ、スポーツドライビングの楽しさを存分に味わうことのできるモデル。
    具体的には、吸排気系変更に加え、エンジン内部パーツの低フリクション化により、エンジンの応答性を向上。
    ギヤ比を近接(クロスレシオ)させた6速マニュアルトランスミッションと組み合わせ、その性能を最大限にいかした走りを実現する。
    CFRP素材のエンジンフードおよびトランクリッドとルーフパネルに加え、樹脂(ポリカーボネート)製のリヤウインドウ、
    クォーターウインドウ採用など2より、一層の軽量化・低重心化が図られている。
    さらに、補強材追加によるボディ剛性向上、サスペンションの専用チューニング、前後異径タイヤ採用、
    ブレーキ性能強化などが行われ、GRMNならではのクルマを「操る楽しさ」を提案する。
    デザインは、CFRP製大型リヤスポイラー、フロントスポイラー&バンパーサイドフィンなどの各種エアロパーツを、
    より空力性能に考慮した形状とし、力強さとスポーティ感を大胆に表現した。2名乗車仕様としたほか、
    専用スポーツシート採用やステアリングの小径化などドライバーの操作性を追求。ボディカラーは「ホワイトパールクリスタルシャイン」1色とし、
    内装色はブラックを基調としている。

    86"GRMN"の価格は648万円(税込)。

    no title

    no title

    no title


    【【クルマ】トヨタ「86"GRMN"」を100台限定発売 商談申し込みはWeb限定】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:57:53.949 ID:vz5B0Ilv0.net

    まともな知能あるならトヨタ乗るだろ


    【トヨタ車以外に乗ってる馬鹿wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/15(火) 09:10:33.39 ID:CAP_USER.net

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ14I3R_U5A211C1TI1000/

    トヨタ自動車が2014年12月に発売した燃料電池車(FCV)「ミライ」の国内での受注台数が、
    発売から1年で3300台超になったことが分かった。発売当初の国内の販売目標は年400台で、
    受注ベースでは計画に比べ8倍超となる。世界初の市販FCVとして、官公庁や企業、環境に関心の高い消費者が購入しているようだ。


    【【クルマ】トヨタ、、燃料電池車の「ミライ」 1年で受注3300台超 販売目標の8倍に】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/15(火) 12:50:36.11 ID:CAP_USER.net

    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=53196/
    no title

    no title

    no title


    4代目となった新型トヨタ『プリウス』は、デザインが好きだから買ったといってもらえることを目標にデザインされた。
    「3代目プリウスで拡販が図れたことから、4代目プリウスを世に出すときに何をもって
    ユーザーにアピールできるのかを最初に考えた」と話すのは、トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部第3デザイン室長の児玉修作さん。
    そこで、「クルマの土台となる環境性能、エコ性能といった技術の進化は絶対にないがしろにせずに
    デザインに取り込み、その上で、デザインで購入してもらえるような、エモーショナルなデザインをしたかった」と話す。
    そうすることで、「環境車といえども、デザインが好きだから買ったというユーザーを少しでも増やしたいと考えたのだ」と述べる。
    新型プリウスのデザインコンセプトは、“アイコニックヒューマンテック”だ。児玉さんは、「技術の進化を前面に押し出した、
    例えば多機能パソコンや、多機能電化製品などが全盛だった時代から、多機能の技術を内に秘めて、
    ユーザーが使いたいときにその機能を、直感で操作できるものが世に出てきている」と今の時代を語る。
    そこで4代目プリウスでもこの基本思想である、「人の感覚、直感を起点としたデザインを作り出そうと、
    アイコニックヒューマンテックというコンセプトを作り出したのだ」と説明した。



    【【クルマ】トヨタ・チーフデザイナー「新型プリウス、デザインで積極的に選ばれるクルマをめざした」】の続きを読む

    このページのトップヘ