トヨタ

    1: 2017/11/30(木) 19:29:16.27 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は2017年11月30日、2ドアクーペ「レクサスRC」および「レクサスRC F」を一部改良して発売した。また、RCに特別仕様車“Fスポーツ プライムブラック”を設定し、2018年2月1日に発売すると発表した。

    ■「Lexus Safety System+」が全車標準に

    今回の一部改良では、歩行者検知機能付き衝突被害回避・軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティ」や車線逸脱警告機能「レーンディパーチャーアラート」、アダプティブクルーズコントロールの「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付き)」などからなる予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を、全車に標準装備とした。また、ナビディスプレイを10.3インチに拡大したほか、ドライブモードセレクトには新たに「カスタム」モードを追加。パワートレイン、シャシー、空調の制御を個別に変更可能とした。

    RCでは、「RC350」の3.5リッターエンジンをより燃費性能に優れる「2GR-FKS」型に変更したほか、「RC200t」の名称を「RC300」に変更した。

    RC Fでは、ブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートを標準装備とした。ボディーカラーには新たに「ネーブルスイエローコントラストレイヤリング」を設定し、全8色展開としている。

    価格はRCがRC300の530万円から、「RC350“Fスポーツ”」の690万2000円まで。RC Fは標準車が982万4000円、“カーボン エクステリア パッケージ”が1059万4000円。

    ■内外装をブラックでコーディネートした特別仕様車

    特別仕様車“Fスポーツ プライムブラック”は、“Fスポーツ”をベースにボディーカラーを「グラファイトブラックガラスフレーク」、インテリアカラーを専用のブラック&オレンジステッチとし、ブラックを基調とした特別装備を採用したモデル。

    具体的には、漆黒メッキのスピンドルフレームグリル、マットクリア塗装の19インチアルミホイール、ブラックステンレスのウィンドウモール、職人が1本ずつ本杢を墨色に仕上げたステアリングホイールなどを装備する。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・RC300“Fスポーツ プライムブラック”:610万円
    ・RC300h“Fスポーツ プライムブラック”:654万円
    ・RC350“Fスポーツ プライムブラック”:708万円

    (webCG)

    2017.11.30
    http://www.webcg.net/articles/-/37759

    RC350 バージョンL
    no title

    RC F
    no title

    RC350 Fスポーツ プライムブラック
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【レクサスが「RC/RC F」を一部改良、特別仕様車も設定】の続きを読む

    1: 2017/11/27(月) 05:41:45.33 ID:CAP_USER9

    ハイエースの歴史がここに!トヨタが50周年の特別展示を開催
    財経新聞:2017年11月27日 00:20
    http://www.zaikei.co.jp/article/20171127/413313.html

    no title

    12月に発売されるマイナーチェンジされた「ハイエース」。(写真: トヨタ自動車の発表資料より)


     日本を代表し、世界でも活躍する便利なワンボックスは今年で50周年を迎えた。
    トヨタ自動車は同社を代表するワンボックスである「ハイエース」が50周年を迎えた特別展示を開催し、50年の歴史を歴代のハイエースと共に紹介する。
    開催場所は11月23日~12月3日にメガウェブ(東京都江東区)、12月5日~14日にトヨタ博物館(愛知県長久手市)となる。

     ハイエースが誕生したのは1967年。トヨタの小型トラック「トヨエース」の小型モデルとして誕生した。
    名前の由来はより優れた、高級という意味の「High」に、エース、最も優れたという意味の「Ace」から。
    初代ハイエースは「新時代の商用車」として開発されたが、2代目以降は「商用車でありながら、後ろに乗りたくなる車を」という考えをベースに、リアサスペンションにコイルスプリングの採用、パワースライドドア、ソファーのようなシートなどを装備。商用車でもありファミリーカーという二面性を兼ね備えた。
    これをきっかけにタクシーや福祉車両、バス、キャンピングカーなど様々な方面で活躍し、「何でも屋さん」のような存在として世界で活躍している。

     今回の特別展示は初代ハイエースバンに初代ハイエースコミューター、2代目ハイエースワゴン、3代目ハイエースワゴン、3代目ハイエースロングバン、4代目ハイエースワゴンの6台をレストアして展示。
    ハイエースの歴史を辿っていくパネル、歴代ハイエースのカタログも紹介する。ハイエース好きやハイエースにお世話になっていた人にはたまらない企画といえる。

     また、ハイエースが“楽しい車”であることを教えてくれる「ハイエースフィールド」を44店舗で設置。
    商用としてではなくアウトドアという新しい角度でハイエースの魅力を知ることが出来るコーナーだ。


    【歴代ハイエースがここに集合、トヨタ自動車が50周年の特別展示を開催】の続きを読む

    1: 2017/11/25(土) 17:12:36.56 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車のインドネシア法人、PTトヨタアストラモーターは11月23日、コンパクトSUVの新型『ラッシュ』を発表した。

    ラッシュは日本国内において、2006年に発売された小型SUV。ダイハツ『ビーゴ』のOEMモデルだった。2016年3月、日本国内での販売を終了。しかし、インドネシアなどの一部海外市場では、引き続き販売されてきた。

    今回発表された新型ラッシュは、同日、インドネシアでダイハツが発表した新型『テリオス』のトヨタ版。現地で人気の7名乗りの小型ミニバン、トヨタ『アバンザ』の車台をベースに開発された。

    エンジンは、「2NR-VE」型1.5リットル直列4気筒ガソリン。駆動方式はFR、トランスミッションは5速MTとした。ボディサイズは全長4435mm、全幅1695mm、全高1705mm。3列シートを装備しており、乗車定員は7名となる。

    no title

    no title

    no title


    配信2017年11月24日(金) 08時30分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/11/24/302892.html


    【トヨタ ラッシュ 新型、インドネシアで発表…ダイハツからOEMの小型SUV】の続きを読む

    1: 2017/11/23(木) 10:37:29.38 ID:CAP_USER9

    http://www.asahi.com/articles/ASKCP4Q3JKCPOIPE01J.html

     トヨタ自動車は21日、操縦者が自らの分身のように操れる新型ロボットを開発したと発表した。現時点で商品化の予定はないが、医療や介護の現場に加え、建設現場や被災地、宇宙空間での利用も視野に入れる。

     高さ1・54メートル、重さ75キロ。操縦者が、有線でつながる専用装置に乗り込んで手足を動かすと、それを滑らかに再現する。ロボが物を持ち上げると、重みは操縦者に伝わる。29日に東京ビッグサイトで始まる国際ロボット展で披露される。

     名前は、ヒト型ロボットの第3世代を意味する「T―HR3」。2005年の愛知万博に向けて開発した第1世代はトランペットを、07年の第2世代はバイオリンを演奏し、いずれも指先の器用さが特徴だった。(山本知弘)

    トヨタ自動車の新型ロボット「T-HR3」(右)と操縦システム(同社提供
    no title

    no title


    【【技術】まるで分身、トヨタが新型ロボ開発 操縦者の動きを再現】の続きを読む

    no title

    1: 2017/11/22(水) 16:40:13.75 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車の運転支援システム「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が2018年に第2世代に進化することが分かった。
    現行の上位モデルと同じ、単眼カメラとミリ波レーダーの組み合わせを選択する。検知対象として、夜間の歩行者との衝突回避や、ステアリング・ブレーキ・アクセルを自動で制御する機能などを追加する計画。

    新世代の投入で衝突回避の性能を一気に引き上げる。
    トヨタは、2… ※続く

    配信2017/11/21 6:30
    日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23542740W7A111C1000000/


    【トヨタの運転支援技術(トヨタセーフティセンス)が第2世代へ ステアリング・ブレーキ・アクセルを自動で制御】の続きを読む

    1: 2017/11/20(月) 18:31:05.04 ID:CAP_USER9

     トヨタ自動車は20日、全面改良した高級車ブランド「レクサス」の最上級セダン「LS」の受注が、10月19日の発売から1カ月で約9500台に上ったと発表した。月間販売目標(600台)の約16倍に当たり、好調な立ち上がりとしている。

     法人の購入が多く、企業が役員送迎に使うとみられる。個人の顧客は主に40~60代以上の男性で、レクサス所有者の乗り換え需要が中心に。

     LSにはハイブリッド車(HV)とガソリン車があり、受注の7割をHVが占めた。HVの事前受注を7月に始めたのに対し、12月18日から販売するガソリン車は10月に事前受注を始めたことが影響しているという。

    配信2017/11/20 17:30
    共同通信
    https://this.kiji.is/305259187624805473

    他ソース
    レクサス LS 新型、発売1か月で約9500台を受注---目標の15倍以上(2017年11月20日)
    https://response.jp/article/2017/11/20/302725.html

    no title

    no title


    【トヨタ、レクサス新型「LS」 受注9500台 月間目標の16倍】の続きを読む

    1: 2017/11/19(日) 13:45:38.15 ID:CAP_USER9

    2017年のSEMAショーにて、トヨタブースは「C-HR」&「カムリ」祭の様相を呈しました。日本以上にアメリカで人気という「カムリ」、実際のところどれほどの人気なのでしょうか。現地のディーラーにアポなし取材を敢行しました。

    ■アメリカでの「カムリ」人気の実際とは?

     2017年1月の「北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」で世界初公開となったトヨタ「カムリ」は2017年7月、日本とアメリカでほぼ同時期に販売が開始されました。10代目となる同車はそれまでの少し上の世代をターゲットとしたような落ち着いたイメージを払拭し、とってもカッコいいスタイルとなりました。日本のユーザーにはおおむね好評のようです。それでは、アメリカでの評価はどうなのでしょうか。

    「SEMAショー2017」トヨタブースにて。NASCARドライバーのカイル・ブッシュがカスタムを手掛けた新型「カムリ」(2017年11月)
    no title


     新型発売からおよそ5ヵ月が経過した2017年11月上旬、アメリカのラスベガスにて開催されたカスタムカーの一大イベント「SEMA(セマ)ショー2017」において、トヨタは新型「カムリ」の2018年モデルと、新たに投入された「C-HR」を中心にした出展を行いました。特に「カムリ」に関しては、標準モデルに加えてNASCARの契約ドライバー4名それぞれが手掛けた4種のクールなカスタムカーのほか、初代から10代目(現行)まで歴代「カムリ」を一堂に展示するなど、「大カムリ祭り」といえるほどの盛り上がりを見せていました。

     それもそのはず、「カムリ」は車王国アメリカで世界各国のセダンがしのぎを削るなか、15年ものあいだ、乗用車販売台数1位をキープしています。アメリカのユーザーは「カムリ」のどんなところに魅力を感じているのでしょうか。また、新型「カムリ」の評判はどのようなものなのでしょうか。ロサンゼルスのトヨタディーラーにて取材してきました。

    「SEMAショー2017」にて。初代から現行10代目までの「カムリ」がズラリ。
    no title

    米カリフォルニア州ガーデナ市のトヨタ車ディーラー、SOUTH BAY TOYOTA。
    no title

    新型「カムリ」の、日本では販売されていないスポーティグレード「SE」「XSE」がずらり。
    no title


     私(加藤久美子:自動車ライター)が訪れたのはロサンゼルス郊外ガーデナ市にある、SOUTH BAY TOYOTAというディーラーです。アポなしだったので、ダメ元で行ってみました。時間は17時を過ぎており、もう閉まっているのではないかと思ったのですが…グーグルマップの情報を見ると開店時間は21時までとなっています。半信半疑で行ってみると、駐車場もオフィスも煌々(こうこう)と明かりがついていて、オフィスには人影もいくつか見えます。私たちがゲスト用駐車場に車を停めると、なかからスタッフが出てきました。そこで、日本の自動車メディアで記事を書いていることや、アメリカでの「カムリ」ユーザーのことや新型「カムリ」への評価を知りたいということを伝えたところ、インターネットセールスの責任者であるジェイ・ソリアーノさんが対応してくれることになりました。フレンドリーな雰囲気の中、取材を快諾いただき、インタビューを開始しました。

    ■現地ディーラーに聞いた「カムリ」の実際のところ

    >>2以降に続く

    配信2017.11.19
    乗り物ニュース
    https://trafficnews.jp/post/79052


    【米国の「カムリ」人気はなんなのか? 現地トヨタディーラーに聞いた実際のところ】の続きを読む

    1: 2017/11/18(土) 16:05:27.79 ID:CAP_USER9

    トヨタ「MIRAI」の広告看板が大気を浄化!FCVのクリーン性能をアピール
    2017/11/18 08:03
    https://clicccar.com/2017/11/18/533045/
    no title


    トヨタ自動車が水素燃料で発電、モーターで走行するFCV「MIRAI(ミライ)」のプロモーションの一環として、「空気をキレイにする看板」を製作。
    東京・名古屋・大阪の3都市に設置し、来年までの1年間に渡って大気を清浄する珍しい取り組みを開始しています。

    看板自体に「光触媒」の特殊コートを施すことで、塗布面積1㎡あたり22.2mg/日のNOx(窒素酸化物)を除去する機能を有しており、期間中に乗用車約5,840台分相当の空気清浄効果を発揮するそうです。

    ちなみに「光触媒」は、太陽や蛍光灯などの光の力を利用して、身の回りの有害な微生物や化学物質を分解・除去することが可能な技術で、
    今回活用する光触媒の「大気浄化機能」では、光化学スモッグの原因となる大気中の「NOx」等を吸着して無害化。

    そのメカニズムは、光触媒効果により活性酸素が発生、光触媒に付着したNOxを酸化することで硝酸イオンや硫黄酸イオンに変え、大気中のアルカリ物質により中和させるというもの。

    一方、FCV「MIRAI」は水素燃料を大気中の酸素と反応させてFCスタックで発電しながらモーターで走行するCO2を一切排出しない電動車両で、水素充填時間や航続距離ではガソリン車と同等の利便性を実現しています。

    同車の広告看板にも「大気浄化」機能を持たせることで、FCV「MIRAI」のさらなるイメージアップを図ろうというのが、今回の取り組み趣旨のようです。
    no title

    no title

    no title


    【トヨタ自動車が「空気をキレイにする看板」を製作…FCVのプロモーションの一環で】の続きを読む

    1: 2017/11/15(水) 17:54:04.10 ID:CAP_USER

    トヨタ自動車は11月15日、『プリウスPHV』のEVヒューズに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは2011年11月18日~2015年1月8日に製造された2万0442台。

    駆動用バッテリのハイブリッドシステム保護用ヒューズ(EVヒューズ)の容量が不適切なため、高負荷運転を繰り返すとヒューズが疲労断線することがある。そのため、警告灯が点灯し、最悪の場合、ハイブリッドシステムが停止して走行不能となるおそれがある。

    改善措置として、全車両、EVヒューズを対策品と交換する。

    不具合は1件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
    no title


    toyota.jp アフターサービス | リコール等情報 | 2017年 | プリウスPHVのリコール
    https://toyota.jp/recall/2017/1115_2.html

    2017年11月15日(水) 15時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2017/11/15/302533.html


    【【リコール】ハイブリッドシステム停止! トヨタ プリウスPHV 2万台が走行不能になるおそれ】の続きを読む

    1: 2017/11/14(火) 17:55:38.27 ID:CAP_USER

    no title

    2016年に日本での販売を終了していた、トヨタのコンパクト・クロスオーバーSUV『RAV4』が、2019年にも登場すると言われる次期型で、日本市場に復活する可能性があることが分かった。海外からの情報を元にレスポンスの兄弟サイトSpyder7では、期待を込めた予想CGを制作した。

    1994年に誕生したRAV4は、クロスオーバーSUVの元祖として人気を博し、後にホンダ『CR-V』や日産『エクストレイル』誕生のきっかけとなったと言われている。しかし後続勢に押され、2005年発売の3代目を最後に惜しまれつつも日本国内販売を終了していた。

    現行モデルは海外専用となっており、現在は欧州、北米、南米などで販売されているが、日本への導入はおこなわれていない。しかし、スクープを入手した海外エージェントによると、2019年にも登場が予想される次期型が、満を持して日本市場へ投入される可能性が高い、とレポートしている。

    情報を元に制作した今回のCGでは、アーバンチックな『C-HR』に対して、クロスオーバー的“ボクシー”なシルエットを全面に出した。タイヤハウスに膨らみを持たせ、迫力とハードさをアピール。フロントは、海外で販売されている現行型からやや押し出し感を強調。左右には大型吸気口、クラウンにも採用されたV型のウイングバーを配置。ライトは3連LEDとした。

    次期型では『プリウス』などに採用されている「TNGA」プラットフォームを採用すると見られ、パワートレインは、新型『カムリ』にも搭載されたA25A型、直列4気筒ガソリンエンジン「Dynamic Force Engine」やハイブリッドモデルが有力だという。

    日本市場への再投入と言えば、ホンダCR-Vが販売終了からわずか1年で復活することが発表されたばかり。それだけにRAV4再投入への期待も高まる。
    https://response.jp/article/2017/11/14/302468.html


    【【トヨタ】RAV4、SUVブームの火付け役が3年ぶり日本復活か?】の続きを読む

    114_o

    1: 2017/11/04(土) 10:30:54.16 0

    DQNカー代表プリウス
    しかしプリウス擁護派の言い分では絶対数が多いからプリウスが目立つだけだと言う

    ではその絶対数がはるかに多い軽自動車と比べるとどうだろう?

    はたしてプリウスはDQN王座を守り抜けるか?


    【プリウスvs軽自動車 どちらがマナー悪い?】の続きを読む

    401182cf0

    1: 2017/11/07(火) 22:45:08.43 ID:8tzLp28O0 BE:971283288-PLT(13000) ポイント特典

    トヨタ、自社株買い2500億円と上場廃止申請を発表
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2322277007112017TI1000/

    トヨタ自動車は7日、普通株式4500万株(発行済み株式の1.5%)、
    取得金額で2500億円を上限とする自社株買いを実施すると発表した。
    11月14日から2018年3月30日まで、信託方式で市場から買い付ける。
    実質的な株主還元を意識し、資本効率向上も狙う。

     また同日、福岡証券取引所と札幌証券取引所に対し、
    株式の上場廃止を11月中に申請すると発表した。


    【トヨタ、上場廃止申請を発表 ・・・あっ(察し)】の続きを読む

    このページのトップヘ