トヨタ

    1: 2018/09/03(月) 23:58:39.39 ID:CAP_USER9

    no title


     エコカーにはEVのほか、モーターとエンジンを併用したハイブリッド車(HV)や、水素で走る燃料電池車(FCV)がある。「電動車」とも呼ばれ、その“本命”の行方は混沌(こんとん)としている。トヨタ自動車は全方位のエコカー戦略を推進するが、投資負担は重く、これまで以上に緻密な経営戦略が求められている。

    ■HVもFCVも

     充填(じゅうてん)した水素と酸素を化学反応させて発電し、水だけしか排出しないことから、「究極のエコカー」と呼ばれるFCV。世界初の量産車「MIRAI(ミライ)」を2014年に投入したトヨタは今年、FCV増産に向けた準備に入った。愛知県で基幹部品の生産設備の新設に着手し、現在、年3千台程度のFCV販売を10倍以上に増やす。同社は「FCVが広がるためには、20年代には本格的な普及期に入ることが必要だ」と説明する。FCVはホンダも投入している。

     トヨタの中国本部長を務める小林一弘専務役員は「環境戦略を全方位で、着実に進めていく」と話す。「プリウス」などのHVを得意とするほか、EVとして走行し、電池が切れてもエンジンで走るプラグインハイブリッド車(PHV)も投入済み。EVに関しても、HVで培ったモーターなどの技術が応用できるとしており、20年代前半には世界で10車種以上を投入する。

    ■エンジン搭載車75%

     トヨタは昨年12月、EV開発を視野に車載電池の分野でパナソニックと提携。豊田章男社長は会見で、「当社は電動化のフルラインメーカーで優位性がある」と強調した。30年頃に世界販売台数の約半数を電動車にする方針を明らかにした。具体的には、電動車550万台以上を販売するとして、内訳はHVとPHVを合わせて450万台、EVとFCVを合わせて100万台に設定した。

     デロイトトーマツコンサルティングの試算では、HVを含め、エンジン搭載車は30年でも75%超を占める見通し。電動車の研究開発を進めながら、従来技術もおろそかにできないことを示す。他にも自動運転やコネクテッドカー(インターネットでつながる車)などにも経営資源を割かなければならず、トヨタの設備投資と研究開発の費用は合わせて年2兆円超と巨額だ。

     トヨタはマツダとEVの基幹技術を開発する合弁会社を設立し、スズキやSUBARU(スバル)もこれに参加。競争する各社が分野によっては協調し、投じる経営資源を抑える-。こうした動きは今後も活発化しそうだ。

    2018.9.2 22:01
    産経ニュース
    https://www.sankei.com/economy/news/180902/ecn1809020006-n1.html


    【エコカー戦略、トヨタは「全方位」対応 燃料電池車増産へ 販売半数を電動化】の続きを読む

    1334166

    1: 2018/09/01(土) 11:08:43.49 ID:CAP_USER9

    トヨタ『プリウス』現行モデルに大幅テコ入れか。
    2015年12月に登場した現行モデルが、約3年を経て改良されるとの情報が入ってきた。
    大きな燃費向上はなさそうだが、デザインが大きく変わるという。

    現行プリウスは、発売当初こそ堅調な売れ行きを見せるも、2017年に入ると安定せず、ジワリ右肩下がりとなっている。
    往時には販売首位を独走し、ハイブリッドの代名詞となったプリウスだが、
    同門の『アクア』にその座を譲って以降、2018年7月時点で販売台数トップ10圏外(9957台)となっている。
    台数としては決して少なくないが、先代の大ヒットからするとやはり物足りなさを感じる。

    その原因の一つと見られているのが、賛否両論があるフロントマスクだ。
    そこで今回のフェイスリフトでは、エクステリアを中心に改良、販売台数の巻き返しを図るとみられる。

    Spyder7編集部では、入手した情報を元に改良新型の予想CGを制作した。フロント部はヘッドライトのデザインを変更。
    癖の強い異形から、『プリウスPHV』に近いシャープなデザインの3連LEDヘッドライトに変更。バンパー両サイドの開口部も大柄なものにし、ライト類を埋め込んだ。
    またサイドはフロント、リア部分に膨らみを持たせ、ワイド感を強調している。

    リアビューも変わりそうだ。テールライトのグラフィックが変更され、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)の採用も期待出来るかも知れない。

    大きく進化を見せるエクステリアに対しパワートレインに大きな変化はないようだ。
    1.8リットル直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドがキャリーオーバーされる。

    燃費が現在の40.8kmから、50km程度まで向上すると予想する海外メディアもあるが、そこまでの向上はないだろう。
    しかし軽量化などにより、若干の燃費アップは期待出来るかも知れない。

    また安全面では、最新世代の「トヨタセーフティセンス」が搭載される可能性が高い。
    衝突危機が迫ると強力なブレーキアシストが作動する「プリクラッシュセーフティ」、急な車線変更をすると、
    ブザーとディスプレイで知らせる「レーンディパーチャーアラート」を始め、「レーントレーシングアシスト」などの機能がドライバーをアシストする。

    ワールドプレミアは、2019年1月とレポートされているが、2018年12月に早まる可能性もある。

    https://response.jp/article/2018/08/31/313517.html


    【トヨタ「プリウス」、賛否両論があるデザインを大幅変更か…売上右肩下がりでテコ入れへ】の続きを読む

    1332834

    1: 2018/08/28(火) 09:34:26.21 ID:SrjvZDH20 BE:468394346-PLT(15000)


    トヨタ自動車は、コネクティッドサービス「ハイブリッドナビ」に対応したT-Connectナビの新モデルを
    9月3日より発売する。また、12月にはエントリーナビの新モデル1機種の発売も予定している。

    トヨタ自動車は、6月26日に発表した新型『クラウン』および新型車『カローラ スポーツ』から、
    車載通信機(DCM)を全グレードに標準搭載。コネクティッドカーの本格展開を開始した。
    今回、T-Connectナビの新モデルを投入することで、より多くのユーザーに「安全・安心」、
    「快適・便利」なカーライフを提供する。

    新モデルでは、コネクティッドサービスとして、「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」の
    最新の地図データと、MSPFに蓄積されている道路交通情報等のビッグデータをもとに、
    より最適なルートを探索し、結果を通信でナビ車載機に配信。また、
    車両から取得した走行データに基づき、毎月の安全運転の度合いを保険料割引に
    反映させる走行データ連動型の自動車保険を提供する。

    https://response.jp/article/2018/08/27/313359.html


    【トヨタ自動車 T-Connectナビの新モデルを9月3日より発売】の続きを読む

    h

    1: 2018/08/27(月) 18:58:02.07 ID:CAP_USER

     デンソーやアイシン精機などトヨタ自動車のグループ4社は27日、自動運転の普及に向けた統合ECU(電子制御ユニット)ソフトウエア開発を担う新会社を設立すると発表した。2019年3月の設立を目指す。

    新会社を設立するのは電装品に強いデンソーと変速機などの駆動部品を手掛けるアイシン、ステアリングのジェイテクト、アイシン子会社でブレーキ事業を手掛けるアドヴィックス(愛知県刈谷市)のトヨタ系の4社。出資比率はデンソーが65%、アイシンが25%、ジェイテクトが5%、アドヴィックス5%。

     併せて、デンソーとアイシンは同日、電動化の駆動モジュールの開発・販売の新会社を19年3月に設立すると発表した。出資比率は両社で50%ずつ。
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL27HXF_X20C18A8000000/


    【トヨタ系4社、自動運転技術の新会社 19年3月に】の続きを読む

    rr

    1: 2018/08/21(火) 11:11:47.85 ID:M920l1JO0● BE:324064431-2BP(2000)


    【トヨタ・クラウン試乗】オーナーの平均年齢が70歳超のクラウン。
    若返りをねらった新型の出来はいかに?

    1955年に初代が登場したトヨタのクラウンは、じつに60年以上の歴史を誇る日本を代表する高級車です。

    しかし、トヨタは困った問題を抱えています。クラウンの歴史と同じようにオーナーの年齢層もスライド。クラウンオーナーの平均年齢は70歳を超えているといいます。

    そうしたなか、新型となる15代目はオーナーの若返りをねらって登場しました。

    その手法はというと、まずクルマそのものをスポーティにする。次にコネクティッド関係を充実させて若者の使い勝手にマッチしたクルマにする、などが挙げられます。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15175092/


    【トヨタ 「クラウンのユーザー平均年齢が70代と高く困ってる。もっと若い層にも売りたいんだが・・・」】の続きを読む

    1: 2018/08/21(火) 12:19:33.47 ID:CAP_USER

    no title


    ホンダのバイクにまたがる豊田章男会長

     「自らが動くことで注目を集め、バイクに情熱を傾けている多くの方々をプロモートし、楽しさを知ってもらうことが大事」。日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、東京・秋葉原で開いたイベント「バイクの日スマイル・オン2018」でこう語った。

     スマイル・オン2018当日はホンダやヤマハ発動機、川崎重工業、スズキの国内2輪車メーカーが最新モデルを展示し、会場は家族連れなどが訪れた。ホンダの担当者は「若者の集まる秋葉原でバイクの魅力を発信できる良い機会」と2輪販売の好機と捉える。


     自工会によると、17年の2輪車の国内販売台数は35万7264台。最盛期に比べると10分の1程度に落ち込んでいるが、明るい兆しもある。自工会の二輪車特別委員会の日高祥博委員長(ヤマハ発動機社長)は「趣味向けの排気量250ccクラスのスポーツバイクは若い人が増えている」と指摘する。

     また、自工会の統計では、17年の同126ccから同250ccまでの軽2輪車販売台数は、前年比42・3%増の5万7451台。同251cc以上の小型2輪車も増加した。若い頃にバイクに乗り、40―50代で再び乗り始める「リターンライダー」も増えているという。原付2種免許(AT小型2輪)の取得が最短2日となった道路交通法施行規則の改正も「より気軽に免許が取れるようになり、追い風だ」(村上茂スズキ二輪事業本部二輪日本課課長代理)とみる。

     豊田会長は2輪車と4輪車の“融合”にも期待を示す。「(2輪業界には)自信を持ってほしい。バイク4大メーカーがある日本で盛り上げたい気持ちは私だけでない」とエール。20年の東京五輪・パラリンピックも見据え、2輪車の新たな魅力発信にも尽力する。

    https://newswitch.jp/p/14143


    【トヨタ社長がホンダのバイクに乗る「日本で盛り上げたい」】の続きを読む

    w

    1: 2018/08/18(土) 14:55:20.78 ID:/omYK64D0

    トヨタに267億円支払い命令、座席不具合-米テキサス州陪審

    米テキサス州ダラスの州地裁陪審団は17日、ダラス在住の夫妻の幼児2人が2016年に起きた02年型レクサスES300の追突事故で重傷を負った原因は、
    同車の前部座席の不具合にあったとして、トヨタ自動車に2億4200万ドル(約267億円)の支払いを命じる評決を下した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-57343714-bloom_st-bus_all


    【【悲報】トヨタ、アメリカで267億円の賠償命令!!!絶望の淵へwww】の続きを読む

    1: 2018/08/16(木) 16:02:02.60 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は中国・天津にある現地合弁との工場で生産能力を増強する。
    環境への影響が少ない「新エネルギー車」と呼ばれるプラグインハイブリッド車(PHV)などの生産を増やし、中国での販売拡大を目指す。

      中国・天津市の現地当局は、トヨタと現地合弁相手である第一汽車集団が既存工場の設備を刷新し、年間の生産能力を12万台分増強するとウェブサイトで明らかにした。
    12万台分の内訳はPHV11万台で電気自動車(EV)が1万台。
    投資額は17億6200万元(約281億円)で9月10日から来年3月30日にかけて工事が行われる。

      トヨタは世界最大の自動車市場となった中国での事業展開に遅れ、独フォルクスワーゲンや米ゼネラル・モーターズのほか、日産自動車など国内の競合にも販売面で差をつけられていたが、今回の能力増強を含めて巻き返しを図る。
    事情に詳しいトヨタ関係者2人によると、トヨタは今年5月に中国の李克強首相が同社の北海道の拠点を視察したことなどを契機に、中国事業に対して積極姿勢に転じたという。

      トヨタ広報担当のジャンイヴ・ジョー氏 は「トヨタは中国をグローバルでの重要地域と位置付けており、中国事業加速に向けた体制強化を検討している」としたうえで、現時点では具体的にはコメントできないと電子メールで回答した。

    no title


    Bloomberg
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-16/PDJ7246S972801


    【トヨタが中国への投資加速、天津工場での生産能力を年12万台増強】の続きを読む

    fig1

    1: 2018/08/16(木) 15:41:35.40 ID:CAP_USER

    トヨタ自動車が2020年代前半に実用化を狙う全固体電池――。その骨格が、日経 xTECH/日経Automotiveの取材で明らかになった。基盤となるのは、全固体電池のセルの内部抵抗を下げる技術。それにより、出力密度が低く、電気自動車(EV)用途しては実用化が厳しいとみられていた全固体電池の実用化への道を開いた。出力密度が低いと、電池セルの設計上でトレードオフの関係にあるエネルギー密度も上げられず、道は閉ざされていた。

     同社は同基盤技術によって、全固体電池セルの体積出力密度を約2.5kW/Lに引き上げた。同時に、同体積エネルギー密度を2010年ごろのリチウムイオン電池(LIB)セルの2倍に相当する約400Wh/Lまで高めることに成功した(図)。そのセル性能は現状の先端のLIBには確かに及ばない。だが、同社電池生技開発部主査の岩瀬正宜氏によれば、現在はLIB超えを前提に実用化に向けた開発を進めている。同社はまず、同技術を基盤に2020年代前半に数量を絞った形で全固体電池の実用化を目指す。大量生産技術の確立はその先の目標とする。

    2020年代前半の実用化に向けて、同社が念頭に置くのは、固体電解質の中でもイオン伝導度が高いとされる硫化物系の固体電解質を使う全固体電池である。正極や負極の材料には、当面は現行のLIBで主流の活物質を活用する考え。具体的には、正極は層状酸化物系〔コバルト酸リチウム(LCO)、ニッケル-マンガン-コバルト酸リチウム(NMC)、ニッケル-コバルト-アルミニウム酸リチウム(NCA)など〕を想定する。負極は炭素系などを候補と考えているようだ。

     同社が全固体電池の実用化に力を入れるのは、EV用電池パックの体積エネルギー密度を既存のLIBの「少なくとも2倍に高められる」(岩瀬氏)こと、および急速充電時間を大幅に短縮できる可能性を持つからだ。現行のEVは、エンジン車と比べて車両価格が高く、給油・充電1回当たりの航続距離が短く、燃料・電力の補充に時間がかかり、それが本格普及の妨げになっている。全固体電池はこのうちの後者二つを大きく改善する可能性を持つ。
    https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00830/


    【【EV】トヨタの全固体電池、実用化に道開く基盤技術が明らかに】の続きを読む

    1: 2018/08/15(水) 20:48:57.94 ID:CAP_USER9

    no title

    no title

    no title

    no title


    ■デザインのチカラで「若者のクルマ離れ」問題に取り組む

     株式会社バンタンが運営する総合エンターテイメントスクール「バンタンゲームアカデミー大阪校」と「トヨタカローラ大阪株式会社」は、産学協同プロジェクトを実施しました。

     このプロジェクトは、デザインのチカラで『若者の車離れ』に取り組むべく、トヨタカローラ店で販売される人気14車種を擬人化し、オリジナルの美少女キャラクターを制作するというものです。学校内で集まった、多数の作品から学内審査会を開催し、制作したキャラクターのコンセプトなどを発表するプレゼンテーションを行ない、優秀作品が決定しました。

    『若者の車離れ』に関する問題は、『2017年度乗用車市場動向調査(日本自動車工業会調べ)』によると、クルマを保有していない10代から20代の社会人では、“車に関心がない人”の割合が57%、“車を買いたくない人”も54%と全体の半数を上回っています。

     今回のプロジェクトを実施する背景について、株式会社バンタン メディアマーケティング部にお話を伺いました。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180813-10333655-carview/


    【【話題】若者のクルマ離れにSTOPを トヨタカローラ店の人気14車種を擬人化wwwww】の続きを読む

    lk

    1: 2018/08/10(金) 15:05:50.71 ID:CAP_USER9

    やっぱり新型クラウンじゃなきゃダメ! 日本のオヤジが同価格でもアウディやBMWを選ばないワケ

    ■雰囲気は保守的でも代々先進の中身が与えられてきた

     2018年6月にフルモデルチェンジしたトヨタ・クラウンが好調だ。
     発売一カ月での初期受注は約3万台、7月の販売台数でも7,225台(自販連調べ)と好スタートを切っている。

     トヨタのFRプラットフォームとしては初のTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用してドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えられた優れたフットワーク、ハイパワー版と省燃費という2種類のハイブリッドを用意しつつダウンサイジングターボもラインアップするという最新トレンドを満たした3つのパワートレインなどなど、クラウンという名前にふさわしい充実したフルモデルチェンジとなったことも、こうした好調の要因だろう。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    WEB CARTOP 2018年8月10日 11時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15139728/


    【やっぱりクラウン! 日本のオヤジが同価格でもアウディやBMWを選ばないワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ