トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    家族がアルファード

    1: 2022/05/31(火) 22:15:38.32 ID:gIe3FNFW0

    どうやってるんや?


    【田舎の高卒ヤンキー家族がアルファードに乗れる理由wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/06/10(金) 08:19:11.91 ID:nnCeWaYPM

    うおおおおおおおお!!!!
    no title

    no title


    【【懐かし】トヨタカローラ夏セールが来る!「カローラ98万円」「カムリ172万円」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ハイブリッドZ

    1: 2022/06/09(木) 08:06:40.49 ID:fQ2/YX6t0

    ハイブリッドZでええわ


    【車はトヨタのヤリスクロスで充分満足できるわwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sienta

    1: 2022/06/08(水) 21:13:21.65 ID:RQfmF2q90● BE:423476805-2BP(4000)

    トヨタ・シエンタのフルモデルチェンジが迫っている。
    (画像は従来型シエンタ)

    現時点で想定されるスケジュールをまとめておく。

    ・2022年6月下旬…事前予約(商談の予約)の受付スタート
    ・2022年7月頃…商談スタート、価格判明
    ・2022年8月頃…正式発表、発売日

    従来型シエンタは2015年にフルモデルチェンジされたが、その翌年2016年の年間販売台数として125,832台の実績を残した。
    国内需要が多い人気車種であることから、新型も多数のオーダーが集まることになるだろう。
    半導体など自動車部品の供給体制が不安定ななか、納期が長期化することが予想され、長く待てないというユーザーは、新型シエンタの発売に向けて早めに動いていくことが必要となりそう。

    ■新型シエンタも5人乗り、7人乗りの設定を継続
    新型シエンタのシート配列と乗車人数は、2列シート5人乗り、3列シート6,7人乗りが設定される見込み。
    (つづきあり)
    https://car-research.jp/sienta/fmc-2.html


    【【トヨタ】「シエンタ」フルモデルチェンジ直前、2022年6月下旬事前予約スタート、8月発売予想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタのC-HR

    1: 2022/06/05(日) 17:30:41.50 ID:Ey1WdlHgd

    一時期アホみたいに走ってたのに


    【トヨタのC-HRとかいう車、ガチのマジで見かけなくなるwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    dd

    1: 2022/06/04(土) 11:13:53.34 ID:JQ/pmIMF0

    トヨタ自動車は、水素をエンジンで燃焼させて走る開発中の「水素エンジン車」について市販を目指す方針を明らかにしました。走行時に二酸化炭素がほとんど出ず、脱炭素社会に向けた車として、EV=電気自動車などの電動車とは別の新たな選択肢となるかが焦点です。

    具体的な時期は未定だとしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220603/k10013656861000.html


    【トヨタ、水素エンジン車を市販する方針だと判明!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    gg

    1: 2022/06/03(金) 13:15:43.90 ID:Jj+bFgml9

     最近はコンパクトなSUVや、コンパクトカーをSUVライクに仕立てた機種が人気だ。そんな中でも、ダイハツ ロッキーのOEMであるトヨタ ライズが絶好調だという。

     その人気の秘訣はなんだろうか?理由を4点ピックアップして解説してみた。

    ■ライズがヤリスクロスを追い抜いた理由とは?

     今はSUVが人気のカテゴリーになった。そのなかで最も多く売られている車種がライズだ。2022年1~3月の1カ月平均登録台数は1万台に達する。2位はヤリスクロスで、2022年1~3月の1カ月平均は8767台、3位はカローラクロスで7057台になる。

     ちなみに2021年(暦年)のSUV販売ランキングは、1位がヤリスクロスで1カ月平均は8667台、2位はライズの6823台、3位はカローラクロスの5080台(9月の発売後3カ月半で計算)であった。2021年はヤリスクロスが優勢だったが、2022年はライズが追い抜いた。

     ライズの売れゆきがヤリスクロスを抜いた背景には、4つの理由がある。

    ■安価で実用性が高い。ハイブリッドもある

     ひとつ目の理由は、ライズが数少ない5ナンバーサイズのSUVで、外観などは少々地味ながら、飽きのこないクルマに仕上げたことだ。発売直後の売れゆきは、外観の目立つヤリスクロスが急増したが、需要が下がるのも早い。その点でライズは、価格が安く実用的だ。発売直後の台数はヤリスクロスより少なくても、その後の需要を長く保ちやすい。

     ふたつ目の理由は、2019年にライズが発売された後、2021年11月にハイブリッドを加えて、ノーマルエンジンもマイナーチェンジを実施したことだ。

     ライズのハイブリッドは、エンジンが発電機を作動させ、駆動はモーターが行う。日産のe-POWERと同じ方式だ。しかもZ同士で価格を比べると、ハイブリッドと1.2Lノーマルエンジンの差額を28万9000円に抑えた。加えて購入時に納める税額は、ハイブリッドが2万4100円安いから、実質差額は約26万5000円に縮まる。

     この割安感も注目され、ライズではハイブリッドが人気を高め、今では販売総数の約55%を占める。つまりハイブリッドの追加により、ライズの売れゆきが押し上げられた。2022年1~2月におけるライズの登録台数を見ると、前年に比べて20~25%増えた。ハイブリッドの設定により、ライズはSUVの販売1位になった。

    https://bestcarweb.jp/feature/column/429737


    【ヤリスクロスをも抜いた!トヨタ最小プチSUV、ライズが売れる4つの理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタが高性能モデル「GRカローラ」

    1: 2022/06/02(木) 20:48:46.01 ID:+N9gpCjq9

    TOYOTA GAZOO Racingは2022年6月1日、同年4月に米国カリフォルニア州で発表された「GRカローラ」の国内仕様車を世界初公開した。グレード名は「GRカローラRZ」で、同年秋ごろの発売が予定されている。

    同モデルは「カローラ スポーツ」をベースに、ボディーおよびシャシーの剛性を高め、「GRヤリス」にも採用された1.6リッター直3ターボエンジンやスポーツ4WDシステム「GR-FOUR」を搭載するなどした高性能モデル。開発に際しては、トヨタ社内のマスタードライバーでもある豊田章男社長や、石浦宏明選手をはじめとするプロのレーシングドライバーの走り込みを経ており、「ドライバーと対話のできるクルマ」「ずっと走らせていたくなるスポーツカー」に仕上がったとアピールされる。

    GRカローラRZの主なスペックは以下のとおり。価格については、現時点では明らかにされていない。

    ・ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1850×1480(アンテナを含む。ルーフ高は1455)mm
    ・ホイールベース:2640mm
    ・トレッド:(前)1590mm/(後)1620mm
    ・車重:1470kg
    ・駆動方式:4WD
    ・エンジン:1.6リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
    ・トランスミッション:6段MT(iMT)
    ・差動装置:(前)トルセンLSD/(後)トルセンLSD
    ・最高出力:304PS(224kW)/6500rpm
    ・最大トルク:370N・m(37.7kgf・m)/3000-5550rpm
    ・サスペンション:(前)マクファーソンストラット式/(後)ダブルウイッシュボーン式
    ・ホイール:BBS製鍛造アルミホイール(センターオーナメント付き)
    ・タイヤ:(前)235/40R18/(後)235/40R18(ヨコハマ・アドバン アペックスV601)

    2022年冬ごろには、このGRカローラRZをベースに一段と走行性能を高めた限定車「GRカローラ モリゾウエディション」も発売される予定だ。(webCG)

    2022.06.01
    https://www.webcg.net/articles/-/46442

    世界初公開! トヨタGRカローラRZ/GRカローラ モリゾウエディション説明会
    https://youtu.be/L6KschEVpXo


    関連記事
    さらに速く野生的に 限定車「トヨタGRカローラ モリゾウエディション」がデビュー
    https://www.webcg.net/articles/-/46447


    【【トヨタ】高性能モデル「GRカローラ」の日本仕様車を世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/06/01(水) 21:13:35.72 ID:Gd0ycrXi9

    トヨタ自動車は2022年6月1日、レクサスブランドのSUV「RX」の新型を世界初公開した。日本での発売は、同年秋ごろになる見込み。

    ■ボディーサイズは変えずにリファイン

    今回発表された新型は、レクサスRXとしては5代目にあたるモデル。現行型(4代目)が2015年4月にデビューして以来のフルモデルチェンジで、「ラグジュアリーSUV市場のパイオニアにして、レクサスブランドをけん引するグローバルコアモデルであるからこそ変革に挑戦し、全面刷新を遂げた」とアピールされる。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2022.06.01
    https://www.webcg.net/articles/-/46426

    レクサス RX
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【レクサス】新型「レクサスRX」は2022年秋発売 新たな高性能モデルも導入 !】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    l

    1: 2022/05/31(火) 08:11:30.691 ID:S1lCa1sUd

    値段だけ


    【レクサスがマツダに勝っている所wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カローラクロス

    1: 2022/05/30(月) 20:35:49.47 ID:oirBnJCk0

    おしえて


    【【急募】カローラクロス諦めたワイにオススメの車wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ccc

    1: 2022/05/28(土) 21:27:57.39 ID:ZuWnudXv0● BE:423476805-2BP(4000)

    アルファードのフルモデルチェンジは2023年の中頃の実施が予想される。

    トヨタではミニバン車種に対する、TNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャ)導入のフルモデルチェンジが進められている。
    2022年1月には中型ミニバンの新型ノア/ヴォクシーが発売となり、続いて2022年7月には小型ミニバンのシエンタがフルモデルチェンジ発売される計画だ。
    この流れはさらに大型ミニバンのクラスへと波及することになり、アルファードは次期型40系へと進化する。

    40系に採用されるプラットフォームについては、GA-Kのホイールベース延長版となる見込み。そしてパワートレインもこれまでのGA-K車種と共用されることになるだろう。

    エントリーモデルに搭載される2.5L NAエンジンは、40系ではダイナミックフォース世代のA25A-FKS型に刷新。またハイブリッド版であるA25A-FXS型も用意され販売の主力となるはず。さらにA25A-FXS型のPHV仕様も次期アルファードで設定が期待されるモデルの一つである。そして、V6エンジン搭載モデルについては廃止となることが予想される。

    ■次期アルファードの価格は、値上がりが避けられない
    (続きあり)
    https://car-research.jp/alphard/turbo.html


    【【トヨタ】「アルファード」フルモデルチェンジ発売日2023年中頃、全ミニバン車種を一新へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ社長

    1: 2022/05/26(木) 06:21:54.40 ID:0IjTgF/K0

    EVだけでいいよね


    【トヨタ社長、EVも燃料電池もプラグインハイブリッドも「全部本気だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ccc

    1: 2022/05/23(月) 22:07:32.69 ID:5UgBt0TV0● BE:423476805-2BP(4000)

    トヨタ・ランドクルーザープラドの180系へのフルモデルチェンジは、2023年中盤以降に実施されることが予想される。(写真は150系プラド)

    プラドシリーズの2022年のスケジュールは、8月2日に一部改良と特別仕様車の更新が予定されている。これにより現行型150系プラドは最終型に仕上げられ、残り約1年間の販売が全うされる。

    ■次期プラドはGA-Fプラットフォームで開発中
    トヨタは、ラダーフレーム構造を取り入れたTNGA世代のGA-Fプラットフォームを開発。これまでに、2021年にフルモデルチェンジ発売を遂げた新型300系ランドクルーザーのほか、2022年1月には4代目となる新型レクサスLX600の日本仕様を発売しており、GA-Fを採用する新型車種の市場投入を進めてきた。

    プラドもこれらに続き、GA-Fプラットフォームをベースに次期型の車両開発が進められている。

    ■新型プラドにハイブリッドパワートレインの選択肢はあるのか
    (続きあり)
    https://car-research.jp/prado/toyota-3.html


    【【トヨタ】「プラド」フルモデルチェンジ2023年中盤以降の予想、2022年8月に150系の一部改良と特別仕様車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アルファード

    1: 2022/05/22(日) 21:25:25.443 ID:wZd5Rpij0

    めっちゃ良かった
    ユーザーのせいでイメージ悪いけど
    高級感あるしものすごい快適
    これで500~800万はすごすぎ

    フルモデルチェンジ後楽しみだわ


    【アルファードとかいう車wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ本気のEV

    1: 2022/05/18(水) 20:52:01.70 ID:H7fdK5Fe0

    80%充電時間比較
    日本勢
    トヨタbz4x(72kWh)→62分
    日産アリア(66kWh)→45分

    海外勢
    ヒョンデアイオニック5(72kWh)→18分
    テスラモデル3(55kWh)→20分


    【【朗報】トヨタ本気のEVの充電時間が凄すぎるwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    レクサスNX

    1: 2022/05/18(水) 17:14:37.23 ID:y45AZda+0

    貯金は200万円もある


    【レクサスNX買うわwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ

    1: 2022/05/16(月) 22:04:29.08 ID:VD/DMplu0

    販売せずにリースだけな模様


    【【画像】トヨタ「はぁはぁ…EV作ったぞ。これでテスラに対抗できる!」→結果wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ高級ミニバン「アルファード」

    1: 2022/05/16(月) 14:49:38.63 ID:S1HgOR7d9

    >>2022/05/16 10:10くるまのニュース

    高級ミニバンの代名詞といえるトヨタ「アルファード」。新車販売台数は常に上位をキープしているほどの人気っぷりですが、どのくらいの年収があれば無理なく手に入れることができるのでしょうか。

    アルファードを現金一括で購入した場合いくらかかる?

     トヨタの高級ミニバン「アルファード」は、日本自動車販売協会連合会が公表している新車販売台数ランキングによると、2022年1月-4月までの販売台数は、常にトップ10以内をキープしています。

     勢いが止まらないアルファードですが、エントリーグレード「X」(ガソリン車/2WD/8人乗り)で359万7000円。

     最上級グレード「エグゼクティブラウンジS」(ハイブリッド車/E-four/7人乗り)で775万2000円とグレードによって大きく価格が異なるのが特徴的です。

     では、このアルファードを無理なく手に入れるためには、少なくともどのくらいの年収があるとよいのでしょうか。

     今回は、アルファードのなかで、もっともリーズナブルなエントリーグレードの「X(ガソリン車/2WD/8人乗り)」の見積もりをもとに検討してみます。

     まず、ボディカラーは、もっとも人気の「ブラック」を選択。こちらはとくに追加費用はかかりません。

     そしてディーラーオプションでは、エクステリア関連のパーツは特に設定しません。
     インテリアは「フロアマットセット(ロイヤルタイプ)エントランスマット無」を追加。追加費用は9万5700円となります。

     また、トヨタでは基本的にナビがオプション設定となっているため、6万9300円の「エントリーナビキット」を追加。

     さらに、現在のクルマでは必須といえる「ETC車載器(ビルトイン)ベーシックタイプ」1万8700円を設定すると、オプションの合計価格は18万3700円です。

     加えて、購入時に必ず加入する必要がある自賠責保険料の2万77700円、自動車税種別割の4万3500円、自動車重量税4万9200円、そして自動車環境性能割9万2600円がかかります。

     そのほか、販売諸費用8万2280円が追加され、オプション価格と税金・諸費用で合計47万9050円がかかります。

     この価格を、前述した車両本体価格359万7000円に追加した合計407万6050円が、アルファードのエントリーグレードを購入するのに必要な最低価格です。

    アルファードの購入、どれだけ年収があると良い?

    続きは↓
    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/kurumanews/trend/kurumanews-507620



    【「年収400万円台」ならトヨタ高級ミニバン「アルファード」は買えるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    GR86

    1: 2022/05/15(日) 22:33:50.511 ID:SxFs31+w0

    718GT4からGR86に乗り換えたけど
    GR86めっちゃええw


    【ポルシェからGR86に乗り換えたけどGR86やべえわwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    BZ4X

    1: 2022/05/12(木) 15:41:03.66 ID:ha3HOYX0d

    どうすんだよこれ


    【【朗報】トヨタのEV「BZ4X」、10分で3000台が売り切れるwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アルファード

    1: 2022/05/12(木) 06:39:30.30 ID:Md+pNrcg0

    田舎の元ヤン御用達


    【「アルファード」ついてお前らが知ってることwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/05/10(火) 23:05:45.32 ID:1mMUdIVo0

    デザインの好みは五分五分や

    ls


    s


    【「レクサスLS」「ベンツSクラス」お前らの好みはどっち?wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    toyota

    1: 2022/05/11(水) 21:26:15.54 ID:40bSu1dk0

    トヨタ自動車が11日発表した2022年3月期の連結決算(国際会計基準)は、
    営業利益が前の期比36%増の2兆9956億円だった。
    16年3月期の2兆8539億円(当時は米国会計基準)を上回り、6年ぶりに最高を更新した。

    トヨタ自身の記録を塗り替え、国内企業で過去最高となった。
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD106NM0Q2A510C2000000/


    【トヨタさん、うっかり営業益3兆円で日本の歴史上過去最高の利益を出してしまうw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    クラウン

    1: 2022/05/09(月) 14:48:50.15 ID:pMkCcDsy0

    覆面パトカー扱いされる

    高級車やぞボケカスども


    【ワイ、クラウンを買った結果wwwwwwwww】の続きを読む