トヨタ

    1: トペ コンヒーロ(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/11/14(金) 20:04:39.17 ID:FlqvIJh00.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

    トヨタ、期間従業員手当を増額 人材確保で経験者優遇

     トヨタ自動車が期間従業員の経験者を再び雇用した場合に支給している「経験者手当」を10月から大幅増額した
    ことが14日、分かった。1年半以上の勤務経験者を優遇し、従来の1万円から7万~10万円に増やした。

     雇用情勢の改善を背景に製造業の現場で人材不足が懸念される中、期間従業員の採用競争も激化しており、
    技術力を持つ即戦力になる人材を囲い込む。

     一定期間の勤務経験者を優遇することで、現在の期間従業員が契約途中で離職するのを防ぐ狙いもありそうだ。

     トヨタは期間従業員として2年11カ月勤務した経験がある場合、10万円の手当を初回の給与日に支給する。
    http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111401001637.html


    【トヨタ、期間工の経験者手当を1万円→10万円に大幅アップ】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 10:07:18.83 0.net

     トヨタは、2015年3月期連結決算の通期予想を上方修正し、営業利益2兆5000億円、純利益2兆円という見通しを発表した。海外紙が、トヨタの稼ぐ力に注目している。

    ◆日本初の偉業なるか?
     トヨタの7-9月期の純利益は前年比23%増の5390億円。ライバルのフォルクスワーゲンAGとゼネラルモーターズを上回り、
    トヨタがまた「ブロックバスター四半期」に入ったとウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)は報じている。

     ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)も、7-9月期の収益アップを受けて、トヨタが「よりバラ色」の年間見通しを立てたと表現。
    修正された利益見通しは以前より12%高いが、このターゲットを達成すれば、単年で2兆円の純利益を上げる初の日本企業となると説明している。
    NYTによれば、トヨタは控えめな予想をすることで知られており、いつも結果は予想を上回るため、可能性はかなり高そうだ。
    http://newsphere.jp/business/20141106-4/


     調査によると、トヨタの下請け企業は、1次が4935社、2次が2万9315社。従業員数は合わせて135万3193人。
    そのうち、07年度から直近の13年度において、それぞれ2期連続して年売上高が判明した2万173社について調べました。

     その結果、13年度の売上高が07年度を下回る「減収」企業の割合は、1次と2次の合計で70・5%(1万4232社)でした。
    1次では68・1%(2179社)、2次では71・0%(1万2053社)でした。
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-08-16/2014081601_04_1.html


    【トヨタが2兆円以上の純利益あげてるのにトヨタの下請けは減収の見込みだって どういうシステムなの?】の続きを読む

    1: 膝靭帯固め(catv?)@\(^o^)/ 2014/11/04(火) 08:54:02.93 ID:4Jx5wuHq0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    トヨタは現行のアクアをミニバン化を検討して開発を進めている。

    現行プリウスをミニバン化したモデルがプリウスαであるが、プリウスαは横幅などが大きい。

    そこでアクアをベースにした5ナンバーミニバンを検討している様子だ。

    5ナンバーサイズのミニバンハイブリッド車となり、顔つきはアクアそのままに全長を引き伸ばし
    更に、両側スライドドア化するのではとも言われている。

    しかも、このミニバンを発売と同時に、現行のウィッシュとアイシスの生産を終了するとまで言われだしている。

    更に、かぶってしまうのがシエンタだが・・・これも生産終了?もしくは販売店で姉妹車としてシエンタの名前を残す可能性もある。

    確かに販売台数の落ち込みはあるが、ハイブリッド化なども噂されており内容変更によって台数が伸びると思われるので 生産終了はもったいないと個人的には思う・・・

    既にアクアはオープンカーモデル、SUVモデルなど様々な派生モデルが考えられておりミニバンモデルも 可能性が高そうだ。 

    ハイブリッドで採用されるパワーレンチは1NZ-FXE+モーターのハイブリッド システム総出力100ps。

    ハイブリッドでもバッテリーのコンパクト化で、サードシートはシエンタ以上の居住性を目指している。

    スタイリッシュな顔立ちを残しつつ、3列シート&5ナンバーサイズ&ハイブリッドモデルとイイところを兼ね備えたモデルに

    更に低燃費でJC08モード燃費26.4km/L前後になると言われている。
    ヒット商品となることは間違えない!!

    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-376.html


    【トヨタ 新型 シエンタ &アクア ミニバンモデル 両側スライドドア採用か?!2015年6月発売か?!】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/10/29(水) 22:56:39.85 ID:???.net

    トヨタ自動車は29日、新型の高級ミニバン「エスクァイア」を発売したと発表した。
    1月に全面改良した「ヴォクシー」「ノア」をベースに、内外装にきらびやかな高級感を持たせた。
    価格は259万2000~320万4000円。月間販売目標は4000台を掲げている。

     子育て世代がメーンターゲットのヴォクシーとノアに対し、エスクァイアは「上質感を求める男性」を取り込む。
    バンパー下部まで伸びる大型のフロントグリル(車両先端を覆う網状の部品)で存在感を示し、
    内装も金属調の飾りなどで高級感を演出した。

     開発担当者の水澗英紀チーフエンジニアは東京都内で同日開いた発表会で
    「家族みんなの広い室内空間が重視される従来のミニバンでは優先されてこなかったクオリティやこだわりを実現させた」
    と強調した。

     ハイブリッド車(HV)と、2.0リットルのガソリンエンジン車を用意した。ガソリン1リットル当たりの燃費性能は
    最大23.8キロとクラストップクラスを実現した。

     広告のイメージキャラクターには、今年で誕生75周年を迎える人気漫画の主人公「バットマン」を起用。
    「前を向いて戦い続ける男たちを鼓舞する」という。

    no title

    no title

    no title

    no title


    http://www.sankeibiz.jp/business/news/141029/bsa1410291429004-n1.htm


    【【自動車】トヨタが新型高級ミニバン「エスクァイア」発売 前を向き戦う男たちを鼓舞】の続きを読む

    1: ニーリフト(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 19:04:15.00 ID:Mb1jbOBp0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    乗用車レベルの高いクオリティーを持ち、トヨタ「ハイラックス サーフ」のベースともなった「ハイラックス」ピックアップトラックの新型モデルをスクープしました。

    no title

    擬装はされているもののグリル、ヘッドライトなどがキープコンセプトであるのがわかります。パワーユニットは2.8リットル直4DOHC、4リットルV6などがラインナップされる予定です。

    ワールドプレミアは2015年後半の予定とされています。

    (APOLLO)
    http://clicccar.com/2014/10/22/274175/


    【トヨタ・ハイラックス新型モデルをスクープ!】の続きを読む

    1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/10/17(金) 22:46:48.79 ID:???0.net

    世界初の燃料電池車ミライ、12月15日発売へ トヨタ
    http://www.asahi.com/articles/ASGBJ63D1GBJOIPE01R.html
    朝日新聞 大日向寛文 2014年10月17日17時17分


     トヨタ自動車は、世界で初めて市販する燃料電池車「ミライ」の発売日を1
    2月15日にする方向で調整に入った。これまで発売時期を「2014年度中」
    としていたが、生産のめどが立ち、年内に間に合わせる。

     トヨタ関係者によると、当初の販売先は官公庁が中心だが、販売店を通じて
    一般向けにも売る。一般向けの販売は当初は年245台を計画。価格は700
    万円程度とするが、政府が検討している補助金分を差し引いた実質的な購入者
    の負担は、500万円程度になる見通しだ。

     燃料電池車は、空気中の酸素と燃料の水素を反応させてつくった電気でモー
    ターを回して走る。走行中に二酸化炭素が出ないのが特徴だ。「究極のエコカ
    ー」と言われる車を世界のメーカーに先駆けて発売し、次世代自動車の開発で
    リードしたい考えだ。


    【【経済】世界初の燃料電池車「ミライ」、12月15日発売へ トヨタ 実質価格は500万円程度】の続きを読む

    1: かじりむし ★ 2014/10/12(日) 02:12:05.53 ID:???.net

    トヨタ、国内向け全車種に衝突回避システム 18年メド
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO78325790R11C14A0TJC000/
    日本経済新聞 2014/10/12 2:01

     
     トヨタ自動車は2018年をめどに、国内で販売するほぼ全車種に自動ブレーキ
    などの衝突回避システムを導入する。従来搭載していなかった中級車や小型車
    向けに機能を絞った廉価版を開発するなどシステムを刷新する。安全意識の高
    まりで消費者の運転支援システムへの関心は高い。最大手のトヨタの全面導入
    で安全技術の普及が加速すれば、車を購入する際の選択肢が増えそうだ。

    ※無料部分ここまで


    【【自動車】トヨタ、国内向け全車種に衝突回避システム 2018年を目処に】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/10/06(月) 21:28:11.65 ID:???.net

    トヨタ自動車の子会社でモータースポーツ活動などを手掛けるトヨタテクノクラフト(東京)は6日、
    スポーツカー「86(ハチロク)」をベースにした限定車「14R―60」を発表した。

    走行性能を大幅に高め、価格は630万円。6日からインターネットで受け付け、抽選で100台を限定販売する。

     トヨタテクノクラフトが2014年に創立60周年を迎えたことを記念した車両。車名は14年の14、
    レーシングのR、60周年の60に由来する。

     サーキットをレーシングカー並みの速さで走れる高性能実験車を基に開発した。マニュアル車のみで2人乗り。

    http://toyota.jp/customize/86/14r-60/

    no title

    http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014100601001947.html


    【【自動車】トヨタ子会社「86」限定車発表 630万円、抽選で100台】の続きを読む

    1: 幽斎 ★ 2014/10/04(土) 11:46:43.56 ID:???.net

    トヨタ「空飛ぶ車」 誰も傷つけない未来
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19044_Z10C14A9SHA000/

     富士山の麓。トヨタ自動車の東富士研究所でひそかに「空飛ぶ車」の研究が進んでいる。

     詳細は伏せられているが、プロペラを使ってホーバークラフトのように浮く車を
    念頭に技術開発を急いでいる。まるでSF映画だがトヨタは大まじめだ。
    「空を飛べば道路での衝突事故も無くなる。これは安全な車づくりの一環だ」(関係者)

     ガソリンと電気を併用するハイブリッド車(HV)から水素を動力源とする燃料電池車(FCV)まで、環…


    【【トヨタ】空飛ぶ車を研究中、究極の「道路事故ゼロ車」】の続きを読む

    1: ジャンピングカラテキック(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 18:43:43.33 ID:b0fSRZX+0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    トヨタ自動車は、『ランドクルーザー70シリーズ』の受注台数について、8月25日の発表からおよそ1か月にあたる9月24日時点で、月販目標台数の約18倍となる約3600台と好調な立ち上がりとなっていると発表した。

    受注台数の内訳は、バンが約2700台、ピックアップが約900台。

    優れた信頼性・耐久性・走破性と30周年記念モデルとしての特別感、ピックアップの国内初導入など選択肢の拡大などが、高い評価を得ている。

    http://response.jp/article/2014/09/25/233339.html
    no title

    no title


    【【トヨタ ランドクルーザー70 復活】発売1か月で3600台受注…目標の18倍】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/14(日) 22:04:42.76 ID:mExG92we0.net

    上はLFAやセンチュリーロイヤルから下はヴィッツやパッソまで幅広いし
    プリウスやクラウンなどの一般人向けから
    オーリスやラッシュなど地味に本格的な車もある
    ハイブリッドの成功に胡坐をかくことなく水素自動車にも進出
    ランクル70の再販


    ぶっちゃけなんであんなに叩かれてるのかわからない


    【トヨタって叩かれてるけど一番攻めた車作りしてるよな】の続きを読む

    1: ゆでたてのたまご ★ 2014/09/06(土) 13:06:52.49 ID:???.net

    高速道で自動運転、トヨタとホンダがお披露目へ
    【読売新聞】 2014/09/06 11:39

    トヨタ自動車とホンダは7日から米中西部ミシガン州デトロイトで始まるITS(高度道路交通システム)世界会議に
    合わせて、高速道路を自動運転する技術をそろって披露する。

    いずれも今後5年前後での実用化を目指しており、高速道路での自動運転という夢の技術は現実味を
    帯びてきた。

    トヨタは会議を前に、高速道路を時速110キロ・メートルで自動運転できる技術を開発したと発表した。
    走行速度が従来の時速60キロ・メートルから大幅に向上、高速走行を実現した。また、ハンドル操作などの
    「自動」と「手動」の切り替えも簡単にできるようにした。5日には報道陣に同地でデモ走行を行う予定で、
    2010年代後半、向こう5年前後での実用化を目指す。また、ホンダは高速道路でのデモ走行を初めて披露する。
    同社は20年までの実用化を目指している。

    両社がまずは高速道路での自動運転に力を入れるのは、交差点や信号がなく、歩行者や自転車もいないため、
    市街地に比べて自動運転を実現しやすいためだ。大手2社が今回、高速走行を実際にお披露目することで、
    自動運転の実現が一段と近づいた。

    自動運転を巡っては、米グーグルがハンドルもブレーキもない「完全自動運転車」の実用化を目指し、5月に
    試作車を発表した。

    しかし、トヨタやホンダは、自動運転をあくまで安全運転の支援に使うべきだと考えており、トヨタは当面、
    完全自動運転車の開発は行わない方針だ。カリフォルニア州の規制当局が自動運転の試験走行には、ハンドルや
    ブレーキが必要との新規制導入を決めるなど、「完全自動運転」にはハードルが高い。まずはトヨタやホンダが
    目指すような、機能や場所を限った自動運転の技術開発が主流となりそうだ。(デトロイト 越前谷知子)

    ソース: http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140906-OYT1T50031.html


    【【自動車】高速道で自動運転、トヨタとホンダがITS世界会議でお披露目へ】の続きを読む

    1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 22:07:30.98 ID:???0.net

    米トヨタ:ほぼ全車種に自動ブレーキ 17年までに
    http://mainichi.jp/select/news/20140905k0000m020065000c.html
    毎日新聞 2014年09月04日 20時40分


     トヨタ自動車は3日、2017年までに米国で販売するほぼ全車種について、
    衝突事故を防ぐために自動でブレーキをかける機能を装備できるようにする
    と明らかにした。トヨタの米国法人幹部がミシガン州で報道陣に語った。

     ドライバーの人為的なミスが交通事故の原因の多くを占めており、安全技術
    で商品価値を高め、販売拡大を目指す。日本での具体的な計画は未定という。

     トヨタが米国で販売している約30の現行車種のうち、この機能を装備でき
    るのは高級車ブランド「レクサス」などの計13車種にとどまる。今後は小型
    車なども対象に加える。(共同)


    【【経済】米トヨタ、小型車なども含むほぼ全車種に自動ブレーキ 17年までに】の続きを読む

    1: エメラルドフロウジョン(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 14:21:53.68 ID:ncYTibPg0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    no title

    no title

    no title

    モスクワモーターショー14では、わずかではあるがチューナーの出展も見られた。中でも目を引いたのはアークティックトラックスによる『ハイランダー 6×6』だ。

    アークティックトラックスは、1990年にアイスランドで設立したSUVチューナー。『ハイラックス』や『ランドクルーザー』などのトヨタ系SUVを中心に、極限性能を高めたSUVを提案する。

    今回展示されたのはハイラックスの6×6。全長6365mm×全幅2300mm×全高2145mmの巨大なボディに、6つの駆動輪を有する。エンジンは3リットルのディーゼルだ。

    都市部を離れれば過酷な道路環境のロシアでは、タフなSUVの人気が高い。メルセデスベンツブースに出展された『G63 AMG 6×6』はラグジュアリーさも
    兼ね備えているが、こちらはよりヘビーデューティーな1台。ハイラックスのタフネスさは英国の人気番組『トップギア』でも折り紙つき。そのハイランダーの6×6なら、もう怖いものなし!?
    http://response.jp/article/2014/09/02/231367.html


    【メルセデスに続き…トヨタ ハイラックス にも6輪車】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/08/26(火) 19:29:55.75 ID:+dm9s+wb.net

    『ランドクルーザー70シリーズ』(2モデル)の今回の期間限定販売は、2015年6月末までの生産分を対象に1年弱の実施となる。
    計画では月間200台の販売を見込んでいるものの、すでに先週22日までの事前受注は750台に達したという。
    開発責任者である商品企画本部の唐澤貴洋チーフエンジニアによると、「すでに生産能力を超える受注をいただいている」という状況。
    http://response.jp/article/2014/08/26/230759.html
    no title

    no title

    no title


    【【速報】トヨタ 「ランクル70」 が売れすぎてヤバイ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/14(木) 13:08:52.93 ID:n+6K8q+c0.net

    それでも買わざるを得ない状況にあって失敗したくないからトヨタにしましたみたいなさ


    【トヨタ車買う奴で特にワンボックス買う奴って基本的に車に興味ない奴が大半だろ?】の続きを読む

    1: 依頼スレ@道芝 ★ 2014/08/08(金) 23:02:44.98 ID:???.net

    トヨタ:スーパーカー再参入を検討、レクサス「LFA」後継
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N9VSVU6KLVRL01.html
    Bloomberg 萩原ゆき 更新日時: 2014/08/08 20:28 JST

    8月8日(ブルームバーグ):
     トヨタ自動車 は高級ブランド「レクサス」のスーパーカーを1世代後には復活させることを
    検討している。同ブランドのスーパーカー「LFA」は、500台の限定生産・販売で2012年に
    生産終了している。

     レクサスインターナショナルのエグゼクティブ・バイス・プレジデントのマーク・テンプリン氏
    は8日、トヨタの豊田章男社長はどんな世代にもLFAのような車があるべきだと
    信じていると述べ、「われわれが次の世代に向けてLFAを作る」と福岡県内で記者団に語った。

     検討の内容や時期については明言を避けた。トヨタ広報のブライアン・ライオン氏は、
    LFAの次世代車を作ることは緊急の課題ではなく、1世代後ということは30年後のことに
    なるかもしれないとコメントした。

     レクサスインターナショナルのプレジデント福市得雄氏は、ブランドを構築する上で
    「LFAのようなイメージリーダーは必要」と述べると同時に、LFAのような価格の
    500台の限定発売ではなく「皆さんに乗ってもらえる形」を模索したいという。
    同氏は福岡県内の工場で開かれた、レクサス初の小型SUV「NX」の生産開始式典が
    始まる前に記者団に話した。

     NXは7月29日に国内で発売した。価格は428万-582万円。月間販売目標は700台。
    テンプリン氏によると、国内で6000台の受注があった。ゼネラルマネジャーの
    ジェフ・ブラッケン氏によると、米国では11月に発売し、今年3000台、来年は
    4万2000台の販売を見込んでいる。


    【【自動車】トヨタ:スーパーカー再参入を検討、レクサス「LFA」後継】の続きを読む

    1: ゆでたてのたまご ★ 2014/07/30(水) 15:07:08.87 ID:???.net

    トヨタ、世界販売で3年連続首位 14年上半期
    【日本経済新聞】 2014/7/30 11:14

    トヨタ自動車が30日発表した2014年上半期(1~6月)の世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車含む)は、
    509万7000台で独フォルクスワーゲン(VW)や米ゼネラル・モーターズ(GM)を抑えて、3年連続で首位だった。
    消費増税の駆け込み需要を取り込んだ国内のほか、北米、欧州など海外も伸び、全体では3.8%増えた。

    トヨタの世界販売台数の509万7000台は上半期として過去最高だった。2位のVWが5.9%増の497万台(一部商用車を
    除く)、3位のGMが1.4%増の492万台で続いた。両社は日本勢が出遅れてきた中国で販売を伸ばすなどして、
    12年から上半期で世界首位を維持しているトヨタに肉薄している。

    ソース: http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD30H01_Q4A730C1000000/

    関連ソース:
    トヨタ3年連続で世界販売首位へ 過去最高、上半期500万台超え | 共同通信
    http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014073001001023.html
    トヨタ世界首位へ、上半期販売初の500万台超 | 読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140730-OYT1T50093.html
    トヨタの世界販売台数、3年連続首位 過去最高を更新 | 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASG7Z00VXG7YOIPE04T.html


    【【自動車】トヨタ、世界販売で3年連続首位500万台超 - 2014年上半期】の続きを読む

    1: ゆでたてのたまご ★ 2014/07/22(火) 15:38:08.98 ID:???.net

    トヨタ燃料電池車に補助金支給へ 愛知県、中小企業向けに
    【MSN産経ニュース】 2014/7/22 14:47

    愛知県は、トヨタ自動車が2014年度内に一般向けに発売する燃料電池車の普及を後押しするため、購入する
    中小企業に補助金を支給することを決めた。大村秀章知事が22日の記者会見で明らかにした。

    県が独自に設けている「低公害車導入促進費補助金」の対象とする。燃料電池車は、同じ車種の通常タイプより
    高額になるため、その差額の4分の1を補助する。国が検討している差額の約2分の1を支給する補助金とも
    併用できるという。

    また購入者全員を対象に、最大で5年度分余り、約17万5千円の自動車税を免除することを決めた。県も
    公用車として2台購入するという。

    トヨタ自動車の毛利悟専務役員らは22日、県庁に大村氏を訪ね、新型燃料電池車のデモ走行を披露。
    動力源などの仕組みを説明し、「今後も環境に優しい車づくりに向け努力したい」と話した。

    ソース: http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140722/biz14072214470005-n1.htm
    画像: no title

     (愛知県の大村秀章知事(右)を訪ねたトヨタ自動車の毛利悟専務役員(中央)。右は新型燃料電池車=22日午後、
    愛知県庁)



    【【自動車】愛知県、トヨタ燃料電池車に補助金支給へ...中小企業向け】の続きを読む

    1: ボマイェ(芋)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 06:33:40.92 ID:kFDEtjGn0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    あっという間に終わったゴールデンウイーク! 途中海外出張があったこともあって、さほどゆっくりできなかった不肖オザワではありますが、2月の試乗会では
    あまり乗れなかった売れ線ミニバン、トヨタ「ノア」のハイブリッドモデルを借り出して、約1週間乗ってみました。

     新型「ヴォクシー」&「ノア」と言えば、大幅な広さ感アップと利便性アップに加え、ハイブリッド化による大幅低燃費化がポイント。

     ぶっちゃけハイブリッド化による価格アップは、40万円前後とファミリー層にとっては厳しめな金額ではありますが、それでも「プリウスα」用の1.8Lハイブリッドユニットを
    そのまま流用。極力価格を抑えてあり、なによりJC08モードで23.8km/L! の燃費スペックは圧倒的。

     今までのガソリン版だと、日産「セレナ」の簡易型ハイブリッド、S-ハイブリッドでさえ最高16.0km/Lだったわけで、ほぼ1.5倍! 3列シートミニバン全体での
    燃費トップランナーはもちろんJC08モードで26.2km/Lのプリウスαだが、ボディーサイズと形状が全然違う。

     今、日本でコンパクトカーの次に売れる5ナンバー箱型ミニバンとして、ノアはまさにぶっちぎりの低燃費を誇っているわけだ。
    事実上日本で2番目に売れているクルマ


    [画像のクリックで拡大表示]
     しかし、それでも発売直後のハイブリッド比率はヴォクシー&ノアの販売数全体の約4割に留まっていた。ハイブリッドモデルの発売が、ヴォクシー&ノア全体の
    発売から1カ月遅れ、消費税アップ前に間に合わなかったからだが、現状はなんとノア販売数の7割弱! ヴォクシーの5割弱がハイブリッドと、ハネ上がった。

     さらにデザイン違いからワイルドなヴォクシーのほうが人気とはいえ、直近4月は消費税アップ直後で車の販売全体が落ち込む中、ヴォクシーは9271台で
    乗用車ランキング3位! ノアは5412台で7位! 合計すると1万4683台でアクアを抜いて全体2位!! という華々しい売れ行きを誇っている。
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140513/1057469/?ST=life&P=2


    【トヨタ・ノアハイブリッド 1週間燃費テスト…こりゃ売れるのも分かるわ!】の続きを読む

    1: ニールキック(東日本)@\(^o^)/ 2014/07/11(金) 11:31:22.60 ID:W0MUFKZ60.net BE:837857943-PLT(16555) ポイント特典

    【フランクフルト=加藤貴行】トヨタ自動車は独BMWとスポーツカーの車台を共通化する。高級スポーツカーの
    開発に定評のあるBMWのノウハウを取り入れながらコストを引き下げる。トヨタはこれに伴い、
    1980~90年代に人気を博した「スープラ」を復活させる。2013年1月に合意した両社の包括提携が商品として
    具体化する第1弾となる。

    トヨタのスープラとBMWの人気スポーツカー「Z4」の車台を17年にも共通化する。両社それぞれのブランドと
    ボディーのデザインで販売する。現行モデルのZ4は2人乗り。エンジン排気量は2リットルと3リットルの
    タイプがある。上級モデルは4.8秒で時速100キロのスピードが出せる仕様だ。

    スープラは1978年から2002年まで日米を中心に販売。すでに生産を終えているが、トヨタの本格的な
    スポーツカーとして根強いファンが多く再発売する。
    今後は部品の共同調達や生産面での協業のあり方を検討する。BMWは炭素繊維を使った軽いボディーづくりの技術で先行。
    この技術を使うと価格が高くなるため、トヨタが採用するかどうかも今後の焦点になる。

    トヨタのスポーツカーでは資本業務提携している富士重工業と「86(ハチロク)」「BRZ」を共同で開発、
    12年から富士重が生産しそれぞれで販売している例がある。BMWとの提携は高級車づくりのノウハウを
    取り込むのが狙いだ。スポーツカー以外では燃料電池車(FCV)の共同開発などでもBMWと提携している。

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ1008K_Q4A710C1MM8000/?dg=1
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタ、BMWと車台共通化 「スープラ」復活】の続きを読む

    1: フライングニールキック(catv?)@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 18:32:20.03 ID:dnfEAEnA0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    『RX』よりも一回り小さいレクサスの都市型SUVとして、北京モーターショー14/ニューヨークモーターショー14で市販版が公開された『NX』。そのカタログ燃費が明らかになった。

    今回明らかになったのは、2.5リットル直列4気筒エンジンにモーターを搭載したハイブリッドモデルのNX300h。愛知県豊田市のトヨタ自動車本社内
    トヨタテクニカルセンター内に展示されたプロトタイプモデルのスペックボードには、19.8/km/リットル(JC08モード)と明記されていた。
    この数字はBMW『X3』やアウディ『Q3』などの競合車種と比較しても頭ひとつ飛び抜けている。

    NXの発表は2014年夏頃と見られる。

    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20140707-10207156-carview/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title




    【【レクサス NX 発表直前】ハイブリッドモデルの300h、カタログ燃費が明らかに】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/07/09(水) 22:56:41.19 ID:???.net

    TOYOTA、クラウンにハイブリッドフルタイム4WD車を追加
    同時に一部改良し、特別仕様車を発売

     TOYOTAは、クラウン(“マジェスタ”シリーズ、“ロイヤル”シリーズ、“アスリート”シリーズ)に
    TOYOTA初のハイブリッドフルタイム4WD車を追加するとともに、一部改良した。

    同時に、特別仕様車ロイヤルサルーン“Black Style”、ロイヤルサルーン Four“Black Style”
    アスリートS“Black Style”、アスリートS Four“Black Style” >>1を設定し、全国のトヨタ店
    (東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット)を通じて、7月9日に発売した。

     TOYOTA初となるハイブリッドフルタイム4WD車は、2.5LハイブリッドシステムにトルセンLSD付トランスファーと
    新開発ハイブリッド用トランスミッションを組み合わせ、高い操縦安定性と21.0km/L(JC08モード走行燃費)の低燃費を両立した。

     同時に設定した特別仕様車は、クラウン本来の優れた走行性能のイメージを強調する仕様とした。
    具体的には、特別仕様車ロイヤルサルーン“Black Style”、ロイヤルサルーン Four“Black Style”では
    フロントグリルの格子部分をブラック、フレームなどめっき部分をスモーク加飾としたほか、内装色をブラックで統一するなど
    上質さを表現。
    特別仕様車アスリートS“Black Style”とアスリートS Four“Black Style”はフロントグリルの
    格子部分をピアノブラック塗装とし、ブラックスパッタリング工法塗装を施した18インチアルミホイールを特別装備。

    さらに、専用本革シート(テラロッサ)をオプション設定するなど、スポーティさを一層強調した。
    また、全車にオートワイパー(雨滴感応式)や自動防眩インナーミラーを特別装備している。

    no title

    http://as-web.jp/news/info.php?c_id=10&no=58229


    【クラウンハイブリッドに初の四駆 雪道でも安定走行、寒冷地で需要】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/07/04(金) 22:35:27.85 ID:???.net

     トヨタ自動車は、生産現場での人手不足に備え、毎年夏ごろに実施している大卒の新入社員約600人の工場実習を、
    車の生産が最も忙しくなる来年1~3月に変更する。
    工場の期間従業員が採用しにくくなっていることから、新入社員を活用して繁忙期の生産に対応する。

     実習では、工場のラインで車の組み立てに当たる。このところ期間従業員の応募が減り、
    採用数は週70人程度と例年の約3分の1にとどまる。

    1年間で生産台数が最も多くなる1~3月には人手が足りなくなる恐れがあるとみて、
    新入社員の活用のほか、期間従業員の定着率を高めるため、手当など待遇の見直しも検討する方針だ。

     また、トヨタはグループ会社と人員をやりくりする「要員調整会議」の開催を、これまでの3カ月に1回から月1回に増やす。
    人員の過不足をグループ全体でこまめに調整し、効率的に活用する考えだ。

    http://www.asahi.com/articles/ASG735D5DG73OIPE01D.html


    【トヨタ大卒新入社員、繁忙期に工場実習 人手不足に備え】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/07/03(木) 00:01:19.78 ID:???.net

    http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014070201001798.html

     トヨタ自動車が、究極のエコカーとされる燃料電池車の主要部品を
    希望する他の自動車メーカーに供給する方針を固めたことが2日、分かった。
    自社の燃料電池車の生産や販売が軌道に乗り、供給能力が整い次第、他社への供給に対応する。

     燃料電池車の開発は巨額の費用がかかり、国内外の中堅自動車メーカーなどには難しいことから、
    トヨタは部品供給で他社の市場参入を促し、燃料電池車の普及を加速させたい考え。

     他メーカーの参入で燃料の水素を補充する「水素ステーション」など、課題のインフラ整備を政府やエネルギー業界も進めやすくなりそうだ


    写真:トヨタ自動車が公開した燃料電池車の試作車=東京都江東区
    no title



    関連スレ:【自動車】トヨタ 燃料電池車発売へ 世界初、12月にも [2014/06/04]
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1401900150/l30


    【トヨタ、燃料電池車部品供給へ 他社に、参入促し普及加速狙う】の続きを読む

    このページのトップヘ