トヨタ

    1: 2019/03/18(月) 10:23:16.90 ID:MSC2OXpR0 BE:837857943-PLT(16930)


    トヨタの人気ハイブリッド・コンパクト『アクア』次期型に関する情報を入手した。日産『ノートe-POWER』にその牙城を脅かされたアクアだが、
    初のフルモデルチェンジでその差をつき離すことはできるのか。進化のポイントに注目だ。

    アクアは、2010年のデトロイトモーターショーで公開された『FT-CH』が起源となっている。その後2011年1月には『プリウスC コンセプト』へ進化し、
    2011年11月にアクアとして発表、発売された。登場以来、燃費や価格、サイズ感など優れた実用性で、新車販売が4年連続で1位に輝くなど
    人気モデルの地位を確立した。2014年12月、2017年6月と二度のマイナーチェンジが行われているが、デビューから7年以上が経過し、
    ついに第二世代へバトンタッチされる。

    次期型では、「TNGA」プラットフォームを採用し軽量化。5ナンバーのため全長は1.7mをキープするが、居住空間がアップするとみられる。
    エクステリアデザインは、2013年の東京モーターショーで公開された『Premiアクア』がベースと予想されており、エッジの効いたスポーティさと高級感を実現する。

    https://response.jp/article/2019/03/18/320255.html
    no title

    no title

    no title


    【トヨタ「アクア」 ついに初のフルモデルチェンジ 日産「ノートe-POWER」に復讐する】の続きを読む

    vc

    1: 2019/03/18(月) 08:16:35.21 ID:f68IIKME9

    トヨタ新型「スープラ」すでに完売!? 日本正式発売前にいったいなぜ?
    3/18(月) 7:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00010001-kurumans-bus_all

    予約開始から1週間足らずで… 受注枠が埋まってしまった
     トヨタからスポーツカーの新型「スープラ」が発売されます。以前のスープラは1986年から2002年に掛けて、日本でも販売していたので、ご存じの方も多いでしょう。17年ぶりに復活するわけです。新型スープラの正式な発売は2019年5月1日ですが、販売店では3月9日から予約受注を開始しています。ネット上では「すでに新型スープラ完売」といった声も聞かれるので、真実はどうなのか、販売店を取材しました。

     まず新型スープラのグレードと価格は以下の通りです。

    ■新型スープラのグレードと価格(すべて8速AT)
    ・RZ(直列6気筒3リッターターボ) :690万円
    ・SZ-R(直列4気筒2リッターターボ):590万円
    ・SZ(直列4気筒2リッターターボ) :490万円

     販売店によると、上記3グレードの内「RZは2019年モデルの販売を終了しました」とのことです。複数の店舗に理由を尋ねると、以下のような返答でした。

    ――すでに新型スープラが完売といわれてますが、どういうことですか。

     新型スープラは海外でも販売され、日本の割り当て台数が少ないです。そのために最上級グレードとなる3リッターターボモデルのRZは、2019年3月9日に予約受注を開始したところ、1週間足らずで2019年モデルの受注枠が埋まってしまいました。

     したがって現時点(2019年3月中旬)では受注しておりません。2リッターターボは受注できますが、2019年モデルの枠がいつ埋まるかわかりません。注文をいただいたスープラの納車は、順次行っていきますが、直近で注文を頂いた車両は、2019年10月以降になると思います。

    ――これから3リッターターボを搭載した新型スープラRZを購入したい場合は、どうすれば良いのでしょうか。

     RZは2019年の受注枠を使い切ったので、次の2020年モデルを買うことになります。2020年モデルの予約はまだできませんが、おそらく2019年10月頃には、受注を開始するでしょう。

     近所の販売店に『予約受注を開始したら、真っ先に注文を入れて欲しい』と頼んでおくのが良いと思います。ただし2020年モデルの詳細はまだ決まっていないので、正確なことはわかりません。確実なのは、RZが2019年の受注枠を使い切ったことだけです。

    ――スープラの購入に際して注意すべき点はあるのでしょうか。

     スープラの販売は、基本的にトヨタの全店が行います。しかし車検や点検などのサービスは、GRガレージの担当です。GRガレージは、各販売系列(トヨタ店/トヨペット店/トヨタカローラ店/ネッツトヨタ店)がそれぞれ運営していますが、拠点数は少ないです。1県に1店舗の地域も多いです。

     新型スープラは基本部分をBMW 新型「Z4」と共通化しており、トヨタ車としてはメカニズムや装備が特殊なので、GRガレージの専門スタッフがサービスを担当するわけです。

    以下はソース元で


    【トヨタ新型「スープラ」すでに完売!? 予約開始から1週間足らず 日本正式発売前にいったいなぜ?】の続きを読む

    c

    1: 2019/03/16(土) 08:46:29.92 0

    筆者:トヨタは「EV出遅れ」って言われている会社ですからね。

    トヨタ:そうです。僕たちはEVを1台も売ってないんです。それなのに一番CO2排出削減の達成率が良い。結局、最終的にクルマをチョイスするのはお客さまですから、
    「お客さまにとって今買いたいクルマは何か?」の結果がこのデータだと思うんですよ。もちろんEVを提供する企業責任はあるので、
    トヨタもこれから出していきますけれども、やっぱりマジョリティー、多くのお客さまが今買いたいと思うクルマは、HVのような、
    特別なインフラが要らずに通常どおり使えるクルマで、そういうクルマの評価が現実に高いことを示しているのではないかと。
    例えば、トヨタの今のこのポジション、HVをEVに換算すると20%弱ぐらいEVを売っているのと同じ実力なんですよ。
    もちろん、将来規制値がもっともっとこの下まで、最終的にはもう2050年には80%、90%下げようとするとなると当然ゼロエミッションのクルマは必要なんで、
    どんどんやっていかなきゃいけないんですけど、当面お客さまに選ばれる一番現実的な答えはまずはHVではないかっていうふうに思っていまして。

    筆者:つまりどんなに高性能な環境車をつくっても、それがカタログに載っているだけで売れなければ現実の環境には貢献できないと。
    だから売れて実際に道路を走っているクルマがいかに環境にいいかが重要ということなんですね。それがトヨタが言って来た「普及してこそがエコ」だと。

    トヨタ:ええ。決してEVやFCVを否定しているわけではなく、それらのクルマはお客さまに買いたいって言っていただくところまで行くのにもう少し時間が掛かるので、
    それは企業の責任として魅力を上げる様に努力はしていきますけれども、その間、やはり幾つかのステップがあるんではないかと。

    トヨタ:まだこれから10年ぐらいありますので、プリウスもどんどん良くしていきますけど、2030年ぐらいまではたぶんHVが主力になって、そのあと徐々にPHVに移っていきます。
    「HVは賞味期限切れ、もう古いよ」って、使えないっていう言われ方もしてますけど、THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)のHVとPHVって基本技術は一緒です。
    これから先10年間HVの技術進化をちゃんとやっておけば、PHVでまた活かせるんです。
    PHVになった途端にもうHVの何倍も燃費が良くなるので、2030年を越えたら今度はPHVが間違いなく一番効果的になってくると。

    インタビュー記事が長いので詳細は↓で見てください
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00010001-wordleafv-bus_all
    前編
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00010002-wordleafv-bus_all
    後編


    【トヨタが電気自動車をまだ作らない理由】の続きを読む

    1: 2019/03/14(木) 14:07:03.21 ID:qIpKLNZy9

     いよいよ、この4月1日から東京のトヨタ系列の販売店4つが一つに統合される。いったい、東京のトヨタ販売は、これからどう変わるのか?

     いっぽう、ユーザーの立場から見ると、何がどう変わるのか? メリット、デメリットはどうなのか? 新車ディーラーの取材を得意とする、ジャーナリストの遠藤徹氏が徹底取材した。

    ■4月1日から東京地区のトヨタ系列店が統合、一つの会社に

     この4月1日から東京地区のトヨタ系列店が統合し、一つの会社が発足する。その名は「トヨタモビリティ東京」」だ。

     これまでは「東京トヨタ」、「東京トヨペット」、「トヨタ東京カローラ」、「ネッツトヨタ東京」など別法人で、それぞれ取り扱う車種は専売、併売モデルと分けて販売していた。

    それが4月1日からは全店併売となる。正確にはこの他東京地区には地場資本の「西東京カローラ」、「ネッツトヨタ多摩」、「ネッツトヨタ東都」があり、このうち西東京カローラは全車種扱いだが、他の2社は取り扱い車種の変更はない。

     従来の専売モデルはトヨタ店がランドクルーザー、センチュリー、アリオン、トヨペット店はハリアー、ハイエース、アルファード、プレミオ、カローラ店はカローラ、ノア、パッソ、ネッツ店はヴィッツ、ヴェルファイア、ヴォクシーなどだった。

     ただ東京地区は全国の他地域ディーラーとは多少取り扱い車種が異なる。全国だとトヨタ店はクラウン、トヨペット店はマークXがそれぞれ専売だが、東京地区はどちらも両系列店の併売となっている。

     これが4月1日から全店舗で全トヨタ車を扱うようになる。併売車は複数系列店と全系列店扱いの両方があり、2系列店の併売車は全系列店扱いになる。

     つまり専売車と2系列店併売車は全系列店扱いに切り替わることでセールスパワーがアップするので、そのぶん販売台数は5%程度増えることになりそうだ。

    ■販売店側のメリット、デメリット

     販売店サイドから見るとメリットとデメリットの両方がある。今回、統合1か月を切った3月初旬に、現場の営業マンから聞いた話は以下の通り。

    ●「ハリアー、アルファード/ヴェルファイアなど人気収益車が扱えるようになるので助かる」(トヨタ店)
    ●「ランドクルーザー、カローラ、ヴィッツなどが扱えるのは嬉しい。これまでは他系列店の取り扱い車種の購入希望ユーザーが来店すると紹介するだけだったが、これからは堂々と売れるようになるので嬉しい」(トヨペット店)
    ●「クラウン、ハリアー、アルファード/ヴェルファイアが扱えるので収益があがるし、ノルマが達成しやすくなる。」(カローラ店)
    ●「クラウンを扱えるのが楽しみ。クラウン1台の利益は専売モデルであるヴィッツの10台分に相当するのでかなり儲けられるようになる」(ネッツ店)

     と、一様に歓迎一色のコメントだ。半面デメリットもある。「各店舗間の競争が激化、販売テリトリーも重なるので収益の悪い店舗は整理、統合されてしまうのではないか。」(各系列店店長)と不安の色も隠さない。

    ■値引額が減るなどユーザーのデメリットのほうが大きくなりそう

    ●ユーザーのメリット
    ・どこのディーラーにいってもトヨタ全車種が買える
    ・全車種扱いになったことで購入するディーラーを自由にユーザーが選べる
    ●ユーザーのデメリット
    ・販社が一つに統合されたことで情報がオンラインで共有化されるため、店同士の競合がなくなり、値引額が大幅減
    ・競合させるためには埼玉や神奈川、千葉など東京近郊の販社まで足を運ばなければいけない

     ユーザーにとってはデメリットのほうが大きくなりそうだ。というのは、どこの店舗でも全トヨタ車を購入できるようになるのはいいが、トヨタ車同士で競合させて大幅値引きをゲットするような購入作戦を組めなくなるからだ。

    「ひとつの店舗でお目当てのクルマの購入交渉を始めると、同じ会社になると、その情報がコンピュータでオンラインされ、直ちに他店舗に伝わる仕組みになる」(トヨペット店)と打ち明ける。

     したがってトヨタ車同士の競合は東京都内では不可能に

    以下ソース先で

    ■その後60車種を30車種程度まで減らす方針

    3/14(木) 13:02
    ベストカーWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190314-00010002-bestcar-bus_all&p=1
    no title


    【4月1日から東京のトヨタ系列の販売店4つが一つに統合 値引額が減る?ユーザーのメリット、デメリット】の続きを読む

    1: 2019/03/11(月) 20:48:38.80 ID:YH2jegCV9

     トヨタ自動車は3月11日、高級セダン「クラウン」の車体に、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんがデザインしたラッピングを施した「ニシノクラウン」を公開した。西野さんが主宰するオンラインサロンの会員から募った意見、反応も参考にしたという。トヨタは「クラウンは保守的」といったイメージを払拭する狙いがある。

     トヨタが昨年6月に発売した新型クラウンは、自動車専用の通信機「DCM」(Data Communication Module)を標準搭載したコネクテッドカー(ネットにつながるクルマ)で、同社は「革新性」をアピールしている。ニシノクラウンは、革新というキーワードからフランス革命期の英雄・ナポレオン1世を思わせる紺色と金色に染め上げた。

     トヨタの杉浦宏哉さん(第2国内販売部 部長)は「クラウンは保守的というイメージを抱いている人もいる」と話す。西野さんも、トヨタから依頼を受けた時点では「クラウンは、自分より年上の人が乗る高級車というイメージ」だったという。今回のプロジェクトはそうした印象を払拭し、「これまでクラウンと接点がなかったお客さまにも認知を広げる機会にしたい」(杉浦さん)としている。
    .
    オンラインサロンで意見募る

     デザインを考える中で、西野さんは、約2万2000人の会員を抱えるオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」でデザイン案に対する意見、感想などを求めた。

     西野さんは「デザインしたものを一方的に発表しても、知らない人からすると、ひとごとに思われてしまう恐れがある」と話す。オンラインサロンの会員に参加意識を持ってもらい、より幅広い層にリーチさせることを試みた。

     「オンラインエンターテインメントのサービスは『受け取り型』から『参加型』、さらには『発信型』へと変化している。企画に参加した会員は、Twitterなどでプロジェクトに携わったことを“どやりたい”と思う」(西野さん)

     ニシノクラウンは3月12~17日、表参道ヒルズ(東京都渋谷区)で展示される。

    ■ニシノクラウン
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ■普通のクラウン
    no title

    no title

    no title

    no title


    他ソース
    ど、どうしちゃったの? トヨタが金ピカ車「ニシノクラウン」発表、キンコン西野さんがデザイン
    https://news.biglobe.ne.jp/economy/0311/nlb_190311_2309378446.html

    3/11(月) 20:20
    ITmedia NEWS
    no title


    【【高級車】トヨタ、キンコン西野さんデザイン「ニシノクラウン」公開 フランス革命期の英雄・ナポレオンをイメージした金ピカ車】の続きを読む

    スッキリ

    1: 2019/03/05(火) 14:23:55.34 ID:92B+ldFq9

     5日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、日本文学研究者ロバート・キャンベル氏が大活躍した。話題に上がったのは、さる1日、自動車メーカー・トヨタが公式Twitterで行ったアンケートの文言だ。「女性ドライバーの皆様へ質問です。『やっぱり、クルマの運転って、苦手ですか?』」というもの。だが、これが「女性蔑視だ」「偏見だ」と炎上し、その後、Twitterから質問が削除されたのである。

    トヨタにどの程度の苦情が寄せられたのか分からないが、これに関して、幻冬舎の箕輪厚介氏は「ピリピリしすぎ」
    「みんなが揚げ足取って、大企業が謝罪するという一種の劇場を楽しんじゃってる」などと述べた。

    さらに、高橋真麻も「そんなに質問文、まじまじと見ない。(中略)口うるさく言う少数派のために大多数の人が何も思ってないのに、こうやって取り下げなきゃいけなくなっちゃうのはおかしい」
    と疑問を呈していたが、それらをキャンベル氏はことごとく論破。

    高橋には「ネットで流れる文章をマジマジと見ない。だからこそ大事」と反論。「『やっぱり』という日本語は、辞書を引くと『案の定』『予測した通り』という意味。
    世界一のトヨタが、女性に対して『やっぱり車の運転って苦手ですよね?』と誘導をしている」とやり返した。

    さらに、箕輪氏にも「『ピリピリしてる』ということを言えること自体が、高みから言っている発言」と応酬したのだ。
    キャンベル氏に対して「キャンベルさんの言うことは正論だけど」と、なんとか論戦を繰り広げていた極楽とんぼ・加藤浩次も
    「まあ、そうか」と納得せざるを得ない状況に追い込まれていた。

    この一連のやり取りを見ていたネットユーザーは「キャンベルさんがいてよかった」「ロバート・キャンベルさんがハッキリと冷静に反対の意見を言ってくれて 心が救われた ありがたい」
    「まじキャンベルさんリスペクトなんだが」と称賛が集まっており、視聴者はまさに「スッキリ」したようであった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1718231/
    2019.03.05 12:00 リアルライブ


    【【トヨタ炎上】「女性は運転苦手」問題で加藤浩次と箕輪氏“ピリピリしすぎ”をキャンベル氏が論破しネット大絶賛】の続きを読む


    1: 2019/03/02(土) 10:06:06.60 ID:VOWptSX8a

    ◆ガソリン
    X(FF) 2,608,200円
    X(4WD) 2,835,000円

    Adventure(4WD) 3,137,400円

    G(4WD) 3,202,200円
    G"Z package”(4WD) 3,348,000円


    ◆ハイブリッド
    X(FF) 3,222,000円
    X(E-Four) 3,450,600円

    G(E-Four) 3,817,800円


    ◆一番安価なX(FF)2,608,200円の見積もり

    ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン(有料色)
    インテリアカラー:ファブリック/ブラック(標準)

    ①車両本体価格:2,608,200円
    ②付属品(メーカーオプション/ディーラーオプション):633,360円
    ③諸経費:246,660円
    総支払額(①+②+③):3,488,220円
    http://creative311.com/wp-content/uploads/2019/03/20190301_rav4_XFF-1

    RAV4はこんな車
    標準
    no title

    no title

    no title




    【【朗報】トヨタの新型RAV4、割と安くてお前らでも買えそうwww】の続きを読む


    1: 2019/03/01(金) 17:48:35.39 ID:n1Zo9g8a9

    「女性ドライバーの皆様へ質問です。やっぱり、クルマの運転って苦手ですか?」――。そんなメッセージをトヨタ自動車が1日、公式のツイッターで投稿したところ、批判が殺到。トヨタは投稿を取り消し、謝罪した。

     トヨタはツイッターの投票機能を使って、「とても苦手」や「すこし苦手」など回答を募っていた。このメッセージに対し、SNS上では「やっぱりって何? 女性蔑視?」、「普通の運転で男女差ってあるのでしょうか」、「免許取得以来無事故無違反の私でも、車の会社からやっぱり運転下手って思われてるのかと思うと悲しい」、「私の周りには事故を起こした人もいないし、みんな毎日バリバリ運転しています」といった批判的な意見が広がった。

     これを受けトヨタは1日午後4時ごろ、「女性の運転技量が男性よりも劣るかのような不適切な表現がございました。多くの方に不快な思いをさせてしまいましたことを、心より深くお詫(わ)び申し上げます」との内容を投稿した。(細見るい)

    2019年3月1日16時47分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM31560WM31OIPE01M.html
    no title


    【【トヨタ】公式ツイッターの失言ツイートで謝罪へwwwwwww】の続きを読む

    トヨタグループ

    1: 2019/02/28(木) 09:30:59.33 ID:Ef21n5tQ9

    トヨタグループ1月の世界生産 過去最高更新
    2ヵ月ぶり増 
    2019/2/28 09:00
    ©株式会社中部経済新聞社
    https://this.kiji.is/473641184356893793

    トヨタ自動車は27日、ダイハツ工業と日野自動車を含むグループの2019年1月の世界生産が前年同月比4・7%増の90万719台だったと発表した。2カ月ぶりのプラスで、1月単月として過去最高を更新した。トヨタ、ダイハツ、日野とも増加。トヨタは1月から国内で北米向け新型「カローラ」の生産開始が寄与した。


    【トヨタグループ1月の世界生産、過去最高更新 前年同月比4・7%増の90万719台】の続きを読む

    レクサス1万台超リコール

    1: 2019/02/27(水) 15:31:30.76 ID:fkRwjnNn9

    トヨタ自動車は27日、タイヤとホイールの取り付け方に問題があり、タイヤ内部に亀裂ができる恐れがあるとして、高級車ブランド「レクサス」の「LS500h」など5車種計1万3391台(2017年8月~18年7月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

     国交省によると、亀裂の影響で異常音や振動が発生するほか、タイヤの接地面がはがれて、走行に支障が出る可能性もある。事故はなく、不具合24件が報告されている。

    2019/2/27 15:26
    共同通信
    https://this.kiji.is/473375954354799713


    【レクサス1万台超リコール タイヤに亀裂の恐れ 「LS500h」など5車種】の続きを読む


    1: 2019/02/27(水) 12:37:44.50 ID:nBpsiqck0 BE:837857943-PLT(16930)


    トヨタのチーフエンジニア甲斐氏がインタビューで示唆したことから、現実味が帯びてきた『MR2』の復活。これまで検討段階だったが、
    GOサインが出たという噂も浮上している。

    「MR2」は、日本メーカー初の市販ミッドシップモデルとして、1984年にデビュー。1989年には2代目を発売し、1999年まで販売されていた
    人気2ドアスポーツだ。

    スクープサイトSpyder7では、デザイナーEsa Mustonen氏の協力を得て、予想CGを入手した。フロントエンドは、『カローラスポーツ』を彷彿させる
    キーンルックを、よりスポーティにアレンジ。曲面を多用した近未来的なボディシルエットを特徴とした。

    先日、スバルが新型ミッドスポーツを計画しており、コスト削減のために「MR2」新型とプラットフォームを共有する可能性があるとお伝えしたが、
    やはり今スポーツカーを生産するにはパートナーが必要であり、アーキテクチャの共有は大きな選択肢の一つと言えるだろう。

    有力なパワートレインには、2.0リットル水平対向直列4気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドが上げられている。発売が実現するならば、
    ワールドプレミアは最短で2021年、遅くとも2025年までの登場が予想される。

    https://response.jp/article/2019/01/02/317631.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタ「MR2」復活へ…水平対向ハイブリッド】の続きを読む

    このページのトップヘ