トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/07/05(火) 20:27:06.86 ID:XAZG6cuf0● BE:896590257-PLT(21003)

    炎天下の悲劇を防げ 子どもの車内放置検知システム、アイシンが開発
    2022年7月5日 18時30分 朝日新聞

    炎天下の車内に置き去りにされた子どもが熱中症で亡くなる悲劇を防ごうと、トヨタ自動車系大手部品メーカーのアイシン(愛知県刈谷市)が、子どもの車内放置を検知するシステムを開発した。
    2025年ごろの実用化を目標に詰めの検討を加速させている。

    同社は高精度なレーダー(電波)技術を強みとするイスラエルのベンチャー企業と連携。車内の天井部分に設置されたレーダーが大人や子ども、動物などの大きさを見分ける。
    子どもの呼吸時の胸の動きといった微小な動きも検知し、子どもが車内に取り残されていないかどうか識別する。
    子どもだけを置いて車外に出ると、ヘッドランプやクラクションを自動で作動させて、知らせる仕組みを想定している。

    子どもは後席につけたチャイルドシートに乗せることが一般的だ。ただ、前席に移るなど、「予測できない動き」(開発担当者)も想定し、レーダーが車内全体をカバーするよう設計した。
    自動車会社の要望を聞くなど、量産化へ詰めを進めている。

    https://www.asahi.com/articles/ASQ755KH1Q75ULFA00R.html
    no title


    【【画期的】トヨタ系、車内での熱中症死を防ぐシステムを開発!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    289

    1: 2022/07/02(土) 10:28:09.944 ID:v4MDOd49d

    日産とかホンダではこうはならなそう
    no title


    【トヨタさん、高級ブランドみたいになるwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/07/03(日) 01:35:01.11 ID:rUJSgTwf0

    no title


    EUで売れてる車メーカーランキング 

    1位 フォルクスワーゲン🇩🇪
    2位 ストランティス🇳🇱
    3位 ルノー日産🇫🇷
    4位 ヒュンダイキア🇰🇷
    5位 BMW🇩🇪
    6位 トヨタ🇯🇵
    7位 ダイムラー🇩🇪 ← 😅


    【【朗報】トヨタ、うっかりEUでベンツより売れてしまうwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタのライズ

    1: 2022/07/02(土) 19:03:48.32 ID:kIV+ldtup

    これパッと買えるやつどこの貴族よ


    【トヨタのライズの見積もり取ったら260万で草wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタのアクア

    1: 2022/06/30(木) 12:09:50.69 ID:el8AYEMtM

    主に通勤に使う
    往復60kmくらいや


    【年収400万ちょっとでトヨタのアクア維持できる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    rankuru

    1: 2022/07/01(金) 21:49:06.55 ID:YqyvVqaD9

    >>2022/07/01 20:44

     トヨタ自動車は1日、スポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー」の受注を停止していると発表した。半導体などの部品不足で生産が追いつかなくなっており、納車まで4年を超える状態になっていた。

    トヨタ自動車が受注を停止したスポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー」
     受注を停止しているのは、国内では昨年8月に発売された新型「300シリーズ」。再開は生産状況を踏まえて、来年半ばに公表する予定だ。

    続きは↓
    読売新聞オンライン: トヨタ、新型ランクルの受注停止…生産追いつかず納車まで4年超.
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220701-OYT1T50233/


    【【トヨタ】新型ランクルの受注停止…生産追いつかず納車まで4年超】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    現行アルファード

    1: 2022/06/28(火) 20:54:15.98 ID:CAP_USER

    現行アルファードの受注停止という情報をトヨタディーラーから入手した。これはどういうことか?

    思わず耳を疑ったので、コロナ禍による部品供給の遅れや半導体不足による受注をいったん停止することかと聞き直してみると、「アルファードの新車はもう購入できなくなりました」。アルファードの新車がもう買えない!?マジか~。

     ということで、現行アルファードの販売は今どうなっているのか、販売の現場から聞いた最新情報をお届けする。

    アルファードの納期は、つい1週間前、2022年6月中旬の段階で、今注文するとメーカーオプションのナビなしが納車2022年12月末、ナビありが2023年4月上旬になる…と聞いていた。

     今年(2022年)4月27日には特別仕様車のS"TYPE"ゴールドIIIが発売になり、5月の販売台数が6699台で登録車販売台数ランキング「5位」と相変わらずバカ売れしており、6月、7月の生産工場の操業停止によってどうなるのか注目していたのだが、急転直下、「アルファードの受注停止」がディーラーへ通達されたのだ。

     さすがにこれには取材したディーラーマンも驚いたようだ。興奮気味に話をしてくれた。

    営業マン―いや参りましたよ。先週はガソリン車やディスプレイオーディオ付きだと今年12月末、ハイブリッドのメーカーオプションナビありだと来年4月末と話していたばかりです。

     この話を聞いたのは6月24日だったが、ディーラーマンから驚きの新事実の話が出た!

    営業マン―メーカーから販売会社へ正式に「受注停止」の通達が来ました。今、アルファードを注文すると納期が2023年4月末以降になり、新型に切り替わる「2023年5月」を超えてしまう可能性があるためだそうです。

    ―え、えええ~、新型アルファードの発売が来年5月ということですか?

    営業マン―そういうことになりますね。さすがに、フルモデルチェンジ1年前に現行モデルの受注が停止されることは、今までなかったですからビックリしました。
    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eccd35d38fc29f3ae7b978d5fffb69b0d7c696a4


    【【トヨタ】現行アルファード 新型が出る1年前にまさかの受注停止!新型は2023年5月発売確定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    納車時期

    1: 2022/06/28(火) 07:23:13.18 ID:WvoQuMyCM

    どーすんのこれ
    no title


    【【悲報】トヨタ車の最新納期がこれ 多分お前らが想像する3倍はヤバいwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタのカーディーラー

    1: 2022/06/26(日) 21:14:30.24 ID:wq8WdxqX0● BE:194767121-PLT(13001)

    「自転車でフラッと!」新車ディーラーにチャリで訪問はアリ!? 気を付けたい「態度」とは
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7dbf0d980910d254a79ca34bd6f3f69d71b12a9d


    【車の性能は別として、トヨタのカーディーラーの売り込みの上手さは凄いよなw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/06/27(月) 00:53:46.09 ID:yNRtJFCL0

    思ったより10倍よかったわ
    no title


    【【朗報】ワイ、クラウンのSUVが欲しくなるwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    kk

    1: 2022/06/25(土) 10:26:28.46 ID:/YDDR7nl0

    すっくな





    【マジかよ、トヨタ社長の年収がwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ハイエース良い車

    1: 2022/06/24(金) 22:22:28.994 ID:QQns13w/0

    ほんと良い車
    乗りやすい
    荷物たくさん乗る
    5人乗れる
    税金安い
    燃費悪くない


    【ハイエース良い車だよみんな買おうよwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/06/23(木) 22:19:02.90 ID:CcppvreM0● BE:896590257-PLT(21003)

    トヨタ bZ4X & スバル ソルテラ、使用停止を要請…タイヤ脱落のおそれ
    2022年6月23日(木)17時15分 Response

    トヨタ自動車は6月23日、トヨタ『bZ4X』およびスバル『ソルテラ』について、タイヤが脱落するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出て、利用者に当面の間の使用停止を呼びかけた。
    対象となるのは2022年3月2日~6月2日に製造された204台。

    不具合箇所はタイヤを取付けるハブボルト。急旋回や急制動の繰返し等でボルトが緩む可能性がある。
    そのため、そのままの状態で走行を続けると、異音が発生し、最悪の場合、タイヤが脱落するおそれがある。

    改善措置として、全車両、当面の措置として、使用者に対し使用停止を要請し、対策が決定次第、恒久対策を実施する。

    不具合および事故は起きていない。海外市場からの情報により発見した。

    https://response.jp/article/2022/06/23/358952.html

    1769679

    1769821


    トヨタ公式
    https://toyota.jp/recall/2022/0623.html


    【【トヨタ】電気自動車リコール。タイヤ脱落の恐れ。使用停止を呼びかけ。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/06/22(水) 10:01:27.77 ID:vKHfl0Q80 BE:323057825-PLT(12000)

    ベストカー本誌スクープ班の調査によると「2025年頃登場」と言われていたトヨタのスーパースポーツカー「LFA」後継車(本誌では「LFA 2」と呼んでいた)。
    「開発が続けられている」という情報は編集部に入っていたものの、本当の本当に進んでいたとは…(←不信心)。以下、ざっと概要をお届けします。

    ■トヨタが特許庁に「乗用自動車」で意匠登録

    トヨタが特許庁に商標登録し、公開された「乗用自動車」の画像。もちろんCGだが、すくなくともトヨタはこのデザインを意匠登録した。画像は全7枚が公開

     このたび本誌編集部が発見したのは、出願日2021年12月6日、発行日2022年5月16日にて特許庁へ意匠登録されたデザイン。
    登録画像はまぎれもなくスーパースポーツ「LFA」後継車そのものであった。もちろん念のため確認した出願者欄「氏名又は名称」は「トヨタ自動車株式会社」であり、
    「意匠に係る物品」は「乗用自動車」です。マジか。マジです。

     これまで編集部には「LFA後継車の開発が続いている」という情報が入ってきてはいたものの、正直なところ編集部員でも半信半疑でした。すみません。猛省します。

     ここまで具体的なデザインが意匠登録されたということは、このスタイルで市販型の開発が進んでいるということ。

    いかそ
    ほ…本気だったのかトヨタ!!! マジで市販されるぞ「LFA2」デザイン公開!!!
    https://bestcarweb.jp/news/scoop/447885
    no title


    【トヨタのスーパーカー「LFA 2」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ヴォクシーかノア

    1: 2022/06/14(火) 21:11:21.770 ID:zmPP/+fu0

    家族4人で乗るんだがヴォクシーかノアで悩んでる…


    【トヨタのミニバンでどれ買おうかな~wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    vvd

    1: 2022/06/21(火) 21:59:46.08 ID:WbIsvbmT0● BE:423476805-2BP(4000)


    トヨタ新型クラウンのフルモデルチェンジが迫っている。
    発売日は2022年7月15日となる見込み。
    16代目となる新型クラウンシリーズは複数のボディタイプが検討されてきたが、まずは「クラウン セダンプラス」と呼ばれるモデルが発売されることになる。

    ■新型クラウンのエクステリアが特許庁に登録済み

    トヨタが日本国特許庁へ意匠登録していた内容が、2022年6月20日に発表されており、そこでは新型車両のエクステリアデザインを確認することができる。

    そのフロントノーズの先端にはクラウンの冠が置かれており、タイミング的にも2022年7月発売の新型クラウンそのものと考えられる。
    ただし、出願時(2021年7月9日)の暫定デザインということになり、そこからいくらかの修正はあったはず。

    意匠登録された箇所には、左右のヘッドランプを繋ぐ部分も含まれており、そこには特徴的な一文字のラインが存在する。

    新型クラウンには、後追いでBEVモデルが追加される見込み。
    そのデザインスタディモデルは、2021年12月14日のバッテリーEV戦略に関する説明会で出展されたモデルの一つ「bZ SDN」であったと考えられ、そこでも一文字に点灯されたデイタイムランニングライトが確認されていた。

    また、新型クラウン セダンプラスは、発売当初はハイブリッドエンジン車のみがラインアップされる見込みで、メッシュタイプのフロントグリルが採用されている。
    対するbZ SDNはエンジンの存在を感じさせないBEVらしいフロントデザインが採用されていた。

    意匠登録出願時のエクステリアではリアデザインも示されており、一文字のランプと、ファストバックらしいボディスタイルが確認できる。
    (つづきあり)
    https://car-research.jp/crown/toyota-6.html


    【【トヨタ】「クラウン セダンプラス」特許庁がエクステリア流出、2022年7月15日フルモデルチェンジ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/06/14(火) 14:28:02.34 ID:g0uThsTU0

    ありなん?

    cx5


    ハリアー


    【30歳とかでトヨタのハリアーとかマツダのCX-5乗る選択肢wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/06/16(木) 18:27:52.83 ID:My5rGmgD0

    怒らないでくださいね
    これジムニーじゃないですか
    no title

    no title


    【トヨタ新型EV、コンパクトクルーザーかっけぇぇぇぇwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ、反EVのロビー

    1: 2022/06/18(土) 11:55:28.05 ID:7STfJ1+8a

    トヨタが世界で最も環境に配慮した自動車メーカーの1つであった時代がありました。同社は実質的にプリウスとのハイブリッド車を主流にしたが、それ以来電気自動車に対して保守的な姿勢を維持している。
    今日、トヨタはバッテリー式電気自動車でアメリカと韓国の競合他社に遅れをとっており、水素を動力源とするセダンである未来はニッチな車であり続けています。 

    同社は、全電気自動車への急速な移行を厳しく批判している。英国では、トヨタは、その技術が国から禁止された場合、生産が80%ハイブリッドである英国の工場への投資を停止すると脅迫しました。
    これは、英国で販売されるすべての新車の半分以上が2028年までに完全に電気自動車になるべきであるという英国政府の提案に刺激されたようです。 


    【【悲報】トヨタ、反EVのロビー活動を行い世界中の株主から批判されてしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    超絶エリート男性

    1: 2022/06/17(金) 07:04:32.24 ID:+Y6NQwi9p

    ストレートに羨ましい
    no title

    https://kyuyo-gazou.com/company/1178/


    【トヨタ自動車に勤める超絶エリート男性(26歳)の給与明細がこちら、これが世界レベルか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/06/15(水) 23:34:58.99 ID:hrxIgIeW0

    冗談抜きでライズ以外のSUV選ぶ理由ないやろ
    no title


    【『RAIZE』以外のSUVを選ぶ理由、割とガチで存在しないらしいwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタのハリアー

    1: 2022/06/14(火) 11:37:09.97 ID:g0uThsTU0

    新卒でも買えるけど…

    でも確かに貧乏チンピラでもブランド物のバッグとか財布買えるし…

    新卒でも買えるから高級車とは言えない、とはならんのか?


    【トヨタのハリアーって高級車??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    セルシオ

    1: 2022/06/13(月) 22:07:26.388 ID:FLSwciUQp



    【3大TOYOTAの名車「セルシオ」「マジェスタ」あと一つは??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    33

    1: 2022/06/12(日) 17:52:13.26 ID:xJ/HFKURa

    豊田社長の回答全文

    カーボンニュートラルを達成するための敵は炭素。内燃機関ではない。炭素を減らすことがCN実現の近道。エネルギーを作る、運ぶ、使うという点でBEV(バッテリー式電気自動車)だけということに、投資を誘発させたい希望を持つ一部の方々が積極的に発言されているのだと思う。

    われわれのビジネスはBtoCなので、市場と顧客により多くの選択肢を提供したい。選択肢は市場とお客様にあるということにこだわりを持ってやっている。そういう意味では、多様化した社会には多様化した選択肢・解決策があるのではないか。
    そのための1つの選択肢として、われわれは水素エンジンを開発している。

    ただ、トヨタは水素エンジンだけをやっているというわけではない。トヨタはBEVもやっているし、日本の強みであるハイブリッドも長年やり、この20年間でCO2の削減は、どの国と比べてもそん色ない形で達成してきている。
    今すぐCO2を減らせること、長期的でかつ、政府の補助金などに頼らず持続的に自立してCO2を減らす方法をみんなで考えていくべきだし、大事なことは選択する権利を持っているのは、お客さまで、市場であることをご理解いただきたい。

    この1年間を見ていると、BEV一辺倒から割と変わってきていると感じている。最後はお客さまが選ぶということなので冷静に現実を見て頂きたいし、モビリティ、自動車というのは全ての方に移動の自由を与えるもの。
    決して富裕層だけが移動の自由を得るのではない。インフラがないところでも移動の自由を得て、CO2削減に貢献できるということをどの自動車メーカーも模索しているのではないか。


    【トヨタ社長「EVは投資家が過剰に騒いでるだけ」←どう思う?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ccc

    1: 2022/06/11(土) 21:11:08.66 ID:ZKkkJTcX0● BE:423476805-2BP(4000)

    トヨタ新型クラウンシリーズのフルモデルチェンジは2022年7月の実施が予想される。
    (写真は従来型220系コンセプト)

    ■国内向けは「クラウンクロス」命名の可能性、ボディスタイルはクロスオーバーSUV+ファストバック

    今夏に発売される新型クラウンは伝統的なセダンボディとはならず、クロスオーバーSUVとファストバックの要素が加えられたボディスタイルとなる。

    他メーカーで言えば、テスラのモデルXやモデルY。あるいは、かつてのBMWの3シリーズや6シリーズなどで設定されたグランツーリスモといった車種とイメージが近くなるだろう。

    腰高なスタイルにより最低地上高が上げられ、ルーフ後半がなだらかに傾斜したクーペSUVらしいボディシルエットとなる見込みだ。

    ■新型クラウンはGA-Kプラットフォーム採用、エンジン横置きFFレイアウト

    新型クラウンは、GA-Kプラットフォームの導入によりエンジン横置きのFFレイアウトが採用される。

    既に数多くの車種がGA-Kプラットフォームをベースに市販化されてきたが、なかでもセダン車種としては、カムリとレクサスESがある。
    クラウンのクロスオーバーSUV化はこれらセダン車種との差別化という意味もあるはずだ。

    また、新型クラウンは、北米と中国で販売される予定となっており、特に北米では2022年10月からの販売計画が明らかとなっている。
    今後の展開によっては、販売の中心がグローバル市場に移っていく可能性は十分に考えられる。

    ■FR版の新型クラウンも開発中、従来型GA-Lナロープラットフォーム継承モデルも国内向けに計画中
    (つづきあり)
    https://car-research.jp/crown/toyota-6.html


    【【トヨタ】「クラウン」フルモデルチェンジ7月迫る、SUV+ファストバックの“クロス”が先行発売】の続きを読む