トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    SAI

    1: 2022/01/16(日) 08:48:56.971 ID:a/sobMuc0

    やっぱり古いとはいえ
    かつてのフラッグシップセダン


    【トヨタの型落ち高級セダンを中古格安で買ったった結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    RAV4

    1: 2022/01/17(月) 09:53:06.75 ID:AJ082THs9

    2022年1月16日(日)19時30分

    豊田自動織機 / トヨタRAV4“5D ADVENTURE 2022”(東京オートサロン2022)

    トヨタ自動車から委託を受け、トヨタ『RAV4』や『ハリアー』などの企画やデザイン、生産にまで携わる豊田自動織機は、2022年1月14日に開幕した東京オートサロン2022に、山岳救助に特化した「RAV4“5D ADVENTURE 2022”」を出展。RAV4をさらに魅力的にし、ユーザーに提供できることを目指すという。

    今回展示されたコンセプトモデルのテーマは、「究極のRAV4」。様々な分野のプロフェッショナルをリサーチすることで、RAV4の持つ運動性能やPHV、ハイブリッド性能などを生かした山岳救助に特化したモデルの制作を決めたと、自動車事業部製品企画部RV商品企画室の中村直之氏は説明する。

    「実際の山岳救助隊の行動や思考、どういうような動きで救助に向かうかという流れを調べました。通常の山岳救助はヘリで向かうものですが、悪天候になるとヘリは飛べないので、そうなると山岳救助の方は車で救助に向かうそうなんです。その際に、少しでも救助する方の近くに行きたいという事で、そのためにはどうすればいいかという事を一番に考えています」

    そしてまずは、安全な地形を読み取って走行できる、LiDAR(レーザー測距装置)を搭載。AR機能と重ね合わせることで、LiDARで読み取った安全な地形を視覚的に見ることを可能とし、隊員はその情報を元に山岳地帯の最深部へ進んでいくことができるという。

    さらに、LiDAR、カメラ、照明など救助活動で必要な各種機能を装備した脱着可能なキューブユニットも搭載。クルマの天井部にはドローンもセットされていて、クルマではこれ以上奥に行けないと判断すると、ドローンの出動を促すアラートが起動し、クルマのステアリングとアクセルペダルでのドローン操作が可能となる仕組みとなっている。

    そして、ドローンが救助者の所へたどり着くと、GPS発信機付きのファーストエイドキットを投下。そのGPS情報を頼りに、隊員は救助に向かうことができると説明された。
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://response.jp/article/2022/01/16/353215.html


    【【トヨタ】究極のRAV4!豊田自動織機の山岳救助コンセプト】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    新型アクア

    1: 2022/01/15(土) 15:48:00.36 ID:uhSSsZv6a

    一体どの層を狙って作ったんや


    【新型アクアとかいう欠陥車wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/01/14(金) 22:24:40.44 ID:YXEuu6UP9

    TOYOTA GAZOO Racingは2022年1月14日、「東京オートサロン2022」の会場において、高性能ハッチバック「トヨタGRMNヤリス」を発表した。販売台数は500台限定。同日から2022年2月28日までウェブサイトで注文予約を受け付け、当選者には3月9日に連絡。同年の春ごろ商談・受注を行い、夏ごろにデリバリーを開始する見通しとなっている。

    トヨタGRMNヤリスは、既存モデル「GRヤリス」をベースに、モータースポーツで得られた知見を生かして軽量化とボディー剛性の強化を徹底追求し、「軽量スポーツ4WDの究極の姿を実現した」とうたわれるハイパフォーマンスモデル。制動力やコーナリング性能も向上しており、より安心して速く走れるクルマに進化させたとアピールされる。

    具体的には、1速~4速をクロスレシオ化しローファイナルギアとセットにしたトランスミッションを採用。耐久レースなどでの信頼性向上のため、1、3、4、5速とファイナルギアにSNCM材(ニッケルクロムモリブデン鋼鋼材)を使うとともにショット処理を実施。“ショックトルク強度”と“耐疲労強度”を大幅に向上させたという。エンジンのアウトプットについては、最高出力は272PS/6500rpmで「GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”」と変わらず。最大トルクは20N・mアップの390N・m/3200-4000rpmとなっている。

    一方で、軽量高剛性なカーボン(綾織CFRP)製のエンジンフードやルーフ、リアスポイラーなどを装備。リアシートを撤去し乗車定員を2人とすることで、GRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”に対して約20kgの軽量化を実現した。また車体については、スポット溶接打点数を545点増加し、構造用接着材の塗布範囲を12m延長することで剛性を強化。ドライバーの操作によりダイレクトに応えることができるようになったという。

    これらのパフォーマンス強化に加え、GRMNヤリスには2つのサービス「アップデートプログラム」「パーソナライズプログラム」が用意される。レースごとのタイムリーなクルマの進化を実現するとともに、ドライバーに合わせたカスタマイズによりパフォーマンスを引き出す体験ができるようにし、レース車両と同様、ユーザーに「終わりのないクルマの進化」を提供するのがねらいだ。

    GRMNヤリスはベースグレードのほかに、スーパー耐久シリーズへの参戦経験をもとに走行性能を高めた「“Circuit package(サーキットパッケージ)”」が設定される。特別外板色の「マットスティール」(50台限定)が設定されるのも同モデルの特徴だ。さらに、全日本ラリー選手権の経験から開発されたパーツを装備する「“Rally package(ラリーパッケージ)”」もラインナップされる。

    各モデルの特別装備は以下の通り。

    【GRMNヤリス“サーキットパッケージ”の主な特別装備】
    ・BBS製 GRMN専用18インチホイール
    ・ビルシュタイン製 減衰力調整式ショックアブソーバー
    ・カーボン(綾織CFRP)製リアスポイラー
    ・サイドスカート
    ・リップスポイラー

    【GRMNヤリス“ラリーパッケージ”の主な特別装備】
    ・GRショックアブソーバー&ショートスタビリンクセット
    ・GRアンダーガードセット
    ・GRロールバー(サイドバー付き)

    価格はGRMNヤリスが731万7000円。“サーキットパッケージ”は846万7000円、“ラリーパッケージ”は837万8764円となっている。(webCG)

    2022.01.14
    https://www.webcg.net/articles/-/45737

    GRMNヤリス“サーキットパッケージ”(左)、GRMNヤリス“ラリーパッケージ”(右)
    no title

    GRMNヤリス“サーキットパッケージ”
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    GRMNヤリス“ラリーパッケージ”
    no title

    no title


    【トヨタ「GRヤリス」のフルチューン版「GRMNヤリス」が登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/01/14(金) 11:59:56.106 ID:KabPn1CAd

    これは売れるわ
    no title


    【新型ヴォクシーカッコ良過ぎて、無事ミニバン覇権へw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/01/13(木) 23:08:52.74 ID:pC3nuW6a9

    トヨタ自動車は2022年1月13日、ミニバン「ノア」「ヴォクシー」の新型を発表。同日、販売を開始した。

    ■選べる顔は3タイプ

    ノア/ヴォクシーは、2001年の登場以来、3代にわたって人気を博してきたトヨタの“5ナンバーミニバン”。8年ぶりのモデルチェンジでデビューした今回の4代目も、兄弟で商品ラインナップを構成する。トヨタとしては「ミニバンならではの使い勝手の良さ」を追求した先代に手応えを感じているとのことで、新型はその正常進化版として開発。より快適に、より便利に、より安心なミニバンに仕上げたとアピールされる。

    新型のボディーサイズはノア/ヴォクシー共通で、全長×全幅×全高(高さ50mmのシャークフィンアンテナを含む。カッコ内は先代比)=4695(±0)×1730(+35)×1895(+70)mm。TNGAの思想に基づいて開発された「GA-Cプラットフォーム」を採用したことで車幅は1700mmを超え、いわゆる“3ナンバー車”となった。ホイールベースは2850mmで先代と変わらない。

    (中略、詳細はソースでご確認下さい)

    新型ノア/ヴォクシーの価格は以下のとおり。ボディーカラーは、ノアが「ホワイトパールクリスタルシャイン」をはじめとする全7色、ヴォクシーが「マッシブグレー」を含む全6色となっている。

    【ノア<2リッターガソリンエンジン>】
    ・7人乗りFF車:267万円~332万円
    ・8人乗りFF車:267万円~304万円
    ・7人乗り4WD車:286万8000円~351万8000円
    ・8人乗り4WD車:286万8000円~323万8000円

    【ノア<1.8リッターハイブリッド>】
    ・7人乗りFF車:305万円~367万円
    ・8人乗りFF車:305万円~339万円
    ・7人乗り4WD車:327万円~389万円

    【ヴォクシー<2リッターガソリンエンジン>】
    ・7人乗りFF車:309万円~339万円
    ・8人乗りFF車:309万円
    ・7人乗り4WD車:328万8000円~358万8000円
    ・8人乗り4WD車:328万8000円

    【ヴォクシー<1.8リッターハイブリッド>】
    ・7人乗りFF車:344万円~374万円
    ・8人乗りFF車:344万円
    ・7人乗り4WD車:366万円~396万円

    (webCG)

    2022.01.13
    https://www.webcg.net/articles/-/45719

    ノア
    no title

    no title

    no title

    no title

    ヴォクシー
    no title

    no title

    no title

    no title

    エンジン
    no title

    室内
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【新型「トヨタ・ノア/ヴォクシー」がデビュー より快適で安心・便利なミニバンに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2022/01/12(水) 23:26:35.76 ID:vmo6rLpF9

     トヨタ自動車は1月12日、プレミアムブランド「レクサス」から新型「LX」を発表しました。レクサスのフラッグシップSUVをフルモデルチェンジし、新たに「EXECUTIVE」と「OFFROAD」という2タイプを設定。多様化するニーズに対応します。価格(税込)は1250万円~1800万円。

    次世代レクサスSUVのフラッグシップ
     「NX」に続く次世代レクサスの第2弾として登場。「信頼性」「耐久性」「悪路走破性」を確保するために、ボディオンフレーム構造を維持しながら、新GA-Fプラットフォームの採用や約200kgの軽量化、デジタル開発による高剛性ボディの実現などを通じ、クルマの素性を刷新しています。

     エンジンは最高出力305kW(415PS)、最大トルク650Nmを発揮する3.5リッターV型6気筒ツインターボガソリンエンジンを採用し、10速ATを組み合わせます。踏み始めからシームレスでリニアな加速を実現しているほか、初代から継承する2850mmのホイールベース、対地障害角を確保し、オンロード、オフロードとも走行性能を磨き上げています。

     「LX600」の1グレードに2タイプを設定。「EXECUTIVE」は、後部座席に最大48度までリクライニング可能なシートと後席専用コンソールを備え、あらゆる路面において最上級の快適性を提供するという4座独立(4人乗り)のぜいたくな仕様。「OFFROAD」は前後デフロックと力強いデザインを備え、走破性とオフロードイメージを高めています。

     ボディサイズは5100(全長)×1990(全幅)×1885(全高)mmと、先代から全長で20mm、全幅で10mm大きくなり、全高は25mm低くなっています。

    Fav-Log by ITmedia
    1/12(水) 18:08配信 Fav-Log by ITmedia
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9d751c268e27eb62c61d9c2c65ac0be8d64934e9
    画像 新型「レクサスLX」
    no title

    no title

    no title


    【新型「レクサスLX」発表!415馬力3.5リッターV6ツインターボエンジン搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    AE86

    1: 2022/01/11(火) 21:53:45.529 ID:1n9laFBed

    乗りたい!


    【AE86とかいうオンボロ車wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ

    1: 2022/01/11(火) 14:27:03.946 ID:b2QvGbXUa

    ちな頭金50万!


    【車買いたいんだけどトヨタかホンダでおすすめある??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    代車でプリウス

    1: 2022/01/07(金) 19:06:00.502 ID:AIdrmb2cd

    リッター33キロって。。。。


    【代車でプリウス乗ってるんだけど燃費良過ぎて泣きそう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ

    1: 2022/01/05(水) 08:40:34.23 ID:Gs2bS6Y10

    GM抜くのはまずいやろ


    【トヨタさん、うっかりアメリカで新車販売台数1位になってしまうw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    toyotaw

    1: 2022/01/04(火) 12:57:32.60 ID:1OQ6iiBc0● BE:598966228-2BP(2000)

    トヨタ、25年メドに車の基盤ソフト IT大手対抗へ外販も

    トヨタ自動車は2025年にも、次世代車の加速や安全制御機能などを一括で動かす頭脳にあたる基本的な車載ソフトウエアを実用化する。自社製の車両に搭載するだけでなく、他の自動車メーカーにも販売する。独フォルクスワーゲン(VW)など自動車メーカーのほか、IT(情報技術)大手が車載ソフトの標準仕様を握ることで収益を得る「プラットフォーマー」の地位を狙っており、せめぎ合いが激しくなっている。

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC26AU80W1A121C2000000/


    【【トヨタ】25年に車の基盤ソフトを実用化。外販し車載ソフトのプラットフォーマーを目指す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    カローラクロス

    1: 2022/01/02(日) 18:36:49.23 ID:KGuyBi/z0

    未だに納期未定
    他の車に今目移りしてるわ


    【新車でカローラクロス買った結果wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ランクル

    1: 2021/12/30(木) 10:36:36.343 ID:R9QnYtWf0

    ランクル200、LX、古いディフェンダー、Gクラス

    これ買える人って普通のサラリーマンではないよね?


    【ランクルとか見ると羨ましくて仕方ないんだがどうしたらいい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ラブフォーとハリアー

    1: 2021/12/30(木) 10:59:31.968 ID:xXzc0i2U0

    どちらが好き?


    【トヨタのSUVラブフォーとハリアーどっちが好き??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    crown-hi

    1: 2021/12/30(木) 22:27:20.88 ID:BWQzalWO0● BE:423476805-2BP(4000)

    トヨタ・クラウンのフルモデルチェンジは2022年中盤以降の実施が予想される。

    2021年は現行型の特別仕様車が発売されるなどで、モデル末期の販売体制が整えられた。一方で、次期型についての情報も多く飛び交い、その真偽の判断が難しくなるほどであった。
    新型クラウンの発売時期が約1年後に迫り、その概要がようやく見えてきた。

    ■SUV版「クラウンクロス」あり、しかしクラウンクルーガーの日本発売は無し
    次期クラウンを語るにあたって避けては通れないのが「SUV化」について。その最初の報道は2020年11月の中日新聞によるものであったが、これから約半年後に発表されたのが「クラウンクルーガー」である。

    クラウンクルーガーは、北米ハイランダーを中国市場に導入する際に姉妹モデルとして設定されたモデルネーム。噂となっていた「クラウンSUV」をまさに具現化したモデルでもあった。
    ただし、その販売は中国に限られ、日本市場で販売される計画は無い。

    そして、重要なのは、日本市場向けには別の計画が進行中であるということ。
    新型クラウン通常モデルは4ドアクーペのボディスタイルとなるが、さらに「クラウンクロス」なる派生SUVグレードが設定されることになりそうだ。

    ■次期クラウンはエンジン横置きのTNGA(GA-K)採用
    (続きあり)
    https://car-research.jp/crown/suv.html


    【【トヨタ】NEWクラウン、2022年フルモデルチェンジへ、遂にエンジン横置き&SUV化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    01

    1: 2021/12/27(月) 19:51:59.09 ID:DgL484K10



    【【朗報】トヨタさん、イギリス車に完膚なきまで圧勝してしまうwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/12/26(日) 13:37:13.98 0



    2: 2021/12/26(日) 13:37:45.19 0

    no title

    このド迫力


    【トヨタ新型高級セダン「アバロン」発売! ド迫力ブラックグリル採用の漆黒仕様! ラグジュアリーセダンでもトヨタの一人勝ちは続く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ランドクルーザー

    1: 2021/12/25(土) 16:39:52.14 ID:jAtPAdYx0XMAS

    ヨタは恥ずかしいとは思わんのか...


    【ランドクルーザーとかいうランドローバー、Gクラスに一度も勝てない車wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/12/23(木) 21:48:27.89 ID:1Q/ys1xv9

    トヨタ自動車は2021年12月23日、超小型電気自動車「C+pod(シーポッド)」の一般販売を開始した。

    シーポッドは、全長×全幅×全高=2490×1290×1550mmという軽自動車よりもコンパクトなボディーが特徴の、2人乗りタイプの電気自動車である。すでに2020年12月に一部の法人ユーザーや自治体などを対象に販売を開始していたが、このたび、すべての法人ユーザーや自治体、個人ユーザーに対しても販売を行うこととなった。

    販売は全車リースによる契約とし、全国のトヨタ車両販売店に加え、レンタリース店でも取り扱うとしている。価格は「X」が165万円、「G」が171万6000円。(webCG)

    2021.12.23
    https://www.webcg.net/articles/-/45643

    C+pod(シーポッド)
    no title

    no title

    no title


    【トヨタが「C+pod」の一般販売をスタート 全長2490mmの2人乗り超小型EV】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    初代クラウン

    1: 2021/12/21(火) 21:01:59.00 ID:nXeIf4YJ0

    やっぱり初代クラウン?


    【マツダの最高傑作はRX-7だけどトヨタの最高傑作は何?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ新型ハリアーzレザーパッケージ

    1: 2021/12/23(木) 22:43:55.208 ID:nKoMvQJ80

    なお、ボッチな模様
    顔整ってるし高身長で性格めちゃくちゃ良いのに非積極的なインキャだから
    彼女とドライブするのが夢だわ


    【大学生だけど親のトヨタ新型ハリアーzレザーパッケージをどや顔してドライブするのが趣味なんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/12/24(金) 06:27:33.43 ID:dq+D0SSi0● BE:144189134-2BP(2000)

    トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が、
    電気自動車(EV)ブランドに生まれ変わる。
    2030年には北米、欧州、中国。

    画像
    no title


    日経新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD17ANY0X11C21A2000000/


    【【トヨタ】レクサスすべてEV電気自動車にする 2030年の未来まで】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/12/21(火) 21:06:35.93 ID:iiA/Qnrm9

    トヨタ自動車は2021年12月20日、フルモデルチェンジした軽商用車「ピクシス バン」と、一部改良を施した軽トラック「ピクシス トラック」を発表。同日、販売を開始した。

    ピクシス バンとピクシス トラックは、トヨタがダイハツからOEM供給を受けてラインナップしている軽商用車。前者は「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」、後者は「ハイゼット トラック」の姉妹モデルにあたり、今回発売されたのは、それぞれの最新型である。

    いずれも、すべてのオートマチックトランスミッション車に、新開発のFR用CVTを採用。燃費・発進性能・静粛性の向上がトピックのひとつとなっている。このCVTモデルの4WD車には、路面状況に応じ3つの走行モードを選択できる電子制御式4WDシステムを搭載している。

    運転支援システムも強化されており、最新の「スマートアシスト」には、昼間に前方を同方向に走る自転車の運転者や、夜間の歩行者も検知できる衝突回避支援ブレーキ機能が含まれる。

    これらを含む、新型ピクシス バンの仕様は新型ハイゼット カーゴと共通。ピクシス トラックについては、ハイゼット トラックのものと変わらない。

    価格は以下の通り。これもダイハツの2モデルと同一となっている。

    ・ピクシス バン:104万5000円~160万6000円
    ・ピクシス トラック:90万2000円~134万2000円

    (webCG)

    2021.12.20
    https://www.webcg.net/articles/-/45627

    ピクシス バン
    no title

    no title

    no title

    ピクシス トラック
    no title



    【トヨタが新型「ピクシス バン」と改良型「ピクシス トラック」を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    toyoda

    1: 2021/12/20(月) 10:15:40.14 ID:sQ/wgOMRd

    no title

    会社の人間達が集まる都市に耐えられなかった模様


    【【悲報】「トヨタ社員の退職理由」がとても悲しい】の続きを読む