日産

    日産

    1: 2019/01/31(木) 03:49:01.94 ID:pvtTTR9i9

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-30/PM4XGN6JIJUR01?srnd=cojp-v2

    ゴーン元会長:日産・ルノー・三菱自の3社統合検討もー報道

    鈴木偉知郎、馬杰
    2019年1月30日 17:12 JST
    更新日時 2019年1月30日 18:19 JST
    →統合は持ち株会社方式を検討、昨年9月に西川社長と一対一で協議
    →日産の社内調査は「策略であり反逆」-東京拘置所で日経と単独会見

    特別背任の罪などで起訴されたカルロス・ゴーン被告(日産自動車元会長)は逮捕前に企業連合(アライアンス)を組む日産と仏ルノー、三菱自動車の3社による経営統合計画が社内で進行していたことを日本経済新聞が30日に配信した単独インタビュー記事で明らかにした。昨年9月に日産の西川広人社長と統合案をめぐって一対一で協議していたという。

      日経によると、ゴーン元会長は同日に勾留先の東京拘置所で約20分間、英語でのインタビューに応じた。3社の経営統合は持ち株会社方式が検討され、3社の自主性を確保する計画だったとしている。ゴーン被告は既に日産とルノーの経営トップから退いている。3社のアライアンスの将来については「推測できない」とした。


      自身の逮捕のきっかけとなった日産の社内調査は「策略であり、反逆だ」とし、「一部の関係者が現実をゆがめるために、強いリーダーシップを独裁だと説明している。その目的は私を排除するためだ」と述べ、ルノーとの統合に反対する日産内のグループと関連していたことは「疑いようのないことだ」と話したとしている。

      日産広報担当のニコラス・マックスフィールド氏はゴーン元会長の発言に対して、一連の事件を引き起こしたのはゴーン元会長とグレッグ・ケリー元代表取締役だとした上で、不正について実質的かつ説得力のある証拠をつかんでいる、などとコメントした。

      ゴーン被告が報道機関のインタビューに応じるのは逮捕後初。報道によれば、ゴーン被告は中東の知人への送金の違法性を改めて否定し、送金は必要な幹部がサインしたと話した。なぜ勾留が続いているのか理解できないとした上で、「私は逃げない」として法廷では自分を弁護するなどと述べた。
    (リンク先に続きあり)


    【【ゴーン元会長】日産・ルノー・三菱自の3社統合検討も】の続きを読む

    no title

    1: 2019/01/26(土) 11:33:41.91 ID:Z21fC5Pw9

    [東京 26日 ロイター] - 安倍晋三首相は25日午後7時10分から約20分間、フランスのマクロン大統領と電話会談を行なった。外務省によると、安倍首相は、日産自動車(7201.T)と仏自動車大手ルノー(RENA.PA)との間のアライアンスは日仏産業協力の象徴であり、安定的なアライアンスが維持・強化されることを日本政府も期待していると話した。

    ただ、そのための具体的な進め方は、日産・ルノーの当事者間でよく話し合ってほしいと述べた。

    両首脳は、24日のルノー経営陣の刷新を機に、日産とルノーの協力が円滑に進むことを期待する点で一致した。

    また、安倍首相は、20カ国・地域(G20)の議長国として、G20首脳会議(大阪サミット)では、自由貿易の推進やイノベーションを通じて世界経済の成長をけん引し、経済成長を目指すと同時に格差への対処に取り組んでいくとの方針を伝えた。

    両首脳は「特別なパートナー」である日仏が、G20に向け緊密に連携していくことで一致した、と外務省は説明している。

    竹本能文 編集:田巻一彦

    2019年1月26日 / 09:47 / ロイター
    https://jp.reuters.com/article/jp-fr-nissan-idJPKCN1PK00O
    no title


    【【日仏首脳】安倍首相、マクロン大統領と電話会談「日産・ルノー、当事者間でよく話し合ってほしい」】の続きを読む

    001_l

    1: 2019/01/24(木) 22:30:24.82 ID:tqkH5Z1/9

     日産自動車は1月24日、ルノー取締役会がジャン・ドミニク・スナール氏を会長に、ティエリー・ボロレ氏をCEOに任命する決議をしたことについて「全面的に支持」との声明を発表した。

     ルノーでのこうした経営体制の変更を踏まえ、日産はカルロス・ゴーン、グレッグ・ケリー両取締役の解任と、新たにルノーが指名する取締役1名の選任に目的を限定とした、臨時株主総会を4月中旬に開催する方向で検討を開始した。

     今回の声明発表に合わせ、日産の社長兼最高経営責任者 西川廣人氏は
    「今回のルノーの経営体制の変更を歓迎します。この20年間、われわれはお互いのアイデンティティと自主性を尊重し、双方が力を合わせてシナジーを創出し、利益ある成長を果たしてきました。
    この活動は今後も何ら変わることはなく、むしろこれまで以上に加速させていく必要があると確信しています。われわれは、ルノーとのパートナーシップの新たなページを開くことができることをとても嬉しく思います」と述べている。

     なお、日産は同日開催されたルノーの取締役会を受けて西川氏が出席する記者会見を実施している。その模様は別途お届けしたい。

    関連リンク
    🔗日産自動車株式会社
    http://www.nissan.co.jp/
    🔗ニュースリリース
    https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-


    日産、ルノー取締役会が決議した新体制を「全面的に支持」
    「ルノーとのパートナーシップの新たなページを開くことができることをとても嬉しく思う」



    【日産、ルノー新体制「全面的に支持」と声明 西川社長「新たなページを開くことを嬉しく思う」】の続きを読む

    gn

    1: 2019/01/24(木) 07:38:00.19 ID:zGK7E3/G9

     カルロス・ゴーン前会長(64)の特別背任事件に揺れる日産自動車。東京地検特捜部が水面下でゴーン氏への捜査を進めていた2018年9月頃、日産車の主要部品に検査不正問題が起きていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

    「2018年9月、日産車のダッシュボードやグローブボックスなどに使用される内装材について、難燃性検査の不正が発覚しました」

     そう告発するのは、検査不正を行っていたカルソニックカンセイの関係者だ。

     カルソニックカンセイとは、日産自動車系列で最大手の部品メーカーだった会社。ゴーン氏が打ち出してきた“系列解体”の影響で、2017年に日産系列から離脱したものの、今でも売上高の8割超を日産グループ向けが占めている。

     難燃性検査に関して、国交省の告示では1つの部品について5ピースの試験片を専用の試験機に入れ、燃焼速度を測るよう求められている。

    「ところが、全ての試験を行わず“それっぽい”数字を偽装して報告書を作成し、日産に提出していました。偽装は10年以上続いていた。
    背景にあったのが、1999年にゴーン氏が日産に来てから系列でもコスト削減が進んだこと。人員不足で検査が片手間になっていました。
    しかし、同じ素材でも原料が変われば燃えにくさも変わるため、定期的に検査を行う必要があります。実際、車両火災は年1500件以上起きている。それだけ重要な検査なのに、日産は不正を公表していません」(同前)

     日産自動車は「2018年9月に日産自動車として事実を確認しました。本件は日産自動車とカルソニックカンセイ社との間で取り決めた難燃性試験の実施に不備があったものであり、
    カルソニックカンセイ社と調査・再発防止を社内関係部署にて実施しております。2018年10月に国土交通省へ確認した事実を報告しております」などと回答。

     一方、カルソニックカンセイも「日産自動車に提出した当該性能データにおいて、不適切な取り扱い(データ転記ミス、情報の書き換え等)がありました。
    本件に関しては、日産自動車への現状報告及び事情説明と再発防止策の報告を行っており、現在の納入部品が性能上難燃性要求を満足していることを確認しました」などと回答した。

     だが、日産もカルソニックカンセイもこの検査不正問題を公表しない理由については回答しなかった。

     1月24日(木)発売の「週刊文春」では、日産及びカルソニックカンセイの検査不正問題のほか、特捜部も注目するゴーン氏の妻・キャロル夫人について詳報している。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年1月31日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190123-00010497-bunshun-bus_all


    【【技術の日産】日産車の主要部品に「検査不正問題」がまた発覚 ゴーンのコスト削減で検査不足に】の続きを読む

    ゴネ

    1: 2019/01/21(月) 09:03:57.91 ID:eBF6rEve9

    【1月21日 AFP】日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)は21日、在米の代理人を通じて保釈を訴える声明を出し、保釈後も
    日本にとどまることなどを確約した。ゴーン被告の報道担当者によると、パスポートの提出や監視装置の着用なども申し出た。

     ゴーン被告の弁護人は東京地裁に2回目の保釈請求をしており、地裁は21日以降に判断を示す見通しとなっている。

     ゴーン被告は声明の中で「裁判所が私の保釈請求を審査しているところですが、私は(保釈後も)日本にとどまるつもりであり、
    裁判所が正当と判断するどんな保釈条件もすべて尊重するつもりであることを強調したいと思います」と表明。
    http://www.afpbb.com/articles/-/3207275


    【日産前会長、声明で保釈訴え パスポート提出や監視装置の着用提案】の続きを読む

    あ

    1: 2019/01/20(日) 11:29:52.71 ID:vHmhJrx8d

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6310790

    フランス政府が自国の自動車大手ルノーと日産の経営統合を日本政府に要求したことが20日分かった。フランス政府はルノーの筆頭株主で、自国経済のため統合を求めてきた。

    日産はゴーン被告の不正を暴露することで阻止してきたが、フランス政府は、より圧力を強めた形だ。


    【フランス政府、フランス経済のためにルノーと日産の統合を日本に要求】の続きを読む

    日産、米工場で人員削減へ

    1: 2019/01/18(金) 10:27:04.57 ID:qC/FmVac9

    【ニューヨーク共同】日産自動車は17日、米南部ミシシッピ州の完成車工場で最大700人の人員を削減することを明らかにした。ピックアップトラックやバンタイプの需要減に対応し、在庫を適正な水準に維持する狙いがある。

    (続きはリンク先でお願いします)

    2019/1/18 09:531/18 09:56updated
    https://this.kiji.is/458794877460497505


    【【日産】米工場で人員削減へ 最大700人、需要減で】の続きを読む

    2018111900077_1

    1: 2019/01/15(火) 10:54:18.27 ID:bdPTpJnX9.net

    【ロンドン=戸田雄】仏経済紙レゼコー(電子版)は14日、日産自動車の西川さいかわ広人社長兼最高経営責任者(CEO)のインタビューを報じた。西川氏は、日産の社内調査を共有すれば、ルノーもカルロス・ゴーン被告を解任するとの見解を示した。

    カルロス・ゴーン被告の処遇を巡っては、日産と三菱自動車は会長職を解任したのに対し、ルノーは会長兼CEOにとどめており、判断が分かれている。西川氏は、「推定無罪の原則は尊重している」とする一方で、「ルノーの取締役が事件の書類のすべてに目を通すことを希望している。もしそうできたなら、我々と同じ(解任という)結論に至るだろう」と述べた。

    海外メディアの一部では、ゴーン被告の逮捕が西川氏の「クーデター」だという見方が報じられたが、西川氏は「ばかげている」と一蹴いっしゅうした。

    (ここまで358文字 / 残り108文字)

    2019年01月15日 10時07分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190115-OYT1T50024.html



    【【ゴーン逮捕】「クーデター説、ばかげている」日産・西川社長が一蹴 仏紙インタビューで】の続きを読む

    1: 2019/01/12(土) 09:26:33.11 ID:aScGft510 BE:837857943-PLT(16930)


    2019年1月11日、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開幕した「東京オートサロン2019」において、日産自動車は、
    『GT-R』の大坂なおみ選手のブランドアンバサダー就任記念モデルを初公開した。

    https://response.jp/article/2019/01/11/317916.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【大坂なおみ選手仕様の日産 GT-R を初公開】の続きを読む

    グレゴリー・ケリー

    1: 2019/01/11(金) 15:02:52.93 ID:+FKkhHy19

    金融商品取引法違反の罪でも追起訴

    東京地検は、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で、日産前会長ゴーン容疑者と
    前代表取締役グレゴリー・ケリー被告、法人としての日産も追起訴した。

    https://www.toonippo.co.jp/articles/-/138113


    【【日産】グレゴリー・ケリー被告、法人としての日産も追起訴】の続きを読む

    1: 2019/01/10(木) 18:14:36.69 ID:XGLSvI4R0● BE:725951203-PLT(26252)

    ----------
    ゴーン被告、合弁会社から10億円近い報酬

     日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)が2018年、日産と三
    菱自動車がオランダに設立した合弁会社から10億円近くの報酬を受け取って
    いたことが日産関係者の話でわかった。合弁会社は日産と三菱自の連結対象で
    はなく、報酬額は開示されていない。合弁会社の経費の9割以上はゴーン被告
    への報酬だったという。

     合弁会社は、日産と三菱自が17年6月、折半出資会社として設立した「N
    issan-Mitsubishi B.V.(NMBV)」。設立当初から
    ゴーン被告と西川広人・日産社長、益子修・三菱自会長の3人が取締役に就い
    ている。

     日産関係者によると、ゴーン被告は日産と三菱自の提携による相乗効果の創
    出に貢献した両社の従業員に対し、NMBVからボーナスを払う仕組みを作る
    よう指示。西川、益子両氏もこれを了承し、ゴーン被告の側近だった日産の元
    秘書室長(59)がNMBVの口座の管理などを任されたという。
    ----------
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190110-OYT1T50091.html
    no title


    【カルロス・ゴーン、海外合弁会社からも10億円報酬……日産・三菱自社員のボーナスを横取り】の続きを読む


    1: 2019/01/09(水) 17:31:48.25 ID:XDxdi8S90 BE:844481327-PLT(12345)


    前会長のカルロス・ゴーン容疑者の捜査と公判の行方に注目が集まる中、日産自動車は9日、主力の電気自動車(EV)「リーフ」に航続距離を大幅に高めた高性能モデルを追加すると発表した。
    ゴーン容疑者の逮捕後の商品発表会は初めて。23日に国内で販売を始め、今春以降には欧米にも順次投入する計画だ。

    高性能モデル「リーフe+(イープラス)」は、平成29年10月に発売した2代目リーフとほぼ同じ容積に従来の約1・5倍の62キロワット時のリチウムイオン電池を搭載することで、力強い加速を実現。
    1回の充電で走れる航続距離も2代目から約4割増の458キロに延ばした。これにより、リーフに蓄えた電力を家庭に給電する可能性も追求。
    戸建てに4人程度暮らす世帯の場合、EVで4日分の電力を賄えるようにした。

    希望小売価格は416万2320円から。
    同日に横浜市内で開いた発表会でダニエレ・スキラッチ副社長は「日産はここで立ち止まらず、EVのリーダーとしての地位を堅持したい」と自信を見せた。

    https://www.sankei.com/economy/news/190109/ecn1901090013-n1.html
    no title

    no title

    no title


    【日産が電気自動車リーフの高性能モデル「e+」を発売へ 航続距離が4割増 お値段416万円から】の続きを読む

    gone

    1: 2019/01/08(火) 13:51:53.70 ID:AKiVKbLq9

    日産自動車のカルロス・ゴーン前会長は8日、自身の勾留理由開示の法廷で意見陳述するため東京地裁に出廷し、
    無罪を主張した。

    ゴーン前会長が陳述のために準備した声明は以下の通り。声明はゴーン前会長の米国の弁護士が発表した。


    ようやく公の場で発言する機会を得られたことに感謝しています。私は、私に対する嫌疑に対して自身を擁護す
    る過程を始めることを待っていました。

    まず、私は日産を心から愛し、感謝しています。私は、日産を支援・強化し、日本で最も尊敬される企業として
    の地位を回復することを唯一の目的として、会社を代表して、社内の適切な役員の知識と承認を得て、名誉ある
    合法的な行動をとってきたと強く信じています。

    ここで疑惑について述べていきたいと思います。


    以下略、全文はこちら
    https://jp.reuters.com/article/nissan-ghosn-text-idJPKCN1P206Z


    【ゴーン日産前会長の声明】の続きを読む

    go-n

    1: 2018/12/30(日) 15:47:53.47 ID:yjfXUs9N0● BE:725951203-PLT(26252)

    共同通信(京都新聞紙面から後半を補完)
    ----------
    「二重苦」が付け替えの背景か
    日産株下落と大幅担保割れ

     私的な投資で生じた損失を日産自動車に付け替えたとして、前会長カルロス
    ・ゴーン容疑者(64)が特別背任の疑いで再逮捕された事件で、2007~08年
    の世界的な金融不安で日産の株価が下がり、これに連動して取引の担保になっ
    ていた金融商品の時価が大幅下落していたことが29日、関係者への取材で分か
    った。東京地検特捜部は、担保割れと取引自体の評価損の「二重苦」が付け替
    えの背景になったとみて調べている。

     特捜部などによると、ゴーン容疑者の資産管理会社は、為替相場などに応じ
    て損失や利益が生じるデリバティブ(金融派生商品)の一種「スワップ取引」
    を新生銀行と契約。新生銀が発行し、日産の株価と連動する金融商品「エクイ
    ティリンク債」を担保に入れた。

     07年に表面化した米国の低所得者向け高金利住宅ローン「サブプライムロー
    ン」の問題を契機に金融不安が広がり、08年のリーマン・ショックで世界的な
    経済危機が深刻化した。関係者によると、スワップ取引で多額の評価損が発生
    したほか、エクイティリンク債の時価も下落、大幅な担保割れに陥った。
    【以下略】
    ----------
    https://this.kiji.is/451675466905846881


    【カルロス・ゴーン、日産株連動商品を担保にデリバティブ取引し、莫大な追証を喰らっていた】の続きを読む

    日産ノート

    1: 2018/12/28(金) 14:47:44.30 ID:CAP_USER9

     日産自動車の小型車「ノート」が、2018年の車名別国内新車販売台数で、軽自動車以外の自動車(登録車)として首位となる公算が高まった。日産車が首位になるのは初めて。ただ、前会長カルロス・ゴーン容疑者の逮捕や相次ぐ検査不正の発覚などが続き、企業イメージの悪化が続けば、今後の販売に影響を与えかねない。

     1~11月の累計販売台数はノートが12万8260台で、2位のトヨタ自動車の小型ハイブリッド車「アクア」に1万台以上の差をつけている。日産によると、統計を取り始めた1968年以降、日産車が登録車のトップになったことはないといい、18年は初の首位になりそうだ。

    2018/12/28 14:31
    https://this.kiji.is/451256329796682849


    【日産ノート(NOTE)、軽以外の登録車で初の首位へ 2018年車名別新車販売台数】の続きを読む

    leaf-eplus

    1: 2018/12/26(水) 12:12:13.27 0

    発表が保留になっているリーフ高性能版が新年1月9日にリリースされる。
    https://mag-x.jp/2018/12/26/11143/


    60kWhバッテリーを搭載するハイパフォーマンスモデル『リーフE-Plus』
    航続距離は従来の400kmから600kmに延長。
    バッテリーはLG製で150kW級の急速充電器にも対応
    https://carmuse.jp/leaf-e-plus


    【【日産】リーフ高性能版は1月9日デビュー!】の続きを読む


    1: 2018/12/25(火) 16:50:19.27 ID:CAP_USER9

    ゴーン前会長が特別背任容疑で再逮捕された後に通達は出された
    接触の試みがあった場合、社員は法務部門に直ちに報告を-内部文書

    日産自動車は金融商品取引法違反の罪でともに起訴された前会長のカルロス・ゴーン被告と前代表取締役のグレゴリー・ケリー被告、および両被告の弁護士との接触を一切避けるよう社員に呼び掛けた。

    21日付の社員宛て内部文書によると、社員は自ら接触しないようにすることや、接触の試みを受けた場合も対応しないことを求められている。社員は接触があった場合や相手側が接触を試みてきた場合、法務部門に直ちに報告する必要があるとしている。

    日産はコメントを控えた。社内文書によると、日産の西川広人社長は21日、同社はガバナンス(企業統治)の不備に対応していくとして社員の安心確保を目指す姿勢を示した。

    東京地検特捜部はこの日、ゴーン前会長を特別背任容疑で再逮捕した。ゴーン前会長とともに11月19日に逮捕されたケリー前代表取締役の妻は、夫がクリスマスの日に保釈される可能性があると語っている。

    no title

    no title


    2018年12月25日 7:42 JST
    Bloomberg
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-24/PK9FVI6K50XT01?srnd=cojp-v2


    【【日産】ゴーン、ケリー両被告との接触回避を-社員に文書で通達】の続きを読む

    kk

    1: 2018/12/25(火) 17:42:48.96 ID:CAP_USER9

    日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者とともに逮捕・起訴された側近のグレッグ・ケリー被告について、東京地裁は25日午後、保釈を認める決定を出しました。東京拘置所から報告です。
     
    (社会部・井口理央記者報告)
     
    ケリー被告の保釈を巡って検察側、弁護側双方の手続きが佳境に入ったことから、東京拘置所前に集まった国内外の多くのメディアの間にも緊張が高まってきました。

    ゴーン容疑者の報酬を有価証券報告書に少なく記載したとして逮捕・起訴されたケリー被告について、25日に東京地裁は保釈請求を認める決定を出しました。

    決定後、すぐさまケリー被告側は保釈保証金7000万円を銀行で振り込む手続きを取り、裁判所側も納付を確認しました。一方で、検察側は決定を不服として準抗告しています。

    裁判所が再びこれを退ければ、ケリー被告は25日にも保釈されるとみられます。関係者によりますと、ケリー被告は首の持病の悪化を訴えているため、保釈となった場合はそのまま病院に向かい、入院する予定だということです。

    2018/12/25 17:00
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000143902.html



    【日産・ケリー被告の保釈決定 検察側は不服で準抗告 保釈後はそのまま病院、入院へ】の続きを読む

    このページのトップヘ