日産

    1: 2018/02/28(水) 18:41:40.54 ID:CAP_USER9

    日産自動車は2018年2月28日、ミニバン「セレナ」のモデルラインナップに、電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「セレナe-POWER」を追加設定し、同年3月1日に発売すると発表した。

    ■力強い加速と高い静粛性を実現

    2016年にコンパクトカー「ノート」に初採用されたe-POWERは、ガソリンエンジンは発電に徹し、タイヤの駆動はモーターのみが行うシリーズハイブリッド方式の電動パワートレインである。

    セレナe-POWERに搭載されるシステムは、1.2リッターエンジン+モーターという組み合わせはノートのものと基本的に同じだが、より大きなミニバンボディーに合わせて、それぞれ仕様を変更。エンジン出力を79psから84psへとアップさせて発電量を増やしたほか、オイルクーラーを追加。モーターの性能はノートの最高出力109ps/最大トルク254Nmから、同136ps/同320Nmへと強化している。このほかバッテリーの容量も1.5kWhから1.8kWhへと拡大。モーター駆動ならではの力強い加速に加えて、車速に応じたエンジン回転制御とボディーの随所に施した防音対策による高い静粛性もうたわれている。燃費性能については、26.2km/リッター(JC08モード。「e-POWERハイウェイスターV」の数値)と公表されている。

    アクセルペダルのみで加減速を行える「e-POWERドライブ」など、ノートe-POWERにも備わる機能に加えて、セレナe-POWERには新機能として「マナーモード」と「チャージモード」が用意される。マナーモードはなるべくバッテリーのみで走行して車両の内外を静かに保つ走行モードで、バッテリー残量が90%の状態であれば約2.7kmの走行が可能。一方のチャージモードは、マナーモードの使用に備えるモードで、バッテリーがほぼ満充電となるまでエンジンが発電を続ける。

    外観では、ブルーのラインを備えたフロントグリルやリアサイドスポイラー、15インチアルミホイール、LEDリアコンビランプなどに専用デザインを採用。ボディーカラーは専用色の「ミントホワイトパール」など、全13種類が設定される。

    インテリアでは、メーターパネル内のアクセントやセンターコンソールトレイの照明、スタータースイッチなどにブルーを採用。また、シフトバイワイヤを採用したため、セレクターは専用デザインとなっている。なお、フロア下にバッテリーを搭載する都合により、セレナe-POWERは全車が7人乗り仕様で、2列目シートは左右が独立したキャプテンシートとなる。

    このほか、先進安全装備として緊急自動ブレーキや車線逸脱警報が全車に標準装備されるほか、安全運転支援システム「プロパイロット」や駐車支援システム「インテリジェントパーキングアシスト」などがオプション設定される。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・e-POWER X:296万8920円
    ・e-POWER XV:312万8760円
    ・e-POWERハイウェイスター:317万8440円
    ・e-POWERハイウェイスターV:340万4160円

    >>2以降に続きます)

    2018.02.28
    http://www.webcg.net/articles/-/38283

    セレナe-POWER
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【電動パワートレインを搭載した「日産セレナe-POWER」発売】の続きを読む

    1: 2018/02/26(月) 13:08:37.94 0

    ええ時代だったんだなもうこんな時代はこないんだろう

    no title

    ★1989年(平成元年)8月21から発売開始、いわゆる前期型です。
    車台番号 BNR32-000051 ~ 017466 (重量1430kg)
    車体価格445万円
      ●1990年(平成2年)2月22日、レースを意識した
      スカイラインGT-R NISMO が500台限定で発売。
      車体価格441万円
    車台番号 BNR32-100001 ~ 100560
      (500台とは別に60台をレースで使用)
    設定カラーは ガンメタリックのみ
      軽量化のための変更点
      ・エアコン無し(オプション)
      ・オーディオ無し(オプション)
      ・ABS無し
      ・リアワイパー無し
      ・ニスモのメタルタービンへ変更
      ・ニスモエアインテークダクト2個追加
      ・フードトップモールの追加
      ・サイドシルプロテクターの追加
      ・小型リアスポイラー追加(別名 ちびスポ)
      ・インタークーラー前グリル無し
      ・ブレーキ冷却用導風板の追加
    (重量的には32GT-Rの中で一番軽量 )
    オプション無しでなら価格は標準車より少し安めの価格設定

    ★1991年(平成3年)8月20日からマイナーチェンジした中期型 
    車台番号 BNR32-0212001 ~ (重量1480kg)車体価格451万円
    ライトのバルブがH3からH1へ変更 重量が前期に比べ50キロ増

    ★1992年(平成4年)2月3日から 後期型
    車台番号 BNR32-300001 ~ 314649
    追加グレード Vスペック/VスペックⅡ(違いはタイヤサイズのみ)
    R33同様フィン無しデフカバーへ変更  クラッチをプル式へ変更
    平成5年2月 標 準 車  (重量1480kg)車体価格454.5万円
    平成5年2月 Vスペック  (重量1500kg)車体価格526万円
    平成6年2月 VスペックⅡ (重量1500kg)車体価格529万円

    ★総生産台数 43934台
    生産台数の内訳
    標準車    40,390台
    ニスモ       560台(内60台はレース車両)
    VスペックⅠ  1,453台
    VスペックⅡ  1,303台
    N1ベース     228台


    【日産BNR32 スカイラインGT-Rこんなカッコイイ車が450万円で買えた時代wwwww】の続きを読む

    y

    1: 2018/02/09(金) 12:15:18.60 ID:CAP_USER9

     日産自動車は、今年度の通期の営業利益の予想を下方修正しました。完成検査の不正問題による影響などが出ました。

     日産によりますと、去年4月から12月までの9カ月の国内販売で、無資格の従業員が完成車の検査をしていた問題の影響があり、登録車は前の年の同じ時期に比べて3.4%減の25万2000台でした。
    2017年度通期の営業利益の見通しは、3カ月前の前回から800億円少ない5650億円に下方修正しました。
    一方、最終利益はアメリカの税制改革による法人税の減額などにより、前回から1700億円上方修正して7050億円と見込んでいます。

    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_economy/articles/000120591.html


    【【日産】不正問題の影響か、営業利益の予想を下方修正】の続きを読む

    f

    1: 2018/02/08(木) 13:42:51.01 ID:NxGVKEWH0● BE:886559449-PLT(22000)

    【公式魔改造】日産が作った “ 雪山もへっちゃら” な「フェアレディZ」がワイルドすぎる!

    2018年に入ってから、雪に関するニュースが続いている日本列島。こうまで雪が降ると、
    飛行機や列車など、様々な交通機関の運行に影響が出るから大変だ。

    特に車はモロに影響を受けるが、何やら海外には雪山もへっちゃらな改造車があるらしい。
    製作したのは米国の日産自動車。なんと、ベース車両は同社の本格スポーツカー
    「フェアレディZ」だというから驚くしかない。

    ・フロントに巨大なスキー板を装備
    改造車の名前は『370スキー(370 Zki)』である。Nissan USAの情報によると、このマシンは、
    フェアレディZのオープンタイプ「370 Zロードスター(日本名:フェアレディZロードスター)」をベースに
    製作されたものだ。

    『370スキー』という名前の通り、フロントタイヤに代わってフロントには巨大なスキー板を装備。
    リアにもクロール(キャタピラー)が搭載されており、まるでスノーモービルのような雪上専用マシンに仕上がっている。

    エンジンやトランスミッションに変更は無く、332馬力のパワーを誇る、3.7リッターV型6気筒エンジンに
    7速ATの組み合わせとのこと。動画「Nissan hits the Znow with the 370Zki Roadster」で
    マシンの様子を確認すると……。

    ・雪上を豪快に爆走
    ウォォォーーー! 雪上を豪快に爆走する姿が激カッコィィィイイイーーー!! 
    超ワイルド&スポーティーな外観だけでなく、しっかりと優れた走行性能を備えているところは、
    さすが “技術の日産” である。

    ちなみに、『370スキー』は特別に製作されたコンセプトモデルとなっており、市販化は予定していないとのこと。
    もしこのマシンの足まわりとタイヤをすぐに取り替えられるモデルを日産が発売すれば、
    豪雪地帯で重宝されるかもしれないだけに残念だ。

    https://rocketnews24.com/2018/02/08/1017377/
    https://www.youtube.com/watch?v=K3aFtwRjnJc



    【雪道専用のフェアレディZ、日産が公式に発表【動画あり】】の続きを読む

    post_22239_1

    1: 2018/02/07(水) 19:30:48.72 ID:CAP_USER

     仏ルノーの会長兼CEO(最高経営責任者)で日産自動車と三菱自動車工業の会長であるカルロス・ゴーン氏の周辺がキナ臭くなってきた。

     欧米メディアによるとゴーン氏は1月17日、仏国民議会の公聴会に出席し、「ルノーのCEOを退く可能性」を示唆した。ルノーのCEOは、13年務めた。ゴーン氏に権限が集中する現在のガバナンス(企業統治)について、「やむを得ず、この体制にしている。持続できるとは思えない」と明言。ルノー、日産、三菱自の企業連合体の「経営責任を分けるよう変革を進める」とした。

     ゴーン氏の去就は、ルノーの大株主(15%出資)であるエマニュエル・マクロン仏大統領が握っているといっても過言ではない。

    「マクロン大統領は経済産業デジタル相時代に、仏政府としてルノー株式を買い増し、ゴーン流の経営に異を唱えた。ゴーン氏の高額役員報酬批判の急先鋒だった」(大手紙の現地特派員)

     ルノーがヘッドハンティング会社経由で後継者の選定を始めたとの報道もあったが、フランス地元紙など一部の欧州メディアは、ゴーン氏が続投する可能性が高まったと報じた。ゴーン氏のルノー取締役の任期は6月15日までだ。交代か、続投か、株主総会までに結論を出し、後任が必要であれば、それまでに候補者を決めなければならない。

     後継候補者としては、ルノーで“ものづくり”を統括するチーフ・コンペティティブ・オフィサー(CCO)のティエリー・ボロレ氏や、上級副社長で営業・マーケティング担当のティエリー・コスカス氏、チーフ・パフォーマンス・オフィサー(CPO)のシュテファン・ミュラー氏の名前が挙がっている。

     また外部の人材では、欧州エアバスのファブリス・ブレジエ最高執行責任者(COO)や、仏グループPSAのカルロス・タバレスCEOの名前も挙がっている。タバレス氏はルノーの元副社長で、ゴーン氏に「トップの座を譲るよう」直談判して逆に切られた人物だ。PSAの経営立て直しで手腕を発揮しており、欧米の自動車業界では「ルノーの現在の副社長クラスより経営者としては上」と高く評価されている。

     トヨタ自動車のディディエ・ルロワ取締役副社長も候補に挙がっている。同氏がルノーのトップになれば、まさにビッグニュースだ。

    ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2018/02/post_22239.html
    Copyright c Business Journal All Rights Reserved.

    ソース
    http://biz-journal.jp/2018/02/post_22239.html


    【カルロス・ゴーン、揺れるルノー・日産連合「最高権力者」の座】の続きを読む

    note-e-power-nismo

    1: 2018/02/08(木) 11:52:32.37 ID:PsYB9m5g0 BE:423476805-2BP(3000)

    日産は、ノートの2018年1月の販売台数が1万2444台となり、登録車販売台数で1位となったことを発表した。
    2017年9月の無資格検査問題で国内の生産拠点が操業停止となるなどしたが、これも11月には生産再開に至っており、納車状況に進展が見られた。
    2018年は登録車国内シェアの5割前後を占めるトヨタで新型車種の投入が少なく、日産、ホンダなど下位メーカーがシェアを拡大させるチャンスとなる。

    https://car-research.jp/tag/note


    【日産、無資格検査問題から本格復帰、ノート販売台数1位】の続きを読む

    1: 2018/02/07(水) 05:54:14.29 ID:CAP_USER9

    https://www.cnn.co.jp/m/tech/35114309.html

    2018.02.06 Tue posted at 19:05 JST
    (CNN) 旅館のスリッパや座布団がボタン一つで整列する――。自動車メーカー大手の日産自動車が、自動運転の技術を老舗旅館の「おもてなし」に活用したプロジェクトだ。

    日産は2016年、カメラやセンサーを使って自動的に片付く椅子を発表して話題を呼んだ。旅館のプロジェクトには、同社が昨年秋、電気自動車(EV)「リーフ」の新型モデルに搭載した自動駐車支援システム「プロパイロット・パーキング」が応用されている。

    箱根の老舗旅館で公開されたが、残念ながら期間限定。3月24日の一晩だけ滞在する体験宿泊者を募集している。

    玄関に並んだスリッパや客室の座布団、テーブルがボタン一つで定位置に移動する。

    スリッパなどの裏には格納式の小さな車輪が付いている。玄関や客室の天井に設置されたカメラで床の上にある物を把握し、自動的に移動ルートを決める仕組みだという。

    動くスリッパや座布団の映像はこちら(リンク先に動画ニュースあり)
    https://edition.cnn.com/travel/article/japan-ryokan-nissan/index.html

    no title


    【日産の技術を旅館に活用、「自動運転」のスリッパや座布団】の続きを読む

    nissan

    1: 2018/02/05(月) 13:06:46.53 ID:CAP_USER

    日産自動車と中国の東風汽車集団の合弁会社は5日、中国で2022年までに600億元(約1兆円)を投資すると発表した。22年までに電気自動車(EV)などの電動車を20車種以上投入し、同年に中国の総販売台数を17年実績比7割増の260万台に引き上げる。中国ではトヨタ自動車やホンダも販売や投資を拡大している。世界全体の3割を占める最大市場の開拓を日本各社が本格化する。

     日産と東風汽車集団が折半出資する合弁会社の関潤総裁が同日、北京市で中期計画を発表した。22年までに40車種以上を投入し、そのうち半分をエンジンで発電してモーターで駆動する「eパワー」搭載車種を含めた電動車にする。19年までに日産ブランド、合弁会社の中国独自ブランド「ヴェヌーシア」、合弁相手の東風ブランドで合計6車種を投入する。

     合弁会社の販売台数のうち、22年の電動車比率を30%まで引き上げる。高級車ブランド「インフィニティ」では22年までに品ぞろえの25%を電動車にして、25年までにはすべて電動車に切り替える。EVを中心に製造、研究開発、環境分野などに600億元を投じる。

     カメラやセンサー、IT(情報技術)などを搭載して安全性を引き上げる。ブレーキや加速、車線維持などの前後、左右いずれかの制御をシステムが支援する「レベル1」、前後左右の両方をシステムが支援する「レベル2」の自動運転技術を19年から導入する計画も示した。

     中国ではネット経由で音楽や動画、地図情報などを車内で自在に使えるようにするコネクテッドカー(つながる車)の人気が高いとみられる。そのため、中国合弁の独自ブランド「ヴェヌーシア」で先行させて、ほかのブランドにも広げる方針だとしている。

     日産の合弁会社は17年に前年比12%増の152万台を販売した。韓国の現代自動車を抜いて3位に浮上したが、ホンダやトヨタ自動車との差は小さい。また、中国首位の独フォルクスワーゲン(VW)、2位の米ゼネラル・モーターズ(GM)は400万台を上回っており、日産は積極投資でVWとGMを追いかける。

     トヨタ自動車は18年に中国で前年比8.5%増となる140万台を販売する計画で、6年連続の過去最高の更新を見込む。18年には主力の多目的スポーツ車(SUV)「C―HR」を中国にも投入し、市場全体の伸び(約3%増)を上回る成長を達成する計画だ。20年には世界に先駆けてトヨタが独自開発するEVを中国で発売する。

     ホンダも17年に中国販売が過去最高となる145万台を記録した。販売の伸びに対応するため、19年前半に武漢市内で中国6番目となる新工場を稼働させる。年間生産能力は12万台で、投資額は約30億元(約500億円)。EVやプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車両の生産も見込んでいる。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26517930V00C18A2MM0000/


    【日産、中国に1兆円投資 電動車20種以上投入】の続きを読む

    no title

    1: 2018/02/03(土) 18:43:33.73 ID:w9oO5Rm/0

    日産が国内販売車種を半減!? 「2018年の販売戦略会議」は事実なのか!?!?

    ◎年明けの販売戦略会議で、日産自動車から方針が(各販売店に)伝えられた
    ◎世界全体の中で、日本国内での販売比率は6%に満たない(実際には2017年の累計ではグループ全体で6.5%、日産ブランドだけだと9.6%)
    ◎そこで販売比率を上げるため、不採算車種の整理統合を進める
    ◎マーチ、キューブ、ジューク、ティアナ、スカイライン、エルグランド、シーマは撤退もしくは三菱とのOEM車に転換
    ◎次期セレナはデリカD:5と共同開発車となる
    ◎当面の新規モデルはEVが一台

    https://bestcarweb.jp/news/business/2335


    【【悲報】日産自動車 スカイライン、シーマ、キューブ、マーチ、エルグランドを日本で販売終了の可能性】の続きを読む

    1: 2018/02/01(木) 23:40:20.65 ID:ueotiBh50

    no title


    これらの言葉を用いた2月3日より放映する新TVCFでは、日産のブランドアンバサダーである矢沢永吉さんが出演。
    TVCFの特徴については「2018年現在、日本に満ち溢れる様々な最先端テクノロジーを取り上げつつ、日産もそれらに負けぬよう、より一層の努力と挑戦を続け、
    事故や渋滞のない未来を目指すとともに、クルマが永遠に子どもたちの憧れの存在であるために、との決意を謳っています」と語られている。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1104380.html


    【日産、新スローガン「日産がやらなくて、ほかに誰がやる。」】の続きを読む

    sazae

    1: 2018/02/01(木) 07:46:27.62 ID:CAP_USER9

    フジテレビ系の国民的アニメ番組「サザエさん」の新たなメインスポンサーに、日産自動車 <7201> が決まる見通しとなったことが31日、分かった。
    経営再建中の東芝 <6502> が3月末で番組提供を降板するため、フジテレビなどが後継企業を探していた。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000005-jijc-biz


    【【国民的アニメ】「サザエさん」、新たなメインスポンサーに日産自動車wwww】の続きを読む

    free_m

    1: 2018/01/31(水) 06:10:57.81 ID:i/QfpfxO0 BE:723460949-PLT(13000)

    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    日産・ルノー・三菱自連合、乗用車販売で17年世界首位に

    [東京 30日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)、仏ルノー(RENA.PA)、
    三菱自動車(7211.T)の3社連合は2017年の乗用車販売台数が計約1061万台
    となり、独フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)から世界首位の座を奪った。

    16年に首位だったVWの17年販売台数は、アウディ、シュコダ、セアト、
    ポルシェの各ブランドを含め約1053万台だった。(略)
    https://jp.reuters.com/article/autos-sales-global-idJPKBN1FJ11O


    【日産・ルノー・三菱自連合、2017年の乗用車販売でVWを抜き世界首位に】の続きを読む

    1: 2018/01/26(金) 17:37:53.54 ID:U2f3b6BY

    ダットサン、「クロス」発表…グローバル第6の新型車は初のクロスオーバー
    https://s.response.jp/article/2018/01/25/305199.html


    ボディサイズは、全長3955mm、全幅1670mm、全高1560mm、ホイールベース2450mm。
    パワートレーンは、1.2リットルのガソリンエンジンを搭載。
    トランスミッションは、エクストロニックCVTを組み合わせている。
    no title

    no title

    no title


    no title

    no title


    【日産が新型クロスオーバー車「クロス」を発表】の続きを読む

    1: 2018/01/23(火) 17:54:03.50 ID:2lnwiUtv0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

    日産自動車の米国法人、北米日産は米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、『GT-R』の2018年モデルを初公開した。

    2018年モデルでは、全車に「日産コネクトSM」を標準装備。これは、8インチのディスプレイを核にした最新システムで、
    ナビゲーションやオーディオの操作が、音声認識で可能に。スマートフォンなどの操作もブルートゥースにより、ハンズフリーで行える。
    アップル社のCarPlayへの対応も図る。

    また、2018年モデルには、新グレードの「ピュア」のラインナップ。米国ベース価格は9万9990ドル(約1106万円)と、
    10万ドルを切る価格を実現する。

    ピュアはひとつ上の「プレミアム」グレードに対して、11スピーカーのBOSE製オーディオ、アクティブノイズキャンセレーション、
    アクティブサウンドシステム、チタン製エグゾーストを廃止。これにより、1万0500ドル価格を引き下げている。

    https://response.jp/article/2018/01/22/305069.html#cxrecs_s
    no title

    no title

    no title

    no title


    【日産 GT-R が2018年型を公開 1106万円】の続きを読む

    leaf

    1: 2018/01/21(日) 12:41:31.36 0

    http://www.get-u.com/CP/zesp2u/
    最近気がついたんだが中古のリーフ買うと4年分充電無料らしい

    http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU6935425010/index.html?TRCD=200002
    そんで中古車はというとガッツリ装備がついて100万ちょっとのばかり

    http://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU6293462890/index.html?TRCD=200002
    しかも一戸建てとかの家持ちなら普通充電の設備代15万も負担してくれるとこもある

    これは貧民の足としては最高だと思うんだがどうだろ?


    【中古の日産リーフってコスパ最高すぎないか?】の続きを読む

    1: 2018/01/16(火) 17:06:09.52 ID:tpoMReDg0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典

     日産自動車は1月15日(現地時間)、3列シートSUVのコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」を2018年デトロイトショーで世界初公開した。

     Xmotionは、2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の1つを示唆したモデル。伝統的な日本の熟練の技と
    最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされた3列シートのSUVという。

     日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサ氏は「『Xmotion』では、
    ニッサン インテリジェント モビリティの、より堅牢で力強い側面を追求しました。大胆でパワフルな形と
    どこにでも走って行けるようなタフなプロポーションは、現代的な手法で昇華された日本の伝統工芸の
    要素と鮮やかなコントラストとなっています」とコメントしている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1101320.html


    【日産がやばすぎるSUVを発表wwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ