日産


    1: 2019/01/09(水) 17:31:48.25 ID:XDxdi8S90 BE:844481327-PLT(12345)


    前会長のカルロス・ゴーン容疑者の捜査と公判の行方に注目が集まる中、日産自動車は9日、主力の電気自動車(EV)「リーフ」に航続距離を大幅に高めた高性能モデルを追加すると発表した。
    ゴーン容疑者の逮捕後の商品発表会は初めて。23日に国内で販売を始め、今春以降には欧米にも順次投入する計画だ。

    高性能モデル「リーフe+(イープラス)」は、平成29年10月に発売した2代目リーフとほぼ同じ容積に従来の約1・5倍の62キロワット時のリチウムイオン電池を搭載することで、力強い加速を実現。
    1回の充電で走れる航続距離も2代目から約4割増の458キロに延ばした。これにより、リーフに蓄えた電力を家庭に給電する可能性も追求。
    戸建てに4人程度暮らす世帯の場合、EVで4日分の電力を賄えるようにした。

    希望小売価格は416万2320円から。
    同日に横浜市内で開いた発表会でダニエレ・スキラッチ副社長は「日産はここで立ち止まらず、EVのリーダーとしての地位を堅持したい」と自信を見せた。

    https://www.sankei.com/economy/news/190109/ecn1901090013-n1.html
    no title

    no title

    no title


    【日産が電気自動車リーフの高性能モデル「e+」を発売へ 航続距離が4割増 お値段416万円から】の続きを読む

    gone

    1: 2019/01/08(火) 13:51:53.70 ID:AKiVKbLq9

    日産自動車のカルロス・ゴーン前会長は8日、自身の勾留理由開示の法廷で意見陳述するため東京地裁に出廷し、
    無罪を主張した。

    ゴーン前会長が陳述のために準備した声明は以下の通り。声明はゴーン前会長の米国の弁護士が発表した。


    ようやく公の場で発言する機会を得られたことに感謝しています。私は、私に対する嫌疑に対して自身を擁護す
    る過程を始めることを待っていました。

    まず、私は日産を心から愛し、感謝しています。私は、日産を支援・強化し、日本で最も尊敬される企業として
    の地位を回復することを唯一の目的として、会社を代表して、社内の適切な役員の知識と承認を得て、名誉ある
    合法的な行動をとってきたと強く信じています。

    ここで疑惑について述べていきたいと思います。


    以下略、全文はこちら
    https://jp.reuters.com/article/nissan-ghosn-text-idJPKCN1P206Z


    【ゴーン日産前会長の声明】の続きを読む

    go-n

    1: 2018/12/30(日) 15:47:53.47 ID:yjfXUs9N0● BE:725951203-PLT(26252)

    共同通信(京都新聞紙面から後半を補完)
    ----------
    「二重苦」が付け替えの背景か
    日産株下落と大幅担保割れ

     私的な投資で生じた損失を日産自動車に付け替えたとして、前会長カルロス
    ・ゴーン容疑者(64)が特別背任の疑いで再逮捕された事件で、2007~08年
    の世界的な金融不安で日産の株価が下がり、これに連動して取引の担保になっ
    ていた金融商品の時価が大幅下落していたことが29日、関係者への取材で分か
    った。東京地検特捜部は、担保割れと取引自体の評価損の「二重苦」が付け替
    えの背景になったとみて調べている。

     特捜部などによると、ゴーン容疑者の資産管理会社は、為替相場などに応じ
    て損失や利益が生じるデリバティブ(金融派生商品)の一種「スワップ取引」
    を新生銀行と契約。新生銀が発行し、日産の株価と連動する金融商品「エクイ
    ティリンク債」を担保に入れた。

     07年に表面化した米国の低所得者向け高金利住宅ローン「サブプライムロー
    ン」の問題を契機に金融不安が広がり、08年のリーマン・ショックで世界的な
    経済危機が深刻化した。関係者によると、スワップ取引で多額の評価損が発生
    したほか、エクイティリンク債の時価も下落、大幅な担保割れに陥った。
    【以下略】
    ----------
    https://this.kiji.is/451675466905846881


    【カルロス・ゴーン、日産株連動商品を担保にデリバティブ取引し、莫大な追証を喰らっていた】の続きを読む

    日産ノート

    1: 2018/12/28(金) 14:47:44.30 ID:CAP_USER9

     日産自動車の小型車「ノート」が、2018年の車名別国内新車販売台数で、軽自動車以外の自動車(登録車)として首位となる公算が高まった。日産車が首位になるのは初めて。ただ、前会長カルロス・ゴーン容疑者の逮捕や相次ぐ検査不正の発覚などが続き、企業イメージの悪化が続けば、今後の販売に影響を与えかねない。

     1~11月の累計販売台数はノートが12万8260台で、2位のトヨタ自動車の小型ハイブリッド車「アクア」に1万台以上の差をつけている。日産によると、統計を取り始めた1968年以降、日産車が登録車のトップになったことはないといい、18年は初の首位になりそうだ。

    2018/12/28 14:31
    https://this.kiji.is/451256329796682849


    【日産ノート(NOTE)、軽以外の登録車で初の首位へ 2018年車名別新車販売台数】の続きを読む

    leaf-eplus

    1: 2018/12/26(水) 12:12:13.27 0

    発表が保留になっているリーフ高性能版が新年1月9日にリリースされる。
    https://mag-x.jp/2018/12/26/11143/


    60kWhバッテリーを搭載するハイパフォーマンスモデル『リーフE-Plus』
    航続距離は従来の400kmから600kmに延長。
    バッテリーはLG製で150kW級の急速充電器にも対応
    https://carmuse.jp/leaf-e-plus


    【【日産】リーフ高性能版は1月9日デビュー!】の続きを読む


    1: 2018/12/25(火) 16:50:19.27 ID:CAP_USER9

    ゴーン前会長が特別背任容疑で再逮捕された後に通達は出された
    接触の試みがあった場合、社員は法務部門に直ちに報告を-内部文書

    日産自動車は金融商品取引法違反の罪でともに起訴された前会長のカルロス・ゴーン被告と前代表取締役のグレゴリー・ケリー被告、および両被告の弁護士との接触を一切避けるよう社員に呼び掛けた。

    21日付の社員宛て内部文書によると、社員は自ら接触しないようにすることや、接触の試みを受けた場合も対応しないことを求められている。社員は接触があった場合や相手側が接触を試みてきた場合、法務部門に直ちに報告する必要があるとしている。

    日産はコメントを控えた。社内文書によると、日産の西川広人社長は21日、同社はガバナンス(企業統治)の不備に対応していくとして社員の安心確保を目指す姿勢を示した。

    東京地検特捜部はこの日、ゴーン前会長を特別背任容疑で再逮捕した。ゴーン前会長とともに11月19日に逮捕されたケリー前代表取締役の妻は、夫がクリスマスの日に保釈される可能性があると語っている。

    no title

    no title


    2018年12月25日 7:42 JST
    Bloomberg
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-24/PK9FVI6K50XT01?srnd=cojp-v2


    【【日産】ゴーン、ケリー両被告との接触回避を-社員に文書で通達】の続きを読む

    kk

    1: 2018/12/25(火) 17:42:48.96 ID:CAP_USER9

    日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者とともに逮捕・起訴された側近のグレッグ・ケリー被告について、東京地裁は25日午後、保釈を認める決定を出しました。東京拘置所から報告です。
     
    (社会部・井口理央記者報告)
     
    ケリー被告の保釈を巡って検察側、弁護側双方の手続きが佳境に入ったことから、東京拘置所前に集まった国内外の多くのメディアの間にも緊張が高まってきました。

    ゴーン容疑者の報酬を有価証券報告書に少なく記載したとして逮捕・起訴されたケリー被告について、25日に東京地裁は保釈請求を認める決定を出しました。

    決定後、すぐさまケリー被告側は保釈保証金7000万円を銀行で振り込む手続きを取り、裁判所側も納付を確認しました。一方で、検察側は決定を不服として準抗告しています。

    裁判所が再びこれを退ければ、ケリー被告は25日にも保釈されるとみられます。関係者によりますと、ケリー被告は首の持病の悪化を訴えているため、保釈となった場合はそのまま病院に向かい、入院する予定だということです。

    2018/12/25 17:00
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000143902.html



    【日産・ケリー被告の保釈決定 検察側は不服で準抗告 保釈後はそのまま病院、入院へ】の続きを読む


    1: 2018/12/23(日) 16:06:21.95 ID:CAP_USER9.net

    日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の特別背任容疑での再逮捕を受け、日産は筆頭株主の仏自動車大手ルノーに対し、会長兼最高経営責任者(CEO)職を解任するよう、強く働きかける方針だ。ルノー側も、勾留によるトップ不在の長期化や、日産との関係悪化を防ぐためには解任はやむを得ないとの見方が広がっており、後任選びが加速しそうだ。

    今回の再逮捕について、日産の西川広人社長は21日夜、東京都内で記者団に「次の段階に入ったと思う」と述べた。

    ルノーはこれまで「不正を認定するだけの十分な情報がない」と解任を保留してきた。日産関係者は21日、「再逮捕は(ゴーン容疑者による)個人の不正としてより分かりやすく、ルノー側にもかなりのインパクトを与えるのではないか」と語った。

    日産はルノーにゴーン容疑者の不正を示す内部調査結果を報告しようとしてきたが、ルノーは直接説明を受けることを渋っているという。日産の内部調査の資料を入手したとする仏紙は、ゴーン容疑者の日産での報酬隠しにルノー幹部が協力した形跡が見つかったと報道。ルノー側が内部調査結果の公表に難色を示している可能性もある。

    今回の逮捕容疑は「形式犯」との見方もある有価証券報告書の虚偽記載ではなく、私的な損失を日産に付け替えて損害を与えた特別背任。仏政府内には「形式犯による長期勾留は奇妙だ」(政府高官)との不満が広がっていたが、悪質性の高い特別背任に発展したことでゴーン容疑者を擁護してきた風向きが変わる可能性がある。

    ルノー関係者によると、取締役の中にもゴーン容疑者の交代を求める声が出ており、筆頭株主の仏政府も既に水面下で人選に着手しているという。仏メディアはタイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・セナールCEOを会長に起用する案が有力視されていると伝えているほか、暫定的に指揮を執るティエリー・ボロレCEO代理を推す声もある。

    https://mainichi.jp/articles/20181221/k00/00m/020/216000c



    【ルノー会長後任選び加速 日産、解任強く働きかけ】の続きを読む

    aa

    1: 2018/12/22(土) 13:06:04.53 ID:lbWoLRsU0● BE:448218991-PLT(14145)


    特別背任の疑いで再逮捕された日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が18億円余りの含み損を抱える
    私的な投資の権利を日産に付け替えた際、取締役会の承認を得ていなかった疑いがあることが
    関係者への取材でわかりました。東京地検特捜部はゴーン前会長が日産を私物化していたとみて
    捜査を進めています。前会長は容疑を否認しているということです。

    日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン容疑者(64)は、10年前のリーマンショックで生じた私的な
    投資での損失をめぐり、日産側の資金を流出させたなどとして21日、特別背任の疑いで東京地検特捜部に
    再逮捕されました。

    関係者によりますと私的な投資はゴーン前会長の資産管理会社が新生銀行と契約して行われましたが、
    10年前のリーマンショックで18億5000万円の含み損が出たため、前会長は銀行側に投資の権利を日産に
    移すことを提案したということです。

    この際、銀行側は日産の取締役会での承認を求めましたが、前会長側はこれを拒否し、承認を得ないまま
    投資の権利を付け替えた疑いがあるということです。しかし、証券取引等監視委員会から違法性の
    おそれを指摘されたため権利は数か月後に前会長側に再び戻されたということです。

    こうした付け替えには前会長の側近だけが関わっていたということで、特捜部はゴーン前会長が日産を
    私物化していたとみて捜査を進めています。

    一方、関係者によりますとゴーン前会長は容疑を否認し、「投資の権利を一時的に日産に移したのは
    事実だが、実際に損失は出ておらず特別背任にはあたらない」などと説明しているということです。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181222/k10011756961000.html


    【ゴーン「私的投資の損失を日産に負わせたが、違法性があるって言われて元に戻した。問題ないだろ」】の続きを読む

    1: 2018/12/21(金) 13:52:29.43 ID:CAP_USER9

    日産自動車は21日、前会長カルロス・ゴーン容疑者の特別背任容疑での再逮捕を受け「容疑の中身については、捜査に関わるのでコメントは差し控えたい」(広報担当者)と説明した。東京地検からの連絡などはなく、急なタイミングの再逮捕発表で事実関係の確認に追われた。担当者の1人は「びっくりの一言」と話した。関係者は「社内ではみんな喜んでいた。検察はよくやってくれた」と安堵(あんど)の声が広がったと明かす。

    前日、東京地裁が東京地検の勾留延長請求を認めず、21日にもゴーン容疑者が保釈されると見込まれていたが、関係者との接触制限の見通しなど、保釈後の対応や準備を決めかねていた。

    大半の従業員は、捜査の行方をうかがいながらも、通常通りの業務をこなしているという。社内には「(本業に)影響が出ないといいが」と心配する声や「まだ続くのか。事件に関わっている時間はない」との冷めた見方が広がっている。(共同)

    2018年12月21日13時9分
    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/general/news/201812210000390.html
    no title


    【【ゴーン再逮捕】日産担当者、びっくりも「社内では喜んでいた。検察はよくやってくれた」と安堵の声】の続きを読む

    1: 2018/12/21(金) 11:15:23.13 ID:CAP_USER9

    ゴーン元会長を特別背任容疑で再逮捕 東京地検

    東京地検特捜部は21日、日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)を会社法の特別背任容疑で再逮捕した。

    逮捕状によると、ゴーン容疑者は2008年10月、自身の資産管理会社が運用していたデリバティブ取引の損失を日産に移転させるなどし、約18億5000万円の損失を負担する義務を日産に負わせ、財産上の損害を生じさせた疑い。

    2018/12/21 10:41 (2018/12/21 10:49更新)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39230900R21C18A2000000/
    no title




    【【速報】ゴーン前会長を特別背任容疑で再逮捕 デリバティブ取引の損失18億5千万円を日産に付け替えた疑い】の続きを読む

    c

    1: 2018/12/20(木)13:20:23 ID:???


    2018年12月20日 13時15分

    日産自動車のカルロス・ゴーン前会長とグレッグ・ケリー前代表取締役について、
    東京地方裁判所が、検察が求めた21日以降の勾留の延長を認めない決定をしたことが関係者への取材でわかりました。

    弁護士が保釈の請求をし認められれば、ゴーン前会長らは近く拘置所から保釈される可能性が出てきました。

    (以下略)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181220/k10011754051000.html



    【日産ゴーン前会長ら 21日以降の勾留延長認めず 保釈の可能性】の続きを読む

    1: 2018/12/19(水) 20:27:35.28 ID:CAP_USER9

    日産自動車は2018年12月19日、「GT-R」の特別仕様車「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」を発表。同日、2019年2月5日までの期間限定、50台の台数限定で予約受け付けを開始した。

    今回の特別仕様車は、グランドスラムで日本人初の女子シングルス優勝を果たしたプロテニスプレーヤー大坂なおみ選手が、同年9月に日産のブランドアンバサダーに就任したことを記念して設定されたもの。「GT-Rプレミアムエディション」をベースに特別な仕立てが施されている。

    ボディーカラーには、目にする角度や光の当たり具合によって色の見え方が変わり、宝石のような深みのある輝きを放つという特別塗装色「ミッドナイトオパール」(専用色)を採用。そのほか、「ブリリアントホワイトパール」「メテオフレークブラックパール」も選べる。

    インテリアについては、大坂選手の協力のもと、ブラックレザーフロントシートと3色のレザーインテリア(アイボリー、アンバー、タン)をコンビとした全3タイプを新規設定。上記3色のボディーカラーと自由に組み合わせることができる。

    そのほか特別装備として、ゴールドのモデルナンバープレート(エンジンルーム内)やLEDハイマウントストップランプ付きのドライカーボン製リアスポイラーが装着される。

    価格は後日あらためて発表される。(webCG)

    2018.12.19
    https://www.webcg.net/articles/-/40048

    GT-R 大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【大坂なおみ仕様の「日産GT-R」50台限定で発売】の続きを読む

    1000x-1

    1: 2018/12/19(水) 07:10:20.46 ID:CAP_USER9

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-12-18/PJXZDP6K50XY01?srnd=cojp-v2

    ルノー、日産取締役会への新メンバー指名の方針譲らず-高まる緊張

    Tara Patel
    2018年12月19日 3:11 JST
    仏ルノーは日産自動車の取締役会に新たなメンバーを指名し、アライアンス内での力を保持する計画を推し進める。ゴーン氏勾留から約1カ月、両社の緊張の高まりを示す動きだ。

      ルノー取締役会のメンバーで、フランス政府による同社株式持ち分の保有機関代表であるマルタン・ビアール氏はBFMビジネスのインタビューで18日、「ルノーは取締役を指名できる権利を行使したいと考えており、それは株主総会で実施されることになるだろう」と述べた。ルノーは日産に43%出資しており、ゴーン氏を含め3人を日産取締役会に送り込んでいる。


      ビアール氏の発言は、ルノーと日産がそれぞれの取締役会内での影響力行使を巡って対立を深めつつあることを浮き彫りにした。ルノーは日産のガバナンス(企業統治)などを話し合うための株主総会開催を日産に求めたが、同社の西川広人社長は17日にこれを拒否した。

      ビアール氏は「これは戦いではない」とし、「ルノーには株主として日産に対する権利がある」と発言。必要ならば日産取締役会からゴーン氏を排除し、別の人物に差し替えるためにその権利を行使すると述べた。


    【【ルノー】日産取締役会への新メンバー指名の方針譲らず-高まる緊張】の続きを読む

    1: 2018/12/17(月) 21:05:17.90 ID:8/xNbCQp0● BE:423476805-2BP(4000)


    日産の軽自動車デイズ シリーズがフルモデルチェンジを受けて2019年春に発売される見込みとなっている。
    (写真は現行型DAYZ)
    次期型も軽自動車専業のNMKV社によって開発製造される。三菱ブランドの姉妹モデル、eKワゴンも同時デビューとなる。
    パワートレインの一つには、新開発のマイルドハイブリッドシステムが採用される。
    https://car-research.jp/tag/dayz
    no title


    【日産・デイズが2019年春にフルモデルチェンジ、三菱自動車と協業】の続きを読む

    1: 2018/12/16(日) 10:28:13.53 ID:hecJgSMs0 BE:837857943-PLT(16930)


    日産が世界に誇るスポーツカー、『GT-R』次期型に関する最新情報、及び最新予想CGを入手した。2007年の発売から11年が経過している「GT-R」は、
    数年前から次期型の噂があるものの、確定情報には至っていない。果たして新型は登場するのだろうか?

    予想CGを制作したのは、デザイナーのVladimir Gololobov氏だ。ベースとしたのは『NISSAN CONCEPT 2020 Vision Gran Turismo』であり、
    現行『GT-R』であり、『GT-R50 by イタルデザイン』だという。

    張り出したフェンダー、シームレスに組み込まれた垂直のヘッドライト、フロントグリルの両サイドに大きな開口部、アーチより低い位置にフードがあり、
    フロントアクスルのダウンフォースを増加させながら冷却効果を高めるという理にかなったエクステリアを描いている。またGT-R伝統の
    クワッドリング・テールライトやリアウィングを備えつつ、斬新なトライアングル・ツインエキゾーストパイプが見てとれる。

    最新情報によるパワートレインは、「GT-R50 by イタルデザイン」に搭載される3.8リットルV型6気筒ツインターボ「VR38DETT」エンジン+電気モーターの
    ハイブリッドで、最高出力は750psから800psと予想されている。またフルEVの可能性もある。

    断言は出来ないが、日産設計責任者アルフォンソ・アルベイザ氏が、GT-R次期型に関して「世界で最も速いスーパーカーでなければならない」
    とグッドウッド・フェスティバル2018でメディアに語ったように、Spyder7スクープ班では、開発に着手していると予想する。

    但し、ワールドプレミアは予想していた2020年より遅れる見込みで、2022年以降となりそうだ。

    https://response.jp/article/2018/12/16/317230.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【予想CG】これが「日産 GT-R」次期型だwwwwwww】の続きを読む

    マクロン

    1: 2018/12/09(日) 16:05:46.78 ID:CAP_USER9

    この1年で軽油は23%、ガソリン燃料は15%も値上がりしました。燃料価格の内訳は原価30~35%、輸送費8%、燃料税や付加価値税(VAT)が56~60%を占めています。燃料税を引き上げられるとさらに運転手の負担が増えてしまいます。

    仏政府は2040年までにガソリン車、ディーゼル車の販売を停止する方針です。電気自動車に買い替えると最高6000ユーロを補助しますが、電気自動車は安くても2万ユーロもするのです。

    マクロン大統領の「(軽油やガソリンを買うお金がなければ)電気自動車を買えばいい」という発言は今や、最後の絶対君主ルイ16世の王妃マリー・アントワネットの「パンがなければお菓子を食べればいい」という言葉に比せられています。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20181204-00106489/


    【【エリート発言】マクロン大統領「(ガソリンが高いなら)電気自動車を買えばいい」】の続きを読む

    d

    1: 2018/12/07(金) 20:45:56.96 ID:JEDkmj400● BE:201615239-2BP(2000)


     日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬過少記載事件で、東京地検特捜部が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で、法人としての日産を起訴する方針を固めたことが7日、関係者への取材で分かった。
     ゴーン容疑者と前代表取締役のグレゴリー・ケリー容疑者(62)の勾留期限の10日にも、2人と併せて起訴する。

     ゴーン容疑者が退任後に受け取ることにした報酬の支払い名目などを記載した覚書に、同社の西川(さいかわ)広人社長(65)がサインしていたことも判明。
     西川氏は過少記載に関与していなかったとされるが、不正に気付けなかったことで経営責任を問われる可能性がある。

     ゴーン容疑者はケリー容疑者と共謀し、平成22~26年度の報酬を計約50億円過少に記載したとして、金商法違反容疑で逮捕された。

     金商法は虚偽の記載をした場合、10年以下の懲役か1千万円以下の罰金を科すと定めているが、法人の刑事責任を問う「両罰規定」も設けており、7億円以下の罰金を科すとしている。

     特捜部は、ゴーン容疑者らの虚偽記載が長期にわたり、金額も巨額であることから刑事責任の追及は不可欠と判断。2人を同法違反罪で起訴するとともに、法人も起訴する。
     さらに29年度までの直近3年分でも報酬を約40億円過少に記載したとして、ゴーン容疑者らを再逮捕する。

     両容疑者は役員報酬の記載が義務化された22年から、実際の年間報酬約20億円のうち約10億円を有価証券報告書に記載し、残りを退任後に受け取ることを計画。
     ケリー容疑者が名目や金額などを記載した覚書を毎年作成したとされる。

     覚書にはケリー容疑者とともに西川氏のサインが書かれていたという。西川氏は覚書が作成され始めた22年当時は仏ルノー取締役で、25年から日産取締役だった。

     ただ、西川氏はゴーン容疑者らの計画を認識していなかったとみられる。

    https://www.sankei.com/smp/affairs/news/181207/afr1812070041-s1.html


    【西川社長が報酬覚書にサイン 法人としての日産も起訴へ】の続きを読む

    1: 2018/12/06(木) 22:03:37.33 ID:gr3CIqv00 BE:837857943-PLT(16930)


    日産自動車の米国部門は12月5日、『GT-R』(Nissan GT-R)の2019年モデルを発表した。

    2019年モデルでは、「ピュア」、「プレミアム」、「トラックエディション」、「NISMO(ニスモ)」の4グレードをラインナップした。
    全車にLEDデイタイムランニングライト付きのLEDヘッドライト、Appleの「CarPlay」やナビゲーションシステムを含む「日産コネクト」、
    レザー&スウェード製のフロントスポーツシートが標準装備されている。

    日産コネクトは、8インチのディスプレイを核にした最新システムで、ナビゲーションやオーディオの操作が、音声認識で可能に。スマートフォンなどの
    操作もブルートゥースにより、ハンズフリーで行える。

    3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力565hp、最大トルク64.6kgmを発生する。NISMOでは、最大出力が600hp、
    最大トルクが66.5kgmに引き上げられる。

    2019年モデルのGT-Rの米国ベース価格は、9万9990ドル(約1130万円)。10万ドルを切るベース価格を維持している。

    https://response.jp/article/2018/12/06/316929.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【画像】日産 GT-R に2019年モデル公開】の続きを読む

    nissan

    1: 2018/12/06(木) 12:19:06.49 ID:CAP_USER9

    日産自動車の出荷前の完成車検査で新たに不適切な事案が見つかったことが6日、分かった。全車に実施する検査の一部が不適切な手法でなされており、対象車種のリコール(回収・修理)を検討している。日産の一連の検査不正で新たな事案が見つかるのは4度目だ。不正を絶てぬガバナンス(企業統治)が厳しく問われそうだ。

    国土交通省の主力工場への立ち入り検査で発覚した。検査の手順など国交省の聞き取りに対し、複数の従業員…

    2018/12/6 11:39日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38604480W8A201C1MM0000/?nf=1


    【【日産】新たな不適切検査見つかる、リコールも検討】の続きを読む

    raw

    1: 2018/12/06(木) 10:11:23.56 ID:CAP_USER9

    日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の役員報酬を巡る虚偽記載事件に絡み、日産がゴーン容疑者による投資資金の私的流用の対象とするオランダの子会社が、設立当初から日産の連結決算の対象外となっていたことが関係者の話でわかった。子会社は、ゴーン容疑者の家族が利用する住宅の購入などに巨額の資金を投じており、監査法人から問題視されるのを避ける狙いがあったとみられる。

    関係者によると、日産側は2010年12月、オランダ・アムステルダムを拠点とする子会社「ジーア」を設立。「投資目的の会社」とされ、50億円超の資金が投じられた。

    ジーアの設立は、ゴーン容疑者の意向を受けた日産前代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)が指示し、同社の執行役員らが手続きに関与。ケリー容疑者らは設立当初からジーアを日産の連結対象にしないようにしたという。現地の商工会議所資料では、ケリー容疑者やこの執行役員らが役員に名を連ねる一方、従業員はゼロとされている。

    ソース/読売新聞社
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20181206-OYT1T50006.html?from=ytop_main2


    【【ゴーン逮捕】日産のオランダ子会社は連結外、監査逃れ目的か】の続きを読む

    このページのトップヘ