日産

    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/22(水) 14:25:31.31 ID:???.net

    http://news.walkerplus.com/article/62085/
    日産自動車は、「フェアレディZ」(383万1840円~)の一部仕様を変更し、7月21日(火)から全国一斉に発売した。


    no title


    「フェアレディZ」は、世界トップレベルの走行性能や、走りのために鍛え上げられた、
    しなやかでダイナミックなデザインが特徴。あらゆるシーンで走る楽しさを満喫できる真のスポーツカーとして、ユーザーから高い評価を得ているモデルだ。

    今回、一部仕様を向上させたのは、「フェアレディZ Version ST」「フェアレディZ Version T」及び
    「フェアレディZ NISMO」の3タイプ。メーカーオプションとして設定しているBOSEサウンドシステムに
    新たにアクティブ・サウンド・コントロールおよびアクティブ・ノイズ・コントロールを追加した。
    アクティブ・サウンド・コントロールは、ドライバーがエンジン音をよりダイナミックに感じるよう音質をコントロールすることで、
    アクセル操作やエンジン回転数に応じた力強いエンジン音を実現している。
    また、アクティブ・ノイズ・コントロールは、エンジンからの不快なこもり音を、室内のルーフ部分に新たに設置した集音マイクで検知し、
    逆位相の制御音をスピーカーから出力することにより低減している。
    室内の静粛性を高めることにより、ストレートに気持ち良いエンジン音が楽しめるようになった。

    さらに、ダークブルーのボディカラーに代わり「NISSAN GT-R」でも採用されているオーロラフレアブルーパールを新たに採用。
    オーロラフレアブルーパールは、過去のスカイラインで採用したベイサイドブルーを受け継いだ特別な車体色となった。
    これまでも走りを追求してきた「フェアレディZ」。一部仕様を向上させ“エンジン音”にもこだわったスポーツカーでドライブに出かけよう!【東京ウォーカー】


    【【クルマ】日産自動車、スポーツカー「フェアレディZ」一部仕様向上 エンジン音よりダイナミックに体感できる用に調整】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/07/14(火) 00:15:05.30 ID:???.net

    本格SUV(スポーツ用多目的車)として若者を中心に人気の日産自動車「エクストレイル」。
    2013年12月に全面改良し、今年5月にハイブリッド車(HV)の
    「エクストレイル ハイブリッド」(280万4760円~)が追加された。
    高い走行性能に環境性能をプラスし、ホンダ「ヴェゼル」やトヨタ自動車「ハリアー」などと
    競争の激しい市場で生き残りを目指す。開発陣に投入の狙いや苦労した点を聞いた。

    --エクストレイルの売りは

    藤井真・日本商品企画部リージョナルプロダクトマネージャー
    「SUVは入れ替わりが激しいがエクストレイルは安定して販売できている。『タフギア』という言葉で表しているように、
     シーンを問わない走行性能や広い荷室などの使いやすいさ、(衝突被害を軽減する)エマージェンシーブレーキなど先進機能を満載している」

    --HVを投入した狙いは

    「エクストレイルに新たな魅力をプラスした。エコカー減税対象になる燃費(ガソリン1リットルあたり20.0~20.6キロ)や余裕のある走り、
     高い静粛性を持たせている。日本市場はHVでないとショッピングリストに載らない。幅広いお客さまのリストに載る魅力的な車に仕上がったと思う」

    --ハイブリッドシステムの仕組みは

    「1モーター2クラッチのパラレル式で、スカイラインやフーガのHVと基本的には同じだが、前輪駆動車としては国内初だ。
     エンジンを切り離したモーターのみのEV(電気自動車)走行や、エンジンにモーターを足して出力を大きくすることができる。
     4WD(四輪駆動)車として気持ちの良い走りを追求した」

    --具体的には

    「排気量2.5リットルクラスのガソリンエンジン車を凌駕(りょうが)するトルクや
     加速性能で余裕のある走りを体感できる。さらに、モーターのみのEV走行領域が広いので、静かで高級感もある」

    --ターゲット層は

    小塚功子マーケティング・ダイレクター
    「セダンなどからの乗り換えを検討していてHVが欲しいという顧客らを想定している。
     ヴェゼルやハリアーと異なり、エクストレイルはHVがなかったので拾えていなかった。
     エクストレイルは本当の4WDということを強調していく」

    --開発で苦労した点は

    東倉伸介車両開発主管
    「HVは新たにモーターやバッテリーを入れないといけないので設計し直す必要がある。
     お客さまが使用する空間を残しながら、安全性や信頼性を維持していくパッケージングに苦労した」

    --HVで難しかったのは

    「パラレル式はエンジンとモーター、トランスミッション、クラッチの制御が大変で、なめらかに切り替えるのは難しい。
     その点、『リーフ』でアドバンテージがあるので、EVの制御が非常に参考になった」(田村龍彦)

    http://www.sankei.com/economy/news/150712/ecn1507120003-n1.html


    【【自動車】日産エクストレイル ハイブリッド 「4WDの気持ちよい走りを」 ハリアー、ヴェゼルと真っ向勝負】の続きを読む

    1: 雪崩式ブレーンバスター(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/07/08(水) 15:12:21.84 ID:nCtGY3GB0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典

    日産自動車は8日、6月25日に静岡県磐田市内の県道を走行中にセンターラインをはみ出して
    対向車と衝突する事故を起こした日産の車両で、助手席側のタカタ製エアバッグが異常破裂したと発表した。
    日産車の男性運転者がけがをしたが、異常破裂との関係は特定されていない。助手席に搭乗者はいなかった。
    走行中の日産車でエアバッグの異常破裂が確認されたのは国内では初めて。米国では9件起きている。
    日産によると、異常破裂があった車両は2001年8月生産の「エクストレイル」。
    同社はこの車種のリコール(回収・無償修理)を13年に届け出ているが、この車両は修理を実施していなかったという。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150708-00000084-jij-soci


    【日産エクストレイルのタカタ製エアバッグが異常破裂=国内初、走行中事故の日産車―静岡県内】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/07/07(火) 20:58:02.51 ID:???.net

    日産自動車は7月7日、「ノート」をマイナーチェンジして発売した。
    価格は146万4480円~189万1080円。

    今回のマイナーチェンジでは、プレミアム感を高めた「MEDALIST」を直列3気筒DOHC 1.2リッター「HR12DE」エンジン搭載車の
    2WD/4WDにも設定。スポーティさやスタイリッシュさを強化しつつLEDヘッドランプを標準装備した特別仕様車「エアロスタイル」や、
    スポーティなデザインと走りを両立した「NISMO」も引き続き展開される。

    また、これまであった「S DIG-S」は新たに「X DIG-S」に統合され、「X DIG-S シンプルパッケージ」との名称に変更。
    「X DIG-S シンプルパッケージ」はオプション設定モデルとなっており、唯一「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」を
    搭載しないグレードとして用意される。価格は「X DIG-S」から14万5800円引きの154万8720円。

    今回のマイナーチェンジでは、これまで一部グレードでオプション設定となっていた
    「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」「LDW(車線逸脱警報)」を、全グレードに標準装備して安全性能を向上。

    パワートレーンでは、直列3気筒DOHC 1.2リッター直噴スーパーチャージャー「HR12DDR」エンジン搭載車に、
    車速が約8km/hになると作動する「停車前アイドリングストップ」を採用。「停車前アイドリングストップ」は、
    停車した後にエンジンを停止する従来のシステムに対し、停車する前からエンジンを停止させることで、
    よりアイドリングストップする時間を長くして燃費を向上させるシステムになっている。
    また、2WDの全グレードでエンジン、トランスミッションのチューニングの最適化を図り燃費を向上させた。

    これにより、JC08モード燃費に関しては、「X DIG-S シンプルパッケージ」が最高燃費となる26.8km/L(従来のS DIG-Sでは25.2km/L)を、
    「MEDALIST」「X DIG-S」の2WD(FF)車では26.2km/Lを実現している。「MEDALIST」「X DIG-S」に関しては、
    「平成32年度燃費基準+20%」を達成し、エコカー減税の免税(100%減税)措置が適用される。

    ボディーカラーでは、シャイニングブルーおよびインペリアルアンバーにブリリアントホワイトパールのルーフ/サイドミラー/アウトサイドドアハンドルを
    組み合わせたスタイリッシュな2トーンカラーを設定。12色のカラーバリエーションを実現している。

    なお、日産の関連会社であるオーテックジャパンは、今回のノートのマイナーチェンジに合わせてカスタムカーの
    「ライダー」「アクシス」「ライフケアビークル(LV)」シリーズを7月7日にマイナーチェンジ。
    ライダー/アクシスの価格は171万2880円~202万9320円、ライフケアビークル(LV)シリーズは155万880円~215万3520円となっている。

    【この記事を写真付きで見る】
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150707_710568.html


    【【自動車】日産、「ノート」をマイチェンして全車に自動ブレーキを標準装備。最高燃費は26.8km/Lに】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/24(水) 18:33:52.73 ID:???.net

    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=48776/

    日産自動車の坂本秀行副社長は6月23日に横浜市で開いた株主総会で、
    1回の充電でガソリン車と同等の航続距離を走行できる電気自動車(EV)の技術を走行実験で確認したことを明らかにした。
    坂本副社長は、日産はこれからもEVにこだわっていくのかという株主からの質問に対し
    「我々のゼロエミッション戦略の中心はEV。モーター、バッテリー、インバーター、こ
    れらの電動化技術を進化させてEVをガソリン車と同じような便利な車、もしくはそれ以上の便利な車として開発して、量産することが我々の戦略」と強調した。

    その上で「きょう(株主総会の壇上に)ブルーの『リーフ』を展示しているが、
    このリーフには我々の最新の研究技術を搭載している。このリーフを使って1回の充電で、
    ガソリン車と同じくらい航続距離を走るようなことを、実際の走行試験で確認している」ことを披露した。
    さらに「新しい技術を搭載したリーフでは充電時間が従来に対して画期的に早くなること、
    また長年お使い頂いても性能が劣化しないことを検証している。これらはすべて最新の技術からもたらされている。
    従ってこの技術を早く実際のEVとして世の中に、皆様にお届けしたいために我々開発部門は努力している」と説明した。
    ただ坂本副社長は、新たな技術を搭載したEVの具体的な航続距離や量産化のめどは明らかにしなかった。


    【【自動車】日産、ガソリン車と同等の航続距離を実現したEV技術確立…株主総会で公表】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/30(土) 10:13:14.37 ID:???.net

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/150530/bsa1505300500004-n1.htm

     日産自動車は29日開示した株主総会の招集通知で、2015年3月期にカルロス・ゴーン社長ら
    取締役11人に支払った役員報酬の総額が14億6000万円だったことを明らかにした。

     15年3月期は取締役の交代などがあったため、単純比較できないが、
    14年3月期に取締役9人に支払われた報酬総額は16億5600万円。このうちゴーン社長は9億9500万円で約6割を占めた。

     15年3月期のゴーン社長の報酬額は6月23日の株主総会で明らかになる見通しだ。日産の業績は好調で、10億円を超えている可能性もある。


    【【自動車】日産、役員報酬14億6000万円 ゴーン社長が6割占める】の続きを読む

    1: すらいむ ★ 2015/05/06(水) 00:31:08.25 ID:???.net

    日産・ルノー、電気自動車の航続距離2倍に 400キロ以上

     【ソウル=小倉健太郎】日産自動車・仏ルノー連合は遅くとも2020年までに電気自動車
    (EV)の航続距離を現行の2倍にあたる400キロメートル以上に引き上げる。電池の素材や
    設計を改良し、蓄えられる電気の量を2倍に増やす。弱点だった航続距離の改善で普及に
    弾みをつける。日産で1%強にとどまる新車販売に占めるEVの割合を25年までに10%に高める。

     日産・ルノー連合でEVとハイブリッド車(HV)の開発を総…

    (公開部分ここまで)

    日本経済新聞 2015/5/6 0:20
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO86441600V00C15A5TJC000/


    【【自動車】日産・ルノー、電気自動車の航続距離2倍に 400キロ以上 遅くとも2020年までに】の続きを読む

    1: coffeemilk ★ 2015/04/10(金) 22:52:51.41 ID:???.net BE:287993214-2BP(1012)

    2015年4月7日(火) 13:07

    日産自動車は4月7日、自動ブレーキシステムである「エマージェンシーブレーキ」の展開計画を早め、2015年秋までに主要量販モデルへの標準化を完了させる方針を発表した。

    同社は今年1月、15年度中にエマージェンシーブレーキを商用車を含むほぼ全てのカテゴリーに設定する計画を公表していた。このなかで、量販モデルについては今秋までという早期の標準搭載を図ることとした。

    同日、横須賀市の日産追浜工場内で開いた記者会見で片桐隆夫副社長は、「これまでの計画を1歩進め、主要モデルへの標準化を急ぐ」との方針を表明した。
    片桐副社長はまた、「日産は電気自動車の量産など誰もやらないことをやってきた。そうした"やっちゃえ精神"を取り戻しながら、ブランド力を高めていきたい」と述べ、今後も各分野で先駆的な取り組みを推進する考えを強調した。

    no title

    no title

    no title

    no title


    http://s.response.jp/article/2015/04/07/248501.html
    依頼172


    【【自動車】日産、15年秋までに自動ブレーキを量販モデルで標準化】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2015/04/08(水) 13:11:14.85 ID:???*.net

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150408-00000014-rps-bus_all
    ダイムラーとルノー日産は4月7日、1tクラスのピックアップトラックの分野で、提携関係を拡大すると発表した。

    提携拡大の内容は、日産とダイムラーが、中型のピックアップトラックを共同開発。
    日産は新型『NP300』、ダイムラーはメルセデスベンツブランド車として、市場に投入する。

    生産は、スペイン・バルセロナとアルゼンチンのコルドバの2工場で行う予定。日産とメルセデスベンツでは、
    中型ピックアップトラックの車台などの基本メカニズムを共用。
    ただし、デザインや走行性能などの面においては、両ブランド独自の味付けが施される。

    具体的には、メルセデスベンツの場合、顧客のニーズに合わせたエンジニアリングやデザインを、
    ダイムラーが実施。欧州、オーストラリア、南アフリカ、南米を主なターゲット市場に見込む。

    今回の協力は、ダイムラーとルノー日産の5年に及ぶ戦略的提携の最新の成果となる。

    《レスポンス 森脇稔》

    画像:現行日産NP300(参考画像)
    no title

    no title


    【【自動車】日産、ダイムラーと中型ピックアップトラックを共同開発へ】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2015/03/20(金) 01:26:42.53 ID:???.net
     日産自動車は19日、アクセルを踏み込まなくても加速する恐れがあるとして、乗用車「ノート」12万2850台(平成24年7月~25年
    12月生産)のリコールを国土交通省に届けた。

     国交省によると、エンジン始動直後に無段変速機(CVT)を素早く操作すると、エンジンに送る空気量の調整弁が全開状態となり、
    アクセルを踏まなくても加速する恐れがある。過給器の一種「スーパーチャージャー」付きエンジン車で、制御コンピューターの
    プログラムミスが原因。

     今年1月、ユーザーからの苦情で不具合が判明。日産の再現実験で、約1秒間に時速4キロ分ほど加速し、その後減速する現象が
    確認された。事故の報告はない。

     欧州など海外でも約2万2千台を販売しており、日産は各国の法令に従い対処する。

    ソース(SankeiBiz) http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/150319/cpb1503191820002-n1.htm
    写真=日産自動車がリコールした乗用車「ノート」
    no title

    【【自動車】日産が「ノート」12万台リコール、アクセルを踏み込まなくても加速が起きる恐れ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/16(月) 09:43:46.99 ID:QIoNqJvl.net

    600万の車買えるって年収1000万近く必要じゃん


    【スカイラインって一般家庭のお父さんが乗る300万円くらいの「ちょっといい車」じゃなかったの?】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/04(水) 23:32:42.53 ID:XfXXdHmG0.net

    ジュネーブモーターショーで披露されたコンセプトカー、日産「スウェイ」は全長4010×全幅1780×全高1385mm、
    ホイールベース2570mmと公表されています。

    全長からすると次期ノートの可能性もありそうですが、次期マーチ(欧州名マイクラ)か?! という噂が
    当たっているとすると、このサイズは大きめですが、見栄え良くドレスアップされたコンセプトカーだとすると、
    可能性はあるかなと思わせるものがあります。

    ホイールベースの2570mmは新型のマツダ・デミオと同値で、ルノー・ルーテシアの2600mmより少し長く、
    欧州Bセグメントのベンチマークと自他ともに認めるフォルクスワーゲン・ポロの2470mmよりも100mm長くなっています。

    これからのBセグメントは、ロングホイールベース化によりボディサイズを感じさせない踏ん張り感を表現したり、
    居住性を向上したりするなどの手法も考えられます。
    日産の発表によると、「スウェイ」は同社が欧州ハッチバック市場に新たな方向性を提案するコンセプトカー。

    「キャシュカイ」や「ジューク」で培った日産の斬新な発想をコンパクトハッチバックに初めて採用した
    モデルとのことで、欧州市場向けにエモーショナルで先進的なスタイルとして提案されています。

    また、ルーフ中央には特徴的なX型の構造を取り入れることで、より剛性を高める一方で、コンセプトカーらしく
    ドアは観音開きを採用し、乗降性にも配慮されています。

    http://clicccar.com/2015/03/04/296695/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【日産が出す新車クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/02/13(金) 22:35:41.57 ID:???.net

    日産、「フーガ」をビッグマイナーチェンジ

    日産自動車は、「フーガ」をビッグマイナーチェンジし2月13日(金)発売した。
    今回のビッグマイナーチェンジでは、エクステリアを一新するとともに、
    世界最高レベルの安全性能を実現し、歴代の中で最もラグジュアリーでダイナミックなモデルへと進化させた。

    エクステリアデザインは、フロントとリヤのデザインを一新し、プレミアムセダンの高級感とスポーティな躍動感を表現。
    また、周囲からの視認性を向上したサイドターンランプ内蔵のドアミラー、新デザインの18インチアルミホイールを採用。
    さらに、スポーツグレード「370 GT Type S」は、ワイド&ローのプロポーションを際立たせる専用エアロバンパーによって、
    よりダイナミックでスポーティなデザインに進化した。

    また、全方位運転支援システムとして、スカイラインに世界で初めて採用したPFCW(前方衝突予測警報)をはじめ、
    約60km/hでも衝突回避が可能な「エマージェンシーブレーキ」(自動ブレーキ)等、
    最先端の安全装備を前方、側方、後方すべてに採用。
    「MOD〔移動物検知〕」機能を追加した「アラウンドビューモニター」は全グレードに標準装備した。

    乗り心地や静粛性も向上させ、プレミアムセダンにふさわしい快適性を実現。
    VIP仕様のリヤシートはホールド性を高めたシート形状とすることで、座り心地を向上している。

    ボディカラーは、プレミアムブラウン、ダークメタルグレー、ダークブルーの
    3色の新色を含む全7色を設定した。

    価格は410万4000円~674万5680円となっている。

    carview!
    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20150213-10218622-carview/?t=0
    no title


    【【自動車】日産「フーガ」をビッグマイナーチェンジ】の続きを読む

    1: ときめきメモリアル(芋)@\(^o^)/ 2015/02/04(水) 22:18:37.98 ID:5kx97Wxs0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    no title

    2月12日、米国で開幕するシカゴモーターショー15。日産自動車が同ショーにおいて、新たなコンセプトカーを初公開することが分かった。

    これは2月2日、日産の米国法人、北米日産が明らかにしたもの。同社は、シカゴモーターショー15において、新たなNISMO(ニスモ)のコンセプトカーを初公開する、と発表している。

    現時点では、このコンセプトカーに関して、車名を含めてその詳細は公表されていない。日産はグローバル規模で、NISMO車のラインナップ拡大に乗り出しており、
    シカゴモーターショー15で初公開されるコンセプトカーも、その1台になるもよう。

    また、シカゴモーターショー15では、『GT-R NISMO』をはじめ、『フェアレディZ NISMO』、『ジュークNISMO』、『ジュークNISMO RS』のNISMOの市販4車種を展示。

    さらに、コンセプトカーとして、『セントラNISMO』も出展するとしている。
    no title

    http://response.jp/article/2015/02/04/243467.html


    【日産、NISMO の新コンセプトカーを初公開へ】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2015/01/24(土) 19:36:31.24 ID:???.net

    http://response.jp/article/2015/01/23/242389.html

     日産自動車は1月23日、「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の採用車種を拡大。
    2015年度中に、国内で発売している電気自動車、商用車を含むほぼすべてのカテゴリーに搭載を完了すると発表した。

     エマージェンシーブレーキは現在、『スカイライン』『エクストレイル』『セレナ』『ノート』『デイズ』『デイズルークス』の6車種に搭載。
    スカイライン、エクストレイル、ノートの3車種は、最高ランクであるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に選定されるなど、
    その安全性が高く評価されている。

     日産は2020年までに自動運転技術の段階的な実用化を目指している。
    今回のエマージェンシーブレーキの搭載車種拡大は、
    自動運転につながる要素技術である「カメラ認知技術」や「操作自動化技術」を活用し、
    これらの技術がもたらす安全性をより早くユーザーに提供するものだ。

     また、これらの要素技術は、エマージェンシーブレーキだけではなく、
    「アラウンドビューモニター」、「インテリジェントパーキングアシスト」、「スマートルームミラー」にも取り入れており、
    こうした技術も今後積極的に搭載車種の拡大を図っていく予定だ。
    (纐纈敏也@DAYS)



    【【自動車】日産自動車、自動ブレーキ搭載車種を拡大・・・2015年度中に全カテゴリーへ】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2015/01/19(月) 19:46:36.71 ID:???.net

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150118-00050106-yom-bus_all

     日産自動車は2016年度をめどに軽自動車の自社生産に乗り出す方針を固めた。

     低価格で維持費の安い軽の人気が高まっているため、
    軽の開発から生産までを手がけ、自社の商品戦略に沿ったクルマを機動的に販売できるようにする。

     日産幹部が明らかにした。
    国内大手メーカーが軽の生産に本格参入するのは1963年のホンダ以来、ほぼ半世紀ぶりという。
    ダイハツ工業、スズキ、三菱自動車、ホンダ、日産の5社が生産する体制となる。

     製造は追浜(おっぱま)工場(神奈川県横須賀市)を軸に検討している。
    女性や若者向けのワゴン車タイプで、年間5万~10万台規模となりそうだ。

     日産は02年にスズキに生産を委託して自社ブランドで軽の販売を始めた。
    11年からは三菱自とも合弁で製造会社を設立して生産を委託し、自社ブランドで売ってきた。
    現在、「デイズ」「デイズ ルークス」など計4車種(商用車を除く)を扱い、14年の販売台数は約24万台だった。




    【【自動車】日産、軽自動車自社生産へ・・・半世紀ぶり新規参入】の続きを読む

    このページのトップヘ