ホンダ

    20190218at67S_p

    1: 2019/02/19(火) 00:46:12.23 ID:9MvhUJhn9

    ホンダ、22年に英工場閉鎖=19日にも発表-テレビ報道
    2019年02月18日23時55分 時事通信
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021801099&g=soc

     【ロンドン時事】英スカイニューズ・テレビは18日、ホンダが英南部スウィンドンにある同社工場を2022年に閉鎖する見通しだと報じた。19日にも発表される可能性がある。正式に閉鎖を決めれば、欧州連合(EU)離脱を3月末に控え、経済の先行き不透明感が強まっている英国にとって打撃となりそうだ。


    【ホンダ、22年に英工場閉鎖=19日にも発表】の続きを読む

    1: 2019/02/17(日) 23:17:21.27 ID:R+D5WZgk0

    プリウスはずっとトップ10入ってるのに…

    トヨタ 四台目プリウス(前期型)マイチェン前
    no title

    no title

    no title


    トヨタ 四台目プリウス(後期型)マイチェン後
    no title

    no title




    ホンダ 三代目インサイト
    no title

    no title


    【【悲報】ホンダさん、新型インサイトが不評のプリウスより売れないwwwwwww】の続きを読む

    1: 2019/02/01(金) 18:27:23.43 ID:uVaSvOAZ0 BE:232392284-PLT(12000)


    米ホンダが個人向け乗用車販売で初の最量販ブランドに…シビック と電動車が貢献 2018年

    ホンダ(Honda)の米国部門、アメリカンホンダは1月31日、2018年の米国新車販売において、ホンダが個人向け乗用車販売で初の最量販ブランドになった、と発表した。

    ホンダの2018年の米国新車販売台数は160万4828台で、前年比は2.2%減と4年ぶりに前年実績を下回った。
    総販売台数160万4828台のうち、ホンダブランドは144万5894台で、前年比は2.8%減と、マイナスに転じている。

    そんな中、企業やレンタカー向け販売を除いた個人向け乗用車販売では、ホンダは2018年、米国で66万7762台を売り上げた。
    これは、米国の調査会社、Urban Scienceのデータによるもので、ホンダが個人向け乗用車販売で、初の最量販ブランドに立ったという。

    これに貢献したのは、『シビック』だ。アメリカンホンダによると、シビックが3年連続で米国個人向け乗用車販売ランキングのナンバー1を維持したという。

    さらに、電動パワートレイン車の販売好調も、個人向け乗用車販売でホンダが初の最量販ブランドになった要因に。
    アメリカンホンダは、新型『インサイト』、『アコード ハイブリッド』、『クラリティPHEV』に牽引され、電動ホンダ車が過去最高の販売台数を達成した、としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000018-rps-bus_all
    no title


    【【衝撃事実】個人向けの車販売 ホンダがトヨタを抑え1位に!!】の続きを読む

    1: 2019/01/31(木) 12:31:28.73 ID:dVvaoHOV0● BE:423476805-2BP(4000)


    3代目となる新型インサイトはコンセプトを大きく変えて、プリウスより上の価格帯のスポーツセダンとなった。
    プリウスとの競合を避けたのは、インサイトが生き残るための戦略ではあるが、同時に日本市場で販売台数が出るモデルではなくなった。北米向けの中小型セダンといった印象が強くなる。
    実はインサイトのインテリア撮影をする直前のモデルが新型MAZDA3であった。
    インサイトの室内も車格なりに決して悪くはないのだが、MAZDA3の出来が良すぎたせいで、一世代前のモデルのように感じてしまう。
    https://car-research.jp/tag/insight
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=rMrGAdiaxNU



    【ホンダ・インサイト内装動画チェック、MAZDA3が良すぎた】の続きを読む

    1: 2019/01/27(日) 14:05:42.45 ID:P9LgLcHQ0 BE:232392284-PLT(12000)


     本田技研工業は、新型EV(電気自動車)のプロトタイプをスイス ジュネーブで開催の「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」
    (プレスデー:3月5日~6日、一般公開日:3月7日~17日)で世界初公開する。欧州の同社Webサイトでそのスケッチを公開し、量産モデルが2019年内に発売されると予告している。

     公開されたスケッチは、2017年のフランクフルトショーで公開された「アーバン EV コンセプト」との共通性を持ったもので、EVの機能性に合わせてシンプルでユニークなデザインに仕上げられた。

     2019年内に発売されるという新型EVは、2025年までにヨーロッパ販売台数の3分の2に電動化技術を採用するというホンダの取り組みを次のステップに進めるものと強調している。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1166450.html
    no title

    no title

    no title


    【【ホンダ】ガチでアーバンEVを市販!デザイン良すぎだろw】の続きを読む

    N-BOX

    1: 2019/01/22(火) 16:09:45.85 ID:mcFQJIYr0

    N-BOXの出来が良すぎて売れまくる
     ↓
    販売台数ナンバーワンの座に
     ↓
    今までフィットやステップワゴン乗ってたホンダユーザー「N-BOXで十分」と乗り換える
     ↓
    利幅の大きいミニバンや普通車が売れなくなり利益率悪化
     ↓
    軽だから格安車検店やガソスタで整備を済ますユーザー続出
    ディーラーに預けても部品代が安いからアフターメンテ部門での収益が悪化
    (※スズキ、ダイハツは利幅が少ない軽でも利益が出るように街の中古車屋や板金屋と提携してディーラー網を構築してきた)
     ↓
    ホンダはトヨタ・日産のような大規模な販売店と強固な自社系販売網を持っているが維持できなくなる
     ↓
    ディーラーが悲鳴を上げてる ←今ここ


    【【悲報】ホンダさん、N-BOXが売れすぎて窮地に陥るwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2018/12/31(月) 21:02:45.01 ID:bg9FYOK70● BE:423476805-2BP(4000)


    アーバンEVコンセプトは、2017年に発表された将来の電気自動車のデザインスタディモデル。
    そのあまりにも家電的でオモチャのような雰囲気から、市販化の可能性が低いモデルとして認識していた来場客も多かったのではないだろうか。
    しかし、市販型の開発は既に終盤に入っており、間違いなく市販されるモデルとなっている。
    コンセプトでは軽自動車よりも小さな印象であったが、市販型は全長3m台後半の初代フィット程度のサイズ感になりそう。
    ドア枚数もコンセプトの3ドアから市販型は5ドアに増やされる。
    販売は欧州優先で秋頃からのスタート、日本向けには2020年に発売される見通し。

    https://car-research.jp/honda
    no title


    【ホンダ・アーバンEVコンセプト市販化へ、2019年秋発売見込み】の続きを読む

    エンジン音で赤ちゃん泣きやむ

    1: 2018/12/22(土) 09:15:45.45 ID:CAP_USER

    年末年始の帰省シーズンを前に、赤ちゃんが電車の中などで泣き出した時にどうあやしたらいいか頭を悩ませている方も多いと思いますが、泣いている子どもに車のエンジン音を聞かせると泣きやむ可能性があるとする実験結果を、大手自動車メーカーのホンダが発表しました。

    ホンダは、赤ちゃんが母親の胎内で聞いていた音と車のエンジン音の周波数が似ていることから、泣いている幼い子ども12人を対象にエンジン音を聞かせるとどう変化するか実験しました。
    その結果、11人が泣きやんだということで、車のエンジン音を聞かせると鎮静効果が生まれ、泣きやむ可能性があるとしています。

    ホンダは都内のショールームでスピーカーを内蔵した車の形のぬいぐるみを使ってエンジン音を赤ちゃんに聞かせる試みを今月24日まで行っていて、中にはエンジン音を聞いてすぐに泣きやむ子どももいました。
    9か月の赤ちゃんを連れて訪れた母親は「エンジン音を聞いたらぴたっと泣きやんだので驚きました」と話していました。

    ホンダはこのほか専用のサイトを設けて、胎内の音と特に周波数が似ているという3種類のスポーツカーのエンジン音を公開しています。

    ホンダ広報部の登那木直主任は「出かけた際にお子さんがぐずったらスマートフォンなどで車のエンジン音を聞かせてみてほしい」と話していました。

    幼い子どもがいる母親は、子どもを連れて外出することをどう考えているのでしょうか。

    ホンダはことし10月、1歳5か月までの幼い子どものいる母親、200人あまりを対象にインターネットでアンケート調査を行いました。

    その結果、「子どもが泣くことを心配して、外出がおっくうになるか」という質問に対し、「そう思う」、「ややそう思う」、「どちらかといえばそう思う」、と答えたのが全体の75%に上りました。

    東京・銀座で聞いたところ、6か月の男の子がいる母親は「子どもがぐずるのが心配で、年末年始を避けて一足早く帰省を済ませました。おもちゃやお菓子などを用意しておかないと、気軽に外出できません」と話していました。

    また、4か月の男の子を抱っこしていた父親は「ぐずると大変なので、バスや電車を使った外出は控えるようにしています」と話していました。

    https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181221/0022927.html


    【【話題】車のエンジン音を聞かせると赤ちゃんが泣きやむwwwww】の続きを読む

    1: 2018/12/20(木) 21:57:38.25 ID:CAP_USER9

    本田技研工業は2018年12月20日、軽規格のオープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Trad Leather Edition(トラッドレザーエディション)」を設定し、同年12月21日に発売すると発表した。

    今回の特別仕様車は、上級グレードの「α」をベースに、ライトタンとブラックのツートーンのインテリアや、ブラウンのロールトップなどを装備することで上質感を高めたモデルである。

    これらを含む特別装備は以下の通り。

    ・ブラウンロールトップ
    ・専用アルミホイール(ブラッククリア塗装)& ホイールナット(ブラック)
    ・専用トラッドレザーインテリア(スポーツレザーシート+本皮巻きステアリングホイール+インパネソフトパッド)
    ・アルミ製コンソールプレート(「Trad Leather」ロゴ入り)
    ・シティーブレーキアクティブシステム(低速衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能[CVT車のみ])

    ボディーカラーは「ブリティッシュグリーン・パール」「プレミアムスターホワイト・パール」「ナイトホークブラック・パール」の全3色。価格はCVT車、MT車ともに227万5560円。(webCG)

    2018.12.20
    https://www.webcg.net/articles/-/40057

    S660 Trad Leather Edition(トラッドレザーエディション)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【「ホンダS660」に上質な内外装の「トラッドレザーエディション」登場】の続きを読む

    このページのトップヘ