ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/06/13(木) 12:49:45.856 ID:dsdA39e/0
    それ以上は贅沢

    【車ってフィットでよくね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/06/05(水) 23:47:23.147 ID:+7ISbP+40
    ホンダのビガーって車

    【免許取ったら昔親が乗ってた車を買おうと思ってる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/05/16(木) 18:11:48.45 ID:60ZmcClQ0
    3位 N-BOX
    ブレーキパカパカ率高い
    停止位置おかしい+赤信号ジリジリ


    2位 AQUA
    単純に遅い
    右左折めっちゃ時間かける鈍臭


    1位 プリウス(30系)👑
    言わずもがな
    車乗ってるやつなら誰でもこれ選ぶはず

    【運転歴15年ワイが選ぶ「運転下手くそ」車種トップ3wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/05/10(金) 17:19:53.839 ID:4HVIAglp0
    おじさんが20年乗った車乗りたいだろうか

    【タワマンストーカーの容疑者の車って20年乗って5000万もするらしいな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/04/28(日) 11:21:18.892 ID:EPvTNCIx0
    フィットのハイブリッド

    【ホンダのフィットを買ったのだがダサい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/04/24(水) 02:44:06.482 ID:Nrcpv8KA0
    ホンダの車を買う理由がない

    【ホンダってバイクはいいけど車は微妙だよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/04/21(日) 09:54:19.96 ID:oJcOPEmP0
    シルビアは作らんのか?🤔
    GTRやZなんかそうそう買えないよ?🥺

    【トヨタ&スバル「86.BRZ」ホンダ「シビック」ニッサン「...」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/04/20(土) 09:44:24.771 ID:4wKm7TNid
    いいのか?

    【サイドカーとしてホンダのS660持ってるけどどうなん?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/03/16(土) 14:47:08.19 0
    ぽっと出のメーカーが偉そうにとか思ってる?

    【トヨタ車オーナーってホンダや三菱を見下してるの】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/03/30(土) 11:51:34.360 ID:6kN++sVXd
    乗り心地良くてワロタwwwwwwwwwwww

    【代車でフィットeHev借りたけど高級感あってワロタwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    見下してる

    1: 2024/03/16(土) 14:47:08.19 0

    ぽっと出のメーカーが偉そうにとか思ってる?


    【トヨタ車オーナーってホンダや三菱を見下してるの】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダ

    1: 2024/03/04(月) 23:57:57.80 ID:DR2e3i3W0

    バイクしか見かけない


    【最近ホンダの車見なくね??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    フィット

    1: 2024/02/25(日) 01:06:19.118 ID:QRjORXr90

    高い車乗ってる人は車に全ツッパしてるのかな


    【車ってフィットで良くね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/02/09(金) 17:55:27.602 ID:er0am5xi0

    グレードはクロスターって上から二番目の

    no title


    他はスイスポやGR86が候補


    【ホンダのフィットって車、一台目にどーよ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ヴェゼル

    1: 2024/02/02(金) 18:27:00.17 ID:fUoynqMy00202

    ちな5年ペーパー


    【30歳になったし一生独身だろうし車買おうと思う。ヴェゼル買っとけば間違いないか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    h

    1: 2024/02/05(月) 21:35:49.53 ID:MxIHBwxJ9

    【イブニングスクープ】

    ホンダの2023年4~12月期の連結営業利益(国際会計基準)が前年同期より約4割多い1兆円規模だったことがわかった。07年同期以来、16年ぶりに過去最高を更新した。供給網の正常化による自動車生産の回復や円安、値上げが収益を押し上げた。工場閉鎖など構造改革も進み、長らく低調だった自動車事業の回復が鮮明だ。

    二輪車の伸びに自動車の回復も加わり、営業利益は1兆円を超えた可能性がある。

    けん引役は北米で...(以下有料版で、残り509文字)

    日本経済新聞 2024年2月5日 18:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC301ZC0Q4A130C2000000/


    【【ホンダ】16年ぶり最高益 4~12月1兆円規模、自動車回復】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    シエンタ

    1: 2023/12/14(木) 19:39:15.59 ID:tn0eCsOG0

    どういう印象?


    【シエンタをフルローンで買ったんだけどwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    N-BOX

    1: 2024/01/11(木) 21:22:36.552 ID:beQ4Oe+n0

    みんなして乗ってるし


    【N-BOXのおかげで軽自動車が恥ずかしいものじゃなくなったよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2024/01/10(水) 08:25:07.02 ID:7zc7pM9W9

    ホンダは9日(日本時間は10日)、2026年に投入する電気自動車(EV)のコンセプトモデル「サルーン」を米国で初公開した。特長とする「薄く、軽い」を前面に押し出した。ガソリン車と比べてEVが割高になる要因とされる電池搭載量を減らすため、同社が追求したのはガソリン車の燃費に当たる電気の消費量、いわば「電費」だ。

    この日、米ラスベガスで開幕した技術見本市「CES」でお披露目した。

    最大の特徴は、特徴がある流線形のデザインだ。

    ホンダが豊富な経験を持つ自…

    この記事は有料記事です。残り308文字

    no title

    no title

    no title


    朝日新聞 2024年1月10日 4時00分
    https://www.asahi.com/articles/ASS195W6RS19ULFA01K.html

    ■他ソース
    ホンダ、CES2024で新バッテリEV「Honda 0(ゼロ)シリーズ」を世界初公開 「サルーン」「スペース ハブ」の2つのコンセプトモデル
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1559173.html
    no title

    no title

    no title


    【【ホンダ】次世代EV「ゼロシリーズ」を世界初公開 コンセプトは「薄く、軽い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2023/12/30(土) 21:28:11.646 ID:EvljOBvu0

    no title

    no title

    no title

    新型アコード
    こういうの求めたんだよな?


    【【画像】セダンセダンうるさいSUVアンチのためにホンダさんが・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2023/12/21(木) 18:01:34.37 ID:HnwmfiWf9

    本田技研工業は2023年12月21日、新型コンパクトSUV「WR-V」を2024年3月22日に発売すると発表した。

    ホンダWR-Vは、アジア最大となるタイの四輪開発拠点、ホンダR&Dアジアパシフィックが開発を担当し、インドのホンダカーズインディアで生産するグローバルモデル。「既成概念や固定観念にとらわれずに、より自由な発想で自分らしい生き方を表現する人々に寄り添うクルマを目指した」と、開発コンセプトが説明される。

    車名のWR-Vは、「Winsome Runabout Vehicle(ウインサム ランナバウト ビークル)」の頭文字を組み合わせたもので、Winsomeには楽しさや快活さの意味があり、WR-Vとともに生き生きとした毎日を楽しんでほしいという願いが込められているという。

    ボディーサイズは全長×全幅×全高=4325×1790×1650mm。ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」とほぼ同サイズで、ホイールベースはヴェゼルよりも40mm長い2650mmに設定されている。自信あふれるタフなデザインと、四隅にタイヤを配した踏ん張り感とワイド感を強調したエクステリアデザインが特徴とされる。

    パワートレインは最高出力118PS、最大トルク142N・mを発生する 1.5リッター直4ガソリンエンジンにCVTが組み合わされ、前輪駆動車のみのラインナップとなる。スイッチ類を中央に集約することで操作や運転のしやすさを目指したというコックピットや、クラストップとなる室内空間、容量458リッターを誇る荷室の広さも同車の特徴としてアナウンスされる。

    フロントワイドビューカメラと前後それぞれ8個のソナーセンサーを組み合わせた「ホンダセンシング」が全車に標準装備とされるほか、新世代のコネクテッド技術を用いた車載通信モジュール「ホンダコネクト」も搭載。ホンダコネクトを通じたカーライフサポートサービス「ホンダ トータルケア プレミアム」も利用できる。ボディーカラーは「イルミナスレッド・メタリック」「プラチナホワイト・パール」など全5色を設定している。ラインナップと価格は以下のとおり。

    X:209万8800円
    Z:234万9600円
    Z+:248万9300円

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    webCG 2023.12.21
    https://www.webcg.net/articles/-/49406

    ■他ソース
    うぉぉぉ210万円切りって!!! まさかのN-BOXより安いSUV爆誕!! ホンダWR-Vのコスパは今年最後の大ニュースか
    https://bestcarweb.jp/feature/column/759394
    ホンダWR-Vは「250万円以下なんだから、そこは我慢してくれなくちゃ」と訴えてくるところがひとつもない
    https://motor-fan.jp/mf/article/188671/
    【ホンダ WR-V 新型】209.9万円から!価格も走りもわかりやすく潔い「これぞホンダ!」な一台
    https://response.jp/article/2023/12/21/377681.html
    no title


    【【ホンダ】新型コンパクトSUV「WR-V」 2024年3月22日発売 1.5L直4+CVT FFのみ 209万8800円~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    e

    1: 2023/12/13(水) 16:49:48.97 ID:lAN1uLdB0● BE:632443795-2BP(10000)

    発売3年、ホンダ初の量産EV「ホンダe」が生産終了
    目標は年間1万1000台、実績は累計1万2000台

    ホンダが同社初の量産型EV(電気自動車)である「HONDA e(ホンダe)」の生産を来年1月までに終了することがわかった。

    ホンダeは小回りの良さを強みとしたコンパクトEVとして2020年夏に欧州で発売。同年10月末に日本国内でも販売を始めた。欧州で2021年に厳格化されたCAFE(企業別平均燃費基準)規制への対応が主な開発動機だったためか、当初から年間販売計画は欧州で1万台、日本で1000台と控えめだった。

    ただ、累計販売台数は日本国内で1761台、グローバルでも1万1987台にとどまっている。すでに欧州では販売を停止しており、日本でも在庫がなくなり次第、販売を終える予定だ。

    車両価格と航続距離

    車両価格は495万円、1回のフル充電で走行できる距離は259キロメートル(WLTCモード)と、競合のEVと比べて商品性で見劣りしていた。

    送迎や買い物といった短距離の街乗りを想定。タッチパネルなど5つのディスプレーを並べたインターフェースや、サイドミラーをなくし車載カメラで外部の様子を確認できる「サイドカメラミラーシステム」を搭載するなど、当時の先進技術を多く盛り込んだ。もともと多くの販売台数を見込んだ商品ではなかったが、想定以上にユーザーを振り向かせることができなかった。

    https://toyokeizai.net/articles/-/720926?page=2


    【ホンダ初の量産EV「ホンダe」 生産終了へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    h

    1: 2023/12/07(木) 13:54:27.83 ID:ZxymB7Xm9

     2021年12月24日、狭山工場の閉鎖を機に国内での生産を終了したオデッセイ。その後は在庫車の販売が継続されていたが、2022年9月をもって完全に国内市場から姿を消していた。そのオデッセイが2023年12月7日、日本に帰ってきた!!生産終了から2年、販売終了時点から1年3カ月の時を経て、新たに日本市場へと復活した新オデッセイとはどんなクルマに進化したのか?徹底チェックしよう!!

     日本での再販に向けて「新」オデッセイで特に手を入れたのが2列目シートの快適性だ。

     シート形状の基本に変更はないものの、リクライニングとオットマンは座面側面のスイッチで操作できる電動としたことで、リラックスした着座姿勢のまま微妙な角度に調整可能。

     また、アブソルートEX及び最上級のアブソルートEXブラックエディションでは本革シートを標準設定とした。

     本革シートはゆったりとした表皮の張りで、座ると身体がスッと包み込まれるようなホールド感で心地いい。

     大きくリクライニングさせた時には背もたれ上部が中折れして立ち上がる機構があるため、首や上半身に負荷がかからず快適な姿勢でリラックスできる。

     これは従来型から採用され、評判がよかったシート構造。シートヒーターが標準装着となったのも嬉しい。

     シートアレンジは従来型から変更はないものの、2列目シートは横にスライドできる機構で、内側に設定すると最大700のロングスライドとなる。

     3列目を収納してゆったり過ごすのならこのポジションがいい。外側ポジション時にはスライド量は制限されるものの隣席との空間が広がるため、カップホルダー付きの大型テーブルが引き出せる。

     これは「新」オデッセイで改良された新装備。2列目シートの脚部にUSBポートも新設された。

     従来型には設定のあった2列目がベンチシートとなる8人乗りは設定されず、キャプテンシートの7人乗りのみの設定となるのもポイントだ。

     アブソルート:480万400円

     アブソルートEX:500万600円

     アブソルートEXブラックエディション:516万4500円

     パワートレーンは2リッターエンジンを搭載するe:HEVのみで従来型では設定されていた2.4リッターガソリンエンジンは搭載されない。

     また、4WDはなくFFのみだ。装備を充実させるとともに、上級仕様にグレード展開を絞ったことで、従来型に対し価格レンジは40万~50万円引き上がっている。

    「新」オデッセイは中国工場で生産する輸入車。日本上陸後にPDIセンターで点検整備して配車される

     一度国内での販売を終了したオデッセイがなぜ今、復活をするのか?販売店からの復活へのラブコールも大きかったという。

     「2年前、オデッセイの国内販売を終了する時点で、何とか継続できないかを検討していました」とオデッセイを担当する商品ブランド部の永坂徹氏は苦渋の決断だったことを吐露する。

     狭山工場の閉鎖は避けられない決定事項で、ステップワゴンは寄居工場に移管。オデッセイを作れる工場が国内にはなく、一時的に国内販売を終了するしかなかったということだ。

     オデッセイは日本での生産を終了したのちも中国の工場で引き続き生産されている。年間4万5000台規模の販売台数だという。

     中国工場の生産調整が整ったことで、今回改めて日本向けオデッセイを開発し、中国で生産し導入することができた、というのがオデッセイ復活の経緯だ。

    ※続きは以下ソースをご確認下さい

    12/7(木) 11:30配信
    ベストカー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cba58957481577637bb454d224361a255bbc085e?page=2


    【【ホンダ】オデッセイが480万円で2年ぶり復活!! 中国生産で本当に売れるの!? ホンダはプレミアムミニバンをどう闘うのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2023/11/16(木) 15:08:41.28 ID:xc7hm+pg9

    2023年11月16日 公開

     本田技研工業は11月16日、2023年12月発表、2024年春発売予定の新型SUV「WR-V(ダウリュ―アールブイ)」に関する情報を特設サイトにて先行公開した。車両価格は200万円台前半からを予定しているという。

     WR-Vは「Winsome Runabout Vehicle(ウィンサム ランナバウト ビークル)」の頭文字を組み合わせた車名で、Winsomeには“楽しさ”や“快活さ”の意味があり、「このクルマと生き生きとした毎日を楽しんでほしい」という思いが込められているという。

     グランドコンセプトは「VERSATILE FREESTYLER(バーサタイル フリースタイラー)」で、既成概念や固定概念にとらわれずに、より自由な発想で自分らしい生き方を表現する人々の思いに寄り添うクルマを目指して開発。なお、「VERSATILE」は多様なライフスタイルやニーズに適合てできること、「FREESTYLER」はさまざまな制約を乗り越え、自由に自分らしいスタイルで生きることを表現している。

    全文はソースでご確認ください。
    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1547193.html


    【【ホンダ】新型SUV「WR-V」先行公開 2024年春発売で価格は200万円台前半からを予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    N-BOX

    1: 2023/11/16(木) 02:42:00.641 ID:3a5Bjgg90

    一番売れてる車だし


    【車ってN-BOXが最強だよな?wwww】の続きを読む