ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    アコードユーロR

    1: 2021/09/16(木) 20:08:42.33 ID:J7fkXm1m0

    あるなら金貯めるが


    【もう一台車欲しいんだがアコードユーロRって実用性ある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ヴェゼルのカーキ

    1: 2021/09/14(火) 19:31:17.06 ID:F4RU9Zay0

    どんなイメージ?


    【ワイの愛車がヴェゼルのカーキなんやが??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダのトゥデイ

    1: 2021/08/31(火) 09:13:55.083 ID:CaMNLBQzd

    小回り効きそうだし、荷物詰めるし、どこでも気兼ねなく走れるし.....
    トゥデイ買えば良かった....


    【ホンダのトゥデイ、古い軽自動車快適そうで良いなw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/08/30(月) 16:58:06.89 ID:SJDcdBtH0● BE:423476805-2BP(4000)

    ホンダは2021年8月30日、スーパースポーツモデル「NSX Type S」を発表した。
    no title


    このNSX Type Sは、これまでNSXを支えてくださったすべてのお客様への感謝を込めた特別なモデル。2021年8月3日に世界初公開され、全世界で350台の販売が予定されている。

    日本国内においては9月2日(木)にNSX PERFORMANCE DEALERにて、オーダー受付を開始し、2022年7月に30台限定で発売される予定。

    ■NSX Type Sの主な仕様
    乗車定員 : 2名
    エンジン : 3.5L V6 DOHC ツインターボ
    トランスミッション : 9速DCT
    駆動方式 : 4WD(SPORT HYBRID SH-AWD)
    消費税10%込み車両価格 : 27,940,000円

    ■意のままに操る喜びを追求し、佇まいの美しさを極めた2代目NSXの集大成
    2016年8月に発表した2代目NSXは、卓越した動的性能を持ちながらも、誰もが快適に操れることを目指し、「人間中心のスーパースポーツ」という初代モデルが提案したコンセプトを継承。Honda独自の電動化技術である3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」の採用により、エンジンだけでは達成することが難しい、高いレベルのレスポンスとハンドリング性能を実現した新時代のスーパースポーツ体験(New Sports eXperience)を提案したモデルです。

    NSX Type Sは、2代目NSXの集大成とすべく、これまでのNSXを超えるパフォーマンスとデザインを追求しました。
    (つづきあり)
    https://car-research.jp/nsx/honda-2.html


    【【ホンダ】「NSX Type S」2794万円、国内30台限定の2代目モデルの集大成】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダ

    1: 2021/08/21(土) 20:09:30.775 ID:bj7nGfd2M

    ヴェゼル

    ホンダ


    【最強のホンダ車を探せwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/08/09(月) 00:41:15.420 ID:x5ExBe7v0

    シビックって小さいの?
    ヴェゼルよりはでかい?

    新型シビックと新型ヴェゼル


    新型シビックと新型ヴェゼル2


    【新型シビックと新型ヴェゼルならどちらがいいか??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    NBOX

    1: 2021/08/15(日) 20:06:23.55 ID:ikiI2s6rd

    信号待ちで後ろに居るベルファイアに乗ったチンピラ兄ちゃん「wwwwwwww」
    ワイ「」(赤面)

    ちょっと待ってなんでお前らそんなに金持ってんの?おかしいやろマジで


    【ワイ(36)「NBOX最高や!」信号待ちで隣に並んだチンクエチェントに乗ったお姉さん「wwwwww」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/08/16(月) 21:59:21.69 ID:8YeA7FMu9

    ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2021年8月13日(現地時間)、スペシャルティーカーとして知られた「インテグラ」を、アキュラブランドから復活させると発表した。

    同社によれば、現在は2022年の正式発表に向けて準備を進めているとのこと。オリジナルと同じファン・トゥ・ドライブの精神とDNAを持って戻ってくるとアナウンスしている。(webCG)

    2021.08.16
    https://www.webcg.net/articles/-/44972

    インテグラ
    no title


    【【ホンダ】「インテグラ」が復活、2022年に正式発表「アメリカン・ホンダモーター」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダ車が一番かっけぇ

    1: 2021/08/12(木) 20:00:56.160 ID:6nM1fVD90

    ホンダが一番デザインかっこいいし乗ってて爽快だし
    ホンダには天才デザイナーが居るな
    お前ら自分に正直になってホンダ買えよ
    ホントは欲しいんだろ?


    【ホンダ車が一番かっけぇのに他乗ってるヤツどれだけ妥協してるんだ?www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    S600

    1: 2021/08/10(火) 20:12:11.282 ID:ZMw21xby0

    軽のスポーツカーwww笑えるwwwwwwwww


    【S600乗ってるやつってどのぐらい妥協してそんな車買ったんだよwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    honda-fit

    1: 2021/08/09(月) 11:10:43.76 ID:dvGH3GXK9

    ■賛否両論のデザイン 見た目で損してる?  

    フィットの売れ行きが伸び悩む理由として、まず挙げられるのが外観のデザインだ。

    現行フィットは前後左右ともに視界が優れ、コンパクトカーでは理想的なボディといえるが、フロントマスクを含めてデザインには賛否両論がある。

    内装ではステアリングホイールが2本スポークになり、3本スポークを見慣れていると違和感が伴う。

    クルマに限らず、商品の機能的な優劣と、売れ行きは必ずしも合致しない。

    フィットの場合、車両のイメージを大幅に変えたことがマイナスに作用した。

    ■販売網で圧倒 ライバル「ヤリス」の影響も

    販売が伸び悩む2つ目の理由はライバル車の動向だ。

    2020年2月には、フィットとあわせてトヨタから新型ヤリスも登場した。

    ヤリスは発売時点では一部地域を除くとネッツトヨタ店の専売だったが、2020年5月からは、トヨタの販売体制の変更によって全店(4600店舗)が扱う。

    ホンダの販売店は2200店舗弱だから、販売規模はヤリスの半分以下だ。

    そしてヤリスは2021年1~6月の1か月平均で、フィットの2倍に相当する約9900台を登録した(ヤリス・クロスとGRヤリスを除く)。

    ライバル車のヤリスがフィットと同時期に登場して、大量に売られた結果、フィットが顧客を奪われた面もある。

    2020年12月には、新型ノートも販売を開始したから、コンパクトカー同士の販売競争は一層激しくなった。

    ■身内にも敵 フィットの顧客食うNボックス

    3つ目の理由は、フィットと同じホンダが販売するNボックスの好調な売れ行きだ。

    Nボックスは2021年1~6月の1か月平均届け出台数が1万8400台に達した。

    フィットの3~4倍に相当する。ヤリスと比べても2倍近い。

    Nボックスは軽自動車ながらも空間効率が優れ、車内はフィットよりも広い。

    後席側のドアはスライド式だから、ミニバンのように乗り降りもしやすい。安全装備や運転支援機能でも遜色はない。

    Nボックスの価格は、フィットのノーマルエンジン車と同程度か少し安いので、実用重視のユーザーはNボックスを選ぶ。

    Nボックスが1か月平均で1万8400台も売られると、フィットが影響を受けて当然だろう。

    ■不運 半導体不足も台数低迷の原因に

    4つ目の理由は半導体の不足だ。

    半導体が足りないのはフィットに限った話ではないが、販売店では「半導体の影響は車種によって異なり、フィットでは納期の遅れが目立つ。フィットの車両本体は完成しても、ディーラーオプションのカーナビが遅れて納車できない場合もある」という。

    以上のように、主に4つの理由に基づいてフィットの売れ行きは伸び悩む。

    それでも車両自体は合理的に開発されて機能が優れ、価格は割安だ。コンパクトカーを買うときにはフィットもチェックして欲しい。

    公開 : 2021.08.09 05:45
    https://www.autocar.jp/post/715162


    【ホンダ・フィットが4代目で失速、売れない4つのワケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    S660

    1: 2021/08/06(金) 06:20:11.32 ID:fZ6uflplp

    おひさ!


    【S660で峠来てるよ〜】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/08/05(木) 22:52:08.92 ID:7lQqcKOj9

     ホンダは5日、主力車「シビック」を全面改良し、9月3日に発売すると発表した。319万円と353万9800円の2タイプあり、月間計千台の販売を計画している。5ドアのハッチバックで、旧型より視界や足元を広くし、開放的な車内空間とした。

     時速約65キロまでは渋滞時に先行車との車間距離を保ちながら、車線の中央を維持して走行するよう運転を支援するシステムを搭載した。排気量1500ccのターボエンジンで、無段変速機(CVT)車と6速マニュアル車を用意した。埼玉製作所の寄居完成車工場(埼玉県寄居町)で生産する。


    8/5(木) 11:44配信 共同通信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2f5dfd7c6d09ee1ef1141c29e1524cd814a57993
    画像 ホンダの新型「シビック」
    no title




    【【ホンダ】新型シビック、9月3日発売 価格は319万円から 1.5リッター・ターボエンジン搭載 6速マニュアル車も用意】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/08/04(水) 00:57:50.71 ID:a3DM3jdOd

    NSX(2022年12月)
    レジェンド(2021年内)
    クラリティ(2021年内)
    オデッセイ(2021年内)
    ジェイド(2020年7月)
    グレイス(2020年7月)
    S660(2022年3月)
    アクティ(2021年4月)

    no title

    no title

    no title


    https://www.honda.co.jp/NSX/new/


    【【悲報】ホンダさん、有名車種がガチで生産終了ラッシュに・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/08/03(火) 20:03:17.09 ID:xpUGjwLv9

    本田技研工業は2021年8月3日、同月内の正式発表を予定している2代目「NSXタイプS」の先行情報を世界初公開した。同車は2022年12月に生産終了となる2代目NSXの、最終モデルとなる。

    ■走りに加えて「所有する喜び」も追求

    2代目NSXは、3.5リッターV6エンジンに前後3基のモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載した、ミドシップの高性能スポーツモデルである。

    卓越した動的性能を持ちながらも誰もが快適に操れることを目指し、初代から「人間中心のスーパースポーツ」というコンセプトを踏襲。電動パワートレインの採用により、エンジンだけでは実現が難しい高レベルのレスポンスとハンドリング性能を備えたモデルとされている。

    今回、新たに投入されるタイプSは、「今までのNSXを超えることを目指し、パフォーマンスとデザインを追求した」と説明されている。生産終了となる2代目NSXの集大成とするべく、さらなるパフォーマンス性能向上と精悍(せいかん)さや美しさを感じられるたたずまいを追求。「走る喜び」や「意のままに操る喜び」の提供のみならず、「所有する喜び」が感じられることを目指しているという。またボディーカラーには、限定色として新色のマットカラーが設定される。

    販売台数はグローバルで350台となっており、このうち30台が日本に導入される。(webCG)

    2021.08.03
    https://www.webcg.net/articles/-/44914

    NSXタイプS
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダが2代目「NSX」の生産終了を発表 最終モデル「タイプS」の情報を先行公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダのCR-Z

    1: 2021/08/01(日) 23:05:34.887 ID:wjo4Bsoq0

    50万で変えるみたいなんだが


    【大学生だけどホンダのCR-Zってどうかな??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hond

    1: 2021/07/26(月) 11:49:55.15 ID:Tn0kanXz9

    新車のガソリン車をゼロにする目標を国内の自動車メーカーの中で初めて掲げたホンダ。
    日経ビジネスなどのインタビューに応じた三部敏宏社長は「電動化を新しいモビリティー産業と捉えれば、歓迎すべき環境だ」と自信を見せた。

    「エンジニアもぼちぼちエンジンの終焉(しゅうえん)を迎えると分かっていた。その時期が早まり、いよいよきたか、と」

    長年にわたりエンジン開発に携わってきた三部社長。
    自身が掲げた「2040年に新車のガソリン車をゼロにする」という目標について聞かれると、エンジニア視点でも納得できるものであると強調した。
    その上で、「ノスタルジックな思いはあるが、次の世代に向けて競争力のある決断をし、方向転換をしたことについては揺らぐものはない」と改めて決意を示した。

    ホンダは自動車メーカーとしては後発ながら、エンジンの技術力を武器に世界的企業にまでのし上がった。
    ただ、21年シーズンを最後に自動車レースのフォーミュラ・ワン(F1)から撤退するなど、着実に電動化へと舵(かじ)を切ってきた。
    三部社長は「ホンダの強みはエンジンではなくエンジニア。(ガソリンエンジンに代わる)次世代のパワーユニット開発でも十分戦える」と自信を見せる。

    4月に打ち出したホンダの電動化目標は、国内勢の中では意欲的なものといえる。「40年に脱ガソリン車」を実現するためのマイルストーンとして、
    欧州や北米、中国などでは電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の販売比率を30年に40%、35年に80%とする計画としていた。

    ところが、世界の規制はそれを上回るスピードで進む可能性がある。
    14日には欧州連合(EU)の欧州委員会が、2035年以降の新車販売を二酸化炭素(CO2)を排出しない「ゼロエミッション車」のみとする規制を提案。
    ホンダが示した40年よりも前倒しとなる格好だ。

    世界で加速する規制強化や開発競争、積み上がる研究開発費など、数々の高いハードルが自動車メーカーを待ち受けている。
    ホンダはこれまで自前主義が強かったが、三部社長は電動化時代に向け、スピード感を重視して他社との提携や協業を積極的に進める考えを示した。
    現在、北米では自動車大手の米ゼネラル・モーターズ(GM)とEVを共同開発中。
    こうした提携関係をソフトウエア会社などの異業種にも拡大し、「できるだけ早く事業の収益性を確立する」(三部氏)と述べた。

    ■守りから攻めへ
    三部社長は「既存事業をベースに組み立てると、電動事業が成り立たない」と従来型のビジネスモデルへの危機感もにじませた。
    新興のEVメーカーやソフトウエア企業などの異業種が自動車産業に参入することで、産業全体の収益構造が複雑化しつつある。
    そうした中、「単純に車を生産して売るのではなく、電動化時代のビジネスモデルをつくっていく」とし、
    バッテリーのリユースビジネスや、コネクテッドカー(つながる車)でのサブスクリプション(定額課金)型モデルなど、
    デジタル技術を使いながら新しい価値を生み出す収益モデルを検討していると語った。

    ■ホンダの三部敏宏社長
    「電動時代のビジネスモデルを新しいモビリティー産業と考えれば、歓迎すべき環境ではないか」。
    三部社長は電動化がもたらす変化はホンダにとってチャンスであるとの見方を示す。
    「攻めに転じるという部分にはホンダの企業風土が生きると確信している。
    たとえ指示を出さなくても、色々な社員が自主的にやっていく。そこがホンダの歴史であり、得意技だ」(三部社長)

    ここ数年、工場閉鎖による生産能力の削減や組織改革、モデルラインアップの見直しなど、低迷する四輪事業のテコ入れに追われていたホンダ。
    「効率を追いかける施策が前面に出ていたため、攻めから守りの部分に変わってしまったところはあった」と三部社長は振り返る。
    これからの電動化時代は、守りの姿勢では太刀打ちできない。再び「攻めのホンダ」となれるか、正念場となる。

    (日経ビジネス 橋本真実)
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC205ZE0Q1A720C2000000/


    【ホンダ社長「エンジンの時代は終わる。守りの姿勢では生き残れない」新たなビジネスモデル構築に意欲】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/07/16(金) 21:20:59.28 ID:sTM3Lld40 BE:423476805-2BP(3000)

    ホンダ・N-BOXのフルモデルチェンジは、2023年末頃の実施が予想される。
    no title


    現行型の2代目N-BOXは、昨年2020年末のマイナーモデルチェンジを受けて後期モデルに切り替わっている。この後、3年程度は現行型の継続販売が予想される。

    ■N-BOX、2020年末マイナーモデルチェンジ以降も販売好調
    ホンダは2011年から始まる軽自動車、Nシリーズの累計販売300万台の達成を発表した。このうちN-BOXは202万台を占めている。

    直近の2021年上半期(1-6月)は、N-BOXの販売台数が110,551台と好調であった。軽自動車販売台数でナンバーワンであることはもちろんのこと、世界的な自動車向け半導体不足による減産が問題となるなかで、N-BOXはハイペースでの販売が進んでいた。
    (中略)

    ■次期N-BOXはEVパワートレイン対応の可能性
    次期N-BOXを開発するにあたって、軽自動車セグメントの電動化とは無関係ではいられない。軽自動車は市場がほとんど日本に限られる。さらに、基本的には低価格帯の車種であるため、高性能なハイブリッドエンジンの開発が難しい。

    一方で軽自動車は、比較的近距離に限った走行が多いという特徴もあり、EVパワートレインとの相性が良いのだ。日産は2019年の東京モーターショーで発表した軽自動車EVのIMKコンセプトを2023年までに市場投入することを予告している。また、ダイハツとスズキも、EVパワートレインを共同開発していくことを発表している。軽自動車のEV化は、近い将来にほぼ間違いなく起こる。

    そんななか、ホンダも今後の軽自動車セグメントにおいての重大な発表があった。
    (続きあり)
    https://car-research.jp/n-box/acc.html


    【ホンダ【N-BOX】202万台達成、フルモデルチェンジ2023年予想、軽自動車EVは2024年発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダ車が好き

    1: 2021/07/14(水) 21:12:41.251 ID:Q1VJDSUU0

    なんでこんなにつまらないメーカーになっちまったんだ


    【ホンダ車が好きでホンダ車しか買ったことないけど今のホンダで乗りたい車が無い件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    S660

    1: 2021/07/15(木) 13:03:10.06 ID:aQYnRtjwp

    今点検とオイル交換中


    【S660の慣らし運転終わったよー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    シビックハッチバック

    1: 2021/07/07(水) 22:37:30.454 ID:rPhvJIcA0

    300万なり


    【シビックハッチバックの中古車を〇〇〇万円で買ったwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    N―BOX10カ月ぶり首位

    1: 2021/07/06(火) 16:43:02.24 ID:i2HIIJCr9

    6月の車名別国内新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N―BOX(エヌボックス)」が前年同月比12.4%増の1万7479台で10カ月ぶりに首位となった。前月まで9カ月連続トップだったトヨタ自動車の小型車「ヤリス」は、世界的な半導体の供給不足で伸び悩み2位に陥落した。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。

     ヤリスは36.2%増の1万4937台、3位はトヨタの小型車「ルーミー」で約2.7倍の1万4337台だった。4位のスズキの軽「スペーシア」は半導体不足による減産が響き21.2%減となった。

    https://nordot.app/785048393546170368?c=39550187727945729


    【【自動車販売】N-BOX10カ月ぶり首位 半導体不足でヤリス陥落】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    一つ前のシビックセダン

    1: 2021/07/06(火) 01:53:20.285 ID:rQWsoV55d

    3年前からずっと迷ってる
    迷ってる間に生産終了して、新型発表されたし...
    150万くらいまで落ちねえかな...


    【一つ前のシビックセダンって新型出たら安くなる...?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/07/02(金) 03:50:51.70 ID:vzallkBG0

    no title

    no title

    no title

    カローラより小さいサイズのSUV
    燃費30のハイブリッドでナビもパノラマルーフもホンダセンシングも付いて350万なり
    ヤリス クロス食っちゃう?


    【【画像】ホンダさん小型SUVの車でガチで天下を取りにくる...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダのインテグラ

    1: 2021/06/30(水) 19:54:45.539 ID:VM2qlT6Rd

    オートマ、非タイプRが30万円くらいなんだけどセカンドカーには贅沢だよな


    【ホンダのインテグラとか言う車欲しいんだが??】の続きを読む