ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/26(木) 17:36:56.30 ID:MHm7j2Tb0

    ※ベーシック、クラスター、ネスは除く

    フィット HOME 
    FF ¥1,718,200円(ガソリン)
    4WD ¥1,916,200円(ガソリン)

    FF ¥2,068,000円(e:HAV)
    4WD ¥2,266,000円(e:HAV)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title



    フィットLUXE
    FF ¥1,977,800円(ガソリン)
    4WD ¥2,186,800円(ガソリン)

    FF ¥2,327,600円(e:HAV)
    4WD ¥2,536,600円(e:HAV)
    https://i.imgur.com/IWhMVYL.jpg
    https://i.imgur.com/W2tb9T4.jpg
    https://i.imgur.com/KP5riie.jpg
    https://i.imgur.com/ugmkoYr.jpg
    https://i.imgur.com/n2JgnzD.jpg
    https://i.imgur.com/mHVg5Iv.jpg
    https://i.imgur.com/wEwU5kW.jpg


    【ホンダ「N BOXばかり買わずフィット買え!!軽自動車は利益無いんじゃボケ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    reje

    1: 2020/03/23(月) 12:56:23.60 ID:vuhlZL1j0

    インサイト、アコード、オデッセイ、CR-V、NSX、レジェンド  

    なんでや😭


    【何故ホンダの高級車はパッとしないのか??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    後部座席が広い車メーカー

    1: 2020/03/23(月) 22:16:21.57 ID:La8Xu/SR0

    後部座席が広くて、4WDでサスが良いステーションワゴンは無いんか……?

    新車の条件は
    後部座席と荷室が広くて、
    エンジンが大きいもしくは1.5ターボ以上で、
    4wdでサス形式がダブルウィッシュボーンかマルチリンクの
    ステーションワゴンや

    予算は300万位、試乗車落ちでも構わない


    【【悲報】後部座席が広い車メーカー、ホンダしか無いwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/23(月) 22:15:17.09 ID:3M6SPJQ+9

    本田技研工業はマイナーチェンジした「シビック ハッチバック」と、6月27日に新作が公開されるアニメ「エヴァンゲリオン」シリーズとコラボレーションし、特設サイトをオープンした。

     今回のコラボプロジェクトは、革新的なスタイリングと個性際立つ走りで、操る喜びの提供を目指すシビックの“立ち止まることなく進化する”というメッセージと、放送開始から25年が経った今も進化し、愛され続けている「エヴァンゲリオン」シリーズと重ねることで、“自分の想いで自由に動きたい、そんな前を向いて進む人たち”へ、新しくなったシビックの魅力を届ける企画。

    特設サイトでは今後『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開に向けて、コラボ動画などのオリジナルコンテンツが順次公開される。また、キャンペーン期間中は、ハッシュタグ「#シン・アオヤマ作戦」「#シン・シビック」と共に、特設サイトを中心にコラボコンテンツが順次公開される予定という。

    解説: シン・◯◯と言ってりゃなんでも庵野風味になるあるある

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1242/296/index.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【衝撃に備えて!】ホンダ、シビックがエヴァとコラボで謎のカウントダウン 3月31日16時に何かが公開される!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2020/03/21(土) 07:52:59.13 ID:ccqe0RGd0

    めっちゃ良デザやん
    no title


    一方の日産
    no title


    【【朗報】最近のホンダ車、かわいいwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    CRZ

    1: 2020/03/20(金) 07:41:36.386 ID:XGnwhaxI0

    フィットだろ?


    【陰キャが乗ってるホンダ車wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/19(木) 07:35:31.832 ID:82f3TaTz0

    めっちゃ良いデザイン
    no title


    【【朗報】最近のホンダ車、かわいいwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fit

    1: 2020/03/17(火) 02:26:56.08 ID:JWWIqnZ80

    【ホンダ フィット 新型】発売1か月で3万1000台超を受注、ヤリスには及ばず
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200316-00000026-rps-ind

    発売後1か月の予約数
    ヤリス 37000台
    フィット4 31000台

    フィット3 60000台


    【【悲報】ホンダのフィット4さん、糞みたいな顔のせいでフィット3の半分も売れずヤリスに大敗するwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2020/03/15(日) 19:17:32.637 ID:QN44tZ2g0

    no title

    no title

    この色めちゃ渋くねぇか!?(´・ω・`)


    【ホンダのジェイドって車、この色渋くてカッコいいwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/15(日) 15:56:12.39 0

    ホンダ自動車の源流 軽トラックが販売終了
    2019年末、一部のマニアがざわつく発表がホンダからなされた。
    それは、同社の軽トラックである「アクティ・トラック」が2021年6月を持って生産を終了するというものだった。
    現在販売されているアクティ・トラックは2009年に登場したもので、通算4代目となるモデルだが、
    その源流を辿るとホンダ初の4輪自動車である「T360」となるのである。
    T360と言えば働くクルマである軽トラックにもかかわらず、日本で初めてDOHCエンジンを搭載した
    量販車であり、あの幻のスポーツカー、S360と共用する前提で開発されたエンジンを搭載していた
    ホンダの4輪の祖とも言えるモデルであった。
    そんなホンダの自動車の源流とも言える軽トラックが販売終了を迎えるというのは、
    ホンダファンからしてみれば一大事。
    しかも、現在のところ後継車種として新たな軽トラックが登場する予定はないとアナウンスされているから、マニアがざわつくのも致し方ないと言えるだろう。
    なお、アクティにはトラックのほかにワンボックスタイプのアクティ・バンも存在していたが、
    こちらは2018年7月に登場したN-VANに後を託し、一足先にラインナップから姿を消している。
    なぜ、アクティ・トラックは後継車種の予定もなく消滅する運命となってしまったのだろうか?
    新型を開発/生産しても収益性が見込めず?
    ホンダによると、アクティ・トラックが生産を終了し、新型の予定もない理由として
    「新たに設けられる排出ガス規制をクリアしたり、順次装着が義務化される衝突被害軽減ブレーキに
    対応したりするために開発費用をかけても収益性が見込めないため」としている。
    現在、国土交通省が発表している内容では、2021年11月以降に発売される新型の国産車に関して、
    基準を満たした性能を持つ衝突被害軽減ブレーキの装着が義務化されるとしているが、
    軽トラックに関しては2027年9月以降に義務化とやや後ろ倒しがなされている。

    no title

    no title


    ホンダの軽トラックが生産終了へ なぜ苦渋の撤退を決めたのか
    https://news.livedoor.com/article/detail/17967663/


    【【悲報】ホンダが軽トラック販売終了へ「開発費用をかけても収益性が見込めないため」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    初代シビックタイプR

    1: 2020/03/11(水) 02:40:07.987 ID:w1CcHJgU0

    は?
    no title


    【今の初代シビックタイプRの中古車相場wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダの車

    1: 2020/03/07(土) 23:48:54.698 ID:NBxas8MU0

    なんかフィーリングが合わない


    【なんかホンダの車って乗ってて気持ち悪いよなwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/29(土) 16:34:56.833 ID:oPn1eina0GARLIC

    カッコよすぎるだろ…
    no title


    【車好きぼく、このホンダのシビックがカッコ良過ぎて泣くwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/20(木) 21:13:22.36 ID:AmPKcCrc9
    本田技研工業は2020年2月20日、「ホンダ・シビック タイプR」の一部改良モデルの情報を、公式ウェブサイトにおいて先行公開した。

    ■サーキットを連続走行できるタフさを実現

    シビック タイプRは、ホンダのCセグメントモデル「シビック」をベースに動力性能を高めた高性能スポーツモデルである。現行型は2017年にデビューしており、初年度は年間計画の倍に当たる3000台を販売。これまでの販売台数は累計6000台を超えている。

    今回の改良は、動力性能や動的質感の向上を中心としたもので、「サーキット性能の進化」「一体感/ダイレクト感の進化」「ドライビング空間の進化」という3つのポイントを中心に、各部に改良が施された。

    「サーキット性能の進化」については、フロントグリルの開口面積を13%拡大するとともに、ラジエーターフィンのピッチを3mmから2.5mmに変更することでエンジン冷却性能を向上。外気温25℃でのサーキット走行において、水温を約10℃下げることに成功したという。

    空力性能の向上も図っており、フロント下部のフロントバンパーエアスポイラーの形状を変更。これまで垂直に立っていたものを、付け根の肉厚を増すとともに若干後方へと倒れさせたほか、左右端にリブを追加した。これらにより、グリル開口部の拡大に伴うフロントダウンフォースの減少を相殺。タイヤ前負圧を増加させることで、フロントリフトを低減させている。

    ブレーキについても、熱変形によるディスクの“倒れ”を抑制すべく2ピースディスクを新採用。連続走行時の、ペダル操作に要する踏力の変化を低減するとともに、台あたり2.5kgの軽量化も実現したという。

    ■足まわりの改良でコーナリング性能を向上

    「一体感/ダイレクト感の進化」については足まわりの改良が核となっており、フロントではロワボールジョイントにテンパリング加工を施すことでフリクションを低減したほか、コンプライアンスブッシュの減衰力を強化した。これにより、微細な入力に対するサスペンションの追従性を高めるとともに、サスペンションの前後剛性を10%高めることでタイヤの支持剛性を強化。接地感・ダイレクト感を向上させたという。一方リアでは、ロワアームBブッシュにより高硬度のブッシュを採用。サスペンション横剛性を8%高めることで、トーイン量を増加させている。

    さらに、現行モデルから採用されているアダプティブダンパーシステムについても、制御を高精度化。センサーサンプリング周波数を2kHzから20kHzに高めることで、より細かなロール・ピッチ制御を可能にした。

    これらの改良により、コーナリング時には吸いつくような操舵追従性や即座に車両の姿勢が決まる挙動の特性、無駄なく路面に駆動力を伝える高いトラクション性能を実現。また荒れた路面での接地性・制振性も向上しているという。

    ■より運転に集中できるドライビング空間を追求

    最後の「ドライビング空間の進化」については、インテリアの各部にスエード表皮を用いることで操作系素材の質感統一を図っている。特にステアリングホイールは全面にアルカンターラを採用。ウレタン素材の芯をわずかに細めつつ、2枚の裏地とアルカンターラの表皮を巻くことにより、グリップの外径は従来モデルと同等としながら、ステアリングを握り込んだ際のフィット感を高めている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2020.02.20
    https://www.webcg.net/articles/-/42393

    シビック タイプR(改良モデル)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    HONDAS-MX

    1: 20/02/18(火)17:15:51 ID:z54

    HONDA
    S-MX

    どこでそんな車見つけてくるんや


    【ワイの友達が買った車がががwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/17(月) 07:15:13.01 ID:x+idcgai0 BE:454032396-2BP(2000)

    今夏発売「新型シビック タイプR」を公開! FF最速の座を取り戻すべく戦闘力アップ【大阪オートメッセ2020】

    見るからに性能向上が漂うタイプR
    初代シビック・タイプRが登場したのは今を遡ること23年前。それ以降3ドアハッチバックから4ドアセダン、さらに5ドアハッチバックと姿を変え、
    2017年には現行モデルの”FK8型”が発表された。
    先月の東京オートサロン2020で初披露された新型シビック・タイプRは、そのマイナーチェンジでありボディ形状や型式は従来のまま。
    発売時期についても”今夏”という大まかなリリースだけで、プライスを含めた詳細はまだヴェールに包まれている。
    当然ながら走行性能はアップデートされているに違いないが、現時点でハッキリ分かるのは外観の差くらい。
    その謎めいたところがクルマ好きの探究心をくすぐるのか、ブースには大勢のギャラリーが押し寄せている。
    ちなみにエンジンや足まわりに関する詳細なアップデートは不明だった。
    ルノー・メガーヌR.S.に奪われてしまった、ニュルブルクリンクFF最速市販車の座。その栄冠を取り戻すため、何かしらの手が加えられていても不思議ではない。
    いずれにせよ今夏の発売であれば残り半年を切っている。
    大阪オートメッセで見られたタイプRの姿は市販車にかなり近いだろうし、詳細なスペックが明らかになる日もそう遠くはないはずだ。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    https://www.automesseweb.jp/2020/02/16/337493


    【新型シビック タイプR今年夏発売!ところでこれとGRヤリスとWRXならどちらが速いの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/14(金) 18:16:56.92 ID:xoLaoJ7I0St.V

    no title

    乗り心地ええわ


    【ワイ、ホンダの新型フィットが早速納車されたのでドライブに来たwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダのCR-V

    1: 2020/02/08(土) 17:55:10.00 ID:2C+76bcId

    ハリアーよりぜんぜんいいわ


    【SUVの中でホンダのCR-V過小評価されすぎじゃね?www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    N-VAN

    1: 2020/02/05(水) 23:40:26.370 ID:1ID+DIsaa

    機能性の塊では?
    no title

    no title

    no title


    【キャンプ用にN-VANって車が気になる!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダの1月米新車販売

    1: 2020/02/04(火) 07:30:20.62 ID:bQUU39Ec9

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020020400154&g=eco


    ホンダの1月米新車販売、4.3%減 乗用車振るわず、小型トラックは過去最高
    2020年02月04日05時02分

     【ニューヨーク時事】ホンダの米子会社、米国ホンダが3日発表した1月の米新車販売台数は、前年同月比4.3%減の10万1625台だった。マイナスは2カ月連続。スポーツ用多目的車(SUV)など小型トラックの販売は1月として過去最高となったが、乗用車の落ち込みが響いた。


    【【ホンダ】1月米新車販売、4.3%減 乗用車振るわず、小型トラックは過去最高】の続きを読む