自動車

    1: 2019/06/27(木) 10:24:05.04 ID:BdEQkz710 BE:209847587-PLT(12031)

    ルノーは6月22日、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』)に相当)のレーシングカー、『クリオカップ』、『クリオラリー』、『クリオRX』を、フランスで発表した。
    クリオは1990年の初代発売以来、全世界で累計約1500万台を販売しており、ルノーグループの最量販モデルだ。また2013年以来、
    欧州Bセグメントの販売トップに立っており、ルノーは新型でも欧州Bセグメントの首位を維持することを目指している。新型はおよそ6年半ぶりの
    モデルチェンジを受けて、5世代目モデルとしてデビューした。

    日産GT-Rのミラーボアコーティング技術採用
    エンジンは、ルノー日産三菱アライアンスとダイムラーと共同開発した直噴1.3リットル直列4気筒ガソリンターボ「1.3 TCe」を搭載する。
    このエンジンの特徴が、日産『GT-R』の「ミラーボアコーティング」技術の採用だ。ミラーボアコーティングは、エンジン内部の抵抗を減らすことによって、
    エンジンの効率を上げるテクノロジーとなる。ミラーボアコーティングは、溶かした鉄をシリンダーボア内部に吹き付ける技術。シリンダーボア内部の
    壁に鉄の膜を作り、この膜を鏡面仕上げにすることで、ピストンが動く時の抵抗を大幅に低減させる。

    この直噴1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、新型クリオの市販車の場合、最大出力が130hp/5000rpm、
    最大トルクが24.8kgm/1600rpmだ。新型クリオのレーシングカーでは、ギャレット製ターボチャージャーなどにより、最大出力をレギュレーションに応じて、
    170~180hpに引き上げる。最高許容回転数は、6500rpm。最大トルクはレギュレーションに応じて、28.5~32.6kgmとなる。

    https://response.jp/article/2019/06/26/323800.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ルノー クリオ 新型にレーサー、日産 GT-R の技術搭載の1.3ターボは180馬力、正丸峠最速になるわ(笑)】の続きを読む

    ホンダフィット

    1: 2019/06/27(木) 15:48:01.91 ID:lgShN9Ek9

    ホンダ50万台リコール=タカタ製エアバッグ搭載

     ホンダは27日、異常破裂の恐れがあるタカタ製エアバッグを搭載する乗用車「フィット」などのリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

     対象は海外の現地生産を含む、2000年8月~15年3月に製造された31車種計50万8896台。

     国交省によると、エアバッグを膨らませる火薬の劣化を防ぐ乾燥剤が入っていないため、異常破裂して運転手らが死傷する恐れがある。 

    時事通信 6/27(木) 14:31
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000070-jij-soci


    【【リコール】ホンダ「フィット」など50万台リコール タカタ製エアバッグ搭載】の続きを読む


    1: 2019/06/28(金) 05:11:37.30 ID:EBg8vyFD9

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35139116.html

    グーグルマップで「抜け道」のはずが、車100台立ち往生
    2019.06.27 Thu posted at 12:35 JST

    (CNN) 米コロラド州で渋滞に巻き込まれた車が、グーグルの地図アプリ「グーグルマップ」に従って現場を迂回(うかい)しようとして次々と畑の中の未舗装路へ入り込み、100台近くが立ち往生するハプニングがあった。
    デンバー国際空港に通じる幹線道路のペニャブルバードで事故が起きたのは23日。グーグルマップには迂回路の案内が表示された。

    だがそれほど簡単にいくはずはなかった。
    迂回路をたどった車は未舗装道路を走行する羽目になり、雨のためにぬかるみができて、タイヤがスリップし始めた。

    一部の車はぬかるみから脱出できず、後続の車100台近くが連なって身動きできなくなった。
    空港へ夫を迎えに行く途中だったコニー・モンシーズさんも、ペニャブルバードで事故に遭遇した。「抜け道があるかもしれないと思ってグーグルマップで調べると、時間が半分で済む抜け道があった」「そこで言われた通りに運転することにした」と話す。

    「(未舗装路には)ほかにもたくさんの車がいたので、きっと大丈夫だろうと思った。でも大丈夫じゃなかった」
    グーグルは問題の道路について、私道の表示がなかったと説明し、「ルートは道路の大きさや直通性などさまざまな要因を考慮して決定する」とコメント。「我々は常に最善の道案内を心がけているが、天候のような予期せぬ状況によって問題が生じることもある。ドライバーには法令に従って常に注意を怠らず、自身の判断力を行使して運転することを奨励する」としている。

    モンシーズさんの車は幸いなことに四輪駆動車だったため、ぬかるみを脱出できた。途中で2人を拾って空港まで送り、2人とも搭乗を予定していた便に間に合ったという。

    no title


    【【グーグルマップで「抜け道」】のはずが、車100台立ち往生 米コロラド州】の続きを読む

    マツダ

    1: 2019/06/26(水) 20:12:05.659 ID:w2US4UIc0

    なんなん?

    トヨタ→車と言えばトヨタ!

    ホンダ→上皇のインテグラ、大人気ンボックスもある

    スズキ→ワゴンR、ハスラー、ジムニー、エックスビー、アルトワークス、スイスポ等陽キャ御用達

    スバル→レガシィ、レボーグ、WRX、BRZ等カッコいい車多数

    日産→なんと言ってもスカイライン、あとデイズやノートノーパワーも優秀

    ダメハツ→ココア、トットコ等まんこ御用達

    マツダ→糞ダサデザイン
    トヨタはわざとダサく作ってるのに対しマツダは本気で作ってこのダサさ
    そして絶望的にダサいエンブレム
    ハスラーやアルトをマツダで買うガイジはいったい何を考えてるのか

    三菱→キチガイゴミクズウンコ
    関係者以外で買うやつはアホ 

    その他外車→見栄っ張り御用達


    【【悲報】わざわざマツダや三菱の車買うヤツwwwww】の続きを読む

    マツダなど5社、トヨタの次世代移動サービス連合

    1: 2019/06/26(水) 23:18:42.76 ID:qTA5JULY9

    トヨタ自動車とソフトバンクが主導する自動運転など次世代移動サービスの企業連合を巡り、マツダやスズキなど自動車大手5社が新たに参画する方針を固めた。連合に加わる自動車メーカーは計8社になり国内の四輪車の新車販売シェアで8割弱に達する。各社が移動に関わるデータの収集や分析で協力することで、消費者にとって利便性の高いサービスの開発につながりそうだ。

    マツダ、スズキなどが出資する方針を固めたのは、モネ・…

    2019/6/26 21:59日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46618230W9A620C1EA1000/


    【マツダなど5社、トヨタの次世代移動サービス連合に参画】の続きを読む

    スマートフォンで電話をしながら車を運転

    1: 2019/06/24(月) 20:04:38.22 ID:R8DYc7Ga0● BE:842343564-2BP(2000)


    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190618-00000069-ann-soci

    スマートフォンで電話をしながら車を運転していた男がパトロール中の警察官に出くわした。男がとっさに嘘をついたことで、警察のヘリが出動するなどの事態が発生。男がついた嘘とは。

     逮捕された男があまりにも身勝手な嘘をついたのは、エイプリルフールの2日後だった。その日、男は埼玉県朝霞市の市道で車を運転しながらスマートフォンを片手に持って通話していた。
    その時だった…。男は運転中に携帯電話を操作しているのを警察官に目撃された直後、通話の言い訳を作ろうと110番に掛け直したというのだ。
     ひったくりの現場を目撃したのですぐに警察に通報する必要があったかのように装った男。呼び止めた警察官に自分が今、警察と電話で話していることをわざわざ確認させるという念の入れようだった。
    その結果、警察は警察官43人、パトカーや覆面車両など7台、さらにヘリコプター1機を出動させた。ところが、防犯カメラにそうした映像がなければ悲鳴を聞いた人もいない。やがて不審に思った警察。男と連絡もつかなくなっていた。
     そして、警察は被害の実態を調べたが、どうしてもその事実が確認できず、17日に男に任意同行を求めて事情を聞いたところ、容疑を認めたということだ。警察は17日、さいたま市大宮区の自営業・春日智大容疑者を偽計業務妨害の疑いで逮捕した。警察は男について道路交通法違反でも調べ、切符を切る方針だ


    【警官「今電話してたよね」車カス「ひったくり見たので110番したんです」嘘のせいで埼玉県警ヘリが飛ぶw】の続きを読む

    PN1-5

    1: 2019/06/24(月) 12:38:14.80 ID:CAP_USER

    トヨタ自動車は、4つの販売系列ごとに分かれている商品販売体制について、全店での全車種併売を2020年春に前倒しする。「トヨタ店」や「カローラ店」など系列の客層ごとに専用車を用意してきたが、併売時期を最大で5年早める。少子高齢化など国内の新車市場の成長を期待できない中、全店で全車種を取り扱う時期を早めて顧客の利便性を高める。

    24日にも公表する見通し。18年11月に、22~25年までに全店で全車種を取り扱う方針を打ち出していた。19年4月には販売改革を先行して東京都内の直営販売会社4社を統合し、店舗ブランドや車種を統一した。「併売効果が出て、売り上げは伸びている」(トヨタモビリティ東京)という。

    トヨタは1956年に「トヨペット店」を導入し、複数系列での販売戦略を始めた。若者向けの「ネッツ店」など、系列を増やし、各系列ごとの専売車種を開発して、販売台数を伸ばしてきた。

    現在約280社で5000店舗あるトヨタ車の販売店の9割以上は地場資本で、独立経営を維持している。これまでは同じ地域で各系列の独立資本が競い合うことで、総合的に販売台数の引き上げにつなげてきた。

    ここに来て国内で販売する車種を全国の店で共通化する背景には、国内新車販売市場の成長の鈍化がある。トヨタの国内販売台数はピークだった1990年に比べ4割減り、2019年3月期は155万台超だった。系列による車種を統一することで車両開発コストの抑制にもつながる。

    2019/6/24 10:00 (2019/6/24 10:45更新)
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46479860U9A620C1I00000/


    【トヨタ、全店での全車種併売を前倒し 20年春に】の続きを読む

    b_12455625

    1: 2019/06/24(月) 18:00:35.75 ID:TSRLe1v+0 BE:592048191-PLT(13345)

    兵庫県警東灘署は23日、無免許運転の疑いで、神戸市東灘区の自称自動車整備士の男(23)を現行犯逮捕した。

     逮捕容疑は23日午後11時すぎ、同区住吉本町3の路上で乗用車を運転した疑い。同署の調べに容疑を認めているという。

     同署によると、通常、白やオレンジ色の車幅灯(スモールライト)が青色だったため、停車させて発覚した。男は90日間の免許停止中で、24日午前0時で免許停止期間が終
    わるところだったという。
    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201906/0012455624.shtml


    【免停明けまであと1時間の車カスを無免許運転で現行犯逮捕wwww】の続きを読む

    cover

    1: 2019/06/24(月) 16:47:08.98 ID:CAP_USER

    元号が令和になり2カ月が経とうとしている時に平成時代の話で恐縮だが、昨年10月から今年3月まで放送されたNHK朝ドラ『まんぷく』は、日清食品創業者・安藤百福夫妻をモデルとした物語だった。

     ドラマの中では安藤百福氏が発明した世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」が、「まんぷくラーメン」と名を変えて登場。その発売後に、それを模倣した粗悪品が出回ったことから、特許を開放し「即席ラーメン協会」を設立する経緯が描かれた。

     これは実話をなぞったエピソードらしく、特許庁のHPによれば、実際に安藤百福氏はチキンラーメンの特許技術を開放し、1964年に日本ラーメン工業協会(現・日本即席食品工業協会)を設立している。ライセンス制にして品質を維持しながら、インスタントラーメンという食品そのものを普及させることにしたわけだ。目論見どおり、その後インスタント麺は一気に普及し、海外でも売れるようになった。

     安藤は特許開放にあたり「野中の一本杉としてではなく、森として、産業として発展させたい」と語っていたそうだが、2014年に同様の考えのもと、虎の子の特許技術を開放した米国のベンチャー企業がある。電気自動車(EV)開発のトップランナーともいえる「テスラ」である。

     『INSANE MODE インセイン・モード』(ハーパーコリンズ・ジャパン)は、テスラと、同社共同設立者兼CEOイーロン・マスク氏の軌跡を中心に、「EV革命」の動向を追ったノンフィクションである。著者のヘイミッシュ・マッケンジー氏は、テスラに在籍した経験もあるジャーナリストだ。

    同書によると、イーロン・マスクCEOはテスラを、自動車メーカーではなく「エネルギー企業」と考えている。実際、テスラはロードスター、モデルS、モデル3と画期的な高性能EVを次々と発表する一方で、EV用の充電池を単独のエネルギー貯蔵装置として販売し、2016年には商品のラインナップに太陽光パネルを加えている。

    では、なぜエネルギー企業なのか。「スペースX」を創業し宇宙事業も手がけるイーロン・マスク氏が「人類を火星に移住させる」という壮大な構想を持っているのをご存じかもしれない。

    彼によると、それを実現するには、まだしばらく時間がかかる。しかし、それまで地球がもたないかもしれない。世界中でガソリン車が排気ガスをまき散らしているせいで、環境破壊が止まらず、地球が激しい気候変動にさらされているからだ。

    だからこそ、テスラのような企業が必要なのだ。ガソリン車の代わりに電気自動車が世界中の路上を走り回り、それに使う電気をまかなうために太陽光発電を推進するような会社が。

    マスク氏が描くこうしたストーリーの中に位置付けられているからこそ、テスラはEVの特許技術の開放に踏み切ったのである。

    善意である限り、誰かがテスラの特許技術を用いてEVやその周辺機器を開発しても、テスラが訴訟を起こすことはない。むしろ、世界中のベンチャーがこぞってEV開発に挑み、その性能が向上しつつ市場に出回れば、マスク氏による構想の実現が近づく。マスク氏にとっては願ったり叶ったりなわけだ。

    テスラが一企業の利益を追求するよりも、人類共通の課題を解決する目的の方が大きいということなのだろう。

    中国市場へのEV普及は、テスラに触発された地元ベンチャーが鍵

    『INSANE MODE インセイン・モード』では、中国で近年爆発的に増加しているEVベンチャーについて、結構なページ数を割いている。こうしたベンチャーは、いずれもテスラのEV開発に触発されて設立されたという。

    例えば、シンギュラート・モーターズというスタートアップは、2014年に中国で発売されたテスラのモデルSに、創業者の沈海寅氏が衝撃を受けたことがきっかけで設立された。沈氏は、シャオミ(小米科技)がアップルに対抗できる中国製のスマートフォンを生み出したようなことができると確信し、未来志向の電気SUV、シンギュラートiS6を発表している。

    同書によれば、こうした中国の動きは、テスラにとって歓迎すべきもののようだ。多数の地元ベンチャーによって中国の巨大市場にEVが行き渡る方が、自社のEVが売れることよりも優先されるべきことだからだ。逆に中国でEVの普及が行き詰まれば、マスク氏の理想の実現に影がさしてしまう。

    イーロン・マスク氏は、明らかに「バックキャスティング」の思考をしているようだ。あるべき理想の未来像を描き、そこから逆算して、何をすべきかを考えている。バックキャスティングならば、「今できること」の延長線上に未来を描く「フォーキャスティング」よりも、問題解決型の、大きなスケールの構想が描ける。
    以下ソース
    https://newswitch.jp/p/18138


    【【EV】イーロン・マスクがテスラのEV開発で描く壮大なストーリー】の続きを読む


    1: 2019/06/26(水) 04:47:34.16 ID:JvZmwADf0

    デリカD5 ディーゼル
    no title
     
    ekクロス(左) ekワゴン(右)
    no title

    アウトランダーPHEV
    no title

    ekスペース
    no title

    エクリプスクロス
    no title


    【2018年国内販売台数】
    1位:トヨタ(レクサス除く):150万8547台

    2位:ホンダ:74万7226台

    3位:スズキ:71万4594台

    4位:ダイハツ:64万6781台

    5位:日産:61万6033台

    6位:マツダ:22万743台

    7位:スバル:14万8453台

    8位:三菱:10万4591台

    9位:メルセデス・ベンツ:6万7554台

    10位:レクサス(トヨタ):5万5096台


    【【悲報】三菱自動車さん、トヨタのデザインをパクったのに売れないwwww】の続きを読む

    ll

    1: 2019/06/24(月) 15:57:38.40 ID:XykNajmU0 BE:971283288-PLT(13000)

    【緊急事態!】トヨタ・新型「RAV4/カローラ/カムリ/プリウス」とレクサス
    「ES/UX」の回生ブレーキシステムに異常があるとして販売停止へ。日本市場でも販売停止の恐れも

    オーストラリア市場並びにニュージーランド市場にて販売しているトヨタ・新型「RAV4/カローラ・スポーツ/カムリ/プリウス」と、

    上位ブランドとなるレクサス「ES/UX」のハイブリッドモデルに搭載される回生ブレーキシステムに問題があるとして、
    これらのモデルを販売停止していることが判明しました。

    既に販売し納車されている上記のモデルも対象にしているとのことで、今後早期的に点検を行っていくとのことですが、
    現時点での最善となる予防措置は調査中であり、加えて販売再開時期も全くもって不明となっています。

    既に納車されているモデルに関しても、この回生ブレーキによる不具合ならびに事故が発生しているかも不明ということで、
    これについても調査を行っているようです(それだけ今回の問題はかなり致命的?)。

    ただ、この問題に関して今のところトヨタはリコールの届け出を行っていないとのことですが、原因が明かされるまではおそらく届け出が行われないと思われます。
    そうなると、オーストラリアやニュージーランド市場だけでなく、日本市場においても上記のハイブリッドモデルが対象となる恐れもあり

    すぐさま調査が入り販売停止となる恐れも十分に考えられそうですね(この辺りは不具合や事故が発生する前に早急に対応してほしいところ)。

    http://creative311.com/?p=66444


    【プリウス、ブレーキに不具合で日本市場でも販売停止の恐れも?】の続きを読む

    1: 2019/06/25(火) 01:27:39.64 ID:13/cDGPz9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190625/k10011967341000.html

    日産社長 「報酬問題」報道に「問題あることやっていない」
    2019年6月25日 0時59分ゴーン前会長

    日産の西川廣人社長は記者団に、株価に連動する報酬の受け取りなどをめぐって問題があった、と月刊誌に報じられたことについて「問題のあることは全くやっていない」と述べ否定しました。

    今月発売された「文藝春秋」は、株価に連動する西川社長の報酬の受け取りなどに問題があったとするグレッグ・ケリー前代表取締役のインタビューを掲載しました。

    西川社長は24日夜、記者団に、「法律に触れるとか問題のあることは全くやっておらず、問題ないと思っています。何か聞かれたらそうお答えしようと思います」と述べ、否定しました。

    25日の株主総会では、報道にあった報酬などについても株主から質問が出ることが予想されます。

    no title


    【【日産】西川社長 「報酬問題」報道に「問題あることやっていない」】の続きを読む

    パチンコ店に高齢者の車突っ込む

    1: 2019/06/25(火) 03:44:10.26 ID:iiP4NZGM9

    24日午前、松本市のパチンコ店で、駐車しようとバックしていた72歳の男性の乗用車が車止めを乗り越えて、店のガラス張りの壁に突っ込みました。
    けが人はいませんでしたが、警察は男性がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとみて調べています。

    24日午前10時20分ごろ、松本市市場のパチンコ店、「マルハン松本店」の駐車場で、塩尻市に住む72歳の男性が運転する乗用車が店のガラス張りの壁に突っ込みました。
    警察によりますと、男性は店の駐車場でバックして駐車しようとしていましたが、車止めを乗り越えて、後ろ向きのまま突っ込んだということです。
    当時、事故現場の近くに人はいなかったためけが人はおらず、また、運転していた72歳の男性にもけがはないということです。
    この事故の影響で店の外に設置されていた水道管が壊れて水が噴き出し、周囲が一時水浸しになる被害があったということです。
    警察は、男性がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとみて詳しく調べています。
    現場近くのガソリンスタンドに勤務する30代の男性は、「ドーンという大きな音が聞こえたので玉突き事故かと思ったら、車がガラスを突き破って店舗に突っ込んでいてびっくりしました」と話していました。

    06月24日 16時57分
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20190624/1010009120.html


    【パチンコ店に高齢者の車突っ込むwww】の続きを読む

    vvc

    1: 2019/06/25(火) 07:02:14.98 ID:XtebYjOw0 BE:232392284-PLT(12000)


    自動車メーカーのマツダが、2009年に国の内外でリコールした原因は「部品の欠陥」にあったとして、
    下請けの自動車部品メーカーを相手に、およそ163億円の損害賠償を求めていた裁判で、広島地方裁判所は、マツダの訴えを全面的に退ける判決を言い渡しました。

    マツダは2009年、パワーステアリングの不具合から「アクセラ」や「プレマシー」など3車種について、あわせておよそ59万台をリコールしました。
    マツダは、不具合は部品の内部に発生したサビが原因だとして、2014年におよそ163億円の損害賠償を求め、自動車部品大手の『住友理工』を提訴しました。
    裁判ではマツダの主張に対し『住友理工』側は、「サビと車の不具合には関連性がない」と主張、双方が対立していました。
    そしてきょうの公判で広島地裁の高島義行裁判長は「サビが不具合多発の原因であるとは認められない」としてマツダの訴えを棄却しました。
    判決を受けマツダは「今後の対応は判決内容を精査したうえで決定する」としています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000005-tssv-l34


    【マツダ「リコールは部品メーカーのせい!うちは悪くない」 広島地裁「んなわけあるか!」】の続きを読む

    このページのトップヘ