自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    11月の世界生産最多

    1: 2020/12/25(金) 14:41:42.18 ID:TrXe54pf9

    共同通信(12/25 14:05)
    https://this.kiji.is/715064038568165376

     トヨタ自動車が25日発表した11月の世界生産は、前年同月比7.0%増の82万8066台だった。3カ月連続のプラスで、11月として過去最多となった。新型コロナウイルス流行による落ち込みを取り戻す動きが続いている。ただ、国内外で再び感染が拡大しており、先行きは不透明感を増している。

     同時に発表した11月の世界販売は、1.8%増の85万2213台。3カ月連続で増加し、11月として過去最多だった。


    【トヨタ自動車の世界生産が11月として過去最多 前年同月比7%増で3ヶ月連続のプラス】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダのビート

    1: 2020/12/26(土) 20:43:44.187 ID:/sA65bQS0

    12万くらいで頼む


    【ホンダのビート売ってくれる奴いる??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bnr_bs

    1: 2020/12/26(土) 21:09:58.11 ID:qRwQ1Du/0

    WLTCモード6.6km/Lという、近年のモデルでトップクラスに燃費面では不利なレクサス「LX」を販売するレクサス販売店スタッフは次のように話します。

    「LXはそこまで頻繁に売れるというモデルではありませんが、購入される人はそれなりにお金を持っていらっしゃる人です。
     そして、そういった層のお客さまは燃費が悪いことがある意味ステータスともいえるような、『無駄』を愛しているという人が多くいらっしゃいます。
    『燃費が良いに越したことはない』というのはすべての人に当てはまる自明の理ではなく、あくまでひとつの意見であり、『燃費が悪いことこそ価値がある』
    という意見を持つ人もいるというのが事実のようです。」

    https://kuruma-news.jp/post/330856/2


    【レクサス店「燃費を気にする人にはこう言ってる」→正論と話題w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    豪雪立ち往生にEV車

    1: 2020/12/27(日) 06:20:43.91 ID:RTtFg6RT9

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1185fc90634845f9bd9d6d8335ec18d4a9d46042

    記録的な豪雪により発生した新潟、群馬県境付近の関越自動車道の車の立ち往生は、解消までに約52時間を要した。
    立ち往生に巻き込まれて身動きできなくなった場合、車内で暖を取りながら除雪作業を待つことになるが、政府が導入に本腰を入れる電気自動車(EV)は長時間の立ち往生に耐えうるのか。

    上下線で最大約2100台に及んだ立ち往生は、体調不良などを訴えた30~60代の男女計4人が病院に搬送された。

    ドライバーにとっては人ごとではない事態だが、SNS上では、携行缶でガソリンなどの燃料を補給するわけにはいかないEV車が雪で立ち往生した場合、バッテリーが上がるリスクがあるという趣旨のツイートが話題になった。

    EV車の普及は近年目覚ましく、EVとプラグインハイブリッド(PHV)は世界全体で220万9831台販売されている。
    経済産業省は国内で販売する新車を2030年代半ばにEVやハイブリッド車(HV)など電動車にする目標を掲げ、「脱ガソリン車」の方向に向かっていることは間違いない。

    災害時における非常用電源としても期待されているEV車だが、バッテリーは寒さに弱いとされる。

    自動車ジャーナリストの佐藤篤司氏は「エンジンは熱とエネルギーを生み出すが、モーターの場合は消費するのみで、暖房をつけることで容量を大きく消費してしまう。EVは数日バッテリーが持つとされるが、立ち往生した場合、ガソリン車と違って外部からの充電は至難の業といえ、現状では対策できない」と指摘する。

    EV車「リーフ」を生産する日産自動車は「電欠しないよう、ナビで目的地到着時の推定バッテリー残量を表示している。もし、途中で充電する必要があれば、充電スポットの案内などの表示をしている」と回答した。
    その上で、万が一、バッテリーの残量が無くなった場合は、同社が展開するサービスによって、電欠時レスキューコールやホテル代を補償するなどといったエマージェンシーサポートが受けることができるという。

    前出の佐藤氏は、積雪が考えられる地域での走行にスタッドレスタイヤだけではなく、タイヤチェーンの備えを勧めた。
    またEV車の場合、冬のドライブでは、エアコンではなくシートやステアリングのヒーターを使用することで節電になるとアドバイスした。


    【豪雪立ち往生にEV車はどこまで耐えられる? ガソリン車と違い外部からの充電は至難の業…専門家「対策できない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    mmm

    1: 2020/12/25(金) 21:14:03.03 ID:2wnI0gtx9

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は22日、ツイッターへの投稿で、
    「モデル3の暗黒時代」にアップルに対してテスラの売却を打診したものの、アップルのティム・クックCEOが「会合への出席を拒否した」と明らかにした。

    アップルからコメントは得られなかった。

    マスク氏の投稿は、ロイター通信の報道を受けたもの。ロイター通信によれば、アップルは新しいバッテリー技術を活用した大量生産型の自動車の製造を計画している。

    マスク氏によれば、クック氏に対して、現在の10分の1の価格でアップルがテスラを買収する可能性について話し合いたいと連絡をとったが、クック氏が会合への出席を拒否したという。

    マスク氏はツイッターで、ロイター通信の報道について、「もし真実なら、奇妙だ」と指摘。続く投稿で、モデル3の暗黒時代の初期に売却を打診するためにクック氏と連絡を取ったと述べた。
    モデル3は2017年に市場に投入されたが、何カ月にもわたって製造の難しさやその他の問題点に直面していた。

    モデル3は今では米国市場で最もよく売れている高級車で、テスラの時価総額を自動車メーカーとして世界一に押し上げる要因ともなった。

    https://www.cnn.co.jp/business/35164278.html


    【【EV】イーロン・マスク氏、過去にテスラ売却をアップルに打診するも断られていたことを明かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/25(金) 23:13:30.40 ID:YXAq6QmN9

    拡大トヨタ自動車は2020年12月25日、超小型電気自動車「C+pod(シーポッド)」の販売を開始した。対象となるのは、これまで電気自動車(EV)の普及へ向けて検討を進めてきた法人ユーザーや自治体などで、個人向けの本格販売は2022年の開始を予定している。

    ■一回の充電で150kmの走行が可能

    シーポッドは、人ひとりあたりの移動におけるエネルギー効率の高さを追求した、2人乗りの超小型モビリティーである。用途としては、日常生活における近距離移動や、定期的な訪問巡回などの法人利用を想定している。

    ボディーサイズは全長×全幅×全高=2490×1290×1550mm、ホイールベース=1780mmで、最小回転半径は3.9mという取り回しのしやすさを実現。リチウムイオンバッテリーをシート足元の床下に搭載したことによる、段差の少ない低床でフラットなフロアも特徴となっている。

    駆動については、リアに搭載される最高出力9.2kW(12.5PS)、最大トルク56N・m(5.7kgf・m)の交流同期電動機で後輪を駆動。バッテリーの総電力量は9.06kWhで、最高速度60km/hという動力性能と、WLTCモード(高速道路モードを含まないクラス1の走行モード)で150kmという一充電走行可能距離を実現している。

    充電システムは普通充電のみに対応しており、満充電に要する時間は単相200V/16Aで約5時間、単相100V/6Aで約16時間。また停電や災害といった緊急時に役立つ、最大1500W(AC100V)の外部給電機能を標準装備しており、外部給電用のコンセントとして約10時間の給電を可能としている(1時間当たりの消費電力を400Wとして試算)。

    安全性にも配慮しており、軽自動車向けの基準をもとに新たに設定された超小型モビリティー用の安全基準に対応。衝突エネルギーを多くの部材で効率よく分散吸収する構造の採用などにより、前面・側面・後面と、あらゆる方向からの衝突に対して安全性を追求するとともに、歩行者の衝突被害を緩和する歩行者傷害軽減ボディーも採用している。

    さらに、予防安全装備として昼夜の車両や歩行者、および昼間の自転車運転者を検知可能なプリクラッシュセーフティーを標準で採用。低速走行時における壁などとの衝突回避、または衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」も設定している。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・X:165万円
    ・G:171万6000円

    ■EVを用いた新たなビジネスモデルを模索

    トヨタは現在、EVの普及を進めるべくラインナップを拡充するとともに、広くパートナーを募りながら新たなビジネスモデルの構築を模索。シーポッドや「歩行領域EV」「i-ROAD」などの活用について、200以上の法人や自治体とともに検討を進めているという。

    具体的には、今回のシ―ポッド発売を機にEVならではの新たなサービスを実証的に提供。最適な充電設備工事とカーボンフリー電力などによるEV向け電力プランについて、ひとつの窓口でサポートする法人向けワンストップサービス「TOYOTA GREEN CHARGE」を中部電力ミライズと共同開発し、同社ならびに関西電力、東京電力エナジーパートナーと提携して展開するとしている。

    さらに、観光情報とのセットで「TOYOTA SHARE」(携帯端末で使用できるカーシェアサービス)を活用し、利用者の観光・周遊促進を図る「EVカーシェア」なども、順次進めていく予定だ。(webCG)

    2020.12.25
    https://www.webcg.net/articles/-/43847

    C+pod(シーポッド)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタが2人乗りの超小型EVコミューター「シーポッド」を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/26(土) 08:17:59.83 ID:/g8WuDNbd

    えっそれは・・・
    no title


    【ダイハツさん、とんでもない車を出展してしまうwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    大学生

    1: 2020/12/25(金) 23:45:43.325 ID:4Ig5t6Ha0XMAS

    月収は5マン 維持できる?
    ベンツっていうかドイツ車のセダンにのりたい
    cクラスとか3シリーズがいい
    最悪日本車でもクラウンやセルシオやレクサス、マークxにのりたい
    30万くらいの中古車ってどう?


    【大学生だがベンツ買って維持する事は可能か?www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2020/12/24(木) 21:58:40.08 ID:SFK33+sP9

    三菱自動車は2020年12月24日、軽ハイトワゴン「eKワゴン/eKクロス」と軽トールワゴン「eKスペース/eKクロス スペース」に一部改良を実施。同時にeKクロスとeKクロス スペースに特別仕様車を設定し、同日、販売を開始した。

    今回の改良では、全モデルでメーカーオプションの設定を変更。eKワゴンではボディーカラーに「レッドメタリック」を設定し、全8色のラインナップとした。価格は全車据え置きで、eKワゴンが132万5500円から154万円、eKクロスが146万3000円から182万0500円、eKスペースが139万9200円から176万7000円、eKクロス スペースが165万5500円から199万1000円となっている。

    同時に設定されたeKクロス/eKクロス スペースの「Gプラスエディション」は、予防安全や社内の快適性に関連する装備を充実させた特別仕様車である。

    ベースとなるのは、カタログモデルにおける中間グレードの「G」で、マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付き)や自動防眩(ぼうげん)ルームミラー(マルチアラウンドモニター付き)を標準装備。ディーラーオプションとして、LED式の車内照明やライセンスプレートランプ、バックアップランプからなる「LEDパッケージ」も用意している。

    またeKクロス スペースについては、通常はオプション扱いとなる運転席側ハンズフリーオートスライドドアや、リアサーキュレーター(プラズマクラスター付き)、ロールサンシェードなどからなる「後席パッケージA」を標準装備した。

    Gプラスエディションの価格は、eKクロスのFF車が161万7000円、同4WD車が174万9000円、eKクロス スペースのFF車が182万6000円、同4WD車が195万8000円。(webCG)

    2020.12.24
    https://www.webcg.net/articles/-/43842

    eKクロス Gプラスエディション
    no title

    eKクロス スペース Gプラスエディション
    no title


    【三菱が軽乗用車「eK」シリーズを一部改良 安全装備などを充実させた特別仕様車も設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    プリウス

    1: 2020/12/23(水) 22:09:40.13 ID:WpYF2iIRM

    別にええやん


    【プリウスにのってるんだが車好きからめっちゃ馬鹿にされるwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20201224_honda_n-box_991

    1: 2020/12/24(木) 22:13:58.90 ID:kUw38AFq0● BE:644423549-2BP(5999)

    日本一売れたクルマがマイナーチェンジ!
     2017年から2019年にかけて日本でもっとも売れたクルマとして知られるホンダ「N-BOX」が、2020年12月24日にマイナーチェンジしました。発売は12月25日を予定しています。

    https://kuruma-news.jp/post/330380



    【外観一新! ホンダ新型「N-BOX」登場! ナンバー位置はどう変化した?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/24(木) 13:55:59.38 ID:CAP_USER

    no title

    三菱 デリカD:2
    no title

    三菱 デリカD:2カスタム

    三菱自動車は、コンパクトミニバン『デリカD:2』をフルモデルチェンジし、12月24日より販売を開始した。

    デリカD:2は、コンパクトなボディサイズでありながら広々とした居住空間、乗り降りのしやすい後席スライドドアと多彩なシートアレンジ、使い勝手の良さや優れた予防安全機能で好評を博してきた。

    今回のフルモデルチェンジでは、全長を80mm(カスタムは70mm)伸ばすことで荷室床面長を100mm延長。大きな荷物を載せても充分広い室内空間を確保した。全長を延ばしながらも、最小回転半径は従来車同様の4.8m。また全幅も拡張し、後席のショルダールームや左右方向のヘッドクリアランスを拡大することでさらに快適な室内空間とした。

    標準モデルのデリカD:2は、フロントグリルに立体感のあるメッキガーニッシュを採用し、力強い存在感を演出するとともに、ヘッドライトをブラックアウト化することで、気品ある上質なデザインとした。インパネはネイビーとアイボリーを基調とし、シートは光沢のあるライン柄とグレーミックス表皮を組み合わせ、シックなソファのようなシートとした。

    デリカD:2カスタムは、細部まで造り込まれた立体感のあるフロントグリルを採用し、ポジションランプを上部、ヘッドライトを下部に配置する独創的なレイアウトとした。内装はインパネとシートをボルドーとブラック基調とし、またアクセントとして鈍く輝くメタルのような表皮を用いることで上質感を表現した。

    パワートレインは、低回転から力強いトルクを発揮するマイルドハイブリッドシステムを採用した1.2リットルエンジンとCVTを組み合わせ、滑らかで力強い走りを実現。乗り心地や静粛性の向上と併せ、乗る人すべてが快適なコンパクトミニバンに進化させている。

    また、予防安全技術「三菱e-Assist」の機能を強化。アダプティブクルーズコントロールに全車速追従機能を追加したほか、走行中に車両前方の道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイやヘッドアップディスプレイに表示する標識認識機能を採用。さらにSRSカーテンエアバッグの全車標準装備するなど、アクティブ、パッシブ両面で安全性を高めている。

    ボディカラーはデリカD:2が新色メロウディープレッドパールを含む全6色。デリカD:2カスタムは新色グリッターバイオレットパールを含むモノトーン4色と2トーン3色の全7色を展開。価格はデリカD:2が188万3200円から236万8300円、デリカD:2カスタムが214万1700円から239万9100円。なお、デリカ D:2はスズキが生産する『ソリオ』のOEM供給モデル。

    2020年12月24日(木)12時45分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2020/12/24/341615.html


    【三菱 デリカD:2 新型発売、全長延長で荷室空間拡大…乗り心地や静粛性も向上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    dd

    1: 2020/12/22(火) 15:57:30.117 ID:egF7TyWg0

    邪魔くさっ
    ベンツとかBMなら許すがハリアーはしね
    擦るぞハゲ


    【職場にハリアーで来んなやwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/23(水) 21:27:33.67 ID:D7szUdAC9

    日産自動車は2020年12月23日、コンパクトカー「ノート」の販売を開始するとともに、4WD車を正式発表した。2020年度内の発売を予定している。

    3代目となる現行型ノートは2020年11月24日に発表されており、ラインナップはすべてシリーズハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載した電動モデルとなっている。

    今回追加された4WD車も、パワートレインにはe-POWERを採用。ただし駆動システムは、簡易的な「e-4WD」を用いていた従来モデルとは異なり、前輪用(85kW)に加え、後輪用にも最高出力50kWの高出力モーターを搭載した本格的な2モーター4WDとなっている。これら2基のモーターを緻密かつ瞬時に制御することにより、ドライ路面やウエット路面、アイスバーン、深い雪道など、あらゆる路面状況において安定した快適な走りを追求。前後駆動力配分の可変制御は、滑りやすい路面における走行安定性や、コーナリング性能の向上にも寄与しているという。

    また4輪を滑らかに駆動することで、路面の状態を問わず安定感のある力強い発進や加速を実現。減速時は4輪の減速力を高精度に制御し、車体をフラットに保ったまま安定して減速するとしている。さらに新型ノートの4WD車では、後輪にも回生制御を追加。エネルギー回収効率の向上を図っている。

    4WD車のグレードと価格は以下の通り。

    ・S FOUR:228万8000円
    ・X FOUR:244万5300円

    (webCG)

    2020.12.23
    https://www.webcg.net/articles/-/43833

    ノート
    no title

    no title

    no title

    no title


    【新型「日産ノート」に4WD車が登場 2モーター方式の「e-POWER」を採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    LS500

    1: 2020/12/23(水) 09:22:10.91 ID:mW3hIPcd9

    トヨタ自動車は12月16日、レクサス『LS500』『LS500h』の後方カメラに不具合があるとして、国土交通省に改善対策の実施を届け出た。対象となるのは、2020年10月23日から11月20日に製造された167台。

    対象車種は、パーキングサポートブレーキシステムの後方カメラ制御プログラムが不適切なため、後退時に歩行者を検知できない場合がある。そのため、衝突被害軽減ブレーキが正常に作動しないおそれがある。

    改善対策として、全車両、後方カメラ制御プログラムを対策仕様に修正する。

    不具合および事故は起きていない。社内からの情報により改善対策を届け出た。

    https://response.jp/article/2020/12/16/341377.html



    【【不具合】トヨタ レクサス LS500、後退時に衝突被害軽減ブレーキが作動しないおそれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    prius

    1: 20/12/20(日)16:26:02 ID:lgg

    オイル交換3回?
    タイヤ交換1回?

    ピンピンしててワロタ?


    【ワイのプリウスちゃん、走行距離20万キロを突破wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/22(火) 13:27:59.41 ID:OPuiCnmc9

     トヨタ自動車は12月21日(現地時間)、「スープラ」をベースにしたオープンモデル「GRスープラ スポーツトップ」のコンセプトモデルを、米国の自動車アフターマーケット業界の展示会SEMA(Specialty Equipment Market Association)のオンラインプログラムとして公開した。

     GRスープラ スポーツトップは、日本で過去のスープラに設定されていた「エアロトップ」と呼ばれるリムーバブルトップを備えたモデル。

     公開されたGRスープラ スポーツトップでは、車両の構造に関わる屋根の主要な部分を取り除くため、車両のフレームの大部分を補強することにより構造的な剛性を確保したという。

     Tバールーフ車とは異なりセンターバーがないのが特徴となり、取り外し可能なルーフは2つのパネルで構成され、クルマのトランクに収納することができるとしている。
    no title

    https://youtu.be/bZrIbRHzNXQ

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1296738.html


    【トヨタ、「GRスープラ スポーツトップ」公開 オープンモデル「エアロトップ」を復活】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    359

    1: 2020/12/22(火) 16:47:20.99 ID:3ZNbe7Gg0

    革新的なバッテリー技術搭載のApple Car、2024年までに製造開始か

    Appleは独自の革新的なバッテリー技術を取り入れた自動運転車の生産を、2024年までに開始する見通しだと、Reutersが関係筋からの情報として伝えています。

    ReutersがAppleの自動運転車開発情報に詳しい2人の人物から得た情報によると、Appleの技術はすでに消費者向け自動運転車を生産可能な段階まで達している模様です。

    Appleの自動運転車技術の中核を成すのが、独自開発による新しいバッテリー設計で、バッテリーのコストを「劇的に」削減するとともに、走行距離を伸ばすことが可能とのことです。

    https://iphone-mania.jp/news-335598/


    【Appleの自動車、2024年までに製造開始!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bentz

    1: 2020/12/23(水) 02:00:15.052 ID:bC0Vck7I0

    Aシリーズ
    Bシリーズ

    Cシリーズ

    皆同じだと思っている件wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    【女ってベンツはベンツしか無いと思っている件wwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    car_denki

    政府が2030年代半ばに国内新車販売からガソリン車をなくして全てを電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの電動車に切り替える目標に、軽自動車も含める方向で検討していることが22日、分かった。

    軽自動車は普通車より安く、地方の生活の足としても重用されるが、電動化は車載電池を必要とするため価格の上昇が避けられず影響を及ぼす可能性もある。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/078f240db509af6a31bedb93f57982a217eb6638


    【軽自動車も全電動化対象に 30年代、商用車結論先送り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダのCR-V

    1: 2020/12/19(土) 23:45:31.530 ID:y8ApFAnA0

    荷物大量に積める?
    キャンプ道具運ぶんだけど


    【ホンダのCR-Vって荷物大量の載せれるかな??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    MAZDA2

    1: 2020/12/21(月) 13:54:13.626 ID:3jPGtTVyp

    シートの出来は軽の時の方が良かった
    NBOX→MAZDA2


    【軽から普通車に乗り換えたけどwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    レヴォーグ

    1: 2020/12/21(月) 19:14:37.429 ID:NhgEdJTB0

    乗りやすいって思って買ったけどどうなの?


    【初めて買う車がレヴォーグなんだけど良いチョイスかな??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダのNBOX

    1: 2020/12/21(月) 20:14:48.638 ID:7Pe4GzVS0

    普通車さえも食われてる


    【ホンダのNBOXに勝てる車をどのメーカーも開発できない件wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    cvfg

    1: 2020/12/21(月) 18:18:49.59 ID:CAP_USER

    次期型「プリウス」は超絶進化? トヨタが「全固体電池」に全集中する訳とは

    ■ハイブリッド車や既存電気自動車よりも優れた全固体電池車とは?

     日本自動車工業会の記者懇談会でどちらかといえば電気自動車(以下、EV)に対し否定的な論調だった豊田章男会長でしたが、トヨタ自動車を見ると着実にEVの時代を想定した技術開発をおこなっている。

     どうやら次世代EVは全固体電池が本命だと考えているようだ。
     ここにきて話題にあがることも増えた全固体電池、いったいどんなスペックなのか。

     最初に簡単な解説をしておく。
     現在、ハイブリッド車やEVに使われている電池にはイオンを運ぶ役割を持つ「電解質」という液体が入っており、もっとも解り易いのは12Vの車載バッテリー。
     「バッテリー液=電解質」です。

     乾電池だとジェル状の電解質を使うし、リチウムイオン電池も内部にジェル状の電解質が入っています。この電解質、電池性能の足を引っ張る。

     漏れれば危険だし(車載の12V電池の電解質は希硫酸)、低温になると凍結してイオンが動けなくなってしまう。
     液体のため高温にも弱い。

     「だったら液体&ジェルの電解質を固体に置き換えちゃいましょう」というのが全固体電池です。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    くるまのニュース 12/21(月) 14:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2c90b8ef2e5020f77c1f51b4d7b1c58dbd699392


    【次世代EVの本命?トヨタが「全固体電池」に全集中する訳とは 次期プリウスは超絶進化か】の続きを読む