自動車

    20180928-OYT1I50048-N

    1: 2018/09/28(金) 22:26:38.57 ID:CAP_USER9

    SUBARU(スバル)は28日、燃費・排ガスの測定データ改ざんに続き、新たに自動車の安全性に大きくかかわるブレーキやスピードメーターなどの検査項目でもデータの捏造ねつぞうなどの不正があったと発表した。

    同社は、不正が起きた原因や再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。

    スバルは今年3月、燃費・排ガスの測定データ改ざんを認めた。外部の弁護士らが現場の検査員に聞き取りなどの調査を行い、新たな不正が判明した。

    スバルによると、ブレーキやスピードメーターなどの検査で、実際に測定された値とは異なる適当な数値を手書きで記入していた。

    ブレーキペダルの制動力の検査では、本来使用が認められていないハンドブレーキを併用していた。国の定める保安基準は満たしていると説明している。

    (本文)
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180928-OYT1T50124.html


    【スバルに新たな不正 ブレーキや速度計の検査でもデータ捏造】の続きを読む

    1: 2018/09/28(金) 11:31:42.11 ID:GY1sq7Ok0● BE:512899213-PLT(27000)

    no title

    no title

    no title

    公開が近づくポルシェ『911』次期型(992型)に設定される高性能オープン、『911ターボカブリオレ』市販型プロトタイプをスクープ!ファブリックルーフがオープンした瞬間を、
    初めてカメラが捉えた。
    キャッチした車両は初期プロトタイプのため、まだまだ未完成のボディだ。それでもエアスクープを備えるワイドフェンダー、大型ブレーキやセンターロックホイールなどが見られる。
    リアには、ベースモデルと同じエアアウトレットやラウンドデュアルエキゾーストパイプなどを装備しており、これからターボ化されるはずだ。
    プラットフォームには最新世代の「MMB」を採用、トレッドがワイド化され、高速走行での安定向上が図られるはず。
    ターボ系のパワートレインは謎に包まれている。しかし3リットル水平対向6気筒ツインターボエンジン搭載し、最高出力は600ps超えと予想されている。
    また0-100km/h加速は2.8秒とも伝えられ、現行モデルの3.1秒から大幅に向上する。さらに、トップモデルの「ターボS」は最高出力が630psから650psへとアップされる。
    キャビンには、タコメーター以外はデジタル・インストルメント・クラスタが採用され、ワイドスクリーンのインフォテインメントディスプレイの下に、エアコン吹き出し口が
    設置されたシンプルかつスポーティーなデザインとなるという。
    ポルシェは、10月のパリモーターショーにて新型「911」を公開予定で、「ターボ」や「ターボカブリオレ」は2019年以降のワールドプレミアとなる。

    https://response.jp/article/2018/09/28/314434.html


    【発表間近のポルシェ 911 新型に、早くも「ターボカブリオレ」の存在を確認!】の続きを読む

    1: 2018/09/28(金) 09:13:24.57 ID:0gsIEDRb0● BE:423476805-2BP(4000)


    今年2月に欧州発表された最新型Aクラスが日本市場にも導入される。
    ボディサイズは大型化され、安定感を増した印象。
    メルセデスベンツの新型ヘッドランプも導入され、スポーティさを全面に出したクルマに仕上がった。
    国内仕様のエンジンは1.4L 直4ターボで、最高出力136ps、最大トルク200Nmのスペックとなる。
    従来型のA180は1.6L 直4ターボで122ps/200Nmであったから、新型は排気量をダウンサイズさせながらもパフォーマンスアップすることになる。

    https://car-research.jp/tag/a-class
    no title


    【メルセデスベンツ新型Aクラスが2018年10月16日に日本発売】の続きを読む

    1: 2018/09/27(木) 22:30:41.98 ID:vLHopx6r0 BE:232392284-PLT(12000)


    東京オートサロン2016に突如登場し、カスタムカーコンテストでグランプリを受賞。そのレトロで可愛いスタイルで多くの来場者の注目を集めた
    「S660 Neo Classic Concept」から約2年。2018年9月21日、遂にホンダアクセスから「S660ネオクラシック キット」が発売されました。

    ユーザーの反響から市販化が決定
     東京オートサロン2016で多くの来場者の注目を一身に集めた、カスタマイズカーが出品されました。
    それは、大きなメーカーブースの真ん中にドンと展示された訳ではなく、小さなチューニングショップなどが
    所狭しとコンセプトカーを並べる車両展示専用スペースの一角に置かれていました。

    特別な存在感を放っていた1台で、かく言う筆者(先川知香)も心を奪われたひとり。ディズニー映画「カーズ」に登場するキャラクターのような、
    くりくりとした大きな目と、いたずらっ子のような表情に魅せられてスペックボードを見てみると、ベース車両がホンダ「S660」であることに驚いたのを覚えています。

    今回発売されたのは「S660」の外装パーツを換装して「ネオクラシック・コンセプト」のようにカスタマイズできる「S660 ネオクラシック・キット」。
    そして、ホンダ中古車専門店の『ホンダユーテック』が「S660」の中古車をベースにこのキットを架装して販売する、ホンダの認定中古車「S660 ネオクラシック」です。

     そんな「S660 ネオクラシック・キット」を装着したコンプリートカーを実際に見てみると、2年前にオートサロンで出会ったコンセプトカーそのもの。
     スポーティだけどキュートで、レトロだけど新しい。小さく低い車体のフロントマスクに大きなヘッドライトが印象的で、上目遣いの甘えたような表情に、
    なんとも言えない愛着が沸々と湧いてきて、見かけたら立ち止まらずにはいられません。

    https://youtu.be/LzFydK1zEbw


    no title

    no title

    https://kuruma-news.jp/post/106334


    【クルマがコスプレ!? ホンダ「S660 ネオクラシック」に試乗】の続きを読む

    wd

    1: 2018/09/27(木)20:23:14 ID:???


    バスに乗っている際、対向車線から走ってきたバスと運転手同士が手を挙げて挨拶する姿を目にします。

    言葉は交わさずとも、その短い動作には「お疲れさま」「異常なし」といったいろいろなメッセージが込められているのでしょう。

    運転手同士の絆や思いやりを感じる行動に、心温まる人は多いのではないでしょうか。

    バス運転手の『挙手挨拶』に、「怖い思いをした」とクレーム

    シャトルバスの運転手として働いている、佐門 大蔵 (@GbH5YJfkK5NDq83)さんの投稿が話題になっています。

    以前は、路線バスの運転手だった佐門さん。勤めている営業所に、乗客から『あるクレーム』が入ったといいます。

    「運転中に手を挙げるだなんて、片手運転をしていて危ない。怖い思いをしたから、やめてほしい」

    なんと、一瞬の挙手挨拶を危険運転とみなし、クレームが入ったのです。

    佐門さんを含む、多くの運転手はこのクレームに従うことに異論を唱えていました。挙手挨拶は運転手同士の
    大切なコミュニケーションであり、必要性のある動作です。

    また、挙手挨拶をすることで、相手の運転手と「安全運転中!異常なし!」と確認をし合っているのです。

    しかし会社はそのクレームを受け入れ、すべての運転手へ挙手挨拶の禁止を命じます。

    理不尽と思えるクレームでも、「申し訳ありません」と謝罪し、従ってしまう日本社会。佐門さんの会社も、反論しなかったのでしょう。

    その結果、『挙手禁止令』を受けた運転手たちは…通達を無視し、いつも通りに挙手挨拶を継続したのだとか!

    詳細は↓↓↓から
    https://grapee.jp/566354




    【バス営業所に「挙手挨拶をやめろ」とクレーム 禁止令が出た後、運転手たちがとった行動は】の続きを読む

    1: 2018/09/27(木) 18:49:21.48 ID:CAP_USER9

    2018年9月27日 8時33分
    フォルクスワーゲングループ内で、現在アウディ傘下となっているランボルギーニですが、2019年1月からポルシェ傘下へ入ることが確定したようです。

    これは、米Automobile Magazineが報じているもので、間違いないようです。VWはグループ内の「アウディ」「ブガッティ」「ランボルギーニ」などスーパーカーを全てポルシェ製プラットフォームが担い、コストダウンを図るべきだと語っており、その第一歩として新タッグが実現しそうなのです。

    現在ランボルギーニは、プラットフォームを始め多くのコンポーネントをアウディと共有しています。同ブランド最新のクロスオーバーSUV、「ウルス」ではアウディ「Q7」から「MLB Evo」プラットフォームが流用されています。

    今後注目したいのは、2022年に登場が噂される「アヴェンタドール」次期型です。フロントアクスルに2基のモーター、センターにバッテリー、ゲトラグ製トランスミッションに第三のモーターを搭載し、最高出力1000psを叩き出すハイブリッド・スーパーカーが予想されています。「ポルシェ」×「ランボルギーニ」は、最強のスーパーカーブランドとなりそうです。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15363218/
    no title

    no title


    【アウディと決別し、ランボルギーニがポルシェ傘下へ。2019年1月から最強ブランドを結成?】の続きを読む

    1: 2018/09/27(木) 10:26:07.46 ID:EAirtf8W0 BE:837857943-PLT(16930)


    トヨタのコンパクト・ハッチバック『ヴィッツ』が、フルモデルチェンジを機に海外名である『ヤリス』へ改名。世界統一車名となり、再出発を図る。
    Spyder7スクープ班では、入手した情報を元に予想CGを制作した。

    欧州Bセグメントのヴィッツは、『スターレット』の後継モデルとして1999年に日本で発売。世界戦略車ヤリスとして、欧州などでも販売されている。
    現行モデルは2010年に発売され、マイナーチェンジが施されながらも8年が経過しているが、現在も安定した人気を誇る。次期型では、
    国内でも「ヤリス」へと改名し、内外ともに大刷新を図る。

    最大の注目は、「TNGA」の一環として開発された「GA-B」プラットフォームの採用だ。これにより、剛性や走行性能が向上すると見られる。
    ボディサイズは、全長が3950mm、全幅が1700mmと僅かに拡大するが、全高は変わらずスポーティなボディシルエットが予想される。

    制作した予想CGは、地味なイメージのあった現行モデルを、トヨタ最新の流れを汲んだ、アグレッシブなデザインに大幅変更。
    フロントには『カローラ』などの流れをくむ大口グリルを装着した。

    https://response.jp/article/2018/09/27/314383.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタ ヴィッツ が「ヤリス」へ改名【予想CG】】の続きを読む

    as

    1: 2018/09/27(木) 06:45:46.69 ID:CAP_USER9

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-25/PFBUQM6TTDSB01?srnd=cojp-v2

    ルノーと日産自の関係、「近い将来にはっきりさせる」-ゴーン氏

    井上加恵、鈴木偉知郎、佐野七緒
    2018年9月26日 6:00 JST
    更新日時 2018年9月26日 11:05 JST
    →自身は3社連合率いる立場に専念、任期設定せず-個社での活動縮小
    →引き続き大きな貢献できる役割は3社連合の会長兼CEOとゴーン氏

    仏ルノーと日産自動車、三菱自動車の会長を兼務し、3社連合(アライアンス)の会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン氏は、ルノーと日産自の関係について「近い将来にすべてをはっきりさせる」と語った。その上で、独立した会社間の協力を前提とする企業連合の適切な運営のため、自身は任期を設定せずにアライアンスを率いる役割に専念する考えを示した。

      横浜市内の日産自本社で20日、ブルームバーグとのインタビューで述べた。ゴーン氏は「引き続き大きな貢献ができる役割が1つあるとすれば、アライアンスの会長兼CEOだ」とした上で「アライアンスに大きな貢献が出来る限りは役割を担う」との考えを示した。


      ゴーン氏は昨年、日産自のCEO職を退任し、西川広人氏に譲った。現在務めるルノーのCEO職は2022年までの4年の任期があるものの、任期を全うする考えはないと説明。日産自や三菱自の会長としての貢献も今後限られてくるだろうとして、「各社がそれぞれ新しいトップの下で成長し、持続することができる」との考えを示した。
    (リンク先に続きあり)


    【ルノーと日産自の関係、「近い将来にはっきりさせる」】の続きを読む

    1: 2018/09/27(木) 08:14:55.47 ID:CAP_USER9

    初のEV「I―PACE」
    no title


     ジャガー・ランドローバー・ジャパン(東京・品川)は26日、同社初の電気自動車(EV)「I―PACE」の受注を始めたと発表した。航続距離400キロメートル以上を実現した多目的スポーツ車(SUV)で、エンジン機構が不要なEVの利点を生かし、広い収納スペースも確保した。スポーツカー級の加速性能を備え、電動化対応の戦略車として位置付ける。

     全国の正規販売店で受注を始めた。2019年3月から納車を始める。価格は959万円から。

     内燃機関が不要なEVの特長を生かし、車両中央部のトンネル上の突起をなくし、10リットル程度の収納スペースに変えた。後方の収納部も656リットルと十分な広さを保った。

     時速100キロメートルに4.8秒で到達する。モーターの出力は400馬力となり、走行性能はスポーツカー並みに仕立てた。航続距離は400キロ以上で、10時間の普通充電で8割分充電できる。

     自動車業界は自動運転や電動化など「CASE」と呼ばれる次世代技術への対応に追われている。ジャガーは20年までに全ラインアップにオプションとして電動化モデルをそろえる計画だ。

     18年には米グーグル系の自動運転システム開発会社・ウェイモと提携。新型車はウェイモに2年間で2万台供給され、自動運転技術を用いた配車サービスに使われる予定だ。CASE対応の中核となる同車種の投入で、好調な輸入車市場の波に乗る狙いだ。

    2018/9/26 18:30
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3577822026092018XA0000/


    【ジャガーが初のEV投入 航続距離400キロのSUV「I―PACE」 スポーツカー級の加性能 お値段959万円~】の続きを読む

    DENSO

    1: 2018/09/26(水) 22:53:15.09 ID:CAP_USER

    世界的に激しさを増す自動運転技術の開発競争に対応するため、自動車部品最大手のデンソーは、自動運転の分野の研究開発にエンジニアを重点的に配置する方針を固め、社内公募で100人余りの人材を集めることになりました。

    自動運転をめぐっては、世界の自動車メーカー各社が実用化を目指していて、車の制御などをつかさどるソフトウエアの開発には自動車部品メーカーのほかIT大手も参入し、競争は激しさを増しています。

    こうした中、関係者によりますと、デンソーは、自動運転の研究開発にエンジニアを重点的に配置する方針を固め、社内公募で100人余りの人材を集めることになりました。

    公募はおよそ1か月にわたって行い、集めた人材は、ことし4月に東京 港区に設けた研究開発の拠点で、自動運転に欠かせないソフトウエアの研究などに携わる計画です。

    会社側によりますと、特定の分野で大規模な公募を行うのは初めてだということです。

    自動車業界では、自動運転やインターネットとつながる「コネクテッド」など、先進技術の研究開発に携わるエンジニアをいかに確保するかが大きな課題となっていて、デンソーとしては、社内の人材を有効に活用することで、研究開発のスピードに弾みをつけたいとしています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180926/k10011645061000.html


    【デンソー 自動運転技術の開発へ 100人余を社内公募】の続きを読む

    nissan

    1: 2018/09/26(水) 09:32:09.92 ID:CAP_USER9

    日産、排ガス不正の最終報告書 国交省に26日提出

    日産自動車は7月に発覚した新車の排ガス検査の測定値を改ざんしていた問題で、社内調査の最終報告書を26日に国土交通省に提出する。
    従業員からの聞き取りや検査データなどを精査し、原因の分析や再発防止策を盛り込む。同じく不正があったSUBARU(スバル)も月内に最終報告する見通し。
    両社は昨年にも無資格の従業員が完成車の検査をしていた問題が発覚しており品質管理の姿勢が問われている。

    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3572827025092018TJ1000

    排ガスのデータ改ざん、19車種1171台 日産5工場
    2018年7月9日22時49分

    会見の冒頭、謝罪する日産自動車の山内康裕チーフコンペティティブオフィサー(CCO・左)=2018年7月9日午後5時3分、横浜市西区、川村直子撮影
     日産自動車は9日、完成した車の排ガスや燃費を確認する検査で、2013年以降、ノートなど19車種1171台分の測定データを改ざんしていたと発表した。
    不正は国内全6工場のうち5工場で発覚した。日産では昨年、無資格者による完成検査が発覚し、国土交通省から昨年9月と今年3月に業務改善指示を受けていた。
     今回新たに見つかった不正も、出荷前に車の性能をチェックする「完成検査」の一部。排ガスや燃費性能を100台に1台の割合で調べる「抜き取り検査」という工程で起きた。
     発表によると、13年4月~18年6月、栃木、追浜、日産車体九州、日産車体湘南、オートワークス京都の5工場で排気成分などの測定値を都合よく書き換えていたほか、
    湿度などの検査条件が法定基準を満たしていないのに、満たしていたように報告書を改ざんしたケースもあった。同種の不正がスバルで見つかったことなどを受けて同社でも調査し、6月に発覚した。

     検査データが改ざんされたのはノートやスカイライン、マーチなど19車種1171台。データを確認できた全2187台のうち過半数で不正があった計算になる。
    日産はこの日の会見で、5工場で計10人が不正に関与し上司は把握していなかったようだと説明。多少なら書き換えても問題ないと現場が判断したと推定される、とも述べた。
     完成検査はメーカーが国への届け出通りの性能で車を製造しているかを確かめるもので、国の認証の基礎となる。測定値が設計上の性能からずれれば出荷ができなくなることもあるが、日産は今回について、カタログの性能を覆すようなずれはないとしている。
     横浜市の日産本社で会見した山内康裕・チーフコンペティティブオフィサー(CCO)は、「再発防止策を進める中でこうした事案が発覚し申し訳ない」と謝罪。同社は外部の法律事務所に調査を依頼し、動機など不正に至った詳細を解明し、1カ月後をめどに結果を公表するとしている。

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL795K16L79UTIL035.html



    【ノートなど19車種1171台分、排ガスや燃費の検査不正 今日、最終報告書提出】の続きを読む

    rrr

    1: 2018/09/27(木) 04:55:28.50 ID:pBWkUoIu0 BE:135853815-PLT(12000)


    関税含む日米交渉開始で合意 交渉中は関税引き上げせず

    ニューヨークで行われた日米首脳会談で、安倍総理大臣とトランプ大統領は、「日米物品貿易協定」=TAGの締結に向けて、農産品などの関税を含む2国間交渉を開始することで合意しました。
    関係者によりますと、交渉の継続中は、アメリカが検討する自動車などの関税引き上げ措置は発動しないことで一致したということです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180927/k10011645711000.html


    関連
    焦点:日本車メーカー、高関税や数量規制なら死活問題 交渉注視
    https://jp.reuters.com/article/abe-trump-car-idJPKCN1M60WH


    【【速報】日米首脳会談 安倍総理、自動車の関税引き上げを回避することに成功】の続きを読む

    1: 2018/09/26(水) 06:47:41.30 ID:CAP_USER9

    2018/09/26 01:04 Narinari.com
    エリック・クラプトンのフェラーリ、競売に出品

    エリック・クラプトン(73歳)が所有していたフェラーリが、10月にオークションへ出品される。
    10月17日に英ダックスフォードにある帝国戦争博物館で開催されるH&Hクラシックス社主催のオークションでは、そのブルーミラボーの右ハンドル仕様の2004年式フェラーリ612スカリエッティF1が、5万5000ポンド(約820万円)から7万5000ポンド(1100万円)で落札されると予想されているようだ。

    2004年に7週間かけて製造された同車には、赤いブレーキキャリパー、リアパーキングセンサー、フロントシートヒーター、スクーデリアシールド、助手席エアバッグのオフシステム、レザーヘッドライナー、シルバーのプレートが装備されている。

    クラプトンを含め3人のオーナーによる14年落ちの同車だが、走行距離2万9700マイル(約4万8000km)と年式に比べ少なく、運転する喜びをドライバーに提供してくれるという。
    また、フェラーリの正規ディーラー、マラネロセールスで働くクラプトンの友人でもあるマーク・ホーキンス氏によると、本人いわく自宅のある英サリー州で運転するにはサイズが大きいとのことだが、南仏の家までドライブするなどして同車を楽しんでいたそうだ。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    no title


    https://www.narinari.com/Nd/20180951345.html


    【エリック・クラプトンのフェラーリ、競売に出品】の続きを読む

    ランドクルーザー

    1: 2018/09/22(土) 11:24:30.634 ID:Hljia1/0d

    なんちゃってSUV乗ってイキったザコが現実を目の当たりにしててワロタwwwwwwwwwwwwwwww


    【ランドクルーザーでCX5の横に並んだらドライバーが震え上がっててワロタwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ