自動車

    1: 2017/08/28(月) 06:02:28.93 ID:CAP_USER9

    https://www.j-cast.com/2017/08/27306361.html?p=2
      ホンダが、1991年発売の「ビート」の純正部品の生産を再開する。マツダが、同じ2シーターオープンスポーツカーの初代「ロードスター」(1989年発売)のレストア(修復)サービスを開始するとの発表に続いた形だ。日本の自動車メーカーが相次ぎ、旧型モデルのレストアサービスに乗り出す動きは、果たして、カーマニアを満足させるビジネスとして定着するのだろうか?

       ホンダビートは軽のミッドシップ2シーターのオープンスポーツカーで、デビュー当時は同じく軽の2シーターオープンスポーツのスズキ「カプチーノ」と人気を二分した名車だ。ビートは1996年に販売を終了したが、現在も2万台が国内を走っているという。マツダの初代ロードスターも2万3000台が健在とされ、往年の2シーターオープンスポーツの人気ぶりが伺える。

       ホンダは2017年8月9日、ビートのタイヤ・ホイール、シートベルト、ヒーターブロアー、テールライト・ライセンスライトについて、「純正部品の生産の再開を決定した」と発表。今後も内外装部品の生産を順次再開するという。ビートは1991年5月に誕生してから26年を迎えた。ホンダとしても『ビートをより長く楽しんでいただきたい』という思いで、一部純正部品の生産を再開することを決定した」とコメントしている。

       マツダ、ホンダが生産終了から20年以上経過したクルマの部品を供給するなど、レストアサービスを開始した意義は大きい。長く愛車に乗りたいと願うオーナーにとっては朗報だ。日産自動車も1989年発売のスカイラインGT-R(R32型)のレストアサービスを検討中という。R32GT-Rは歴代GT-Rの中でも評価が高く、今なお多くのファンに愛され続けている。

    自動車メーカーがレストアサービスを行うのに当たり、問題となるのは純正部品とサービスの価格だろう。マツダもホンダもサービスを開始すると正式に発表したものの、純正部品などの価格についてはまだ公表していない。純正部品については、部品メーカーが金型から作り直すなどコストがかさむため、「価格は量販当時の平均5割増し」との一部報道もある。

       プレミアムカーと言えるR32GT-Rのオーナーであれば、多少の出費も覚悟できるのかもしれないが、ライトウェイトスポーツのロードスターやビートのオーナーは、再生産の純正部品とはいえリーズナブルな価格を望む人も多そうだ。日本にメーカー主導のレストアビジネスが定着するか否かは、今後明らかになる部品やサービスの価格が鍵を握ることになりそうだ。

    no title


    【定着するか名車の修復サービス カギ握る「純正部品のお値段」】の続きを読む

    1: 2017/08/26(土) 19:28:49.80 ID:CAP_USER9

    http://s.response.jp/article/2017/08/25/298966.html
    英国のスポーツカーメーカー、アリエル(Ariel)社は8月23日、EVハイパーカーの開発計画を明らかにした。

    アリエル社は、サイモン・サンダース氏が創業したスポーツカーメーカー。同社が2000年に発売した超軽量スポーツカーが、『アトム』。このアトムは2003年から、ホンダの『シビックタイプR』用の2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載していることでも知られる。

    アリエル社は今回、EVハイパーカーの開発計画を公表。バットモービルを思わせるデザインが特徴のボディに、最大出力1180馬力、最大トルク184kgmという強力なモーターを搭載する。

    なお、アリエル社は、このEVハイパーカーの画像を5点配信。アリエル社ならではの軽量そうなシャシーに、ガルウィングドアを備えた2シーターハイパーカーの姿が見て取れる。
    no title

    no title

    no title

    no title


    【バットモービル風、1180馬力のEVハイパーカー…英アリエルが開発計画】の続きを読む

    1: 2017/08/26(土) 19:08:32.30 ID:CAP_USER9

    https://www.j-cast.com/2017/08/26305887.html
     米国車の高級ブランド「クライスラー」が2017年中にも日本国内で販売を終了することになりそうだ。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)はクライスラーの日本市場撤退を検討している模様で、今後はスポーツタイプ多目的車(SUV)の人気ブランド「ジープ」のみ、日本国内で販売することになりそう。日本国内で米国車は人気がなく、フォードも2016年に撤退している。かつての米ビッグスリーのうち、ゼネラル・モーターズ(GM)は販売を続けるが、日本市場でアメ車の存在はますます希薄になりそうだ。

       現在、FCAの日本法人がクライスラーブランドで販売しているのは高級セダン「300S」の1車種のみ。2000年代には日本でもユニークなスタイルで人気を博した「PTクルーザー」を販売。イタリアのフィアットが資本参加後は、ランチアの小型車「イプシロン」を「クライスラー・イプシロン」として日本でも発売したが、2014年で販売を終了していた。
    no title


       クライスラーの日本国内の販売は、ピークだった1996年は1万7400台だったが、直近の2016年は300台以下に低下。FCAとしては、これ以上、日本市場にとどまるのは得策でないとの判断に傾いているようだ。

       かつて米ビッグスリーの一角を占めたクライスラーは、1998年に独ダイムラー・ベンツと合併し、ダイムラー・クライスラーとなった。米国で2004年に登場し、その後、日本でも販売した300シリーズはダイムラー・クライスラー時代の開発で、メルセデス・ベンツと一部の部品を共有するなど、アメ車ながらもドイツ車の影響を受けたモデルとして一定の存在感があった。

       しかし、クライスラー部門はその後、世界的な販売不振などで2007年にダイムラーと分離。リーマン・ショック後の2009年に経営破たんし、北米への足がかりが欲しかったイタリアのフィアットに事実上、救済される形で経営統合した。

     今も東京都内ではアメ車らしいグラマラスな300シリーズのほか、クラシカルなPTクルーザーの姿を見かけるが、日本の輸入車市場は圧倒的にメルセデス・ベンツやBMW、フォルクスワーゲン、アウディなどドイツ車に席巻されているのが現実だ。

       現在、日本国内でクライスラーとジープの看板を掲げる正規ディーラーは、ジープの看板に統一する方向という。ジープは現在、日本国内で6車種を販売。伝統の「ラングラー」「チェロキー」に加え、初のスモールSUV「レネゲード」を発売するなど、ジープブランドはなお一定の勢いをキープしている。


    【アメ車の存在感、ますます希薄に あのブランドも日本撤退へ】の続きを読む

    000220700

    1: 2017/08/26(土) 19:32:06.36 ID:CAP_USER9

    国土交通省は、2017年度の「不正改造車を排除する運動」強化月間に実施した街頭検査の結果、整備不良車・不正改造車合計307台に整備命令を発令したと発表した。

    国土交通省では、騒音の原因となる違法マフラーを装着した車両など、悪質な不正改造車を排除するため、毎年、関係団体などと連携し「不正改造車を排除する運動」を実施している。今年6月の強化月間には、都道府県警察、自動車技術総合機構、軽自動車検査協会の協力のもと、街頭検査を325回実施し、2万2936台を検査した。このうち、二輪車・原動機付自転車が283台。

    街頭検査の結果、1027台に整備不良や不正改造による基準不適合が確認された。内容別では違法な灯火器など、電気・灯火類が278件、着色フィルムなどの保安装置が220件、回転部分のはみ出しなどの車体・車枠が212件、基準不適合マフラーなどの騒音・排ガスが87件、車検切れが11台だった。

    基準不適合が確認された車両は、ユーザーに対して改善指導を行うとともに、その場で改善されなかった307台に道路運送車両法に基づき整備命令を発令した。

    http://s.response.jp/article/2017/08/26/298976.html


    【【排除強化月間】不正改造車、2017年度は1027台…】の続きを読む

    r

    1: 2017/08/25(金) 21:25:13.71 ID:NIzlHr1C0 BE:809145981-BRZ(10000) ポイント特典

    【衝撃】日本の納屋で希少なフェラーリ デイトナが発掘される!! そのまま海外のオークションで1億円オーバーの予想落札価格がつく
    http://vehiclenavi.com/archives/16158

    大変衝撃的なことに、日本の古い納屋からフェラーリ 365 GTB/4 デイトナが発見され、
    9月に開催される海外のオークションへ、見つかったそのままの状態で出品されるよう
    です。すでに1億円以上の予想落札価格がついています。

    この個体は1972年1月号のカーグラフィックに掲載されていたようです。詳細な情報はコ
    チラから。日本の車検のステッカーが貼られているのも確認できます。さらには、たっ
    た5台のみ作られたアルミボディのデイトナのようで、その中でもストリートバージョ
    ンはこの1台のみらしいです。大変貴重なフェラーリですね…


    【【マジで!?】岐阜のボロい納屋から希少なフェラーリを発掘!! オークションで1億円オーバーに】の続きを読む

    31

    1: 2017/08/26(土) 01:37:52.19 ID:rEughtr/0

    EV化によって
    10年後には自動車メーカーが消える!?

     一方で、世界で加速するこのEVシフトの動きに対して「10年後には自動車はEV化によって、
    自動車メーカーが消えることにもなる」と大胆な予測発言をする日本のEVベンチャーが現われた。

    GLMの小間裕康社長である。GLMは知名度という点ではいま一つだが、京都大学発のEVベンチャーだ。

    8月中に香港の財閥系ファンドである「オーラックスHD」との資本提携、資本参加でGLMは子会社となるが
    「事業価値を高め、開発資金調達とリスク管理、さらに海外マーケットへ
    の事業展開が有利になる」(小間社長)と中国を中心とするEVアジアマーケットへのビジネス展開を視野に入れている。

    小間社長は「今後の自動車産業は、よりサービス化されていく。自動車メーカーがお客さんに
    なれるようなEVプラットフォーマーへ」と事業目標を語る。そして先述したように、
    IT関連や電機メーカーの歩みが自動車メーカーにも来るとし、
    「早ければ10年後に自動車メーカーが消えることもあり得る」と指摘するのだ。
    http://diamond.jp/articles/-/139781?page=2


    【EVベンチャー社長 「早ければ10年後に自動車メーカーが消滅することになる」】の続きを読む

    traffic-ticket

    1: 2017/08/25(金) 19:16:07.90 ID:ntNcfZ4V0● BE:645596193-2BP(2000)

    警官から違反切符奪い取り「ビリッ」 男を容疑で現行犯逮捕 九州自動車道で
    2017年08月25日 16時23分

    福岡県警は25日、佐賀市、会社員の男(48)を公務執行妨害および
    公用文書毀棄容疑の現行犯で逮捕した。

    逮捕容疑は、同日午後0時35分ごろ、福岡県久留米市、九州自動車道下り線で、
    停車中の警察車両内で、県警高速道路交通警察隊の巡査長(31)が
    男に対して交通反則切符を作成し、巡査部長(38)が男に手続きの説明をしていたところ、
    突然「速度を出していないのに、なんで点数を引かれるんですか」と言って、
    車内センターコンソールに置いていた反則切符を奪い取り、破って、2警官の公務執行を妨害し、
    公務用の文書を破棄した疑い。 =2017/08/25 西日本新聞=

    西日本新聞
    https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/353506/


    ちなみに点数は引かれるんじゃなくて加算な。


    【切符を破り捨てた運転手「なんで点数を引かれるんですか」もちろん公務執行妨害で逮捕】の続きを読む

    1: 2017/08/23(水) 16:18:04.89 ID:CAP_USER9

    2017年8月23日 発売
    107万8920円~119万9880円

    スズキは8月23日、軽乗用車の新型「ワゴンR」の「FA」グレードに5速MT車を設定して発売した。価格は107万8920円~119万9880円。

     FAグレードに設定された5速MT車は、2WD(FF)と4WDを用意。主な専用装備はフロアシフトと手動式パーキングブレーキ、セパレートタイプの
    フロントシート、インパネセンターポケット。ボディカラーは計10色を設定する。

     同社によると、今回の5速MT車の設定は、MT車を必要とするユーザーに向けて追加したものとしている。

    no title

    no title

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1076831.html


    【スズキ、新型「ワゴンR」の5速MT車を発売】の続きを読む

    1: 2017/08/20(日) 09:14:58.45 ID:+TTrnKZ50 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

    アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、8月19日から20日にかけて、
    世界最速のワンメイクレースと称する“ランボルギーニ・スーパートロフェオ”のアジアシリーズ第4戦を富士スピードウェイで開催している。

    19日は午前に予選を行い、午後からレース。
    その間にランボルギーニオーナーズパレードが行われ、富士スピードウェイはランボルギーニであふれていた。
    20日は10時30分よりレースが行われる予定だ。

    ◇セールス好調のランボルギーニ

    昨年の同社の業績を振り返り、「まさに黄金期といって良い」と好調さをアピール。
    具体的には生産制約があったにも関わらず3500台を販売し、9億600万ユーロを売り上げたのだ。

    この好調さは「商品の賜物だ」とクレシ氏。まず、『アヴェンタドールS』は、「ブランドを代表するモデル。
    V型12気筒エンジンを搭載し、ランボルギーニのデザインとテクノロジーを表している」と評価。
    また、『ウラカンペルフォルマンテ』は、「ニュルブルクリンクで新たな記録を打ち立てた。
    それはこのクルマに搭載した軽量化素材や、エアロダイナミクスソリューションなどの最新のテクノロジーのおかげだ。
    その結果、今年のオートカ―アワードを受賞することが出来た」という。

    また、近々の新型車のSUV、『ウルス』は「年末に発表する予定」とした。

    日本市場についてクレシ氏は、「2010年に47台だった販売台数が、昨年は359台にまで伸ばすことが出来た(自社発表)。
    これはまさに成功の歴史で、日本市場は世界平均を大幅に上回る18%のマーケットシェアを誇っている」とコメントした。

    ◇日本のみ鈴鹿と富士の2カ所で開催…スーパートロフェオ

    さて、ランボルギーニ・スーパートロフェオは現在、ヨーロッパ、北米、アジア太平洋地域に加え、2017年からは中東でもレースがスタートした。

    アジア太平洋シリーズは、セパンやチャーンインターナショナル(ブリーラムサーキット)、鈴鹿、富士、上海でレースを展開。
    日本のみ2戦開催しており、「世界で最も重要な市場のひとつだからだ」と話す。

    【ランボルギーニ スーパートロフェオ】日本だけ2戦開催は重要市場のため
    https://response.jp/article/2017/08/19/298725.html
    no title


    【ランボルギーニ、日本で爆売れ!!!!!】の続きを読む

    ty

    1: 2017/08/23(水) 07:39:05.72 ID:CAP_USER9

    https://www.cnn.co.jp/m/business/35106084.html

    ロンドン(CNNMoney) ドイツのメルケル首相が、フランスや英国やインドに続き、いずれガソリン車とディーゼル車の新規販売禁止に踏み切る意向を示唆した。ドイツ政府の報道官が21日にメルケル首相の発言内容を確認した。

    メルケル首相はドイツの週刊誌の最新号で、ガソリン車やディーゼル車の販売終了期限の設定について、「まだ具体的な年月を定めることはできない。だが電気自動車の充電インフラや技術に迅速に投資すれば、全面的な転換は構造的に可能だ」と指摘した。

    ドイツの技術者カール・ベンツがガソリン車の特許を出願したのは1886年。ここから生まれた自動車製造はドイツ最大の産業となり、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツを所有するダイムラー、BMW、ポルシェなどの大手メーカーを生み出した。

    しかしドイツの自動車業界では約2年前にフォルクスワーゲンの排ガス不正が発覚し、今年7月には大手各社がカルテルを結んでいた可能性があるとして欧州の独禁法当局が調査を表明。信頼と品質で定評のあったドイツ車の評判を失墜させた。

    9月24日の選挙で4期目を目指すメルケル首相に対しては、大気汚染対策の強化を求める声が強まっている。一部の自治体は大気汚染の悪化を懸念して、ディーゼル車の販売を全面的に禁止する構えも見せている。

    先月開かれた政府高官と自動車業界幹部の会議では、ディーゼル車約500万台を改良して排出削減を目指すことで合意している。

    ドイツ政府にはパリ協定を順守するためにも排ガスの削減の圧力がかかる。メルケル首相はインタビューの中で、「2050年までに二酸化炭素(CO2)を80~95%削減するという環境目標は、たとえ車のCO2排出が大幅に減ったとしても、非常に野心的だ」と話している。

    2017.08.22 Tue posted at 10:29 JST


    【【ドイツ】メルケル独首相、ガソリン・ディーゼル車の販売禁止を示唆】の続きを読む

    vw_sirocco

    1: 2017/08/22(火) 09:31:55.00 ID:UQSRM0pi0

    傘下企業
    アウディ、BMW、ポルシェ、ランボールギーニ、ベントレー、シュコダ、セアト、スカニア、ドゥカティ、MAN、AutoVision、IAV、

    世界販売台数世界一


    【フォルクスワーゲンとか言う実はスゲー車メーカーwwwwwww】の続きを読む

    1: 2017/08/23(水) 01:34:35.30 ID:CAP_USER9

    国交省、貸切バスを覆面調査へ 一般利用者装い運行現場の休憩状況や交替運転者をチェック
    乗りものニュース:2017.08.22
    https://trafficnews.jp/post/78359

    国土交通省が貸切バス事業者を対象とした覆面調査に着手へ。運行現場における法令遵守の状況をチェックします。

    ■無通告で調査

     国土交通省は2017年8月22日(火)、貸切バス事業者を対象に、法令が遵守されているかどうかの調査を無通告、覆面で今後行うと発表しました。

     現在、貸切バス事業者に対しては、国の監査官が営業所や街頭で監査を行っていますが、さらなる輸送の安全確保を調査するため民間機関に調査を委託。
    調査員は一般の利用者を装って実際に運行される貸切バスに乗り込み、現場でしか分からない休憩時間の確保状況やシートベルトの装着、交替運転者の配置、危険運転の有無、車内・車外表示などをチェックします。

    no title

    民間機関の調査員が一般の利用者を装い、貸切バスの運行時に法令遵守の状況をチェックする。写真はイメージ(写真出典:photolibrary)。

     調査を行うにあたり貸切バス事業者への通告は行わず、また、実施時期は「随時」といいます。
    この調査で法令違反の疑いが確認された場合は、後日、国による監査が実施されます。


    【国交省、貸切バスを覆面調査へ 一般利用者装い運行現場の休憩状況や交替運転者をチェック】の続きを読む

    1: 2017/08/22(火) 06:14:44.55 ID:CAP_USER9

    2017.8.22 Tue 2:00
    ポルシェは8月18日、自動車メーカーとしては世界初となるブレイデッドカーボンファイバー製の軽量ホイールを発表した。

    CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製のホイールは、基本的に2つのコンポーネントで構成。ホイールセンターはカーボンファイバーファブリック製で、生産時には200以上のコンポーネントを切り出し、組み立てる作業が行われる。

    もうひとつのコンポーネントは、ブレイデッドカーボンファイバー製のリムベース。世界最大の大きさを持つ約9m径のカーボンファイバー編み機で生産される。

    その後、ホイールセンターがリムベースに編み込まれ、組み立てられたホイールは樹脂を含浸して、高圧高温で硬化準備処理。完成したホイールは、高温で硬化された後、長時間かけて冷却処理される。センターロックが完成したホイールに挿入されると、ホイールはクリアラッカーによって保護される。

    このホイールは、標準のアルミホイールより約8.5kg軽量。さらに、強度は20%アップした。ポルシェは『911ターボS』の「エクスクルーシブシリーズ」に、オプション設定することを決定している。

    http://s.response.jp/article/2017/08/22/298785.html
    no title

    no title

    no title


    【ポルシェ、網組みカーボン製ホイール発表…自動車メーカーで世界初】の続きを読む

    ro

    1: 2017/08/21(月) 19:27:28.90 ID:CAP_USER

    https://www.youtube.com/watch?v=_NnNEuxqoPo


    「馬鹿馬鹿しい」(Ludicrous)Teslaは実際、馬鹿馬鹿しかった。

    そしてDragTimesがYouTubeに投稿したこのビデオは、それを証明する最新の証拠だ。

    ビデオでは、Tesla Model X P100D クロスオーバー SUVが、53万ドルのランボルギーニ・アヴェンタドーと1/4マイルレースを戦う。ネタバレ注意:Teslaは0.05秒差でランボーを置き去りにする。

    5400ポンド(2500 kg)のTeslaは軽量級ではなく、アヴェンタドーの方が500 kg以上軽い。しかし、Ludicrous + モードの車はランボーに勝っただけでなく、1/4マイルを11.418秒、約118 mph(190 km/h)で走りSUVの最速記録を打ち立てた。

    それはTeslaにとって、レーストラックで過ごす馬鹿馬鹿しい一日にすぎない。腕試しはパームビーチ・インターナショナル・レースウェイで行われた。
    http://jp.techcrunch.com/2017/08/21/20170820for-its-latest-trick-watch-this-tesla-model-x-smoke-a-lamborghini-supercar/


    【テスラモデルXがランボルギーニを打ち負かす】の続きを読む

    1: 2017/08/21(月) 19:37:26.42 ID:CAP_USER9

    1956年製のアストン・マーチンDBR1が米カリフォルニア州でオークションにかけられ、英国車としては過去最高となる2255万ドル(約24億6000万円)で落札されたことが21日までに分かった。

    過去最高額はRMサザビーズによるクラシックカーのオークションで記録。電話でオークションに参加した匿名の人物が競り勝ち、落札した。

    これまでの過去最高額は1年前に記録された1955年製のジャガーDタイプの2180万ドルだった。

    サザビーズによれば、今回落札価格の最高を更新したDBR1は、アストン・マーチンの歴史の中でも最も重要なモデルのひとつだという。同車種はこれまでに5台しか製造されておらず、公開の場でオークションにかけられた唯一のものだという。

    DBR1は1956年から59年にかけて、10以上の有名レースに参戦し、優秀な成績を収めてきた。

    車のコンディションは、エンジンの複製も含めて良好だという。オークションにはオリジナルのエンジンも含まれているが出品者はオリジナルのエンジンは「貴重すぎる」として複製と入れ替えたという。

    ソース/CNN
    https://www.cnn.co.jp/business/35106052.html

    画像
    no title


    【【海外】アストン・マーチンDBR1が「24億円で落札」英国車の新記録】の続きを読む

    1: 2017/08/22(火) 06:09:52.80 ID:CAP_USER9

    2017.8.21 Mon 22:31

    ポルシェは8月21日、新型『カイエン』のプロトタイプの写真を公開した。

    新型カイエンは3世代目モデル。歴代モデルは、ポルシェならではの運動性能とプレミアム性を備えたSUVとして、成功を収めてきた。2002年に登場した初代モデル以来、世界累計販売台数は76万台を超えている。

    新型カイエンのプロトタイプは、外気温がマイナス45度からプラス50度という世界各地の過酷な気候条件の下で、開発テストを実施。ポルシェによると、開発車両の累計走行距離は、およそ440万kmに達するという。

    具体的には、極度の負荷をシミュレートするため、新型カイエンのプロトタイプは世界各地で走行テストを実施。例えばドイツでは、ホッケンハイムリンクと、ニュルブルクリンク北コースを使用。イタリアでは、ナルドの全長12.6kmの高速サーキットで連続走行が行われ、試験車両の性能が試されている。

    http://s.response.jp/article/2017/08/21/298783.html
    no title

    no title

    no title


    【ポルシェ カイエン 新型、プロトタイプ車両を公開】の続きを読む

    このページのトップヘ