自動車

    1: 動物園◆XpV8FL50tY 2014/04/10(木)08:44:49 ID:XxOp6zI8s

    2014年04月10日08時24分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    「リコールに次ぐリコール」。トヨタ自動車が再び泥沼にはまりこんだ。トヨタは9日、世界で639万台の車両を追加リコールすると発表した。トヨタでは2012年10月の743万台以降で最大規模のリコールだ。2004~2013年に生産された「ポルテ」「RUV4」「ヴィッツ」など27モデルが対象。「ポルテはエンジン部品の問題で火災が起こる可能性があり、RUV4は配線不良によりエアーバックが作動しないことがある。ヴィッツは運転席固定装置に問題が見つかった」と国土交通省が理由を伝えた。トヨタは該当車種を無償で修理・交換する予定だ。対象となるのは米国で230万台、日本で109万台、欧州で81万台、中国で6万台など。韓国トヨタ関係者は、「日本本社から韓国市場で販売された車両に該当はないと伝えてきた」と話した。

    トヨタのリコール決定は今年に入ってから2度目。2月に「プリウス・ハイブリッド」190万台を電力制御装置の欠陥を理由にリコールしている。この日日本の証券市場でトヨタの株価は前日より3.1%下がった。

    ゼネラルモーターズ(GM)、トヨタに続き、ホンダ、フォードまで、リコール問題は全自動車業界に広がっている。ロイター通信は、「迅速で自発的な大規模リコールが頻繁になっている。対応が遅れたリコールで大変な目に遭った2010年のトヨタと最近のGMの事例を経験したため」と分析した。

    http://japanese.joins.com/article/968/183968.html?servcode=300§code=300


    【トヨタがまた屈辱…世界で27モデル639万台リコール 泥沼にはまりこんだ】の続きを読む

    1: 兄者P提督◆oVQwBwg15o 2014/04/10(木)15:21:34 ID:dUcw6Uorz

    【4月10日 AFP】2014年第1四半期(1~3月)の対米自動車輸出台数で、
    自動車産業の成長著しいメキシコが日本を抑え、カナダに次ぐ2位に浮上した。
    早ければ2015年にも1位に躍り出るだろうと専門家らは指摘している。

    ?業界アナリストの予想では、メキシコは年内に日本を抜くとみられていた。
    しかし、メキシコ自動車工業会(Automobile Industry Association、AMIA)は今週、
    その大きな節目が前倒しで実現されたと発表した。

    続きは引用元でどうぞ↓(引用元:AFP)
    http://www.afpbb.com/articles/-/3012265


    【自動車の対米輸出台数、メキシコが日本抜き2位に】の続きを読む

    1: ぱぐたZ~時獄篇@非常勤◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/05(土)23:29:32 ID:74baDJlMH

    来年からホンダエンジンを搭載するマクラーレンのタイトルスポンサーとして、日本の「楽天」が
    交渉中とのうわさが出てきた。

    これまでタイトルスポンサーだった「ボーダフォン」との契約が切れた今年、マクラーレンのマシンに
    入ったのは、F1開幕戦オーストラリアGPでは「モービル1」、第2戦マレーシアGPでは「エッソ」だった。

    そして今回バーレーンGP(6日決勝)では、バーレーン国営の航空会社「ガルフエア」のロゴが入っている。
    このため、マクラーレンは2014年シーズン通してカラーリングを変え続けるのではないかとうわさになった。

    マクラーレンの広報担当者は、「今後のカラーリングについて」はコメントしないとしている。

    ところが、イギリスの『Sky News(スカイ・ニュース)』は、マクラーレンがタイトルスポンサーとして日本の
    「楽天」と交渉していると報じた。楽天は、イギリスの「play.com」というショッピングサイトのオーナーでもある。

    報道によると、年間6,000万ドル(約62億円)以上の契約になる可能性もあるという。しかしマクラーレンの
    広報担当者は、「マクラーレンは、こうした根拠のないうわさにコメントしない」と述べている。

    ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140405-00000036-fliv-moto


    【【経済】F1、楽天が62億円でマクラーレンのタイトルスポンサー候補に ?[04/05]?】の続きを読む

    1: てすてす◆e4Kt/z1AAo 2014/04/07(月)08:23:49 ID:Dj8ygeeld

    泥沼リコール放置「GM」は、米政府に生け贄とされた「トヨタ」とは比較にならぬほど悪質である

    2014.4.7 07:00 (1/3ページ)[west経済]




     米自動車最大手、ゼネラル・モーターズ(GM)の大規模リコール(無償回収・修理)問題が泥沼の様相を呈してきた。追加リコールが繰り返され、これまでに計650万台(4月1日現在)と急膨張。10人以上の死亡が確認された“死のクルマ”の欠陥が長期間放置される疑惑もあり、米政府が威信をかけて再生させた「自動車王国」が再びがけっぷちに立たされている。


    米公聴会で陳謝する話題の女性CEO


     「(欠陥で)多くの人の命が失われた」

     4月1日、米下院エネルギー商業委員会の公聴会後、GMのメアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は記者団に対し、こう述べて改めて謝罪した。

     自動車大手首脳がリコールに絡んで公聴会に臨むのは、2010年2月に「意図しない急加速」問題でのトヨタ自動車の豊田章男社長以来。しかし、GMとトヨタでは悪質度合いが全く違う。

     トヨタの場合、米運輸省などは「エンジンを制御する電子スロットルに原因の可能性がある」と主張したものの、最終的にはトヨタ車に問題がなかったことが判明している。

     これに対し、GMは一部の乗用車が点火スイッチの欠陥で走行中にエンジンが止まったり、衝突時にエアバッグが作動せず、関連事故で12人が死亡。米消費者監視団体の自動車安全センターによると、死者数が約300人に上るとの調査もあり、重大事故につながる欠陥ということが分かっている。
    (以下略。続きはソースで。)

    ソース:http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140403/wec14040318320017-n1.htm


    【【GMリコール隠し】トヨタと違う…悪質GM欠陥放置 04/07】の続きを読む

    679485

    マクラーレン『650S』のデザインは、ファミリーフェイスに重きを置いてデザインされた。

    そう話すのは、マクラーレン・オートモーティブ最高技術責任者(CTO)のカルロ・デラ・カーサ氏。「それぞれ細かなところは違うが、よく見るとちゃんとマクラーレンだということがわかる顔立ちになっている」という。

    一例としてカルロ氏は、ヘッドライトを挙げ、「マクラーレンの“スピードマーク”ロゴをデザインに反映させたこのヘッドランプは、『P1』から受け継いだものだ」と話す。また、「全体的にスマイリングフェイスになっていることも他モデルと共通するポイントだ」と説明。

    「リアバンパーも、『12C GT3』から続いている、3ピースバンパーを採用し、エアロダイナミクスを最適化するようにデザインされている」と述べる。

    カルロ氏は、「このように一目でマクラーレンだとわかるようにデザインしながらも、そこには、“form follows function(デザインは機能に従う)”に忠実にデザインされているのだ」と語った。

    679745

    679744

    679486

    679743

    679487


    引用元:

    http://response.jp/article/2014/04/04/220562.html
    【【マクラーレン 650S 発売】ファミリーフェイスを重視したデザイン】の続きを読む

    1: 紅茶家電◆gJlUXgVCjw 2014/04/04(金)10:57:43 ID:iP4D1gBpu


    3日午後10時45分ごろ、京都市右京区西院久保田町の阪急京都線西院-西京極間の踏切近くで、乗用車が河原町発梅田行き普通電車(8両編成)と衝突した。車は大破したが、運転していた同市北区の女性(67)は車から降りて無事だった。乗客約160人にもけがはなかった。

    京都府警右京署によると、女性は「踏切に入ったあと、誤って線路内を150メートルほど進んだ」と話しており、同署で詳しい事故原因を調べている。阪急電鉄によると、同線の河原町-桂間で運転を見合わせた。
    ソース:産経新聞
    http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/140404/evt14040409360010-n1.html


    【【社会】67歳女性「間違って線路走った」…阪急電車と衝突し車大破】の続きを読む

    1: 忍法帖【Lv=9,ダースリカント】 2014/04/01(火)19:22:05 ID:dyoyxqhO3

    (前略)

    2014年3月31日、現代快報によると、中国江蘇省南京市でこの日未明、飲酒運転をしていた男が近くの路上に止まっていた車7台に次々に衝突する事故が起きた。

    騒動を聞きつけた近くの飲食店オーナーが現場に駆けつけ、鍋を火にかけたままだったと思い出し、店に戻った。すると、厨房で見知らぬ男が鍋を振っているのに気づいた。

    この男は警察官に対し、「自分はコックだ。車は運転していない」と否定したが、目撃者の証言もあり、身柄を交通警察に引き渡された。(翻訳・編集/NY)

    2014年4月1日 17時56分 レコードチャイナ
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=85898&type=


    【飲酒運転で7台に衝突、飲食店に逃げ込み、料理作ってごまかす―中国[04/01]】の続きを読む

    このページのトップヘ