自動車

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/17(土) 03:04:33.44 ID:kWVMGo8l0.net

    疑問なんだけど、例えば500万でクラウンかBMWかベンツを買おうとする。
    この場合、クラウンは国内生産だから輸送費等は0と定義する。
    (実際には色々掛かるとは思うが。)

    しかしBMW、ベンツは国内生産ではなく、海外だから、空送か海送で
    来るから当然輸送費がクラウンに比べて格段に高くなる。

    つまり国内では500万で売られてる上記3車種は同価格だがコストで
    見ると当然外車が高く付いてしまう。

    ということはクラウンはそのコスト抜きで500万で売られているわけだから
    性能がBMW、ベンツよりも良いと考えるのが妥当だと思うんだけど実際はどうなのかな?

    ステータスを抜きにしてあくまで性能として見た場合で考えてみた。
    おかしな質問で申し訳ないんだが、ずっと疑問に思ってた。


    【国産車・外車に詳しい人来てくれ】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2014/05/14(水) 02:45:59.65 ID:???.net

     日産自動車のスポーツタイプ多目的車(SUV)「エクストレイル」の販売計画データを不正に取得したとして神奈川県警に不正競争
    防止法違反の疑いで逮捕された元日産社員岡村賢一容疑者(37)が、昨年12月の新型発売前にデータを持ち出したとみられること
    が13日、県警への取材で分かった。

     県警によると、逮捕前の任意での事情聴取では「後任への引き継ぎのためだった」と話していたが、岡村容疑者は昨年7月末に
    同社を辞める直前は別の新車を企画する部署におり、実際には引き継ぎをする立場になかったという。

     このため県警はデータを転職先に持ち込もうとしたとみて調べている。

    ソース(中日新聞・共同通信) http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014051301002303.html


    【新型SUV発売前に販売計画を取得か、逮捕の日産元社員…データを転職先に持ち込む狙いか】の続きを読む

    1: アンクルホールド(芋)@\(^o^)/ 2014/05/11(日) 12:53:09.48 ID:dK6vlrkK0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    ラブライブ!公式販売痛車のトヨタ『86』に続き、コンプリートカー「国立音ノ木坂学院公用車」最後の1台となる『アクア』が東京トヨペットT:cuz昭島店にて納車された。

    希少な痛車を手にしたハンドルネーム「あ~る」さんは現役の痛車乗り。痛車歴は長くこれまで6作品ほどの痛車を作成しては楽しんでいる。
    そして現在の愛車はラブライブ!絢瀬絵里仕様『kei』。もちろん通勤に使う「痛勤車」だ。

    今回、公式販売痛車のトヨタ86とアクアの両方に応募しており、サーキットも好きなので86も欲しかったとの事だ。

    推しメンはエリチこと絢瀬絵里。あ~るさんは、このプロジェクトの元となったネット生放送「痛車開発会議」にもゲスト出演しており、お台場モーターフェスでも愛車のkei展示で
    参加。お披露目イベントの際には最前列で観覧されていたそうで、またまた東京トヨペット金子氏(通称:痛車開発会議の中の人)を驚かせ、納車時には熱い握手を交わしていた。

    あ~るさんは「特にイベントで賞が欲しいとかではなく、作品が好きだから買いました。」と語る。買い替えのタイミングとしても良かったそうだ。
    これからはkeiとアクアの痛車2台体制でイベントに臨むとの事。運が良ければ2台同時に並ぶ姿も見られるかもしれない。

    最近ではSUPER GTやD1にも参戦し、TVアニメ2期の放送も開始され、ますます盛り上がりを見せる「ラブライブ!」。
    公式販売痛車コンプリートカーの2台は完売となったが、アニメ声優ナビが搭載された「国立音ノ木坂学院公用車ナビエディション」はまだまだ販売中。受け付けは6月末までとなっている。
    http://response.jp/article/2014/05/11/222926.html

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ラブライブ! トヨタ公式「痛アクア」が納車】の続きを読む

    1: アルゼンチンバックブリーカー(芋)@\(^o^)/ 2014/05/10(土) 00:30:47.48 ID:LjPPWGlC0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    no title


    富士重工業では、2011年7月に2015年度までを対象期間とした中期経営計画「Motion-V」を発表し、この計画に基づき事業を推進してきた。
    その成果として我々が直接見て取れるものでは「米国市場を主軸とした商品開発による販売伸長」「衝突安全や運転支援システム『EyeSight』を
    はじめとする安全性への高評価」などがある。その他、「コスト低減活動の結実」「低インセンティブ販売の実現」「継続的な高効率生産等の取組み」などにより
    、同社は2013年度までにMotion-Vの主要目標を前倒しで達成できたとしている。

    次の新中期経営ビジョンとして今回策定された「際立とう2020」は、富士重工業によれば「自動車メーカーとしては小規模な当社が持続的に成長していくため」に、
    同社が「2020年のありたい姿」を「大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業」として掲げ、その実現に向けて「スバルブランドを磨く」「強い事業構造を創る」とい
    う2つの活動に集中し、「付加価値経営を更に進め、環境変化への耐性を高めること」に取り組むとしている。

    詳しい内容は公式サイトにあるpdfファイルをご覧いただくとして、ここでは自動車部門、つまり「スバル」ブランドの今後について明示された部分をご紹介しよう。

    まず同社では「スバルブランドを磨く」ために以下のような6つの取り組みを挙げている。

    (1)総合性能:基本走行性能と質感に拘り、更なる安心と愉しさを追求します。
    (2)安全:全方位ですべての乗員、歩行者を守る総合安全ブランドNO.1を目指します。
    (3)デザイン:DYNAMIC & SOLIDをデザインコンセプトに新たなスバルらしさを表現します。
    (4)環境:内燃機関対応、電動化対応の双方でトップレベルの環境性能を目指します。
    (5)品質・サービス:品質・サービス面でもお客様に喜ばれる信頼のブランドを目指します。
    (6)コミュニケーション:小さく個性的なブランドならではの、お客様とのより深い繋がりを目指します。
    no title

    http://jp.autoblog.com/2014/05/09/fhi-develops-new-mid-term-management-vision-prominence-2020/#continued


    【"スバルブランドを磨く!" 富士重工業が新中期経営ビジョン「際立とう2020」を発表】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/05/09(金) 21:46:09.14 ID:???.net

    経済産業省資源エネルギー庁が9日発表した7日時点のレギュラーガソリンの全国平均小売価格は
    1リットル当たり165円10銭で前回調査(4月28日)と比べ30銭上がった。

    値上がりは2週連続で、165円を超えたのは2008年9月29日以来5年7カ月ぶり。

     調査した石油情報センターによると、元売り各社の卸価格の引き上げに加え、行楽で車の利用が増える
    大型連休に当てて店頭価格を値上げする動きもあり、一段と高値となった。
    今後については「横ばい程度で推移する」と予想している。

     都道府県別では、35府県で値上がりした。
    上げ幅は3円50銭の高知が最大で、滋賀の1円60銭、広島の1円30銭が続いた。5都県が横ばいで、7道県が値下がりした。

     ハイオクは40銭上がり176円ちょうど、軽油は30銭上がり143円50銭だった。

    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140509/fnc14050917100013-n1.htm


    【レギュラーガソリン165円台に上昇 5年7カ月ぶり高値水準】の続きを読む

    このページのトップヘ