自動車

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/23 18:48:23

    ★トヨタとホンダの大量リコール、世界に広がる日本車の「安全神話崩壊」~日本叩きの懸念も
    Business Journal 2月23日(日)6時54分配信 藤田京二

    日本のコンパクトカーが「試練」に直面している。

    2月12日、トヨタ自動車は2009年3月から14年2月までに生産した「3代目プリウス」で、ハイブリッドシステムに
    不具合があるとしてリコールを発表。対象は世界で190万台以上に上り、同車種のリコールとしては史上最大規模のもとなった。

    そのプリウスのライバルとして知られる本田技研工業(ホンダ)のハイブリッド車(HV)、新型フィットもリコールが続いている。
    自動変速機の不具合が見つかり、ヴェゼルとともに計8万1353台のリコールを届け出た。リコールは昨年秋の発売以降3回目。
    プリウスに対抗するために採用した新しいハイブリッドシステムや変速機方式にホンダが不慣れだったなどの原因が囁かれているが、
    ホンダでこのような事態が起きるというのは前例がない。

    日本の自動車産業を牽引する2台のリコールがこのタイミングで発表されたことで、国内だけではなく世界市場への悪影響も懸念される。
    というのも、実はこれらのリコールの直前、日本のサブコンパクトカーに対して非常にネガティブな情報が発信されているからだ。

    ●サブコンパクトカーへの厳しい評価
    1月22日、米道路安全保険協会(IIHS)は「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の車両衝突テストを実施。
    あらゆる車種の中で「サブコンパクトカー」が最も危険度が高いとされ、特にプリウスなどの日本車がことごとく低い評価となったのである。

    11車種の中で「最悪」とされたのはFIAT 500(伊フィアット)とフィット(ホンダ)だった。特にフィットに関しては、
    運転席のダミー人形の破損度という点では、尻や膝などのダメージが著しく「poor」という評価が唯一2つもつけられた。

    これまで日本車といえば、高性能と安全という面が高く評価されてきた。事実、先日発表された米調査会社JDパワー・アンド・アソシエイツ
    による、「2014年版自動車耐久品質調査」では、トヨタのレクサスが3年連続のナンバーワンに輝いている。
    >>2から

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140223-00010001-bjournal-bus_all


    【【国際】トヨタとホンダの大量リコール、世界に広がる日本車の「安全神話崩壊」~日本叩きの懸念も】の続きを読む

    1: クロイツラス(神奈川県) 2014/02/22 20:29:27 ID:FVbY+eM80

     「退屈なクルマはつくらない」「値引きしない」で営業利益は前期比3倍。世界で走る車のうち、
    2%にも満たないマツダ車が輝くためには--。ただそれだけを考え、モノづくりも売り方も刷新した。
    それは、生き残るための大改革だった。

     競合車はない。独自の価値を示す
     「10%の熱狂的なファンをつくることで、世界シェア2%を取れば生き残れる会社なのです。
    いまのマツダは。もちろん、それでいいとは言いませんが……」
     マツダ商品本部主査の猿渡健一郎は話す。猿渡は昨年11月21日に発売された新型(3代目)
    「アクセラ(マツダ3)」の開発責任者である。
    アクセラは世界販売の3割以上を占める主力車種であり、年間50万台の販売を目指している。
     マツダは2013年3月期決算で、5期ぶりに黒字転換。08年9月のリーマンショック以前の、
    いわゆる“5期ぶり(ゴキブリ)”に業績を好転させた大手企業の一つだ。
    が、円安といった外的要因だけがマツダを“快走”させているわけではなさそうだ。
    スズキの首脳はいまのマツダについて、次のように指摘する。
    「(ヒット商品を忘れた頃に放つ)“一発屋”だったマツダが、最近は連続してヒット車を出している。
    スカイアクティブというイノベーション(技術革新)に成功したので勢いがある」。
     また、日産自動車の役員は「いまのマツダは近年で最も良好な状態だろう。独自の戦略が奏功している。
    フォードから離れたマツダには、同じく好業績の富士重工に対するトヨタのような後ろ盾がないのに」と話す。

    「マツダには競合車がありません。自分たちの価値を世界に提供するのです」と猿渡は話す。

    世界の中の10%に向けて「高くとも欲しいと思われる車」(猿渡)をつくり、結果としてシェア2%程度を
    獲得していくのがマツダの戦略である。スカイアクティブをはじめとする主に技術により
    会社トータルとしての価値を高め、すべての消費者ではなく限定された
    10%の“マツダを好きな人(ファン)”だけを狙っていくのだ。
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/140222/bsa1402221800005-n1.htm


    【マツダ 好調の要因は10%の熱狂的なファンを作り、2%の客を作る戦略…「我々には競合車が無い」】の続きを読む

    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/02/21 07:48:49

    スズキは5月からクロスオーバー軽自動車「ハスラー」の月産台数を現在比約2倍の
    1万4000台に増やす方針を固めた。軽の主力工場である湖西工場(静岡県湖西市)で
    増産する。サプライヤーに対して生産対応要請を始めた。自動車販売は4月の消費増税後、
    落ち込みが予想されている。ただ1月発売のハスラーの販売は好調で、4月以降も
    今の水準を維持できる見込み。

    ハスラーの発売当初の月販目標は5000台。だが、目標を大きく上回る受注が続き、
    当初計画比約4割増の月間7000台前後を生産している。

    ただ、それでも追いつかずに受注残が積み上がっている状態。現在注文しても
    顧客の手元に届くのは半年以上先とされる。5月からの増産で早期に受注残を解消する。

    一方で、ハスラー以外の軽や小型車は4月以降は車種ごとに程度は異なるものの、
    全体的に販売台数が減ると想定。湖西工場は「スペーシア」や「ワゴンR」を
    生産しており、ハスラーを増産すればこれら車種の減少分の一部をカバーできる。
    この好調な販売が続けば、今後、競合他社が同じカテゴリーの車を投入することも
    予想される。

    「(競合他社が)後からモデルを出してもムダと思うくらいまでやり切る」
    (スズキ首脳)としている。



    【【自動車】スズキ、新型軽『ハスラー』をさらに増産へ--当初目標5千台(月)→現在7千台→5月から1.4万台に [02/21]】の続きを読む

    1: エメラルドフロウジョン(家) 2014/02/20 09:15:29

    クルマ選びと年収の関係
    世帯年収とクルマ選びに、何らかの関係はあるのだろうか。クルマを保有している人に聞いたところ……。リブ・コンサルティング調べ。

    世帯年収が低いほど「軽自動車」を選び、年収が1000万円を超えると「セダン」保有率が高くなることが、リブ・コンサルティングの調査で分かった。

    クルマを所有している人に、保有車種を聞いたところ「軽自動車」と答えたのは、世帯年収200万円未満だと46%、200~400万円だと39%という結果に。
    以降、世帯年収400~600万円では26%、600~800万円未満では23%、800~1000万円未満では15%、1000万円以上では12%と、
    年収が上がるにつれ軽自動車を選択しない傾向がうかがえた。

    また「セダン」の保有率をみると、全体では11%だったが、世帯年収1000万円以上では22%。
    「ミニバン」については、200万円未満が13%、200~400万円未満が15%とほぼ変わらないのに対し、400~600万円未満の層になると24%に。
    「世帯年収400万円がミニバン保有の分かれ目とも言えるなど、全体的に年収と保有車種の相関関係が見てとれた」(リブ・コンサルティング)

    若者は小さいクルマが好き
    年代別に保有車種を調べてみると、20代の42%が「軽自動車」、25%が「コンパクトカー」と回答しており、両方合わせると約7割の人が
    小さめのクルマを保有していることが分かった。「軽自動車とコンパクトカーの全体の保有率が48%であることを考えると、
    20代の若者は『小さめのクルマを選ぶ』傾向にあるようだ」(リブ・コンサルティング)

    「セダン」の保有率は60代(28%)が圧倒的に多く、全体の平均(11%)よりも17ポイントも高い。20~40代の保有率がいずれも
    10%以下(20代:8%、30代:8%、40代:10%)であることから考えると、「60代の団塊世代にセダン好きが多くいることが予想される」(同)

    インターネットによる調査で、クルマを保有している1万1507人が回答した。調査時期は2013年11月。

    http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1402/19/news140.html


    【年収が低いほど「軽自動車」を選び、年収が1000万円を超えると「セダン」保有率が高くなることが判明】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/18 00:18:53 ID:S9gUKcAk0

    黒は無難で引き締まってかっこいいが塗装弱く洗車でも傷付くし汚れ目立つし
    シルバーは傷や汚れが目立たないけどジジババ臭いし
    白は大きく見えて塗装も強くいいが迫力に欠けて無難過ぎだし


    【車買うなら色は何色がいい?】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/18 00:56:04 ID:u11tpFou0

    あと一週間後に給料14万入る
    ちなみに30歳リーマン
    家賃は5万、駐車場借りたら+5000
    あとは、通信費1万、光熱費1万、雑費1万、食費4万てとこです


    【貯金65万一人暮らしなんだけど、55万の軽自動車買ってもいける?】の続きを読む

    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/02/19 09:07:10

    「軽自動車でこんなに自動ブレーキが普及するとは想定外だった。できるだけ
    早く対応したい」。発表会の場で、日産自動車の担当者は悔しそうに語った。

    日産自動車と三菱自動車は2月13日、共同開発した軽自動車の第2弾となる
    新型車を発表。日産が「デイズルークス」、三菱自が「eKスペース」と名づけて
    発売した。両社が2011年6月に共同出資で設立したNMKV(東京・港)を通じて開発、
    三菱自の水島製作所(岡山県倉敷市)で生産する。バンパーやグリル部分のデザインや、
    価格に多少の違いがあるが、基本的に同一のスペックを備える。

    ●日産自動車が発売した「デイズルークス」と片桐隆夫副社長
    no title


    ●三菱自動車が発売した「eKスペース」と益子修社長
    no title


    両社は13日の発表会で、それぞれ使い勝手の良さを強調した。クルマを頭上から
    見下ろしているかのような映像を表示することで簡単に駐車できる機能や、
    主婦が子供を抱えながらでも簡単にドアを開閉できるタッチ式スライドドアなどを
    備えている。スズキやダイハツ工業、ホンダといったライバルに軽のシェアで
    後れを取っている今、シェア上昇に向けて期待をかける戦略車だけに、相当に
    企画を練りこんだことは確かだ。

    それだけに、1つだけ不足している機能が目を引く。それが衝突防止を支援する
    「自動ブレーキ」だ。

    かつて一部高級車向けの機能だった自動ブレーキは、スウェーデンのボルボや
    富士重工業が低価格化したことで普及した。今や軽でも標準的な機能になりつつ
    ある。実際、デイズルークスとeKスペースの競合となる、ダイハツ「タント」、
    スズキ「スペーシア」、ホンダ「N BOX」などの主力車は、いずれも自動ブレーキ
    搭載モデルを用意している。

    日産の片桐隆夫副社長は「ノートやセレナでは装備している。市場のニーズを
    よく見て、必要があれば進化させていきたい」と述べた。一方、三菱自の秋田義雄
    プロダクトエグゼクティブは「できるだけ早くつける」と語る。

    ■際立つ出遅れ

    今回の自動ブレーキ不採用は、「単に優先順位が低かっただけ」とは片付けられなそうだ。
    NMKVの第1弾「デイズ」「eKワゴン」の発売時から、両社の販売店は「このままでは
    競合と戦えない。自動ブレーキを採用して欲しい」と強く要望してきた経緯があるからだ。

    デイズとeKワゴンが発売されたのは2013年6月。それから8カ月が経つにもかかわらず、
    第1弾にも第2弾にも搭載されていない。

    実は第1弾のデイズ、eKワゴンを発売する前に、両社は自動ブレーキ搭載モデルの
    開発を始めていた。三菱自の幹部は「安全性に関わるため、どんなに急いでも
    検証作業に1年半はかかる。そのため今回は間に合わなかった」とホゾをかむ。(※続く)

    http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20140218/259930/


    【【車/戦略】「自動ブレーキ」が付いてない--日産と三菱、軽新型車の誤算 [02/19]】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/18 12:32:28 ID:IJ85q3MC0

    1位 ハリアー
    2位 ランクル200
    3位 アルファード
    4位 レクサスGS
    5位 ランクルプラド
    6位 エルグランド
    7位 クラウンアスリート
    8位 ヴェルファイア
    9位 フーガ
    10位 エクストレイル

    現行車のみです


    【本気で女にモテる車考えてみた】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/18 21:09:31 ID:/YMgWR3/0

    予算
    ~50万程度
    一応おすすめがあれば80万程度のものまで聞きたい

    乗車頻度
    ほぼ土日のみで
    2~3年乗れればいい

    用途
    街乗り・高速

    かっこいいやつがいい
    頼む


    【中古車買いたいからカーヲタちょっときて】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/17 02:49:04 ID:lJib+AjS0

    雪国でランエボ乗ってるんだが
    走行会でエンジンがブローしてしまった…
    走る事以外興味なくて最近の車事情が分かりません

    出来ればここ10年以内で外車日本車スポーツカー問わない
    とにかく次の車の選択肢が欲しいですorz


    【4WD+MTって車をとにかく挙げていって欲しい(軽以外)】の続きを読む

    1: やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/17 16:59:14

    週末の大雪が自動車各社の生産に影響を与えている。部品が工場に届かず
    トヨタ自動車やホンダが週明けの生産を止めた。
    従業員が出社できずに工場が操業できない例も出ている。

    トヨタは一部の部品の供給が滞り、17日午前から高岡工場(愛知県豊田市)、
    堤工場(同)の生産を休止。同日午後からは元町工場(同)、
    田原工場(愛知県田原市)でも生産を止めた。夜勤では4工場が生産を
    止めることになる。

    ホンダは14日に狭山工場(埼玉県狭山市)、寄居工場(埼玉県寄居町)で
    生産を止めた。寄居工場では17日も生産停止が続き、2工場で約2千台の
    生産に影響が出た。
    部品が届かなかったことに加え、高速道路の通行止めで従業員が
    出社できなかった。埼玉県では17日午後も関越自動車道などで通行止めが
    続いており、「通行止めが終わり次第、生産再開する」(ホンダ)という。

    スズキも部品が届かず、静岡県の3工場で生産休止に追い込まれた。18日に
    操業再開できるかは未定という。

    ソースは
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD170G5_X10C14A2000000/?n_cid=TPRN0004
    関連スレは
    【自動車】スズキが主力工場停止 静岡県内、雪で部品届かず[14/02/17]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1392617398/l50


    【【自動車】トヨタ、4工場で生産停止 大雪で部品届かず ホンダやスズキも[14/02/17]】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/16 10:32:06 ID:NF19JDHkO

    俺はアクセル全開で100Km以上加速してぶっちぎるwwww
    ブレーキチカチカしたり蛇行したりするのはお前の言う通りにするかって姿勢が見え見えの小物のやる事


    【車を運転中後ろから煽られた時ってどうしてる?】の続きを読む

    このページのトップヘ