自動車

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2014/10/30(木) 18:51:26.20 ID:???.net

    マツダ新型デミオ、受注台数約2万台 - ディーゼル車63%、カラーは赤が人気

    マツダは30日、予約販売を9月11日に開始した新型「デミオ」の累計受注台数が、
    10月26日時点で1万9,233台(月間販売計画台数は5,000台)になったと発表した。
    発売日はガソリン車(2WD)が9月26日、ディーゼル車(2WD)が10月23日で、4WD車は12月からの発売を予定。

    新型デミオは、「CX-5」「アテンザ」「アクセラ」に続く、マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」と
    新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した新世代商品の第4弾となるコンパクトカー。

    同社の発表によると、新型デミオの購入者からは
    「コンパクトカーの常識を破る心に訴えかける本物の質感を感じる」
    「美しい魂動デザインが際立った存在感を放っている」
    「ドライバーの視点で造られたシートやペダル配置による理想的なドライビングポジションに感動した」
    「長距離ドライブが楽しみになる静粛性と上質な内装だ」などの声が届いているとのこと。

    エンジン別の受注台数構成比は、ガソリン車が37%、ディーゼル車が63%。
    ボディカラーは「魂動」デザインを表現した「ソウルレッドプレミアムメタリック」が28%で、
    インテリアはオフホワイトレザーを使用した仕様の内装が22%を占めている。

    マイナビニュース
    http://news.mynavi.jp/news/2014/10/30/419/


    【【自動車】マツダ新型デミオ、受注台数約2万台 …ディーゼル車63%、カラーは赤が人気】の続きを読む

    1: ミラノ作 どどんスズスロウン(芋)@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 21:24:57.85 ID:fscloNVF0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    独自の走行テストで例え悪い結果が出たとしても、それを包み隠さず報道することで有名なスウェーデンの自動車雑誌『テクニッケンワールド』。
    以前にはポルシェ「マカン」のエルク・テストで同車を酷評し、数年前にはジープ「グランドチェロキー」の評価をめぐり、ジープとの間で長期に渡る論争を
    巻き起こしたこともある。そんな同誌が次の槍玉に挙げたのが、2015年モデルのホンダ「CR-V」だ。

    雪国のスウェーデンでは、滑りやすい路面でも車体をコントロールできるかが、クルマ選びの重要なポイントとなっている。そこで『テクニッケンワールド』は、
    グリップの低い状況下でCR-Vの4輪駆動システム(AWD)をテスト。坂道で前輪をローラーに乗せグリップのない状態にし、後輪にトルクが伝わるかをチェックした。
    しかし結果は前輪が空転するだけで後輪は駆動せず、最後は後退してしまったという。実は、同誌は昨年にもCR-VのAWDをテストしており、その時もAWDシステム
    がうまく機能しないことが明らかになり、ホンダの現地法人がソフトウェアのアップデートを行ったという経緯がある。同誌は新モデルでまた同じ問題が起きたと指摘した。

    これを受けてホンダ側は『テクニッケンワールド』に対し、CR-VのAWDシステムは機能しており、同誌の行ったテストは実際の状況を再現したものではないため
    公平さに欠けると反論。同社によれば、「実際の状況では、路面の状態にかかわらず、常に前輪と後輪の両方に一定の摩擦抵抗がかかっているはず」とのことで、
    「今回のようなローラーテストのように、前輪と後輪に極端なグリップの差が生まれることは現実にはほとんどない」とコメントしている。しかし、『テクニッケンワールド』は、
    「テストは昨年も行っており、そのときはホンダも(このテスト内容を)認めている」と反論し、さらに「このテスト方法は非常に現実的であり、スバルなどいくつかの自動車メーカーに採用されているものである」と加えている。

    それでは、早速ビデオでテストの様子をチェックしてみよう。『テクニッケンワールド』誌が行ったAWDシステムのテストが公平だと思うかどうか、あなたの意見を聞かせてほしい。

    http://www.youtube.com/watch?v=jkiv-bWbLIo


    http://jp.autoblog.com/2014/10/28/honda-cr-v-fails-swedish-awd-test/


    【スウェーデンの自動車誌がホンダ「CR-V」の4輪駆動システムを酷評】の続きを読む

    1: Anubis ★@\(^o^)/ 2014/10/29(水) 21:43:38.56 ID:???0.net

     無免許で乗用車を運転したとして、奈良県警奈良署は29日、道交法違反(無免許運転)容疑で、奈良市三条栄町の設計技師の男(79)を現行犯逮捕した。

     男は昭和49年に免許の取り消し処分を受けており、「スーパーに行くだけなので事故や違反をしなければ大丈夫だと思った」と認めているという。

     逮捕容疑は、29日午前10時半ごろ、奈良市三条栄町の県道で、無免許運転をしたとしている。

     男が運転する車が駐車場から出ようとしたところ、自転車と接触。駆けつけた署員が現場で確認し発覚した。同署は日常的に無免許運転していた可能性もあるとみて調べている。

    http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/9412757/


    【【奈良】40年間無免許で乗用車を運転した79歳の男を逮捕「大丈夫だと…」】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/10/29(水) 22:56:39.85 ID:???.net

    トヨタ自動車は29日、新型の高級ミニバン「エスクァイア」を発売したと発表した。
    1月に全面改良した「ヴォクシー」「ノア」をベースに、内外装にきらびやかな高級感を持たせた。
    価格は259万2000~320万4000円。月間販売目標は4000台を掲げている。

     子育て世代がメーンターゲットのヴォクシーとノアに対し、エスクァイアは「上質感を求める男性」を取り込む。
    バンパー下部まで伸びる大型のフロントグリル(車両先端を覆う網状の部品)で存在感を示し、
    内装も金属調の飾りなどで高級感を演出した。

     開発担当者の水澗英紀チーフエンジニアは東京都内で同日開いた発表会で
    「家族みんなの広い室内空間が重視される従来のミニバンでは優先されてこなかったクオリティやこだわりを実現させた」
    と強調した。

     ハイブリッド車(HV)と、2.0リットルのガソリンエンジン車を用意した。ガソリン1リットル当たりの燃費性能は
    最大23.8キロとクラストップクラスを実現した。

     広告のイメージキャラクターには、今年で誕生75周年を迎える人気漫画の主人公「バットマン」を起用。
    「前を向いて戦い続ける男たちを鼓舞する」という。

    no title

    no title

    no title

    no title


    http://www.sankeibiz.jp/business/news/141029/bsa1410291429004-n1.htm


    【【自動車】トヨタが新型高級ミニバン「エスクァイア」発売 前を向き戦う男たちを鼓舞】の続きを読む

    1: イス攻撃(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/10/27(月) 21:24:36.45 ID:rScVQxLv0.net BE:586999347-PLT(15000) ポイント特典

    自動車関連で,きょうの日経が珍しい順位表を掲載している。

    国内乗用車8社の2014年度の新車販売計画に対し、その4~9月期の「達成率」がそれである。
    「国内新車販売、計画届かず」という1面トップの見出しでもわかるように、2年ぶりに500万台を割り込む見通しとなったという。

    理由としては「4月の消費増税後の回復が遅れており、前年度比3%減の 503万台としていた当初計画を最大で20万台程度下回る」と伝えている。

    その4~9月期の新車販売計画「達成率」の一覧表によると、計画に達しない可能性が最も高いのは
    ホンダ(達成率37%)と富士重工業(同38%)。5割を超えているのはスズキ(同54%)1社のみ。

    「各社とも米国などの好調と円安で収益は上向くが、国内の不振が長引けば、生産や雇用にも影響が出る懸念がある」(日経)と警鐘を鳴らす。

    もっとも、各メーカーも手をこまねいているばかりではない。下期の巻き返しを狙っての新車投入やイベントでのアピールなどにも積極的に取り組んでいる。

    例えば、Jリーグの横浜F・マリノスを支援する日産自動車は、ホームの横浜の日産スタジアムで行われたセレッソ大阪との試合前のイベントでは、
    大勢の横浜マリノスサポーターと一体となって国内営業担当の片桐隆夫副社長がユニフォーム姿で”必勝”のあいさつ。

    片桐社長は「日産のブランド戦略のなかでも横浜マリノスは地域との交流の核であり、強化が大切」と強調した。

    経営幹部も机上で電卓をたたいているだけではなく、片桐副社長のように”現地現物”でユーザーに
    直接アピールする地道な努力を積み重ねていかなければ計画の「達成」はむずかしいだろう。
    http://response.jp/article/2014/10/27/235927.html


    【【悲報】新車が売れない…国内大手8社の中でスズキ以外は計画未達】の続きを読む

    1: メンマ(芋)@\(^o^)/ 2014/10/27(月) 08:23:25.50 ID:ZbRA/AO30.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    スバルは、ジュネーブモーターショーで公開する新型コンセプトカー VIZIV2の概要を発表した。

    これは次期フォレスターのであることが判明した。

    SUBARU VIZIV 2 CONCEPTは次世代クロースオーバーコンセプトカーで、3モーターと搭載したプラグインハイブリッドカーである。

    モデル名に「VIZIV」(「Vision for Innovation」を語源とする造語、「革新のための未来像」の意) を継続して採用することで、
    スバルが今後も一貫して「安心と愉しさ」をお客様にご提供する大切な価値として追求する姿勢を表現している。

    エンジンは構内市場で販売される予定のスバルの新型車レヴォーグに搭載されている、
    1.6Lの水平対向直噴ターボエンジンを採用。

    ステレオカメラを用いた先進運転支援システム「EyeSight(アイサイト)ver.3」を搭載予定。

    プリクラッシュブレーキを高性能化したほか、車線をはみ出さないようステアリング操作をアシストするアクティブレーンキープなどの新制御を用意。
    AT誤後進抑制制御も加わった。

    国土交通省が自動ブレーキ機能など安全性能を評価で満点を取ったレヴォーグにも「EyeSight(アイサイト)ver.3」が搭載されているのでレガシィも安全性能は同じと考えてよい。

    発売日は2016年初頭だと言われている。
    no title

    http://www.youtube.com/watch?v=J9M_SmiSniA


    http://www.youtube.com/watch?v=_Kvk_2lazwg


    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-186.html


    【スバル 新型 フォレスター プラグインハイブリッド車 2016年発売!!】の続きを読む

    1: ヒップアタック(富山県)@\(^o^)/ 2014/10/25(土) 13:30:16.56 ID:WruNXytk0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

     富士重工業は24日、全面改良したスポーツ用多目的車「レガシィ アウトバック」とセダン「レガシィ B4」を発売した。走行性能や安全装備に加え、デザインや内装の質感にこだわった。

     レガシィは富士重のスバルブランドを牽引するモデルで1989年に誕生し、新型は6代目。ツーリングワゴンは今年で生産を終了し、代わりに国内では「レヴォーグ」を発売しているため、レガシィはアウトバックとB4の2車種態勢になる。

     新型アウトバックは立体的なデザインで、大きめのフロントグリルを採用した。2・5リットルエンジンを搭載し、燃費は1リットル当たり14・6キロ。運転支援システム「アイサイト」の最新版を搭載している。

     価格はアウトバックが313万2000~340万2000円で、B4は286万2000~307万8000円。

     すでに発売した主力の北米では受注は好調だが、国内市場は4月の消費税率引き上げ後の反動減が続いている。吉永泰之社長は発表会で「日本市場は大事。需要が戻ることを期待して販売に努めたい」と述べた。
    http://www.sankei.com/economy/news/141024/ecn1410240022-n1.html


    【新型レガシィの「アウトバック」と「B4」発売 かっけぇぇぇぇぇ!!】の続きを読む

    1: ニーリフト(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 19:04:15.00 ID:Mb1jbOBp0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    乗用車レベルの高いクオリティーを持ち、トヨタ「ハイラックス サーフ」のベースともなった「ハイラックス」ピックアップトラックの新型モデルをスクープしました。

    no title

    擬装はされているもののグリル、ヘッドライトなどがキープコンセプトであるのがわかります。パワーユニットは2.8リットル直4DOHC、4リットルV6などがラインナップされる予定です。

    ワールドプレミアは2015年後半の予定とされています。

    (APOLLO)
    http://clicccar.com/2014/10/22/274175/


    【トヨタ・ハイラックス新型モデルをスクープ!】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 20:11:33.44 ID:CgmDCey20.net

    コンビニで並んでて前の奴がチンタラ小銭だしててイライラしてたら
    そいつがWRXstiに乗って帰っていったから俺は中古のライフに乗り込んで
    から揚げ君たべながらなんだかなーと思った


    【さっきWRX STIっていう車見たけどかっこよすぎた】の続きを読む

    1: ニーリフト(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 18:49:10.67 ID:Mb1jbOBp0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    10月23日(ブルームバーグ):ホンダ は新型「フィット」など世界で計約42万6000台のリコールを実施する。昨年9月に発売した新型フィットのリコールはこれで5度目となる。

    ホンダ広報担当の安藤明美氏によると、リコール対象の車種はフィットのほか、小型SUV「ヴェゼル」やワゴン系の軽自動車「N-WGN」、「N-WGN CUSTOM」で
    リコールに掛かる費用は57億円を見込んでいる。業績への影響は軽微という。

    ホンダや国土交通省の資料などによると、国内分計42万5825台のほか、中南米やアジアなどで183台をリコールする。点火コイル内部の電気ノイズを
    除去する構造が不適切なため、エンジンが停止するなどの恐れがある。また、電源供給回路で電気ノイズに対する保護が不十分なため、制御ユニットが
    誤作動し、走行中にメーターパネルが消灯し、エンジンが停止する恐れがあるとしている。国内でリコール対象となる車種の製造期間は2013年6月から14年10月まで。

    3代目となる新型フィットは、国内登録車販売で昨年10月から首位となり、今年の前半も2月と6月にトヨタ自動車 のハイブリッド車「アクア」がトップになったのを
    除いて首位だった。4度目のリコールを発表した7月以降は3カ月連続でアクアに首位を奪われていた。
    安藤氏によると、ホンダは新型フィット、ヴェゼルでリコールが複数回に及んだことの責任を受け止め、伊東孝紳社長が月額報酬の20%を3カ月間返上する。
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDU9EX6K50Y801.html


    【ホンダ:新型フィット5度目リコール-他の3車種計で42.6万台】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/23(木) 19:00:18.27 ID:QeYUBEU+0.net

    最悪クソハゲ!が伝わればいいです


    【対向車線の車がハイビームの時「眩しいんだよクソハゲ!」って伝えるにはどうすればいいですか?】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/10/23(木) 23:22:08.94 ID:???.net

     レクサス(トヨタ自動車)は10月23日、新型スポーツクーペ「RC」「RC F」を発売した。
    パワートレーンごとにV型6気筒エンジンを搭載する「RC350」、直列4気筒エンジンとモーターを
    組み合わせる「RC300h」、V型8気筒エンジンを搭載する「RC F」の3種類があり
    価格はRC350が596万円~678万円、RC300hが565万円~629万円、RC Fが953万円~1030万円。

    RCは2013年の東京モーターショーで世界初公開されたレクサスブランドのスポーツクーペ。
    2014年1月の北米国際自動車ショーで高性能モデルのRC Fがラインアップされることが発表され、
    市販モデルの発売に先立ち、2014年シーズンからレクサスチームのSUPER GT参戦車両のベースモデルとしてRC Fが使われている。

     レクサスブランドのエモーショナルな走りのイメージを牽引するクーペ専用モデルとなっており、
    独立したトランクを備える2ドアボディーは、RCが4695×1840×1395mm(全長×全幅×全高)で
    ホイールベースは2730mm、
    RC Fが4705×1850×1390mm(全長×全幅×全高)でホイールベースは2730mm。
    車両重量はRC350が1690kg~1700kg、RC300hが1740kg、RC Fが1780kg~1790kgとなる。

     エンジンはRC350が最高出力234kW(318PS)/6400rpm、最大トルク380Nm(38.7kgm)/4800rpmを
    発生するV型6気筒DOHC 3.5リッターの「2GR-FSE」を搭載。ハイブリッドモデルとなるRC300hは
    最高出力131kW(178PS)/6000rpm、最大トルク221Nm(22.5kgm)/4200-4800rpmを発生する
    直列4気筒DOHC 2.5リッターの「2AR-FSE」エンジンと1KM型モーター(143PS/30.6kgm)を組み合わせて採用する。

    高性能モデルのRC Fでは、IS Fにも搭載されていたV型8気筒DOHC 5.0リッターの「2UR-GSE」を搭載。
    新しいシリンダーヘッドの採用や可動部品の軽量化、圧縮比の向上、高回転化などによって12%のパワーアップを実現し、
    最高出力351kW(477PS)/7100rpm、最大トルク530Nm(54.0kgm)/4800-5600rpmを発生する。
    ハイブリッドモデル以外のRC350とRC Fでは8速ATの「8-Speed SPDS(8速スポーツダイレクトシフト)」を
    トランスミッションに採用する。JC08モード燃費はRC350が9.8km/L、RC Fが8.2km/L、ハイブリッドモデルの
    RC300hは23.2km/Lとなっている。

     このほかに走行性能では、車体上下の気流を利用して高速走行時の安定性や操作性を最適化する
    「空力操安」のコンセプトを採用。さらにRC FではLFAから技術を継承した「4リンクアクティブリアウイング」を
    装備してダウンフォースを強化している。8-Speed SPDSには「ドライブモードセレクト」を用意し、「NORMAL」
    「SPORT」「M」の3種類に加え、RC Fでは高いエンジン回転数の維持や早いシフトダウンなどを行う「SPORT S+」を設定する。

     足まわりでは、RC350“F SPORT”にリアホイール操舵機能を備える「LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)」
    を標準装備し、RCモデルに「AVS(Adaptive Variable Suspension system)」をオプション設定。
    RC FではVSC、ABS、TRCを一元管理して車両の限界性能までスムーズな制御を行う「スポーツモード付きVDIM」
    を採用し、電子制御によって後輪左右の駆動力を最適に配分する「TVD(Torque Vectoring Differential)」を
    後輪駆動車として世界初採用の装備としてオプション設定する。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20141023_672574.html


    【【自動車】レクサス新型スポーツクーペ「RC」「RC F」発売】の続きを読む

    1: かじりむし ★ 2014/10/24(金) 00:22:51.64 ID:???.net

    事故起きにくい車、国交省が格付け 満点は3車種
    http://www.asahi.com/articles/ASGBR5GMTGBRULFA01T.html
    朝日新聞 湯地正裕 2014年10月23日23時42分


     「自動ブレーキ」など自動車事故を防ぐための技術について、国が初めて評
    価した結果が、23日に公表された。しくみや性能にばらつきがあるため、市
    販車を一定の基準で評価し、消費者が選ぶ参考にしてもらうためだ。満点は、
    レヴォーグ(富士重工業)、スカイライン(日産自動車)、レクサスLS(ト
    ヨタ自動車)の3車種だった。

     国内の8メーカーが申請した26車種を、国土交通省が調べた。普及が進ん
    でいる自動ブレーキと、走行中に車線をはみ出すと警報を鳴らす技術をテスト
    し、点数を付けた。

     自動ブレーキは、前方の障害物に向かって、時速10~60キロ(一部は5
    0キロまで)で走行し、自動でブレーキが作動するかを試した。障害物が止ま
    った状態、時速20キロで動いている状態の2通りで、それぞれ時速5キロご
    とに走行を繰り返し、総合的に評価したという。

    ※無料部分ここまで


    no title

    画像:国土交通省が公表した事故が起きにくい車のランキング


    【【自動車】事故起きにくい車、国交省が格付け 満点はレヴォーグ、スカイライン、レクサスLSの3車種】の続きを読む

    このページのトップヘ