自動車

    1: 諸星カーくんφ ★ 2013/11/26 01:12:14

    ソース(JBPress、2013年11月22日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39275
    写真=世界最大の自動車市場で日系メーカーが苦戦している
    no title


     トヨタ自動車とホンダは、まずいタイミングで中国市場のビジネスのアクセルを緩めてしまった。金融危機の影響で世界の自動車市場
    が2008年に急激に落ち込む一方、中国の需要は伸び続け、その後の5年間における自動車市場全体の成長の3分の1を占めるほどに
    なったからだ。

     自動車コンサルティング会社のアリックス・パートナーズによれば、昨年1年間の乗用車およびミニバンの販売台数は、金融危機前の
    ピーク水準を米国では9%、西欧では14%それぞれ下回った。日本では2007年の水準を回復したという。

     一方、中国の販売台数は同じ時期に2倍超の1860万台に増大し、この国を世界最大の市場に押し上げた。「中国ではこれと言った
    販売の落ち込みは見られなかった」。かつて米系自動車メーカーの幹部だった北京在勤の自動車産業コンサルタント、ビル・ルッソ氏は
    こう語る。「世界の自動車市場における中国の割合は、2009年と2010年に大幅に拡大した」そうだ。

    ■常に政治問題を乗り越えなければならない日本メーカー

     トヨタとホンダはこの宴に参加し損ねた。日産自動車を加えた日本の「ビッグ3」の中国市場における今年上半期のシェアはわずか
    15%で、25%を超えていた前年同期の実績を大幅に下回っている。

     少なくとも、トヨタとホンダは興味深い言い訳をしている。日系自動車メーカーは中国では格好の標的になる、日中というアジアの
    2大経済大国の間で政治的な緊張が高まる時には特にそうだ、というのだ。

     昨年9月、争いが生じている尖閣諸島(中国名は釣魚島)を日本政府が民間人の所有者から買い取ると、中国ではナショナリストの
    怒りが爆発した。憤った群衆が日本車や日本車ディーラーを襲撃したことから、日系自動車メーカーは一時的に生産を休止した。

     中国人ドライバーの中には、賢いやり方で暴徒に襲撃を思いとどまらせ、自分の日本車を守った人もいた。中国の国旗や愛国的な
    シンボルのステッカーを車体に張り付けたのだ。

     「あっという間に売り上げの50%を失った」。日産のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)は今月、上半期決算を発表する席で
    そう述べた。尖閣諸島問題前の中国における同社のシェアは7.7%だったが、この水準はまだ回復できていないという。

     トヨタの販売台数も急激に落ち込んだ。多くの顧客が注文をキャンセルしたり、ショールームに足を運ばなくなったりしたためだ。
    一部の工場は60%もの減産を一時余儀なくされた。

     日本の自動車メーカーの幹部たちは、尖閣の一件の厳しさにはとにかく驚いたと認めている。地政学的な対立の激化は以前にも
    何度かあったが、生産に深刻な影響が及ぶことはなかったから、というのがその理由だ。

     「中国でのビジネスに関して言えば、西欧の自動車メーカーとは同じスタート地点に立てないという感覚を日本のメーカーはずっと
    抱いている」。ある業界筋はこう語る。「我々は、そういう過去の政治的問題を常に乗り越えていかねばならない」

    >>2以降に続く)


    【【自動車】「西欧と同じスタート地点に立てない」…日系自動車メーカーが中国で失速、政治的緊張と戦略ミス、世界最大市場でシェア急減】の続きを読む

    1: ぽてぽんφ ★ 2013/11/27 14:34:35

    米国でバカ売れして悲鳴の富士重工 スバリストの新型車評は
    為替の追い風や地道なコスト削減の成果によって業績好調の自動車メーカー。
    だが、「クルマがバカ売れして生産が間に合わない」と、純粋な販売増に嬉しい悲鳴を上げるのは、
    このブランドぐらいではなかろうか。富士重工業の「スバル」車である。
    といっても、車が売れているのは日本ではなく米国でのことだ。自動車専門誌の記者が解説する。
    「米国向けにサイズを大きくした『レガシィ』や『フォレスター』などの人気が高く、
    2013年の米国での販売台数は前年比約9万台増の42万台になる見通しです。
    ただ、吉永泰之社長が中間決算の会見で『1年で9万台も増えるとは思っていなかった』と
    打ち明けるなど、急激な販売増が同社の生産能力を逼迫する事態になっているんです」
    世界販売の約半分を米国市場で稼ぐ富士重だけに、すでに米国の生産子会社
    (スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ)の生産能力を2016年末に現在の27万台から
    40万台に増強する計画を発表済みだ。
    そんな米国頼みの富士重も決して日本市場を軽視しているわけではない。
    東京ビッグサイト(江東区有明)で開催中の「東京モーターショー2013」では、
    レガシィの後継車種となる日本向けの新型ワゴン『レヴォーグ』を初公開した。
    モーターショーの報道公開日に姿を見せた吉永社長は、こう意気込みを語った。
    「私どもスバルを支え、愛していただいているお客様のことを、最大級の敬意を持って
    “スバリスト”と呼んでいます。このような呼び名があることは私たちスバルの誇り。
    このレヴォーグは、まさにスバルを愛する日本のスバリストのために生み出されたニューモデルです」
    ならば、気になるのが熱烈な日本のスバリストたちのレヴォーグ評だ。
    「スバル車は万人受けするデザインではないから、逆に長年乗っていると愛着が沸いていたのに、
    レヴォーグは他社のワゴン車に似ていて少しガッカリした」(40代男性)
    「ダウンサイジングした1600ccのターボエンジンと、60リットルの燃料タンクで
    1000km走れるという効率のよさが魅力」(30代男性)
    http://news.livedoor.com/article/detail/8291090/


    【【企業】 「バカ売れして生産が間に合わない」 スバル車が米国で売れまくり、うれしい悲鳴】の続きを読む

    1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/11/26 14:05:16

    イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは11月25日、
    『ガヤルド』の生産を終了したと発表した。

    ガヤルドは2003年にデビュー。2008年3月のジュネーブモーターショー08では、
    初のマイナーチェンジモデルが登場し、ネーミングを『ガヤルドLP560-4』に変更した。
    2012年9月のパリモーターショー12では、外装を中心にイメージチェンジした2013年モデルを発表。

    11月25日、イタリアのランボルギーニ本社工場では、最終モデルのガヤルドがラインオフ。
    このガヤルドは、「LP570-4 スパイダーPerformante」と呼ばれる『ガヤルド スパイダー』の
    軽量高性能モデル。赤いボディカラーの1台をもって、ガヤルドの10年の歴史に幕を下ろした。

    ガヤルドの10年間の累計生産台数は、1万4022台。ランボルギーニによると、
    歴代ランボルギーニ車で最も生産台数が多く、競合スーパーカーの中でも、
    最も成功したモデルのひとつになるという。同車は、世界45か国以上で販売。

    また、1963年の創業以来、ランボルギーニの累計生産台数はおよそ3万台。
    その約半分を、ガヤルドが占めるというヒット作となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131126-00000045-rps-bus_all
    no title


    【【クルマ】ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕】の続きを読む

    1: ローリングソバット(千葉県) 2013/11/23 19:16:36 ID:9srBc0c00

    ホンダは2シーターオープン『ビート』の後継モデル『S660 コンセプト』を東京モーターショーで初公開した。同社の伊東孝紳社長は「現在、2015年の市販化を目指して鋭意開発中」と同モデルの市販化を明言した。

    初公開されたS660コンセプトは、ミッドシップレイアウトの2シーターオープン『ビート』のコンセプトを踏襲、次世代軽オープンスポーツモデルとして復活することになる。

    エクステリアデザインを担当した本田技術研究所四輪R&Dセンター杉浦良研究員は「エクステリアデザインとしてはスポーツカーらしい普遍的な価値観、
    いわゆる誰が見てもどこからみても格好良いということと、ホンダの製品らしい先進的で若々しいという新しさの表現の両立を目指して開発した」と語る。

    ホンダの本格スポーツらしく、天井知らずの回転フィールを味わえるのか、パワートレーンにも期待だ。

    http://response.jp/article/2013/11/22/211443.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【東京モーターショー行ってきた!!ホンダブース混みすぎだろ、S660やばすぎる!!!】の続きを読む

    1: 依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/11/23 20:51:38

    日産自動車は11月20日、若年層との「コ・クリエーション(共同創造)」により開発した
    コンセプトモデル『IDx』2機種を発表した。

    日産は、1990年以降に生まれた世代「ジェネレーションZ」の心に響くクルマを提供する
    ため、彼らの欲するクルマを彼らと共に創り上げる「コ・クリエーション(共同創造)」を
    取り入れ、『IDxフリーフロー』『IDxニスモ』を開発した。

    IDxフリーフローは、仲間がくつろげる心地よさと実用性、そしてファッション性をオリジ
    ナリティあふれる感覚でまとめあげた4シーターモデル。

    外観は全長約4.1メートル、全幅約1.7メートル、全高約1.3メートルというコンパクトサイズ
    かつ、シンプルな面構成でありながら、落ち着きと品格を感じさせる仕上がりとなっている。

    インテリアは、水平基調のダッシュボードや真円のステアリングホイール、モダンな時計の
    ようなメーターなどが、居心地の良いインテリアを創り出している。

    パワートレインには、日常の移動手段としての経済性に応えるため、燃費性能と加速性能に
    優れた1.2~1.5リッターのガソリンエンジンとCVTを搭載する。

    IDxニスモは、バーチャル上でさまざまなレースシーンを体験してきたコ・クリエーター達の
    イメージを表現したスポーツモデル。

    スピード感のある逆スラントノーズやカーボン製パネル、サイドマフラーなど、レーシング
    カーのヘリテイジとモダンさをミックスしたような魅力を感じさせる外観となっている。

    パワートレインは、高性能な1.6リッターの直噴ターボエンジン、シンクロレブコントロール
    によるスポーティーな走りが楽しめる、6速マニュアルモードを搭載したCVTの組み合わせを
    搭載する。

    インテリアは、真っ赤なアルカンターラシート、スパルタンで精緻な計器類など、若者世代
    が慣れ親しんだ、バーチャルなレーシングカーの世界を彷彿させるものとなっている。

    《纐纈敏也@DAYS》

    ソース:レスポンス
    http://response.jp/article/2013/11/20/211182.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【自動車】日産、若年層と共同創造したコンセプトモデル IDx を発表】の続きを読む

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/23 19:17:41

    ★日本カー・オブ・ザ・イヤーにVW・ゴルフ

    自動車雑誌などでつくる日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は23日、今年の最も
    優れた自動車に贈る賞「日本カー・オブ・ザ・イヤー」に、ドイツ自動車大手フォルクス
    ワーゲン(VW)の「ゴルフ」を選んだ。輸入車の受賞は初めて。

    ゴルフは7代目の全面改良車が6月に発売された。正確な操作性と上質な乗り心地を両立し、
    市街地走行でも長距離ドライブでも楽しめることなどが受賞理由で、実行委は
    「いま日本のユーザーに一番乗ってほしい」とたたえた。

    また、環境技術などを評価する新設の「イノベーション部門賞」は三菱自動車のプラグイン
    ハイブリッド車「アウトランダーPHEV」が、デザインなどで選ぶ「エモーショナル部門賞」
    はマツダの主力車「アテンザ」が受賞した。

    軽自動車が対象の「スモールモビリティ部門賞」はスズキの「スペーシア」とマツダの
    「フレアワゴン」が選ばれ、特別賞にはダイハツ工業の福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」
    が輝いた。

    (2013年11月23日19時05分 スポーツ報知)
    http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20131123-OHT1T00136.htm
    no title


    【【経済】日本カー・オブ・ザ・イヤーにVW・ゴルフ 輸入車の受賞は初めて】の続きを読む

    1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/11/22 07:05:19

    スズキ<7269>は、「新しい物語をつくろう」というテーマを掲げ、
    二輪車ではワールドプレミア3台、ジャパンプレミア4台を含めた計12台を、
    東京モーターショー2013に出展した。

    その中でも注目されたのが、「大人の走りを魅了するコンパクトロードスター」という
    キャッチを与えられた『Recursion(リカージョン)』だ。11月20日のプレスデーにて、
    世界発公開を果たしたばかりだが、何がトピックかといえば、二輪車に
    インタークーラーターボを搭載したところ。

    以前にも二輪車にターボを搭載したモデルはいくつか存在し、スズキでも1980年台には
    排気量が673ccの『XN85ターボ』というモデルを、海外向けに販売していたこともあった。
    たが、ターボならでは特有なパワー特性や耐久性の問題などから、その後、ターボは
    姿を消していった。

    *+*+ EconomicNews +*+*
    http://economic.jp/?p=29142


    【【経済】バイクにも小排気量&ターボが復活のきざしか】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19 11:37:34 ID:7eRkFuSUi

    今んとこ参加者最高クラスは噂では医者の息子が現行の3シリーズ乗ってるらしい
    対して俺は貰い物のボンゴフレンディ
    同窓会は新年会兼ねて1月末にあるらしい
    月に15万までは車に割ける


    【同窓会までに高級車乗ってドヤ顔で乗り付けたい】の続きを読む

    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/11/20 08:59:03

    ホンダは19日、小型―中型車向けに過給器(ターボチャージャー)の組み合わせで
    燃費と出力性能を両立した新型直噴ターボエンジン「VTEC TURBO」を
    3タイプ開発したと発表した。

    まず2・0リットル4気筒直噴ガソリンターボエンジンを欧州シビックのタイプRに
    搭載し、2015年に発売する。同エンジンは従来の3・5リットルV6エンジンに
    比べ、燃費と最大トルクともに10%以上高める。

    ホンダは低燃費技術としてHVを持つが、HVは地域によって高コストとなる。
    こうした地域の低燃費車にターボ車を設定、拡大し、低燃費車販売戦略を強化する。
    2・0リットルターボエンジンは、14年に施行される欧州排ガス規制「EURO6」
    に適合。高出力ターボに加え、エンジンヘッドやピストン部分の冷却性能を高め
    燃費を向上させた。

    1・0リットルと1・5リットルクラスでは、エンジン低回転時から排ガスを利用できる
    よう、バルブ開閉のタイミングやターボのコントロールを調整した。1・5リットル
    ターボは1・8リットルガソリンエンジンに比べ燃費を15%以上、最大トルクを
    45%以上高め、2・4リットルエンジン並みの性能を出せるという。

    ●2.0L 4気筒直噴ガソリンターボエンジン
    no title


    ◎本田技研工業 (7267)のリリース
    http://www.honda.co.jp/news/2013/4131119b.html

    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420131120beav.html

    ◎最近の主な関連スレ
    【車/戦略】軽オープン『S660コンセプト』や世界初公開の市販予定モデルも--ホンダ、『東京モーターショー』出店概要発表 [10/23]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1382500647/

    【車/戦略】レクサス、「東京モーターショー」に世界初公開のクーペとターボエンジン搭載SUVを出展--トヨタ発表 [11/04]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1383540394/

    【車/戦略】「ターボ化の波には乗らない」--トヨタの役員がアトキンソンサイクルエンジン拡大を明言 [10/18]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1382087491/

    【車/戦略】独VW、2017年までに自然吸気エンジンを完全廃止--全モデルにターボ『TSI』採用へ [09/23]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1379921495/

    【車/戦略】マツダ、"ダウンサイジング・ターボ"に参入・欧州投入へ-EVなどエコカー技術で全方位展開 [09/08]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1347101930/


    【【車/戦略】ホンダ、新型直噴ターボエンジン『VTEC TURBO』開発--搭載第一弾は欧州向け『シビックタイプR』】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/20 12:19:25 ID:mWQBuK980

    後ろ車が詰まってるの見えないの?

    法廷速度以上だせとは言わないが、前との車間距離と後ろの状況判断して速度出さないのなら左寄れよ

    お前みたいなのがいるから渋滞すんだよ、人のストレスになってるってわかれ屑


    【二車線の右側を法廷速度以下で走るやつってなんなの?】の続きを読む

    1: のーみそとろとろφ ★ 2013/11/14 22:04:24

    2013年11月14日発売

    i-MiEV:245万9100円~290万1150円
    i-MiEV
    no title

    MINICAB-MiEV:216万5100円~259万8750円
    no title


     三菱自動車工業は11月14日、電気自動車(EV)の「i-MiEV」、
    軽商用電気自動車(EV)の「MINICAB-MiEV VAN」をそれぞれ仕様変更して発売した。
    価格はi-MiEVが245万9100円~290万1150円、MINICAB-MiEVが216万5100円~259万8750円。

     i-MiEVは、これまで上級グレードとして販売してきたGグレード(バッテリー容量16.0kWh、
    一充電走行距離180km[JC08モード])に代わり、走行性能はそのままに価格を89万8850円引き下げた新グレード「X」を設定。
    エコカー減税の免税(100%減税)措置と
    上限85万円の「平成25年度クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金」を活用することで、
    約205万円から購入可能な手が届きやすいモデルとなっている。
    また、エントリーグレードとなる「M」(バッテリー容量10.5kWh、
    一充電走行距離120km[JC08モード])も価格が14万900円引き下げられ、
    同じく補助金などの活用で約172万円からという価格設定になった。

     このほかに装備の充実も図られ、軽自動車として初めて全車に省電力型ヒートポンプエアコンを標準装備。
    ヒーターを使用した場合の電力消費が低下し、航続可能距離の減少が抑えられる。
    運転席・助手席に標準装備するシートヒーターは、これまでの座面に加えてシートバックも温める仕様に変更。
    ルームランプと連動するLED式の普通充電リッド内照明も全車に標準装備している。
    さらに急速充電器が普及してきたことを受け、急速充電機能が全車標準装備になっている。

     また、新グレードのXは従来モデルから約20%明るさを向上させたLEDヘッドランプを装備。
    Gグレードにメーカーオプション設定していた「プレミアムインテリアパッケージ」の装備内容に、
    本革巻ステアリング、本革巻シフトノブ、運転席ハイトアジャスターなどを追加して5万2000円で全車選択可能に変更。
    タイマー充電やプレ空調機能を備えた「MiEVリモートシステム」も5万2500円で全車オプション設定としている。

     安全面でもヘッドレストを大型化し、SRSカーテンエアバックを全車に標準装備して乗員保護性能を高めている。

    MINICAB-MiEV VANも価格が引き下げられ、CD 10.5kWhモデルは23万4900円、CD 16.0kWhモデルは37万2250円安くなった。
    これにより、一番安いCD 10.5kWh 2シーター車は補助金などの活用で約156万円から手に入る価格設定となっている。
    このほか、オプション設定の運転席・助手席シートヒーターがi-MiEVと同じ座面とシートバックの両方が温まる仕様に変更されている。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20131114_623659.html

    三菱自動車工業株式会社
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/
    ニュースリリース
    http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2013/news/detail4723.html
    製品情報(i-MiEV)
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/i-miev/
    製品情報(MINICAB-MiEV)
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/minicab-miev/index.html


    【【自動車】三菱自動車、「i-MiEV」に新グレード「X」を設定して価格を約90万円引き下げ i-MiEVが245万9100円~290万1150円】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17 23:49:09 ID:C+w5oDfg0

    今軽乗ってるけど法定+10キロで走ってても今日も普通車に煽られた!!!!!!!
    煽られない車教えろやハゲ!!!!!!!!!!!!!!!


    【煽られない車教えろや!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15 15:37:15 ID:o+Lya5hKi

    デザインどころか何もかも手抜きの安物の古い車乗ってるよね
    オシャレのつもりかぺらっぺらのエアロに汚いステッカーとかさ
    何様なの?


    【車ヲタって高級車や今の車のデザインにケチつけるくせに】の続きを読む

    このページのトップヘ