自動車

    1: 2018/01/18(木) 00:59:45.32 ID:CAP_USER9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011292691000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    1月17日 22時30分
    ドイツの大手自動車メーカー フォルクスワーゲンは、去年の世界全体の販売台数が、グループでおよそ1074万台と2年連続で過去最高になったと発表しました。

    フォルクスワーゲンの17日の発表によりますと、グループの去年2017年の世界全体の販売台数は、前の年より4.3%多い1074万1500台と2年連続で過去最高を記録しました。
    地域別に見ますと、世界最大の自動車市場の中国は、引き続き好調で、5.1%増加したほか、ディーゼル車の排ガスをめぐる不正が、3年前、最初に明るみに出たアメリカも5.8%の増加に転じました。

    これについてフォルクスワーゲンのミュラー会長は「電気自動車や自動運転の技術開発に思い切った投資をするとともに、従来のディーゼル車やガソリン車の改良を進めていることが、よい結果につながった」と述べました。

    フォルクスワーゲンは、おととし2016年の販売台数で、トヨタ自動車を抜いて初めて年間で首位に立ちました。世界の自動車業界は、フォルクスワーゲンとトヨタ自動車、アメリカのGM=ゼネラル・モーターズ、それに三菱自動車工業を傘下に収めた日産自動車とフランスのルノーのグループの4つのグループが、首位の座を競う構図となっており、今後各社から発表される販売実績が注目されます。

    no title


    【フォルクスワーゲン 世界販売台数2年連続で過去最高】の続きを読む

    img_6b16c526a38a64363b923498bb6aa42c41464

    1: 2018/01/18(木) 01:05:38.57 ID:SB4ABVAF0

    ・軽の電気自動車
    ・軽の商業電気自動車
    ・トヨタのPHVを上回るPHEV
    ・クロカン用のミニバン
    ・クリーンディーゼル
    ・車種もトヨタほどじゃないけど多い
    ・エンブレムがカッコイイ
    ・日産を上回る電気自動車の数

    三菱財閥でブランド力も十分なはずなのに売れない原因ってなんや?


    【三菱自動車とか言う個性的な車が多いメーカーなのに何故みんな買わないんだwwwwww】の続きを読む

    model-3-unveil

    1: 2018/01/17(水) 13:51:05.77 ID:CAP_USER

    米電気自動車(EV)メーカーのテスラが量産タイプの新型EVセダン「モデル3」の生産立ち上げに手間取っている。3日、モデル3を週5000台ペースで生産する目標の達成時期を2018年4~6月期末までに延期した。生産目標の修正はすでに2回目。財務状況をみると、高水準な仕掛かり在庫や急増する損失引当金など課題が山積する。モデル3の生産がさらに遅れるようだと、赤字経営のテスラが頼る資本市場や銀行からの資金…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25735560W8A110C1000000/


    【【EV自動車】テスラ、モデル3の生産遅延で膨らむ財務リスク】の続きを読む

    K10011292271_1801171744_1801171747_01_02

    1: 2018/01/17(水) 20:20:14.19 ID:CAP_USER9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011292271000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_025

    1月17日 17時37分
    「神戸製鋼所」が、製品の検査データを改ざんしていた問題で、銅やアルミなどの製品を使っていた「トヨタ自動車」は、購入したすべての製品で、安全性に問題が無いことを確認したと発表しました。

    トヨタは、神戸製鋼がデータを改ざんしていた製品を一部の車に使っていて、改ざんがあったと報告を受けたすべての製品について、安全性の検証を進めていました。

    トヨタは、アルミ製品のほか、国内で購入した鋼線や鉄粉などに問題が無いことを明らかにしていましたが、調査が残っていた、国内で購入した銅製品や、海外で取引先のメーカーが供給を受けた製品についても、問題が無いことを確認したということです。

    トヨタはこれによって、すべての製品で、安全性に問題が無いことを確認したとしています。


    【【神戸製鋼データ改ざん】 トヨタが購入した全製品の安全性確認】の続きを読む

    t

    1: 2018/01/17(水) 13:49:41.73 ID:CAP_USER

     トヨタ自動車の北米本部長を務めるジム・レンツ専務役員は16日、米国の電気自動車(EV)需要は「強くない」と述べた。同社が力を入れるハイブリッド車(HV)の米での販売比率を2020年までに現状の9%から15%に高める考えを明らかにした。また北米自由貿易協定(NAFTA)の見直し交渉は「(協定がなくなれば)生産コストが上昇し、米国の仕事が減る」と懸念を示した。

    ■大型の生産比率高める
     北米国際自動車ショーで、日本経済新聞などの取材に応じた。エコカー戦略ではEVについて「需要は強くない。16年は米市場全体の0.5%未満だった。17年は伸びたが、小さい」と説明した。従来通りにガソリンスタンドで燃料を補給できるHV、プラグインハイブリッド(PHV)に力を入れ、販売比率を現状の計9%から20年までに計15%まで伸ばす考えという。

    米国の新車市場は荷台のあるピックアップトラック、多目的スポーツ車(SUV)など大型の「ライトトラック」が人気で、17年は全体の64%を占めた。トヨタは乗用車の比率が高いが「18年もライトトラックの生産比率を高める」とし、市場が減速するなかで、18年は前年並みの240万台規模の販売を目指すという。

     トヨタとマツダは10日、共同出資で建設する米新工場の立地をアラバマ州に決めたと発表した。選定について「22州の約100カ所の候補地から慎重に選んだ。鉄道や高速道路へのアクセスが良く、労働者の質も量も良い。新規も含めてサプライヤーの拠点を設けやすい」との理由を述べた。

     米国、カナダ、メキシコが再交渉を進めているNAFTAについては「トヨタの問題ではなく、北米の産業の問題だ」と回答。ただ交渉が決裂して、NAFTAがなくなると「部品の供給網は複雑で、コストの上昇につながる。例えば米国で生産するSUVのハイランダーはロシアに輸出している。コストが高くなり、ロシア販売店が中国など他の地域から輸入すれば、米国の仕事が減ることになる」と懸念を示した。その上で「米国、カナダ、メキシコの政府が経済や人々のためになることを決めると信じている」と維持を求めた。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25785060X10C18A1I00000/


    【【EV自動車】米のEV需要「強くない」 トヨタ、HV比率15%狙う】の続きを読む

    t

    1: 2018/01/16(火) 17:10:04.31 ID:CAP_USER

    岐阜県大垣市に本社を置く運送大手の西濃運輸は、ドライバーの人手不足の対策として、一部の定期便により多くの荷物を一度に運べる「ダブル連結トラック」を導入することになりました。

    ダブル連結トラックは、大型トラックの後ろにトレーラーを連結し、より多くの貨物を運べるようにした車両で、全長21メートルまでは公道で走ることができます。

    関係者によりますと、西濃運輸が導入するのは、長さがおよそ12メートルのトラックと、およそ6メートルのトレーラーをつなげた全長およそ19メートルのダブル連結トラックです。

    ことしの3月までに2台を導入して、大垣市と静岡市を結ぶ便に導入し、会社では、人手不足に対応するとともにドライバーの労働時間の削減にもつなげたい考えです。

    運送業界ではヤマト運輸と福山通運が全長25メートルのダブル連結トラックの導入に向けた実証実験を行うなど、このところダブル連結トラックへの注目が集まっていて、深刻化する人手不足の中で今後普及が進むことも予想されます。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180116/k10011290891000.html


    【西濃運輸 ドライバー不足対策でダブル連結トラック導入へ】の続きを読む

    1: 2018/01/16(火) 17:06:09.52 ID:tpoMReDg0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典

     日産自動車は1月15日(現地時間)、3列シートSUVのコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」を2018年デトロイトショーで世界初公開した。

     Xmotionは、2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の1つを示唆したモデル。伝統的な日本の熟練の技と
    最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされた3列シートのSUVという。

     日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサ氏は「『Xmotion』では、
    ニッサン インテリジェント モビリティの、より堅牢で力強い側面を追求しました。大胆でパワフルな形と
    どこにでも走って行けるようなタフなプロポーションは、現代的な手法で昇華された日本の伝統工芸の
    要素と鮮やかなコントラストとなっています」とコメントしている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1101320.html


    【日産がやばすぎるSUVを発表wwwwwww】の続きを読む

    no title

    1: 2018/01/15(月) 22:43:04.68 ID:CAP_USER9

     【デトロイト時事】自動車ジャーナリストが選ぶ2018年の北米最優秀車賞が15日、北米国際自動車ショーの開催に合わせて発表され、乗用車部門でホンダの主力セダン「アコード」が受賞した。

     ホンダが最優秀車賞に選ばれるのは3年連続。

     アコードのほか、トヨタ自動車の「カムリ」、韓国・起亜自動車の「スティンガー」が最終候補に残り、賞を競っていた。

     小型トラック部門は、米フォード・モーターの高級車ブランド「リンカーン」の「ナビゲーター」。昨年新設されたスポーツ用多目的車(SUV)部門は、スウェーデンの高級車メーカー、ボルボ・カーの「XC60」が選ばれた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000129-jij-n_ame


    【北米最優秀車に「アコード」=ホンダ、3年連続受賞】の続きを読む

    1: 2018/01/15(月) 21:28:46.48 ID:CAP_USER9

    米ロサンゼルス郊外で、不思議すぎる交通事故が発生した。

    ■自動車が宙を舞って衝突

     アメリカのロサンゼルス郊外で発生した、自動車がなぜか建物の2階に突っ込むという交通事故。

     事故が起こったのは、現地時間13日の深夜。乗用車が中央分離帯を乗り越えた反動で、空中を舞い、歯医者の入った建物の2階に衝突した。

    https://twitter.com/OCFA_PIO/status/952550019420192769
    no title


     建物の2階に車が突っ込んだ原因は、スピードの出し過ぎだと地元警察が発表。さらに、車の運転手は、薬物を使用していたことがわかっている。

     この車には2人が乗っていて、1人は自力で脱出したが、もう1人は衝突した後も車に閉じ込められていた。
     
     その後、車に残された1人も救助され、幸いにも事故に遭った2人は軽いけがで済んだという。

    https://twitter.com/OCFA_PIO/status/952552332327186432
    no title


    事故発生時は深夜だったため、周辺には人がいなかったため被害は最小限に抑えられた。

    配信2018-01-15
    front-row
    http://front-row.jp/_ct/17142264


    【車がなぜか宙を舞って、ビルの2階に衝突…映画のような交通事故が発生wwwwww】の続きを読む

    1: 2018/01/15(月) 19:10:59.56 ID:CAP_USER

     車のアクセルとブレーキペダルを一体化させて踏み間違い事故を防ぐ「ワンペダル」を開発したナルセ機材(熊本県玉名市)が、増え続ける注文に対応するため、今春から全国の工場で委託生産に乗り出す。まずコンパクトカーなど高齢ドライバーが多い車種向けから量産。対象車種を広げ、現在の10倍に当たる年間千台の生産を目指す。

     ワンペダルの形状は車種や年式ごとに異なるため、それぞれに対応する製品の生産設備を、同社が自動車関連部品工場などに提供する。現在、関西の2社と協議を進めている。委託先ごとに対応車種を変え、全国で50車種程度をカバーできる体制にする方針だ。

     現在はオーダーメードで対応しており、月産10台が精いっぱい。高齢者を中心に注文が増えており、受注した70~80台分が完成待ちとなっている。鳴瀬益幸社長(82)は「九州の自動車関連工場とも積極的に提携していきたい」としている。

     ワンペダルは大きな靴底のような形状。右側面のアクセルバーを右に動かして加速し、踏み込めばブレーキがかかる仕組み。踏み間違い事故の防止効果を見込み、警察や自動車学校主催の試乗会が増えており、2017年10月には岡山県美咲町がワンペダル装着への補助金支給を決めた。

    =2018/01/13付 西日本新聞朝刊=

    no title


    https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/386636/


    【ワンペダル全国で量産へ 高齢者の運転ミス防止 熊本の企業 ブレーキとアクセル一体】の続きを読む

    134533534249713121812

    1: 2018/01/15(月) 18:31:42.08 ID:CAP_USER9

    東名で夜行バス逆走 運転手「IC通過してしまい…」
    1/15(月) 17:35配信

    西日本ジェイアールバスは15日、横浜発ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪)行きの
    夜行高速バスが東名高速道路下り線の厚木インターチェンジ(IC)を誤って通過し、
    バックで約50メートル逆走してICまで戻ったと発表した。
    乗客17人にけがはなかった。高速道路でのバックは道路交通法で禁止されている。

    同社によると、バスは14日午後9時に横浜市内を出発。
    午後11時19分ごろ、男性運転手(49)が降りる予定だった厚木ICを通り過ぎたことに気づき、
    路側帯に約2分間にわたって止めた後、ハザードランプを点滅させながら走行車線を
    約50メートルバックしてICの分岐地点に戻ったという。

    運転手は浜松市内で乗務を交代した際、会社に報告。「車内の温度調節に気を取られて通過してしまった。
    次に停車する本厚木駅への到着が遅れてしまうからバックした」と説明したという。
    次のICまでは約15キロあった。処分が決まるまで運転業務に就かないという。
    同社は「再発防止に全力をあげて取り組む」としている。

    1/15(月) 17:35配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000057-asahi-soci


    【夜行バスがバックで東名高速を50メートル逆走 西日本ジェイアールバスの運転手「ICを通過してしまい…」】の続きを読む

    bbb

    1: 2018/01/15(月) 06:35:56.57 ID:CAP_USER9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180115/k10011289051000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

    1月15日 5時11分
    17年後の2035年に世界で販売される新車のおよそ4台に1台が完全自動運転の車になるとする試算を民間のコンサルティング会社がまとめました。

    大手コンサルティング会社「ボストンコンサルティング」の試算によりますと、ドライバーの運転を必要としない完全自動運転の車は今後10年のうちに一般道を走るようになり、17年後の2035年には世界で販売される新車の23%、およそ4台に1台を占めるとしています。

    また、運転手がいない自動走行のタクシーのほか、「カーシェア」や「ライドシェア」など、車を個人で所有せずに利用するサービスが一段と普及し、乗用車が移動する距離に占める割合が18%に上るということです。

    さらに、乗用車のうち電気自動車の占める割合が現在の1%から30%に増加し、ガソリン車やディーゼル車の割合が大きく減ると予測しています。

    コンサルティング会社は、「自動車メーカーにとっては車を販売するという従来の事業が縮小し、新しい領域への投資が必要になる一方、新規参入の事業者のチャンスが増えそうだ」と分析しています。


    【【完全自動運転車】 17年後は4台に1台に 民間コンサルが試算】の続きを読む

    satnav07

    1: 2018/01/14(日) 17:08:19.37 ID:8SvMjSUC0

     認知症と診断されて運転免許が取り消されたにもかかわらず、車を運転したとして、神奈川県警は12日、無職の男(76)=川崎市宮前区=を道路交通法違反(無免許運転)の容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

     宮前署によると、男は10日午後1時5分ごろ、同区の市道で無免許で車を運転した疑いがある。男が路線バスと接触する事故を起こし、発覚したという。
    昨年9月の免許更新の際、改正道路交通法で義務づけられた認知機能検査で認知症の診断が出たため、同12月に県公安委員会が免許を取り消していた。

    https://www.asahi.com/articles/ASL1D6GW9L1DULOB01S.html


    【警察「認知症だから免許取り消すで」老人「しゃーない」→免許が取消されたのを忘れて運転】の続きを読む

    1: 2018/01/14(日) 10:14:00.32 ID:Joi5Sry10 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

    SUBARU(スバル)ブースの目玉は『VIZIVパフォーマンスSTI』コンセプトだろう。2017年東京モーターショーでお披露目された
    スバルの次世代コンセプトカー、「VIZIVパフォーマンス」を市販車と見立ててSTIならではのチューニングを施したというコンセプトカーだ。

    先のVIZIVパフォーマンスの発表・展示では、AWD、ターボ、最新のアイサイト搭載といった程度しかスペック情報が公開されず、
    その外観から次期WRX STIなのではないか(スバルは、次期WRX STIがVIZIVパフォーマンスに似る可能性を示唆している)と言われている。

    https://response.jp/article/2018/01/13/304663.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【STIで進化したスバル VIZIVパフォーマンス、次期WRXなのか】の続きを読む

    fg

    1: 2018/01/14(日) 00:05:38.88 ID:dLXV4nCr0 BE:844628612-PLT(14990) ポイント特典

    2017年に世界で最も売れた2017年に世界で最も売れた車トップ20、1位はトヨタ「カローラ」(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180111-00019289-forbes-bus_all

    前略

    一番人気は今も「小型車」

    市場が変化していることは明らかだ。だが、少なくとも現時点では、世界全体で見れば依然として、小型車と「経済的」なセダンの販売台数がSUVを上回っている。

    世界で最も人気のある車は、トヨタ「カローラ」だ。1966年以降、世界全体で4300万台以上を販売した。カローラの生産工場は、米ミシシッピ州とカナダを含め、世界各地の16か所にある。

    LMCのデータによると、2017年のカローラの販売台数は世界全体で、116万495台に上った。年間販売台数で2位のホンダ「シビック」(83万3017台)、3位のフォルクスワーゲン「ゴルフ」(78万8044台)に大差を付けている。

    中略

    2017年の世界販売台数トップ20

    昨年の世界全体での販売台数が最も多かった上位20車種は、以下のとおりとなっている。

    1. トヨタ カローラ:116万495台
    2. ホンダ シビック:83万3017台
    3. フォルクスワーゲン ゴルフ:78万8044台
    4. トヨタ RAV4:78万6580台
    5. ホンダ CR-V:75万3359台
    6. フォード Fシリーズ ライトデューティー:73万596台
    7. フォード フォーカス:65万6071台
    8. フォード エスケープ:63万2529台
    9. フォルクスワーゲン ポロ:61万4827台
    10. トヨタ カムリ:56万9760台
    11. 五菱 宏光(ウーリン ホングァン):53万4251台
    12. 日産 キャシュカイ:52万6970台
    13. ホンダ アコード:52万4914台
    14. トヨタ ヤリス ハッチバック:51万8736台
    15. フォルクスワーゲン ラヴィーダ:51万4589台
    16. ヒュンダイ ツーソン:48万4322台
    17. フォルクスワーゲン ティグアン:47万158台
    18. シボレー シルバラード:46万5319台
    19. トヨタ ハイラックス:45万9984台
    20. 哈弗(ハバル) H6:44万8188台


    【2017年に世界で最も売れた2017年トップはトヨタ「カローラ」2位はホンダシビック】の続きを読む

    apparel_bikkuri

    1: 2018/01/13(土) 22:44:51.38 ID:CAP_USER9

    金沢市 コンビニに車突っ込む

    *ソース元にニュース画像あり*

    https://www.nhk.or.jp/
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    13日、金沢市のコンビニエンスストアに男性が運転する乗用車が突っ込み
    店内には従業員や客がいましたがけがをした人はいませんでした。

    13日午後3時前、金沢市専光寺町にある「ファミリーマート専光寺浜店」に乗用車が突っ込み
    入り口付近の壁のガラスを壊し停車しました。
    当時、店内には従業員と客がいましたがけがをした人はいませんでした。
    また、車を運転していた男性も車を降りて店に中にいたというとでけがはありませんでした。

    警察によりますと、車を運転していた男性は
    「エンジンをかけたままギアをパーキングに入れずに
    ドライブに入れたまま駐車し、店に入るため車を降りてしまった」
    と話しているということです。

    警察は男性が誤って車を駐車する際のギアの操作を誤ったことが原因とみて調べています。

    01/13 19:55


    【コンビニに無人の車が突っ込むwwwwww】の続きを読む

    206378

    1: 2018/01/13(土) 12:27:25.67 ID:EMYqxRbM0

    ・軽の電気自動車
    ・軽の商業電気自動車
    ・トヨタのPHVを上回るPHEV
    ・クロカン用のミニバン
    ・クリーンディーゼル
    ・車種もトヨタほどじゃないけど多い
    ・エンブレムがカッコイイ
    ・日産を上回る電気自動車の数

    三菱財閥でブランド力も十分なはずなのに売れない原因ってなんや?


    【三菱自動車とか言う個性的な車を作ってブランド力もあるのに何故か売れないメーカーwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ