自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    マツダ

    1: 2021/04/09(金) 21:51:41.392 ID:ryqprsS00

    変じゃね?
    機能美ある?


    【マツダ車って前が長いよなwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    nihon

    1: 2021/04/09(金) 15:30:44.90 ID:RsurtfpH9

    日本が世界に誇れるクルマを振り返る
     カール・ベンツが内燃機関を搭載した自動車を発明して以来、すでに130年もの歴史が刻まれています。その間、クルマの進化は目覚ましいものがあり、近年は電動車も普及してきたほどです。

    世界に誇れるニッポンのクルマたち
     日本でも大正時代に本格的な自動車製造が始まるなど長い歴史があり、第二次大戦後は自動車大国へと成長しました。

     そして、数多くの日本車が誕生し、そのなかには世の中を変えるほどインパクトのあるクルマや、高い技術力によって誕生したクルマも存在。

     そこで、世界に誇れるニッポンのクルマを、現在も販売されているモデルから5車種ピックアップして紹介します。

    ●日産「フェアレディZ」

    日本を代表するスポーツカーで海外進出の礎のひとつにもなった初代「フェアレディZ」
     日産は1969年に、新時代のスポーツカーとして初代「フェアレディZ」を発売。

     それまでオープン2シーターだったダットサン「フェアレディ」の後継車として開発され、外観は古典的なロングノーズ・ショートデッキのフォルムのクローズドボディを採用し、斬新かつスタイリッシュなデザインが高く評価されました。

     エンジンは2リッター直列6気筒の「L20型」を基本として、エンジンを含め既存のモデルから主要な部品を流用したことから比較的安価な価格を実現。

     日本のみならず、もともと主戦場に想定していたアメリカでも大ヒットを記録し、初代は生産台数の8割がアメリカに輸出されたといわれ、今もアメリカでは高い人気を誇っています。

    ●マツダ「ロードスター」

    消えかえていたオープン・ライトウエイトスポーツカーの火を再燃させた「ロードスター」
     1980年代の終わり頃は、オープン2シーターのライトウエイトスポーツカーにとって世界的に冬の時代でした。

     たとえば、イギリスのMGやトライアンフといった老舗スポーツカーメーカーが生産していたコンパクトなオープンカーも、1980年代初頭には激減してしまいました。

     そうした状況のなか、1989年にマツダが展開していた5つのブランドのひとつであるユーノスから初代「ロードスター」が誕生。

     まさにイギリスのライトウエイトスポーツカーをイメージさせるロードスターは、安価な価格と軽快な走りによって異例のヒット作になりました。

     また、オープンカー大国であるアメリカや、同様なモデルが消えかけていた欧州でもヒットを記録するなど、世界的にロードスターは受け入れられました。

    ●トヨタ「プリウス」

    (省略)

    日本が世界に誇るスポーティカーの2台とは
    ●ホンダ「シビック タイプR」

    ホンダイズムあふれるFFスポーツカーである初代「シビック タイプR」
     1972年にホンダは次世代のFFコンパクトカーとして初代「シビック」を発売。日本だけでなくアメリカでもヒットしたことで、ホンダは世界的にも本格的な自動車メーカーとして認知される存在になりました。

     そして、1980年代からシビックは高性能なグレードを展開し、その究極の姿といえるのが1997年に6代目シビックをベースにした初代「シビック タイプR」です。

    「NSX」「インテグラ」に続く第3のタイプRとして開発された初代シビック タイプRは、最高出力185馬力を8200rpmという量産車として類まれな高回転で発揮する1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載。

    ●スズキ「アルトワークス」

    高性能軽自動車のなかでも究極の進化系といえる初代「アルトワークス」
     現在、日本の自動車市場でもっとも販売台数が多いのは軽自動車ですが、今の軽自動車の基礎をつくったのは、1955年に誕生したスズキ初の4輪自動車「スズライト」といわれています。

     その後、庶民の足として普及した軽自動車は、1980年代の初頭からターボエンジンが搭載されるようになり高性能化が図られました。

     各メーカー間でパワー競争が繰り広げられましたが、このパワー競争に終止符を打ったのが1987年に発売されたスズキ初代「アルトワークス」です。

     アルトワークスは3代目アルトをベースに開発され、550cc直列3気筒DOHCターボエンジンを搭載して64馬力を発揮し、以降は64馬力が軽自動車の馬力自主規制上限値となります。

    (抜粋)
    https://news.livedoor.com/article/detail/19995177/


    【世界に誇れる日本のクルマ5車種】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    BMW1シリーズ

    1: 2021/04/06(火) 22:21:06.27 ID:kJ7TK8cK0

    車に興味なかった頃なんとなくモテそうって理由で買ったがだんだん後悔してきた


    【BMW1シリーズを買って一年が経った結果・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    GRヤリス

    1: 2021/04/08(木) 19:04:34.46 ID:Byyi8sl+0

    やっぱりスポーツカーはトヨタなんだよね


    【GRヤリスとかいう評論家もベタ褒めの車wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    aori

    1: 2021/04/08(木) 08:14:41.60 ID:AOscb6ll0● BE:123322212-PLT(14121)

     別の車への妨害運転を繰り返したとして、神奈川県警は8日にも、横浜市都筑区のアルバイトの男(28)を道路交通法違反(あおり運転)容疑で横浜地検に書類送検する。
    昨年6月にあおり運転罪の規定が施行されて以降、県内での摘発は3例目となる。

     捜査関係者によると、男は昨年12月27日深夜、横浜市港北区や都筑区の県道などを乗用車で走行中、福島県郡山市の会社員男性(28)の車に対し、
    約3分間、約2・7キロにわたって、前方で急ブレーキをかけたり、幅寄せをしたりする妨害運転を続けた疑いがある。男性の車のドライブレコーダーに映像が残っていた。

     男は事情聴取で容疑を認め、「相手が先に車間距離を詰めてきた。コロナ禍なのになぜ、県外ナンバーが走っているのかと思った」と話しているという。

    https://www.yomiuri.co.jp/national/20210407-OYT1T50270/


    【横浜の男、福島県民の車にあおり運転「なぜ県外ナンバーが走ってるのかと思った」←逮捕w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/04/08(木) 15:29:57.501 ID:fFsI3B68a

    これはひどい
    no title


    【世界一醜い車が見つかるwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    uu

    1: 2021/04/08(木) 07:59:14.97 ID:AOscb6ll0● BE:123322212-PLT(14121)

    【4月8日 AFP】米男子ゴルフのタイガー・ウッズ(Tiger Woods)選手(45)が重傷を負った2月の自動車事故について、
    ロサンゼルス郡保安官は7日、ウッズ選手が事故当時、制限速度のほぼ倍に当たる最高140キロのスピードで運転していたと発表した。

     カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のランチョ・パロス・ベルデス(Rancho Palos Verdes)で起きた事故では、
    ウッズ選手が運転していたSUV(スポーツ用多目的車)が道路から飛び出し、繰り返し横転。ウッズ選手は脚を複雑骨折した。

     ロサンゼルス郡のアレックス・ビラヌエバ(Alex Villanueva)保安官は「この交通事故の主な原因は、道路状況に対し安全でない速度での運転と、
    カーブを曲がりきれなかったことにある」と発表。道路の制限速度は時速45マイル(約72キロ)だったのに対し、「最初に衝突した場所での推定速度は
    時速84?87マイル(約135~140キロ)だった」と明らかにした。

     当局によれば、「障害の兆候」や「不注意運転」の証拠はなく、調査結果はウッズ選手本人が公表を容認した。

     ロサンゼルス郡保安官事務所のジェームズ・パワーズ(James Powers)氏によると、ウッズ選手は車を制御できなくなった際、
    ブレーキと間違えてアクセルを踏んだ可能性があるが、本人は当時の状況を覚えていないという。パワーズ氏は記者会見で、
    「障害や酩酊(めいてい)の証拠がなかった」ことから、捜査当局はウッズ選手の携帯電話の確認や血液検査を行わなかったと説明した。(c)AFP

    https://www.afpbb.com/articles/-/3341010


    【タイガー・ウッズの自動車事故、140キロで運転していたのが原因・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジムニー

    1: 2021/04/07(水) 07:39:27.809 ID:n/2PFNY0r

    パワーが欲しい、乗員人数が必要だから普通車SUVを買う←わかる
    コスト、小回り面からジムニーを買う←?
    いや軽でクロカンとしてもスポーツ用多目的車としても優秀なのは軽トラやろw


    【ジムニーとかいうコスパ悪いのに人気な理由wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    バイク

    1: 2021/04/07(水) 21:29:27.900 ID:B3ZRMnZx0

    エンジョイ勢ならバイクだよな


    【バイクって車に比べてコスパいいよね?wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/04/07(水) 20:06:17.47 ID:U0FxTpcZ9

    ダイハツ工業は2021年4月7日、軽オープンスポーツカー「コペン」を一部改良し、販売を開始した。

    今回は新法規に対応し、より広い後方視界を確保するためにサイドミラーを拡大。さらにオートライト機能を新規設定し、全グレードに標準装備としている。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・ローブ:188万8700円(CVT)/191万0700円(5MT)
    ・ローブS:209万2200円(CVT)/211万4200円(5MT)
    ・エクスプレイ:188万8700円(CVT)/191万0700円(5MT)
    ・エクスプレイS:209万2200円(CVT)/211万4200円(5MT)
    ・セロ:194万3700円(CVT)/196万5700円(5MT)
    ・セロS:214万7200円(CVT)/216万9200円(5MT)
    ・GRスポーツ:238万2200円(CVT)/243万7200円(5MT)

    (webCG)

    2021.04.07
    https://www.webcg.net/articles/-/44299

    コペン
    no title

    no title

    no title


    関連記事
    トヨタがオープントップの軽「コペンGRスポーツ」を仕様変更 利便性がアップ
    https://www.webcg.net/articles/-/44300


    【ダイハツが「コペン」を一部改良 オートライトを全車に標準装備】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/04/07(水) 20:13:27.57 ID:JMWmoCtz9

    メルセデスベンツの高性能車部門のメルセデスAMG(Mercedes-AMG)は3月31日、現在開発中の新型『Cクラス』ベースのメルセデスAMG車に、新しいハイブリッドパワートレインを搭載すると発表した。

    現行CクラスベースのメルセデスAMGには、「C43」と「C63」がある。C43には、直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジン(最大出力390hp、最大トルク53kgm)を搭載する。また、C63には、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載し、頂点に位置する「C63S」の場合、最大出力510hp、最大トルク71.4kgmを獲得する。

    AMGパフォーマンスハイブリッド

    これに対して、新型CクラスベースのメルセデスAMGでは、エンジンのダウンサイズをさらに進め、排気量2.0リットルの直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。現行C63の4.0リットルV8から、排気量、気筒数ともに半減となる。

    排気量2.0リットルの直列4気筒エンジンで、現行型を上回る性能を実現するために、メルセデスAMGはF1譲りの「Eパフォーマンス」テクノロジーを導入する。AMGパフォーマンスハイブリッドを、電動ターボ付きの4気筒エンジンに組み合わせる。

    (略)
    https://response.jp/article/2021/04/05/344652.html

    no title


    【新型C63 AMG、V8ではなく「直4」エンジンに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/04/06(火) 09:30:55.441 ID:1xtr6fs80

    これにはLEXUSも苦笑い

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ベンツの内装が凄すぎて草】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタ自動車の小型車「ヤリス」1

    1: 2021/04/06(火) 16:19:31.70 ID:F5e9uEjo9

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ce38900db1ebfec89c6e471f15a310a7b9ad4663

    トヨタ自動車の小型車「ヤリス」

    ■ 2020年度(2020年4月~2021年3月)の車名別新車販売ランキング
    乗用車ベスト10
    1位 トヨタ「ヤリス」:20万2652台(前年比1216.8%)
    2位 トヨタ「ライズ」:12万988台(前年比247.9%)
    3位 トヨタ「カローラ」:11万2777台(前年比98.6%)
    4位 トヨタ「アルファード」:10万6579台(前年比157.1%)
    5位 トヨタ「ルーミー」:10万3064台(前年比111%)
    6位 ホンダ「フィット」:9万4311台(前年比123.9%)
    7位 トヨタ「ハリアー」:8万6843台(前年比277.6%)
    8位 ホンダ「フリード」:7万3368台(前年比86.9%)
    9位 トヨタ「ヴォクシー」:7万1903台(前年比87.7%)
    10位 日産「ノート」:7万1894台(前年比67.9%)

    軽自動車ベスト10
    1位 ホンダ「N-BOX」:19万7900台(前年比79.9%)
    2位 スズキ「スペーシア」:14万5319台(前年比90.9%)
    3位 ダイハツ「タント」:12万8218台(前年比74.3%)
    4位 ダイハツ「ムーヴ」:10万1183台(前年比85.3%)
    5位 日産「ルークス」:9万8564台(前年比1291.3%)
    6位 スズキ「ハスラー」:8万5426台(前年比136%)
    7位 ダイハツ「ミラ」:7万1757台(前年比84.1%)
    8位 日産「デイズ」:6万6257台(前年比42.8%)
    9位 スズキ「ワゴンR」:6万6003台(前年比84%)
    10位 ホンダ「N-WGN」:6万1421台(前年比148.2%)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/97afed46958fd264ce8a8d19accd50a60e15d2ec


    2020年度の車名別国内新車販売は、昨年2月発売のトヨタ自動車の小型車「ヤリス」が前年度に比べて約12.2倍の20万2652台でトップだった。
    日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。
    トヨタ車が1位になるのは16年度のハイブリッド車(HV)「プリウス」以来、4年ぶり。

    19年度まで3年連続首位だったホンダの軽自動車「N―BOX」は20.1%減の19万7900台で2位にとどまった。

    ヤリスは昨年8月発売の派生車の小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ヤリスクロス」との合算で、先進の運転支援技術や燃費性能の高さが評価された。


    【【2020年最も売れた新車】国内新車販売、「ヤリス」がトップ トヨタが4年ぶり奪還】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    BMW乗りのキチ率

    1: 2021/04/03(土) 13:35:06.987 ID:A9i47C6hp

    ガチで


    【BMW乗りのキチ率ヤバない?wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ランドクルーザー

    1: 2021/04/05(月) 17:50:03.909 ID:4nwGYuqad

    鳥取県民かよ


    【日本でランドクルーザーとか言う車に乗る意味ってある...?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    車とバイクの免許

    1: 2021/04/05(月) 21:57:23.340 ID:S31C8bmU0

    両方乗りたい。


    【いま原付の免許しかないんだけど車とバイクの免許、どっちを先に取るのが楽ですかね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    自動運転、バック車庫入れ成功機械式駐車場に

    1: 2021/04/04(日) 11:40:25.61 ID:fmVy6rdj0● BE:448218991-PLT(14145)

     輸送機器メーカーの新明和工業(兵庫県宝塚市)は3日までに、自動運転車で難易度の高い
    機械式駐車場にバックで車庫入れする実証実験に成功したと発表した。駐車場設備と車が双方向で
    通信して1センチ単位で正確な位置に誘導する。将来的な事業化に向けて自動車メーカーと協議しながら
    開発を進める。

     同社は群馬大と2017年から共同研究を開始した。機械式駐車場には段差や溝があり、すでに
    普及している自動運転技術では正確な位置に駐車するのが難しかった。実証実験では設備側にも
    センサーを設置し、衛星利用測位システム(GPS)の電波が届きにくい機械式駐車場で精度の高い
    誘導を実現した。
    https://www.daily.co.jp/society/economics/2021/04/03/0014209511.shtml


    【【自動運転】機械式駐車場にバックで車庫入れ成功】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/04/05(月) 22:41:48.51 ID:jXebvRu+9

    スバルは2021年4月5日、同年夏の日本発売を予定している、新型「BRZ」の国内仕様を初公開した。

    ■エンジンの排気量を2.4リッターにアップ

    BRZは、スバルがトヨタと共同開発するFRのスポーツカーである。初代のデビューは2012年のことで、水平対向エンジンの搭載による重心の低さに加え、車両重量の軽さやコンパクトさも実現。優れたハンドリング性能で好評を得た。今回、日本仕様が発表された新型はその2代目であり、トヨタ版である「GR 86」の姉妹モデルにあたる。

    開発に際しては、スバルとトヨタとでクルマのベースは共有しながらも、それぞれの個性に基づいて異なるドライブフィールを持たせることに注力。スバルは「『誰もが愉(たの)しめる究極のFRピュアスポーツカー』を実現した」と説明している。

    初代から大きく変わったのがパワーユニットで、これまでより400ccほど排気量の大きな、新型の2.4リッター水平対向4気筒エンジンを採用。ボア×ストローク=94×86mmというショートストローク型で、徹底した吸排気性能の強化とフリクションの低減により、最大トルクを約15%向上させているという。また力強い加速に加え、レスポンスのよさや滑らかに高回転まで吹け上がるフィーリングも追求している。

    これに組み合わされるトランスミッションは6段MTと6段ATで、特に後者については「SPORT」モード時の制御を改善。クルマがスポーツ走行中と判断した際には、ドライバーの意思や操作に応じて最適なシフト操作を自動で行い、よりダイレクト感のあるコーナリングを可能にするとしている。

    ■大幅にボディー剛性を高めつつ重量増を抑制

    ボディーについても大きく手を加えており、現行「インプレッサ」や「フォレスター」「レヴォーグ」などに用いている「スバルグローバルプラットフォーム」の開発から得たノウハウを投入。インナーフレーム構造や構造用接着剤などを採用してボディーを再構築することで、初代モデルに対しフロントの横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%向上させた。これにより、ステアリング操作に対する応答性や、旋回時のトラクション性能が向上しているという。

    また軽量化にも配慮しており、ルーフやフード、フロントフェンダーにアルミニウムを用いることで、エンジンの大型化や安全性向上に伴う重量増を抑制。前後左右の重量適正化や、さらなる低重心化も追求している。タイヤについては、18インチアルミホイール装着車には従来型の「BRZ STI Sport」と同じく、215/40R18サイズのスポーツタイヤ「ミシュラン・パイロットスポーツ4」を装備。コントロール性と応答性の向上を図っている。

    このほかにも、新型BRZでは安全性についても配慮がなされており、高張力鋼板の採用拡大などによってボディーの強度を高めるとともに、各種エアバッグをはじめとする乗員保護システムを強化することで、衝突安全性能を向上。AT車にはBRZとして初めて、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付きクルーズコントロールなどからなる予防安全・運転支援システム「アイサイト」が標準装備される。

    【スペック】

    ・ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1775×1310mm
    ・ホイールベース:2575mm
    ・車重:1270kg(6段MT仕様)
    ・駆動方式:FR
    ・エンジン:2.4リッター水平対向4気筒
    ・トランスミッション:6段MT/6段AT
    ・最高出力:235PS(173kW)/7000rpm
    ・最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/3700rpm
    ・タイヤ:(前)215/40R18/(後)215/40R18(ミシュラン・パイロットスポーツ4)

    ※数値はプロトタイプの開発目標値

    (webCG)

    2021.04.05
    https://www.webcg.net/articles/-/44281

    BRZ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【スバルが2代目となる新型「BRZ」の日本仕様を公開 2021年夏の国内発売を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタSAI

    1: 2021/04/04(日) 19:39:27.865 ID:ZC4bEstId0404

    2011年式
    8万キロ
    50万円


    【新卒だけど、トヨタの「SAI」買ったぞ、嬉し過ぎるwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    半導体不足

    1: 2021/04/04(日) 13:14:55.08 ID:+cchXw7Z9

     スズキは3日、小型車「スイフト」や「ソリオ」などを生産する相良工場(静岡県)で、5日の操業を取りやめることを明らかにした。

     軽自動車「スペーシア」や「ハスラー」などを生産している湖西工場(同)の一部ラインも、5日と12日は操業を停止する。いずれも世界的な半導体不足を受け、部品の納入が予定より遅れているためだ。

     両工場は今後、休日に操業して遅れを取り戻す。全体の生産台数への影響はないという。

     自動車業界は半導体不足以外でも、2月に米南部を襲った寒波の影響で部品の生産が停滞しており、工場の減産や一時停止による生産調整が広がっている。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19965698/



    【スズキ「スイフト」「ソリオ」生産一旦停止、半導体不足の為】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/04/04(日) 22:45:40.73 ID:y/8LYvdl9

    トヨタ自動車は2021年4月2日、ステーションワゴン「カローラ ツーリング」に特別仕様車“ACTIVE RIDE(アクティブライド)”を設定し、500台の台数限定で同年4月19日に発売すると発表。同日、注文受け付けを開始した。

    今回のトヨタ・カローラ ツーリング“アクティブライド”には最高出力170PS/6600rpm、最大トルク202N・m/4800rpmの2リッター直4直噴自然吸気「ダイナミックフォースエンジン」が搭載される。トランスミッションは発進用ギアと10段の疑似ステップ変速機構を備えた「ダイレクトシフトCVT」が組み合わされる。

    WLTCモードの燃費値は16.6km/リッターで、駆動方式はFWDのみ。安定した車両姿勢で快適性を高める専用チューニングのサスペンションを搭載しているという。

    アウトドアテイストを利かせた内外装も同モデルの特徴で、ボディーカラーは特別色の「ブラックマイカ×アーバンカーキ」の2トーンや「アーバンカーキ」を含む4種類をラインナップ。フロント&リアバンパーや専用ロゴ入りロッカーモールが2トーンになるほか、ブラック塗装の17インチアルミホイール、サテンメッキ加飾付きはっ水加工ファブリックスポーツシート、オレンジステッチをあしらったインストゥルメントパネルやドアアームレスト表皮、ダークグレーメタリック塗装のルーフレールなども特別装備されている。

    さらにブラインドスポットモニター+リアクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]や微粒子イオンを使って快適な室内を保つ「ナノイーX」、9インチの大画面ディスプレイオーディオなどを標準装備としたほか、サイクルアタッチメントやシステムラックベースラック(ルーフオンタイプ)、エンブレムなどが販売店オプションとして用意されている。

    価格は266万円。(webCG)

    2021.04.02
    https://www.webcg.net/articles/-/44284

    カローラ ツーリング“アクティブライド”
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタが「カローラ ツーリング」にアウトドアテイストを盛り込んだ特別仕様車設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ジムニーが欲しい

    1: 2021/03/28(日) 12:49:15.293 ID:Z8eFN5DA0

    車中泊したいよ


    【どうしてもジムニーが欲しいwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1: 2021/04/03(土) 20:41:09.76 ID:jS3UNq3X0● BE:423476805-2BP(4000)


    ホンダではN-BOXのフルモデルチェンジに向けての開発が進められている。
    通算3代目となる次期N-BOXの発売時期は2023年後半が想定される。
    N-BOXの昨年2020年の販売台数は19万5984台となり、4年連続して日本で一番売れたクルマとなった。
    これだけ圧倒的な販売実績があれば、次期型が計画されるのは当然の流れである。

    https://car-research.jp/n-box/acc.html
    (写真は後期型N-BOX)
    no title


    その一方でホンダでは、軽自動車事業を縮小させる動きもあった。
    これによりアクティ トラックとS660は生産中止の判断が下され、いずれも今後の生産予定台数を完売済み。
    実質的なセールス活動を終えている。

    N-BOXの好調を背景に、ホンダの軽自動車はプラットフォーム共用されるNシリーズに集約されることになる。

    ■N-BOX人気に依存するホンダの軽自動車事業

    ただし、Nシリーズも安泰とは言い切れない。
    N-BOX以外で目立って売れているモデルが無いのだ。
    近年のホンダの軽自動車事業は、N-BOXの人気に依存したものであり、これに続くヒット作が出せていない。
    今後N-BOXが、市場環境の変化などにより、圧倒的な販売台数を維持できなくなれば、ホンダの軽自動車事業全体が窮地に陥ることは想像に難くない。
    (続きあり)


    【N-BOXがフルモデルチェンジへ、ホンダの軽自動車はNシリーズに絞られる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    趣味ドライブ

    1: 2021/04/02(金) 23:45:10.239 ID:gSaRw5U00

    免許取ったばかりで型落ち貰った


    【オデッセイ乗ってるんだが趣味ドライブって言ってもいい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    年功序列

    1: 2021/04/02(金) 18:34:03.12 ID:xmHP1M7X0● BE:144189134-2BP(2000)

    トヨタ自動車が賃金引き上げ幅を成果評価だけで決める
    新たな賃金制度を来年1月から全面施行する。

    日本を代表する製造業者であるトヨタが
    成果評価制を導入することで、
    これまで年功序列型の給与制度を守ってきた
    日本の製造業界全体が影響を受けると予想される。

    4日付の朝日新聞によると、
    組合員6万9000人のトヨタ自動車労働組合は
    先月30日に定期組合員総会を開き、
    会社側が提示した新しい賃金制度を受け入れることに決めた。

    https://japanese.joins.com/JArticle/270823


    【【トヨタ】年取るだけで年収増える 年功序列廃止 1月から100%成果年俸制導入】の続きを読む