自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/07/05(火) 20:27:06.86 ID:XAZG6cuf0● BE:896590257-PLT(21003)

    炎天下の悲劇を防げ 子どもの車内放置検知システム、アイシンが開発
    2022年7月5日 18時30分 朝日新聞

    炎天下の車内に置き去りにされた子どもが熱中症で亡くなる悲劇を防ごうと、トヨタ自動車系大手部品メーカーのアイシン(愛知県刈谷市)が、子どもの車内放置を検知するシステムを開発した。
    2025年ごろの実用化を目標に詰めの検討を加速させている。

    同社は高精度なレーダー(電波)技術を強みとするイスラエルのベンチャー企業と連携。車内の天井部分に設置されたレーダーが大人や子ども、動物などの大きさを見分ける。
    子どもの呼吸時の胸の動きといった微小な動きも検知し、子どもが車内に取り残されていないかどうか識別する。
    子どもだけを置いて車外に出ると、ヘッドランプやクラクションを自動で作動させて、知らせる仕組みを想定している。

    子どもは後席につけたチャイルドシートに乗せることが一般的だ。ただ、前席に移るなど、「予測できない動き」(開発担当者)も想定し、レーダーが車内全体をカバーするよう設計した。
    自動車会社の要望を聞くなど、量産化へ詰めを進めている。

    https://www.asahi.com/articles/ASQ755KH1Q75ULFA00R.html
    no title


    【【画期的】トヨタ系、車内での熱中症死を防ぐシステムを開発!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/07/05(火) 20:20:34.52 ID:vssWN8KZ0

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    ランボルギーニ


    【【画像】カッコいい車しか作れない自動車メーカーさんwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    honda

    1: 2022/07/05(火) 12:34:15.65 ID:ekPZDszAM

    CR-V、インサイト、シャトルの生産終了が明らかにされた。
    2021年にはアクティ、オデッセイ、レジェンド、クラリティが廃止になり、
    2022年3月生産終了のS660、2022年12月生産終了の2代目NSXを含めると、この2年間で9車種が消滅することになる。

    https://bestcarweb.jp/feature/column/367424


    【【悲報】ホンダさん、ここ2年で9車種が消滅するwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    di

    1: 2022/07/05(火) 22:32:21.68 ID:qjkgUrOc9

    ダイハツ工業は2022年7月5日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」の新型を発表した。同年7月13日に販売を開始する。

    ■個性の異なる2タイプを展開

    2016年9月に“新感覚のスタイルワゴン”として誕生した、ダイハツ・ムーヴ キャンバス。初のフルモデルチェンジを受けて登場した2代目は、小さなバスを思わせる初代の基本デザインを継承しつつ、幅広いユーザーのニーズに対応すべく、「ストライプス」「セオリー」という個性の異なる仕様が設定された。

    ストライプスは従来型の“かわいい路線”で、すっきりとしたフロントデザインやボディー全体の丸みを強調する意匠、ホワイト基調のインストゥルメントパネル、ソファのような新開発ファブリックシートなどが特徴。ボディーカラーは全8種類で、新色「アプリコットピンクメタリック」「シトラスイエロークリスタルシャイン」をベースとする2トーンカラーがラインナップされる。ホワイトやメッキをアクセントとした外装パーツとライトウッド調の明るい内装パーツを組み合わせた専用パッケージオプション「リラックススタイル」も選べる。

    もう片方のセオリーは、シックで落ち着いた雰囲気が持ち味。エクステリアは単色のボディーカラーにメッキ加飾をあしらい、上質さを演出。インテリアは深みのあるブラウンとネイビーを組み合わせることで、落ち着いた空間となっている。…

    (中略、詳細はソースでご確認下さい)

    ラインナップと価格は以下のとおり。4WD車はFF車の12万6500円高となる。

    【ムーヴ キャンバス ストライプス】
    ・ストライプスX(FF車):149万6000円
    ・ストライプスX(4WD車):162万2500円
    ・ストライプスG(FF車):167万2000円
    ・ストライプスG(4WD車):179万8500円
    ・ストライプスGターボ(FF車):179万3000円
    ・ストライプスGターボ(4WD車):191万9500円

    【ムーヴ キャンバス セオリー】
    ・セオリーX(FF車):149万6000円
    ・セオリーX(4WD車):162万2500円
    ・セオリーG(FF車):167万2000円
    ・セオリーG(4WD車):179万8500円
    ・セオリーGターボ(FF車):179万3000円
    ・セオリーGターボ(4WD車):191万9500円

    (webCG)

    2022.07.05
    https://www.webcg.net/articles/-/46604


    【【ダイハツ】新感覚スタイルワゴン「ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hi

    1: 2022/07/05(火) 05:52:25.49 ID:7sz1UZBx9

    2022.6.28

    信号待ちのとき、周囲のクルマへの配慮からヘッドライトを消すクルマを見かけることがあります。ヘッドライトの光によって、対向車ドライバーを眩惑させないためですが、再発進する際に、点灯し忘れる可能性もあり、非常に危険。信号待ちのヘッドライトは消すべきでしょうか、それとも、つけておくべきでしょうか。

    ■違反ではないが、安全のためには必要

    ヘッドライトに関しては、道路交通法52条において、「車両等は、夜間、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。」と規定されています。この「政令」にあたる道路交通法施行令第十八条(道路にある場合の灯火)をみると、
    「(車両の保安基準に関する規定に定める基準に適合する駐車灯をつけて停車し、若しくは駐車しているときは)この限りでない。」とされており、信号待ちでヘッドライトを消すことは、道路交通法においては認められています。
    しかし、ヘッドライトは、ドライバーの視界の確保だけでなく、周囲のクルマに自分の存在を気付かせるという役割も担っているもの。身を守るためにも、できる限り点灯するべきだと考えます。
    ただし、信号待ちの坂道で自車のヘッドライトの光が対向車のフロントガラスに直撃しているような状況ならば、マナーとして消すのもいいかと思いますが、再点灯させるのを忘れないようにしてください。

    ただ、筆者の元警察官の父親は、信号待ちのとき、思いやりでヘッドライトを消灯することに対しては許容していると話していたことを覚えています。そのため、信号待ちのヘッドライト消灯で、
    指摘を受けることは稀だと思います。が、ヘッドライトは、ドライバーの視界の確保だけでなく、周囲のクルマに自分の存在を気付かせるという役割も担っていることから、身を守るためにも、できる限り点灯するべきだと考えます。
    ただし、信号待ちの坂道で自車のヘッドライトの光が対向車のフロントガラスに直撃しているような状況ならば、マナーとして消すのもいいかと思いますが、再点灯させるのを忘れないようにしてください。

    ■新しい保安基準によって、ヘッドライト点灯/消灯は常に「オート」に
    https://forzastyle.com/articles/-/64742


    【まぶしいんですけど!信号待ちでヘッドライトを消すと道交法違反になるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スリップストリームは普通のクルマ

    1: 2022/07/01(金) 05:43:18.51 ID:LHqEa8tm9

    2022年6月27日 / コラム

    車速80km/h、車間4mのトラック隊列走行で、燃費が15%向上

     一般走行でも、スリップストリームを実現できれば、省エネ走行によって燃費低減が期待できるはず。どのような条件で、どの程度の効果が見込まれるのでしょうか。
     NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の大型トラック走行試験で、車速80km/h、車間距離4mの自動隊列走行において、燃費は15%向上するという結果が得られています。トラックは、決められたコースを走行することが多いので自動運転が活用しやすいのです。

     また参考ですが、直進路を車速90km/hで走行する大型トラックをコンパクトカーで追走する試験で、車両間隔3mで39%、6mで27%、15mで20%、30mで11%の燃費向上が得られたという報告があります。リアルワールドでは、一定速度で直進するということはないので、実際にはこれだけの好結果はまず出ないはずですが、NEDOの結果を参考にすると、(条件によって異なりますが)トラックを追走する乗用車なら、車速80km/h以上で車間距離10m以下をキープすれば、10%程度の燃費向上が期待できるかもしれません。
     高速道路の100km/h~120km/hなら、もう少し効果が大きい可能性もあります。一方で、前走車が一般的な乗用車だともっと接近しないと、効果は出せないはず。ただ、いずれにせよ車間距離10m以下というのは、安全性を考えると現実的ではありませんね。

    自動運転ならできるかも
    https://bestcarweb.jp/feature/column/448678?prd=2


    【【一般道では違法だけど】スリップストリームは普通のクルマでも効果があるのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2: 2022/07/05(火) 05:56:44.10 ID:wnzPLjju0

    ピットワン(岐阜市)は、光陽オリエントジャパンとコラボして、ポルシェ『911』を世界一黒いと言われる塗料「真・黒色無双」を使用して全塗装を施工した。

    光陽オリエントジャパンの真・黒色無双は、2020年9月に販売を開始した世界一黒い水性アクリル塗料。対象物の表面に大きな表面積の粉状塗膜層を作ることで、光を層の内部に閉じ込めて超低反射の黒い外観を実現している。塗装環境を選ばない水性塗料で、Reach、RoHSといった環境規制にも対応。塗料自体もほぼ無臭のため、気軽に高品質な黒色塗装を楽しむことができる。

    スーパーブラックコーティングといえば、2019年のフランクフルトモーターショーで話題となったBMW『X6』の「ベンタブラック」が有名だが、真・黒色無双の全反射率はベンタブラックよりも低い0.6%。「世界一真っ黒な車」に仕上がっている。

    https://response.jp/article/2022/07/04/359322.html

    1772981


    1772989



    【世界一黒い車が日本で誕生!お前らが想像する7倍は黒いwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    マツダ新型CX-60

    1: 2022/07/04(月) 17:46:50.10 ID:t9zC9QV7M

    何で?
    安すぎやん


    【マツダ新型CX-60「直列6気筒ディーゼルです。FRです。400万です」←まったく話題ならない理由www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    289

    1: 2022/07/02(土) 10:28:09.944 ID:v4MDOd49d

    日産とかホンダではこうはならなそう
    no title


    【トヨタさん、高級ブランドみたいになるwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    nis01_s

    1: 2022/07/01(金) 10:22:01.78 ID:un4zQiba9

    EV無料充電やひっ迫時の”放電”でPayPayポイント 日産ら8社が充電シフト事業
    清宮信志2022年6月30日 18:30

    日産自動車など8社は、「ダイナミックプライシングの実用化に向けたEV・PHEV向け充電調整実証事業」を、6月9日から2023年2月17日まで実施する。経済産業省が公募し、環境共創イニシアチブから「令和4年度ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフト実証事業」として採択されたもの。EVなどの充電時、電力単価が安い時間帯に充電してもらうことで電力を無料にしたり、充電した電力は、電力需要が高い時間には放電してもらうことでPayPayポイントを付与するなどの取り組みを行なう。

    (中略)

    実証の対象エリアは東京電力・東北電力・中部電力・関西電力・四国電力・九州電力の管轄エリア。参加企業は、MCリテールエナジー、五島市民電力、SBエナジー、シェルジャパン、REXEV、三菱自動車工業、日産自動車、三菱オートリースの8社。
    https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1421499.html


    【EV無料充電やひっ迫時の”放電”でPayPayポイント 日産ら8社が充電シフト事業】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/07/03(日) 01:35:01.11 ID:rUJSgTwf0

    no title


    EUで売れてる車メーカーランキング 

    1位 フォルクスワーゲン🇩🇪
    2位 ストランティス🇳🇱
    3位 ルノー日産🇫🇷
    4位 ヒュンダイキア🇰🇷
    5位 BMW🇩🇪
    6位 トヨタ🇯🇵
    7位 ダイムラー🇩🇪 ← 😅


    【【朗報】トヨタ、うっかりEUでベンツより売れてしまうwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタのライズ

    1: 2022/07/02(土) 19:03:48.32 ID:kIV+ldtup

    これパッと買えるやつどこの貴族よ


    【トヨタのライズの見積もり取ったら260万で草wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    任意保険未加入

    1: 2022/06/27(月) 12:49:50.80 ID:oOApLXDS0● BE:509689741-2BP(6000)

    自動車「任意保険」未加入はなんと10%! 自賠責の代わりに「義務化するべき」は暴論か、それとも真実か
    6/26(日) 7:11

    10台に1台は任意保険未加入

     この国の自動車は10台に1台の確率で、任意保険(自動車共済含む)に入っていない。筆者(日野百草、ノンフィクション作家)は恐ろしい数だと思う。「たった10%」とは思えない。

     本稿では任意保険に入っていない車を便宜上「未加入車」とするが、こうした未加入車との遭遇率は「たった10%」ではなく、「10%も」と考えるべきだろう。任意保険に入らないユーザーが10%もいる現実、ちなみにバイク(原付除く)に至っては2台に1台、約50%が任意保険に入っていない。

     原付に至っては約70%も未加入だが、こちらはファミリーバイク特約分も入れればもう少し下がるだろう。ともあれ、そもそも車だバイクだ関係なく、任意保険未加入で乗るなど想像するだけでも恐ろしい。

    「もし加害者になったら」を考える

    続き
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f5f9fca37b0e4f3a35981e10796a3c49e40a133


    【【悲報】10台に1台の車が任意保険未加入と判明!←怖すぎる・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/06/27(月) 22:11:34.029 ID:1LCxjnvi0

    なんか理由ある?

    911


    bens


    【お前らって何でポルシェとかメルベン乗らんのん?www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    トヨタのアクア

    1: 2022/06/30(木) 12:09:50.69 ID:el8AYEMtM

    主に通勤に使う
    往復60kmくらいや


    【年収400万ちょっとでトヨタのアクア維持できる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    普通車

    1: 2022/07/01(金) 10:47:20.606 ID:vzAgwwVMM

    近場の足くらいで頻繁に遠出しないものとする


    【普通車って軽に比べてどんなメリットあるの??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/06/30(木) 20:53:37.75 ID:PccMHYed0 BE:422186189-PLT(12015)

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title




    【スバルの「穴のないSTI」がワイの中で話題にwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    rankuru

    1: 2022/07/01(金) 21:49:06.55 ID:YqyvVqaD9

    >>2022/07/01 20:44

     トヨタ自動車は1日、スポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー」の受注を停止していると発表した。半導体などの部品不足で生産が追いつかなくなっており、納車まで4年を超える状態になっていた。

    トヨタ自動車が受注を停止したスポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー」
     受注を停止しているのは、国内では昨年8月に発売された新型「300シリーズ」。再開は生産状況を踏まえて、来年半ばに公表する予定だ。

    続きは↓
    読売新聞オンライン: トヨタ、新型ランクルの受注停止…生産追いつかず納車まで4年超.
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220701-OYT1T50233/


    【【トヨタ】新型ランクルの受注停止…生産追いつかず納車まで4年超】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2022/06/30(木) 22:27:53.83 ID:S3GojBnr9

    マツダは2022年6月30日、同年9月発売予定の新型SUV「CX-60」に採用する、新たなコネクテッドサービスの機能を発表した。

    ■ドライバーの異常を検知して自動で緊急通報を実施

    マツダCX-60は、新開発のエンジン縦置きプラットフォームをベースに開発された、マツダの新世代SUVである。

    今回発表されたのは、コールセンターやスマートフォンとの連携を通じてオーナーのカーライフをサポートする、コネクテッドサービスの新機能である。他のマツダ車でも利用可能なエマージェンシーコールやリモートモニターなどに加え、CX-60には以下の機能も用意されるという。

    【マツダマイカーケア】
    車両へのいたずらや盗難が発生した際に、警備会社からガードマンを派遣。車両の状態確認・監視を行う。

    【ドライバーケア】
    オーナーが任意でクルマの速度や運転時間、走行エリアを「MyMazda」アプリに登録。設定した条件になると、携帯端末にアラートが届けられる。家族のクルマが外出先から自宅近くに戻ってきたことを把握する際などに重宝するという。

    【リモートエンジンスタート】
    クルマの空調システムと連携し、走行開始時の視界確保および快適な車内温度の調整に貢献する。

    価格は、マツダマイカーケアとドライバーケアをセットにした「見守りプラン」が月額で330円、年額で3630円。リモートエンジンスタートが月額で220円、年額で2420円となっている。

    このほかにも、緊急時の自動通報システム「マツダエマージェンシーコール」には、CX-60から導入される予防安全システム「ドライバー異常時対応システム(DEA)」との連携機能を追加。ドライバーが意識を失うなどの緊急事態を検知すると、自動で緊急通報を行うようになっている。

    ■一部機能の無料期間を10年に延長

    マツダでは、2019年9月に通信モジュール搭載車の購入者に対してコネクテッドサービスの提供を開始。…

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2022.06.30
    https://www.webcg.net/articles/-/46582

    CX-60
    no title


    【【マツダ】新型SUV「CX-60」に採用する新しいコネクテッドサービスを発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    Hyundai-LOGO

    1: 2022/06/29(水) 20:48:06.77 ID:N0ZFjt7vaNIKU

    次に貼る


    【【ヒョンデ】カッコよすぎる新型のEVセダン「IONIQ6」を公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    01

    1: 2022/07/01(金) 01:36:32.68 ID:ozoHHIq+0

    https://youtu.be/bdNrsvlgfKA

    これ死人出ないんか?
    こわすぎやろ


    【【動画】自動車レースの観客ヤバすぎワロタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホンダ

    1: 2022/07/01(金) 06:47:10.47 ID:FhtTD6n50



    【ホンダの新型SUVがかっこいいと話題wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    EU

    1: 2022/06/30(木) 14:11:17.41 ID:O2phkytr0

    【マドリード時事】欧州連合(EU)加盟国は29日、環境相理事会で、域内で販売する新車の乗用車の二酸化炭素(CO2)排出量を2035年までに「ゼロ」とし、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を事実上禁じるEUの規制案を認めた。  禁止の施行に向け大きく前進した。

     欧州委員会が昨年7月に提案した原案の内容をほぼ踏襲した。これを基に欧州議会と交渉し、最終的な法案を決定する。議会も35年禁止案を支持しており、成立する公算が大きい。 


    【【悲報】EUさん、ガソリン車の35年新車販売禁止が決定。5年延長されずwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    軽自動車でイチャイチャしてる若い男女

    1: 2022/06/30(木) 00:22:36.917 ID:JH/Zd0uj0

    くるしい


    【BMW乗ってるけど軽自動車でイチャイチャしてる若い男女を見るとはらわたが煮えくり返るんだがw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    世界一タフな車

    1: 2022/06/29(水) 10:26:20.77 ID:+Ha4Zn2KM

    ランクルとかか?


    【世界一タフな車wwwwwwwwww】の続きを読む