BMW

    1: 2018/10/30(火) 14:12:37.20 ID:8Y/ilrFs0● BE:601381941-PLT(13121)


    BMW ヴィジョン iNEXT、完全自動運転のEV提案…ロサンゼルスモーターショー2018で発表へ

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    BMWは10月26日、米国で11月に開催されるロサンゼルスモーターショー2018において、次世代のEVコンセプトカー、
    BMW『ヴィジョンiNEXT』(BMW Vision iNEXT)をワールドプレミアすると発表した。

    ヴィジョンiNEXTは、BMWグループが2021年から生産予定の新型EV、『iNEXT』を示唆するコンセプトカーだ。
    ヴィジョンiNEXTは近い将来の自動モビリティの可能性を追求し、パーソナルモビリティの将来という点でも、
    BMWグループの戦略的な方向性の象徴となるソリューションを示す1台になるという。

    ヴィジョンiNEXT は、BMWの最新のスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)のサイズとプロポーションを採用した。
    ボディカラーのリキッド・グレーローズ・コッパーは、温かみのある銅から暗めのローズへと変化するのが特徴だ。

    フロント中央には大型のダブルキドニーグリルを装着した。このグリルはBMW『i3』同様、閉じられている。
    EVはエンジン冷却の必要がないので、キドニーグリルは各種センサーを装着するインテリジェンスパネルとして機能する。

    フロントウインドウは大型パノラマサンルーフへと続くデザインで、外側からインテリアがよく見えるように設計された。
    Bピラーのない左右の大型ドアは観音開き。ドアを開くと、広々とした室内空間が見渡せる。

    ヴィジョンiNEXTでは、ドライバーは「ブースト」モードで自ら運転するか、「イージー」モードで車両に運転を任せるかを選択。
    ブーストモードでは、電動ドライブによってダイナミックかつ静かなゼロエミッションの走行が行える。イージーモードでは、
    ドライバーと同乗者に多彩なアクティビティのための空間を提供。乗員の希望次第でリラクゼーション、インタラクション、
    エンターテインメント、コンセントレーションのスペースになるのが特徴だ。

    ヴィジョン iNEXTには「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」を搭載。
    ドライバーは運転中、「ヘイ、BMW」と呼びかけることにより、音声アシストが起動。ドライバーが求めるさまざまな機能や情報に、
    安全にアクセスできる。

    https://response.jp/article/2018/10/29/315533.html?from=tprt


    【BMW、「ヘイ、BMW」と話しかけると音声アシストする車を発表 革新的デザインも魅力】の続きを読む

    1: 2018/10/24(水) 21:56:59.51 ID:CAP_USER9

    ビーエムダブリューは、「X1」と「M3」のバッテリープラスケーブルに不都合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。

    リコール対象は2007年5月22日から2011年8月11日までに製造された「BMW X1 sDrive 18i」「BMW X1 xDrive 25i」「BMW M3セダン」「BMW M3クーぺ」の4車種、計2,195台。

    不都合箇所は、電装部品に電力を供給するデストリビューションボックスとバッテリーを接続するコネクター。接続部分のメッキと構造が不適切で、車両振動により発生する腐食により接触抵抗が増大する可能性があり、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

    改善措置として、当該コネクターを対策品に交換するほか、車両振動の影響を低減するためケーブルを固定する。

    なお不都合件数は1件で、当該箇所の原因による事故は起こっていない。

    no title

    no title

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20181022-10353017-carview/


    【BMW X1とM3にリコール 走行中にエンジンが停止するおそれ】の続きを読む

    ab

    1: 2018/10/23(火) 22:51:20.14 ID:CAP_USER9

     【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手BMWは23日、韓国での出火事故頻発を受けたディーゼル車のリコール(回収・無償修理)で、対象を世界全体で約160万台に拡大すると発表した。

     同社は8月、欧州とアジアで48万台のリコールを決めていた。

     日本では、8月末に国土交通省に届け出済みの3万9716台を含め、約9万3000台が対象になる。 

    2018年10月23日 20時56分
    時事通信社
    http://news.livedoor.com/article/detail/15488357/


    【BMW、リコール拡大=世界で160万台に-韓国出火事故】の続きを読む

    kei

    1: 2018/10/17(水) 03:48:19.22 ID:CAP_USER9

    「ローン払えず」でマイカーBMWに放火の男、自分で外したドライブレコーダーで判明
    10/16(火) 19:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000010-kobenext-l28

     自己の所有する高級車BMWに火を付けたとして、兵庫県警加古川署は16日、建造物等以外放火の疑いで、加古川市野口町、介護士の男(26)を逮捕した。「ローンが払えなかった」などと容疑を認めており、同署は保険金目当ての可能性もあるとみて調べている。

     逮捕容疑は16日午前4時20分ごろ、加古川市神野町のゴルフ練習場の駐車場で、自分の車にオイルをまき、ライターで火を付けた疑い。

     同署によると、男は盗難を装い、「自宅からなくなった自分の車が、ゴルフ場の駐車場で燃えている」と110番した。駆け付けた署員が、近くの草むらに捨てられていたドライブレコーダーを発見。映像を確認すると、ドライブレコーダーを取り外す男の姿が映っており、事情を聴いたところ放火容疑を認めたという。車は座席部分を中心に激しく燃えていた。


    【「ローン払えず」でマイカーBMWに放火の男、自分で外したドライブレコーダーで判明】の続きを読む

    1: 2018/10/04(木) 10:28:03.68 ID:fsRTMQYv0● BE:423476805-2BP(4000)


    BMWは新型3シリーズ セダンを開催中のパリモーターショー2018でワールドプレミアさせた。
    今回のフルモデルチェンジで7代目モデルとなる。
    ボディサイズは全長4709mm×全幅1827mm×全高1442mmとなり、先代比で全長+85mm、全幅+16mm大型化された。
    エクステリアではキドニーグリルが大型化され、さらに太いメッキフレームで縁取られることで主張が強くなった。
    新型3シリーズは2019年3月の発売日が予告されている。

    https://car-research.jp/tag/3series
    no title


    【BMW新型3シリーズを発表、大型化され2019年3月発売予定】の続きを読む

    b

    1: 2018/09/20(木) 05:09:53.55 ID:CAP_USER9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180920/k10011636771000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

    BMW 英工場操業を一時停止へ EU離脱混乱避けるため
    2018年9月20日 4時56分英 EU離脱

    ドイツの大手自動車メーカー、BMWはイギリスがEU=ヨーロッパ連合から離脱することに伴う混乱を避けるため、イギリスにある工場の操業を来年4月1日からおよそ4週間、停止することを決めました。
    BMWはイギリスのオックスフォードにある工場で乗用車「ミニ」を生産しています。

    BMWの広報担当者は、NHKの取材に対し、この工場の操業を来年4月1日からおよそ4週間、停止することを決めたと明らかにしました。

    イギリスがEUとの交渉で合意できないまま来年3月29日に離脱することになった場合、大陸からの部品の供給が滞り、混乱するおそれがあるためだとしています。

    BMWによりますと、イギリスの工場は大陸にあるおよそ1500社から部品を調達しているということです。

    イギリスではメイ首相が打ち出した離脱の基本方針について与野党から批判がやまないうえ、EUからも修正を求める声がでていて、合意がまとまらないのではないかという危機感が高まっています。

    金融業界では離脱の影響を避けるため、新たな拠点を大陸側に設ける動きが広がっていますが、今回の決定は、製造業でも対策に乗り出す動きが出ていることを示しています。


    【【BMW】英「ミニ」工場操業を一時停止へ EU離脱混乱避けるため】の続きを読む

    q

    1: 2018/09/10(月) 12:40:51.75 ID:CAP_USER9

    MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    ■電動化と自動運転化がクルマの常識を変える!

     エンジンを積んで、トランスミッションを介してタイヤを駆動する……そんな当たり前と思っていたクルマの構造が変わりつつある。
     「自動運転」と「電動化」という大きな2つの潮流は、これまでとは異なるメカニズムのクルマに変身させること間違いない。
     激変が待ったなしの時代に、なくなってしまいそうなテクノロジーを予想してみたい。

    1)MT(マニュアルトランスミッション)

     2018年のフルモデルチェンジで、スバル・フォレスターがMTの設定をなくしたことが話題を集めたが、その大きな理由は運転支援システム(ADAS)とMTの相性が、どうにも厳しいことがある。
     とくに渋滞対応ACC(追従クルーズコントロール)では停止や再発進に対応するが、そうした振る舞いをMT車で実現するにはクラッチのオート化が必須。

     つまりトランスミッションの形式がどうであれ「オートクラッチ」にならざるを得ない。
     衝突被害軽減ブレーキやレーンキープアシストといった運転支援であればMT車にも有効で、実際にマツダなどは、そうしたシステムをMT車にも搭載しているが、ADASが進化していくと早晩MTに対応するのは難しくなる。
     自動車技術が自動運転の方向に進んでいくことは間違いなく、商用車や趣味性の高いクルマを除いて、MTは消滅する方向に進んでいるといえるだろう。

    2)自然吸気V6エンジン

     ダウンサイジング指向が広がるなか、確実に多気筒エンジンは減っている。
     そのなかで、とくに国産車で消滅しそうなのは自然吸気(NA)のV型6気筒エンジン(非ハイブリッド)だろう。現時点で、国産エンジン車でNA V6エンジン車をラインアップしているのは、トヨタ(アルファード/ヴェルファイアやマークXなど)と日産(フェアレディZ、エルグランドなど)くらいだ。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    WEB CARTOP 2018年9月10日 11時40分
    http://news.livedoor.com/article/detail/15283517/


    【MTやV6エンジン…“近い将来消える”クルマの技術6選】の続きを読む

    3sir

    1: 2018/08/06(月) 14:50:59.386 ID:lxY8RueY0

    4ヶ月で
    フロントガラスひび割れ交換(4万)
    ステアリング部品交換(2万)
    発火プラグ交換(5万)
    燃費最適化モーター故障交換(11万)
    すでに22万の修理費が飛んだ

    しかも一回あたりの修理に2週間かかり代車はムーヴ

    つらい


    【ぼく「BMWの7年落ち中古車買ったぜ!修理用の資金も50万用意したぜ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ