ランボルギーニ

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/03(木) 23:12:46.48 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/03/03/270865.html

    イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニが3月1日、ジュネーブモーターショー16で初公開した
    『センテナリオ』。価格は日本円で2億円を超えるが、発表の時点で限定40台は完売しており、「完売御礼」のワールドプレミアとなった。

    センテナリオは、ランボルギーニの創業者、フェルッチオ・ランボルギーニ(1916年生まれ)の生誕100周年を記念する
    限定モデル。クーペ20台、ロードスター20台の合計40台が限定生産される。
    センテナリオは、わずか40台のために専用ボディを設計。エアロダイナミクスを追求したデザインが特徴で、
    とくにアグレッシブなリアディフューザーや格納式のリアスポイラーが目を引く。モノコックにフルカーボンファイバー製ボディを
    組み合わせ、乾燥重量は1520kgに抑えられた。ボディサイズは、全長が4924mm、全高が1143mm。
    インテリアは、基本的にフルオーダー仕様。カーボンファイバー製スポーツシートをはじめ、カーボンやアルカンターラを使った
    ステアリングホイール、サンバイザー、ドアパネルなどが選択できる。
    駆動方式はフルタイム4WDを基本にしながら、センテナリオには新開発の後輪操舵システムを採用。低速走行時、
    ステアリングホイールの舵角とは反対方向に後輪をステア。方向転換の際には、最小回転半径を短縮する。一方、高速走行時には、
    ステアリングホイールの舵角方向に後輪ステアが連動。安定性や車両のレスポンスを高める。
    ミッドシップには、『アヴェンタドール』用がベースの6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力は770hpと、
    ランボルギーニ史上最強のパワーへ引き上げられた。パワーウェイトレシオは、1.97kg/hp。この結果、センテナリオは0-100km/h加速2.8秒、
    最高速350km/hオーバーという圧倒的パフォーマンスを実現した。
    センテナリオの価格は、税別で175万ユーロ(約2億1685万円)から。創業者の生誕100周年記念車で、専用ボディ、フルオーダー内装、
    そして少量限定車という点が世界の富裕層の購買欲を刺激し、初公開を前に40台のオーダーリストは埋まった。
    ランボルギーニをはじめ、フェラーリやマクーラーレンなどのスーパーカービジネスの好調さを、またひとつセンテナリオが証明した形となった。

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【クルマ】ランボルギーニ、40台限定のスーパーカー「センテナリオ」発売 価格は2億円】の続きを読む

    1: スパイダージャーマン(catv?)@\(^o^)/ 2016/02/01(月) 15:27:45.11 ID:cz9rxKU/0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

    史上最も魅力あるスポーツカーが、ランボルギーニ・ミウラであろう。これこそスポーツカーと
    いえるスタイルだ。1966年の発表だが“美”は衰えていない。今でも多くのクルマ好きに
    愛される理由は、躍動感がありながら繊細なスタイリングと、4リッター12気筒エンジンを
    コックピット背後に横置き搭載する画期的なメカニズムレイアウトにある。加えて、フェラーリに
    勝つスポーツカーをつくりたいと願った創業者の情熱も特筆すべき点だ。美と性能と情熱。
    スポーツカーに必要なもの全てを備えていたのである。

    フロントボンネットと後部のエンジンフードは大きく開く(そのためメンテナンスがしやすい)など
    機能主義的なところと、無駄のない面と線で構成された審美性。この二つが見事なハーモニーを
    奏でている。スタイリングを手掛けたのは、カロッツェリア(ボディー製作会社)のベルトーネであった。
    チーフデザイナーを務めていた人物は、マルチェロ・ガンディーニだ。

    ミウラは時速280kmの最高速を謳(うた)うモデルで、ライバルはフェラーリ365GTB/4など
    である。4390mmの全長に対して1100mmという低い全高も“説得力”のある、いかにも速く
    走りそうな形状だ。初期のP400は350馬力、71年のP400SVでは385馬力までパワーアップ
    された。64年に自動車事業を始めた新参組でありながら、72年デビューのカウンタックとともに、
    ランボルギーニの名を定着させたモデルである。

    http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2016012981611.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ランボルギーニと言えばミウラ、異論は…イオタぐらいか】の続きを読む

    1: 垂直落下式DDT(catv?)@\(^o^)/ 2016/01/15(金) 18:36:01.62 ID:GwXUcMhE0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    アウトモビリ・ランボルギーニは、2015年の世界販売台数が前年比28%増の3245台と、同社史上最高を記録したと発表した。

    2015年はすべての主要地域で販売台数は増加し、米国とアジア太平洋地域では新記録を達成。日本国内でも前年の170台から304台へと大幅な伸びを示した。

    好調な販売の要因となったのは、『ガヤルド』の後継機種として市場導入した10気筒モデル『ウラカン』の成功があげられる。発売初年度におけるウラカンの販売台数は2242台
    市場導入後18か月の売上はガヤルドを70%上回った。12気筒モデルの『アヴェンタドール』も1003台を販売。市場導入後52か月の売上は先行モデル『ムルシエラゴ』と比較して124%増となっており、好調なセールスが続いている。

    また、2015年は多くの新モデルが発表された、ランボルギーニにとって記念すべき年となった。3月のジュネーブモーターショーでは、フラッグシップスーパーカー
    『アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェ』のクーペモデルを初公開し、8月の米国モントレー・カーウィークでは、同モデルのロードスターも披露。クーペ500台、ロードスター600台の限定生産枠はすべて受注済みとなっている。

    ランボルギーニは、2016年春に『ウラカン LP610-4スパイダー』および後輪駆動の『ウラカン LP580-2』を全世界の市場へ導入。さらに2018年にはSUVモデル『ウルス』の導入も予定。
    モデルレンジの拡充を図り、さらなる成長を目指していく。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20160114-10237432-carview/?fn=1


    【ランボルギーニ、世界販売が史上最高の3245台を記録…2015年】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/08(木) 17:33:42.846 ID:uvh9FFlO0.net

    俺がランボの話しようとしスレ建ててもお前ら知らんぷり
    マツダやVWの話ばっか盛りあがってるし…

    ランボルギーニはそんなに嫌われてるのか…あんなにカッコいいのに…
    買えないけど

    とにかく俺は怒ってる!おこだ 激おこだ
    みんなランボルギーニSVに轢かれちまえ


    【お前らランボルギーニ興味ないの?怒怒】の続きを読む

    1: タイガードライバー(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 16:13:17.76 ID:GQgNk5hT0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは8月14日、米国カリフォルニア州で開幕した
    「モンテレー・カー・ウィーク」の一大イベント、「Quail」において、『アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェ・ロードスター』を初公開した。

    同車は3月、ジュネーブモーターショー15で初公開された『アヴェンタドールLP 750-4 スーパー・ヴェローチェ』のオープン版。
    スーパー・ヴェローチェ(略してSV)が、クーペボディに続いて、今度はロードスターに設定された。

    アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェ・ロードスターは、『アヴェンタドールLP 700-4ロードスター』を
    ベースに開発された最強グレード。スーパー・ヴェローチェは、ランボルギーニの高性能車に冠されてきた伝統のネーミング。

    ミッドシップに搭載される6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、専用チューニングを実施。最大出力は、
    プラス50hpの750hp/8400rpmを獲得する。カーボンファイバーの使用により、50kgの軽量化も実現し、
    車両重量は1575kgに。この結果、0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/hの驚異的な性能を達成する。

    この性能は、クーペボディの0-100km/h加速2.8秒に対して、わずか0.1秒落ち。最高速350km/hは、
    クーペボディに肩を並べた。生産台数は500台限定。欧州での価格は、35万7000ユーロ(約4930万円)と公表されている。

    http://response.jp/article/2015/08/17/258019.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター に750hpの「SV」…最高速350km/h】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/09(火) 14:22:58.55 ID:???.net

    http://www.oricon.co.jp/news/2053861/full/

     交通事故は、いつでも発生する可能性があるもの。自転車や自動車、
    なかには高級車が遭遇するケースもあるだろう。その際、修理費用はいくらかかるものなのか? 
    今回は、過去に起きた超高級車・ランボルギーニの事故事例を見ていこう。
     事故が起きたのは、2007年2月12日午後。名神高速道路上の合流地点付近で、
    渋滞による低速走行のなか、乗用車がランボルギーニに追突。双方ともに損傷した。

     スーパーカーの修理に必要となった費用は、約1106万円。社有車だったため、
    自社の任意保険から支払われたが、所有会社はさらに「車両の代車費用」や「評価損」など合計1575万円を
    乗用車側に求めて訴えを提起した。裁判所はこれを一部認め、乗用車側に約884万円の支払いが命じられた。

     これに対し、控訴審では「修理費用の見積もり金額には疑わしい点が多く、信用できない」
    「この見積書が適正であることを前提に認定された代車費用、評価損、休車損等についてもすべて認めることができない」として、
    第一審判決を取り消した(2011年7月14日名古屋高裁判決)。

     この裁判では、事故時の衝撃は軽度だったとして修理費用の妥当性に疑問を呈され、
    事故原因が乗用車側の前方不注意であることは明白でも損害賠償金は0となった。
    ただ、もし任意保険に加入していなかったら、修理費用は自腹となっていたはずだ。
    万が一に備え、補償が充実している保険に加入しておくことの大切さがわかる事例といえるだろう。


    【【マネー】ランボルギーニが事故に遭ったら…修理費はいくら?】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/05/27(水)16:58:16 ID:???

    イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニ。
    同社が開発中のSUVについて、間もなく、生産についての重大な発表が行われるようだ。

    これは5月25日、『ブルームバーグ』が報じたもの。
    同メディアが独自ソースから得た情報として、「ランボルギーニが5月27日、イタリアで
    プレスカンファレンスを開催し、イタリアで新型SUVの生産を行うことを発表する」と伝えている。

    ランボルギーニは2012年春、北京モーターショー12において、
    SUVコンセプトカーの『URUS』を初公開。このコンセプトカーが、
    いよいよ市販に移されることになる。

    no title


    全文はソースで
    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=48092/


    【【自動車】ランボルギーニのSUV、生産に関して重大発表か】の続きを読む

    1: ハイキック(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/12/01(月) 16:55:29.96 ID:Kvu+xEoE0.net BE:809145981-BRZ(10000)

    メンテしてすぐにランボルギーニ ミウラが炎上→ メンテした正規ディーラーに1億8千万の訴訟
    no title


    2013年の3月にイギリス ロンドンにて高級車のコレクターである、ジョン・ハント氏が所有するランボルギーニ ミウラ SVが炎上してしまった。このミウラはランボルギーニの正規ディーラーでメンテナンス後1.6㎞の走行で炎上、
    原因はそのメンテナンスに不備があったものとされジョン・ハント氏はディーラーに対して約1億8500万円の損害賠償請求訴訟を起こした。

    ランボルギーニ ミウラは1966年から1973年までに約750台が生産され、その希少性から個体によれば1億以上で取引されているものもある。
    http://youtu.be/fqpa1HB-wOc



    http://magazine.vehiclenavi.com/archives/2619


    【ディーラーでメンテした直後にランボルギーニ ミウラが炎上、オーナーが1.8億の訴訟を起こす】の続きを読む

    1: セントーン(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 18:45:41.62 ID:0CVlBObd0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは10月1日、フランスで開催したパリモーターショー14のプレビューイベントにおいて、『Asterion LPI 910-4』を初公開した。

    同車は、ランボルギーニ初のプラグインハイブリッド車(PHV)となるコンセプトカー。フェラーリやマクラーレンなどの競合メーカーが、
    ハイブリッド車やPHVを市販する中で、ランボルギーニも新世代の環境対応スーパーカーを提案する。

    PHVシステムは、ミッドシップに置かれるエンジンが自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」ユニット。
    これは、『ガヤルド』後継車として発表された新型スーパーカー、『ウラカン』用がベースとなる。

    最大出力は610hp、最大トルクは57.1kgm。これに3個のモーターを組み合わせる。モーターは、フロントアクスルに2個、エンジンと7速デュアルクラッチトランスミッションの
    間に1個を配置。3個のモーターで300hpを発生する。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、910hpを引き出す。PHVシステムの重量は250kg。

    0-100km/h加速は3.0秒、最高速は320km/hと世界屈指の性能を実現。EVモードの最大航続距離は50km。この時の最高速は125km/hとなる。
    優れたパフォーマンスを備えながら、欧州複合モード燃費は24.3km/リットル、CO2排出量は100g/kmを下回る98g/kmに抑えられる。
    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/20141002-10211625-carview/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ランボルギーニ、「Asterion」を発表…初のPHVは910hp】の続きを読む

    1: ファイナルカット(芋)@\(^o^)/ 2014/08/01(金) 23:24:34.23 ID:69K7f5m70.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典

    no title


    「Lamborghini-Accademia」が北米初上陸!

    ランボルギーニの自動車学校「Lamborghini-Accademia(ランボルギーニ アカデミア)」が北米に初上陸します。

    この自動車学校はランボルギーニがモータースポーツの基礎を教える事が目的で開催しているイベントで、参加者はリリースされたばかりの
    ランボルギーニの新型車 ウラカンLP610-4を運転しながらスーパーカーの運転の基礎を学ぶことができるそうです。

    実習は2つのイベントから成りっており、最初は加速、ブレーキング、回転滑降などの練習に焦点を当て、後半は実際にトラックを走行。

    そして完了時には、ランボルギーニ スクアドラコルセ(同社のレース活動をマネジメントする部署)の終了証明書を取得できます。

    no title

    費用は4995ドル(約50万円)と決して安いとは言えませんが、サーキットでの実車(ウラカン)走行練習、食費や宿泊費、さらには神秘的な贈り物なんかも含まれているそうです! 贈り物は不明

    イベントは、マツダが2001年に命名権を取得し、その名が冠されているカリフォルニア州モントレーのマツダレースウェイラグナセカで9月14日から17日まで開催される予定です。
    http://www.j-sd.net/lamborghini-accademia/


    【ランボルギーニの自動車学校「Lamborghini-Accademia」が北米初上陸!教習車はウラカン!】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/24(土) 14:41:07.46 0.net

    世界で最も高価な車2014

    ベスト10. ポルシェ918・スパイダー(Porsche 918 Spyder)  8736万円
    no title

    ベスト9. マクラーレンP1 (McLaren P1)  1億円
    no title

    ベスト9. ヘネシー・ベノムGT (Hennessey Venom GT) 1億円
    no title

    ベスト8. Zenvo ST1 1億2000万
    no title

    ベスト7. Maybach Landaulet 1億3000万
    no title

    ベスト7. ラ・フェラーリ(La Ferrari) 1億3000万
    no title

    ベスト7. パガーニ ウアイラ(Pagani Huayra) 1億3000万
    no title

    ベスト6. ケーニッグゼグ・アゲーラR (Koenigsegg Agera R) 1億6000万
    no title

    ベスト5. ランボルギーニ・レヴェントン (Lamborghini Reventon) 1億6100万円
    no title

    ベスト4. アストンマーチンOne-77 (Aston Martin One-77) 1億8000万円
    no title

    ベスト4. パガーニ・ゾンダ・チンクエ・ロードスター (Pagani Zonda Cinque Roadster)  1億8000万円
    no title

    ベスト3. ブガッティ・ヴェイロン・レジェンド・メオ・コンスターニ (Bugatti Veyron Legend Meo Constantini)  2億8000万円
    no title

    ベスト2. ライカン・ハイパースポーツ(Lykan Hypersport) 3億4000万円
    no title

    ベスト1. ランボルギーニ・ヴェネーノ (Lamborghini Veneno) 4億円
    no title


    【世界で最も高価な車はランボルギーニ】の続きを読む

    ランボルギーニのデザインディレクターであるフィリッポ・ペリーニ氏は3月10日、『ウラカン』のデザインについて、初めて公に語った。ウラカンは、『ガヤルド』の後継としてジュネーブモーターショー14で正式発表された。

    ペリーニ氏はランボルギーニのデザイン部門、ランボルギーニ・チェントロ・スティーレのヘッドを務めるイタリア人デザイナー。1993年にアルファロメオでキャリアをスタートさせ、2004年よりランボルギーニに加入。ウラカンの他に、『アヴェンタドール』などのデザインも手がけている。

    ウラカンにおいてペリーニ氏が最も重視した点が「シングルライン」だ。これは、フロントトップからリアエンドまでを1本の線でつなぐことで、サイドビューからのシルエットを滑らかに見せることを指している。ペリーニ氏はこのシングルラインについて「非常に勇気のいるデザイン。このラインを持てるのは世界で唯一ウラカンだけだ」と胸を張る。

    また、ルーフを縦に走る4本のラインは、日本の「折り紙」にインスピレーションを受けたと語る。元々、折り紙の山折り・谷折りが織り成すラインに強い関心を抱いていたペリーニ氏は、ウラカンの各所に「オリガミライン」を配しているという。なかでも、最も象徴的なのがルーフのラインなのである。

    ペリーニ氏がアヴェンタドールを手がけた際には、カメムシからエンジンフードデザインの着想を得たという。ランボルギーニが誇る特徴的なデザインのモチーフには、一見想像もつかないようなものがルーツとなっていることが少なくない。

    また同日、アウトモビリ・ランボルギーニCEOステファン・ヴィンケルマンより、ウラカンの受注台数が1000台を突破したことが明かされた。

    以下、画像

    672067

    672068

    672072

    672074

    672085

    672081

    672087


    引用元「ランボルギーニ ウラカン、デザインモチーフとなった日本の伝統芸とは?」
    http://response.jp/article/2014/03/13/219065.html

    【ランボルギーニ ウラカン、デザインモチーフとなった日本の伝統芸とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ