ニュース

    1: キングコングニードロップ(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/28(金) 08:14:42.10 ID:yTbZY7Mh0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    日本初のディーゼルハイブリッドはベンツから登場! 価格は998万円から
    メルセデス・ベンツが、日本初のクリーンディーゼルハイブリッド乗用車「S 300 h」を発表しました。

    2.2リッター4気筒のBlueTECクリーンディーゼルエンジン(204馬力)に、 電気モーター(27馬力)を組み合わせた
    ハイブリッドシステムを搭載するS 300 hのJC08モード燃費性能は20.7km/L(ロングボディは19.5km/L)となっています。

    また、メルセデス・ベンツSクラスには、すでに2種類のV6ガソリンエンジン・ハイブリッドもラインナップされていますから、
    同一のボディで3種類のハイブリッドパワートレインを持つクルマということにもなりました。

    ディーゼルエンジン単体でも500Nmの最大トルクを誇りますが、さらに250Nmものトルクを発生する電気モーターと
    ハイブリッドしたことで、V8エンジン搭載車にも匹敵するパフォーマンスを示すといいます。さらに、モーターだけで
    発進できるためにSクラスに求められる静粛性も期待できるというのが、クリーンディーゼル・ハイブリッドのアドバンテージです。

    もちろん、装備面でもSクラスらしいものとなっています。
    クルマの周囲を多数のセンサーで検知することにより部分的な自動運転さえ実現している先進安全運転支援システム
    「レーダーセーフティパッケージ」は標準装備されています。

    そのほか、後席に安全性を高める「リアセーフティパッケージ」や、快適なドライブを約束する「ホットストーンマッサージ機能」など
    豊富なオプションも用意されているということです。
    ●グレード構成とメーカー希望小売価格
    S 300 h 998万円
    S 300 hエクスクルーシブ 1270万円
    S 300 hロング 1340万円
    いずれもハンドル位置は右となっています。
    no title

    no title

    no title



    【ベンツが日本初のディーゼルハイブリット車「S 300 h」を発表 998万円から】の続きを読む

    1: ムーンサルトプレス(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 10:36:52.20 ID:WQUfgj+Y0.net BE:809145981-BRZ(10000)

    トヨタ 新型 プリウスの姿を初めて確認!! 公開は9月8日か??
    http://magazine.vehiclenavi.com/archives/6190
    no title


    9月8日にラスベガスでお披露目されると噂されているトヨタ 新型 プリウスの姿が初めて捉えられた。
    フロントのデザインはこれからのトヨタを想像させる顔つきとなっている。

    搭載されるハイブリッドシステム「THSⅢ」はモーターを現行型からの小型化や出力性能の向上、
    先進バッテリー技術の導入するなどしてコンパクトなパッ ケージで軽量化を実現、1.8Lのエンジンも
    燃焼効率の向上がされているだろう。さらにトピックとして挙げられるのは新開発のプラットフォーム
    TNGAが採用されることだ。燃費は40㎞/Lを目標として開発されているようで、現行型の32.6㎞/Lから
    燃費が大幅に向上するとみられている。この数値は現在最高峰の燃費を誇る「スズキ アルト」や
    「トヨタ アクア」の37㎞/Lを上回る数値だ。

    no title

    no title

    no title


    【トヨタの新型プリウスのデザインが判明!! お前ら的にこれはカッコイイの??】の続きを読む

    1: バックドロップホールド(秋田県)@\(^o^)/ 2015/08/26(水) 20:55:21.03 ID:uqRiISCQ0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典

    おもいやりライト運動事務局は、「11.10(いい 点灯)」の日と定めた11月10日、夕方4時にヘッドライトを点灯するドライバーを増やすための施策「トライライト4」を
    実践するチャレンジャーを全国より募集する。

    同事務局は、交通事故削減を目指し、ヘッドライト早期点灯の呼び掛けや「見えやすさ・見られやすさ」を認識してもらうことを目的とした情報発信を、年間を通して継続的に行っている。

    今回は、ヘッドライト早期点灯を行う「トライライト4」チャレンジャーを広く全国から募集。夕暮れ時のヘッドライト点灯車両を増やし、歩行者や自転車の人にも車の接近をわかりやすくすることで、安全な街を作り出すことに挑戦する。

    また9月19日には、「夕方安全創造サロン」をYCCヨコハマ創造都市センターで開催。イベントでは、「交通安全のリデザイン」をテーマに、コピーライターの並河進さんと、カーライフ・エッセイストの
    吉田由美さんによるクロストークも行い、参加者とともに、未来の交通安全のクリエイティブについてアイデアを出し合う。

    http://response.jp/article/2015/08/26/258713.html


    【自動車のオートライトの技術って昔から確立してるのに何で流行しないんだろ?】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/08/27(木) 22:49:58.08 ID:???.net

    本田技研工業は、スポーツタイプのハイブリッドカー「CR-Z」をマイナーチェンジして10月19日に発売する。
    価格は、270万円~292万200円。

    今回のマイナーチェンジでは、タイプ構成をαとα・Master labelの2種に変更。
    フロントバンパー、フロントグリル、リアバンパー、サイドシルガーニッシュのデザイン変更や、
    電子制御パーキングブレーキ、「プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ」などを採用するなど
    内外装を刷新している。

    また、走行性能の向上ため、リアトレッドを10mm拡大したほか、サスペンションのダンパー減衰力やバネレートを見直し。
    ブレーキディスクサイズを15インチにするとともに、キャリパーピストン径、マスターパワーシリンダー径も拡大することで、
    ブレーキ性能を向上したという。

    「シティブレーキアクティブシステム」「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」と
    「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」をセットにした「あんしんパッケージ」を設定し、
    αにメーカーオプション設定、α・Master labelに標準装備している。

    【この記事に関する別の画像を見る】
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150827_718166.html


    【【自動車】ホンダ、ハイブリッドスポーツ「CR-Z」をマイナーチェンジ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/27(木) 09:55:23.49 ID:???.net

    http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015082701000769.html
    【ニューヨーク共同】ボタンを押してエンジンを始動または停止する自動車をめぐり、運転手が停止操作を忘れた場合、
    車庫などの閉鎖空間に一酸化炭素(CO)が充満して死傷事故を引き起こす恐れがあるとして、
    所有者らが26日、日米欧と韓国の自動車メーカーに損害賠償などを求める訴訟を米西部ロサンゼルスの連邦地裁に起こした。

     トヨタ自動車や日産自動車、ホンダなどを相手取っており、少なくとも計13人が関連事故で亡くなったとしている。
    米国の同じ境遇の人を全て原告とする集団代表訴訟として扱うように求めた。


    【【米国】車の所有者らがトヨタなどを提訴、プッシュボタンでエンジン始動する車はエンジン停止を忘れるリスクがある】の続きを読む

    1: キドクラッチ(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/20(木) 21:08:16.97 ID:vfvnCoPl0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    ホンダの高級車ブランド、アキュラは8月14日、米国カリフォルニア州で開幕した「モンテレー・カー・ウィーク」の一大イベント、
    「Quail」において、新型『NSX』の新仕様を初公開した。

    これまで、ホンダとアキュラは、世界のモーターショーにおいて、主に赤(バレンシア・レッドパール)の新型NSXを展示してきた。
    今回は、青(ノーブル・ブルーパール)と黒(ベルリナ・ブラック)の新型NSXが、初公開されている。

    また、この2台の新型NSXには、市販車に用意されるオプションパッケージを初めて装着。「カーボンエクステリアパッケージ」として、
    カーボンファイバー製のフロントリップスポイラー、サイドシル、リアディフューザー、エグゾーストフィニッシャーがセットされた。

    さらに、「NSXカーボンエンジンカバー」も装着。フロント、サイド、およびリアのエンジンカバーが、カーボンファイバー製となる。
    別途、カーボンルーフも設定される。専用デザインのアルミホイールや、セラミックブレーキローター&シルバーおよび
    ブラックのキャリパーも、オプションで選択可能。

    室内には、「インテリアカーボンスポーツパッケージ」を装着。メーターバイザーとステアリングガーニッシュがカーボンファイバーになる他、
    アルミ製フットレストとスポーツペダルが奢られる。

    ちなみに2台の内装色は、ボディカラーが青(ノーブル・ブルーパール)はオーキッド、黒(ベルリナ・ブラック)はサドルを組み合わせていた。

    http://response.jp/article/2015/08/19/258247.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダ NSX 新型、青と黒の新仕様を初公開…オプションの内容も判明】の続きを読む

    1: エメラルドフロウジョン(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/24(月) 13:25:12.43 ID:H7D/cbiK0●.net BE:659060378-2BP(2000)

    高級車は男のロマン。
    一生ご縁がなさそうなあの車、
    一体どんな人が乗っているのか気になります。

    Q.一生に一度でいいからドライブで
    乗ってみたい超高級車を教えてください(複数回答)

    1位 フェラーリ 34.3%
    2位 ランボルギーニ 22.0%
    3位 ポルシェ 16.2%
    4位 BMW 12.6%
    5位 マクラーレン 11.5%

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8420044/


    【男が一生に一度でいいから乗ってみたい超高級車ランキング】の続きを読む

    1: 垂直落下式DDT(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/24(月) 08:58:56.39 ID:kXquWArN0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    トヨタ自動車は、8月22日(土)・23日(日)の二日間、千葉・幕張メッセで開催の「キャラホビ2015」にて、
    人気アニメ「機動戦士ガンダム」の人気キャラクター「シャア・アズナブル」をイメージした乗用車「シャア専用オーリスII」を
    市販化を発表した。価格や発売時期は未定。

    新たに登場する「シャア専用オーリスII」の開発にあたっては、ジオン公国を代表する重機メーカー「ジオニック社」と
    トヨタ自動車が技術提携して設立したという架空の会社「ジオニックトヨタ」が担当。同社の「社員」となった
    ファンの意見やアイデアが反映されているという。ちなみに公式ウェブサイトでは現在も「社員」募集中だ。

    今年7月、東京・六本木にて発表した「シャア専用オーリスII コンセプト」は、新型オーリスの1.2L直噴ターボエンジン搭載車
    「オーリス120T」をベースに、新デザインのエアロパーツやマフラー、スポーツシートを搭載。初代よりも上質で精悍なモデルとしている。

    市販化モデルの詳細は未定だが、注目を集めること間違いナシの「シャア専用オーリスII」。1日も早い完成を心待ちにしたい。

    http://news.walkerplus.com/article/63682/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【「機動戦士ガンダム」のシャア専用乗用車「シャア専用オーリスII」 トヨタが市販化を発表】の続きを読む

    1: 垂直落下式DDT(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/24(月) 04:16:57.37 ID:kXquWArN0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    ●彼が乗ってきたらドン引きするクルマTOP10
    (あてはまるものすべて選択、協力/アイリサーチ)

    1位 アニメキャラが描かれた痛車(87.0%)
    2位 食べかすなどゴミが散らかっている(83.5%)
    3位 芳香剤など香りがキツイ(62.5%)
    4位 フロントガラスがワイパーの跡がくっきり残るほど汚れている(62.0%)
    5位 土足禁止のルールがある(58.0%)
    6位 マフラーが改造されている(51.5%)
    7位 アイドルやアニメソングのCDがかかっている(48.5%)
    8位 シートがアニマル柄である(47.5%)
    9位 ハンドルやレバーが派手に装飾されている(46.5%)
    10位 ぬいぐるみが同乗している(45.0%)

    【1位 アニメキャラが描かれた痛車】
    「自分までアニメオタクと勘違いされそうなので恥ずかしい」(33歳)
    「通行人の視線を集めそうなので嫌。こんな車に乗っている人だと思われたくない」(25歳)
    【2位 食べかすなどゴミが散らかっている】
    「誰かを乗せるのであればそれなりに掃除しておいてほしい」(31歳)
    「これが一番イヤ。 大事な時でさえもキレイにしようという気持ちがないというのが信じられない」(33歳)
    【3位 芳香剤など香りがキツイ】
    「酔いやすい体質なのでそんなニオイの車に乗ったら確実に具合が悪くなる」(29歳)
    「香りが苦手なのでイヤだ。車の芳香剤は特にキツい」(34歳)
    【4位 フロントガラスがワイパーの跡がくっきり残るほど汚れている】
    「水で流すだけでもある程度綺麗になるから、整備されていない車に乗っているんじゃないかという恐怖に襲われる」(34歳)
    「それで大体その他の生活もわかる」(39歳)
    【5位 土足禁止のルールがある】
    「男がそんな細かいことを気にするのがチマチマした感じがしてイヤ」(39歳)
    「細かいことにうるさい人は疲れる」(22歳)
    http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20150824-00044359-r25


    【女子がドン引きする彼氏の車TOP10】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/22(土) 10:42:21.18 ID:???.net

    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420150821beab.html
    トヨタ自動車が取引先部品メーカーに対する部品価格の引き下げ要請について、2015年度下期(10月―16年3月)に
    再開する方向で検討していることが分かった。トヨタは過去最高業績をあげているが競争力を一層強化するため再び値下げを求め、
    部品メーカーと一体となった原価低減を進める考え。ただ景気が足踏み状態となる中、実際に再開に踏み切るかは不透明だ。
     トヨタと部品各社は1年に2回、部品の価格改定を交渉している。1%前後の値下げを求めるのが通例。
    15年度下期分の正式な交渉はこれからで値下げ幅は業種によっても異なるが、0・5%前後の値下げを求める方向で調整するもよう。
     トヨタは業績好調の中、部品各社への”利益還元“の意味も込め14年度下期から2期連続で値下げを見送った。
    トヨタとしては2期連続の見送りで一定の効果があったと判断したとみられる。
    また日産自動車やホンダは継続して原価低減を部品メーカーに要請しており「トヨタとしては『なぜうちだけが』という思いもあるようだ」(愛知県内の部品メーカー)。下期の交渉は9月内にも決着する。


    【【自動車】トヨタ、部品値下げ要請を今年度下期から再開検討 “利益還元”から競争力重視へ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/08/22(土) 15:35:33.93

    http://toyokeizai.net/articles/-/81450
    [デトロイト/サンフランシスコ?21日?ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズ<TSLA.O>のシニアエンジニア、
    ジェイミー・カールソン氏が、米アップル<AAPL.O>に入社したことが、リンクトインに掲載された情報から明らかになった。

    アップルが自動走行車の専門家で構成するチーム拡充に向けた取り組みの一環とみられる。
    ビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のリンクトインに掲載されたカールソン氏のプロフィールによると、
    同氏は7月までテスラの自動走行車プログラムのエンジニアを務め、8月にアップルの特別プロジェクトグループに移籍した。

    カールソン氏のほかにも、アップルは自動走行車技術やシステム開発の経歴のある少なくとも6人を採用したという。
    カールソン氏を含む7人からコメントは得られていない。アップルはコメントを差し控えた。

    複数の関係筋によると、アップルは自動車の開発に乗り出し、自動走行車技術の研究を進めている。ただ、実際に自動走行車を設計しているかどうかは明らかになっていない。

    ただアップルはこれまでに、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>のエンジニアや、
    自動走行車研究の拠点とされる米カーネギーメロン大学の研究者、米半導体大手エヌビディア<NVDA.O>で運転手支援システムソフトを手がけていたエンジニアらなどを採用している


    【【IT】アップルがテスラから技術者を採用、自動車開発に向けたチーム編成本格化】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/08/18(火) 19:52:37.20

    http://response.jp/article/2015/08/18/258143.html
    スズキは、軽乗用車『ワゴンR』『ワゴンRスティングレー』の「エネチャージ」
    「S-エネチャージ」搭載車の燃費を向上するとともに、ターボ車にも「S-エネチャージ」を搭載して8月18日より発売する。

    今回、S-エネチャージ搭載車(ワゴンR FZ、スティングレーX)は、モーターアシストの時間と頻度を増やすとともに、
    燃焼効率を高めるなどの改良を施したR06A型エンジンを組み合わせ、33.0km/リットル(JC08モード)と軽ワゴントップレベルの優れた燃費性能を実現した。

    また、ターボ車(ワゴンRスティングレー T)にもS-エネチャージを採用して、軽ワゴンターボ車トップレベルの低燃費28.0km/リットル(JC08モード)を達成。
    そのほか、エネチャージ搭載のNA車(ワゴンR FX CVT車、昇降シート車)に改良型のR06A型エンジンを搭載し、
    ワゴンRシリーズのエネチャージ、S-エネチャージ搭載車の燃費を向上させた。
    ワゴンR/ワゴンRスティングレーのエネチャージ/S-エネチャージ搭載車の価格は114万4800円から173万5560円。


    【【クルマ】スズキ、軽自動車「ワゴンR」を改良 33.0km/Lと軽ワゴントップレベルの低燃費を実現】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/08/20(木) 21:14:27.57

    http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1508/20/news104.html
    トヨタ自動車は2015年8月20日、高級車ブランドレクサスのフラッグシップSUVである
    「レクサスLX」を国内市場に初導入する。レクサスLXは、フロントフェイスのスピンドルグリルを一体デザインにするなどの
    外観変更を含めた大幅な改良を発表したばかり(関連記事:「レクサスLX」のスピンドルグリルが一体に、中棒が取れた)。
    同年9月14日から国内販売を始めるのはこの大幅改良モデルで、3列シートの7人乗り車両となる。税込み価格は1100万円。月間販売目標台数は50台。

    no title


    レクサスLXは、1996年にレクサスブランド初のSUVとして北米で発売されて以来、北米や中近東、ロシアを中心に海外で販売されてきた。
    国内で販売されているレクサスブランドのSUVは、かつては中型の「レクサスRX」だけだったが、
    2014年7月に小型の「レクサスNX」が追加されており、今回のレクサスLXで3車種目となる。
    なお、米国では、レクサスRXとレクサスLXの中間に位置する「レクサスGX」も販売されている。

     ロア部を大胆に厚くした安定感のあるフロントビュー、伸びやかで厚みのあるダイナミックなアンダーボディを強調するサイドビュー、
    そして力強いスタンスと洗練された造形のリヤビューなど、本格SUVとしての力強さとフラッグシップとしてのラグジュアリー感を表現した外観が特徴となる。

     また、フロントフェイスのスピンドルグリルは、従来モデルではバンパー部分で上下に分かれるデザインとなっていたが、
    国内販売する大幅改良モデルではバンパーで上下に分かれない一体デザインとなった。「プロテクター形状をほうふつとさせるグリル下端部や、
    フードから勢いよく突き出すようにグリルフレームと一体となった硬質な面状のグリルインナーバーなど、
    スピンドルグリルは力強さと洗練さを兼ね備えており、進化し続けるレクサスを象徴している」(同社)という。

     この他、LEDシーケンシャルターンシグナルランプをレクサスブランドで初採用した。ターンシグナルが流れるように点灯するので、
    右左折時の注意喚起を高めるとともに先進性の演出も可能だ。
     内装は、機能性に配慮しながら、金属、革、本木目と異なる素材のコントラストを際立たせることで、上質感を演出している。水平基調のインストルメントパネルにより、
    車両の姿勢状態を容易に把握できるなど、本格SUVとしての基本性能も確保した。

     レクサスLXのエンジンは排気量5.7l(リットル)のV型8気筒エンジンだ。トランスミッションは8速ATを組み合わせる。
    ギア比可変ステアリングの「VGRS」や、CUSTOMIZEモード搭載のドライブモードセレクト、車高の制御が可能な「4-Wheel AHC」や減衰力の制御が可能な
    「AVS」といったサスペンションシステムなどを採用。ステアリング操作のみで極低速走行が可能な「クロールコントロール」と、
    トラクションやブレーキを最適制御し四輪駆動性能を高める「マルチテレインセレクト」はオフロード走行時に役立つ。

     レクサスLXは、トヨタ自動車の大型SUV「ランドクルーザー」のレクサス版と呼ばれることも多い。
    レクサスLXの大幅改良モデルでは、大幅改良を受けたばかりのランドクルーザー(関連記事:「ランドクルーザー」が外観を大幅変更、
    「世界初」機能も2つ搭載)と同様の装備を搭載している。
     まず運転支援システムは、レクサスLXが「Lexus Safety System+」、ランドクルーザーが「Toyota Safety Sense P」を採用している。
    ミリ波レーダーと単眼カメラをセンサーに用いる点や、自動ブレーキ、アダプティブクルーズコントロールをはじめとする機能は同じで、名称だけが異なる。
     車両の前後左右に設置した車載カメラで車両周辺の状態を映像で確認できるようにする「マルチテレインモニター」も
    、レクサスLX、ランドクルーザーに共通する装備だ。車両下の状態やタイヤ位置の確認が可能な「アンダーフロアビュー」も利用可能である。
    ただし、レクサスLXのカーナビゲーションシステムのディスプレイサイズは12.3インチワイドだが、ランドクルーザーは9インチとなっている。
    リヤシートエンターテイメントシステムのディスプレイサイズは共通で、11.6インチである。
    レクサスLXには「世界初」(同社)とする機能も搭載されている。空調システム「レクサス クライメイト コンシェルジュ」において、オートエアコン、ステアリングヒーター、
    運転席・助手席・セカンドシートのシートヒーター・シートベンチレーションの各機能を一括して連動・作動させる「クライメイトコンシェルジュスイッチ」である。


    【【クルマ】トヨタ、大幅改良のフラグシップSUV「レクサスLX」を国内初導入、価格は1100万円】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/20(木) 16:49:58.77 ID:???.net

    http://autoc-one.jp/news/2311812/
    no title


    三菱自動車は、4月10日(金)より先行予約の受付を開始していた、高性能4WDセダン
    『ランサーエボリュー ションX』の特別仕様車『ランサーエボリューション ファイナルエディション』が限定台数1,000台を完売し、本日より納車を開始したと発表した。

    納車は、全国の系列販売会社を通じて行い、2016年3月までに順次納車する予定となる。
    なお、このモデルをもって『ランサーエボリューション』は生産終了となる。
    『ランサーエボリューションX』は、軽量かつ高性能な2.0L MIVEC ターボエンジンを搭載し、
    車両運動統合制御システム S-AWCを採用することで、意のままの操縦性と卓越した安定性を実現した。

    今回の特別仕様車 『ランサーエボリューション ファイナルエディション』は、
    1992年10月の初代『ランサーエボリューション』誕生から約23年にわたる歴史の最後を飾る特別仕様車。
    『ランサーエボリューションX』GSRの5MT車をベースとして、精悍さをいっそう引き立てながらプレミアム感を高めた内外観とした。
    さらに、エンジンの改良により最高出力・最大トルクを向上させ、歴代『ランサーエボリューション』
    最高の動力性能となる【230kW(313PS)/6,500rpm、429N・m(43.7kgf・m)/3,500rpm】を実現。
    中高速域で伸びのある出力特性とするとともに、この動力性能を余すことなく路面に伝える高性能仕様のサスペンション、
    ブレーキ、タイヤを採用することにより、誰もが気持ちよく安心して高い次元の走りを楽しめる、シリーズ集大成モデルにふさわしい特別仕様車として仕上げた。


    【【クルマ】三菱自動車、ランエボ ファイナルエディションが完売 ~23年にわたる歴史に幕~】の続きを読む

    1: フロントネックロック(神奈川県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/15(土) 11:14:57.60 ID:tbISLvK80.n

    ホンダ 新型 シビックを元に新たなタイプRをデザイン、クーペスタイルが斬新
    http://magazine.vehiclenavi.com/archives/6118
    no title


    上の画像は海外の方がデザインした新たなシビック タイプRの姿です。まだ新型が発売される前に更に新型?
    と思う方は多いかもしれませんが、このデザインのもとになっているのは下の画像の4月に公開された新型
    シビックのコンセプトカーなんです。

    このシビックは今年の秋の発売を目指しているようで、セダンモデルの展開もされるようです。また日本市場
    への投入も予想されています。このクーペスタイルのシビックは市場にどう受け入れられるのでしょうか。

    no title

    no title

    no title
    👀
    Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


    【ホンダ 新型 シビックを元に新たなタイプRをデザイン、クーペスタイルが斬新】の続きを読む

    1: タイガードライバー(東日本)@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/17(月) 15:49:06.20 ID:GQgNk5hT0.n

    ホンダが今秋、生産(量産)を始める予定だった新型『NSX』。同車の生産開始が、遅れることが分かった。

    これは8月14日、ホンダノースアメリカが明らかにしたもの。「新型NSXの生産開始は、2016年の春」と発表している。

    当初、新型NSXは2015年秋、生産が開始される計画だった。ホンダが米国オハイオ州メアリーズビルに新設する
    専用工場において、組み立てられることが決まっていた。

    今回のホンダの発表により、新型NSXの生産開始は、当初の計画から半年遅れて、2016年の春に。なお、ホンダは、
    生産開始が遅れる理由を公表していない。

    ただし、一部メディアによると、コンセプトカーの横置きのV型6気筒自然吸気から、市販モデルでは縦置きの
    V型6気筒ツインターボに変更したことが、影響している可能性があるという。

    http://response.jp/article/2015/08/17/258022.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダ NSX 新型、生産開始が半年遅れ…2016年春に】の続きを読む

    1: タイガードライバー(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 16:13:17.76 ID:GQgNk5hT0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは8月14日、米国カリフォルニア州で開幕した
    「モンテレー・カー・ウィーク」の一大イベント、「Quail」において、『アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェ・ロードスター』を初公開した。

    同車は3月、ジュネーブモーターショー15で初公開された『アヴェンタドールLP 750-4 スーパー・ヴェローチェ』のオープン版。
    スーパー・ヴェローチェ(略してSV)が、クーペボディに続いて、今度はロードスターに設定された。

    アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェ・ロードスターは、『アヴェンタドールLP 700-4ロードスター』を
    ベースに開発された最強グレード。スーパー・ヴェローチェは、ランボルギーニの高性能車に冠されてきた伝統のネーミング。

    ミッドシップに搭載される6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、専用チューニングを実施。最大出力は、
    プラス50hpの750hp/8400rpmを獲得する。カーボンファイバーの使用により、50kgの軽量化も実現し、
    車両重量は1575kgに。この結果、0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/hの驚異的な性能を達成する。

    この性能は、クーペボディの0-100km/h加速2.8秒に対して、わずか0.1秒落ち。最高速350km/hは、
    クーペボディに肩を並べた。生産台数は500台限定。欧州での価格は、35万7000ユーロ(約4930万円)と公表されている。

    http://response.jp/article/2015/08/17/258019.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター に750hpの「SV」…最高速350km/h】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/08/17(月) 10:39:51.58

    http://japanese.joins.com/article/448/204448.html
    ドイツのプレミアム自動車ブランドであるアウディが1度の充電で500キロメートルを
    走ることができる電気スポーツユーティリティー車両(SUV)を開発するためにLG化学・サムスンSDIと
    協業することにした。アウディのウルリッヒ・ハーケンベルグ開発総括は13日、
    「次世代の電気SUV開発プロジェクトに採用される革新的で強力なバッテリーセルとモジュールを共同で開発する」と明らかにした。

    3社が膝を突き合わせて開発に乗り出すバッテリーは1度の充電で最大500キロメートルを走ることができる
    容量で既存の乗用車と同等の水準だ。通常の電気自動車の走行距離(150~200キロメートル)
    を越えることはもちろん電気自動車の代表会社であるテスラのモデルSの走行距離(480キロメートル)より進んでいる。

    サムスンSDI関係者は「現在1度の充電で300キロメートルを走ることができる
    バッテリー基盤技術が開発されている状態であり、完成車業者と共助すれば500キロメートル完走用製品も
    まもなくリリースすることができるだろう」と説明した。趙南成(チョ・ナムソン)サムスンSDI社長は「バッテリー革新を繰り返して電気自動車時代を早める」と話した。

    市場調査機関であるB3によれば世界の電気自動車市場は今年の230万台規模から
    2020年600万台規模に増加する展望だ。電気自動車バッテリー市場も同期間60億ドル(約7470億3000万円)
    から211億ドルに3倍以上成長すると予想される。


    【【自動車】アウディ・サムスン・LGの3社、500キロ走行可能な次世代バッテリーを共同開発へ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/16(日) 17:19:40.95 ID:???.net

    http://allabout.co.jp/newsdig/c/86400
    自動車評論家国沢光宏
    軽乗用車の販売台数が急落している。7月の統計を見たら、消費税が8%になった後で販売厳しかった前年同月の78.3%という状況。
    売れ行き減少は深刻だと考えていいだろう。中でも想定外なのは、ホンダだと思う。これだけ多くの軽乗用車を揃えたのに、前年同月比73.5%。

    ・メーカー別販売台数
    N-BOXを入れたのにN-BOXは前年同月比81.2%。N-WGNも同53.9%で、完全に埋もれてしまった。伊
    東体制の時に「日本は軽自動車に注力しよう!」と打ち出した戦略ながら、今や大きな赤字の原因になってしまっている
    (S660は現在の台数でも赤字じゃないそうだ)。
    ダイハツは鳴り物入りで発売したウエイクが大減速して2702台しか売れず。あれだけTVで宣伝してアピールしているにも
    関わらず、ユーザーが付いてこない。安心したのは、もはや背の高さ競争にならんということ。背の高いクルマを買うユーザーって、限られているんだと思う。

    興味深かったのは、素晴らしい自動ブレーキを装備したスペーシアが伸びない点。低性能なインチキレーダーブレーキを
    アピールしてきたため、凄さも認識されていないんだと思う。で、インチキレーダーブレーキのワゴンRとアルトが
    前年同月比で100%を超えている。どうでもいいお客さん多い?

    売れなくなった最大の理由は、軽自動車が欲しいユーザーにほぼ行き渡ったからだと思う。軽自動車を買う人は
    クルマを道具だと割り切っている。壊れるまで乗り換えない。下を見て13年くらい乗るでしょう。
    これからも軽自動車の販売は下降を続けていくと思う。軽自動車バブルは終了かと。


    【【クルマ】軽自動車バブルは終了。自動車評論家がそう考える理由】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/08/14(金) 14:46:38.55 ID:???.net

    http://president.jp/articles/-/15887
    5月、ディー・エヌ・エーは自動運転システム開発のZMPと無人タクシーの合弁会社「ロボットタクシー」の設立を発表した。
    同社の売上高は2013年3月期をピークに下降線を辿り、15年3月期も大幅な減収減益に。「モバゲー」依存から、どう脱皮するか。守安社長にぶつけた。

    ガラケー→スマホのような変化が自動車に起きる
    ──なぜ自動車事業に参入しようと考えたのか。
    【守安】インターネットを取り巻く環境は劇的に変化している。スマートフォンやタブレットの登場によって、
    ネットに触れる時間やシチュエーションは飛躍的に増えた。その中で、これまでネットの領域とはされてこなかった
    リアルの産業にも影響が出てきている。スマホのアプリによって自分の健康を管理したり、タクシーを配車したり、そういったことが当たり前になってきた。

    その中で我々が自動車を選んだのは、まず、産業規模が非常に大きいこと。自動車産業は、
    部品やガソリンスタンド、保険などの関連産業を合わせると40兆円とも50兆円ともいわれ、市場の裾野が広い。
    そして自動車産業全体も、いま大きな変革の真っただ中にいる。燃料はガソリンから電気や燃料電池などに移るエネルギーミックスが進み、
    車のつくり方が根本から変わる可能性がある。ネットの技術が自動車産業にも応用され、運転手がコンピュータにとって代わられるかもしれない。
    つまり、ハード面、ソフト面ともに車のあり方が根底から覆され、携帯電話がガラケーからスマホに変わったような、大きな変革が起こる状況にある。
    自動車のあり方が変わると、道路など都市設計から、燃料を補給するガソリンスタンドなどの社会的なインフラまで影響が出る。
    我々もネットのプレーヤーとしての特徴、強みを生かして、何か役割を果たすことができないか、と考えたことがきっかけだ。

    ──5月に自動運転システムを開発するベンチャー企業ZMPと合弁会社「ロボットタクシー」の設立を発表した。どのように交渉を進めたか。

    【守安】今年3月に中島宏執行役員(ロボットタクシー社長に就任)がZMPの谷口恒社長に会って話をし、
    3月末に私もお会いした。実際に自動運転車にも試乗し、その時点で、2社で新会社をつくって
    無人タクシー事業をやろうという方向性は固めた。それから細部を詰めていき、5月の発表に至った。
    ZMPの技術は、国内はもちろん、海外からも注目を集めていて、その中で我々をパートナーに選んでいただけたのはうれしく思っている。
    我々はネットで様々なサービスを展開し、運営している。その実績が評価してもらえたのではないか。我々とはお互いの強みが補完関係にあり、
    シナジーが大きい業務提携になると考えている。

    ──今後について、具体的にどのようなプランを描いているか。
    【守安】まだ、事務所をどこに置くかも決まっていないが、スタッフはDeNAとZMPの両社から派遣することになっている。
    実際は、自動車メーカーから車を仕入れ、ZMPが自動運転車に改造する。タクシーの場合は配車するためのアプリやカスタマーセンターが
    必要なので、その部分をDeNAが補っていくことになる。
    自動運転の技術はまだ実証実験段階だが、走らせること自体は5年後には可能になるとみている。ただし、安全性や安定性など、
    実用的なレベルに至るまでにはいくつかハードルを越える必要があり、公道を走らせるには法律や制度も改正しなければならない。
    目標としては、2020年の東京五輪で、一部でもいいからサービスを提供できればと考えている。東京から世界へ、新たな技術を発信したい。

    【守安】現時点では、我々は既存メーカーのネックになるような規模ではない。むしろ、気にかけてもらえる存在になれたらうれしい。
    そうなれば、一緒に何かをやれる関係になれるのではないか。

    ──自動運転については、米グーグルやアップル、テスラモーターズなども研究開発を続けている。
    【守安】“ガチの戦い”になると覚悟している。ただ、自動運転は社会的な制度や法律と深くかかわっているため、
    仮にアメリカで成功したとしても、そのまま日本に持ち込めばいいというわけではない。彼らが日本に進出するまでに、
    技術力も制度も先に整える必要があると考えている。


    2: 海江田三郎 ★ 2015/08/14(金) 14:46:50.37 ID:???.net

    もちろん我々も、国内市場だけを見据えているわけではない。実際にシンガポールや中国、韓国などの政府、
    企業から様々なオファーを受けている。特にシンガポール政府は積極的で、「ぜひわが国でやってほしい。
    ASEANやインドへの進出も支援する」と熱心に声をかけてくれている。
    日本政府も非常に積極的だ。近未来技術実証特区を設置して、その地域で実証実験などをできることになっており、非常にサポーティブな体制が整いつつある。

    ──無人タクシーがゲーム事業に代わる主力事業になるということか。
    【守安】我々のビジネスの主軸は、あくまでもゲーム事業。そのうえで、中長期的な視点から、
    ゲームに匹敵するような事業をつくっていきたいと考え、育てているものの一つが自動車事業だ。
    ゲーム事業は、いわゆるガラケー向けのブラウザゲームの利用が低下し、収益の押し下げ要因となっていたが、
    ここにきてスマホ用のアプリゲームでも複数のヒットが出ており、
    改善の兆しが見えてきた。そこに任天堂との資本・業務提携が3月にまとまり、いま社内も盛り上がっている。
    任天堂は世界でもトップのゲーム企業。やはりゲームクリエーターにとってその存在は大きく、現場の士気も高まっている。

    ──どうやって岩田聡社長を口説き落としたのか。
    【守安】任天堂は「スーパーマリオ」など有力なIP(知的財産)をいくつも保有している。最初はそのIPをお借りする形で、「ブラウザゲームをつくりませんか」
    という話をしにいった。それが10年のことだったが、「それは難しい」と断られた。しかし、その後も何かと機を見ては岩田社長と会う場をセッティングし続けた。
    なかなかいい返事をもらえなかったが、我々はヤフーと共同で「ヤフーモバゲー」というゲームのプラットフォームをやっているといった話をしたときに
    興味を示された。他社と組んで、裏方に回るような、我々のある種の柔軟さを面白いと思っていただけたのではないか。
    そのときに「モバゲーブランドにどれだけこだわりがあるか」と聞かれたが、ユーザーにとってプラスだったり、
    前面に出したほうが事業の成功の確度を高めるのであれば使うが、そうでなければこだわりはない、と話したことが響いたようだ。
    ──ゲーム、自動車のほか、ヘルスケア分野やキュレーションサイトの運営など、様々な事業に進出し、立ち上げスピードも速い。どういう意思決定で進めているのか。

    【守安】数億円から数十億円を投資するような大きな事業は、経営会議や取締役会で議論をして意思決定をする。
    しかし、インターネットのサービスは、何がヒットするのかは机上で議論しているだけではわからない。
    たとえば、ツイッターも「140字以内の短文を投稿できるサービス」と聞かされただけでは世の中に受け入れられそうなイメージはまったくわかない。
    それほど投資額がかからないのであれば、面白そうなアイデアはとりあえず実行してみることにしている。
    これを社内では「パーミッションレス」と呼んでいるが、立場によって決裁できる金額が違う。およそ数千万円以内であれば、
    取締役会などの決裁は受けずに進められる。


    【【IT】DeNA・守安社長「ガラケ→スマホのような変化が自動車に起きる」「グーグル、アップルと“ガチ”で戦う」】の続きを読む

    1: イス攻撃(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/12(水) 06:49:07.66 ID:ZRUvA0zy0.n

    トヨタ、カーナビ調達先を集約 デンソーは供給中止

    トヨタ自動車はカーナビゲーションシステムの調達先を集約する。デンソーからの調達を原則、
    中止しアイシン精機グループやパイオニアなどからの購入を増やす。カーナビは市場が伸び悩み、
    スマートフォン(スマホ)のアプリ(応用ソフト)などとの競争も激化している。グループ内の
    機能重複を減らし、経営資源を安全関連など重点分野に振り向ける。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HKN_R10C15A8TI1000/


    【トヨタ車のカーナビからデンソー製が消える】の続きを読む

    1: 超竜ボム(秋田県)@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 16:44:39.56 ID:D0YSdYw70.net BE:194767121-PLT(12000) ポイント特典

    6月に行われたル・マン24時間レースで惨敗を喫した日産のレーシング・プロトタイプ「GT-R LM NISMO」。この結果を受け、
    日産はFIA世界耐久選手権(WEC)への復帰参戦を延期すると発表。チームは今後、マシンの改良とテストに注力していくという。

    http://jp.autoblog.com/2015/08/10/nissan-gt-r-lm-nismos-le-mans-delay/


    【日産P10プリメーラは日本人がドイツ車を盗めばこうなるだろうなと言う自動車であった。】の続きを読む

    1: アンクルホールド(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/11(火) 21:55:43.74 ID:251G8CvA0.n

    ポルシェ 911クーペ 改良型、完全な姿&詳細が明らかに

    9月のフランクフルトモーターショーでの公開が迫るポルシェ『911クーペ』の改良型を完全な姿で捕らえた。

    フロント部には新しくなったエンジンフードや、薄くなったLEDデイタイムランニングライト、デザイン変更された
    エアインテークが確認出来る。又、ドアミラーもリデザインされているようだ。リアビューでもやはり薄く
    シャープになった、リアコンビランプや新エキゾーストパイプが見える。

    注目は新開発のエンジンだ。現行モデルの自然吸気水平対向6気筒エンジンから新開発の2.7リットル又は
    3.0リットルのターボチャージャー付きフラット6を搭載し、最高馬力は420psを発揮する。

    ハイテク面では次世代マルチメディア・システムを採用、ポルシェにとって大きなフェイスリフトとなりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000039-rps-ind

    927959


    【フロント部にエンジンフードのあるポルシェ 911クーペって何者だよ】の続きを読む

    1: バックドロップホールド(東日本)@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 14:22:47.94 ID:j0G9PDRA0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    車の中に放置しておくと危険なものを専門家に聞いてみた

    一般社団法人日本自動車連盟(JAF)広報課に、車の中に放置しておくと危険なものについて詳しく教えていただいた。

    「未開封の缶入り炭酸飲料やスプレー缶、使い捨てライター、化粧品や乾電池などを車内に置きっぱなしにしますと、
    高温により破裂する危険があります」(一般社団法人日本自動車連盟広報課)

    ライター、炭酸飲料、スプレー缶は有名な例だが、ほかにも化粧品、乾電池も危険とは盲点だった。旅行中なら
    化粧品をポーチに入れている女子も少なくないのでは……?

    また、緊急時のために懐中電灯を常備している人も多いだろうが、夏場はくれぐれも注意した方が良さそうだ。

    「ウインドウガラスにアクセサリーの吸盤を取り付けたり、ダッシュボードに芳香剤の容器を置いたりすると、
    吸盤や容器がレンズの働きをして火災につながる恐れがあります」(一般社団法人日本自動車連盟広報課)

    ■冷却スプレー缶の危険性

    ちなみに最近、暑くなった社内の温度を瞬時に下げられる冷却スプレー缶の人気が高まっていることを、皆さんはご存知だろうか。
    だがこの冷却スプレー缶の使用が原因となる、車内火災や爆発事故が増えているというのだ。

    http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/watcher/news/20150812/wat1508121220003-n1.htm


    【車の中に放置しておくと危険なもの ライター 炭酸飲料 冷却スプレー缶 乾電池】の続きを読む

    1: 張り手(秋田県)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 17:22:54.69 ID:KidjKrem0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典

     ソウル市中区の新羅ホテルで11日午前、シボレーが新型「インパラ」を発表した。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/08/11/2015081102689.html
    no title


    【ギリギリまでサイド持ち上げて窓小さくって今の自動車の流行なんだな。】の続きを読む

    このページのトップヘ