ニュース

    01

    1: 2019/04/19(金) 05:16:56.98 ID:L5vbM9o79

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190419/k10011888771000.html

    10連休となることしの大型連休ではキャンピングカーに乗って旅行をする人もいると思いますが、
    高速道路で横転する事故が相次いでいます。キャンピングカーの業界団体は荷物の積みすぎや
    スピードの出しすぎが横転などにつながるおそれがあるとして、利用者に注意を呼びかけています。

    キャンピングカーは車両の後ろの部分などを食卓や寝室としても利用できるようにした車両で、
    レジャー目的だけでなく災害に備えて購入したいという人も増えています。

    キャンピングカーの販売業者などで作る日本RV協会によりますと、国内の保有台数は去年の1月までに
    10万6200台に上っているということです。

    しかし各地の高速道路ではキャンピングカーが横転する事故が相次いでいます。先月11日、
    相模原市の中央自動車道ではバランスを崩した車がのり面にぶつかって横転し、3人が重軽傷を負いました。

    日本RV協会によりますと、利用者の中には重い荷物を限度ぎりぎりまで載せているケースがあり、
    スピードを出しすぎるとバランスを崩したり、タイヤが破裂したりして横転するおそれがあるということです。

    10連休となる大型連休にはキャンピングカーを利用して旅行に出かける人が多くなると見られ、
    日本RV協会はむやみに荷物を積みこまないことやスピードを出しすぎないよう注意を呼びかけています。

    日本RV協会の佐藤正理事は「念のためと思ってたくさんの荷物を積みこまないようにしてほしい。
    また法定速度を守って安全運転を徹底してほしい」と話しています。

    no title


    【高速道路でキャンピングカーの横転事故相次ぐ。10連休を前に業界団体が荷物の積み過ぎなどに注意呼びかけ】の続きを読む

    jiko4

    1: 2019/04/19(金) 17:28:46.19 ID:CjXpOe5+9

    池袋、運転手「アクセル戻らなくなった」

     警視庁によると、東京・池袋の事故で乗用車を運転していた87歳の男性は「アクセルが戻らなくなった」と説明している。

    共同通信 2019/4/19 17:234/19 17:26
    https://this.kiji.is/491887304157430881


    【【池袋交通事故】87歳男性運転手「アクセル戻らなくなった」】の続きを読む

    国交省がスズキ本社に立ち入り検査

    1: 2019/04/19(金) 09:43:32.59 ID:bp+tawBd9

    https://this.kiji.is/491770035858064481

    国交省がスズキ本社に立ち入り検査
    2019/4/19 09:384/19 09:42updated
    ©一般社団法人共同通信社

     国土交通省は19日、道路運送車両法に基づき、ブレーキなどの検査不正が発覚したスズキの本社(浜松市)の立ち入り検査に着手した。


    【【検査不正】国交省がスズキ本社に立ち入り検査】の続きを読む

    l

    1: 2019/04/18(木) 13:17:46.18 ID:yOcD8jgz0● BE:632443795-2BP(10000)


    「うおっまぶしっ!」 金ピカのポルシェが「まぶしすぎる」ために摘発
    ドイツのハンブルクで、車体全体が金色のフィルムに包まれまばゆいばかりに光り輝くポルシェが、「まぶしすぎて周囲のドライバーの視界を奪う恐れがある」との理由で摘発されました。

    まぶしすぎる『ポルシェ・パナメーラ ターボ』(ポルシェ公式サイトによると車両本体価格2377万円)を運転していた31才の男が摘発されたのは二度。一度目は2週間前。警察がわざわざ反射を測定して危険を確認した上で、金色のフィルムを剥がして免許証を再登録するよう命令していたのですが、
    男はそれを無視して一時的に返還されたポルシェで走り続けていたために、数日後、今度は鍵と登録書類とナンバープレートを没収されてしまいました。金額は明かされていませんが、男には罰金が科せられ、フィルムを剥がすまでは運転を許されなくなったそうです。

    ドイツでは、このポルシェが捕まる1週間前にも同じハンブルクで、全身金ピカの740馬力・数千万円のランボルギーニ(アヴェンタドール?)が摘発され、2018年4月にはベルリンで、同じく金ピカのランボルギーニが摘発されたことがありました。

    現地では車体全体をラッピングするのにはおよそ30万円から60万円ほどの費用がかかりますが、剥がすのも塗装より簡単で安いために、目立ちたがり屋な人たちの間で人気のオプションになっています。
    結婚式、誕生日、サッカーの試合の後などには派手なラッピングをした“交通フーリガン”が街にパレードに繰り出すことが増えていて、警察は摘発を強化しているそうです。
    http://news.livedoor.com/article/detail/16329939/


    【緑の中を走り抜けてく金ピカポルシェ】の続きを読む

    aa

    1: 2019/04/17(水) 22:54:54.57

    「自分への誕生日プレゼントに買った新車に欠陥があったのに、交換してもらえない」。
    中国で女性がメルセデスベンツに対し苦情を訴える動画が拡散し、ベンツが謝罪声明を出す事態に発展。
    驚きの和解案まで飛び出しました。

    中国 苦情への対応でベンツ謝罪、驚きの和解案も
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190417-00000052-jnn-int

    https://www.youtube.com/watch?v=kRxhjF5KKjg


    女性
    「私達はお互いに落とし所が探れると思って互いに話し合えると考えていたけど、
    こんな風に恥をかかされるとは思ってもいなかったわよ」
    「どんだけ私を狼狽させたかわかってます?」
    「私は新車に98,000ドル払ったの」
    「運転だってしてない、1kmすら走ってない(訳注:走る前にオイル漏れw)」
    「それからあなた達は私にエンジン交換で納得するよう強制してきたでしょ!」
    「私はこのディーラーから運転すらしてないよの」
    「あなたは私をこんな風に扱ったのはなによ?
    簡単に脅しやすいと思ったから?」
    「あなたは問題解決に3日くれといったけど、私は15日の猶予を与えた」
    「最初に返金を約束してくれた。次には前言撤回して車を交換約束してくれましたよね?
    私は合意しましたよ」


    【【動画】ベンツを買った中国女性、納車直後にエンジンオイルが漏れ出し車の交換を求めるも拒否され怒り狂う→結果】の続きを読む

    自分の部屋に火を付けた

    1: 2019/04/18(木) 08:06:33.41 ID:PS6avbaD0● BE:842343564-2BP(2000)


    契約社員の若林晃生容疑者は16日午後10時ごろ、栃木市大平町の自宅に灯油をまいて火を付けた疑いが持たれています。
    警察によりますと、同居する77歳の母親に「車を買ってほしい」と頼んだところ、叱られたため、玄関に置いてあった灯油を自分の部屋にまいて火を付けたということです。
    若林容疑者はその後、自ら119番通報して現行犯逮捕されました。この火事で母親は逃げて無事でしたが、木造平屋建ての自宅は全焼しました。
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000152471.html


    【車カス「車買ってくれなきゃヤダヤダ!」母親「だーめ」激昂して家に放火全焼】の続きを読む

    1: 2019/04/18(木) 08:48:58.54 ID:RodPmoGe9

    世界各国の自動車評論家らが優れた車を選ぶ2019年の「ワールド・カー・アワーズ」が17日、ニューヨーク国際自動車ショーの会場で発表され、スズキの「ジムニー」が小型車向けの「ワールドアーバンカー」を受賞した。

    17年に新設された部門で、日本車メーカーが受賞したのは初めて。主催団体の幹部は「審査員は、ジムニーはニューヨークのような混み合う都市の通りにぴったりだと結論づけた」と述べた。

    最優秀賞「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」は、英ジャガー・ランドローバーの高級電気自動車(EV)「ジャガーI-PACE(アイペース)」が選ばれた。(共同)

    2019年4月18日8時26分
    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/general/news/201904180000157.html
    no title


    【スズキ、ジムニーが「ワールドアーバンカー」受賞 日本車メーカーで初 [ワールド・カー・アワーズ]】の続きを読む

    lp

    1: 2019/04/17(水) 16:00:30.47 ID:qQBCMZn/9

    GT―RとフェアレディZの50周年記念モデルを発売へ
    2019年4月17日15時43分
    https://www.asahi.com/articles/ASM4K4303M4KULFA00P.html?iref=comtop_latestnews_02

     日産自動車は17日、スポーツカー「GT―R」と「フェアレディZ」のそれぞれ誕生50周年を記念したモデルを、東京・銀座のショールームでお披露目した。いずれも2020年3月までの期間限定の受注生産で、今夏に売り出す。
     GT―Rは、1969年に誕生した初代の「スカイライン2000GT―R」を皮切りに現在は6代目。
     今回の記念モデルは、外観は「青地に白」のツートンなど3色そろえた。新色の「ワンガンブルー」は、往年の日産レースチームのカラーを再現。運転席まわりの計器類には50周年記念のロゴマークをちりばめた。同時に発表した2020年モデル(消費税込み1063万1520円から)をベースに、3・8リットルのV6エンジンを積み、6月に発売する予定。価格は消費税込み1319万2200円から。
     フェアレディZも69年の発売開始で現在は6代目。記念モデルでは、70年に米国のスポーツカーレースで優勝した「ダットサン 240Z BRE」のデザインを踏襲。白地に赤、銀と黒の2パターンのツートンカラーを用意した。シートやメーターに50周年の記念ロゴを配した。今夏にも発売する。価格は未定。
     来年5月中旬から先行予約を受け付ける「GT―R ニスモ」2020年モデルもこの日、初披露された。最新の流体力学に基づいて部品の形を見直して大幅に軽量化し、アクセルやブレーキの性能を大きく向上させたという。GT―R開発主管の田沼謹一・常務執行役員は「(初代のGT―Rである)ハコスカから50年間蓄積してきた膨大なデータを生かした」と胸を張る。日本事業担当の星野朝子・専務執行役員も「ファンに支えられた『日産の魂と情熱』をぜひ体験してほしい」と話している。(上地兼太郎)


    【GT―RとフェアレディZの50周年記念モデルを2020年3月までの期間限定発売へ】の続きを読む

    aa

    1: 2019/04/17(水) 21:52:52.47 ID:T8nc94610● BE:299336179-PLT(13500)


    イタリアの自動車会社フィアットが17日、「FIAT JAPAN」公式ツイッターで11日に亡くなった漫画「ルパン三世」の原作者のモンキー・パンチさんに感謝のツイートを投稿した。

    「『ルパン三世』の良き相棒として、FIAT 500をこよなく愛してくださったモンキー・パンチ先生。本当にありがとうございました。 
    心よりご冥福をお祈り申し上げます」とルパンと次元が同車に乗り込む画像とともにツイートした。

    同社の旧「FIAT500」(通称チンクエチェント)は、ルパン三世の愛車のひとつとして知られる黄色いレトロで小さな車。宮崎駿監督が手掛けた映画「ルパン三世 カリオストロの城」の冒頭の逃亡、
    カーチェイスの場面など登場し、多くのファンの印象に残っている。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-04170971-nksports-ent


    【ルパンの愛車「フィアット」、急逝のモンキーパンチ氏に感謝ツイートへ】の続きを読む

    as

    1: 2019/04/16(火) 17:11:20.17 ID:XgvGK66m0 BE:228348493-PLT(16000)


    暫定2車線を4車線化 高速道路全国16か所が候補に 防災対策で国が選定
    https://trafficnews.jp/post/84204
    国交省 発表
    http://www.mlit.go.jp/common/001278087.pdf

    国土交通省は2019年3月8日(金)、高速道路の暫定2車線区間のうち、
    土砂災害などで通行止めになる可能性が高い16か所を、
    付加車線設置や4車線化の候補として選定したと発表しました。
    財政投融資約5000億円を活用。次の16か所について、有識者委員会での
    審議などを経て、2019年度から事業が行われる予定です(順に事業区間:延長、事業費)。

    ・道東道 トマムIC~十勝清水IC:約9.5km、300億円
    ・秋田道 湯田IC~横手IC:約7.7km、400億円
    ・磐越道 三川IC~安田IC:約5.1km、200億円
    ・富津館山道路 富津竹岡IC~富津金谷IC:約3.4km、300億円
    ・東海北陸道 白川郷IC~五箇山IC:約2.8km、300億円
    ・舞鶴若狭道 舞鶴東IC~大飯高浜IC:約4.1km、200億円
    ・舞鶴若狭道 大飯高浜IC~小浜西IC:約7.8km、430億円
    ・広島呉道路 坂北IC~呉IC:約12.2km、730億円
    ・岡山道 有漢IC~北房JCT:約3.3km、170億円
    ・米子道 江府IC~溝口IC:約4.2km、270億円
    ・徳島道 脇町IC~美馬IC:約4.8km、200億円
    ・松山道 内子五十崎IC~大洲IC:約4.4km、200億円
    ・東九州道 苅田北九州空港IC~行橋IC:約1.1km、50億円
    ・東九州道(宇佐別府道路) 宇佐IC~院内IC:約4.6km、210億円
    ・東九州道 大分宮河内IC~津久見IC:約6.0km、290億円
    ・東九州道 宮崎西IC~清武IC:約3.7km、150億円

     広島呉道路は4車線化、ほかは付加車線の設置を予定。
    また、財政投融資を活用して新名神高速 亀山西JCT~大津JCT間の6車線化も進めます。


    【国交省「田舎の2車線の高速道路を4車線化するわ。まずは全国16か所から」】の続きを読む

    AS20190416000629_comm

    1: 2019/04/16(火) 08:40:45.42 ID:h1csfF1M9

    朝日新聞デジタル

     日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(65)が中東オマーンの販売代理店に支出した日産の資金を私的に流用したとされる特別背任事件で、この代理店が日産に支払う車の購入費について、利子を0%にするなどの便宜が図られていたことが関係者への取材でわかった。この優遇措置はゴーン前会長の指示だったとされ、日産が得られたはずの利子の総額は10年間で約80億円に上るという。

     代理店のオーナーはゴーン前会長の友人。東京地検特捜部は両者の密接な関係を示す事例とみて経緯を調べている。

     ゴーン前会長は2015~18年、日産子会社「中東日産」からオマーンの販売代理店「SBA」に約17億円を送金し、そのうち約5億6千万円を自らが実質保有するレバノンの投資会社「GFI」に還流させた疑いで再逮捕された。

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM4D04X0M4CUTIL05P.html


    【【ゴーン前会長】利子0%で日産の資金を友人会社優遇か 計80億円分】の続きを読む

    1: 2019/04/16(火) 08:22:32.48 ID:q9NKpvNC9

    [北京 15日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は、中国の電気自動車(EV)スタートアップ企業である奇点汽車(Singulato)にEV技術を販売することで合意した。トヨタにとって中国EVスタートアップとの合意は初めて。

    その見返りにトヨタは、EVとプラグインハイブリッド車向けの中国の新たなクオータ制度の下で奇点汽車が生み出す「グリーンカー」クレジットを優先的に購入する権利を得る。

    また、奇点汽車の沈海寅最高経営責任者(CEO)およびトヨタの関係者2人によると、トヨタは中国EVスタートアップの運営手法や戦略についても大局的に把握できるようになるという。

    トヨタ関係者の1人は「電化、自動運転、カーシェアリングが業界を揺さぶる中、従来の方法を見直す必要がある」と指摘。「われわれは自動車技術において1世紀のリードを有するが、新規参入者から学ぶ謙虚さも必要だ」と語った。

    奇点汽車は、トヨタ「eQ」の設計利用ライセンスを取得する。今回の合意は16日に上海自動車ショーで発表される予定で、奇点汽車はeQをベースとしたコンセプトカーを発表する。

    奇点汽車は発表車を現地の好みに合わせて設計し直し、2021年初めまでにはより手頃な価格で航続距離が長いモデルを考案する予定だ。

    沈CEOはロイターに対し、「今回の合意により、信頼性の高い車を開発し、当社が得意とする分野に集中するために時間とコストを節約できる」と語った。

    金銭的な条件は明らかにされない見通し。奇点汽車の関係者によると、同社はeQの設計に「数千万ドル」を支払うことに同意したという。

    トヨタは主要市場である中国での事業を加速させるため、さまざまな措置を講じているとしたが、具体的な措置についてはコメントしないと説明した。

    沈CEOによると、今回の合意は奇点汽車の将来性に対するトヨタの信任投票だという。

    奇点汽車は2014年に設立され、インテル<INTC.O>と伊藤忠商事<8001.T>の支援を受けている。少なくとも50の中国EVスタートアップが競争の激しい市場での生き残りを目指しており、奇点汽車もその1社。最初の自社開発バッテリーEV「iS6」を今年販売する計画だ。

    4/15(月) 19:37
    ロイター
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000067-reut-bus_all
    no title


    【【トヨタ】中国の奇点汽車に EV技術を販売「我々は技術において1世紀のリードを有するが、新規参入者から学ぶ謙虚さも必要」】の続きを読む

    1: 2019/04/15(月) 13:51:33.09 ID:CAP_USER

    ・新デザインのフロントグリルやバンパーでイメージチェンジ
    ・5.2リットルV10は570hpと620hpの2仕様。最速仕様は0~100km/h加速3.1秒、最高速331km/h
    ・200km/hからの制動距離は最大で5m短縮

    no title

    アウディ R8 改良新型
    その他画像は元ソースでご覧下さい
    https://response.jp/article/img/2019/04/15/321384/1408005.html

    アウディは、4月17日に米国で開幕するニューヨークモーターショー2019において、改良新型『R8』(Audi R8)を初公開すると発表した。

    R8はアウディのフラッグシップスポーツカーだ。現行R8は2世代目モデルで2015年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2015で発表された。この現行R8がデビューからおよそ4年が経過し、初の本格改良を受けて、改良新型がニューヨークモーターショー2019でデビューする。ボディタイプは、クーペとスパイダーの2種類が設定される。

    □新デザインのフロントグリルやバンパーでイメージチェンジ
    改良新型R8では、最新のLED技術が組み込まれたヘッドライトや新デザインのフロントグリル&バンパーを採用する。シングルフレームグリルは、従来よりもワイドかつフラットな形状。新デザインのフロントリップスポイラーやディフューザーも装備された。フードのフラットなスリットは、1980年に発表されたアウディ『クワトロ』がモチーフ。エンジンコンパートメントの3分割カバーは、プラスチックまたはカーボンファイバーが選択できる。LEDヘッドライトには、R8ベースの最新レーシングカー、『R8 LMS GT3』と共通デザインを採用する。

    改良新型には、19インチホイールを標準装備した。ダイナミックなデザインの超軽量20インチホイールも選択できる。セラミックブレーキディスクも用意。フロントスタビライザーは、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)+アルミ製に交換が可能で、これにより重量を約2kg軽量化できる。オプションで、3種類の「エクステリアパッケージ」を設定。これらのパッケージでは、フロントリップスポイラー、サイドトリム、ディフューザーにアクセントを追加できる。アウディの4リングとエンブレムはハイグロスブラック化。ボディカラーには、新しいメタリックカラーとして、イモラグレイとアスカリブルーを用意した。

    改良新型には、アウディのデジタルコクピット、「アウディバーチャルコックピット」を搭載する。速度計、回転計などの走行情報から、ナビゲーション表示、ラジオやメディア情報など、ドライバーのニーズに合わせた表示情報を、好みに応じてカスタマイズできる。最小限の視線移動で必要な情報が得られるインターフェイスを追求している。

    □5.2リットルV10は570hpと620hpの2仕様。最速仕様は0~100km/h加速3.1秒、最高速331km/h
    ミッドシップに搭載されるエンジンは、引き続き自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」だ。改良新型では、このV10を強化して搭載する。ベースグレードの「R8 V10クワトロ」では、最大出力が540hpから570hpへ、30hp向上。最大トルクは55.1kgmから56.1kgmへ、1kgm引き上げられた。0~100km/h加速は、クーペが3.4秒、スパイダーは3.5秒。最高速は、クーペが324km/h、スパイダーは322km/hに到達する。

    トップグレードの「R8 V10パフォーマンス クワトロ」では、最大出力が610hpから620hpへ、10hp向上。最大トルクは57.1kgmから59.1kgmへ、2kgm引き上げられた。0~100km/h加速は、クーペが3.1秒、スパイダーは3.2秒。最高速は、クーペが331km/h、スパイダーは329km/hの性能を発揮する。

    □200km/hからの制動距離は最大で5m短縮
    サスペンションはチューニングを見直し、さらに安定性と精度を追求する。電動パワーステアリングとオプションの「ダイナミックステアリング」の両方で、アシストを再チューニング。アウディによると、ステアリングレスポンスと路面からのフィードバックは、全速度域で正確性を増しているという。

    「アウディドライブセレクト」には、パフォーマンスモードに加えて、ドライモード、ウェットモード、スノーモードの3つのモードを追加。路面状況に応じて、最適なトラクションを発揮する。ESCも強化された。最上級グレードでは、100km/hからの制動距離を最大1.5m短縮。200km/hからの制動距離は、最大で5m短縮しているという。駆動方式は4WDの「クワトロ」だ。

    2019年4月15日(月)12時45分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/04/15/321384.html


    【アウディ R8 改良新型、620馬力で最高速331km/hに…ニューヨークモーターショー2019で発表へ】の続きを読む

    op

    1: 2019/04/14(日) 17:49:52.80 ID:ZOolLP/n0 BE:468394346-PLT(15000)

    カーオーディオイベント・シーズンの開幕が迫ってきた。このタイミングで、
    これらがどのようなものなのか、そして参加することでどのような楽しさを
    味わえるのかを解説する特別企画をお贈りしている。今回はその第3弾をお届けする。

    初夏に行われる3つのイベントに焦点を当て、それぞれの特長や参加方法等々を端的に解説していく。


    01・第7回 ヨーロピアンサウンド カーオーディオコンテスト

    全国区のハイレベルなサウンドコンテストの1つとしてすっかり定着しているこちら、
    『ヨーロピアンサウンド カーオーディオコンテスト』。その第7回目となる大会が、
    6月2日に石川県「小松ドーム」にて開催される。

    当コンテストは、有名欧州ブランド(主催ブランド)の製品が装着されている
    クルマのみがエントリーできる大会だ(主催ブランドの詳細は、同コンテストのHPを要参照)。
    欧州にはHi-Fiフリークに人気のブランドが多くあり、結果、当コンテストにはハイレベルな
    システムを搭載した車両が多数集結する。加えて、審査員を務めるのが
    オーディオ評論家の方々ということもあり、“権威ある大会”という印象の強い大会となっている

    https://response.jp/article/2019/03/18/320290.html


    【車の中で大音量、漏れてくる音楽は意味不明のものばかりwwwww】の続きを読む

    トロッコ問題

    1: 2019/04/14(日) 20:14:14.50 ID:fpPFTObn9

    【ツイッター】トロッコ問題がバズる 自動運転の事故で再燃?

    2019/04/14

    なぜかここ数日、日本のツイッター上でトロッコ問題がバズり中

    トロッコ問題とは
    http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1552786928514/index.html
    トロッコ問題と自動運転

     制御不能になって暴走するトロッコの先に5人の作業員がいる。手前のポイントを切り替えれば、その支線の先には別の作業員が1人いる。5人を救うために1人を犠牲にする行為は許されるのか。倫理学でよく例題に使われる「トロッコ問題」だ▼さらに意地悪な問い掛けが続く。もし自分の家族や知り合いが、どちらかの側にいたら。あるいは支線の先にいるのが子どもだったら。人数の多少を判断基準にすると追い打ちもある。臓器移植をしなければ助からない5人のために、健康な1人を犠牲にして、その臓器で5人を救う行為は許されるのかと▼こうしたトロッコ問題のような想定が、車の「完全自動運転」技術でも論議されているという。とっさの回避行為でやむを得ない被害が出る場合、今は人間がその判断を担っている。人工知能(AI)で判断するには、その程度を瞬時に予測する仕組みが必要になる▼昨年の今頃、米国での自動運転車の走行試験で死亡事故が起き、道路を横断中の女性がはねられた。「完全自動」とまではいかないが、事故が起きた場合の責任を巡る検討は、既に日本でも始まっている▼運転手がハンドルやブレーキなどの操作に全く関与しない完全自動運転車は「夢の車」に違いない。絶対に事故が起きない仕組みが実現すれば理想的だが、そうなれば、車を動かしているという自覚や責任感は残るのだろうか。(己)
    2019年3月17日


    【【ツイッター】トロッコ問題がバズる 自動運転の事故で再燃?】の続きを読む

    1: 2019/04/15(月) 14:27:54.90 ID:CAP_USER

    2019年4月15日 受注開始
    2320万円

    no title

    メルセデスAMG G 63 Edition Matt Black
     メルセデス・ベンツ日本は4月15日、新型「Gクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G 63 Edition Matt Black」の受注を開始した。ステアリングは左のみで価格は2320万円。5月12日までの期間限定で注文を受け付ける。納車時期は4月下旬以降より順次予定。

     メルセデスAMG G 63 Edition Matt Blackは、2018年6月に大幅改良されたGクラスのトップパフォーマンスモデルである「メルセデスAMG G 63」をベースにしたもの。

    no title

     エクステリアでは、同特別仕様車限定のボディカラー「デジーノマグノナイトブラック」と22インチマットブラックホイールを採用。さらに、AMGナイトパッケージをあしらい、通常モデルではクロームが用いられる前後バンパーのアクセント、スペアタイヤカバー、アンダーボディプロテクションなどをブラックとし、ウィンカーレンズ、ヘッドライト、リアコンビネーションランプをダークティンテッド仕上げとしている。

     インテリアにおいても、随所にカーボンインテリアパネルを採用することで、ブラックで統一されたシックで落ち着いた中にもAMGらしいスポーティな印象を与えている。

    関連リンク
    メルセデス・ベンツ日本株式会社
    https://www.mercedes-benz.co.jp/

    製品情報(G-Class)
    https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/g-class/g-class-suv/individualize/model-year-update.module.html

    2019年4月15日 13:37
    Car Watch
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1180093.html


    【メルセデス・ベンツ、内外装を黒で統一した「Gクラス」特別仕様車】の続きを読む


    1: 2019/04/14(日) 15:22:24.44 ID:sQIKYzN+0● BE:423476805-2BP(4000)


    スズキの軽自動車、ハスラーがフルモデルチェンジを受けて2代目モデルへ。
    2020年前半の発売が予想される。
    (動画は現行ハスラー ワンダラー)
    ハスラーシリーズは、先代ワゴンRのプラットフォームをベースにクロスオーバーSUVタイプの内外装が与えられたモデルで、2013年の東京モーターショーでの初公開であった。
    増産体制が敷かれワゴンRを超えるセールスとなり、スズキとしても想定外の人気車種に成長した。
    ベースとなったワゴンRのほうは、2017年のフルモデルチェンジで新しくなっている。
    ハーテクトと呼ばれる軽量プラットフォームの採用、R06A型エンジンとハイブリッドシステムのブラッシュアップ、これらによるJC08モード燃費の改善が次期ハスラーにも導入されることになるだろう。
    2019年10月の東京モーターショーで、市販型あるいはプロトタイプとしての参考出品が期待される。
    https://car-research.jp/tag/hustler
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=O6e4QLliVoc



    【スズキ・ハスラー、2020年フルモデルチェンジ予測、HEARTECTで軽量化】の続きを読む

    aa

    1: 2019/04/13(土) 21:53:32.00 ID:AzC7ka3d0 BE:232392284-PLT(12000)


    【安くて元気で刺激的】これぞホンダ魂! プロも唸った平成ホンダスポーツ 5選

     数ある自動車メーカーのなかでも、独創的な車作りで世の中を驚かせてきたホンダ。
    平成が終わろうとしている今、この時代に登場し、今なお高く評価されているホンダスポーツは、ファンや識者をも唸らせたモデルたちばかりだ。

    ビート/1991-1998年
     つい一部ファンしか喜ばないオタクなオレ流に走りがちなホンダスポーツ。なかでも最も画期的かつ広くクルマ好きの心を捉えたのはコレ。1991年生まれのビートでしょう。
     世界初のミドシップフルオープンモノコックボディ採用。ステアリングフィールは超ソリッドで、これは軽版NSXか? と言いたくなるほどシャープかつダイレクト。
     エンジンは8500回転のありえない領域まで回って64馬力を捻出。トルク感は正直薄かったけど、回す楽しさは軽レベルを凌駕。

    初代インテグラタイプR/1995-2001年
     このクルマのハンドルを初めて握ったのはホンダの鷹栖テストコースだった。
    エンジンが超絶いいときた。可変バルブタイミング「VTEC」の高回転側に入った時のエンジン音&エンジンフィールときたら、今でも究極の4気筒NAだと思っている。

    初代シビックタイプR/1997-2000年
     素晴らしい旋回スピードで曲がっていくシビックタイプRのサスペンションの考え方とリアサスのスタビリティに、新時代のFFの走りを強く感じた。
     シビックタイプRとしての走りの性能も、切れのいい高回転のフィーリングはVTECシリーズのなかでも最もいいと思うし、
     パワーバンド(=VTEC領域)の狭さを走り方で工夫する面白さもあった。

    4代目シビック SiR/1989-1991年
     筑波のクネクネしたコースでは、しばらくR32型スカイラインGT-Rより速かったんだから。まさに無敵! VTECサウンドを轟かせて快走する姿はすごくカッコよかったし、憎らしいほど強かったなぁ。

    3代目シビックタイプR/2007-2010年
     なんといっても2LのNAエンジンでありながら225psを絞り出し、足回りなんかもほとんどレーシングカーに近く、大衆化したタイプRが最後のきらめきを放ったモデルとして記憶に残っている。
     これに比べると、今の86/BRZなどは乗っていてぜんぜん面白くない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00010003-bestcar-bus_all


    【ホンダのスポーツカーの思い出】の続きを読む

    1: 2019/04/12(金) 22:40:52.67 ID:S1zL1Ww50 BE:232392284-PLT(12000)


    これが噂のトヨタ”第3のスポーツモデル”?前後の見分けがかなり難しいデザインイメージの特許を取得

    トヨタの2ドアスポーツクーペモデルといえば、スバルとの共同開発によって実現した「86」と5月17日に発売予定となっているBMWとの共同開発によって誕生する新型「GRスープラ」の2種類となっていますが、
    ここに新たに「MR2」の置き換えモデルとして第3のスポーツモデルが登場予定となっているのですが、日本市場専用のデザインイメージが遂に特許取得されていたことがわかりました。

    no title

    no title

    no title

    http://creative311.com/?p=60719


    【トヨタ次期MR2のデザインが流出 せーの、だっせぇえ!!】の続きを読む

    xx

    1: 2019/04/13(土) 23:48:35.07 ID:sXcozpDO9

    TBSニュース 4/13(土) 16:56配信

    東京オリンピック・パラリンピック期間中の大きな課題となっている交通渋滞の緩和に向けて、都外に出る高速道路の通行料金を値下げする案が検討されていることが分かりました。

    複数の関係者によりますと、大会期間中に多くの混雑が予想される都内の渋滞対策として、東京から他県に出る車両を対象に高速道路の通行料金を値下げする案が浮上しているということです。

    選手や関係者の主な輸送ルートとなる首都高速道路については、通行料金を時間帯によって上下させる「ロードプライシング」の導入が検討されていて、
    通常の走行料金に500円から2500円が上乗せされる方向で調整が進んでいます。

    東京都などは、来週行われる交通対策について検討する会議でこれらの議論を本格化させる方針です。(13日09:59)

    ※動画あり
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190413-00000037-jnn-soci


    【【交通】東京都、オリンピック期間中に都外に出る車両の高速料金値下げ検討・・・首都高は時間帯によって500円~2500円値上げへ】の続きを読む

    1: 2019/04/13(土) 01:13:56.26 ID:COElnXZw0● BE:151915507-2BP(2000)


    no title

    no title


    LEXUS初のミニバン「LM」発表間近! 1500万円超のロイヤルラウンジがベースなの? 現行型30アルヴェルとの違いは?https://news.nicovideo.jp/watch/nw5132044


    【トヨタ、アルファードを元にミニバンレクサスを発売へ お値段1500万円超え】の続きを読む

    opo

    1: 2019/04/12(金) 18:22:17.08 ID:QbBXvSm79

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190412/k10011881941000.html

    1000キロで5000円? 走行税の実態は
    2019年4月12日 17時18分

    自動車で走った距離に応じて税金が課される「走行税」。政府・与党は、自動車の税金の抜本的な見直しを検討する方針で、その1つの案として去年の末に急浮上してきた。しかし、日常的に車を使っている人たちからは、早くも懸念の声が相次いでいる。いったい走行税とはどんな税なのか。すでに制度を導入している国があると聞き、現地に入って実態を取材した。(経済部記者 影圭太)

    走行税の導入国は…

    日本から飛行機で約11時間。空港に降り立つと、季節は日本と真逆の秋へと変わっていた。向かったのは、南半球の島国・ニュージーランドだ。500万人近い人口より羊のほうが多いことで有名なこの国だが、自動車の数も多い。

    保有台数は約400万台に達し、都市部から郊外に向かう幹線道路は、夕方になると帰宅する人の車で大渋滞が起きていた。
    (リンク先に続きあり)


    【【車の税金が変わる?】1000キロで5000円? 走行税の実態は NHK解説】の続きを読む

    スズキのブレーキ検査不正

    1: 2019/04/12(金) 15:26:10.75 ID:1l9alLWM9

    https://this.kiji.is/489320524467111009

    スズキのブレーキ検査不正、1981年から
    2019/4/12 15:24
    ©一般社団法人共同通信社

     スズキは、ブレーキの制動力検査などの工程でも不正があったことを明らかにした。不正は1981年6月ごろから今年1月まで続いていた。弁護士に依頼した調査で判明した。


    【【スズキ】ブレーキ検査不正、1981年から】の続きを読む


    1: 2019/04/12(金) 13:49:47.54 ID:CAP_USER

    ・三菱自動車の米国部門は4月11日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の世界累計販売台数が20万台を達成した、と発表した。

    ・アウトランダーPHEVは2013年に発売。世界累計販売台数20万台は、発売からおよそ6年での達成となる。

    no title

    その他画像は元ソースからご覧下さい
    https://response.jp/article/img/2019/04/12/321296/1407285.html

    三菱自動車の米国部門は4月11日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)の世界累計販売台数が20万台を達成した、と発表した。
    アウトランダーPHEVは2013年に発売。世界累計販売台数20万台は、発売からおよそ6年での達成となる。

    最新モデルでは、駆動用バッテリーとエンジンを新設計する大幅改良を実施。モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち、ほぼ一新といえる約9割のコンポーネントを改良している。

    エンジン排気量は、2.0リットルから2.4リットルに、400cc拡大。このガソリンエンジンは、カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により、アトキンソンサイクル化を図り、低回転域で効率性の高い発電を可能にしている。また、エンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで、発電によるエンジン始動時の違和感を低減させた。

    さらに、駆動用のリチウムイオンバッテリーの蓄電容量は、約15%向上させ13.8kWhとし、最大出力も約10%引き上げた。ジェネレーターやリアのモーターの出力も約10%向上させることにより、力強い走りを追求した。2019年モデルのパワースペックは、エンジンが135ps、フロントモーターが82ps、リアモーターが95ps。EVモードの航続は、57.6km(WLTCモード)となる。

    現在、アウトランダーPHEVは、世界50か国以上で販売。また、アウトランダーPHEVは世界で最も売れているプラグインハイブリッド車(PHV)だ。欧州では2015年から4年連続で、PHVカテゴリーの販売首位を維持している。

    2019年4月12日(金)13時15分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/04/12/321296.html


    【三菱 アウトランダー PHEV、世界販売20万台…発売6年で達成】の続きを読む

    tesr

    1: 2019/04/11(木) 23:12:11.64 ID:0kf6I8i59

    テスラとパナソニック 共同運営の米工場の追加投資凍結へ
    2019年4月11日 22時56分

    シェアする
    アメリカの電気自動車メーカー「テスラ」と、「パナソニック」は、アメリカで共同運営している電気自動車向けの電池を生産する工場で、生産能力を高めるための追加投資の計画を凍結する方針です。

    テスラとパナソニックは、両社でおよそ5000億円を投じてアメリカ・ネバダ州で電気自動車向けの電池を生産する工場を共同で運営しています。

    テスラは、2020年をめどに車の生産台数を年間100万台にまで拡大する計画を明らかにし、両社は、工場の生産能力を高めるための追加投資を検討してきました。しかし、関係者によりますと、両社は、この追加投資の計画を凍結する方針を固めたということです。

    テスラの電気自動車の足元の販売台数が想定を下回っており、電池の生産拡大を慎重に再検討したためとみられます。

    追加投資の凍結は、テスラによる電気自動車の生産計画にも影響を与えることになりそうです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190411/k10011881281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005


    【テスラとパナソニック 共同運営の米工場の追加投資凍結へ】の続きを読む

    このページのトップヘ