ニュース

    1: 2017/09/14(木) 18:39:38.25 ID:CAP_USER9

    マツダ、3列シートの新型クロスオーバーSUV「CX-8」発表。319万6800円から - Car Watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1080025.html
    2列目がベンチシートの7人乗り、キャプテンシートの6人乗りを設定
    編集部:小林 隆2017年9月14日 11:00

    no title

     マツダは9月14日、3列シートの新型クロスオーバーSUV「CX-8」の予約受注を開始した。価格は319万6800円~419万400円。発売日は12月14日となる。

     また、この新型CX-8のプロトタイプ先行展示イベントを9月15日から全国10会場で実施することも合わせて発表されている。

    no title

    no title

    no title


    (続きはソース)


    【マツダ、3列シートの新型クロスオーバーSUV「CX-8」発表。319万6800円から】の続きを読む

    1: 2017/09/14(木) 21:48:57.58 ID:CAP_USER9

    2020年の東京五輪に向けて「空飛ぶクルマ」を開発中の有志団体「CARTIVATOR(カーティベーター)」は14日、東京と愛知に新たに二つの開発拠点を置くと発表した。機体の新デザイン案も公開し「五輪に向けて開発を加速させたい」としている。

    団体は12年の設立。自動車や航空業界の若手技術者ら約100人が、トヨタ自動車などの支援も受けながら、愛知や静岡、東京の3都県で、メンバーの自宅などを使い、平日夜や週末に開発を続けてきた。

    今回は、富士通の子会社が東京都港区で運営している会員制工房を利用することになった。3Dプリンターなどがあり、部品製作や会議に使う。愛知では、トヨタ最高顧問だった故豊田英二氏の遺族の寄付をもとに豊田市が17日に開所するものづくり支援施設を利用。試作機の開発や保管をするメイン拠点として活用する。(山本知弘)

    空飛ぶクルマのデザイン案(CARTIVATOR提供)
    no title

    東京の開発拠点とする富士通子会社の施設(CARTIVATOR提供)
    no title


    配信2017年9月14日20時30分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK9G548CK9GOIPE032.html



    【空飛ぶクルマ、試作機案を公開 東京五輪に向け開発加速】の続きを読む

    tesura

    1: 2017/09/13(水) 17:27:26.28 ID:CAP_USER

    自動運転モードで走行する車が起こした初の衝突死亡事故に関して、米国の規制当局は、米テスラ社の自動運転技術の装備上の欠陥を原因の一つとして指摘した。

     テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、同社の「オートパイロット(自動運転)」システムを使えば運転者が関わらずに長距離走行ができると誇っている。テスラの最先端技術は人間が運転するより2倍安全だという。

     しかし、問題の事故に関する米運輸安全…
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM13H1C_T10C17A9000000/


    【テスラ車死亡事故、自動運転機能が一因と米当局】の続きを読む

    1: 2017/09/13(水) 18:39:11.84 ID:CAP_USER9

    スズキは2017年9月13日、新型「スイフトスポーツ」を同年9月20日に発売すると発表した。

    ■今や希少な“ホットハッチ”が4代目に進化

    コンパクトでリーズナブルながら、スポーツごころあふれるホットハッチとして、コアなファンを持つ通称「スイスポ」ことスイフトスポーツ。新型は2005年に登場した初代から数えて4代目となるが、スズキでは3代目と呼んでいる。古くは「カルタス」の輸出仕様がスイフトの名を冠していたり、逆に初代スイフトが海外では「イグニス」を名乗っていたりしたことなどから、スズキでは軽自動車「Kei」をベースにした初代スイフトを、歴代モデルに含めていないのだ。

    それはともかく、新型スイフトスポーツのコンセプトは“Ultimate Driving Excitement”。開発にあたっては、Bセグメントのホットハッチとしての圧倒的な動力性能と、スイフトのフラッグシップとしてのエキサイティングなハンドリング性能を追求。ドライバーに操る楽しさと感動を与え、五感に響く刺激的なドライビングが楽しめるモデルと主張している。

    ■従来モデルから70kgの軽量化を実現

    走りの基礎となるボディーは、軽量高剛性の新プラットフォームを土台に、軽量で強度の高い超高張力鋼板を先代の約3倍使用し、スポット溶接打点を追加するなどして構成。この剛性を高めつつ軽量化したボディーを筆頭に、エンジンや内外装部品など細部に至るまで最適化し、先代比で70kgもの軽量化を達成。車両重量は6段MT車で970kg、6段AT車で990kgと1t以内におさめている。

    ボディーサイズは全長×全幅×全高=3890×1735×1500mm、ホイールベース2450mm。旋回性能を高めるべく前後トレッドをそれぞれ30mm拡大したため、全幅が1.7mを超えてスイフトとしては初の3ナンバーサイズとなった。とはいうものの、実は1735mmという全幅は海外向けのスイフトと同じ。国内向けのノーマルのスイフトのみ、5ナンバーサイズにおさめるためにダウンサイズしているのである。

    拡幅により安定感を増したエクステリアは、逆スラントした大開口のハニカムグリルやルーフエンドリアスポイラー、存在感のあるデュアルエキゾーストパイプなどでスポーティーに装う。インテリアはスポーツドライビングをサポートすべく、メーター、ステアリングホイール、シート、ペダルプレートなどを専用開発。マルチインフォメーションディスプレイには、新たにブースト計と油温計を追加している。

    ■エンジンには1.4リッター直噴ターボを採用

    フロントがマクファーソンストラット/コイル、リアがトーションビーム/コイルのサスペンションは、形式はノーマルと同じだが、ステアリング操作に対する応答性を高めるべく、専用ハブベアリングやトーションビームを採用して車軸支持剛性を強化。さらに専用スタビライザーやコイルスプリング、ブッシュ類などによってロール剛性を最適化。歴代モデルで定評のあるモンロー製ストラット&ショックアブソーバーも引き続き採用している。ブレーキは、フロントに先代より1インチ大径となる16インチのベンチレーテッドディスクを導入して動力性能向上に対応。足元は専用17インチアルミホイールに専用開発された195/45R17タイヤを履く。

    エンジンは1.4リッター直4直噴ターボのK14C型ブースタージェット。すでに「エスクード1.4ターボ」に積まれているユニットをベースに専用チューニングを施したもので、最高出力140ps/5500rpm、最大トルク230Nm/2500-3500rpmを発生。いずれも先代の自然吸気1.6リッターを上回り、0-100km/h発進加速は先代よりMT車で約20%、AT(先代はCVT)車で約25%向上しているという。いっぽう燃料消費はJC08モードで16.0km/リッター(6MT)と、先代(14.8km/リッター)より低減している。なお使用燃料はプレミアムガソリンである。トランスミッションはクロスレシオの6段MTと、先代のCVTに代わって、パドルシフトを備えたトルコン式の6段ATを用意している。駆動方式はFFのみである。

    スズキのフラッグシップとなるだけに、安全運転支援システムもより充実した。セーフティパッケージ装着車には、単眼カメラとレーザーレーダーによる、歩行者の検知も可能な衝突被害軽減ブレーキシステムやアダプティブクルーズコントロール、スズキ車としては初となる車線逸脱抑制機能などで構成されたシステムを搭載する。

    スズキスポーツDNAの結晶とうたう新型スイフトスポーツ。価格はMT車が183万6000円、AT車が190万6200円。それぞれに8万6200円高でセーフティパッケージ装着車が、14万4720円高でセーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車が用意される。(文=沼田 亨)

    2017.09.13
    http://www.webcg.net/articles/-/37072


    2: 2017/09/13(水) 18:39:34.78 ID:CAP_USER9

    スイフトスポーツ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表】の続きを読む

    1: 2017/09/13(水) 21:07:07.35 ID:CAP_USER9

    https://www.cnn.co.jp/m/business/35107180.html

    ニューヨーク(CNNMoney) 職場から愛車で帰宅した後も、そのまま車内でくつろげる――。仏ルノーがこんな生活を提案している。

    12日にドイツで開幕したフランクフルトモーターショーで、ルノーが発表した電気自動車(EV)「Symbioz」は、住宅とセットになったコンセプトカーだ。

    薄型のバッテリーを床下に収納することにより、車内に広い空間を確保した。自動運転機能が搭載され、運転席と助手席を180度回転させて走行中もゆったりとくつろぐことができる。


    同時に発表された同系色のコンセプトハウスにすっぽりと収まり、リビングルームの一部になる。

    エレベーターで持ち上げれば2階のラウンジに早変わりし、パノラマ式のサンルーフから星空を眺めることもできる。

    ルノーのデザイン担当者は「車のデザインと身の回りのエコシステムを切り離して考えることは、もはやできない」と強調した。

    すでに実用化されているEVと同様、家庭の電源で充電できる。逆に停電の時などは電力を供給することも可能だ。

    Symbiozはまだコンセプトカーの段階だが、ここで提案された技術の多くを取り入れた試作車が、年内に完成する見通しだという。

    2017.09.13 Wed posted at 17:47 JST

    no title

    車が家屋の一部として機能するという
    no title


    【愛車と住まいが「一体化」 ルノーのコンセプトカー】の続きを読む

    1: 2017/09/12(火) 20:08:13.99 ID:vX9/PSCM0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典

    この特別な1台は、フェラーリの70周年を記念したイベントにおけるオークションに出展された。2017年9月9日、フェラーリ本社のある中部イタリアはマラネロでのことだ。

    まだ実車がないためオークション会場には画像のみでの出展。
    それに830万ユーロ(約10 億7700万円)の値がついたのである。

    「この取引価格は、21世紀に製造された自動車のオークション最高額記録を塗り替えるものです」とするのは、フェラーリ・ジャパンが用意したプレスリリースだ。

    それまでの最高額はおなじくラ・フェラーリでも、クーペモデルのものだった。イタリア中部地震復興のために行ったチャリティオークションに出展し、700万ドル(約7億5000万円)で落札されている。

    今回の売上金は、恵まれない子供たちの支援を目的に世界120カ国以上で活動している国際機関「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付されるそうだ。

    フェラーリの販売が好調という日本。そのなかでもファンの見果てぬ夢ともいえるのが、限定で発売されて即完売したハイブリッドのスーパースポーツ、ラ・フェラーリである。

    ラ・フェラーリは6262ccのV型12気筒エンジンに、F1式のハイブリッドシステムを組み合わせた963馬力。スペシャルなフェラーリのなかでも、とりわけスペシャル度が高い1台である。

    http://www.sankei.com/gqjapan/news/170912/gqj1709120001-n1.html
    no title

    続きます


    【世界で1台のフェラーリ、オークションで10億7700万円の値がつく】の続きを読む

    1: 2017/09/13(水) 01:11:22.58 ID:CAP_USER9

    http://www.afpbb.com/articles/-/3142563?cx_part=top_block&cx_position=2

    【9月12日 AFP】大型ハリケーン「イルマ(Irma)」の進路から逃れることを手助けするため、米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)は先ごろ、当該地域の車両所有者に対し、走行距離を伸ばすためのバッテリー容量を一時的に増やす無料のアップグレードを無線ネットワークを通じて行った。

     無料の措置は、善意の意思表示として受け取られ、テスラ社の株価を押し上げることにもつながった。しかし、その一方で車両の権限を販売後も握り続けているとの見方に一部からは不安視する声も上がった。

     先週末、米フロリダ(Florida)州の住民数百万人に対して避難命令が出された。これを受け、テスラは「モデルX(Model X)」「モデルS(Model S)」などのバッテリー容量を60kWhから75kWhに増やすアップグレードを無線ネットワークを通じて提供。走行可能距離が48キロ増え、370キロに延長された。カリフォルニア(California)州を本拠地とする同社の広報担当者は11日、これを事実と確認した。

     モデルにもよるが、ソフトウェアによるアップグレードは通常4500ドル(約49万円)から9000ドル(約98万円)かかる。今回の措置は避難者にのみ適用され、また16日までの一時的なものとなっている。

     自動車関連ブログの「Jalopnik」は、テスラの措置について「称賛に値するもので適切」としているが、その一方で「自動車の恐るべき未来像」を描いたとも語っている。Jalopnikのジャスティン・ウエストブルック(Justin Westbrook)氏は、富裕層が優先されるなどの「災害時に会社や組織が極めて重要な意思決定者となる最悪のシナリオ」の危険性を指摘した。

     AFPが取材した自動車評論家らは、ドライバーに対するメーカー側のコントロールが強まりつつあることは認めたが、さらなる極端な懸念については触れなかった。

    ■遠隔操作で車両をシャットダウン

     テスラは、無線ネットワークを利用するOTA機能で一歩リードしているが、その他多くの自動車メーカーも、電子化が進み、インターネットに常時接続されている車両(コネクティッド・カー)に対してはある程度コントロールできる。

     自動車ソフトウェア・ソリューションなどを手掛ける米コックス・オートモーティブ(Cox Automotive)のカール・ブラウアー(Karl Brauer)氏は、「多くの消費者は、ゼネラル・モーターズ(GM)が遠隔操作で車両をシャットダウンできることを知らない」と話す。そして「警察官が『あの車を止めろ』と言えば、GMはそれをすることができる。そのようなことを10年以上やってきたことは、知られたくないだろうが」とも述べた。

     米自動車情報サイト、エドマンズ・ドット・コム(Edmunds.com)の編集主任エド・ヘルウィグ(Ed Hellwig)氏も、他の自動車メーカーも将来的にはテスラのレベルにいずれ追いつくだろうと述べ、「ゆくゆくは、OTAでのソフトウエアアップデートなど、ある程度のコントロールは可能になる」と続けた。

     ただ同氏は、一般の消費者が所有車への敵対的なハッキングを心配する必要はないとの楽観的な見方を示している。

     テスラは2016年、中国のセキュリティー会社から「モデルS」の遠隔操作の脆弱(ぜいじゃく)性について指摘を受け、欠陥を改良した過去がある。この時のソフトウェア更新は、OTAを使って行っている。(c)AFP/Virginie Montet with Luc Olinga in New York

    2017年9月12日 12:38 発信地:ワシントンD.C./米国

    自動車ショーの会場に展示されたテスラの「モデルS」(2015年9月16日撮影)。(c)AFP/ODD ANDERSEN
    no title


    【テスラ、ハリケーン避難でバッテリー容量増強 アクセス不安視する声も】の続きを読む

    1: 2017/09/13(水) 06:27:17.51 ID:CAP_USER9

    ホンダは9月12日、『アーバンEVコンセプト』を発表した。実車は9月12日夜、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開される。

    アーバンEVコンセプトは、2019年に市販するホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカー。新開発のプラットフォームをベースにし、将来のホンダの市販EVの技術と設計を盛り込む。

    全長は、『フィット』よりも約100mm短い。車のフロントには、あいさつや他のドライバーへのアドバイス、充電状況など、多言語でメッセージを表示することができる。

    インテリアは、細いAピラーと、フロント全体を覆うワイドなフロントガラスが特徴。後部ヒンジ式のコーチドアから乗降する。室内には、異なる素材で仕上げられたベンチシートが2脚配置され、乗車定員は4名。ダッシュボードのメイン画面には、バッテリーの残量を含むさまざまな車両情報が表示される。

    http://response.jp/article/2017/09/12/299681.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ホンダ アーバンEVコンセプト 発表…2019年の市販EV示唆】の続きを読む

    1: 2017/09/13(水) 06:31:04.76 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は、生産終了が予定されている『FJクルーザー』に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、10月16日に発売する。

    FJクルーザーは、北米市場専用車種として2006年に登場。「ランドクルーザー FJ40」をモチーフとした個性的なデザインなどが支持を集め、日本市場にも2010年12月より導入された。しかし、北米市場では2014年モデルを最後に販売を終了、日本市場でも生産終了が予定されている。

    ファイナルエディションは、特別設定色のベージュを、外板色やシート表皮、センタークラスターガーニッシュなどに採用。また、内外装の随所にブラック塗装を施したほか、20インチアルミホイールやサイドステップなどを特別装備し、魅力的な仕様とした。

    価格は349万2720円。

    http://response.jp/article/2017/09/12/299680.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタ FJクルーザー、ファイナルエディション発売へ…11年の歴史に幕】の続きを読む

    1: 2017/09/11(月) 05:55:29.63 ID:CAP_USER9

    英国のスポーツカーメーカー、TVRは9月8日、英国で開幕した「グッドウッド・リバイバル」において、新型『グリフィス』を初公開した。

    TVRは1947 年、トレバー・ウィルキンソン氏が英国ブラックプールに設立。高性能なスポーツカーを少量生産する手法で成長した。しかし、2006年末に経営破綻。

    新型グリフィスは、復活を果たした新生TVRの最初のスポーツカー。初代グリフィスは1963~65年に生産。27年のブランクを経て、2代目グリフィスが1992年に発売。しかし、2001年に生産を終了した。新型が、グリフィス2度目の復活となる。

    新型グリフィスの設計には、著名デザイナーのゴードン・マレー氏を起用。英国のスポーツカーの伝統に則った2シーター車をデザインした。エンジンなどのメカニズム系は、コスワースが手がける。生産は、英国サウスウェールズ州の新工場で、2018年から行われる予定。

    コスワースが開発した新型パワートレインは、エンジンが5.0リットルV型8気筒ガソリンとなり、車両重量1トン当たり、400bhpのパワーを引き出す。また、車両重量は1250kgに抑えられることから、パワーは500bhpレベルとなる。トランスミッションは6速MT。パワフルなエンジンと軽量ボディの組み合わせにより、0~96km/h加速4秒以下、最高速322km/h以上の優れた性能を実現している。

    http://s.response.jp/article/2017/09/09/299574.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【【新型スポーツカー】英TVRが復活、グリフィス の名も16年ぶり2度目の復活】の続きを読む

    1: 2017/09/11(月) 06:07:11.72 ID:CAP_USER9

    オランダのニッチなスポーツカーメーカー「ドンカーブート」は、自身の軽量スポーツ『D8 GTO RS』に、さらなる高性能モデル『D8 GTO RS Bare Naked Carbon Edition』を追加した。

    ドンカーブートは、ロータスの軽量スポーツ『セブン』を受け継いだケータハムから、その後継モデルを引き継ぎ生産しており、スポーツカーマニアからは大きな支持を得ている。

    鮮やかなブルーに塗装されたこの新モデルは、ボディの95%にカーボンファイバーを使用することで実現した、695kgの超軽量ボディが自慢だ。

    パワートレインは、アウディ製2.5リットル直列5気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力は380psを発揮。最大トルクは50.1kg、最高速度270km/h、0-100km/h加速は2.7秒のロケットパフォーマンスを誇る。

    価格は18万2000ユーロ(約2400万円)、世界限定15台のプレミアムモデルだ。

    http://s.response.jp/article/2017/09/09/299575.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【「セブン」の血統、ドンカーブート(約2400万円)】の続きを読む

    jiko_car

    1: 2017/09/09(土) 21:51:42.28 ID:CAP_USER9

    9日夕方、新潟県見附市のスーパーの駐車場で80代の男性が運転する乗用車が駐車していた車に次々に衝突し警察の調べによりますと衝突された車は10台以上に上るということです。
    車はいずれも無人でこれまでにけが人は確認されていないということです。

    9日午後4時50分ごろ、見附市新町にあるスーパーの駐車場内で乗用車が駐車していた車の列に突っ込み次々と車に衝突しました。
    警察の調べによりますと運転していたのは近くに住む80代の男性でいったん駐車場の車止めに車を乗り上げその後急いで後退した際に、駐車していた車の列に突っ込んだということです。

    車はいったん停止しましたが今度は前進し、さらに何台かの車に衝突したということです。
    これまでの調べで衝突された車は10台以上と見られていますがいずれも無人でけが人は確認されておらず運転していた男性も病院に運ばれましたがけがは確認されていないということです。

    警察は運転していた男性が駐車しようとして操作を誤ったものとみて事故の詳しい状況を調べています。

    配信09月09日 19時50分
    新潟 NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/1033796651.html


    【スーパー駐車場で80代運転の車暴走 駐車していた車10台以上に次々に衝突】の続きを読む

    j

    1: 2017/09/09(土) 17:25:05.29 ID:Z08yj0LW0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典

    ■今年いっぱいは大丈夫だが……追加モデルの売れ行き次第??

     月に200店舗のディーラーを回り「生」の情報を届けてくれる遠藤徹氏によると、「すぐに、というわけではありませんが、
    マークXがそろそろ生産中止になる、という話は販売店ではずっと噂されています。なにしろこの10月でデビューから丸8年が経過しました。
    昨年11月に2度目のマイチェンを実施してフロントマスクなども変更しましたが、売れ行きは向上していません。次期モデルの開発も中止されているようですが、
    ただ現行モデルの生産終了の通知はまだ販売店には来ていないようなので、少なくとも今年いっぱいは売っていくはずです。
    来年春あたりに通知があるのではないでしょうか。SAIも同時に整理されるはずです」とのこと。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170909-00010002-bestcar-bus_all&p=2


    【マークⅡから続くトヨタの歴史的名門FRセダン「マークX」年内で消滅へ】の続きを読む

    subaru

    1: 2017/09/07(木) 23:15:00.62 ID:bK/BEpCK0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典

     SUBARU(スバル)は2020年度をめどにディーゼルエンジン車の生産と販売から撤退する方針を固めた。
    欧州など世界各国で厳格化される環境規制には、新型のガソリンエンジン搭載車や電動車両の投入で対応する。
    ディーゼルエンジンに必要な新技術の開発費などを考慮し、開発資源を電動化技術など次世代分野に振り向ける。(ニュースイッチ)https://news.yahoo.co.jp/pickup/6253270


    【【マツダの一人勝ちか?】スバルが乗用車のディーゼル撤退へ】の続きを読む

    1: 2017/09/09(土) 06:44:53.42 ID:CAP_USER9

    ランボルギーニは、9月12日に開幕する「フランクフルトモーターショー」でスーパースポーツカー『アヴェンタドールSロードスター』を初公開する。

    アヴェンタドール S ロードスターは、昨年末、初の大幅改良を受けた『アヴェンタドールS』のオープンエアモデル。車体後部はクーペとは異なるラインで、ロードスターならではのエアロダイナミクスを発揮する。リアウィンドウから車体後部へと流れるエンジンブリッジは、ボディカラーとマットブラック仕上げのカーボンファイバー製エンジンボンネットブレードのバイカラー。V12エンジンをそのまま見せるトランスペアレントオプションも用意する。

    着脱可能な流線型のハードトップパネルは、重さ6kg弱。外側に膨らんだ形状で、広い車内空間を確保する。標準ではマットブラック仕上げのカーボンファイバーだが、オプションでハイグロスブラックや光沢仕上げの剥き出しカーボンファイバーも用意する。またルーフパネルは素早く外してフロントトランクに収納することもできる。

    パワートレインはクーペ同様、最大出力740hp、最大トルク690Nmを発生する6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンと、50ミリ秒以内のギアシフトを実現する7速軽量ISRトランスミッションの組み合わせ。0-100km/h加速3.0秒、最高速350km/hという世界屈指のパフォーマンスを発揮する。また四輪駆動と新アクティブサスペンション、新四輪ステアリングシステム、EGOドライビングモードを採用。さらにサスペンションと電子制御システムを全面的に再開発するなど、トータルな制御コンセプトにより、優れたドライビング、乗り心地を実現する。

    アヴェンタドール Sロードスターは、2018年2月より納車開始を予定している。

    http://s.response.jp/article/2017/09/08/299560.html
    no title

    no title

    no title

    no title


    【ランボルギーニ、アヴェンタドールSロードスター 初公開へ】の続きを読む

    55_s

    1: 2017/09/08(金) 01:39:49.85 ID:CAP_USER9

    英ジャガーも全車種、電動化へ…2020年以降 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00050095-yom-bus_all
    9/7(木) 22:34配信

     【フランクフルト=戸田雄】英ジャガー・ランドローバーは7日、2020年以降に発売する全ての車種を電動にすると発表した。

     全車種に電気自動車(EV)や、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車などをそろえる。

     18年には同社初の電動スポーツ用多目的車(SUV)を発売する予定だ。スペッツ最高経営責任者(CEO)は「顧客にさらに多くの選択肢を提供する」とコメントした。

     欧州では自動車の排ガスによる大気汚染が深刻になっており、英国とフランスは40年までにガソリン車やディーゼル車を禁止する方針を打ち出している。

     スウェーデンのボルボ・カーは19年以降に発売する全車種を電動にすると表明するなど、メーカー側も対応を急いでいる。


    【ジャガー・ランドローバー、2020年以降、全車種を電動化へ】の続きを読む

    331

    1: 2017/09/08(金) 00:37:12.00 ID:CAP_USER9

    運送業の長時間労働を是正するため、集配中の宅配トラックに限って駐車できる道路の場所を増やすよう、警察庁が駐車規制の緩和に取り組むことが7日、分かった。
    政府が推進している「働き方改革」の一環。駐車が可能な場所を増やすことで、集配の作業時間を短縮させるのが狙い。
    警察庁は本年度中に全国の警察本部に通達を出し、数年をかけて駐車可能な場所を増やす。

    集配先のマンションなどの周囲に駐車スペースがない場合、宅配ドライバーは通常、遠方の駐車可能な場所を使うか有料駐車場を利用するなどして車を止める場所を確保している。
    このため時間と費用がかさむことから宅配業界からは「道路上に駐車して配達できる場所をつくってほしい」との要望が強いという。

    道交法は駐車禁止の区域でも、青地に白文字の「P」のマークを描いた「駐車可標識」が設置されている場所は駐車を認めている。
    警察庁は「P」マークの標識の下に「集配中の貨物に限る」などと明示し、集配中の宅配トラックだけが駐車できるスペースを増やす方向で検討している。

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/170907/lif1709070042-n1.html


    【宅配中トラックは駐車可、集配時間の短縮狙い、規制緩和へ】の続きを読む

    1: 2017/09/07(木) 21:54:17.37 ID:CAP_USER9

    ◆世界初の技術に世界のメディアが大注目

    マツダは9月上旬、ドイツのフランクフルト郊外にあるマツダ・モーター・ヨーロッパ(MME)の研究開発拠点で、グローバル次世代技術フォーラムを実施した。

    これは、8月8日に都内で開催した、マツダ技術開発長期ビジョン説明会を受けて、世界各国のメディアに対して同社の次世代技術を実体験してもらう場である。

    目玉となったのは、やはり「SKYACTIV-X」だ。

    フォーラムの具体的な内容は、最初にマツダの技術系担当役員4名による合計1時間15分間のプレゼンテーション。次に、直列4気筒・排気量2.0リットルのSKYACTIV-Xを搭載した、第二世代のSKYACTIV ボディ&シャーシの実験車両で一般道路と速度無制限のアウトバーンを走行した。

    実験車両は現行のCセグメントセダンの『アクセラ』に仮装され、マニュアルミッション車とオートマチックミッション車ぞれぞれを1時間づつ運転した。

    試乗後は、エンジンと車体について30分間づつ、担当役員と1対1での意見交換を行った。

    ◆SKYACTIV-Xに世界の注目が集まる理由

    試乗の感想を紹介する前に、どうしてSKYACTIV-Xが世界中から大きな注目を集めているかを説明したい。

    SKYACTIV-Xの最大の特徴は、マツダがSPCCI(スパーク・コントロールド・コンプレッション・イグニッション:火花点火制御圧縮着火)と呼ぶ燃焼方式だ。

    圧縮着火は、一般的にはディーゼルエンジンで採用されている方式。シリンダー気筒内の圧縮比を高めることでシリンダー気筒内の空気が高温となり、そこにディーゼル燃料を噴射することで一気に燃焼して大きなトルクを生む。この原理をガソリンで行う場合、シリンダー気筒内の空気と混ざるガソリンの量を少なくし、混合気を極めて薄くして燃焼させる必要がある。これを、一般的にリーンバーンと呼ぶ。リーンバーンによって、シリンダー気筒内の燃焼温度は下がることで、低燃費かつ高性能というエンジン開発のキモとなる各種の要因が相乗効果によって良い方向へと向かう。

    こうしたガソリンエンジンによるリーンバーンをエンジンの低回転域から高回転域まで確実を行うためには、シリンダー気筒内の燃焼状況を確実に制御しなければならない。この制御とは具体的に、一般的なガソリンエンジンのように点火プラグを用いて、最適な圧縮点火を実現するものだ。

    つまり、SKYACTIV-Xは、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの理論が融合した、究極の内燃機関だといえる。

    no title


    また、補機類としては、リーンバーンを最適化するために高圧の空気を送る、高対応エアサプライを用いた。駆動力をエンジンのクランクシャフトから取っているため、技術的にはスーパーチャージャーだが、一般的なスーパーチャージャーが低回転域でのトルクを増大させるのが目的なのに対して、SKYACTIV-Xではあくまでもリーンバーンを正確に行うことが目的だ。

    この他、低回転域での燃費を向上させるため、今回の実験車両はエンジンの回転力を補助するモーターが装着されており、技術的な車両分類ではマイルドハイブリッド車になる。

    こうした各種の構成部品を見ると、SKYACTIV-Xはかなり割高なエンジンに思えるが、欧州、アメリカ、そして中国でこれから厳しさが増すCO2規制や企業間平均燃費(CAFE)をクリアするためには、マツダとして絶対に必要な投資だといえる。

    マツダの発表資料によると、現行のガソリンエンジンSKYACTIV-Gと比べて、エンジン単体の燃費率は最大で20~30%改善され、ディーゼルエンジンのSKYACTIV-Dと同等以上の燃費率だという。

    SKYACTIV-Xに似た燃焼方式では、HCCI(ホモジェーネアス・チャージド・コンプレッション・イグニッション:予混合圧縮着火)という理念で独ダイムラーが2007年にコンセプトモデルに搭載して発表するなどの事例があるが、どの自動車メーカーも量産までには至っていない。

    >>2以降に 続く

    配信2017.9.7 Thu 7:15
    レスポンス
    https://s.response.jp/article/2017/09/07/299463.html


    【なぜマツダの新世代エンジン「SKYACTIV-X」が世界から注目されるのか】の続きを読む

    kurumatakusan

    1: 2017/09/08(金) 08:48:40.30 ID:CAP_USER9

    車検切れ検知、即アウト 走行車のナンバー読み取り 国交省と警察が実証実験
    産經新聞:2017.9.8 07:41更新
    http://www.sankei.com/life/news/170908/lif1709080008-n1.html

     車検切れのまま公道を走っている車やバイクを摘発しようと、国土交通省は警察と手を組み、道路脇に設置したナンバー読み取り機で車検切れを検知し、その場で交通切符を交付する実証実験を9月末に始める。

     全国5カ所で年内に順次実施する予定で、場所の選定を進めている。結果を踏まえ、来年に全国の都道府県警と連携して本格運用に乗りだす。

     使用するナンバー読み取り機は、車検の登録データベースとつながっており、有効かどうかを瞬時に照合できる。前方で待ち構えた警察官が停止させて取り締まる。

     車検切れが発覚すれば、赤切符を切られ、免許停止(行政処分)となるだけでなく、罰金(刑事処分)を科せられることになる。

     国交省によると、国内に車やバイクは約8千万台あり、約500万台が車検切れになっている。多くが放置状態になっているとみられるが、過去の統計から約20万台が公道を走っていると推定される。


    【車検切れ検知、即アウト、走行車のナンバー読み取り、国交省と警察が実証実験】の続きを読む

    NI_S020_F002_M002_1_L

    1: 2017/09/07(木) 19:22:27.20 ID:CAP_USER9

    「エクストレイル」出火4件=日産、2万7千台リコール:時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090700795&g=eco

     日産自動車は7日、スポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」に出火の恐れがあるとして、2008年8月~15年3月に製造した2万6912台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。北海道と秋田県で計4件、空調やオーディオを操作するパネルから火が出る事故が起きている。
     国交省によると、エアコン内のヒーターの電気配線に設計上の問題があり、走行時の振動で異常過熱する可能性がある。(2017/09/07-14:39)


    【「エクストレイル」出火4件=日産、2万7千台リコール】の続きを読む

    2016-04-09_06h21_28

    1: 2017/09/07(木) 02:14:46.63 ID:tWOq+M+z0 BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典

    駐車違反の取り締まり中の監視員に体当たりするなどの暴行を加えたとして、大阪府警港署は5日、公務執行妨害の疑いで、大阪市港区の会社役員の男(40)を現行犯逮捕した。
    容疑を認めている。

    逮捕容疑は同日午後0時20分ごろ、同区磯路の路上で、路上に違法駐車していた乗用車に駐車違反の確認標章を貼り付けようとした駐車監視員の男性(62)に対し、胸に体当たりするなどの暴行を加えたとしている。
    監視員にけがはなかった。

    同署によると、男は過去に同様の駐車違反で標章を張られたことがあり、「なんべん貼るねん」と言って暴行に及んだという。
    監視員が110番し、駆けつけた署員が現行犯逮捕した。

    配信2017.9.5 17:10更新
    産経WEST

    http://www.sankei.com/west/news/170905/wst1709050067-n1.html


    【「なんべん貼るねん!」 駐車違反ステッカーに立腹し監視員に抵抗】の続きを読む

    1: 2017/09/07(木) 02:55:35.55 ID:CAP_USER9

    フランス北東部の池の底で、38年前に盗まれた車が見つかった。干ばつで池の水位が下がり、姿を現したという。欧米メディアが報じた。

     泥まみれで、ザリガニが車内をすみかにしていたが「長い間水に浸っていたにしては、状態は悪くない」と整備士。警察が古い書類をひっくり返して当時の所有者を特定、近く久々の「再会」を果たす。(共同)

    no title

    no title

    no title

    http://www.sankei.com/world/news/170906/wor1709060041-n1.html


    【38年前の盗難車、見つかった場所は…】の続きを読む

    nisan

    1: 2017/09/07(木) 03:54:26.71 ID:CAP_USER9

    http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKCN1BH22Y

    [千葉市 6日 ロイター] - 世界各国の環境規制強化で電気自動車(EV)に追い風が吹く中、日産自動車(7201.T)はEV「リーフ」の新型車投入で盟主の座を守る構えだ。

    EV市場は新興の米テスラ(TSLA.O)が台頭、他社も開発や投入を急ぐなど競争激化は必至。先頭に立ってEVを推進してきた日産。今度こそ思い描く成長を遂げられるか、新型リーフでその力が試される。

    <先発優位なるか>

    「先駆者だったリーフはさらに進化した。日産のコアとなる実力を持った車だ」。西川廣人社長は6日、約7年ぶりに全面改良した新型リーフを誇らしげに初披露した。他社が懐疑的だったEVを日産は早くから次世代エコカーの本命と位置づけ、2010年末に投入したのがリーフだ。世界販売実績は累計約28万台。当初の想定通りには伸びてこなかったが、これまで世界でもっとも売れているEVだった。

    ここ数年、EVで注目を浴びるのはもっぱらテスラだ。今までは1000万円超の高級EVを扱うテスラとは「顧客層が違う」と言い訳できた。だが、同社の最新作「モデル3」は価格が3万5000ドル(約380万円)から。富裕層でなくても手が届きやすくした。受注は50万台を超えており、リーフの累計販売台数を倍近く上回っている。

    ダニエレ・スキラッチ副社長は「日産にはテスラなどにはない強みがある。(EVで)もっとも多くの顧客情報を持ち、84年という自動車開発の歴史がある」と対抗心を露わにする。たかだか創業15年ほどの企業には負けないと言わんばかりだ。

    新型リーフは、旧型に比べ電池容量を1.3倍の40kWhとし、航続距離を日本基準で400キロと約4割延ばすなど性能を向上、自動運転技術など高機能も付加した上で価格を旧型と同水準に抑えた。長年集めたデータからユーザーの行動特性を分析。坂本秀行副社長は、コスト、重量、価格などの点も考慮し、対象顧客にとって「バランスの良い」スペックに仕上げたという。

    <勝者の見極めは時期尚早>

    三菱UFJモルガンスタンレー証券の杉本浩一シニアアナリストは「早くEVを出した、EVをたくさん売ってきたからといって現時点で必ずしもそのメーカーが勝つとは限らない。そういう段階にまだない」とみる。EVはまだバッテリー(電池)や充電インフラなどに課題が多く、儲けも出にくいとし、勝者の見極めは「多面的にみないといけない」と慎重だ。

    「日産は先行してきただけの経験がある。データやノウハウを蓄積しており、(後発企業との)差は大きい」とSBI証券の遠藤功治シニアアナリストは指摘する。ただし、今後の技術革新によっては品質や価格競争力が後発と「大きく逆転することはありうる」。

    米国ではカリフォルニアなど10州で18年型モデルから環境規制を強化。走行中に排出ガスを出さないEVなどの販売が求められる。英仏政府もガソリン・ディーゼル車の販売を40年までに禁止する方針を打ち出し、世界最大市場の中国は18年以降に一定量のEV販売を義務づける規制を導入する予定。

    米ゼネラル・モーターズG.Mは昨年、EV「シボレー・ボルト」を発売。独フォルクスワーゲン(VOWG_p.DE)は25年までにEV30車種以上を投入、世界販売の20―25%に相当する200万―300万台を計画する。スウェーデンのボルボも19年以降は全車種をEVやハイブリッド車(HV)などの電動車にする。

    トヨタ自動車(7203.T)は昨年末にEV開発組織を新設、19年ごろの中国での生産を検討中だ。マツダ(7261.T)とEVの共同開発も進める。初の量産型HV「プリウス」開発責任者だった内山田竹志会長は8月のイベントで、HVは「電動化技術全ての要素を持っている」とEV開発にも自信をみせた。
    (リンク先に続きあり)

    (白木真紀 編集 橋本浩)

    2017年 9月 7日 12:15 AM JST


    【日産が新型リーフで攻勢、テスラの脅威も】の続きを読む

    このページのトップヘ