ニュース

    aa

    1: 2019/04/26(金) 12:37:10.38 ID:OnMZJ85L9

    イエローハットのユニフォームを着た人物が店舗内で商品とみられるタイヤにドロップキックなどを行う動画がSNSで拡散している。
    イエローハットは取材に対し、「事実関係を調査している」とした。

    動画は、イエローハットのユニフォームを着た複数人の不適切行為を集めたもの。ある人物は、店頭のタイヤに覆い被さり、腰を振って下腹部を擦り付けたり、ドロップキックを行い陳列を崩していた。

    また、ハンマーに火を付けてタイヤを激しく打ちつける様子や、「竜巻旋風脚」とゲームの技の名前を言いながら回し蹴りする様子も撮影。
    駐車場に停まっている車に靴を飛ばし車体をへこませたり、取り置きの商品を燃やすなどの行為も収められている。元の動画は削除されたが、SNSでは転載され拡散している。


    イエローハットに確認したところ、動画の存在は認識しているとのこと。
    現在、この行為を行ったのは社員なのか、どの店舗で行われたのかなど、「適切な処理をするよう事実関係を調査している」とした。今後の情報はホームページで発信するとしている。

    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0426/blnews_190426_4075285412.html


    動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1121313747333570560/pu/vid/1280x720/nhM2xHfWdWeqxA8V.mp4


    【【イエローハット】商品のタイヤにドロップキック、取り置きのホイールを燃やす姿も 不適切動画がSNSで拡散、「事実関係を調査中」】の続きを読む

    as

    1: 2019/04/25(木) 20:18:35.76 ID:KMeIFoGh9

    4/25(木) 19:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00035560-mbcnewsv-l46

    車の後部座席でのシートベルト着用義務が鹿児島県内では浸透していないようです。県警がドライバーを対象に行った調査では、およそ4割が「一般道では義務ではない」と誤った回答をしていたことが分かりました。

    シートベルトについては2008年6月の道路交通法改正で、高速道・一般道を問わず、全ての座席での着用が義務化されました。
    しかし、警察庁などが去年行った全国調査では、鹿児島県は一般道でのシートベルト着用率が17.5%で、全国平均を20ポイント以上下回り、全国で最下位でした。

    これを受けて、県警が今年1月から2月にかけて県内の運転免許保有者およそ3000人にアンケート調査を行ったところ、回答者の39.2%が、「一般道では後部座席でのシートベルト着用は義務ではない」と誤った回答をしたということです。
    また、一般道での後部座席の同乗者に「着用は全く促さない」「あまり促さない」とする回答も合わせて54.8%で、半数を超えました。

    去年、全国の交通事故で、後部座席でシートベルトをしておらずに亡くなった人は一般道で67人、高速道路で9人でした。また、致死率は、シートベルトをしていた人と比べて一般道路で3.5倍、高速道路で9.2倍高くなっていました。
    このため、県警では後部座席でのシートベルト着用を呼びかけ、交通事故による死者の減少につなげていきたいとしています。


    【後部座席ベルト着用 約4割が「義務なし」と誤解】の続きを読む

    1: 2019/04/24(水) 21:56:25.18 ID:axR2vAQh9

    マツダは2019年4月23日、「ボンゴブローニイバン」をフルモデルチェンジし、同年5月13日に発売すると発表した。

    ■新型は「トヨタ・ハイエース」の姉妹車に

    ボンゴブローニイバンは、マツダがラインナップする、ワンボックスタイプの小型商用バンである。これまでは自社開発の製品だったが、今回の新型はトヨタからOEM供給を受ける「ハイエース/レジアスエース」の姉妹車となった。

    広大な荷室空間や、荷物の積み降ろしや人の乗降を容易にするレイアウト、前席まわりの多彩な収納スペースなどといった特徴は、いずれもベース車と共通。パワープラントは2リッターガソリンエンジンと2.8リッターディーゼルターボエンジンの2種類で、燃費は前者が10.4km/リッター、後者が12.0km/リッターと公称されている(ともにJC08モード)。トランスミッションはいずれも6段ATで、駆動方式はガソリン車がFR、ディーゼル車が4WDとなっている。

    安全装備も充実しており、前方の車両や歩行者を検知して、衝突の回避ないし衝突被害の軽減に貢献する「プリクラッシュセーフティーシステム」などの先進安全技術を、全車に標準装備している。

    価格は以下の通り。

    ・DX(FR/ガソリン車):242万1360円
    ・DX(4WD/ディーゼル車):338万7960円
    ・GL(FR/ガソリン車):264万8160円
    ・GL(4WD/ディーゼル車):359万4240円

    (webCG)

    2019.04.24
    https://www.webcg.net/articles/-/40825

    ボンゴブローニイバン
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【マツダが新型「ボンゴブローニイバン」を発表!】の続きを読む

    20190425-00010003-kurumans-000-3-view

    1: 2019/04/25(木) 11:43:55.41 ID:GPSKok6b9

    いまならレアチャンス!? 「平成36年」か、新元号「令和」か 免許証の元号表記いつ変わる?
    4/25(木) 11:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00010003-kurumans-bus_all

    新しい元号はいつから運転免許証に表記される?
     昨今、日常生活に見られる表記の多くで西暦使用が進んでいるものの、国や自治体での公的な書類では、和暦である元号が用いられており、今後も継続して使用されることが発表されています。公的な書類といえば『運転免許証』がありますが、2019年の4月30日(火)をもって平成が終了するとなると、いつから運転免許証が新元号表記に切り替わるのでしょうか。

    平成派?令和派? 免許証更新タイミングで表記かわる(画像5枚)

     現在の情報では、早ければ5月5日(日)交付の運転免許証から新元号表記が開始される見通しです。ゴールデンウィークの真っ最中じゃないのかな? と思われるかもしれませんが、今年は4月27日(土)から5月6日(月)までの長い10連休ということもあって、たとえば東京都の運転免許試験場では4月28日(日)、5月5日(日)に業務を行うことになっています。

     ちなみに、都道府県ごとの運転免許試験場や、指定警察、免許更新センターによって業務日程が異なるようですので、ホームページやお手元に届いた更新通知のハガキで十分確認してください。

     また、各都道府県によっては、元号が変わるという大きなシステムチェンジに伴って、表記の切り替えが5月5日より後になる可能性もありますので、こちらも注意が必要です。

     運転免許証の更新期間は、ご自分の誕生日の前後1ヶ月です。そのため、たとえば5月1日が誕生日の場合、平成と令和、どちらの元号も選ぶことができます。つまり、4月26日(金)、もしくは4月28日(日)に更新をすれば平成になりますし、5月5日(日)、そして5月7日(火)以降でしたら『令和版運転免許証』を手に入れることができるのです。

     もちろん、平成表記の運転免許証は令和時代でも有効ですのでご安心ください。そういえば、筆者(遠藤イヅル)の免許証の有効期限も平成32年まででした。
    「平成の免許証」を選ぶと『レアカード』『幻カード』が手に入る!?
     このように平成と令和を選択できるのは、限られた期間に誕生日を迎える人だけですが、去りゆく平成を惜しんで平成の運転免許証を選ぶのか、それとも新しい時代を感じさせる令和の免許証を選ぶのか、悩ましいところですね。

     ところで、運転免許証は2019年の3月15日から、『2022年(平成34年4月12日まで有効)』のように、西暦と元号の併表になったのをご存知ですか。2019年4月28日(日)更新までが平成表記なので、『平成と西暦を併用した免許証』は1ヶ月ほどしか発行されない『レアカード』ということになります。

     また、今年の4月28日(日)までに更新するゴールド免許の人なら、『平成36年まで』表記の運転免許証を持つことができます。平成36年は存在しないので、これは『幻カード』といえそうです。それなら平成内に更新しようかしら!? という考え方もありますよね。

     一方、今回の元号変更は、明治以降、悲しい気持ちで迎えない初めての「喜びの中の元号変更」ですので、その慶祝を「令和元年」の運転免許証に託すのも素晴らしいことかもしれません。


    【【運転免許証】いまならレアチャンス!? 「平成36年」か、新元号「令和」か 免許証の元号表記いつ変わる?】の続きを読む

    jh

    1: 2019/04/25(木) 13:48:44.34 ID:Np7ZX90S9

     お笑いタレントのダンカンさん(60)が2019年4月25日のブログで高齢者の免許証返納問題について言及した。

     19日に東京・池袋で発生した87歳男性ドライバーが起こした自動車暴走死傷事故後、ワイドショーなどでは連日、高齢ドライバーの免許証返納の是非が
    特集されている。

    ■「もうルールしかないかなあ」

     ダンカンさんは、

      「テレビでは高齢者の免許証返納の話題が多い・・」

    と、近頃の報道について触れつつ、

      「時代は早いからね(昨今の禁煙社会はドド~っとやってきた)多分、今色々議論していても10年もしたら法律で75歳強制返納(70歳もあるか?)に
    なってるか・・高齢者用の自動車が開発されてるかだろね・・」

    と、ここ数年強化されたたばこ規制を例に挙げ、70歳~75歳の「強制返納」の法整備や高齢者用自動車の開発が今後現実的になっていくのでは、との持論を
    つづった。

     さらに現在60歳のダンカンさんは、

      「だから、決めたー!免許証60歳の今返納 違い!違う!10年間真剣に運転を楽しむことにしたー!」

    と、10年後の70歳には免許証を返納することを決意したことを報告。一方、情報番組「モーニングショー」(テレビ朝日系)で放送された、75歳以上の
    ドライバーの79.4%が運転に「自信あり」と回答したというグラフを写した写真をアップしつつ、

      「しかし、これだからね・・高齢者の方が運転に自信があり」
      「もうルールしかないかなあ・・」

    と、運転能力に自身を持つ高齢者が多い以上、免許年齢の上限をルール化しなければならない可能性についてぼやいていた。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000003-jct-ent


    【【芸能】還暦ダンカン、70歳で免許返納も 高齢者運転問題で持論】の続きを読む

    zx

    1: 2019/04/25(木) 22:27:57.85 ID:VtNd02AR9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190425/k10011896971000.html

    日産 ゴーン前会長 再び保釈

    2019年4月25日 22時24分ゴーン前会長

    日産自動車のゴーン前会長は東京拘置所から保釈されました。追加の保釈金は5億円で、前会長の妻のキャロルさんとの接触は原則禁止されています。ゴーン前会長は代理人を通じて「追起訴は陰謀だ」などと主張していて今後の動向が注目されます。


    【【日産】ゴーン前会長 再び保釈】の続きを読む

    013_l

    1: 2019/04/24(水) 14:54:35.87 ID:XRhgQgTK0 BE:329591784-PLT(12100)


    トヨタ自動車は4月24日、「マークX」の生産を12月で終了すると発表。同日、ファイナルエディションとして特別仕
    様車「250S“Final Edition”」「250S Four“Final Edition”」を発売した。価格は333万1800円~348万9480円。

    今回の発表について、リリースでは「マークXは、1968年に前身モデルであるマークIIとして登場以来、50年以上
    にわたりご愛顧いただいておりますが、2019年12月をもって生産終了となります。ファミリーカーから始まったマ
    ークIIは時代の変化を敏感に察知し、容姿も進化しながらFRセダンの中心的存在として歩んできました。2004年
    にマークXに改名以降は、さらなる高みを目指し、『美しく』そして『意のままの走り』ができるクルマとしてこれまで
    その名を刻み続けてきましたが、いよいよその歴史に幕を閉じようとしています」と述べられている。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1181970.html


    【トヨタ「マークX」の生産を12月で終了 マークII以来の歴史に幕】の続きを読む

    aa

    1: 2019/04/24(水) 10:26:31.29 ID:Ak9PRYvD0

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190424-00000002-jnn-soci
    高齢ドライバー、「踏み間違い」はなぜ多発?
    東京・池袋や神戸で相次ぎ起きた自動車による死亡事故。いずれも、「誤ってアクセルを踏んだこと」が原因とみられています。
    特に近年目立つのが、高齢ドライバーのペダル踏み間違いによる重大事故です。なぜ多発するのか。改めて探りました。
    (23日22:36)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000202-kyodonews-soci
    東京・池袋で母子2人が死亡、8人が負傷した事故で、警視庁は23日、暴走した乗用車が一連の事故直前に道路左側の縁石にホイールを接触させていたと明らかにした。
    当初ガードパイプに接触したと発表していたが、その下にある縁石に痕跡があり、見立てを訂正した。
    警視庁は、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が縁石に触れたことで動転し、事故につながった可能性があるとみて調べている。
    警視庁は、飯塚元院長がけがをして入院し、逃走の恐れがないなどとして逮捕はせず、任意捜査を続けている。


    【池袋の事故、タイヤが縁石に触れたことで気が動転して誤ってアクセルを踏んだことが原因と見て任意捜査】の続きを読む

    pr

    1: 2019/04/23(火) 20:21:51.84 ID:F3EVX6gg9

    4/23(火) 16:33配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00010005-autoconen-bus_all

    プリウスがにわかに注目を集めてしまった

    2019年4月19日、白昼の東京・池袋で起きた乗用車の暴走による母子死亡事故の痛ましいニュースは、その後も様々な事象で世間を騒がせ続けている。
    事件の悲惨さや高齢者ドライバーの問題もさることながら、被疑者が勾留されないのは華々しい来歴に忖度したのではとネット上で反響を呼び、“上級国民”なるネットスラングも注目キーワードに。
    さらにドライバーが乗っていた車種「プリウス」までがにわかに注目を浴びている。

    誰もが知る「プリウス」は、日本を代表するハイブリッドカーの老舗ブランドだ。圧倒的な低燃費性能や先進的なデザインで、代を追うごとに幅広い層から支持を集めてきた。
    特に3代目モデルは新車販売ランキング上位の常連で、一時期は納車待ちが半年を超える事態にもなっていたほど。

    以下ソースで読んで


    【旧型プリウスのペダル踏み間違い事故を防げ! 純正後付け部品に再注目】の続きを読む

    1: 2019/04/23(火) 23:19:31.42 ID:1Hig8jBq0 BE:123322212-PLT(13121)

     現行型(Y51)フーガの2018年累計販売台数は1449台、いっぽうフーガの前身であるセドリック/グロリア時代にライバルだったクラウンは、昨年40240台を販売。
    日産が誇るプレミアムセダンであるフーガは、目を覆いたくなるほど無様な売れ行きである。

     かつて日本を代表する高級サルーンの一角を占めていたはずのフーガは、なぜこんなにも凋落してしまったのか。
    元日産エンジニアであり現行フーガの開発にも関わった吉川賢一氏に分析していただいた。
    文:吉川賢一

    ■フーガがモデルチェンジしない意外な理由
     まず現行型フーガについて、少し振り返りたい。

     現行Y51フーガは2009年11月に発売開始された日産の高級車である。2.5Lと3.7Lのガソリンエンジンと、
    3.5L+ハイブリッドの3種類を持ち、駆動方式はFRと4WDがある。

     ハイブリッドのパフォーマンスは、2012年当時、0-400m加速にてポルシェパナメーラのタイムに勝利し、
    「世界最速の市販ハイブリッド」という名誉を獲得したほどだった(タイム13秒9031は当時のギネス世界記録に認定)。 

     なお、2015年のマイナーチェンジで外観デザインを大幅更新、その際に日産のCIを止め、エンブレムを北米やアジアで売られている
    INFINITI(インフィニティ)マークとした。

     日産の威信がかかった最新技術を搭載し、ブランドを代表するべき高級車であるはずなのに、デビューからすでに9年目に突入。
    それでも「新型フーガ」のウワサはいまだ聞こえてこない。ベンチマークであるBMW5シリーズのモデルチェンジ(2016年)を横目に、
    新型車を出さない日産に、ファンは怒りを通り越し、呆れかえり、欧州車やレクサスへ移行した例も多いはずだ。

     なぜここまでフーガは凋落してしまったのか? その理由は、「二度と会社を赤字経営にしたくない」という、日産の「自己保身」にあると考えられる。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00010003-bestcar-bus_all
    no title


    【日産の高級車「フーガ」はなぜ売れないのか? 「クラウン」にボロ負け】の続きを読む

    1: 2019/04/23(火) 20:17:01.23 ID:CAP_USER

    米Teslaは4月22日(現地時間)、自動運転の取り組みについてのイベントを開催して実況し、YouTubeで公開した(記事末に転載)。
    no title


     独自に開発したオリジナルの完全自動運転(FSD)用プロセッサ「Dual Redundant FSD Computer」を披露し、2020年には同社の自動運転車による「ロボタクシー」が登場し、2年以内にはステアリングやペダルがまったくない自動車を製造するという。

     Teslaがプロセッサを設計するのはこれが初めてだが、マスク氏は「プロセッサを設計したことのないTeslaが世界最高のプロセッサを設計した」と自信満々だ。製造は韓国Samsung Electronisのテキサス州オースティンの工場に委託する。
    no title


     このプロセッサは既に1カ月前からModel 2とModel Xに、また10日前に製造開始になったMoxel 3に搭載されているという。2016年に予告したように、後はソフトウェアのOTAアップデートで自動運転が可能になる

     プロセッサは「Dual Redundant FSD Computer」というボードに2つ搭載され、ダッシュボード内に組み込まれる。
    no title


     プロセッサを2つ搭載するのは冗長性確保のため。マスク氏は「このコンピュータが故障する可能性は、ドライバーが意識を失う可能性よりもかなり低い」と語った。

     イベントでは、ニューラルネットワーク採用システムで割り込みなどのリアルな世界での事象にも迅速に対応できるようにしたことなどを説明した。既に路上を走っているTeslaのデータを解析に使えることが強みになっているとマスク氏は語った。
    no title


     ロボタクシーについては、Teslaアプリのアップデートで、Teslaの自動運転車のオーナーが自分の車をロボタクシーサービスに登録することでUberやLyftのように配車サービスを開始できるようになるという。利用料金はUberやLyftより安くなるとも。
    no title


     米国ではまだ完全自動運転車の一般販売は認められていない。また、マスク氏の予告はこれまで、大幅に遅れることが多かった。ロボタクシーが2020年中に登場するかどうかは微妙だが、目指していることは確かだ。

    Tesla Autonomy Day
    https://youtu.be/Ucp0TTmvqOE



    ITmedia NEWS
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/23/news065.html


    【【IT】テスラ、独自設計の完全自動運転プロセッサを発表 2020年には“ロボタクシー”事業開始へ】の続きを読む

    今は経営統合を考えるときではない=西川日産社長

    1: 2019/04/23(火) 03:43:35.00 ID:J3i0Zf1o9

    https://jp.reuters.com/article/nissan-saikawa-idJPKCN1RY16C

    ビジネス
    2019年4月22日 / 17:51 / 3時間前更新
    今は経営統合を考えるときではない=西川日産社長
    Reuters Staff

    [東京 22日 ロイター] - 日産自動車(7201.T)の西川廣人社長兼最高経営責任者(CEO)は22日、仏ルノー(RENA.PA)から経営統合の提案があったとの一部報道に対し「私がお答えすることはない」と述べた。そのうえで今は経営統合を考えるときではないとの見解を示した。

    西川社長は記者団に対し「業績の建て直しに集中しており、時間をいただきたい」と述べるとともに「今は経営統合を考えるときではない」と語った。

    日本経済新聞電子版は22日、関係者の話として、ルノーが今月中旬に日産自動車に経営統合を提案したことがわかったと報じた。経営の独立性を求める日産は、提案を拒否するとみられると伝えている。

    共同通信は22日、三菱自動車(7211.T)を含めた3社連合のトップが今月12日、新たに設置した新会議体の初会合をパリ近郊で開催され、この前後にルノー側が統合提案を持ち掛けたとみられると報道した。

    白木真紀 編集:田巻一彦


    【【西川日産社長】「今は経営統合を考えるときではない」】の続きを読む

    pp

    1: 2019/04/23(火) 00:00:43.22 ID:kwm6EjiF9

    三菱自がパジェロ国内販売終了へ 海外では販売継続
    [2019年4月22日23時30分]
    https://www.nikkansports.com/general/news/201904220001073.html

    三菱自動車が、スポーツタイプ多目的車(SUV)ブームの火付け役となった「パジェロ」の国内販売を終了する方向で最終調整していることが22日、分かった。近く現行モデルを小幅に変更した新モデルを投入した上で販売を取りやめる見通しで、終了時期は未定。
    直近の国内販売台数は年間数百台規模と振るわなかった。根強い人気を誇る海外では販売を続ける見通しだ。

    パジェロは1990年代前半にRVブームを巻き起こした代表車種。自動車のダカール・ラリーでも活躍し、四輪駆動車人気をけん引した。その後、国内では燃費性能などを高めたSUV主力車種「アウトランダー」や「エクリプスクロス」などに主役を譲った。

    三菱自幹部は「省エネ性能を高めるなどした他のモデルに『パジェロ』の名前を残すことも含めて考えたい」と話した。

    岐阜県にある子会社「パジェロ製造」が生産を手掛けている。海外向けの生産は継続する。

    三菱自は、燃費不正問題で経営が悪化し、2016年10月に日産自動車の傘下に入った。足元の業績は回復基調にあり、収益力のさらなる強化を目指している。(共同)


    【三菱自がパジェロ国内販売終了へ 海外では販売継続】の続きを読む

    sd

    1: 2019/04/22(月) 20:53:53.88 ID:1oVhDE8L9

    4/22(月) 8:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190422-00010000-bestcar-bus_all

    運転歴20年、30年以上といったベテランドライバーは「安全運転意識が高く、ゴールド免許だよ!!」という方も多いことだろう。

     でも……、というか、だからこそ道交法の意外な盲点というか、落とし穴に気がつかず、知らず知らずのうちに「交通違反」をしてしまっているってことはないだろうか!?

     ここではそんな、知っているようで知らない、ベテランドライバーだからこそ見落としてしまいがちな「道交法の落とし穴」をケーススタディで紹介していこう。もちろん、普通免許を取得したばかりの初心者も必見!

    【ケース1】この標識の先で追い越しをしたら白バイに捕まってしまいました。いったいどうして?

     確かに標識では「はみ出し禁止」の区間終了を示している。「追い越し禁止」の標識と間違いやすいが、補助標識での明示がないため、これはハミ禁。

     それはさておき、区間終了を示す標識なのだから、「さて行くぞ」と対向車線にはみ出して前走車を追い越したくなる。

     が、これはダメ。なぜなら前方に横断歩道が見える、信号がある交差点がある。道交法30条の規定により「交差点とその手前30mは追い越しが禁止」されている。引っかけ問題みたいだ。

    【ケース2】早朝すでに明るいのでヘッドライトを消していたら捕まった

    以下ソースで読んで


    【【知らなきゃ捕まる道交法の落とし穴】ベテランドライバーこそが陥る知っているようで知らない12の罠】の続きを読む

    1: 2019/04/22(月) 21:27:57.96 ID:jpC78tMn9

    ダイハツ工業は2019年4月22日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に特別仕様車「ホワイトアクセントリミテッドSAIII」および「ブラックアクセントリミテッドSAIII」を設定し、販売を開始した。

    今回の2タイプの特別仕様車のベース車は、ホワイトアクセントリミテッドSAIIIが「メイクアップリミテッドSAIII」で、ブラックアクセントリミテッドSAIIIが「ブラックインテリアリミテッドIII」。フロントグリルやフォグランプリング、バンパーモール/サイドモール、ドアミラー、ホイールキャップなどを車名に合わせてパールホワイト、またはブラックに変更したほか、ボディーにはこれらのパーツと同色のピンストライプが施される。

    ボディーカラーは、ホワイトアクセントリミテッドSAIIIには「ナチュラルベージュマイカメタリック」「ファインミントメタリック」に新色の「ブルーミングピンクメタリック」を加えた計3色を設定。一方のブラックアクセントリミテッドSAIIIは「スムースグレーマイカメタリック」「パールホワイトIII」の全2色展開となる。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・X“ホワイトアクセントリミテッドSAIII”:147万9600円(FF車)/160万3800円(4WD車)
    ・G“ホワイトアクセントリミテッドSAIII”:155万5200円(FF車)/167万9400円(4WD車)
    ・X“ブラックアクセントリミテッドSAIII”:147万9600円(FF車)/160万3800円(4WD車)
    ・G“ブラックアクセントリミテッドSAIII”155万5200円(FF車)/167万9400円(4WD車)

    (webCG)

    2019.04.22
    https://www.webcg.net/articles/-/40812

    ムーヴ キャンバス ホワイトアクセントリミテッドSAIII
    no title

    no title

    ムーヴ キャンバス ブラックアクセントリミテッドSAIII
    no title

    no title


    【「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に2タイプの特別仕様車】の続きを読む

    トヨタ、ウーバーに10億ドル出資 自動運転開発を加速

    1: 2019/04/22(月) 08:30:41.82 ID:EpK/16/C9

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00514216

    トヨタ、ウーバーに10億ドル出資 自動運転開発を加速

    2019/4/22 05:00

    トヨタ自動車が自動運転の技術開発を加速する。デンソー、ソフトバンクグループ(SBG)とともに、米ウーバー・テクノロジーズの自動運転開発部門へ10億ドル(約1100億円)を出資する。出資先の新会社はウーバーが展開するライドシェア(相乗り)サービスに対し、自動運転車の導入を目指す。自...

    (残り:1,036文字/本文:1,176文字)
    ※この記事の続きや関連記事は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。


    【【トヨタ】ウーバーに10億ドル出資 自動運転開発を加速】の続きを読む

    02

    1: 2019/04/22(月) 21:49:56.39 ID:gUl2eQhO9

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190422/k10011892711000.html

    ルノーが態度一変 日産に経営統合要求 両社の関係不安定化も
    2019年4月22日 21時44分ゴーン前会長 影響

    フランスのルノーが、今月、日産自動車に対して経営統合を求めていたことが明らかになりました。統合に反発してきた日産に友好的な姿勢を示していたルノーが態度を一変させた形で、両社の提携関係が、再び不安定になることも予想されます。

    関係者によりますと、ルノーのスナール会長は日産の西川廣人社長に対して今月中旬、両社の経営統合を要求したということです。

    さらにルノー側は、日産の経営への関与を強めたいとして、ルノーのボロレCEOを日産の新しい取締役に就任させることや、COO=最高執行責任者以上のポストにルノー出身者を就任させる案も伝えたということです。

    両社の提携関係をめぐっては、過去にもルノーの筆頭株主であるフランス政府が経営統合を求めていましたが、日産は、経営の独立性を保ちたいとして反発してきました。
    ただ、ゴーン前会長の事件のあとは、ルノー側が統合の意向をいったん棚上げする形で両社が今の提携関係を維持することで一致していました。

    こうした中、これまで友好的な姿勢を示していたルノーが態度を一変させたことに対し、日産社内では反発する意見が出ているということです。

    今回のルノー側の要求に対して日産側は回答しておらず、具体的な対応を検討していますが、今後のルノー側の出方次第では両社の提携関係が再び不安定になることも予想されます。


    【【ルノーが態度一変】日産に経営統合要求 両社の関係不安定化も】の続きを読む

    o

    1: 2019/04/21(日) 08:48:29.41 ID:v5GQSl859

    4/21(日) 7:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00010000-wcartop-ind

    追いつかれたのに道を譲らないことも道路交通法違反

     あおり運転についていろいろ問題になったのは記憶に新しいが、街を走っていると後続車からの嫌がらせではなく、じつに迷惑な前走車に出くわすときもある。そうした後続車に対する違法運転の例をいくつか紹介しておこう。

    その場所、その方法本当に適切?納得のいかない警察の交通違反取り締まり3選

    1)ごみのポイ捨て

     走行中のクルマから、タバコやペットボトル、缶などのゴミを外へ捨てるのは、大迷惑なだけでなく、罰金5万円以下の立派な犯罪(道路交通法第五章第七六条「道路において進行中の車両等から物件を投げること」)。自分の出したゴミぐらい、きちんと持ち帰って処分すること。

    3)好天時のリヤフォグランプ点灯

     リヤフォグもしくはバックフォグといわれる「後部霧灯」。

     保安基準には、「後部霧灯の照射光線は、他の交通を妨げないものであること」と書かれているので、濃霧や雨など悪天候で視界が悪いとき以外にバックフォグを点灯していると、保安基準違反になり取り締りにあうことも考えられる。

    以下ソースで読んで


    【なぜだか近ごろやたらと目立つ! 後続車に「大迷惑」な前走車の違反行為】の続きを読む

    as

    1: 2019/04/21(日) 17:45:24.79 ID:yvCf8vpt9

    21日午後、神戸市中心部のJR三ノ宮駅前の横断歩道で神戸市営の路線バスが歩行者を次々にはね、男女2人が死亡、6人がけがをして病院で手当てを受けています。警察は64歳のバスの運転手をその場で逮捕し事故の詳しい状況を調べています。

    21日午後2時すぎ、神戸市中央区のJR三ノ宮駅前の横断歩道で神戸市営バスが歩行者を次々にはねました。

    警察や消防によりますと、この事故でいずれも20歳くらいの男女2人が死亡しました。また、合わせて6人がけがをしたということです。

    警察によりますと、バスは現場の近くにある高架橋の手前のバス停ですべての乗客を降ろした後、急発進し横断歩道に突っ込んだということです。

    警察はバスの運転手の大野二巳雄容疑者(64)を過失運転致死の疑いでその場で逮捕し、詳しい状況を調べています。

    調べに対し、「ブレーキを踏みながら発進のための作業をしていたが、急発進をしてしまった」と供述しているということです。

    現場は神戸市中心部の繁華街のすぐそばで休日の21日は、事故当時もたくさんの人通りがあったということです。

    ■死傷者は

    警察によりますと、この事故で、20歳くらいの男性と女性の合わせて2人が死亡しました。

    このほか、20代の女性2人と、30代の男性1人、それに40代の女性2人と、50代の女性1人の合わせて6人がけがをしています。

    詳しいけがの程度はわかっていないということです。

    ■バスは南向きに急発進

    神戸市交通局によりますと、事故を起こしたバスは、午後1時19分に神戸市北区の「神戸北町」停留所を出発し、「三宮駅ターミナル前」に向かっていたということです。

    終点の「三宮駅ターミナル前」は駅の南側にあり、バスは1つ手前の「地下鉄三宮駅前」で乗客をすべて降ろしたあと、そのまま南向きに急発進して、横断歩道の歩行者をはねたとみられます。

    2019年4月21日 15時51分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190421/k10011891161000.html



    【神戸市営バス事故、運転手「ブレーキを踏みながら発進準備をしていたら、急発進した」】の続きを読む

    日産「事実と全く異なる」、世界生産台数に関する報道を否定

    1: 2019/04/20(土) 02:08:25.76 ID:5NHN+nEX9

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-18/PQ6KK56TTDS201


    日産「事実と全く異なる」、世界生産台数に関する報道を否定
    Masatsugu Horie
    2019年4月19日 8:59 JST
    更新日時 2019年4月19日 15:02 JST

    →日産の今年度世界生産台数15%減へ、ブランド力低下などで-日経
    →「規模感は想定以上」、営業利益で最大2000億円影響もーアナリスト

    日産自動車は19日、2019年度の世界生産台数を前年比で15%引き下げるとの日本経済新聞の同日の報道を否定する声明を発表した。

      日経は同日、日産が2019年度の世界生産台数を18年度の実績見込みに比べ約15%少ない460万台程度にする方針を固めたなどと報道。これに対して日産は同日午後に「事実と全く異なる内容」として日経に対して強く抗議したとする声明を発表。今年度の生産計画については、5月14日の決算発表時に公表する予定とした。

      声明を受けて日産株は下落幅を縮小した。日産株はこの日、前日比下落で取引を開始。一時3月27日以来の日中下落率となる前日比3.1%安の931.3円まで値を下げていた。
    (リンク先に続きあり)


    【【日産】「事実と全く異なる」、世界生産台数に関する報道を否定】の続きを読む

    日産、ノートルダム火災で寄付

    1: 2019/04/19(金) 17:55:35.67 ID:HJ/EtS8n9

     日産自動車は19日、大火災のあったパリ中心部の世界遺産ノートルダム寺院(大聖堂)の再建のため、10万ユーロ(約1200万円)の寄付を決めたと発表した。

     日産はフランス大手ルノーと企業連合を組んでいる。そのため、同国とは近い関係にあるとして「ルノー社員やフランス国民に心を寄せ、再建に貢献したいという考えに至った」と説明した。

    2019/4/19 17:50
    https://this.kiji.is/491893991863534689


    【【日産】ノートルダム大聖堂火災で、1200万円寄付 「ルノー社員やフランス国民に心を寄せ、再建に貢献したい」】の続きを読む

    1: 2019/04/19(金) 11:07:11.88 ID:GfX+yyPc9

    Octane 2019年4月18日 19時15分
    http://news.livedoor.com/article/detail/16337056/
    no title


    42年間にもわたり、海底に沈んでいた181台のトヨタが発見された。なぜこんなことが起きたのであろうか?

    1977年12月6日、アラビア半島とアフリカ大陸の間である紅海を運航していたサウジアラビアの貨物船"Blue Belt"がいた。181台のトヨタに加えトラックやトレイラーも載せていた大きな船であったが、堤防と衝突して沈んでいき、浮上する努力は報われずにたくさんの車と共に海底へと消えてしまったという。
    no title


    そして、40年以上が経った今、海水の影響でほとんど姿を認識できない状態になっている大量のトヨタが発掘されたのだ。海底には100mを越えるトヨタの残骸が広がっている。
    いくつかのエンジンブロックなどは認識できる程度に残っているのだが、水深があまりにも深いためベテランのダイバーでないとそこまでは辿りつけないとのこと。今となってはすっかり魚たちの住処となっている車を引き上げるのも難しい。
    no title

    no title


    いくつかのレポートを集計してみると、昨年だけで5000台以上の車が海の底に沈んでいるというデータがある。それも、ポルシェやアウディなどの新車も多く含まれているといわれている。

    今後も、このトヨタたちは深海魚たちの家として存在し続けるのであろう。


    【【紅海】海底に沈む181台のトヨタが42年を経て発見されるw】の続きを読む

    1: 2019/04/19(金) 10:19:55.87 ID:qe2Ffm200 BE:487816701-PLT(12060)


    ニューヨークモーターショー2019で初公開された新型『ヤリスハッチバック』は、セダンの『ヤリスiA』に続いて、マツダ『デミオ』ベースのOEM車となる。米国向けのヤリスハッチバックはこれまで、日本と同じ『ヴィッツ』だった。

    no title


    no title


    no title


    https://response.jp/article/2019/04/18/321549.html


    【トヨタ新型ヴィッツ、ポケモンのギャラドスみたいでワロタwww】の続きを読む

    このページのトップヘ