ニュース

    1: 2018/05/10(木) 21:15:43.79 ID:CAP_USER

    no title

    みよ、これがカリナンだ!
    英国時間の5月10日正午、ロールス・ロイスが初めてのSUV、初めての4WDであるカリナンの姿を公開した。キャッチフレーズは「EFFORTLESS EVERYWHERE」。EFFORTLESSは彼らが自らのプロダクトに好んで用いる言葉で「苦労知らず」とでも訳すべきだろうか。今回はそれにEVERYWHEREを加えて「苦労知らずでどこへでも」。ロードクリアランスが確保された4WDのロールス・ロイスは路面を選びませんというわけだ。

    オンライン上で世界同時公開されたカリナンは、じつは4月某日、中国・北京市内で一部メディアに事前公開された。会場に赤(マグマレッド)とガンメタ(ダーケストタングステン)の2台のカリナンが置かれ、自由に触れた。まずはじっくりと外観を観察する。全長5341mm、全幅2164mm、全高1835mm、ホイールベース3295mmと、標準ホイールベースのファントムに比べ、400mm以上短く、100mm以上幅広く、190mm高い。

    巨大なパンテオングリルが中央に鎮座し、その両脇に控えめなヘッドランプユニットが配置されるフロントマスクは、2017年にモデルチェンジしたフラッグシップサルーン、ファントムと非常によく似ている。SUVとなってもリアドアはコーチドアだ。SUVの定番である2ボックススタイルではなく、リア部分がやや突き出している。ロールス・ロイスは「3ボックスSUV」と呼ぶが、感覚的には2.5ボックスくらいか。「シルバーゴーストをはじめ、1930年代のグランドツアラーが旅行用トランクを車体後部に固定しているのをイメージした」とはデザイナーのジャイルズ・テイラーの言葉。

    サイドウインドウグラフィックが大きいのは、悪路走破に必要な視界確保のため。悪路走破性に定評があるSUVは、乗員が路面を直接確認しやすいようサイドウインドウの下端が低く設定されている。カリナンもこれを守っている。車体の下部に彼らが「サクリファイス」と呼ぶ、悪路走破によって何かにぶつかったり擦れたりすることを想定した黒い樹脂部分が設けられているのを見て、初めてロールス・ロイスの現実的な部分を見つけた気がした。ほんの少し親しみがわいた。

    車台にはファントムと同じアルミスペースフレームの「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」が用いられた。エンジンもファントムと同じ6.75リッターのV12ツインターボを搭載する。最高出力は571ps/5000rpmと同じながら最大トルクはフラッグシップに配慮してか50Nm少ない850Nm。単に4WD化に際し最適化されたのかもしれない。発生回転数はわずか1600rpmである。この車台とパワートレーンの組み合わせは、昨秋ファントムでその実力を確認済み。ホイールベース3m超、2.5トン(カリナンは2.6トン)の巨体を山道でスポーツカーのように走らせられる。カリナンの走りもこれに準じるはずだ。

    4WDは機械的なセンターデフロックをもたない電子制御式。エアサスによって車高(ロードクリアランス)のコントロールが可能。SUV化によってフロア高が上がったが、カリナンはまずドアを開けると40mm下がって乗員を迎え、ドアを閉めると基本の車高に戻る。また、ドライバー自らが40mm上げることもできる。つまり80mmの幅で上下するわけだ。最大渡河水深は540mm。選択式の走行モードの類いはない。センターコンソールに「OFF ROAD」と書かれたボタンがひとつ。悪路ではこれを押しさえすればすべてが最適化されるという。後輪操舵も備わる。

    リアシートがラウンジ型の5人乗り仕様と独立型の4人乗り仕様があり、4人乗り仕様はリアハッチを開けても車内の温度を保つためにラゲッジスペースとキャビンがガラスのパーティションで仕切られているほか、ボタン操作によってラゲッジスペースから後ろ向きのレザーシート2座とカクテルテーブルがせり出す「ビューイングスイート」を備える。
    https://gqjapan.jp/car/news/20180510/rolls-royce-cullinan-revealed-shiomi


    【ロールス・ロイスの新SUV、カリナン見参!】の続きを読む

    1: 2018/05/10(木) 18:18:32.94 ID:CAP_USER

    レクサスは10日、4ドアスポーツセダン「GS F」を一部改良して発売した。

    no title

    no title

    ブラインドスポットモニターを標準装備し、安全運転支援を強化した「GS F」

    「GS F」は、「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」という“F”フィロソフィーを追求し、2015年にデビューした4ドアスポーツセダン。「GS」をベースに、自然吸気ならではのリニア感とレスポンスの良さを楽しめるV型8気筒エンジンや、優れたボディ剛性、コーナリング時に理想的な車両挙動を実現する駆動力制御システムTVDなどにより、セダンでありながらサーキット走行を楽しめる“F”モデルの高性能セダンとして、レクサスのスポーツイメージをけん引してきた。

    no title

    no title

    エモーショナルな外板色「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」を設定

    今回の一部改良では、走行中に見えにくい併走車の存在を知らせるブラインドスポットモニター(BSM)を標準設定し、安全運転支援を強化。また、新たに設定した外板色「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」は、レクサス独自の塗装技術により、高い発色を実現するとともにボディの抑揚を際立たせている。

    「GS F」の価格は1,118万5,000円(税込)。

    公式ニュースリリース
    LEXUS、GS Fを一部改良
    https://lexus.jp/pressrelease/news/20180510.html

    2018/05/10 17:31:36
    マイナビニュース
    https://news.mynavi.jp/article/20180510-628865/


    【レクサス「GS F」を一部改良して発売 - 安全運転支援強化などを実施】の続きを読む

    4e474_973_9c6466c8_03bd6913

    1: 2018/05/10(木) 18:16:05.60 ID:8A6yEolP0● BE:842343564-2BP(2000)


    “理想のファミリーカー”N-BOXと“最強王者”プリウスを徹底比較!「階級違い」の王者だが…
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14687475/

    軽の魅力をあらゆる角度から解剖、各カテゴリーに君臨する、登録車の“最強王者”と対峙して軽のスゴさにズバリ迫る!

    軽はもちろん、幅広い車種に詳しい自動車ライター・佐野弘宗氏が解説!

    * * *

    白ナンバーの登録車で、国内ベストセラーの定番といえばトヨタ・プリウス。そして軽の王者はホンダN-BOX…というのは各メディアでも大きく報じられていて、皆さんも肌で実感していることだろう。

    この2台はいわば「階級違い」の王者だが、そういう階級を取っ払うと、この2台はここ数年、抜きつ抜かれつのデッドヒート状態だ!

    ■新型N-BOXの勢いがスゴい

    ―現行プリウスが初めて1年まるまる売られた2016年(1~12月)の販売台数は、さすがにプリウスの勝ちでした。しかし、翌17年は早くもN-BOXが逆転しています。

    「N-BOXは17年にフルモデルチェンジしたわけで販売台数の伸びは予想できたけど、新型の発売は同年の9月。つまり1年の半分以上はモデル末期だった。
    一方のプリウスはまだまだ新しい。…といったことを考えると、プリウスに先代の全盛期ほどの勢いがないのは事実。でも、それ以上に新しいN-BOXの勢いがスゴイってこと」

    ―プリウスのデザインは賛否両論がありますもんね。

    「その影響はあったかもしれないけど、今のプリウスはクルマとしてはスキがない。トヨタが社運を賭けた例の『TNGA』もあって、先代の弱点だった乗り心地や操縦性は飛躍的によくなったと思う。
    小さな15インチタイヤを履く低いグレードでも走りは悪くない。もちろん燃費性能は軽を含めて、間違いなく市販車トップ。先代まではなかった4WDも用意されていて、北国の人も、安心して買えるようになった」


    【“理想のファミリーカー”N-BOXと“最強王者”プリウスを徹底比較!】の続きを読む

    1: 2018/05/10(木) 10:55:34.55 ID:BWkANsGT0● BE:423476805-2BP(4000)


    ダイハツはミラトコットを2018年6月25日に発表する見込み。
    昨年2017年にベーシック軽自動車のミライースをフルモデルチェンジさせたが、これに採用されたDNGAプラットフォームを他モデルへ展開させる段階にある。
    今夏はミラココアの実質的な後継車となる新型ミラトコットへ採用していく。
    新型ミラトコットはミラココアに比べて大幅な軽量化と燃費性能の向上が期待される。

    https://car-research.jp/tag/mira-cocoa
    no title


    【ミラトコット発売予定、ダイハツからミラココア後継の新型軽自動車】の続きを読む

    1: 2018/05/09(水) 18:09:40.11 ID:CAP_USER9

    アスパークのEVスーパーカー「アウル」の走行試験車両
    no title


     電気自動車(EV)のスーパーカー市場が盛り上がってきた。アスパーク(大阪市北区、吉田真教社長)は、静止状態から2秒で時速100キロメートルまで加速するEVスーパーカーの受注を10月に始める。伊フェラーリや独ポルシェも製品投入を計画する。既存の「エコ」という価値を超えてEVの選択肢が広がれば、EV市場の一層の活性化につながりそうだ。

     アスパークは10月4日からパリで開かれる自動車国際展示会「パリモーターショー2018」にEVスーパーカー「Owl(アウル)」を出展し受注を始める。

     主に欧州で最大50台を限定販売する計画。想定価格は350万ユーロ(約4億6000万円)と高価だが、2017年9月にドイツの「フランクフルトモーターショー」に出展した際は10件弱の引き合いを得たという。生産は欧州の自動車部品メーカーに委託する。19年末の初出荷を目指す。

     ポルシェは「ミッションE」と呼ぶEVスポーツカーを19年以降に発売する計画。フェラーリもセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)が、EVスーパーカーへの参入を1月に表明した。米テスラも08年に発売した「ロードスター」の第2世代を20年に投入する計画。

     モーターで駆動するEVはガソリン車より加速性能に優れ、スーパーカーに求められる乗り味にマッチしているとされる。アスパークの川中清之R&D事業本部電気自動車開発シニアコンサルタントは「一般的にEVはエコなファミリーカーというイメージが強いが、当社は速さを追求した超高級プレミアムスポーツカーを提唱したい」と説明する。

    2018年05月09日
    日刊工業新聞
    https://newswitch.jp/p/12890


    【ポルシェやフェラーリも…EVのスーパーカー市場は盛り上がるか アスパークは2秒で時速100kmまで加速するEVの受注始める】の続きを読む

    j

    1: 2018/05/10(木) 13:11:16.54 ID:AWmnMxF20● BE:842343564-2BP(2000)


    事故の瞬間映る…国道で右折待ちの車に直進車突っ込み横転 3台絡む事故に 1人搬送 名古屋


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00003341-tokaiv-l23

    10日朝、名古屋市東区の交差点で乗用車3台が絡む事故があり、1人が病院に搬送されました。

     事故の瞬間をとらえた映像では、右折待ちをしていた車に、突然車が突っ込んできて衝突。逆さまになっています。

     10日午前9時すぎ、名古屋市東区泉二丁目の高岳北交差点で、乗用車が右折待ちをしていたところ対向車線を直進してきた乗用車が突っ込み横転。はずみで後続の車も衝突しました。

     この事故で横転した車を運転していた40代の男性が、気分の悪さを訴え病院に搬送されました。目立った外傷はないということです。

     現場は、国道41号線との交差点で、警察は事故の原因を調べています。


    【名古屋の交差点でプリウスがひっくり返る!これが名古屋走りだwwwww】の続きを読む

    e

    1: 2018/05/10(木) 12:19:02.92 ID:vFbBJ3O/0

     タンクローリーは横転後、反対車線に飛び出して停止。運転手は腕を骨折し、病院に搬送された。地元警察は、事故の原因は不明だとしている。

     一帯には液状チョコレートがあふれ出し、両車線ともに通行止めとなったが、路上には事故直後に通行した車両によって何キロにもわたりチョコレートのタイヤ跡が残された。

     チョコレートは外気にさらされて凝固。清掃員らはシャベルや掘削機、さらに温水を使用した高圧洗浄機などを使用して少しずつチョコレートの塊を取り除く作業を開始した。

     地元消防団長は民放テレビTVN24に対し、作業は「何時間にも及ぶ」との見通しを示し、「チョコレートはいったん固まると雪よりもたちが悪い」と語った。

    事故現場
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000002-jij_afp-int.view-000



    【タンクローリー事故で高速道路に12トンのチョコレートがぶち撒かれるwwwww】の続きを読む

    h

    1: 2018/05/10(木) 09:45:02.79 ID:AWmnMxF20● BE:842343564-2BP(2000)

    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    走り好きが行う「クルマの車高を下げる」ことにメリットはあるのか?
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180510-00010000-wcartop-ind

    クルマの車高を下げるメリットは何か? スーパーカーやレーシングカーといったクルマの影響を大きく受けて育った世代には、「カッコいいクルマ=車高が低い」という公式が、骨の髄まで刷


    【車カスが行う「クルマの車高を下げる」ことにメリットはあるのか? →運転手の知能が外からわかる】の続きを読む

    1: 2018/05/08(火) 19:59:52.79 ID:CAP_USER9

    トヨタ自動車は2018年5月7日、コンパクトSUV「C-HR」に一部改良を実施し、販売を開始した。

    ■1.2リッターターボモデルにFF車を新設定

    今回の改良では、これまで4WD車のみが設定されていた1.2リッターターボモデルに、新たにFF車を設定。また、「S」「S-T」を除く全車に、すべての光源にLEDを用いた大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付きBi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を標準装備した。

    ボディーカラーについても、新たに「ネビュラブルーメタリック」(モノトーン)および「ホワイト×ネビュラブルーメタリック」(ツートン)を設定している。

    価格は229万円から292万9200円。(webCG)

    2018.05.08
    http://www.webcg.net/articles/-/38747

    C-HR G-T
    no title

    C-HR G
    no title


    【トヨタが「C-HR」の1.2リッターターボモデルにFF車を新設定】の続きを読む

    1: 2018/05/08(火) 17:48:19.18 ID:CAP_USER

    CNET Japan 2018年05月08日 11時49分
    https://japan.cnet.com/article/35118793/
    提供:James Martin/CNET
    no title


     Uberの自動運転車が3月にアリゾナ州テンペで死亡事故を起こした件で、報道によると、
    同社はソフトウェアの問題が原因となった可能性が高いことを確認したという。そのソフトウェアは、
    自動車が検知した物体にどのように反応すべきかを判断するためのものだと、この件に詳しい2人の関係者が
    The Informationに語った。

     報道によると、事故を起こした自動車は歩行者を検知したが、Uberのソフトウェアはそのチューニング方法が原因で、
    すぐに反応する必要はないと判断したという。

     このソフトウェアは「偽陽性」として知られるもの(ビニール袋や紙切れなど、自動車にとって問題にならない物体)
    を無視するようにチューニングされている。Uberの幹部陣はThe Informationに対し、この自動車のシステムが
    これらの物体にあまり反応しないようにチューニングされていたと考えていると述べたという。
    つまり、歩行者が通りを渡ったとき、Uberの自動車は十分な速さで反応しなかったとThe Informationは報じている。

     衝突当時、車両操作員が運転席に乗っていたが、車両は自動運転モードだった。車両が時速およそ
    40マイル(約64km)でElaine Herzbergさん(49歳)をはねた時、操作員は道路を見ていなかった。
    Uberは犠牲者の家族と3月のうちに和解している。自動運転車による公道での死亡事故が明らかになったのはこれが初めてだ。

     今のところ、Uberは自動運転車の走行試験をしていたすべての都市で自動運転車の走行を停止している。

     広報担当者によると、Uberは自社の自動運転車プログラムの徹底的な安全審査を開始したほか、
    米国家運輸安全委員会(NTSB)の元委員長であるChristopher Hart氏を登用し、自社の全体的な安全文化についての
    助言も受けているという。

     その一方で、テンペ警察は事故の原因が誰、または何にあったのかを特定するため、NTSB、米運輸省国家道路交通安全局
    (NHTSA)と協力して捜査を進めている。Uberは、偽陽性を無視するようにチューニングされたソフトウェアが
    事故を引き起こしたのかどうか明言することを避けた。


    【Uberの自動運転車による死亡事故、原因はソフトウェアか】の続きを読む

    cutepig

    1: 2018/05/09(水) 16:10:34.24 ID:QTMW09FT0 BE:323057825-PLT(12000)


    午前8時すぎ、かすみがうら市内の常磐道・上り千代田パーキングエリア付近で「ブタがいる」と警察に通報がありました。
    警察などが駆けつけたところ、体長1メートルほどのブタ一匹が、中央分離帯で草を食べていたということです。

     ブタは警察などによって捕獲され、現在は谷和原インターチェンジで保護されているということです。警察は常磐道を走っていた車から転落したか、逃げた可能性があるとみて、持ち主を探しています。

    常磐道にブタ現れる
    https://www.mbs.jp/news/zenkokunews/20180509/3364892.shtml


    【「高速道路にブタが走っている」常磐道にブタ出現wwwww】の続きを読む

    u

    1: 2018/05/09(水) 15:47:44.08 ID:CAP_USER

    トヨタ自動車は9日、2018年3月期決算(米国会計基準)の純利益が2兆4939億円だった、と発表した。トヨタ自身が16年3月期に記録した2兆3126億円を上回り、日本企業としての過去最高を更新した。トランプ米政権の大幅な法人税の減税で利益が押し上げられた。

    売上高は29兆3795億円(前年比6・5%増)、本業のもうけを示す営業利益は2兆3998億円(20・3%増)。売り上げも利益も2年ぶりに前年実績を上回った。

     傘下のダイハツ工業、日野自動車を含むグループの世界販売台数は1044万台と前年に比べて1・9%増えた。1千万台の大台を超えるのは5年連続。

     一方、19年3月期の業績予想は売上高が前年に比べ1・3%減の29兆円を予測。営業利益は4・2%減の2兆3千億円、純利益は15・0%減の2兆1200億円を見込んでいる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000043-asahi-bus_all


    【トヨタの純利益2.4兆円 日本企業で過去最高】の続きを読む

    ThinkstockPhotos-492576281-600x400

    1: 2018/05/09(水) 08:54:16.72 ID:6r/O0vJw0● BE:732996851-2BP(2000)


    子供をもつ親同士が、家族ぐるみの付き合いに発展することは、親にとっても子供にとってもメリットがいっぱい。

    女性限定匿名掲示板『ガールズトーク』に、そんな家族ぐるみで付き合いのあるママ友と、夫の関係に疑問を抱いた女性からの投稿が寄せられ、話題になっている。



    ■妻の仕事中にママ友と車で海へ
    投稿者は、同じアパートに暮らすシングルマザーのママ友と、旦那とのことで悩みを抱える女性。子供同士の仲が良く、そのママ友とはよく遊んでいるというが、ある日事件が起きてしまう。

    その日、投稿者は早朝6時前から昼過ぎまで仕事に出かけていると、夫がそのママ友と自分たちの子供を連れて、投稿者の家の車で海へ出かけて行ってしまったという。

    投稿者の夫は、普段投稿者が「どこかへ出かけたい」と言っても、面倒くさがって近所のスーパーくらいしか行かないような人物で、投稿者は今回の夫の行動に酷く違和感を感じているよう。

    「私が考えすぎでしょうか? なんだか頑張って仕事しているのがバカバカしくなりました」と心境を語りつつ、夫の行動について他ユーザーから意見を求めている。

    ■「無神経すぎる」と批判殺到
    投稿者からの問かけに、他ユーザーからは「夫が無神経すぎる」という声が相次いで寄せられている。

    ・旦那が無神経すぎかと…。シンママもだけど、旦那さんあわよくば…ぽくて無理…



    ・えっと…ありえないわ。シングルマザーと不倫する男って多いから気をつけてね…



    ・え。全然普通じゃない!‬ ママ友より、旦那にガッカリ



    ・普通じゃないと思われる。普段は面倒くさがるんだろ? もうすでに出来上がってんじゃないだろうか



    今回の2人の行動は「普通ではない」との見解に。中には「2人の関係はもうかなり深まっているのでは? といった声も。



    ■相手のママ友に「狙ってる?」の声も
    また、投稿者が仕事で不在という状況にも関わらず、出かけてしまった相手のママ友にも厳しい意見が相次ぐ。

    ・なんで主さんが居ない時に行くのか分かりません。「旦那さんを狙ってる?」と勘ぐっちゃいますね。または、「車で遊びに連れってってもらえてラッキー!」とお気楽なのか。要注意人物なのは間違いないね



    ・前からおかしい←女の勘は当たってますよ



    ・「なめとるん?」と、私ならぶちぎれやわ。その女にも、子供同士が仲いいのはいい。けれど、他所の旦那といくか? 「自分の彼氏でもつくって、そいつといけば?! ここにすむなら、お互いに気持ちよくいたいからね」と、旦那にも相手にも3人で話をするわ



    ・それは…疑ったほうがいいと思う。常識ある人なら「奥さんがいる時に…」と断るだろうし、旦那さんが誘ったならあなたがいなくてチャンスと思ったからに違いないと思ってしまう。何より子供を巻き込んでいることに腹がたつよね。子供を口実に使っていると思ってしまう



    投稿者が感じている「女の勘」は確実に的中しているとの声が相次いぎ、中には「不倫関係に発展するのは時間の問題」との指摘も。
    https://sirabee.com/2018/05/08/20161616604/


    【夫とママ友がウチの車で…夫の仰天行動に唖然「無神経すぎる」】の続きを読む

    00_m

    1: 2018/05/07(月) 21:26:58.51 ID:CAP_USER

    最新型EV「モデル3」の生産にまだまだ問題を抱えてるテスラのフレモント工場などで、生産の一部を担当しているコントラクター(請負契約会社)およびサブコントラクター(孫請け業者)から派遣される労働者の大規模な整理が始まっており、テスラの社員からの評価が低い人材が解雇され始めているとのことです。

    Tesla starts brutal review of contractors, firing everyone that is not vouched for by an employee | Electrek
    https://electrek.co/2018/05/06/tesla-brutal-review-contractors-firing-vouching-employee/

    事の発端は、同社のイーロン・マスク氏が2018年4月17日に従業員に対して送信していたメールの内容にさかのぼります。そのメールには、モデル3を生産する「フレモント工場」と、そのバッテリーを生産する「ギガファクトリー1」の稼働を4~5日ほどストップさせ、生産効率を改善するための見直しを行うことに加えて、「生産ラインで作業を担当しているスタッフの中に下請け業者が非常に多く含まれ、さらに下請けから孫請け、という複雑な契約によって派遣されているスタッフが存在しているという事実を知って失望した」という旨が記されていました。

    マスク氏は、何層にもおよぶ下請け業者の構造を「ロシアのマトリョーシカのよう」と表現しており、いくつもの業者による手数料の「中抜き」が行われることでコストが跳ね上がっていることを問題視。さらに、それらの業者の多くが事前に決められた契約額ではなく、実動時間ベースの支払いを受けていることも問題点として挙げています。

    この現状に対してマスク氏は、2018年第1四半期の決算発表会の場でも、「サードパーティの下請け業者の数はもはやコントロールできない状況にあるので、我々はこびりついた垢(あか)を削り落とすことにした。これはばかげた状況だ。垢の上に垢が積み重なっている。そのため、多くの垢を一気に除去してしまわなければならない」と、近く下請け業者の状況について大規模な整理を行う方針を表明していました。

    マスク氏は「契約労働者のパフォーマンスは、非常に優れた労働者から酔っぱらいよりもひどい者まで幅がある」としており、テスラの求める基準を満たすことができる人材だけを使い続ける方針を表明。下請け業者から派遣されている労働者の仕事内容の品質を評価する仕組みを取り入れることを各業者に通達し、業者が「いかに効率良く、高い水準の仕事を行っているのか」をアピールする一定の期間を設けて、各社がテスラの工場で生き残るためのチャンスが与えられました。この期間は一度延長されていましたが、2017年5月6日付の報道では、ついにこの取り組みによる解雇者が出始めたことが明らかにされています。

    実際にどの程度の契約労働者が解雇されているのかは不明ですが、フレモント工場だけでも1万人を超える従業員が働いている中で、契約労働者の数は数百人程度ともいわれているとのこと。一方でマスク氏は、モデル3の生産を本格化させるために週あたり400人を新たに雇い入れることを表明していることから、今回の措置は単なる人減らしではなく、無駄を省くための構造の見直しとして行われている模様です。さらに、この取り組みはフレモント工場だけにとどまらず世界中のテスラ関連施設で実施されるとのことです。

    なお、この件を報じたElectrekの記事のコメント欄では、テスラのギガファクトリーで働いていた人物の親類と名乗る人物が現場の状況を「リーク」するコメントを投稿しています。それによると、ギガファクトリー内部では下請け業者の状況を統制する人物が不在であるために、無秩序な状況に陥っているとのこと。また、そのような業者から派遣される労働者は「fleas(ノミ)」と呼ばれているという実態や、雇われた電気技師は工業的または工場オートメーションに関する経験を持っていないこと、そしてドイツ製の生産設備を一度に導入したにもかかわらず、実際に使われ出すまで何週間も放置されていたという実態などが記され、設備の稼働プランや労働者への作業指示がまったく示されない状況が存在しているとしています。
    以下ソース
    https://gigazine.net/news/20180507-tesla-start-review-contractor/


    【テスラが生産性の低い労働者を解雇して「多重下請け」の解消に乗り出していることが明らかに】の続きを読む

    1302264

    1: 2018/05/08(火) 22:34:25.36 ID:quQDELkg0 BE:232392284-PLT(12000)


    日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は5月8日、4月の通称名別新車販売台数(速報)を発表。
    新型モデルが好調のホンダ『N-BOX』が、前年同月比62.1%増の1万9884台で8か月連続トップとなった。

    2位は同64.1%増の1万2240台を販売したスズキ『スペーシア』、3位はダイハツ『ムーヴ』で同1.6%減の1万1809台。
    ともに前月より1つずつ順位を上げた。軽自動車のトップ3独占は6か月ぶり。さらにダイハツ『タント』が4位にランクイン。
    登録車トップのトヨタ『アクア』は1万台に届かず、5位どまりとなった。

    1位:N-BOX(ホンダ)1万9884台(62.1%増・8か月連続増)
    2位:スペーシア(スズキ)1万2240台(64.1%増・18か月連続増)
    3位:ムーヴ(ダイハツ)1万1809台(1.6%減・3か月ぶり減)
    4位:タント(ダイハツ)1万0268台(13.9%減・6か月連続減)
    5位:アクア(トヨタ)9495台(22.3%増・3か月ぶり増)
    6位:ワゴンR(スズキ)8532台(11.6%減・2か月ぶり減)
    7位:プリウス(トヨタ)8382台(15.5%減・17か月連続減)
    8位:ノート(日産)7836台(15.4%減・6か月連続減)
    9位:ルーミー(トヨタ)7726台(32.0%増・7か月連続増)
    10位:デイズ(日産)7605台(17.3%減・3か月連続減)

    https://response.jp/article/2018/05/08/309415.html


    【2018年4月新車販売数 今月もN-BOXが断然の断トツトップ!】の続きを読む

    img_c75e9de83a6501386ff7da7bd462c9ba187882

    1: 2018/05/07(月) 12:04:35.44 9

    トヨタ「ハイエース」の中古車がバカ高い理由
    「日本のユーザーのため」が世界で評価される

    渡辺 陽一郎 : カーライフ・ジャーナリスト 2018年05月07日
    (写真)
    シンプルなデザインながら世界で愛される(写真:トヨタグローバルニュースルーム)


    高値で売却できる「ハイエース」

    トヨタ自動車の「ハイエース」(販売系列はトヨペット店、ネッツトヨタ店が扱う姉妹車の「レジアスエース」もある)は、過酷な使われ方をする商用車でありながら、購入後に高値で売却できるクルマとして有名だ。

    あるトヨペット店のセールスマンによると「ハイエースの買い取り価格は飛び抜けて高い。新車として売られた3年後であれば、買い取り価格が新車価格の65~75%に達する。
    5年後でも55~65%で、10年(走行距離も15万~20万km以上に達する)を経過しても流通価値が十分に残ります」と言う。

    上級ミニバンの人気車とされる「アルファード」「ヴェルファイア」も、3年後なら新車時の60~65%で買い取られるが、ハイエースは荷物を運ぶ商用車だ。3年も使われると荷室にキズが付いたりするが、
    それでも高い金額で買い取られる。「中古車市場を見ると、10年落ちの中古車が、150万円以上で販売されることも多い」(前出のセールスマン)との話も聞かれる。

    買い取り価格が高いことを裏付ける話題として、不名誉なことながら、ハイエースは車両盗難件数も多い。日本損害保険協会がまとめた「2017年度 自動車盗難事故実態調査結果報告/調査期間 2017年11月1日から11月30日」
    によると、盗難の最も多い車種はトヨタ「プリウス」、次いでトヨタ「ランドクルーザー」、3位にハイエースと続く。
    2015年度と2016年度は、プリウスに次いでハイエースが2位に入っている。ハイエースは高い金額で売却できるから、窃盗の被害にも遭いやすいというワケだ。

    ちなみにハイエースは、小型/普通商用車のベストセラーとされ、2017年(通年)には6万1200台が登録された(1カ月平均5100台)。内訳はバンが4万8800台、ワゴンが9600台、コミューターが2800台となる。

    ただしハイエースの登録台数が多いといっても、プリウスの16万0912台に比べると38%にとどまるから、登録台数の割には盗まれる比率がかなり高い。狙われやすいクルマであることを示している。
    https://toyokeizai.net/articles/-/218754


    →次ページ 高値で買い取られる理由は…
    https://toyokeizai.net/articles/-/218754?page=2
    https://toyokeizai.net/articles/-/218754?page=3
    https://toyokeizai.net/articles/-/218754?page=4
    https://toyokeizai.net/articles/-/218754?page=5


    【トヨタ「ハイエース」の中古車がバカ高い理由 「日本のユーザーのため」が世界で評価される】の続きを読む

    p

    1: 2018/05/07(月) 01:56:00.51 ID:nQzjIYxY0 BE:618588461-PLT(35669)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00000021-kyt-l26

    6日午後0時10分ごろ、京都府城陽市水主の木津川右岸で、城陽市寺田大川原、会社員の男性(23)の乗用車が道路から約5メートル下の河川敷に転落。
    車の屋根の上に2人が乗っていて、そのうち、宇治市広野町大開の男性(23)が車の下敷きになり、頭などを強く打って死亡した。
    ほかに助手席の会社員男性(24)が軽傷。

    城陽署によると、死亡した男性らは友人グループ約20人でバーベキューをしていた。
    車は河川敷から堤防へ向かう上り坂を走行中で、車内にも4人が乗っていた。
    屋根の上の2人は前後に乗っていて、前の男性は座って両手でルーフキャリアーをつかんでいたが、後ろの死亡した男性がどのように乗っていたのか不明という。
     同署は、6人でふざけて車に乗っていたとみて調べている。


    【【BBQ】男性が車の屋根にしがみついて移動していた乗用車が転落事故】の続きを読む

    lif1805060029-p1

    1: 2018/05/06(日) 17:58:33.52 ID:YjK21hpD0 BE:135853815-PLT(12000)


     自動車のタイヤを分解し、天然ゴムを効率よく取り出すのに利用できる可能性があるキノコを公立鳥取環境大の研究チームが見つけた。リサイクルが進んでいない古タイヤの再資源化に役立つと期待される。

     タイヤは主原料である天然ゴムの分子を硫黄で結合させ、伸縮性を持たせている。タイヤを分解するバクテリアは見つかっているが、天然ゴムも傷めてしまうため、再資源化するには硫黄の結合だけを分解する技術が求められていた。

     研究チームは鳥取県内のキノコを調査。枯れ木などに生えるシハイタケとシロカイメンタケから、硫黄の結合を選択的に分解する能力を持つものを見つけた。

     古タイヤは焼却したり、そのまま再利用したりすることが多く、天然ゴムとして再資源化されることはほとんどないという。世界で自動車の需要増加が見込まれる中、廃棄による環境への影響が懸念されている。

     研究チームは同様の働きを持つ菌を海外でも見つけていたが、今回のキノコはより高い能力があり、国内での発見は初めてという。

     同大の佐藤伸准教授(応用微生物学)は「企業との共同研究で分解のメカニズムを調べ、5年後をめどにリサイクルに生かしたい」と話している。

    http://www.sankei.com/life/news/180506/lif1805060029-n1.html


    【古タイヤを再生するキノコ 鳥取で発見、天然ゴムを資源化へ】の続きを読む

    k

    1: 2018/05/06(日) 17:24:15.10 ID:CAP_USER9

    日産自動車は、ヨーロッパでディーゼルエンジンを搭載する乗用車の販売から撤退する方針を固めました。

    ディーゼル車はガソリン車よりも燃費がよいことを理由にヨーロッパで人気が高まり、日産はSUV=多目的スポーツ車やコンパクトカーなど幅広い車種にディーゼルエンジンを搭載し、販売してきました。

    しかし、ドイツの「フォルクスワーゲン」が3年前に起こした排ガスの不正問題をきっかけに、ヨーロッパでは消費者のディーゼル離れが進んだうえ、各国でディーゼル車への環境規制を一段と厳しくする動きが相次いでいます。

    このため、日産はヨーロッパで販売する乗用車のすべての車種で次のモデルからディーゼルエンジンを搭載しない方針を固め、ディーゼル車の販売から段階的に撤退することになりました。

    日産は今後、ハイブリッド車や走行中に排ガスを出さない電気自動車の販売を拡大させる方針です。

    ヨーロッパでは、多くのメーカーでディーゼル車から電気自動車などにシフトする動きが広がっており、トヨタ自動車もディーゼル車の販売を縮小する方針を打ち出しています。

    きっかけはフォルクスワーゲンの排ガス不正問題
    ヨーロッパでは消費者の“ディーゼル離れ”が顕著になっています。
    きっかけは世界最大の自動車メーカー「フォルクスワーゲン」が3年前に起こした排ガス不正問題でした。

    フォルクスワーゲンが製造したディーゼル車の排ガスに多くの有害物質が含まれていることが発覚し、消費者の不信が高まったのです。

    もともと環境規制が厳しいヨーロッパでは、各国がディーゼル車への規制を一段と強めていて、去年夏にはイギリスとフランスが、将来ディーゼル車の販売を禁止することを決めました。

    ことし2月にはディーゼル車を推奨してきたドイツでも連邦行政裁判所がディーゼル車の市街地への乗り入れ禁止を認める判断を示し、自動車業界に衝撃が広がりました。

    このため、自動車メーカーの間では走行中に排ガスを出さない電気自動車などの開発を強化する動きが相次いでいて、フォルクスワーゲンは2025年までに電気自動車を50車種投入する大胆な「EVシフト」の方針を打ち出しました。

    車のエンジンが電気のモーターに置き換わる「EVシフト」の動きは、エンジン開発を中核にしてきた世界の自動車産業に大きな影響を与えるものと見られ、ドイツの経済研究所は2030年までにディーゼル車やガソリン車の販売が禁止されれば、ドイツ国内で60万人の雇用が失われると指摘しています。

    5月6日 15時50分
    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180506/k10011428721000.html


    【日産 ヨーロッパでディーゼル車の販売から撤退へ】の続きを読む

    h

    1: 2018/05/06(日) 06:10:30.40 ID:CAP_USER9

     2018/19年WEC世界耐久選手権開幕戦の決勝レースが5月5日、ベルギーのスパ・フランコルシャンで行われ、6時間レースをTOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組)が制した。僚友7号車トヨタTS050ハイブリッドが総合2位を獲得。総合3位にはレベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・AERが入っている。

     スタートからトップ快走する8号車トヨタとは対照的に、全車から1周遅れのピットレーンスタートとなった7号車トヨタ。
     
     苦しい立ち上がりとなった7号車トヨタだったが、スタート直後と1時間後のフォードGTのクラッシュによって導入された2回のセーフティカーランの助けも借りながらレース開始から1時間40分後にトップと同一周回に復帰。レース折り返し直前には、小林可夢偉の3スティント連続走行などの奮闘もあり、レベリオン・レーシングらのLMP1プライベーター勢を攻略して総合2番手に浮上する。
     
     その後、ブエミ、アロンソ、一貴とバトンをつなぎながら首位を走る8号車トヨタにイレギュラーのピットストップや一貴の単独スピンなど、小規模のタイムロスがあったものの、2台のトヨタTS050ハイブリッドは55~60秒のギャップを維持しながら約2時間に渡って走行を重ねていく。
     
     しかし、チェッカーまで残り1時間を迎えようかというタイミングで、直前まで3号車レベリオンR13・ギブソンと総合3番手を争っていたSMPレーシング、17号車BRエンジニアリングBR1・AERのマテボス・イサキャーンがオー・ルージュの出口付近でクラッシュ。この日3回目のSCが入る。
     
     これによりトップを走る8号車トヨタと2番手につける7号車トヨタの差は事実上消滅。チェッカーまで残り約45分でレースがリスタートされると8号車トヨタを駆る“ルーキー”アロンソの背後に7号車トヨタのコンウェイがピタリとつける形に。
     
     しかし、トヨタは2台を争わせることはさせず。両車はマージンを保ったままファイナルラップを迎え、トヨタが2年に渡るロングシーズンのオープニングレースでワン・ツー・フィニッシュを飾った。8号車トヨタは昨年の富士ラウンドから4連勝。アロンソにとってはWEC参戦初戦での初優勝となった。
     
     プライベーター勢最上位となる総合3位は、アンドレ・ロッテラーらを擁す1号車レベリオンR13・ギブソンが獲得。僚友3号車レベリオンR13・ギブソンがこれに続く総合4位に入っている。レベリオン勢はトヨタから2ラップスダウンとなったが、LMP1プライベーターとしては前評判どおりの実力を示したといえるだろう。
     
     総合5番手はバイコレス・レーシング・チームの4号車ENSO CLM P1/01・ニスモ、同6番手はSMPレーシングの11号車BRエンジニアリングBR1・AERとなり、それぞれトップから5周遅れでチェッカーを受けている。

    >>2以降に続きます

    5/6(日) 3:09配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180506-00366173-rcg-moto


    ■2018/19年WEC世界耐久選手権第1戦スパ・フランコルシャン6時間レース 決勝暫定結果
    http://www.as-web.jp/sports-car/366164?all


    【【WEC】トヨタ、ル・マン前哨戦で1-2フィニッシュ。アロンソがデビューウイン飾る】の続きを読む

    4768654943_c76e6258de_b

    1: 2018/05/06(日)18:05:32 ID:Rnq

    花粉症の原因は車の排気ガスだった!
    農村部より都会のほうが花粉症患者が多いワケ

    スギよりも排気ガスの影響が大きい

     日本でスギ花粉症が最初に発見されたのは、
    栃木県日光市で1960代前半とされています。
    日光といえば、日光街道沿いのスギ並木が有名です。
    ただし、スギ並木のスギは、自動車の排気ガスの影響で減ってきています。

     もし花粉症の原因が花粉だけであるなら、スギの多い「スギ森地区」での発生が最も多いはずです。
    ところが、実際には「スギ並木地区」や「一般地区」よりも少なかったのです。
    しかも、スギが極めて多く交通量の少ない日光市小来川では5.1%と、
    「スギ並木地区」の約3分の1でした。

     これは、花粉症の発生に自動車の排気ガスが深くかかわっていることを意味しています。
    つまり、花粉症を増加させている主原因は、スギ花粉よりも自動車の排気ガスであることがわかったのです。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9985474/


    【【悲報】花粉症の原因は車の排気ガスだった!】の続きを読む

    1: 2018/05/06(日) 02:23:21.82 ID:z32WzuAq0 BE:416336462-PLT(12000)


    福井県高浜町のガソリンスタンドで、ガソリン漏れしている様子の画像がTwitter(ツイッター)に投稿され、大変な話題となっています。
    話題となっている画像は、高浜町のガソリンスタンドで、給油している車の給油口からガソリンが大量に溢れ出ているというものです。
    画像からは、給油口から滝のようにガソリンが溢れ出ており、車体下に大きなガソリン溜まりができているのが確認できます。
    また、運転席と助手席には人が乗っており、ガソリンが漏れていることに全く気付いていません。

    https://breaking-news.jp/2018/05/05/040042
    no title


    【島根で給油口からガソリン溢れる。車内には人が気が付かないまま乗ってる状態。これセルフ?】の続きを読む

    f

    1: 2018/05/05(土) 21:37:52.04 ID:CAP_USER9

    ◆女性ドライバー増やせ 人手不足深刻…事業継続に強い危機感 福岡・第一交通産業

    深刻な運転手不足に悩めるタクシー業界が、女性運転手の活用を進める。
    業界大手の第一交通産業(北九州市小倉北区)は、現役の運転手を集めた「女子会」を全国で開き、働きやすい職場を作るために経営陣が直接、要望や意見を聞く。

    従来の「男社会」のままでは事業そのものが立ちゆかなくなりかねない-。業界にはそんな強い危機感がある。
    4月25日、福岡市博多区の中華料理店に、グループ傘下の福岡第一交通の女性運転手約20人が集まった。

    「運転席の後ろの防犯仕切り板が小さく、不安です。もう少し大きくできませんか」
    「営業所のロッカーを鍵が付いたタイプに変えてほしい」
    「トイレや更衣室が男女兼用のままでは嫌ですね」

    女性たちは職場環境の改善策を訴えた。
    同社の谷口雅春社長は「やれることはすぐにやる」と約束した。

    その場で、北九州の親会社の田中亮一郎社長も女性たちの意見に耳を傾けていたのも大きい。
    グループを挙げ、女性ならではの視点からの意見に理解を示す姿勢を明確にした。

    第一交通はこうした会合を昨年夏から鳥取、島根両県を皮切りに、北海道や和歌山へと広げた。
    谷口氏は「何もしなければこの先、乗務員が不足し、事業が立ちゆかなくなる。

    今はまだ女性運転手は少ないが、女性の皆さんの力は貴重だ。
    対応が遅すぎたかもしれないが、今後、加速させたい」と語った。

    タクシー業界の人手不足は深刻だ。
    厚生労働省によると、バスやトラックも含めた「自動車運転の職業」の有効求人倍率(パートを除く)は、今年3月で2・92倍となった。
    全職業の平均値(1・37倍)の2倍を超えた。

    日本自動車会議所(東京)によると、全国のタクシー運転手はピークだった42万8千人(平成16年度)から、27年度は30万人に減少した。
    女性や若者の業界への取り込みが遅れたのが要因だ。
    タクシー運転手には定年退職者が再就職を図るケースが少なくなく、業界全体での危機感は薄かった。

    国土交通省によると、タクシー運転手全体のうち40歳未満が占める割合は、14年には8%だった。
    26年には4・3%に低下した。
    女性運転手は平成10年ごろから8千人台で推移したが、25年には約6700人に減った。
    このところ、70歳を上回る高齢のベテランドライバーの退職も相次ぐ。
    その結果、高齢者が出勤したがらない深夜の時間帯では特に、運転手不足が顕著となった。

    そこで、第一交通産業は打開策として、女性や若者の採用強化と定着に乗り出した。女子会はその一環だ。
    さらに、大学を卒業した新人の採用も増やそうと、タクシー運転手に固定給の制度を導入した。

    福岡での会合に参加した福岡第一交通アイランドシティ営業所の江崎美菜さん(23)は昨年春の新卒採用組だ。
    実際にタクシーのハンドルを握り、半年間が過ぎた。

    「会社はいろんな要望に対する反応が早く、風通しも良い。知人の女性たちにもタクシー業界で働ける楽しさを、胸を張ってお勧めできる」と感想を述べた。

    女性活躍の場を提供するため、第一交通はグループを挙げてあらゆる手を打つ。
    グループ各社で企業内の託児所の拡充を進める。平成16年以来、全国5カ所で開設、運営する。

    30年度には大阪府や札幌市にも新設し、数年内に10カ所にまで増設する計画だ。
    民間の保育園とも提携し、保育料の一部を補助し女性運転手を支援するアイデアもある。

    こうした施策が奏功し、グループ全体での女性運転手の比率は4・4%と、全国平均(2・7%)を上回る。
    在籍者の数は27年3月末の362人から今年4月には533人へと増えた。

    田中氏は「男社会といわれてきた業界に、女性がもっと入りやすい状況を作らねばならない。
    女性運転手の声を聞くことから、これまでは気付かなかった新たなサービスが生まれる可能性もある」と語った。

    Yahoo!ニュース(産経ニュース) 2018/5/5(土) 7:55
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000028-san-l40


    【【タクシー業界】女性ドライバー増やせ!人手不足深刻…事業継続に強い危機感】の続きを読む

    a11b4bb3ba448d1fa402ac3dc62cc91f

    1: 2018/05/05(土) 17:06:38.03 ID:CAP_USER

    電気自動車メーカー、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、同社株をショート(売り持ち)にしている投資家が「大やけど」することになると宣言した。また、先日の電話会議でのやりとりが原因で株価が急落したことに関連し、一部アナリストと自分に対する批判を展開した。

    マスク氏はサンフォード・バーンスタインとRBCキャピタル・マーケッツのアナリストについて、「投資家ではなく、ショートセラーの論点」を代弁していたとツイートした。同氏は2日の電話会議で、両氏の質問を途中で遮っている。バーンスタインのトニ・サコナギ氏からの設備投資に関する質問は「間抜け」で、RBCのジョセフ・スパック氏からの「モデル3」予約状況についての問いは「ばかばかしい」と言い捨てていた。

    マスク氏は4日のツイートで、「ショート筋が今世紀最大の大やけどを負う日が近い」と述べた。

    テスラ株は4日の米市場で反発し、米東部時間午前11時12分現在では前日比1.3%高。前日は5.6%安で終了していた。

    先日の電話会議でアナリストの質問にまともに取り合わなかったことに関しては、アナリストを「電話会議に参加させたのなら、その場で質問に答えるべきだった。無視したのは愚かしいことだった」とツイートした。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-04/P87N1Z6JTSEL01


    【マスク氏、テスラ弱気派「大やけど」を予告】の続きを読む

    1: 2018/05/05(土) 14:04:46.66 ID:nRWOEjaV0● BE:423476805-2BP(4000)


    トヨタ新型センチュリーが2018年6月25日に発売日を迎える見込みとなった。
    20年ぶりとなる今回のフルモデルチェンジで3代目モデルとなる。
    昨年の東京モーターショー2017では、市販プロトタイプが公開されていた。
    ボディサイズは先代型から拡大。
    エクステリアデザインは従来型からのキープコンセプトながらも、最新モデルらしい繊細さが与えられた。
    搭載されるエンジンは、2UR-FSE型のV型8気筒 5.0Lハイブリッドとなり、環境性能の向上が期待される。

    https://car-research.jp/tag/century
    no title


    【トヨタ・センチュリーが今夏フルモデルチェンジ発売】の続きを読む

    このページのトップヘ