ニュース

    1: 2019/03/14(木) 14:07:03.21 ID:qIpKLNZy9

     いよいよ、この4月1日から東京のトヨタ系列の販売店4つが一つに統合される。いったい、東京のトヨタ販売は、これからどう変わるのか?

     いっぽう、ユーザーの立場から見ると、何がどう変わるのか? メリット、デメリットはどうなのか? 新車ディーラーの取材を得意とする、ジャーナリストの遠藤徹氏が徹底取材した。

    ■4月1日から東京地区のトヨタ系列店が統合、一つの会社に

     この4月1日から東京地区のトヨタ系列店が統合し、一つの会社が発足する。その名は「トヨタモビリティ東京」」だ。

     これまでは「東京トヨタ」、「東京トヨペット」、「トヨタ東京カローラ」、「ネッツトヨタ東京」など別法人で、それぞれ取り扱う車種は専売、併売モデルと分けて販売していた。

    それが4月1日からは全店併売となる。正確にはこの他東京地区には地場資本の「西東京カローラ」、「ネッツトヨタ多摩」、「ネッツトヨタ東都」があり、このうち西東京カローラは全車種扱いだが、他の2社は取り扱い車種の変更はない。

     従来の専売モデルはトヨタ店がランドクルーザー、センチュリー、アリオン、トヨペット店はハリアー、ハイエース、アルファード、プレミオ、カローラ店はカローラ、ノア、パッソ、ネッツ店はヴィッツ、ヴェルファイア、ヴォクシーなどだった。

     ただ東京地区は全国の他地域ディーラーとは多少取り扱い車種が異なる。全国だとトヨタ店はクラウン、トヨペット店はマークXがそれぞれ専売だが、東京地区はどちらも両系列店の併売となっている。

     これが4月1日から全店舗で全トヨタ車を扱うようになる。併売車は複数系列店と全系列店扱いの両方があり、2系列店の併売車は全系列店扱いになる。

     つまり専売車と2系列店併売車は全系列店扱いに切り替わることでセールスパワーがアップするので、そのぶん販売台数は5%程度増えることになりそうだ。

    ■販売店側のメリット、デメリット

     販売店サイドから見るとメリットとデメリットの両方がある。今回、統合1か月を切った3月初旬に、現場の営業マンから聞いた話は以下の通り。

    ●「ハリアー、アルファード/ヴェルファイアなど人気収益車が扱えるようになるので助かる」(トヨタ店)
    ●「ランドクルーザー、カローラ、ヴィッツなどが扱えるのは嬉しい。これまでは他系列店の取り扱い車種の購入希望ユーザーが来店すると紹介するだけだったが、これからは堂々と売れるようになるので嬉しい」(トヨペット店)
    ●「クラウン、ハリアー、アルファード/ヴェルファイアが扱えるので収益があがるし、ノルマが達成しやすくなる。」(カローラ店)
    ●「クラウンを扱えるのが楽しみ。クラウン1台の利益は専売モデルであるヴィッツの10台分に相当するのでかなり儲けられるようになる」(ネッツ店)

     と、一様に歓迎一色のコメントだ。半面デメリットもある。「各店舗間の競争が激化、販売テリトリーも重なるので収益の悪い店舗は整理、統合されてしまうのではないか。」(各系列店店長)と不安の色も隠さない。

    ■値引額が減るなどユーザーのデメリットのほうが大きくなりそう

    ●ユーザーのメリット
    ・どこのディーラーにいってもトヨタ全車種が買える
    ・全車種扱いになったことで購入するディーラーを自由にユーザーが選べる
    ●ユーザーのデメリット
    ・販社が一つに統合されたことで情報がオンラインで共有化されるため、店同士の競合がなくなり、値引額が大幅減
    ・競合させるためには埼玉や神奈川、千葉など東京近郊の販社まで足を運ばなければいけない

     ユーザーにとってはデメリットのほうが大きくなりそうだ。というのは、どこの店舗でも全トヨタ車を購入できるようになるのはいいが、トヨタ車同士で競合させて大幅値引きをゲットするような購入作戦を組めなくなるからだ。

    「ひとつの店舗でお目当てのクルマの購入交渉を始めると、同じ会社になると、その情報がコンピュータでオンラインされ、直ちに他店舗に伝わる仕組みになる」(トヨペット店)と打ち明ける。

     したがってトヨタ車同士の競合は東京都内では不可能に

    以下ソース先で

    ■その後60車種を30車種程度まで減らす方針

    3/14(木) 13:02
    ベストカーWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190314-00010002-bestcar-bus_all&p=1
    no title


    【4月1日から東京のトヨタ系列の販売店4つが一つに統合 値引額が減る?ユーザーのメリット、デメリット】の続きを読む

    1: 2019/03/14(木) 03:36:47.93 ID:LcrzjKa49

    スーパーの入り口に乗用車が突っ込みました。73歳の女性は「病院の場所を聞こうと思ったが、ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しています。

     店舗入り口のガラスを突き破り、車体がほぼ丸ごと突っ込んだ乗用車。突っ込んだ際の衝撃によってでしょうか、フロントのバンパーは外れています。12日午前9時前、北海道釧路町のスーパーに乗用車が突っ込みました。この事故によるけが人はいませんでした。乗用車を運転していたのは根室市に住む73歳の女性で、警察に対して「病院の場所を店に聞こうと思ったが、ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているということです。

    ソース テレ朝
    http://news.livedoor.com/article/detail/16148625/
    画像 
    no title


    【「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」73歳女性の乗用車がスーパーに突っ込む】の続きを読む

    独VW

    1: 2019/03/13(水) 19:53:59.26 ID:ssV/dWBv0 BE:123322212-PLT(13121)

     【フランクフルト時事】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は13日、電気自動車(EV)への生産シフトなどに伴い、
    2023年までに従業員を最大7000人削減する計画を発表した。
     23年までに総額190億ユーロ(約2兆4000億円)を投じ、EVシフトに伴う生産体制の見直しやITを活用した合理化を進める。
    これらの措置により、中核のVWブランドの乗用車部門で5000~7000人が削減されるという。定年などによる退職者の補充を
    しないことで人員削減を進める。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019031301230&g=int


    【フォルクスワーゲン、従業員7000人リストラへ】の続きを読む

    ヒュンダイ自動車

    1: 2019/03/12(火) 19:24:58.43 ID:wyBdViI00 BE:194767121-PLT(12001)


    韓国の現代(ヒュンダイ)自動車が日本市場での自動車販売を検討していると、3月7日付で現地の電子新聞が報じ、話題になっている。

     日本では2009年まで正規輸入を行っていたが、販売不振により撤退を余儀なくされている。昨年の現代自動車(乗用車)の輸入台数はたったの4台と、壊滅状態と言うより“趣味の世界”のようなものだ。

     今年1月に開催された『デトロイトモーターショー』では、乗用車部門で高級車ブラント『ジェネシス・G70』が自動車産業のオスカー賞ともいわれるNACOTYを受賞、SUV部門でも『コナ/コナEV』が
    受賞するなど高評価を得ているが、一度、大失敗している日本で、果たして受け入れられるのだろうか。

     「日本市場には2001年に参入し、小倉優子やペ・ヨンジュンがCMキャンペーンに登場するなど大々的な広告戦略を打ち出しましたが、結局、ブランドイメージや信頼性の低さ、アフターサービス面での
    不安から市場を開拓することはできませんでした。韓国政府が日本の自動車販売網を『閉鎖的』と批判したことも物議を醸しましたね。今では品質もかなり向上し、世界販売台数はホンダと同規模にまで成長しています」(自動車ジャーナリスト)

     最近では頼みの綱の米国で売り上げが低迷しており、ここ10年で最低水準にまで落ち込んでいる。日本市場に食い込みたい思いはかなり強いようだ。

     しかしながら、専門家の間では早くも懸念の声が広がっている。
    「そもそも現代自動車は当時からユーザーやマスコミへの対応が酷いものでした。取材の依頼をしても定型文の返信すらないこともざらで、本気で日本で車を売りたいと思っているのか疑問すら感じましたね。
    ましてや日本では全国どこでも安心して乗れるトヨタが王座に君臨しており、御三家と言われる、ベンツやアウディ、BMWですら購入するのをためらう人も多いんです。しかも最近ではレーダ照射問題や
    徴用工問題など日韓関係も悪化しています。タイミング的にもかなり厳しいと思いますよ」(自動車雑誌ライター)

    https://npn.co.jp/article/detail/78967937/


    【韓国のヒュンダイ自動車、再び日本市場に参入するとの憶測】の続きを読む

    gone

    1: 2019/03/12(火) 10:27:13.43 ID:Okw4r9vc9

    ゴーン前会長の不正50件超把握 日産の社内調査、さらに拡大も
    3/11(月) 20:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000163-kyodonews-bus_all

     日産自動車がカルロス・ゴーン前会長の不正を解明するため実施している社内調査で、国内外の邸宅の家賃や購入費を日産に肩代わりさせるなど少なくとも50件の不正を把握していることが11日、分かった。50件は国内が中心で海外の調査は一部しか終わっていないため、件数はさらに増える可能性がある。フランスの自動車大手ルノーとの共同調査も続け、全容解明を急ぐ。

     ゴーン前会長を巡っては、邸宅の家賃や購入費のほかに、ヨットクラブの会費や大学への寄付などを日産に請求していた疑いがあることが明らかになっている。関係者によると、これらを含めた不正内容が社内調査で判明した。


    【【日産前会長】不正50件超把握 日産の社内調査、さらに拡大も】の続きを読む

    ii

    1: 2019/03/12(火) 01:14:03.52 ID:LLqbfvR79

    ”車の運転は労働時間に当たらず” 遺族の労災申請を認めず | NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190311/k10011844241000.html
    2019年3月11日 18時23分

    長時間、車を運転して取引先を回っていた横浜市の会社員が過労で死亡したとして遺族が労災を申請しましたが、車の運転は労働時間に当たらないとされ、労災とは認められませんでした。遺族側は「働き方改革の一方で、会社の外での労働時間が切り捨てられている」と批判しています。

    遺族や弁護士によりますと、横浜市にあるクレーン車販売会社の営業社員で、3年前に心臓疾患で死亡した当時26歳の男性は、会社の車を運転して東北から東海まで12の県の取引先を回っていました。

    ほぼ毎日会社に寄らず、自宅から直接、取引先に向かい、日によっては10時間以上運転していました。

    遺族が、長時間労働による過労死だとして労働基準監督署に労災を申請しましたが、運転は労働時間に当たらないとされ、先月、労災とは認められませんでした。

    また、千葉市の建設設備会社の支店で支店長として勤務し、おととし脳疾患で死亡した当時55歳の男性についても過労死だったとして労災を申請しましたが、車の運転や接待など会社の外での業務が労働時間とされず、同じく先月、労災は認められませんでした。

    記者会見を開いた川人博弁護士は「会社内での働き方改革が進む一方で、会社の外での労働時間が切り捨てられている。厚生労働省はこれを規制すべきなのに逆のことをして助長している」と批判しています。

    厚生労働省は「車の運転を労働時間とするかは個別の事例ごとに判断している」としています。


    【【労働】”車の運転は労働時間に当たらず” 遺族の労災申請を認めず】の続きを読む

    1: 2019/03/11(月) 20:48:38.80 ID:YH2jegCV9

     トヨタ自動車は3月11日、高級セダン「クラウン」の車体に、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんがデザインしたラッピングを施した「ニシノクラウン」を公開した。西野さんが主宰するオンラインサロンの会員から募った意見、反応も参考にしたという。トヨタは「クラウンは保守的」といったイメージを払拭する狙いがある。

     トヨタが昨年6月に発売した新型クラウンは、自動車専用の通信機「DCM」(Data Communication Module)を標準搭載したコネクテッドカー(ネットにつながるクルマ)で、同社は「革新性」をアピールしている。ニシノクラウンは、革新というキーワードからフランス革命期の英雄・ナポレオン1世を思わせる紺色と金色に染め上げた。

     トヨタの杉浦宏哉さん(第2国内販売部 部長)は「クラウンは保守的というイメージを抱いている人もいる」と話す。西野さんも、トヨタから依頼を受けた時点では「クラウンは、自分より年上の人が乗る高級車というイメージ」だったという。今回のプロジェクトはそうした印象を払拭し、「これまでクラウンと接点がなかったお客さまにも認知を広げる機会にしたい」(杉浦さん)としている。
    .
    オンラインサロンで意見募る

     デザインを考える中で、西野さんは、約2万2000人の会員を抱えるオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」でデザイン案に対する意見、感想などを求めた。

     西野さんは「デザインしたものを一方的に発表しても、知らない人からすると、ひとごとに思われてしまう恐れがある」と話す。オンラインサロンの会員に参加意識を持ってもらい、より幅広い層にリーチさせることを試みた。

     「オンラインエンターテインメントのサービスは『受け取り型』から『参加型』、さらには『発信型』へと変化している。企画に参加した会員は、Twitterなどでプロジェクトに携わったことを“どやりたい”と思う」(西野さん)

     ニシノクラウンは3月12~17日、表参道ヒルズ(東京都渋谷区)で展示される。

    ■ニシノクラウン
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ■普通のクラウン
    no title

    no title

    no title

    no title


    他ソース
    ど、どうしちゃったの? トヨタが金ピカ車「ニシノクラウン」発表、キンコン西野さんがデザイン
    https://news.biglobe.ne.jp/economy/0311/nlb_190311_2309378446.html

    3/11(月) 20:20
    ITmedia NEWS
    no title


    【【高級車】トヨタ、キンコン西野さんデザイン「ニシノクラウン」公開 フランス革命期の英雄・ナポレオンをイメージした金ピカ車】の続きを読む

    k

    1: 2019/03/11(月) 19:32:55.27 ID:gxbMt/Bj0 BE:844481327-PLT(12345)

    会社法違反(特別背任)などの罪で起訴され、保釈された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)について、
    東京地裁は11日、12日に予定されていた日産の取締役会への出席を許可しなかった。

    地裁は証拠隠滅の恐れがあると判断したとみられる。
    弁護側は判断を不服として11日、地裁に異議を申し立てた。

    関係者によると、ゴーン被告の弁護団は8日、取締役会への出席意向を地裁に打診。
    地裁は出席の可否について、東京地検から意見を聞いた上で許可しないと判断した。

    ゴーン被告の取締役会への出席について、弁護人の弘中惇一郎弁護士は11日、「被告本人から理由は聞いていないが、(出席は)取締役の義務だと思っている」と述べた。

    取締役の中には地検特捜部が行った事情聴取の対象者が含まれているため、地検は、ゴーン被告が出席すれば圧力となり、
    公判で証言を拒むといった証拠隠滅につながる恐れがあるなどと主張したとみられる。

    地裁は保釈条件の中で、事件関係者への接触を禁止しているが、取締役会への出席は、許可があれば可能としていた。

    ゴーン被告は昨年11月の逮捕後、日産の会長職を解かれたが、取締役には留まっていた

    https://www.sankei.com/affairs/amp/190311/afr1903110043-a.html


    【ゴーン被告「日産の取締役会に出たい」 裁判所「ダメです」】の続きを読む

    k

    1: 2019/03/09(土) 12:35:57.21 ID:GXaLovnV0 BE:123322212-PLT(13121)


    タイヤトラブルの要請急増!2017年度は、39万1799件で10年前の136.5%!!

     クルマを運転中に、タイヤがパンクするトラブルを経験した人が増えているといいます。
    全国でロードサービスを展開しているJAFは、タイヤのトラブルに関する救援要請が増加していることから、
    2007年度から2017年度のタイヤトラブルの出動件数を発表しました。

     タイヤのトラブルは、2017年度に39万1799件と過去最高を記録。2007年度は28万6934件であったため、
    10年でその出動件数は10万4865件増となり、約3.6割増えていることになります。

     JAFが行った、「タイヤのパンクに関するアンケート調査」では、“どのくらいの間隔でタイヤの点検をしていますか?”
    の設問に対し、「1ヶ月以内」と回答した人は、1万2716名。全体の27.4%と多くの方が適正な頻度で点検していないことが
    分かりました。

     ほかにも、愛車のタイヤパンクに対応するための搭載品は“スペアタイヤ”なのか“応急修理キット”なのかの
    どちらかを聞く設問で35.6%が“応急修理キット”と回答。

     応急修理キットは、一般的に、タイヤからエアの漏れを少なくするための修理剤と、空気圧を調整する
    コンプレッサーなどがセットになったものです。

    「クギやねじが刺さったパンクはそれを抜かずに応急処置が必要」など使用の際に気をつける項目があるため、
    使用前に添付の説明書を確認する必要があります。

     説明書には修理剤の有効期限が記載されている場合もあるため、事前に一度確認しておくことが重要です。
    また、スペアタイヤも長年使わずに点検もしていないと、いざ使用する際に空気圧が不足していたり、
    ひび割れている可能性があるので、定期点検時にあわせて確認しましょう。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00010005-kurumans-bus_all


    【運転手「車のタイヤがパンクした。JAFさん助けて!」 10年前より10万件増える】の続きを読む

    m

    1: 2019/03/11(月) 07:08:42.269 ID:y6zZXBxVa

    「30代にもなって車を持たない男」に不満の女性 その主張に「わかる」「私も無理」 

    ライフスタイルの変化や高額化などの影響で、乗る若者が以前に比べて減少しているとされる自動車。しかし、住む地域によっては乗らないと不便で、生活に支障をきたしてしまうこともある。

    女性向け匿名掲示板「ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。

    ■都会でもないのに車を持たない男
    最近知り合っていい感じの男性(31)が免許を持ってないということを知ったという投稿者の女性。

    「まだ20ならまだしも30代で免許無しはちょっと」と内心引いてしまったようで、今後も取る予定はないことから、付き合うのを躊躇してしまっているという。

    なお、住んでいる場所は都会というわけでもなく、車がないと不便。しかし、彼は「バスと電車があるから」と言っているそう。

    ■「なし」の声が多数
    この投稿に対し、他のネットユーザーからは「なし」の声が相次ぐことに。

    ・長い目で見るならなし

    ・その時点で価値観が合わなさそうだし、告白された訳でもないから友人として付き合う

    ・車がないと不便な場所でそれはない。 結婚して子供できたら大変だよ。送迎は全部主の仕事になるよ

    ・東京とか大阪の中心ならともかく、車がないと不便なのに免許が無いってことは何かあるんじゃと思ってしまう

    ■「頑固なのが問題」との声も
    また、一方では車や免許を持たないことより、その男性からにじみ出ている頑固さこそが問題だと指摘する人も。

    ・都会ほど便利なわけじゃないのに、頑なに免許を取るつもりがない。ってところに頑固さが出てて無理。 柔軟な考えができなさそう

    ・住んでる場所にもよるけど、高校卒業と同時にほとんどの人間が取る土地柄だから、変とは思うよ 

    ・普通の感覚じゃないことは確か。へんなこだわりがある頑固者か、運転適正なさすぎて教習所卒業できなかった過去があったりして

    ■半数は「免許を取る予定なし」
    しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の自動車免許を持っていない男女333名を対象に、「免許取得について」の調査を実施。その結果、「自動車免許を今後も取得するつもりはない」と答えた人は全体の50.5%と、半数を超える高い割合に。

    30代男性は44.4%と、それなりに高い割合だった。

    交際や結婚は対話の連続であり、相手に合わせる柔軟さが求められる。男性にどんな考えがあるのかはわからないものの、柔軟性に欠けるのであれば、地雷率はそれだけ高くなってしまうのではないか。



    【【悲報】30代にもなって自分の車をもってない男に女性の不満大爆発!!「ありえない」「無理」「男として失格」】の続きを読む

    m

    1: 2019/03/10(日) 12:20:16.44 ID:dme3xon69

    「あおり運転」前年比7.5倍 兵庫、全国ワーストに
    毎日新聞2019年3月10日 09時44分(最終更新 3月10日 09時47分)
    https://mainichi.jp/articles/20190310/k00/00m/040/042000c

     前方の車との距離を極端に詰める「あおり運転」をしたなどとして、道交法違反(車間距離不保持)の疑いで2018年に摘発されたケースが兵庫県内で1782件あり、前年の約7.5倍に激増したことが、県警の集計で明らかになった。車間距離不保持の摘発件数は全国ワーストだった。県内は高速道路網が発達していることも背景にあるとみられる。「あおり運転」が社会問題化しており、県警は取り締まりを強化し、危険性を訴えている。【黒川優】

     県警交通指導課によると、車間距離不保持による県内の摘発件数は、14年251件▽15年151件▽16年171件▽17年235件▽18年1782件――と推移。17年6月に神奈川県大井町の東名高速で、あおり運転により停車させられたワゴン車がトラックに追突され、夫婦が死亡した事故を受け、社会問題化した。全国の警察が取り締まりを強化している。
     県内では昨年12月、山陽自動車道で50代女性が運転する乗用車が約1.4キロにわたってあおられ、停止させられる事件があった。県警は後続の乗用車を運転していた男(28)を暴行などの容疑で逮捕した。

     県警によると、県内の高速道路・自動車専用道路の総距離は691キロで、北海道に次いで全国2位の長さ。西日本各地と近畿を結ぶ物流の要所で、先を急ぐ長距離トラックも多い。摘発件数もトラックの交通量が多い午前10時ごろがピークという。
     主に高速隊員らがパトロールし、違反を取り締まっている。交通指導課は「あおり運転は命に関わる危険な行為だ。もし後続車にあおられたら、最寄りのパーキングエリアなどに避難し、すぐに110番通報をしてほしい」と呼びかけている。


    【【兵庫】「あおり運転」前年比7.5倍 全国ワーストに】の続きを読む

    1: 2019/03/09(土) 21:17:34.91 ID:6DXdDPWO9

    クラシックカーと動物を融合させた、遊び心溢れるデザインが公開され、注目を集めている。

    スイス人アーティストのフレデリック・ミュラーが、クラシックカーと動物を融合させた「Rides of the Wild」という車のシリーズをデザイン化し、自身のInstagramで紹介。これが話題を呼んでいるようだ。

    例えば“カバ”のように見える車。「007」のボンドカーとしても使われた、1963年製のアストンマーティン・DB5をベースに、カバの口のように見えるフロント部分や、天井部分の耳、H1PPOというナンバープレートなど遊び心たっぷりの車をデザイン。

    ネットでは「このカバのアストンマーティン、本当にカッコいい」「カバの車カッコいいなあ」「売ってたら絶対買う」「楽しい企画だね」といった声が上がっている。

    2019/03/08 16:34
    https://www.narinari.com/Nd/20190353564.html

    クラシックカーと動物を融合させた「Rides of the Wild」
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【「カバのアストンマーティン」がカッコイイと話題wwww】の続きを読む

    1: 2019/03/09(土) 14:20:08.36 ID:0J9l31O+0 BE:232392284-PLT(12000)


    マツダ、新型「Mazda3」に雪上試乗。走りの秘密は進化したリアサスペンションにあり

     まもなく登場するマツダ「アクセラ」の後継モデルになると言われている新型「Mazda3」(車名を引き継ぐかは未定)。
    このMazda3に北海道のマツダ 剣淵試験場で3月初旬に乗ってきた。
    個人的には走りをそれほど期待していなかったからだ。
    その理由はリアサスペンション形式をマルチリンクからトーションビームアクスル(以下、TBA)に変更したからだ。
    あらゆるものはスペックだけで判断できないとは思っているが、やはり先入観はつきまとうのが正直なところだ。

    現行「アクセラ」でコースチェックがてらに走り出すと、これはこれでわるくないと思える扱いやすさがあることを確認できる。
    だが、Mazda3で同じシーンを走ると、扱いやすさが段違いで向上していたから驚いた。
    フラットに走り乗り心地もわるくない。荒れた路面でいつまでもゆらゆらと動くアクセラに対し、入力を一発で納めて目線のブレもない。

     結果的に路面からの入力については「ドンッ!」と大きくなっているが、人間はそれにあまり気が付かない。
    実は人間の能力を研究した結果、そちらのほうが快適であるという答えに到達したそうだ。
    リアサスペンションが柔らかいといつまでも収束しないように感じることも発見したらしい。
    人間の能力を最大限に活かし、前後共に「ドンッ! ドンッ!」と入力するが、そちらのほうがかえって快適だという判断だったようだ。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1173780.html
    no title


    【マツダ「走りの為にトーションビームに変えた 人は柔らかい足よりドンドン衝撃を受けたほうがいい」】の続きを読む

    a

    1: 2019/03/09(土) 11:33:30.85 ID:tu/DIh4y0● BE:299336179-PLT(13500)


    路線バス運行中に運転士が携帯電話を使用したため行政処分を受けたとして、奈良交通(奈良市)が公式サイト上で利用者らに向けてお詫び文を掲載したが、
    インターネット上では「何か切ない」と同情的な声もあがっている。

     運転士が携帯電話を使用した背景に、利用客への「気遣い」があったと見られるためだ。

    ■発車後「多くのお客様がバスのりばでお待ちであった」ため連絡

     奈良交通は2019年2月28日、国土交通省近畿運輸局から「のべ10日間の事業用自動車使用停止処分」を受けたと発表し、
    「ご利用のお客様をはじめ関係の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを深くお詫び申しあげます」と謝罪した。

     発表によると、処分の原因となった運行中の携帯電話使用は18年8月25日にあった。運転士は朝の9時15分ごろ、
    平城団地線の臨時バスで高の原駅乗り場に到着。そこで約70人が乗り込み満車となった。

     運転士は定刻通りに発車したが、再度バス停を目視するとまだ「多くのお客様がバスのりばでお待ちであった」ことが分かった。そのため、
    「本来乗務中の携帯電話の使用は禁止しているものの、自身の携帯電話で営業所に電話をかけ、後続のバスを早くバスのりばに配車するよう業務連絡した」という。

     同社は、安全輸送の徹底に努めてきた中でこうした事態となったことについて「お客様ならびに関係の皆様に重ねて深くお詫び申しあげます」
    と謝罪を繰り返した。その上で、「この度の処分を厳粛に受け止め、信頼回復に向けて、
    今一度、社員教育の徹底と管理体制の強化を図り、再発防止に全力で取り組んでまいります」としている。
    「会社としては絶対にあってはならない」

     奈良交通の総務人事部担当は3月7日、J-CASTニュースの取材に、当日の状況について「沿線の学校で説明会が行われる日だったため、
    弊社としても利用されるお客様が多くなると見込んで臨時バスで対応しました。ですが、想定以上のお客様が利用され、
    運転士は早く次のバスが着くようにと携帯電話で業務連絡を入れました」と明かす。

     同社では観光用バスなどには業務用の無線機が備わっているが、「路線バスにはありません」という。再発防止に向け「運転士への指導の徹底が第一ではありますが、
    ハード面でも対応を検討したいと思っております」としている。

     携帯電話の使用は利用者を思ってのことだったのではないか。担当者は「そういう思いはあったと思います。
    しかし、(運行中の使用禁止は)規則で定めていることであり、会社としては絶対にあってはならないことです。
    発車前に業務連絡するなどの方法もありました」として、粛々と対応していく考えを示している。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00000000-jct-bus_all&p=2


    【【規則なので・・】バス運行中に携帯電話をかけた奈良交通の運転士、しかしそこには「ある事情」が...】の続きを読む

    df

    1: 2019/03/08(金) 20:23:09.97 ID:2bJz3/sv0● BE:299336179-PLT(13500)


    欧州では「穴」がない「レヴォーグ」が登場

     スバルは、2019年3月5日より開催されたジュネーブモーターショー2019で、「レヴォーグ」の欧州仕様車を初公開しました。

    ボンネットがスッキリ!欧州仕様のスバル「レヴォーグ」などの画像を見る(15枚)

     もともと国内専用車だった「レヴォーグ」は、今では欧州やオーストラリアでも販売されています。

     今回、欧州仕様として新たに設定された「レヴォーグ」には、最高出力150hp、最大トルク198Nmを発生する2リッターNAエンジン搭載車が設定されました。
    なお、トランスミッションはリニアトロニックCVT、駆動方式はAWDとなります。

     日本で販売されている「レヴォーグ」は、1.6リッターターボと2リッターターボの2機種が用意され、スバルのターボ車の特徴ともいえるボンネットの穴(エアインテーク)があいています。

     一方、自然吸気エンジンを搭載する欧州仕様の「レヴォーグ」はインタークーラーを冷却する必要がないため、ボンネットからエアインテークの穴がなくなり、
    スッキリとしたボンネット形状を実現しました。パッと見では「インプレッサ」のようにも見えます。

     欧州で自然吸気エンジンの「レヴォーグ」が公開されたことについて、スバル広報部に問い合わせたところ、欧州では「レヴォーグ」は年配者にも人気があるということと、
    デコボコな道も多いという点で、自然吸気エンジンの快適性な走行性能が求められているためということでした。

     また、気になる日本導入についてですが、「今現在では予定はない」という回答でした。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-00010006-kurumans-bus_all


    【【ポストと間違われたから?】欧州でスバル「レヴォーグ」のボンネット穴無しが登場した理由】の続きを読む

    ながら運転

    1: 2019/03/08(金) 14:12:55.10 ID:0e5J8Har9

    2019年3月8日 12時16分
    朝日新聞デジタル

     車の運転中に携帯電話やスマートフォンなどを使用する「ながら運転」の罰則強化を盛り込んだ道路交通法改正案が8日、閣議決定された。

     スマホの普及を背景に、ながら運転による交通事故が多発している状況を受けた対応で、今年中の施行をめざす。

     運転中にスマホや携帯を手に持ち、通話やメール、ネット通信、ゲームなどをする行為は禁止されている。カーナビやテレビなどの画面を注視することも同様だ。ながら運転の罰則は現在5万円以下の罰金だが、懲役刑を設け、6カ月以下の懲役または10万円以下の罰金に引き上げる。

     これらの行為で、事故を起こすなど「交通の危険を生じさせた」場合の罰則は3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金から、1年以下の懲役または30万円以下の罰金に引き上げる。

     行政処分である反則金の限度額も大幅に引き上げ、政令で定める実際の反則金は普通車が6千円から1万8千円、大型車が7千円から2万5千円、二輪車が6千円から1万5千円、原付きバイクが5千円から1万2千円となる。交通の危険を生じさせた場合は反則金の対象とせず、全て刑事手続きにのせる。
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16128281/


    【【道交法改正案】ながら運転に懲役刑設置、罰金引き上げへ!】の続きを読む

    00_m

    1: 2019/03/08(金) 11:31:41.26 ID:LtZMhsz19

    2019年03月07日 20時00分
    https://gigazine.net/news/20190307-self-driving-cars-darker-skin/

    いくつかの顔認証システムが肌の色が濃い人を正確に識別することに苦労していることは既に知られていますが、新たに自動運転カーに搭載されている人工知能(AI)システムも同様の問題を抱えていることが明らかになっています。
    研究によると、肌の色が濃い歩行者の方が自動運転カーによる事故に遭遇する確率が高まるそうです。

    Predictive Inequity in Object Detection
    (PDF)https://arxiv.org/pdf/1902.11097.pdf
    Self-Driving Cars May Hit People With Darker Skin More Often
    https://futurism.com/the-byte/biased-self-driving-cars-darker-skin

    ジョージア工科大学の研究者たちが、自動運転カーなどに用いられる最先端の物体認識システムで用いられている8つのAIモデルの精度を詳しく調査し、その結果を論文として論文投稿サイトのarXivで掲載しています。
    研究チームが調査した物体認識システムは、自動運転カーが道路標識や歩行者、その他の物体を正しく認識するために用いられるものです。

    調査では物体認識システムにチェックさせる歩行者の写真を、一般的に人間の肌の色を分類するために使用される「フィッツパトリック分類」のスコアに基づいて、「肌の色が薄いカテゴリ」と「肌の色が濃いカテゴリ」の2つに分けました。
    そして、物体認識システムに歩行者が「肌の色が薄い人」「肌の色が濃い人」「肌の色は判別できないが人間」「人ではない」のどれかを判断させるというテストを実施しています。

    テストの結果、フィッツパトリック分類においては肌の色が濃いとされる「淡褐色」「褐色」「黒色」を持つ歩行者に対しては、物体認識システムが「一様に劣ったパフォーマンス」を示すことが明らかになっています。
    研究者によると、日中または夜間といった写真を撮影したタイミングに関する変数を考慮したとしても、肌の色が濃い歩行者の画像を含むグループは物体認識システムの精度を平均で5%も低下させていたそうです。

    ジョージア工科大学の研究チームによる研究結果から、自動運転カーの物体認識システムがこのままの精度で普及すれば、肌の色によって交通事故に遭遇する確率が変わってくるということになります。
    しかし、研究グループは調査結果を基に「データセットに肌の色が濃い歩行者の画像をより多く使うことで、より正確に歩行者を検知できるようになる」としています。


    【自動運転カーは歩行者の肌の色が濃いと衝突事故を起こしやすい】の続きを読む

    1: 2019/03/08(金) 10:21:14.39 ID:SoBUtGc29

    自動運転ルールを閣議決定 「スマホ見ながら」容認
    2019/3/8 8:52
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42181520X00C19A3MM0000/?nf=1

    政府は8日、自動運転車の公道走行を可能にするための道路交通法の改正案と、安全対策のための仕組み作りを盛り込んだ道路運送車両法の改正案を閣議決定した。次世代の有望技術である自動運転は自動車やIT(情報技術)各社が技術開発にしのぎを削っている。利用する際の具体的なルールが決まることで、普及に向けた環境整備が前進する。
    今回の道交法の改正案は一定の条件でシステムが運転を担い、緊急時にはドライバーが操作する「レベル3」の自動運転が対象だ。今国会での成立をめざす。

    道交法は運転中のスマートフォン操作やカーナビゲーションの画面注視を禁じている。改正案はこの規定を自動運転には適用しないことが柱だ。緊急時に手動運転に代われることを前提に、スマホ操作などの「ながら運転」を容認する。
    ドライバーにはこれまで同様、交通ルールを守るといった「安全運転義務」が課せられ、飲酒は禁止。睡眠や飲食、読書について法律上の規定はないが、警察庁は「睡眠は認められない」とする。飲食などはグレーゾーンで、事故時にドライバーが安全義務違反を問われる可能性がある。
    事故の発生時には操作ミスなのか、システムの不具合なのかを調べる必要がある。改正案では車両に備えた装置で作動状態を記録し、データを保存することを義務付けた。整備不良が疑われるときは、警察官がデータの提供を求めることができることも明記した。

    今回の改正により「レベル3」の自動運転での公道走行が可能になる。一定条件下での完全自動運転の「レベル4」や、完全自動運転の「レベル5」の実用化にはさらに法改正が必要になる。
    道交法の改正と合わせて自動運転の法整備で道交法と両輪とされる道路運送車両法の改正案も閣議決定した。
    同法は自動車の安全基準などを定めるが、自動運転を想定していない。整備やリコール(回収・修理)などで自動運転を踏まえた仕組みに改める必要があった。
    代表例がソフトウエアの配信による自動車の性能変更。今回の改正案では性能に大きく関わるプログラム変更について、配信内容の安全性を国が事前にチェックする仕組みの創設を盛り込んだ。また自動運転車の走行を認める道路環境や制限速度といった条件を車種ごとに設定する。
    政府は2020年をめどに「レベル3」と呼ばれる技術の実用化を目指している。法整備以外では、自動運転で事故が発生したときの責任の決め方や保険の仕組み、サイバー攻撃への対策なども課題となる。
    自動運転の普及が進めば人の運転ミスによる事故を抑制でき、バスやタクシーなどの運転手不足の緩和につながる可能性もある。欧米や中国など世界中の企業が開発にしのぎを削っている。日本も自動車メーカーなどが開発を加速しており、普及に向けた環境整備が求められていた。

    no title
    no title


    【【道路交通法の改正案】自動運転ルールを閣議決定「スマホ見ながら」容認】の続きを読む

    1: 2019/03/07(木) 22:07:54.68 ID:ZHL0+DnB9

    伊ランボルギーニは2019年3月5日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開催されているジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日))において、2台のオープンミドシップモデルを同時に発表した。

    1台は、V10エンジンを搭載する「ウラカンEVOスパイダー」。もう1台は、幻のワンオフモデル「J(イオタ)」の名を冠した、V12エンジン搭載の「アヴェンタドールSVJロードスター」である。どちらも先に登場したクーペの派生モデルという位置付けながら、各シリーズの最速・最強の称号を持つオープンモデルになっている。

    ■最高速325km/hを誇るウラカンEVOスパイダー

    ウラカンEVOスパイダーは、センターコンソールにあるスイッチひとつでトップのオープン/クローズが簡単に行える電動油圧式の軽量ソフトトップを採用。開閉に必要な時間はそれぞれ17秒で、50km/h以下であれば走行中の操作も可能である。

    2018年1月のビッグマイナーチェンジで進化した「ウラカンEVO」の空力特性は、そのままこのオープン版にも受け継がれている。最大ダウンフォース量と空力効率は先代「ウラカン スパイダー」の5倍以上に向上しており、注目すべきはオープン時でもその数値に大きな変化がないということ。ランボルギーニは、同社史上最も優れた空力性能を備えたオープンモデルであると説明している。

    リアミドに搭載されるパワーユニットは、ウラカンEVOと同じ5.2リッターV10自然吸気エンジンで、最高出力640ps、最大トルク600Nmを発生。0-100km/h加速3.1秒、0-200km/h加速9.3秒、最高速は325km/hというスペックが発表されている。

    ■アヴェンタドールSVJロードスターの価格は5714万3135円

    アヴェンタドールSVJロードスターのベースとなったのは、ニュルブルクリンク北コースで「6分44秒97」という市販車最速ラップタイム(当時)を樹立したクーペモデルの「アヴェンタドールSVJ」。最高出力770ps、最大トルク720Nmという実力を持つ6.5リッターの自然吸気V12エンジンをそのまま受け継いでいる。

    オープントップは、「アヴェンタドールSロードスター」と同じシステムを採用する。ルーフは左右2分割された軽量なカーボン製で、これを手動で取り外せばロードスタースタイルが完成する。オープン化の作業は簡単で、取り外したルーフはフロントボンネット内に収納することができる。オープン化に伴う重量増は50kg。乾燥車重は1575kgとなる。

    ランボルギーニの歴代V12オープンモデル最速となるアヴェンタドールSVJロードスターのスペックは、0-100km/h加速2.8秒、0-200km/h加速8.8秒、最高速度350km/h以上と発表されている。0-100km/h加速タイムはクーペと変わらないが、0-200km/h加速はクーペのほうが0.2秒速いタイムをマークしている。

    ジュネーブモーターショーの会場ではアヴェンタドールSVJロードスターの各国での販売価格も発表されている。日本では5714万3135円(税抜き)という設定となる。(webCG)

    2019.03.06
    https://www.webcg.net/articles/-/40500

    ウラカンEVOスパイダー(奥)、アヴェンタドールSVJロードスター(手前)
    no title

    ウラカンEVOスパイダー
    no title

    no title

    no title

    アヴェンタドールSVJロードスター
    no title

    no title

    no title

    no title


    【ランボルギーニが2台のオープンモデルを発表】の続きを読む

    nn

    1: 2019/03/07(木) 21:20:10.00 ID:MGKrHow20

    ホンダの英工場閉鎖方針に関し、英国の閣僚が近く訪日し、ホンダ幹部との面会を検討していることが25日までに明らかになった。
    工場閉鎖方針を撤回するよう要請する。英メディアが報じた。
    https://this.kiji.is/472895539030819937

    ホンダ、英工場を閉鎖へ 3500人が失職の見通し
    https://www.bbc.com/japanese/47287935


    【イギリス閣僚、怒りの緊急来日へ 「ホンダの工場閉鎖を撤回するよう、日本に最大限の圧力をかける」】の続きを読む

    1: 2019/03/06(水) 21:47:15.68 ID:E2TEtTj19

    独フォルクスワーゲンは2019年3月4日(現地時間)、スイス・ジュネーブで行われるジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)の開催に合わせ、バギータイプの電動コンセプトモデル「ID. BUGGY(アイディーバギー)」を世界初公開した。

    ■モチーフは60年代の「デューンバギー」

    ID. BUGGYは、フォルクスワーゲンの電気自動車(EV)用プラットフォーム「エレクトリックドライブマトリックス(MEB)」をベースとしたEVのコンセプトモデルであり、1960年代に米カリフォルニアで流行したビーチバギー「デューンバギー」をモチーフにした、ルーフもドアも持たないスタイリングを特徴としている。

    ボディーサイズは全長×全幅×全高=4063×1890×1463mmで、ホイールベースは2650mm。240mmの最低地上高を確保しており、前後に18インチのBFグッドリッチ製ラフロードタイヤを装着している。

    車両のフロアに搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は62kWhで、リアに搭載される最高出力204ps(150kW)、最大トルク310Nmの電動モーターを駆動。動力性能については、0-100km/h加速が7.2秒、最高速が160km/h(電子リミッター作動)とアナウンスされている。

    一充電走行可能距離はWLTPモード計測で250km、4輪駆動を実現するため、フロントアクスルにも電気モーターを設置できるという。(webCG)

    2019.03.05
    https://www.webcg.net/articles/-/40489

    ID. BUGGY(アイディーバギー)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【フォルクスワーゲンがバギータイプのEV「ID. BUGGY」を発表】の続きを読む

    1: 2019/03/06(水) 20:08:20.81 ID:ch0uYGmD0 BE:323057825-PLT(12000)


    ジュネーブ国際モーターショーで発表された欧州仕様の1tピックアップトラックがカッコ良すぎる!

    ジュネーブ国際モーターショーで発表された三菱の1トンピックアップトラック「L200」。
    歴代モデルの開発思想となっている「Engineered Beyond Tough」のもと、新世代のダイナミックシールド、フロントデザインコンセプトを採用し、力強いイメージに仕上げられている。
    オフロードでの走破性も高められており、先進の予防安全や運転支援技術も搭載されている。

    デリカ顔のピックアップトラック 「三菱L200」 がワイルドすぎると話題に!【ジュネーブモーターショー2019】
    https://motor-fan.jp/article/10008487
    no title

    no title


    【三菱の新型ピックアップトラックが格好良過ぎと全世界で話題沸騰!】の続きを読む

    1: 2019/03/06(水) 18:41:36.84 ID:Dk1TkDfn9

    日産自動車は3月5日、EVの『リーフ』(Nissan Leaf)の世界累計新車販売台数が40万台を達成した、と発表した。40万台の達成は、EVとしては史上初、としている。

    日産は先代(初代)リーフを2010年、日米で発売。その後、世界展開を図り、現在では世界50以上の市場に導入されている。

    リーフがこれまでに走行した距離は、累計100億km以上。2010年に発売してからのリーフの累計販売台数をもとに算出すると、1年あたり380万バレルに相当する石油を節約した計算になるという。

    リーフは2018年、欧州でEVの販売台数1位となった。ノルウェーでは、EV以外の車種も含めた年間販売台数の第1位を獲得した。日産は2019年前半に、ラテンアメリカの6市場に、また2019年の年末までにアジアとオセアニアの7市場に、リーフを投入する予定だ。

    なおリーフは現在、日本の追浜工場、英国サンダーランド工場、米国テネシー州のスマーナ工場で生産されている。

    2019年3月6日(水)09時34分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2019/03/06/319803.html
    no title


    【日産 リーフ、世界販売40万台を達成…EV史上初】の続きを読む

    1: 2019/03/06(水) 19:34:55.46 ID:ch0uYGmD0 BE:323057825-PLT(12000)


    日本価格は3282万7602円

    ランボルギーニが、ウラカン・エボ・スパイダーを、ジュネーブ・モーターショーで発表した。ここでは会場で撮影した実車写真をご紹介しよう。

    先ごろ発表されたクーペに続き、V10ウラカン・エボ第2のモデルとなるオープントップモデルである。

    ルーフは電動油圧式ソフトトップで、センターコンソールに配置されたボタンにより、50km/hで走行していても17秒で開くことが可能。

    ルーフが下がると、ボディと同色の2つのフィンが折り畳みルーフのケースから立ち上がり、リアへとつながるラインを形成。車高の低いダイナミックな外観を強調する。

    ウラカンEVOスパイダーのスペックは以下のようになっている。

    エンジン:5204cc90°自然吸気V10
    トランスミッション:7速DCT
    最高出力:640ps/8000rpm
    最大トルク:61.1kg-m/6500rpm
    最高速度:325km/h
    0-100km/h加速:3.1秒
    0-200km/h加速:9.3秒
    制動距離(100-0km/h):32.2m
    全長×全幅×全高:4520×1933×1180mm
    ホイールベース:2620mm
    トレッド(前/後):1668/1620m
    乾燥重量:1542kg
    前後重量配分:43:57
    燃料タンク:83ℓ
    荷室容量:100ℓ

    なお、ウラカン・エボ・スパイダーの日本価格は3282万7602円と発表されている。

    ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー 日本価格も発表 ジュネーブショー
    https://www.autocar.jp/news/2019/03/06/355810/
    no title


    【ランボルギーニ、ウラカンエボスパイダー発表!お前らなら当然買うよな?】の続きを読む

    1: 2019/03/06(水) 19:56:34.10 ID:ufUzGJ/d0 BE:155743237-PLT(12000)

    スズキ ジムニー、2019ワールドアーバンカーオブザイヤーの最終選考に…日本車唯一
    2019年3月6日(水)18時00分

    ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月5日、スイスで開幕した
    ジュネーブモーターショー2019において、「2019ワールドアーバンカーオブザイヤー」
    の最終選考3車種を発表した。

    ワールドアーバンカーオブザイヤーは、今回が3度目だ。ワールドアーバンカーオブザイヤーは、
    世界の人口の50%以上が、都市部に集中していることに着目して、3年前に新設された賞で、
    都市に似合う車を選ぶ賞となる。

    2019ワールドアーバンカーオブザイヤーの最終選考3車種は以下の通り。
    ・ヒュンダイ・サントロ
    no title

    ・キア・ソウル
    no title

    ・スズキ・ジムニー
    no title


    日本メーカーでは、ワールドアーバンカーオブザイヤーのノミネートの常連のスズキから、
    新型『ジムニー』が日本メーカー車で唯一、最終選考に残った。スズキ車では、
    第1回目に『バレーノ』と『イグニス』、第2回目に新型『スイフト』が、
    ワールドアーバンカーオブザイヤーにノミネートされている。

    他の2車種は、韓国メーカーから選出された。ヒュンダイ『サントロ』とキア『ソウル』となる。
    欧州メーカー車の新型アウディ『A1』とセアト『アローナ』は、最終選考に進めなかった。

    2019ワールドアーバンカーオブザイヤーは2019年4月、米国で開催される
    ニューヨークモーターショー2019で発表される予定だ。
    第1回はBMW『i3』、第2回は新型フォルクスワーゲン『ポロ』が栄冠を手にしている。

    https://response.jp/article/2019/03/06/319828.html


    【スズキ・ジムニーは「世界で最も都会的な車」世界カーオブザイヤー主催団体が認定しちゃいそう】の続きを読む

    このページのトップヘ