ニュース

    1: 膝靭帯固め(大阪府)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 13:20:00.58 ID:eUlOgodO0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典

    日本自動車輸入組合が発表した2015年度上半期(4~9月)のブランド別輸入車新規登録台数によると、
    メルセデス・ベンツが3万0839台(18.4%増)を販売し、2005年以来、10年ぶりのトップとなった。

    2位フォルクスワーゲンは2万6169台(3.1%減)で、トップのメルセデス・ベンツとは4670台の差だった。
    3位はBMWで2万2116台(15.9%増)だった。10位には3426台(62.8%増)と好調な販売を記録したポルシェが7年ぶりにランクインした。

    2015年度上半期の輸入車販売台数ランキング上位10ブランドは以下の通り(カッコ内は前年度同期比)。

    1位:メルセデス・ベンツ 3万0839台(18.4%増)
    2位:フォルクスワーゲン 2万6169台(3.1%減)
    3位:BMW 2万2116台(15.9%増)
    4位:アウディ 1万5222台(5.3%増)
    5位:日産 9842台(0.6%減)
    6位:BMW MINI 9666台(22.2%増)
    7位:トヨタ 7117台(10.2%減)
    8位:ボルボ 6451台(7.5%増)
    9位:ジープ 3535台(10.9%増)
    10位:ポルシェ 3426台(62.8%増)

    http://s.response.jp/article/2015/10/07/261527.html


    【国内の輸入車販売、メルセデスがフォルクスワーゲンをぶち抜き10年ぶりに首位】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/07(水) 17:45:06.99 ID:???.net

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000060072.html

    ドイツ車大手のBMWが最新機能を備えた富裕層向けの超豪華な新モデルを発表しました。

     BMWが発表した「新型7シリーズ」は、ラインナップのなかでも最上位のモデルです。
    運転手の手の動きだけでセンサーがそれを察知し、モニター操作や音量調整が
    自動的にできる機能やリモコンを使って自動駐車ができる最新機能を世界で初めて搭載しました
    。また、リラックス効果を高めるために座席のシートにはマッサージチェアを搭載し、
    車内でアロマの香りを楽しむことができるということです。ターゲットは富裕層で、価格は約1200万円(税込み)から。今月29日から全国で販売されます。


    http://autoc-one.jp/bmw/7_series/launch-2380437/
    no title

    no title

    no title


    【【クルマ】BMWが最上位モデルを発表 自動駐車など最新機能を世界初搭載】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 18:45:05.64 ID:???.net

    ■世界ブランド価値、トヨタが自動車業界で1位…現代車は7位
    中央日報日本語版 10月7日(水)17時39分配信

    トヨタが自動車業界で最も高いブランド価値を有していることが明らかになった。

    6日、グローバルブランドコンサルティング専門会社「インターブランド(Interbrand)」が発表した
    2015年版「The Best 100 Brands(世界100大ブランド)」評価によると、トヨタは490
    億ドルのブランド価値を認められて自動車業界で1位を占めた。

    後にはBMW、メルセデスベンツ、ホンダ、フォルクスワーゲンなどが続いた。

    韓国ブランドは現代車が自動車業界で7位、起亜車が11位にそれぞれ選ばれた。
    現代車ブランド価値は113億ドルで昨年に比べて8.5%増加し、全体順位30位圏に初めて
    入った。起亜車のブランド価値は57億ドルで昨年より5%増加した。2012年に初めて100大
    ブランドに入った起亜車は「デザイン経営」を前面に出した2007年の9億ドルに比べてその価値
    が530%増加した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151007-00000051-cnippou-kr


    【【国際】 世界ブランド価値、トヨタが自動車業界で1位…現代車は7位】の続きを読む

    1: ミドルキック(catv?)@\(^o^)/ 2015/10/07(水) 07:10:18.87 ID:DMNryR5T0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

    日本自動車販売協会連合会などが6日発表した2015年度上半期(4~9月)の車名別
    新車販売台数は、トヨタ自動車の小型ハイブリッド車「アクア」が約9万7000台でトップだった。

    前年同期に比べ7・5%減少したが、燃費の良さが引き続き評価されている。

    2位はホンダの軽自動車「エヌボックス」で、0・8%減の約7万7000台。3位はダイハツ工業の
    軽ワゴン「タント」が38・8%減の約6万7000台だった。

    軽は上位10車種のうち、6車種を占めた。ただ、今年4月の軽自動車税引き上げの影響で、
    いずれも前年水準を下回った。

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151006-OYT1T50076.html


    【おまえらが軽をバカにするから…「アクア」が15年度上半期の新車販売トップ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/07(水) 09:00:33.93 ID:???.net

    http://biz-journal.jp/2015/10/post_11837.html
    世界的な一大スキャンダルに発展している独フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車の排ガス不正問題に、
    自動車業界全体が神経をとがらせている。VWの不正行為が自動車メーカー1社による暴走というよりも、
    長期間にわたって不正を見抜けなかった「仕組み」にも問題があると見られているためだ。すでに欧米当局などは、
    ディーゼル排ガス試験方法を厳格化することの検討に入っており、VW以外の自動車メーカーにも影響が及ぶのは必至だ。

     VWは排ガス規制を逃れるため、ディーゼルエンジンを制御するECU(電子制御ユニット)に、
    当局による検査を検知すると有害物質の排出量を大幅低減するソフトウェアを搭載していた。自動車の排ガス検査は、
    回転するローラーに自動車のタイヤをのせて路上走行状態を再現できる「シャシーダイナモ」と呼ばれる測定装置で検査される。
    VWはこの仕組みを悪用。一定の速度やハンドルが固定されるなどの条件をソフトが検知すると、排出ガス低減装置が
    フルに稼動して有害物質の排出量を低減する。通常走行の場合、この機能が働かずに有害物質の排出量が増える。
     VWの不正が発覚したのは、NPOであるICCT(国際クリーン交通委員会)が米ウエストバージニア大学に
    ディーゼル車の排ガス検査を委託したのがきっかけだ。同大が2013年に実際の路上を走行させて排ガスを検査したところ、
    「パサート」などのVW車で基準を最大で40倍上回る窒素酸化物(NOx)の排出量が検出された。
    これを受けて同大は米環境保護局(EPA)に通報、VWは「複数の技術的な問題」としか説明しなかったとされる。
    EPAは納得せず、VWと約1年間にわたってやり取りを続けてきた。最終的にはEPAがVWに対して、
    明確な説明がない場合は新型車の認証を認めないと通告、これを受けてVWは不正なソフトの搭載を認めた。
     VWグループ全体で、不正なソフトを搭載したモデルは全世界で1100万台に及ぶ。この不正なソフトをディーゼル車へ
    の搭載を決めたのは2005年から06年頃で、08年に米国で実際に販売開始したとされ、長期間にわたって不正は見逃されてきた。

    不正に手を染めた理由
     VWが企業存亡の危機にも陥りかねないリスクを冒してでも不正に手を染めた理由は何か。
     米国販売のてこ入れをするため、もしくは排ガス基準をクリアしながら燃費を少しでも向上するためとの見方もあるが、
    不正ソフトを搭載した車両はドイツで280万台、英国、フランスなどの欧州各国や韓国などアジアでも販売されている。
    世界的にも最も厳しい米国の排ガス基準をクリアするために排ガス機能をフル活用すると、排ガス後処理装置が壊れるためでは、
    との見方もあるが、VWが不正を行っていたのは最新の規制であるユーロ6対応ディーゼルエンジンの一世代前のユーロ5対応のもので、
    ユーロ6対応ディーゼルエンジンには不正なソフトを搭載していないと明言しており、技術的に遅れていたとはいい難く、
    現時点で真相は明らかになっていない。
     また、VWのエンジニアは不正がここまで大問題に発展すると認識していなかったのではとの指摘もある。
    現在の自動車は電子化が進み、ECUによって排ガス量や燃費などを一定の範囲なら自由にコントロールできるようになっている。
    VWが犯した不正は、他の自動車メーカーでも「やろうと思えば簡単にできる」(自動車メーカー開発担当役員)手法だ。
    このため、VWの問題発覚後、BMWやダイムラー、マツダが相次いで「不正は一切行っていない」という異例のコメントを公表している。


    2: 海江田三郎 ★ 2015/10/07(水) 09:00:43.78 ID:???.net

    多くの自動車メーカーにとって試練
     問題のひとつに、排ガスを含めて自動車に関するさまざまなテストが、実際の路上走行ではなく、
    台上で、しかも一般的ではない走行方法で測定されることがある。いい例が燃費だ。
    自動車には、当局の試験を経てカタログ燃費が公表されているが、実際の走行における燃費と大幅に乖離していることはよく知られている。
     カタログ燃費値はクラストップでも、実際の燃費ではほかのモデルより悪いことはざらにある。
    これは、燃費を測定する試験でエアコンを使用しないなど、実際の走行状況とまったく異なることが原因のひとつだ。
    エアコンオフの状態でクラストップの燃費になるように、ECUでコントロールすることは簡単にできる。
     VWの不正問題を機に、当局は排ガスや燃費のテストの見直しを本格的に検討し始めた。
    欧州では、排ガス試験で実際の路上走行によるテストを導入することを検討開始。認証手続きも見直す。
    国連では、排ガス試験方法を統一するための話し合いが行われているが、
    ここにも今回の問題が影響を及ぼすとの見方は強い。また、米国当局はVW以外のモデルで不正なソフトが搭載されていないか検査する。
     排ガスや燃費の検査が厳格化されテスト項目が増えれば、自動車メーカーにとって大きな負担になるのは確実で、
    自動車のコストアップにも結びつく。さらに、環境自動車として注目され、市場が拡大してきた
    クリーンディーゼル車のイメージ悪化も懸念され、低排ガス・低燃費のクリーンディーゼル車の開発に多額のコストを投じてきた
    自動車メーカーは試練を迎えることになる。
     VWの不正問題は、制度の盲点をついていたことの悪質性から、「性善説」をベースとしてきた従来の制度の根幹を揺るがしている。
    (文=河村靖史/ジャーナリスト)


    【【業界】VW不正問題、全世界の自動車会社が戦々恐々 カタログ数値と実際値の乖離問題が浮上】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/03(土) 12:24:56.73 ID:???.net

    http://allabout.co.jp/newsdig/c/88313

    今や自動ブレーキは重要な機能になってきた。自動車メーカーも認識しており、
    TVCFで大きなセールスポイントとして紹介している。けれどレーザーを使った
    タイプは31km/h以上になると機能そのものが稼働しなくなることを啓蒙しておらず。

    思い出していただきたい。一昨年の秋、マツダCX-5が自動ブレーキの体験試乗中、稼働せず突っ込んだ事故がありました。


    多くのメディアは自動ブレーキのトラブルを疑い、第一報でみなさんマツダの欠陥だと報じている。
    私の所にもTV局などから問い合わせがあり、31km/h以上では稼働しないタイプなので確認すべきだとアドバイスした。
    この自動ブレーキ、センサーにレーザーを使っている。レーザーはETCゲートでの誤作動など避けられず、30km/h以下でしか信頼性を確保できない。

    ※注:レーザー+カメラは31km/h以上でも稼働します

    一方、TVCFを見て自動ブレーキを買おうとしている人の多くは、レーザー式だと31km/h以上で機能停止することを認識していない。
    31km/h以上だと「停止こそしないけれど自動ブレーキが稼働する」と考えている傾向。
    つまり減速しながら衝突すると理解しているのだった。繰り返すがレーザー式だとブレーキは全く掛からないです。
    これ、今後問題になってくると予想する。

    「レーダー」か「レーザー」か
    必ずや「自動ブレーキが効かなかった」というケースが出る。誰も警鐘を鳴らさなければ自動車メディアとして役に立たなかったということ。
    存在意義無いです。だからこそ私はしつこく取り上げている。参考までに書いておくと、
    海外ではレーダーは「レーダー」(Rはレディオ・電波のR)。レーザーを「ライダー」(Lはライト・光のL)と表現し、別のセンサーとして紹介してます。
    自動車メーカーは、レーザー式は31km/h以上で稼働しないことを明確にすべきだし(契約時には説明している)、
    スズキのようにレーダーを使っていないのに「レーダーブレーキサポート」といった誤解を招く表記はやめるべきだ。
    もっと言えば「レーザーレーダー」という表記もおかしい。レーザーとレーダーは光と電波だけでなく性能や機能まで違うセンサーです。

    意外なのがマツダで、あまり反省していないのか、いまだに「レーザーレーダー」という表現をしている。
    ボルボやホンダはキッチリとレーザーとレーダーを使い分けてます。トヨタも役員に「間違いです」と伝えたのに、
    いまだ「レーザーレーダー」だ。この件、各メーカーのTOPに直言すれば是正すると思う。
    たかがヒョウロンカに言われたって直さない、というツマラン意地です。

    VW(フォルクスワーゲン)のディーゼルの不正は、ボッシュや社員が是正を求めているけれど無視されている。
    それと全く同じ図式。ボッシュの代表がVWの代表に直言すれば絶対こんな事態にならなかったと考えます。


    【【クルマ】自動ブレーキの誤解。レーザー式は31km/h以上では止まらないのに表記が曖昧な問題】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/06(火) 08:12:26.95 ID:???.net

    http://response.jp/article/2015/10/06/261445.html
    ホンダの米国法人、アメリカンホンダは10月1日、『シビック』と『フィット』の2車種について、リコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

    今回のリコールは、CVTの不具合が原因。アメリカンホンダによると、一定の走行条件下において、
    CVTのドライブプーリーシャフトに高い負荷がかかり、シャフトが損傷する恐れがあるという。
    走行中にシャフトが損傷した場合、加速できなくなり、事故のリスクが増す。なお、アメリカンホンダは、
    「この不具合による事故や負傷者の報告はない」とコメント。
    リコールの対象になるのは、米国内で販売された2014-2015年モデルの『シビック』と2015年モデルの『フィット』。
    合計で約14万3000台がリコールに該当する。
    アメリカンホンダは、対象車種を保有する顧客に通知。販売店でCVTの制御ソフトウェアをアップデートするリコール作業を行う予定。


    【【自動車】ホンダ シビック と フィット、米国でリコール14万台…CVTに不具合】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/05(月) 15:07:17.94 ID:???.net

    http://response.jp/article/2015/10/05/261395.html
    no title

    no title

    日産自動車は10月5日、東京モーターショー2015の出展内容を発表した。唯一のワールドプレミアとなるのは、
    未来の軽自動車EV(電気自動車)を提案する『テアトロ for デイズ』だ。
    先行商品企画部の佐々木英王担当部長は「2020年以降に運転免許を取得する世代をターゲットに想定した提案」としている。
    幼少時からインターネット環境で育ったこの世代を、佐々木氏は「モノの所有自体ではなく、
    所有によって仲間とつながることを大切にする“Share Natives”」と名付けたという。

    テアトロ for デイズは、そうした世代の「コミュニケーションツール」としての機能をもたせた。
    最大の特徴は室内を「白一色のキャンパス」と見立てたことだ。ここに映像を映し、自在なインテリアデザインとすることや、
    ゲームを仲間と楽しむといった用途を提案している。EVなのでバッテリーはスマホなどデジタル品への電源としても使えるようにする。


    http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015100501001615.html
     日産自動車は5日、10月下旬開幕の東京モーターショーで「走るスマートフォン」をイメージした若者向けの
    コンセプト車「テアトロforデイズ」や、走行距離を280キロ程度と大幅に延ばした電気自動車(EV)「リーフ」を公開すると発表した。
     テアトロは軽自動車のEVで、車名は映画館や劇場を意味する。インターネットと連携し、
    座席や、座席の前にある白いパネルなど車内全体に動画を映すことができ、ゲームなども楽しめる。
    個人の好みに合わせ、映し出した速度計やカーナビの表示位置や大きさも自由に変えられる。


    【【クルマ】日産、「走るスマートフォン」をイメージした若者向けの軽EV車を公開へ】の続きを読む

    1: キチンシンク(長野県)@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 19:49:10.93 ID:6N9tXz0O0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

    Honda S2000 Hybrid Successor to Use 1.5 Turbo Engine and Electric Motors to Deliver 300 HP
    http://www.autoevolution.com/news/honda-s2000-hybrid-successor-to-use-15-turbo-engine-and-electric-motors-to-deliver-300-hp-100617.html
    no title


    ソースはリンク先を参照してください

    Google翻訳↓

    ホンダミッドシップのスポーツカーの特許画像は日本の自動車メーカーは、NSX以下のモデルを開発するために探していたことをほのめかし、2015年6月に登場しました。
    今、さらなる詳細が到着しており、それらは、モデルは、市場のグリーン側に角度をつけることになります示唆している。

    これまでの報告は1.5 litrerターボエンジンや2リットルのいずれかを使用しての間で分割された東京のエンジニアが示唆されました。
    今自動Expressのレポートは1.5より小さいが使用されると言って空気をクリアします。
    これはガタガタいうディーゼルのように聞こえる3気筒が、直接噴射と高度な内部コンポーネントを持つすべての新しい4気筒ではありません。
    2016シビックのボンネットの下に数がスポーツカーで、実質的に成長することができますが、それはすでに、175馬力を提供し 、
    あなたが見るシビックターボラグを持つことはできませんが、まだ無名のスポーツカーは、埋めるために2つの電気モーターを持っていますトルクギャップ。
    総出力はどこかに300ポニーの領域であることが噂されている。
    だから何次A45 AMGは400を持っていますか?だからゴルフR400は何を来ている場合はどうなりますか?
    喜ばせるために簡単にお電話が、私たちに十分な電力のように聞こえること。この排出量に取り付かれた環境では、
    S2000の後継者にはポルシェボクスターができるものでしょう:電気で実行されませんが 、
    ポルシェといえばを、我々はコンテキストでホンダのスポーツカーを配置し、911人が中に小型化4気筒ターボを使用しますと言う必要があります
    300馬力を持つことになり、次のケイマンS。 英国の自動車雑誌の未公開ソースは、ホンダのモデルは2018年価格に到着しますと言い
    、約£50,000(?68,000または?75,000)から開始します。


    【ホンダ、次期S2000は1.5Lターボのハイブリットエンジン(300ps)か?】の続きを読む

    1: ◆HeartexiTw 胸のときめき ★ 2015/10/03(土) 21:06:39.84 ID:???*.net BE:348439423-PLT(13557)

    独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制試験の
    不正問題で、米環境保護局(EPA)が、VW以外の自動車メーカーの
    ディーゼル車についても調査を始めたと、英紙フィナンシャル・タイムズが
    2日、報じた。

    *+*+ asahi.com +*+*
    http://www.asahi.com/articles/ASHB35JXBHB3UHBI00Z.html


    【【国際】VW不正で米当局が他社のディーゼル車も調査を始めた】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/02(金) 08:00:23.61 ID:???.net

    http://gigazine.net/news/20151001-euro-car-fuel-gap/

    フォルクスワーゲンのNOx規制回避ソフトウェア問題のせいで、その信頼性が揺らぎつつある
    ヨーロッパ車に対して、「公表している燃費よりも実際には50%もパフォーマンスが悪い」という指摘が出されています。


    ヨーロッパの交通環境問題に取り組む非営利団体Transport & Environment(T&E)は、
    世界の主要な自動車をテストして実走行時の燃費を計測し、メーカーが公表している燃費とどれだけ
    乖離があるのかを調査しました。すると、メルセデスベンツのAクラス、Cクラス、Eクラスには
    実測値と公表値との間に50%以上もの乖離があることが発覚。
    さらに、BMWの5シリーズ、プジョー 308なども40%以上の乖離があることが判明しました。

    なお、フォルクスワーゲンの主力車ゴルフも約40%の乖離、BMWの3シリーズも約30%の乖離と
    、ヨーロッパの主要車が軒並み公表値からかけ離れた実測値が計測されたのに対して、
    トヨタのオーリスは20%を下回る乖離にとどまっています。

    テスト環境などの違いにより、メーカー公表の燃費の値と実測値が異なることは多いものですが、
    相対的にヨーロッパ車の乖離が著しいのは明らかです。T&Eは、
    「今回の試験結果から、ただちにフォルクスワーゲンがNOx試験をくぐり抜けるために行った偽装プログラムの様な、
    消費者を欺くようなプログラムが使われていると言うことはできない」、としながらも、
    「フォルクスワーゲンの調査に乗り出したEUの各国政府はNOx排出規制だけでなく
    燃費と大きく関連性のあるCO2排出規制についても調査範囲を広げるべきだ」と述べています。


    【【自動車】メルセデス・BMW・プジョーに実際の燃費は公表値を50%も下回るという指摘】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/02(金) 20:16:27.73 ID:???.net

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H5P_S5A001C1EE8000/

    総務省の有識者検討会は2日、自動車の持ち主に課す燃費性能に応じた税金の
    具体的な検討に入った。燃費の良い車の税負担を軽くする一方、燃費性能が劣る車の税負担を重くする方針で、
    税率にどのように反映するかが焦点だ。11月までに議論をまとめる。自動車に関連する税は
    消費税率の10%への引き上げに合わせ全体の仕組みを見直す予定だ。


     同日の会合では、販売会社でつくる日本自動車販売協会連合会などから意見を聞いた。
    自販連は「燃費性能への課税を廃止する取得税の単純な付け替えとすべきでない」などと消費者の税負担の軽減を求めた。


    【【税制】自動車の燃費性能に応じた課税、総務省が検討】の続きを読む

    1: オリンピック予選スラム(東日本)@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 13:52:28.98 ID:QA+DR6Eo0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    2015年10月30日より一般公開の始まる第44回東京モーターショー。会場は東京ビッグサイト、その開幕まで一か月を切りました。

    その東京モーターショーに、4台の4輪コンセプトを世界初公開するという力の入ったスズキの出展内容が発表されています。

    4台の世界初公開コンセプトカーは次の通り。

    ライトトラックスタイルの軽自動車『マイティデッキ』
    ラウンジ感覚の3列シートミニバン『エアトライサー』
    小型クロスオーバーモデル『イグニス』
    ラフロードを意識した『イグニス トレイルコンセプト』

    軽自動車の規格が排気量550ccだった時代、スズキには「マイティボーイ」というFFのボンネット付きライトトラック というレジャーモデルがありました。
    no title

    no title

    no title

    no title


    東京モーターショーで世界初公開される「マイティデッキ」は、自動昇降のオープンデッキとキャンバストップとい
    うアウトドアレジャーで活躍しそうなプロフィールの軽自動車コンセプト。コンセプトは「アーバンアウトドア」、
    相反する2つのファクターを自在に行き来するキャラクターが魅力となっています。

    http://clicccar.com/2015/09/30/330010/


    【スズキ・マイティボーイの復活キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/10/01(木) 18:23:58.81 ID:???.net

    新型フィアット500Xの4WDモデルである「クロスプラス」は、
    フィアットブランドとして初めて9速オートマチックトランスミッションを搭載した。
    なお、この9ATは、ジープ 新型レネゲードにも採用されている。

    革新的なトランスミッションは、エンジンが生み出すパワーを最適化するとともに、
    力強い加速と滑らかで効率的な動力伝達を実現する。

    電子制御式の革新的なトランスミッションは専用マッピングを搭載するほか、
    マニュアルシーケンシャルモードへの切り替えも可能となる。

    また、レスポンスを強化したことで加速性能が向上し、ギアシフトもより円滑になった。
    さらに、変速幅が大きいことからつねに最適なエンジン回転域が確保され、快適性と効率が最大限に高められた

    四輪駆動に採用されているシステムはフィアットブランドとして初めての方式となる。
    最大の特長は、リアアクスル分離機能を採用した点。これにより、四輪駆動が不要の走行状況ではエネルギーロスが低減され、
    燃費向上に貢献する。

    続きはこちら
    http://autoc-one.jp/news/2369443/

    no title


    【【自動車】新型500X、フィアットとして初の4WD・9ATを採用】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/10/01(木) 18:12:03.17 ID:???.net

    トヨタ自動車は、『クラウン』アスリートシリーズ、ロイヤルシリーズをマイナーチェンジし、
    10月1日に発売した。

    今回のマイナーチェンジでは、ITS専用周波数(760MHz)を活用した「ITSコネクト」を世界初採用。
    クルマに搭載したセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号などの情報を、道路に設置されたインフラ設備とクルマ、
    あるいはクルマ同士が直接通信し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援する。

    またエクステリアをよりダイナミックなデザインに変更。アスリートシリーズは、見る角度で表情を変える立体メッシュ形状のフロントグリルを採用。
    ロイヤルシリーズは、フロントバンパーに厚みを持たせ、グリル横の立体感を際立たせ、押し出し感を強調するフロントビューとした。

    そのほかアスリートシリーズには、2リットル直噴ターボエンジン搭載車を追加。
    8速スーパーECTとの組み合わせで、低・中速域からの優れた加速性能を実現する。

    価格はアスリートシリーズが388万円から610万円、ロイヤルシリーズが373万円から590万6000円。

    なお、マジェスタシリーズも、ITSコネクト、セルフリストアリングコートなどの採用に加え、
    ボディ接合部の剛性強化やフロント・リヤサスペンションの最適化など、一部改良を実施した。
    価格は633万円から695万円。

    no title


    http://response.jp/article/2015/10/01/261167.html


    【【自動車】トヨタ、『クラウン』をマイナーチェンジ 2リットル直噴ターボ搭載車を追加】の続きを読む

    1: キングコングラリアット(茨城県)@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 23:45:31.28 ID:K7u3aZwi0.net BE:844481327-PLT(12000) ポイント特典

    三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは9月30日、2016年モデルの『ランサー』を発表した。

    現行ランサーは2007年春、米国市場で発売。2007年夏には、日本国内において、『ギャランフォルティス』の車名で投入された。
    2015年3月、日本国内での販売を終了。米国などの一部海外市場では、継続販売されている。

    今回、米国で発表された2016年モデルは、デビューから8年半を経て、商品力を引き上げる改良を実施。内外装を中心に、リニューアルを受けた。

    外観は、フロントを中心に大幅変更。グリル、バンパー、ヘッドライトが新デザインとなり、表情を一新する。
    バンパーのフォグランプ横には、LEDデイタイムランニングライトが組み込まれた。

    室内では、センターコンソールが新デザインに。USBポートが追加された。シート生地も変更。
    メカニズム面では、新世代の8速CVTを新採用。

    三菱モータースノースアメリカは、「パフォーマンスと燃費が向上」と説明している。

    http://response.jp/article/2015/10/01/261196.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【三菱自動車が米国でランサー2016年モデルを発表 フロントを中心にデザイン大幅変更】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/09/30(水) 15:17:28.98 ID:???.net

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150930_722815.html
    no title


     本田技研工業は9月30日、「第44回東京モーターショー2015」(東京ビッグサイト:10月29日~11月8日)
    の出展概要を発表した。4輪では市販予定の新型燃料電池車を世界初公開するほか、
    2輪では「スーパーカブ」のコンセプトモデルなどを出展する。


    世界初公開となる新型燃料電池車のボディーサイズは4895×1875×1475mm(全長×全幅×全高)。
    燃料電池パワートレーンを構成する燃料電池スタックや発電システムなどを小型化してセダンタイプのボンネット内に集約。
    パッケージングの自由度を向上させて、乗車定員5名を確保した。
     従来比33%小型化した燃料電池スタックは出力密度3.1kW/Lを達成し、燃料電池最高出力は100kW以上を発生する。
    リチウムイオンバッテリーのパワーアシストを加えて、モーターの最高出力は130kWを達成した。
     70MPaの高圧水素貯蔵タンクを搭載することにより、航続距離は700km以上(JC08モード走行時)。
    水素タンクへの充填時間は3分程度とした。また、外部給電用インバータとの接続で、家庭や公共施設へ電力を供給可能。
    一般家庭のおよそ7日分の電力をまかなえるとしている。
     そのほか4輪車では、2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド i-MMD」を搭載する「オデッセイ ハイブリッド」、
    自動運転モードを持ち大人2名が乗車できる小型モビリティ「Honda WANDER STAND CONCEPT」、
    自動改札も通過できる近未来パーソナルモビリティーの「Honda WANDER WALKER CONCEPT」を世界初披露する。
    また、日本初公開モデルとして、「NSX」のプロトタイプモデル、「シビック TYPE R」「Honda Project 2&4 powered by RC213V」を出展する。

    no title

    大人2名が乗車できる小型モビリティ「Honda WANDER STAND CONCEPT」
    no title

    近未来パーソナルモビリティーの「Honda WANDER WALKER CONCEPT」

    no title

    「NSX」のプロトタイプモデルを日本初公開
    no title

    市販予定車の「シビック タイプR」を日本初公開

    2輪車では、スーパーカブのコンセプトモデルとして、電動バイクの「EV-Cub」、低燃費エンジンを採用した
    「Super-Cub」のほか、空冷直列4気筒エンジンを搭載する「CB1100」のコンセプトモデル「コンセプトCB」、
    「Neoレトロ スクランブラー」をキーワードにした50ccバイク「GROM 50 Scrambler Concept One」という
    4台のコンセプトモデルを世界初公開する。

    no title

    初代スーパーカブをモチーフに低燃費エンジン採用を採用したコンセプトモデル「Super-Cub」を世界初公開
    no title

    空冷直列4気筒エンジンを搭載するCB1100のコンセプトモデル「コンセプトCB」を世界初公開


    【【クルマ】ホンダ、新型燃料電池車を東京モーターショーで世界初公開 新型NSXやシビックTYPE Rも出展】の続きを読む

    1: ◆HeartexiTw 胸のときめき ★ 2015/09/29(火) 21:26:18.82 ID:???*.net BE:348439423-PLT(13557)

    マツダ(7261.T)は29日、「すべてのガソリンおよびディーゼルエンジンを
    各国の規制に厳格に適合させている」との声明を発表、自社のホームページに
    掲載した。

    独フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)が欧米で排ガス規制を逃れていた
    問題で不正なソフトウエアを搭載していたのがディーゼル車のため、
    ディーゼル車の販売比率の高いマツダに対しても懸念が広がっており、
    顧客などの不安を払しょくする狙い。

    *+*+ Reuters +*+*
    http://jp.reuters.com/article/2015/09/29/mazda-idJPKCN0RT1DL20150929


    【【経済】マツダは、すべてのガソリンおよびディーゼルエンジンを各国の規制に厳格に適合させている】の続きを読む

    1: ダイビングエルボードロップ(四国地方)@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 16:53:30.56 ID:QQZo2FmD0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典

    パリの日曜日は車のない日が実現するようです。
    空気をきれいにしようとするいくつかの方針により、大気汚染に都市が取り組み、
    車のない日が実現します。その日とは日曜日にあたり、パリの市長による宣言により、
    多くの地域で車が運転できなくなり、交通とは無縁となります。
    パリジャンが街頭を放浪して、ストリートフェアに参加することも可能となるのです。
    こんな日が平日にも開催されるともっと空気がよくなりそうです。
    no title

    http://www.antisocial.top/archives/44124034.html


    【パリ市長「車を運転してはいけない日を作る」← 誰得だよ・・・】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2015/09/30(水) 20:14:34.46 ID:???*.net

    ◆見えない対向車も検知 トヨタ、世界初のシステム搭載車発売へ

    トヨタ自動車は30日、交差点で対向車の有無などを無線通信により、
    運転者に知らせるシステムを世界で初めて搭載した車種を発売すると発表した。

    国内の交通事故の約4割を占める交差点周辺の事故を減らす
    効果などが期待できる。
    第1弾の搭載車種を近く発売し、年内に3車種に展開する。

    搭載するシステムは、道路に設置したセンサーと車両が無線通信で
    情報をやり取りする「ITS コネクト」。

    例えば、搭載車の運転者が特定の交差点で、
    右折時にほかの車両に隠れた対向車に気づかず発進しようとすると、
    メーターパネルに注意表示や警告音を出す仕組みだ。

    赤信号の待ち時間の目安なども表示するほか、
    搭載車同士が加減速の情報をやり取りして円滑な自動追従走行も
    可能にするという。
    システム価格は数万円程度になる見込み。

    通信には地上波アナログテレビ放送の電波を専用の周波数帯として活用し、
    通信範囲は「数百メートル」(開発担当者)。

    トヨタなどによると、ITSコネクトに対応した交差点は東京都と愛知県に
    計約20カ所あり、2016年3月末には50カ所まで増える予定。

    愛知県内では救急車など緊急車両約30台にもシステムを載せており、
    普及が進めば進行方向などをほかの車両に知らせて迅速な救急対応への
    活用も期待される。

    ITSコネクトをめぐっては、昨年10月にトヨタやパナソニック、日立製作所など
    企業のほか、関係省庁が参加する官民の推進協議会を設立し、
    普及を目指している。

    産経ニュース 2015年9月30日19:23
    http://www.sankei.com/economy/news/150930/ecn1509300045-n1.html
    http://www.sankei.com/economy/news/150930/ecn1509300045-n2.html


    【【技術】見えない対向車も検知 トヨタ、世界初のシステム搭載車発売へ】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/09/21(月) 23:41:02.13 ID:???.net

    最近、自動車メーカー各社が、スポーツカーのエンジン音を車内に響かせる技術を競っている。

    電気も使うハイブリッド車(HV)の普及で静かな車が増えるなか、
    騒音をまき散らさないようにしながら、運転のだいご味でもあるエンジン音を
    ドライバーに楽しんでもらう工夫だ。

    栃木県にあるホンダのテストコース。10月に売り出す「CR―Z」の開発責任者、
    鳥飼輝一さん(55)がアクセルを踏み込んだ。
    ブーン。車内に響くエンジン音が大きく、高くなっていった。
    ひとしきり走ると、鳥飼さんがカーナビ画面を操作し、何かの機能をオンにした。
    再びアクセルを踏み込み、加速。ブワォーン。音が違う。

    低音域のくぐもって感じた音が消え、代わりに太く力強い音がよりクリアに立ち上がってくる。
    最初の走行時は、色んな音が一緒に響く印象だったが、次の走行では雑音が整理され、
    いわゆる「エンジンらしい音」が強調されているように感じた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150921-00000005-asahi-bus_all


    【【自動車】エンジン音、車内で楽しんで スポーツカーで技術開発】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/09/25(金) 17:47:01.07 ID:???.net

    http://response.jp/article/2015/09/24/260603.html
    no title

    マツダは、『ロードスター』と『デミオ』にモータースポーツのベース車2機種を追加し、
    ロードスターは10月15日より、デミオは10月22日より発売する。
    「ロードスター NR-A」は、ワンメイクレースへの参加などサーキット走行を想定して、
    車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパーを採用するなど一部仕様を変更。また大容量ラジエーター、
    大径ブレーキなどを採用して冷却性と耐久性を向上している。
    「デミオ 15MB」は、ジムカーナやダートトライアルへの参加などを想定し、1.5リットルガソリンエンジン「SKYACTIV-G1.5」を搭載。
    「4-2-1 排気システム」を採用するなど、力強いトルクと高効率を実現した。さらに6速のSKYACTIV-MTや大径ブレーキを採用し、
    各種モータースポーツで意のままに操れる仕様としている。
    価格はロードスターNR-Aが264万6000円、デミオ15MBが150万1200円、同ユーティリティパッケージ付が156万6000円。
    いずれもナンバーを取得して公道走行が可能。


    【【クルマ】マツダ、ロードスターとデミオにモータースポーツ用ベース車両を追加 ナンバー取得で公道走行が可能】の続きを読む

    1: フランケンシュタイナー(愛知県)@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 19:23:03.08 ID:fHXxk0VO0●.net BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典

    ジャガー、車体75%にアルミニウム採用した「XF」投入-錦織氏「空飛ぶイメージ」
    掲載日 2015年09月28日

    ジャガー・ランドローバー・ジャパン(東京都港区、マグナス・ハンソン社長、03・5470・4242)は、高級中型セダン「XF」を全面改良し、
    日本国内で受注を始めた。車体の75%にアルミニウムを使用した構造を採用。現行車と比べ最大190キログラム軽量化し、走行性能
    を向上した。独自開発のディーゼルエンジン搭載車2機種を含め7機種を投入。ディーゼルとガソリン車の税込み価格はそれぞれ635
    万円からと、598万円から。

    ディーゼルは排気量2000ccの直列4気筒ターボ・エンジンを搭載した。車体の全長を短く、車高を低くしながら前後輪の間隔を延ばす
    ことで、広い車内空間も確保した。  ジャガーのブランドアンバサダーでプロテニスプレーヤーの錦織圭選手は25日の新型XF発表会
    で「軽くて空を飛んでいくようなイメージがある」とし、パワフルで軽快な走りに期待を寄せた。

    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420150928beac.html
    no title


    【【意外と安いな】車体の75%がアルミ製の、ジャガー「XF」シリーズ発売。お値段約600万円】の続きを読む

    1: 天麩羅油 ★ 2015/09/28(月) 22:20:18.49 ID:???*.net

    新型ディーゼル車発売へ メルセデス、主力Cクラス

     メルセデス・ベンツ日本(東京)は28日、主力乗用車「Cクラス」にディーゼル車「C220d」を追加し、同日から注文を受け付けると発表した。発売は10月1日から。
    力強い走りと燃費性能の高さが特長で、セダンとステーションワゴンがある。

     ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)による排ガス規制逃れが発覚し、ディーゼル車へのイメージ悪化が懸念されるが、

    以下ソース
    http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015092801001891.html


    【【社会】メルセデス・ベンツ、10月1日に日本でディーゼル車発売】の続きを読む

    このページのトップヘ