ニュース

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/24(水) 18:33:52.73 ID:???.net

    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=48776/

    日産自動車の坂本秀行副社長は6月23日に横浜市で開いた株主総会で、
    1回の充電でガソリン車と同等の航続距離を走行できる電気自動車(EV)の技術を走行実験で確認したことを明らかにした。
    坂本副社長は、日産はこれからもEVにこだわっていくのかという株主からの質問に対し
    「我々のゼロエミッション戦略の中心はEV。モーター、バッテリー、インバーター、こ
    れらの電動化技術を進化させてEVをガソリン車と同じような便利な車、もしくはそれ以上の便利な車として開発して、量産することが我々の戦略」と強調した。

    その上で「きょう(株主総会の壇上に)ブルーの『リーフ』を展示しているが、
    このリーフには我々の最新の研究技術を搭載している。このリーフを使って1回の充電で、
    ガソリン車と同じくらい航続距離を走るようなことを、実際の走行試験で確認している」ことを披露した。
    さらに「新しい技術を搭載したリーフでは充電時間が従来に対して画期的に早くなること、
    また長年お使い頂いても性能が劣化しないことを検証している。これらはすべて最新の技術からもたらされている。
    従ってこの技術を早く実際のEVとして世の中に、皆様にお届けしたいために我々開発部門は努力している」と説明した。
    ただ坂本副社長は、新たな技術を搭載したEVの具体的な航続距離や量産化のめどは明らかにしなかった。


    【【自動車】日産、ガソリン車と同等の航続距離を実現したEV技術確立…株主総会で公表】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/09(火) 14:22:58.55 ID:???.net

    http://www.oricon.co.jp/news/2053861/full/

     交通事故は、いつでも発生する可能性があるもの。自転車や自動車、
    なかには高級車が遭遇するケースもあるだろう。その際、修理費用はいくらかかるものなのか? 
    今回は、過去に起きた超高級車・ランボルギーニの事故事例を見ていこう。
     事故が起きたのは、2007年2月12日午後。名神高速道路上の合流地点付近で、
    渋滞による低速走行のなか、乗用車がランボルギーニに追突。双方ともに損傷した。

     スーパーカーの修理に必要となった費用は、約1106万円。社有車だったため、
    自社の任意保険から支払われたが、所有会社はさらに「車両の代車費用」や「評価損」など合計1575万円を
    乗用車側に求めて訴えを提起した。裁判所はこれを一部認め、乗用車側に約884万円の支払いが命じられた。

     これに対し、控訴審では「修理費用の見積もり金額には疑わしい点が多く、信用できない」
    「この見積書が適正であることを前提に認定された代車費用、評価損、休車損等についてもすべて認めることができない」として、
    第一審判決を取り消した(2011年7月14日名古屋高裁判決)。

     この裁判では、事故時の衝撃は軽度だったとして修理費用の妥当性に疑問を呈され、
    事故原因が乗用車側の前方不注意であることは明白でも損害賠償金は0となった。
    ただ、もし任意保険に加入していなかったら、修理費用は自腹となっていたはずだ。
    万が一に備え、補償が充実している保険に加入しておくことの大切さがわかる事例といえるだろう。


    【【マネー】ランボルギーニが事故に遭ったら…修理費はいくら?】の続きを読む

    1: リキラリアット(東日本)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 14:23:41.90 ID:8kbf+O3M0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    昨年末、5年間使ったi-MiEVのリース期間が満期になった。気に入っていたが、やむを得ずドナドナした。
    5年間通勤中心に使ってみてその走りはとても満足のいくものだった。動力性能は必要十分。
    そして、5年間ノートラブル。いいクルマだった。
    ただ、航続距離があまりに短い。10・15モードで160km(MC後は180km)だが、実走行は7割、
    ヒーターを使うと5割といったところで、購入当初はとても遠出をする勇気はなかった。

    Q1 まずお聞きしたいのはズバリ満足点。
    金倉 なんといってもその走りです。音もなく力強く走り出すその加速感は今でも感動します。
    音もなくと言いましたが、高速域で加速する時のインバータ音は昔のターボ車のタービン音みたいで、
    気持ちいいです。最近はバッテリーも新しくしたので、まだまだ新しい面を見せてくれます。

    Q2 不満点は?
    金倉 やはりバッテリー容量の少ないことです。そういうもんだという心構えで乗ってはいますが、
    マイチェン後のリーフとかBMWi3、テスラモデルSとかは高速道路でSAの充電をひとつ飛ばしても大丈夫。
    差がありますね。i-MiEVですと高速道路では各駅停車です。

    Q3 どんな使い方で12万km?
    金倉 通勤に使用しています。往復で約60kmくらいです。休日にはドライブで遠出しますので、
    距離も伸びます。新しくできた急速充電器を目指すドライブとかもします。

    Q5 12万kmも走るとバッテリーのことが気になるのですが。
    金倉 そうですね、「8万kmくらいからガクッときた」という印象でした(50歳になったらガクッと体力が落ちるみたいなノリですが)。
    メーカーでは5年、10万km保証ですので、ディーラーに調べてもらって、無償で交換してもらいました。
    こうなったら20万kmは走りたいですね。

    Q6 EV普及のためには?
    金倉 やはり課金がカギだと思います。クルマに充電した電気量に対して課金できない今の法律を改定してユーザーに
    不利益が生じないよう、EVの普及を推進するようにしてほしいです。30分500円とかの所もありますが、
    対象車両のバッテリー容量、劣化具合、気候により充電量に差が出てしまうため、不公平と思います。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43786


    【電気自動車に5年間乗ってみた本音 走りには満足も航続距離が短すぎる 普及するのかこれ】の続きを読む

    1: ニールキック(東日本)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 14:17:15.63 ID:ovuM4SYA0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    トヨタ自動車は17日、8年ぶりに国内でディーゼル乗用車を発売した。

    燃費が良く、環境に優しい「クリーンディーゼル」の新開発エンジンを搭載した。ディーゼル車は、
    欧州市場で全体の半分を占める。国内ではマツダが一足早く注力しており、トヨタの再参入で
    人気が広がりそうだ。

    トヨタは、スポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザープラド」にディーゼルエンジン車(排気量2・8リットル)を追加した。
    ガソリン車(同2・7リットル)よりも燃費性能が高く、燃料1リットルあたりの走行距離で約3割上回る。
    低回転でも力強い加速感を得られ、振動も少ないという。トヨタは2007年にディーゼル
    乗用車の国内販売から撤退していた。

    ディーゼルエンジンの技術開発は欧州メーカーを中心に進んだ。排ガスや振動、騒音などの
    問題を解消し、燃費性能も向上しており、ディーゼル車はエコカーとして欧州や新興国市場で
    人気を集める。

    国内のディーゼル車の販売台数は2014年で約8万台と、11年の約9倍に急増している。
    日本では1990年代以降に環境規制が強化されたことなどから販売が低迷し、
    国内乗用車市場に占める割合は11年まで1%以下だったが、12年から増えている。

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150618-OYT1T50010.html


    【トヨタ自動車「クリーンディーゼル車」を8年ぶりに国内で発売 「ランドクルーザープラド」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/18(木) 15:37:10.17 ID:???.net

    http://www.j-cast.com/2015/06/18238066.html

    ホンダがスポーツカー「シビック タイプR」を2015年秋に復活させると、朝日新聞などが6月18日に報じた。

    それによると、ターボを組み合わせた2000ccのエンジンを搭載し、前輪駆動のハッチバック車として世界最速という。
    価格は、500万円台ぐらいの見込み。
    かつて主力車だったシビックは、10年に販売を打ち切っていた。


    【【クルマ】ホンダ、「シビック タイプR」 今秋に5年ぶりに復活 価格は500万円台見込み】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/14(日) 18:31:49.13 ID:???.net

    http://toyokeizai.net/articles/-/73042
    http://bcove.me/c3ucxrlq

    ドイツの高級自動車メーカーBMWは、フラッグシップサルーン「7シリーズ」を6年ぶりにフルモデルチェンジした。
    6月10日、6代目となる新型7シリーズのワールドプレミアをおこなった。

    この新しい7シリーズの数ある特徴の1つは、世界で初めてドライバーなしで駐車できることだ。
    多くの自動車メーカーが、運転手を必要としない自動運転車の開発に取り組んでいる。その中でもBMWは先頭を行っており、
    今まさにその車を明らかにした。最新7シリーズは、ドライバーがいなくても、自ら駐車できる。
    ドライバーは、車の「駐車アシスタント」機能を有効にするために特別なキーフォブを使う。

    BMWのイアン・ロバートソン取締役はミュンヘンでの発表の場で次のように説明した。
    「この車は、ステレオカメラ、レーダーなど、ガレージに駐車するためのさまざまな電子製品の技術を使用しています。
    そのため、ドライバーが運転しなくてもいいのです」。
    自動運転車を開発する競争は熾烈である。アウディ、メルセデス、日産自動車が同様の技術の実験を行っている。
    自動車雑誌Auto Express誌の編集者であるジェイムズ・バッチェラー氏は次のように言う。「とても印象的なものです。
    一連の技術に全てを任せてしまうのはやや戸惑いますが、1つのコンセプトとして、トータルパッケージとして、これはとてもよくできています」。

    マッキンゼーの最新レポートによると、自動運転車は何十億ドルもの収入をもたらす。また、米国での自動車衝突事故を90%減らせるとも伝えている。
    「自動運転の開発状況を見ていますと、まだ初期段階にあります。今後数か月、数年単位でみれば相当の進歩がみられるでしょう。
    そのため次の段階では現在ローンチされている車、これからローンチされる車が現れます
    。しかしながら、読書しながらの運転など、完全な自動運転という段階からはまだ程遠いでしょう」(BMWのロバートソン取締役)。

    Googleは2009年にカリフォルニアで自動運転車の実験を始めた。「私たちは20年前を振り返って、
    『あなたは本当に自分で車を運転していたのですか、古臭いですね』と言う時代が来るでしょう。
    そうした状況になるのにいま抱えている唯一の問題はもちろん、こうした自動運転車の実験です。
    このニーズに対応するためには多くの法制度が必要ですが、まだ実施されていません」(バッチェラー氏)。

    とはいえ決して安い技術はない。BMWの最新モデルの最低価格は8万ドル以上もするのだ。?


    【【クルマ】BMWの新7シリーズは「無人で駐車」できる】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2015/06/14(日) 15:26:04.89 ID:???*.net

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150612_706799.html
     タミヤは6月10日、ミニ四駆「エアロアバンテ」を実車化するプロジェクト
    「1/1 GIANT MINI 4WD PROJECT」の開始を、ティザーサイトにおいて発表した。

     同サイトには、製作工程を段階を追って動画で配信することや、
    スペシャルムービーの製作も行うことが示されている。

     プロジェクトのゴールは、ドライバーがミニ四駆のコックピットに入り運転し、
    その喜びと感動を世界中で分かち合うこととしている。

    no title


    【【企業】タミヤ、「ミニ四駆」の実車化プロジェクトをスタート】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2015/06/14(日) 19:46:01.40 ID:???*.net

    朝日新聞
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00000022-asahi-bus_all
    明るいけど、まぶしくない――。自動車メーカーが、遠くまで照らせる「ハイビーム」のまま走っても、
    対向車や前方の車の迷惑にならない技術を次々に開発している。日本では、
    対向車に遠慮して「ロービーム」で運転する人が多いが、
    ハイビームは夜間の歩行者のいち早い発見に役立つ。各社は新たな安全機能としてアピールしている。

     マツダが、今年1月に大幅改良した「CX―5」などに採用した新技術は、車の前方に付けたカメラが
    対向車のヘッドライトに反応し、対向車の接近を検知する。ハイビームを照射するヘッドライトは
    左右合わせて八つに分かれており、対向車がいる方向のハイビーム部分だけが自動で消える。
    アウディなどが同様の仕組みを実用化しているが、国内メーカーでは初めてだ。

     トヨタ自動車が開発した「アダプティブハイビームシステム」は、カメラが対向車を検知すると、
    ヘッドライト内の遮光板がその方向のハイビームを遮る。
    対向車のドライバーは通常のロービームと同じように感じる。「クラウン」に採用している。

     スバル車の富士重工業が4月に売り出した「レヴォーグ」の改良車は、対向車が来たり、
    前方を走る車との距離が近づいたりすると、自動的にハイビームをロービームに切り替える。
    同じ仕組みは日産自動車の「スカイライン」、ホンダの「レジェンド」、トヨタの「カローラ」などにも採用されている。


    【【研究】ハイビームなのにまぶしくない 自動車メーカー各社、ヘッドライトの新技術を続々と開発】の続きを読む

    1: ちくわ部φ ★ 2015/06/13(土) 11:10:21.92 *.net

     和歌山県警湯浅署の捜査車両が車検切れのまま交通違反取り締まりなどに使われた問題で、県警は12日、当時の
    同署員17人を本部長訓戒などとした。

     県警監察課によると、警務課で公用車の管理などをしていた男性職員(22)が車検業務を失念し、今年2~3月
    にパトカーや捜査車両5台が車検切れとなり、3台が業務で使用された。パトカーでは、速度違反など25件の取り
    締まりが行われたが、いずれも有効とした。監察課は、この男性職員を本部長訓戒、上司ら16人を所属長訓戒など
    とした。男性職員は、依願退職したという。

    http://www.sankei.com/west/news/150613/wst1506130017-n1.html


    【【和歌山】車検切れパトカーで取り締まり。湯浅署員ら17人処分】の続きを読む

    1: ジャンピングDDT(東京都)@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 22:08:45.09 ID:3meAkFes0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典

     トヨタ自動車は10日、主力小型車「カローラ」の国内累計販売台数(商用車タイプを除く)が5月末で1千万台を超えたことを明らかにした。
    1966年の発売から49年で達成、1千万台を突破した単一車種としては国内で初めてとなる。

     カローラは、価格と性能のバランスの良さが評価され、国民的大衆車として定着。時代に合わせた変化でロングセラーを続けた。

     現行モデルは11代目。乗用車タイプのみで、セダンとワゴンがある。車種別の年間販売台数では、2001年まで33年間にわたってトップを確保した。

     カローラは、商用車タイプを含む世界累計販売台数は4千万台を超えている。

    no title

    http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015061001001833.html


    【トヨタ「カローラ」、国内販売1000万台突破 発売から49年で達成】の続きを読む

    1: メンマ(catv?)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 18:39:14.93 ID:dbdYR7vo0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    ダイハツは軽オープンカーのコペン シリーズに新たなエクステリアデザインとして、セロ(Cero)を2015年6月18日に追加する。
    ラウンドフォルムのボディと丸目ヘッドライトが特徴となっており、コペンの初代モデルを彷彿とさせる仕上がりとなる。
    no title

    現行コペンは2014年にデビューした2代目モデルである。外板パネルをプラスチック製とすることで、数パターンのエクステリアデザインを持つことを可能としており、
    現在のところ、スポーツカーイメージのローブ(Robe)、クロスオーバーSUVテイストのエクスプレイ(XPLAY)の2タイプのボディタイプが用意される。
    no title

    no title

    http://car-research.jp/daihatsu/copen-cero.html

    コペン セロはインパネ、ヘッドライトも専用デザイン、車両価格は値上がり
    コペン シリーズのエクスプレイとローブの違いは、多くが外板パネル部分に留まっていたのだが、セロではヘッドライトや
    リアコンビネーションランプまで別デザインとなっている。さらにインテリアでもベージュ系とレッド系の2タイプが用意され、インパネ周りも別デザインが与えられる。
    http://car-research.jp/daihatsu/copen-cero.html


    【コペン セロが6月18日発売、専用パーツが増やされ車両価格は185万2000円から】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/08(月) 23:57:57.755 ID:GJ98x2zw0.net

    救急車の有料化問題 1回の出動にかかるコストは4万円以上
    NEWS ポストセブン 6月3日(水)11時6分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150603-00000015-pseven-soci

    そもそも救急車が無料なのは、
    必要経費を税金から捻出しているからだ。
    1回の出動にかかるコストは4万円以上といわれている。
    “乱用”はたしかに“無駄遣い”といえる。


    救急車有料化悲しいなあ


    【【悲報】 救急車有料化が検討され、1回の出動にかかるコストは4万円以上】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/06(土) 22:12:54.91 ID:???.net

    http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201506/0008098856.shtml

    自動車整備士を目指す若者が大きく減っている。少子化や若者のクルマ離れが背景にあるとみられ、
    専門学校への入学者数もピーク時の半数という。業界の先細りを防ぐため、国も業界団体などと連絡会を結成し、
    人材確保を急ぐ。兵庫県内でも神戸運輸監理部兵庫陸運部(神戸市東灘区)の職員らが高校を訪問し
    、専門学校への進学を勧めるなど対策に本腰を入れている。

     「全国自動車大学校・整備専門学校協会」(JAMCA)の調査によると、2014年度の入学者数は
    約6200人で、ピーク時の03年度からほぼ半減した。

     若者のクルマ離れも加速し、国交省の調査では、25~29歳の男性のマイカーは1999年の約220万台に対し、
    10年後は約120万台まで減った。

     並行して整備士の高齢化も進む。平均年齢は98年の37・1歳から14年には43・8歳に上昇。人材不足の実感も広がり、
    「日本自動車整備振興会連合会」の白書では約9千社のうち半数近くが「不足状態にある」と回答した。

     兵庫陸運部によると、近年の整備現場は、より若者を必要とする環境になりつつあるという。電子制御の車が増え、
    点検ではパソコンを接続して不具合を探す。自動ブレーキなど新機能も次々に登場している。
     そのため国交省は昨年4月から、業界団体などと若者の確保のため連絡会を各地で発足させる。
    兵庫でも兵庫陸運部と県自動車整備振興会などによる組織が誕生している。

     整備士の国家資格は専門学校に進学して取得するのが一般的なため、兵庫陸運部長ら連絡会のメンバーが高校を訪問
    「オイルまみれの仕事」など負のイメージを打ち消すため、最近増えてきた清潔な整備工場をパンフレットなどで紹介し、
    進路指導の教員らにPRしている。

     8月には高校生向けのイベントを連絡会として初めて開催。自動車検査施設の見学や次世代自動車の展示などで整備業の魅力を伝える。

     兵庫陸運部は「人の命を預かる社会性のある仕事。しっかりアピールしたい」としている。(有島弘記)
    【自動車整備士】国家資格で1~3級、特殊(車体やタイヤなどの専門職)の4区分。
    専門学校などに入学して資格取得を目指すほか、整備業界で働きながら各都道府県にある自動車整備振興会の養成施設に通い
    、試験合格を狙う方法もある。職場は自動車ディーラーや整備の専門工場。整備士が不足すると、
    車両点検の機会が減るなどして安全や環境面でリスクが高まると懸念されている。


    【【自動車】クルマ離れの影響、整備士にも 目指す若者激減 高齢化も深刻】の続きを読む

    1: DQN ★ 2015/06/05(金) 08:04:39.59 ID:???*.net

    日本で初披露されたマクラーレンのエントリーモデルとなるスポーツシリーズの570Sと540C(左奥)
    no title

    no title

    no title


     英マクラーレン・オートモーティブは4日、新型スポーツカー2モデルを日本で初公開し
    た。「マクラーレン570Sクーペ」は最高出力570馬力で価格は2556万円。「マク
    ラーレン540Cクーペ」は540馬力で2188万円。エントリーモデルとして、マクラ
    ーレンで最も安い価格帯に設定した。

     F1などのレースで培った技術をつぎ込んでおり、サーキットでも公道でも高い性能を発
    揮する。時速100キロに加速するまでの時間は570Sが3・2秒、540Cが3・5
    秒。生産規模は世界で年間2千台を見込む。

     マクラーレンはこれまで1億円近いモデルや3千万円超のモデルを投入。今回、2千万円
    台のモデルをラインアップに加え、独ポルシェや独アウディのスポーツカーにも対抗する。

    産経新聞:http://www.sankei.com/economy/news/150604/ecn1506040027-n1.html


    【【自動車】英マクラーレンが「最も安い」スポーツカー入門モデルを日本で初公開】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/06/02(火) 19:52:31.38 ID:???.net

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150602-00000148-jij-bus_all

    電子楽器大手ローランド(浜松市)と京大発の電気自動車(EV)ベンチャーのGLM(京都市)は2日、
    EVで運転状況に応じた走行音を発生させるシステムを開発したと発表した。
    GLMのEVスポーツ車「トミーカイラZZ」に今秋オプション設定する。電気モーターを使うEVは、
    静粛性が特長だが、エンジン車のような排気音がなく、走りを楽しむには物足りないとの声があった。
     システムは、ローランドのシンセサイザー技術を応用し、加速や減速などの走行音を車内のスピーカーから出す仕組み。
    好みに応じて数種類の音を選べる。オプション価格は未定。 


    【【技術】電気自動車に加速や減速などの「走行音」を発生させるシステム、ローランドが京大ベンチャーと開発】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2015/06/02(火) 00:50:01.09 0.net

    全国軽自動車協会連合会が発表した5月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると、
    スズキが4万5048台(前年同月比11.5%減)を販売し、2ヶ月連続で首位を獲得した。

    2位のダイハツは、3万6380台(28.0%減)と大幅に落ち込んだ。
    以下、3位ホンダ、4位日産、5位三菱、6位マツダ、いずれも2ケタの減少となった。

    1位:スズキ  4万5048台(11.5%減)
    2位:ダイハツ 3万6380台(28.0%減)
    3位:ホンダ  2万0027台(16.2%減)
    4位:日産   1万3359台(20.6%減)
    5位:三菱   3647台(43.6%減)
    6位:マツダ  3160台(16.0%減)
    7位:スバル  2574台(1.4%増)
    8位:トヨタ  1546台(0.2%増)

    no title

    no title

    http://response.jp/article/2015/06/01/252477.html


    【ももクロCM効果健在!スズキが軽自動車販売台数2ヶ月連続で首位!】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/30(土) 10:13:14.37 ID:???.net

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/150530/bsa1505300500004-n1.htm

     日産自動車は29日開示した株主総会の招集通知で、2015年3月期にカルロス・ゴーン社長ら
    取締役11人に支払った役員報酬の総額が14億6000万円だったことを明らかにした。

     15年3月期は取締役の交代などがあったため、単純比較できないが、
    14年3月期に取締役9人に支払われた報酬総額は16億5600万円。このうちゴーン社長は9億9500万円で約6割を占めた。

     15年3月期のゴーン社長の報酬額は6月23日の株主総会で明らかになる見通しだ。日産の業績は好調で、10億円を超えている可能性もある。


    【【自動車】日産、役員報酬14億6000万円 ゴーン社長が6割占める】の続きを読む

    1: エメラルドフロウジョン(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 09:59:16.23 ID:IJqdfXsk0.net BE:984925692-PLT(13000) ポイント特典

    ETC“非”搭載車の値上げ検討…ネットで侃々諤々の大論争

    no title


    非搭載車の高速料金値上げへ

    ■国土交通省が値上げする方向で検討中
    国土交通省が、首都圏の高速道路で自動料金収受システム(ETC)を搭載せずに通行する自動車について、
    平成28年度にも通行料金を値上げする方向で検討を進めていることが分かった。

    ■ETC非搭載車はETC搭載車と比べ料金徴収コストが5倍
    ETC非搭載車はETC搭載車と比べ、料金徴収コストが5倍に上っており、受益者負担の観点から見直す。
    ETCのさらなる定着とともに、詳細な渋滞情報を提供できる新システム「ETC2.0」の普及も促す狙いだ。

    ■すでに、各地の高速道路で割高な料金が設定されている
    高速道路料金を現金で支払うことになるETC非搭載車はすでに、各地の高速道路でETC搭載車と比べて割高な料金が設定されている。

    ■人件費や現金を扱う機器などの維持管理費
    現在では高速道路を利用する車の9割がETCを搭載しているものの、残り1割の非ETC車は人件費や現金を扱う機器などの
    維持管理費がかさみ、ETC車の5倍ものコストがかかっている。また、国内の保有台数ベースでのETC搭載率は5~6割程度にとどまっているのが現状だ。

    ■「非ETC車の利用負担に関する措置について検討すべきだ」
    こうした現状を受けて、国交省が1月にまとめた高速道路利用に関する基本方針では
    「非ETC車の利用負担に関するさらなる措置について検討すべきだ」としていた。


    【国土交通省「ETCが普及しねーから非搭載車値上げするわ」 利用者「搭載車を値下げしろバカ」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/28(木) 09:55:04.20 ID:???.net

    http://jp.autoblog.com/2015/05/27/jeep-tokyo-show-report/
    no title


    10月29日(木)から11月8日(日)まで開催される東京モーターショー 2015の出展者が発表された。
    今年は国内メーカーから14社15ブランド、海外メーカーからは17社27ブランドが集結する予定だが、
    米国の自動車メーカーとしてはジープが8年ぶりに復帰することが決まった。

    米自動車メディア『Automotive News』によると、日本国内における2015年1月から4月までの
    輸入車全体の販売が6%減となったにもかかわらず、ジープの売り上げは21%も増加したという。
    この数字は、2007年の世界金融危機以来、フォードやGM、そして(ジープと同グループの)
    クライスラーまでもが未だ出展を見合わせている中、唯一の米国ブランド(乗用車)として
    ジープが東京ショーに復帰する十分な理由になるだろう。

    フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の現地法人FCAジャパンからは、ジープの他、
    フィアットやアルファロメオ、初参加となるアバルトの計4ブランドが出展。
    今回の東京モーターショーの「TECHNOLOGY×FANTASY」というコンセプトに応えるべく、新型モデルを含めて、計8台を公開する予定だ。


    【【クルマ】米国車ブランドで唯一、ジープが8年ぶりに東京モーターショーに出展】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/05/27(水)16:58:16 ID:???

    イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニ。
    同社が開発中のSUVについて、間もなく、生産についての重大な発表が行われるようだ。

    これは5月25日、『ブルームバーグ』が報じたもの。
    同メディアが独自ソースから得た情報として、「ランボルギーニが5月27日、イタリアで
    プレスカンファレンスを開催し、イタリアで新型SUVの生産を行うことを発表する」と伝えている。

    ランボルギーニは2012年春、北京モーターショー12において、
    SUVコンセプトカーの『URUS』を初公開。このコンセプトカーが、
    いよいよ市販に移されることになる。

    no title


    全文はソースで
    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=48092/


    【【自動車】ランボルギーニのSUV、生産に関して重大発表か】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/27(水) 19:16:59.99 ID:???.net

    http://clicccar.com/2015/05/27/309529/2/
    no title

    5月25日、ヤナセが創立100周年を迎えたと発表しました
    1915年、梁瀬長太郎氏がまだ人力車や馬車が当たり前だった日本に自動車を走らせたいと考え、
    ヤナセの前身、梁瀬商会を東京日比谷の一角に自動車整備工場を併設して創業したのが始まりとされています。
    各国に先駆けてモータリゼーションを迎えつつあったアメリカの高級車ビュイックとキャデラックの輸入販売をスタート。
    創業当時の日本の自動車登録台数は約1000台程度だったそうです。
    1945年5月に社長に就任した梁瀬次郎氏は1952年にメルセデス・ベンツ、1953年にVWの販売を開始。

    「いいものだけを世界から」をスローガンに、モータリゼーションの発展と共に成長して来た同社は現在、
    多くの人に輸入車に乗る楽しみや喜び、満足と感動を味わって欲しいとして
    「クルマはつくらない、クルマのある人生をつくっている」を新たなスローガンに掲げ、ユーザーに安心・安全で快適なカーライフを提供しています。

    都内ホテルで開かれた記念式典には井出健義代表取締役社長が出席して挨拶。
    ドイツ大使館 Dr.ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン駐日大使が来賓として出席したほか、
    メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長を始め、トヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長などの自動車業界の重鎮が列席。
    創業以来、積み上げてきた新車販売台数は1996年に100万台を突破、2014年4月末時点で183万台に到達したそうです。
    現在ではメルセデスベンツ、スマート、キャデラック、シボレー、BMW、クライスラー、ジープ、アウディ、VWの9ブランドを取り扱うまでに成長。

    お馴染みのブルー&イエローのステッカーは「自然を愛し、より豊かなゆとりある社会を目指す」
    というヤナセの企業姿勢を示したブルーと、「未来への限りない可能性」を象徴する鮮やかなイエローで構成されたものとか。

    ヤナセグループは100周年を機に、200周年に向けて「愛車のある豊かなカーライフ」の実現を目指し、
    充実したサービスの提供を徹底して行く構えとしています。


    【【自動車】YANASEが創立100周年 「いいものだけを世界から」】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/05/26(火)11:41:10 ID:???

    ベストカー2015年6月26日号では、先日発表されたトヨタと
    マツダの提携により登場する車を大胆予想。

    現在トヨタが開発中と噂の『86』よりもコンパクトなFRスポーツカーに、
    マツダの「SKYACTIV技術」が盛り込まれ、ボディ重量は1000kgを切る可能性があるという。

    no title


    http://response.jp/article/2015/05/26/251983.html


    【【自動車】トヨタの150万円FRは、SKYACTIV採用?…ベストカー2015年6月26日】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2015/05/24(日) 00:55:49.02 ID:???.net

     トヨタ自動車グループは二〇一五年度中に、風力発電を使って、二酸化炭素(CO2)を出さない水素作りに乗り出す。豊田通商は
    北海道の北部で、新たにトヨタも神奈川県の京浜臨海部で、それぞれ地元自治体などと連携し、実証事業として取り組む。

     トヨタが世界で初めて一般発売した燃料電池車(FCV)「ミライ」は、走行中にCO2を排出しないが、燃料の水素を作る際にはCO2が
    発生する。実証事業は再生可能エネルギーから作る水素の供給システムを確立する狙いがある。FCV以外の利用を含め水素社会の
    実現を先導する構え。

     トヨタは、横浜市風力発電所「ハマウイング」(年間発電量二百二十万キロワット時)を活用し、発電した電気で水を分解して水素を作る。
    水素はトレーラーなどで周辺の工場や倉庫に運び、燃料電池フォークリフトの燃料として使う。

     環境省の委託を受け、神奈川県、横浜市、川崎市と共同で実施。京浜臨海部には製油所や製鉄所などが集積しており、石油や石炭を
    燃やす際の副産物として発生する水素も活用。製造から運搬、利用までのCO2削減効果などを四年間かけて調べる。

     一方、豊田通商は北海道苫前(とままえ)町所有の風力発電三基(年間発電量三百七十五万キロワット時)の施設内に、水の電気分解
    による水素製造装置や水素を液状に変える装置を設ける。三時間でミライを一台満タン(五キログラム)にできる製造規模を見込むが、
    ミライは東京や名古屋など四大都市圏で限定販売されているため、当面は町内の温浴施設のボイラー熱源や非常用電源に使う。

     新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業で川崎重工業、室蘭工業大など五企業・団体も参加。約三年間で採算性
    を検証し将来はFCVが先行普及する東京など大都市への供給を検討する。

    ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2015052302000139.html


    【【エネルギー】トヨタ自動車グループ、風力発電で水素製造、本年度中…豊田通商は北海道で、トヨタ自動車は横浜で実証事業】の続きを読む

    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ 2015/05/23(土) 06:42:39.81 ID:???*.net BE:348439423-PLT(13557)

    米グーグルが開発を進めている自動運転車の公道での試験走行で、
    2009年から6年間に11件の事故が起きていたことが分かった。
    AP通信の報道を受け、グーグルが公表した。いずれも追突されるなど
    自動運転車側には過失のない“もらい事故”と説明している。
    ただ、グーグルはこれまで試験走行での事故やトラブルは
    起きていないと公表しており、事実上の隠蔽(いんぺい)に非難が
    集まっている。グーグルが自動運転車の実用化の大前提としてきた
    「必ずミスを犯す人間の運転よりも安全」という主張にも疑念を
    招きかねない状況だ。

    *+*+ 産経ニュース +*+*
    http://www.sankei.com/premium/news/150523/prm1505230013-n1.html


    【【社会】グーグル自動運転車に「事故隠蔽疑惑」…ぐらり揺らぐ信頼性】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/05/22(金) 11:34:13.73 ID:???.net

    http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/21/auto-car_n_7349068.html

    将来、車を所有するのは富裕層だけになる。しかも、すべての車が自動運転になるだろう。

    モルガン・スタンレーの自動車アナリストであるアダム・ジョナス氏は、新たなリサーチ・ノートの中でこう記した。
    ジョナス氏は、全自動運転技術の向上によって、いずれは大半の道路で「人間による運転」が禁止されると予測した。
    これは、テスラモーターズのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の予測と同じだ。
    Uber(ウーバー)やLyft(リフト)といった配車サービスは、すでに大都市の中心部で広く展開され
    今ではタクシーの代わりとなる「公共の乗り物」の大量導入も進められている。
    そして、いずれこうしたサービスを市街地から郊外にも拡大するだろう。
    それに伴い、乗車1回あたりの代金は1マイル(1.61キロメートル)あたり約25セントまで下がり、
    従来のタクシーの代金のほぼ10分の1にまで削減されるようになる、とジョナス氏は予測する。
    ただし、同氏は、そうした未来がいつ実現するのか、具体的な時期は明言していない。

    一方、近い将来、富裕層は自動運転車を所有するようになる。メルセデス・ベンツやテスラはそうした状況を想定しているようだ。
    これについてもジョナス氏は具体的な時期を示していない。ただし、ますます多くの高級自動車メーカーが、
    すでに自社の自動車に自動運転機能を追加している。テスラのマスクCEOは2014年10月、
    2023年までには完全に自動化された車が公道を走るようになると述べた。

    以下の表は、今後の自動車市場がどう変化していくかをまとめたものだ。縦軸が「人間の運転か、自動運転か」、横軸が「所有状態」を表している。
    no title



    第1象限:現在 現時点では、大多数のドライバーが、車を所有するか、あるいはリースして、
    自ら運転している。全自動運転技術はまだ出現し始めた段階にすぎない。

    第2象限:「カー・シェアリング」 数年前から、ウーバーやリフトなどの配車サービスが登場しているが、
    今後はこうしたサービスがさらに拡大する。多くの大都市で、車を所有するニーズが減って、
    配車を請け負うドライバーがはるかに身近なものになる。ジョナス氏はこの段階を、
    「公共の自動運転車」が大量に導入される近未来に向かう前段階としている。

    第3象限:「自動運転車を所有する」 今後10年で、富裕層は自ら運転している車を自動運転車に切り替える可能性が高い。
    すでにテスラは、セダンタイプの電気自動車「モデルS」で、一定の自動運転機能を備えたバージョンを、
    2015年夏に発売する計画を立てている。なお、4月8日に発表されたモデルSの最新バージョンは、
    連邦税額控除後の価格で6万7500ドルからとなっている。

    第4象限:「自動運転車を共有する」 これは、実現するであろう具体的な時期は不明だが、
    自動車業界における進化の最終的な段階だ。大多数の人がほとんど例外なく「公共の自動運転車」か、
    あるいは私営の自動運転車サービスを利用契約して乗るようになる。
    この時点で、一部の道路では、人間による運転は法で規制される可能性が高い、とジョナス氏は記した。
    地下鉄システムなど他の形態の公共交通機関は廃れるかもしれない。


    【【技術】進化するクルマ、全自動運転車が当たり前の時代へ】の続きを読む

    このページのトップヘ