ニュース

    1: 2018/09/18(火) 22:58:10.97 ID:RlDMyWZY0● BE:423476805-2BP(4000)


    新型ジムニー シリーズは2018年7月5日に発売されたモデルで、約20年ぶりのフルモデルチェンジということもあり、オーダーが殺到している。
    特に登録車のジムニーシエラは生産台数が少なく、3年近い納期を予告する販売店が現れるなど、異常な状況となっている。
    スズキはこれを受けて、生産ラインの追加準備を進めており、2019年1月にも増産体制が整う見込みとなった。
    生産設備増強後はジムニーとジムニーシエラの合計生産力が月間7000台規模になる予定である。
    https://car-research.jp/tag/jimny
    no title


    【スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ増産、想定外のオーダーを受け設備増強】の続きを読む

    ee

    1: 2018/09/18(火) 23:05:29.50 ID:qnFumAk+0 BE:123322212-PLT(13121)


     【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)の欧州委員会は18日、ドイツの自動車大手3社に対して、EU競争法(独占禁止法)に違反した疑いがある
    として調査を始めたと発表した。調査対象はBMW、ダイムラー、フォルクスワーゲン(VW)グループ。排ガスの浄化技術を巡って、
    カルテルを結んでいた疑いがあるとみている。

     欧州委によると、乗用車の排ガスから有害物質を取り除く装置の技術開発などを制限することで足並みをそろえ、競争を阻害していた疑いがある。
    調査の結果、違法行為が正式に認められると、多額の制裁金を科される可能性がある。

     EUで競争政策を担うベステアー欧州委員は18日に公表した声明文で「技術的には可能なのにもかかわらず、より低公害の自動車を消費者が
    購入できる機会を妨げていた可能性がある」と指摘した。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3548115018092018FF2000/


    【ドイツ車メーカー3社に重大疑惑 カルテルを結んで排ガス浄化技術の開発を妨害】の続きを読む

    nisan

    1: 2018/09/19(水) 01:50:38.10 ID:CAP_USER

    日産自動車と三菱自動車、仏ルノーの3社連合は18日、次世代の車載情報システム分野で米グーグルと提携したと発表した。グーグルの基本ソフト(OS)、アンドロイドをベースに、カーナビや娯楽など多様なサービスを利用できるシステムを開発、2021年から3社の車両に搭載する。グーグルのノウハウを活用し、ネットワークに常時接続して情報をやりとりする「コネクテッドカー」(つながる車)の普及を加速させる。

     次世代システムでは、車に搭載した音声認識機能を使い、メールを送ったりレストランを探したりすることが可能。カーナビに目的地を入力すると、スマートフォンとの連動により駐車後の徒歩での移動も一括案内するといった使い方が想定される。車両の異常をシステム上で遠隔診断し、ドライバーに点検や修理を促すこともできる。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000093-jij-bus_all


    【日産連合、米グーグルと提携=次世代の車載システム開発】の続きを読む

    to

    1: 2018/09/18(火) 14:37:38.43 0

    「最も信頼できる」250社リスト、日本のトップは任天堂
    https://forbesjapan.com/articles/detail/23034/1/1/1

    フォーブスは6月に発表した今年の「世界の有力企業2000社ランキング(グローバル2000)」に名前が挙がった各社について、調査会社スタティスタの協力を得て60カ国の約1万5000人を対象に調査を実施。
    「信頼性」「社会的活動」「雇用主としての態度」「製品・サービス」などに関する意見を聞き、結果に基づき上位250社のリストを作成した。

    これら250社のランキングには、合わせて34カ国の社名が挙がった。企業数で見た国別の順位は、61社がランク入りした米国がトップ。
    2位は32社が入った日本だった。そのほか中国(19社)、フランス(13社)、ドイツ(11社)の企業名も目立った。

    日本企業で最も高い順位につけたのは、全体の11位だったゲームメーカーの任天堂だ。続く12位にはトヨタが入った。


    【フォーブスが最も信頼できる会社ランキングを発表、日本のトップは任天堂次いでトヨタ】の続きを読む

    gh

    1: 2018/09/16(日) 12:46:32.87 ID:ilWbInnV0 BE:439992976-PLT(15000)


    ポルシェが事故 炎上 小田原厚木道路

    神奈川・小田原市の自動車専用道路で、高級外車のポルシェが事故を起こし、炎上した。

    16日午前6時半ごろ、小田原厚木道路の小田原東インターチェンジ付近で、事故を起こしたポルシェが全焼した。

    運転していた男性は軽傷。

    当時、路面は雨でぬれていて、警察は、スピードの出しすぎで、スリップした可能性があるとみて調べている。

    <ソースに動画あり>
    https://www.fnn.jp/posts/00401037CXL


    【なんでポルシェ、すぐ事故ってしまうん?】の続きを読む


    1: 2018/09/17(月) 19:05:46.33 ID:CAP_USER9

    no title


    兵庫県警が、駐車違反した車の所有者に科される「放置違反金」の徴収を強化している。滞納者への電話や訪問を増やしたほか、差し押さえる物件の対象を仮想通貨にまで拡大する厳しい対策が効果を上げ、2017年度の徴収率は94・6%と過去最高になった。県警は家宅捜索で財産を差し押さえるなど強制的な手法も駆使し、悪質滞納者の「逃げ得」を許さない構えだ。

     06年度に導入された放置違反金制度は、駐車違反をした運転者が一定期間内に反則金を納めない場合、原則、その車の所有者に違反金を科している。だが、所有者の滞納が後を絶たず、取り立ての強化が課題となっている。

     県警によると、県内の放置違反金の徴収率は、対策の強化に伴い、06年度の79・5%から年々上昇。17年度は過去最高の94・6%となり、1年間で約7億3600万円を回収した。

     この結果、累積未納金は06年度の約2億1200万円から、ピークの10年度には約6億1800万円に達したが、17年度は約2億2400万円にまで減少させることに成功した。

     特に、県警は昨年度から、対策をより一層強化している。昨年6月、民間委託のコールセンターを設置し、今年3月末までに滞納者1104人に電話で納付を呼びかけたところ、774人から約1400万円を徴収した。電話業務を民間に任せたことで、警察官を所在不明の滞納者の割り出しや関係先の訪問などの業務に充てることができ、徴収率アップにつながったという。

     悪質滞納者に対しては、車や預貯金などの財産を差し押さえてきたが、近年は受刑者が刑務所に預ける「領置金」や仮想通貨にまで対象を広げた。大半は差し押さえを行うと納付するが、それでも応じなければ競売サイト「ヤフーオークション」に出品して強制的に回収。昨年12月からは、悪質滞納者に対する家宅捜索にも乗り出し、入った関係先で財産をくまなく探している。

     県警交通指導課は「催促を無視する滞納者は、今も後を絶たない。不公平が生じないよう、あらゆる対策で悪質滞納を根絶したい」としている。(真崎公美)

    2018年09月17日 15時00分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20180917-OYT1T50053.html?from=ytop_main1


    【駐車違反ぼ「放置違反金」徴収強化、仮想通貨も差し押さえ 徴収率は94・6%と過去最高 「逃げ得」は許さない】の続きを読む

    vc

    1: 2018/09/17(月) 21:27:52.31 ID:CAP_USER9

    2018年9月17日 19時20分 産経新聞
    今年1月から7月までに茨城県内で発生した自動車盗の認知件数が825件に上り、人口10万人あたりの犯罪率(28・5件)とともに、全国ワーストだったことが県警のまとめで分かった。

     認知件数は平成28、29年と2年連続で、犯罪率は19年から11年連続で全国ワーストだった。県警は「茨城はさまざまな要因が重なって自動車盗が発生しやすい環境にある。警備の強化には努めているが、個人でも防犯対策を心がけてほしい」と注意を促している。

     自動車盗の認知件数は年々減少傾向にあるが、今年は昨年同期よりも13・8%増加。県南地域での被害は約2倍に増え、全体の半分以上を占めた。県警生活安全総務課によると、県南地域は、つくば市をはじめ人口と車が多く、高速道路網が充実しており、都心に近い点が被害の多い理由として考えられるという。

     被害場所は住宅や会社の駐車場が53・2%と大半で、ほとんどが夜間に発生している。盗まれる車は乗用車が62・1%を占めた。同課の担当者は「7、8年前まではトラックなどの貨物車が多かったが、今は乗用車を盗む犯人が増えてきている。盗む側の『需要』が変わったのではないか」と指摘する。

     同課によると、今年盗まれた乗用車の中でもトヨタの「プリウス」が全体の約26%と非常に多く、次いで同社の「カローラ」が約9%、日産の「スカイライン」が約6・5%という順になっており、盗まれた車は90%以上が戻ってきていない。

     同課の担当者は「手練れの男2人で取り組めば10トンの大型ダンプですら4時間ほどでバラバラに分解できる。盗まれたら元の状態で戻ることはないと思った方がいい」と警鐘を鳴らす。対策として「車のハンドルロックや、駐車場内の防犯カメラ、センサーライトの設置が効果的だ。全てホームセンターで手軽にそろえられるので、すぐに始めてほしい」と促している。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15319257/


    【【一体なぜ】茨城、自動車盗被害全国ワースト 1~7月で825件 人気車はプリウスで全体の26%】の続きを読む

    1: 2018/09/17(月) 21:33:21.97 ID:CAP_USER9

    2018年9月17日 14時10分 乗りものニュース
    光岡自動車が、霊柩車の製造・販売に力を入れています。そもそもなぜ霊柩車なのでしょうか。旧来の豪華絢爛な「宮型」霊柩車が減っていく昨今、光岡の霊柩車にはどのような強みがあるのでしょうか。

    長く使っても「古く見えない」
     霊柩車といえば、おみこしのような装飾が施されたクルマをイメージするかもしれません。しかし、こうした「宮型」と呼ばれる霊柩車は近年数を減らし、欧米風の装備や装飾を施した「洋型」や、ミニバンタイプの霊柩車が増加しています。

     そのような状況のなか、霊柩車の製造・販売を強化しているのが光岡自動車(富山市)です。同社はクラシカルな見た目の改造自動車で知られますが、自社オリジナル車両も手掛けており、「日本で10番目の自動車メーカー」とされています。2015年には、国内自動車メーカー初のオリジナル霊柩車として、同社の「ガリュー」をベースとした「ミツオカリムジンタイプV」などを発売。その後も、トヨタ「アルファード」や「エスティマ」をベースとした寝台霊柩車「フュージョン」シリーズを発表するなど、ラインアップを強化しています。同社に話を聞きました。

    ――いつごろから霊柩車に力を入れているのでしょうか?

     もともと、1990年代にアメリカで霊柩車として改造されたキャデラックやリンカーンの並行輸入車を販売し、売れ行きがよかったことが背景にあります。その一方で、当社の「ガリュー」を改造した霊柩車も巷で見かけるようになり、2000年代前半から当社自身でも霊柩車の架装を始めました。表立って力を入れ出したのは5年ほど前、葬儀や終活関連の大きな展示会に出展するようになって以降です。

    ――現在のシェアはどれほどなのでしょうか?

     霊柩車市場におけるシェアは約20%で、業界では2位です。2018年度は180台(対前年比で約20%増)の販売を目標としています。

    ――どのようなタイプの霊柩車が人気なのでしょうか?

    「ガリュー」ベースの霊柩車がメインです。ほどんどの葬儀社さんが1台の霊柩車を20年程度使うなかで、たとえば「クラウン」をベースにしたものだと6~7年程度で新モデルに切り替わり、古さが感じられてしまいます。一方で「ガリュー」などの当社オリジナルモデルをベースにした霊柩車ですと、もともとがクラシカルなので、古さがあまり目立たず飽きがこないというお声をいただいています。

     また、たとえば「ガリュー」をベースとする5名乗車タイプの霊柩車と「リンカーン」ベースの輸入車とで比較すると、後者は価格が1.5倍程度高いので、リーズナブルな面も支持されているでしょう。

     一方、既存のミニバンを架装した寝台霊柩車「フュージョン」シリーズも販売台数が伸びています。これらは車内にストレッチャー(担架)を備えており、病院などからご自宅または安置場所へご遺体を運ぶ搬送車としても、霊柩車としても使用することができます。葬儀専用の霊柩車を購入しない葬儀社さんもありますが、搬送にも葬儀にも使えて、家族葬でも恥ずかしくないクルマとして選ばれるケースが増えています。

    今後はミニバンタイプが主流に? 変わる葬儀のあり方
    ――今後についてはどうお考えでしょうか?

     今後はミニバンタイプのように、搬送にも葬儀にも使えるタイプが増え、いずれ「ガリュー」ベース車のようなボディを切って伸ばすタイプ(ストレッチリムジン)の霊柩車が減少していくと見込んでいます。葬儀件数は微増しており、それにともなって車両の台数も増えていくと考えられますが、霊柩車が葬儀単価に見合わなくなっていく傾向も考えられます。

     というのは、亡くなられる方の平均年齢が伸びていますので、(故人の年齢に近い)参列者を呼んでもなかなか来られないというケースが増えているからです。すると必然的に家族葬など小規模な葬儀が中心になっていきます。当社が拠点を置く富山県内でも、たとえば300人収容の大ホールを、100人収容の3ホールに改装するといった葬儀場が出てきています。

    全文
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15318262/
    光岡「ガリュー」をベースとする「ミツオカリムジンタイプV」
    no title

    トヨタ「アルファード」を改造した寝台霊柩車「フュージョン」。「ヴェルファイア」や「エスティマ」ベースのものもある
    no title

    「ガリュー」ベースの「ミツオカリムジンタイプV」5名乗車タイプ
    no title


    【光岡が霊柩車に力を入れるワケ 自動車メーカーで唯一製造、海外展開も その強みとは】の続きを読む

    g

    1: 2018/09/18(火) 00:39:12.09 ID:CAP_USER9

     増え続ける高齢者の交通事故を防ごうと、愛知県警とマクドナルドが、敬老の日の9月17日に発表したのが、運転免許返納者への割引サービスです。

     「バリューセットとハッピーセットを特別価格で提供させていただく」
      (日本マクドナルド中日本地区本部 森川典明本部長)

     運転免許証を返納した人がもらえる運転経歴証明書。

     愛知県内のマクドナルドでこれを見せると、セットが最大110円割引になるんです。

    動画
    https://youtu.be/wutg6LViMvE



    記事の続きはリンク先で
    https://hicbc.com/news/detail.asp?id=0004801C
    17日18:06


    【警察とマックがコラボ‥運転免許返納者に割引サービス開始】の続きを読む

    b

    1: 2018/09/15(土) 18:09:54.66 ID:um9iyoaA0 BE:501636691-BRZ(11001)


    10月以降に発売される新型自動車から、国際的な測定方式「WLTCモード」に基づく燃費の表示がメーカーに義務付けられるのに先立ち、カタログに新方式で表示するケースが増えてきた。
    新方式の燃費は実際の走行に近い条件で計測するため、同じ車種でも現行方式から約3割悪化する場合もある。
    消費者は、より実態を反映した数値を踏まえて車を選ぶことができるようになる。

    現行の「JC08モード」は、道路を走らせず、計測装置上で加減速を繰り返して燃費を測定する。
    燃費は運転の仕方や交通状態などで変わるため、実際は表示より2割前後下回るとされ、「実感とかけ離れている」と不評だった。

    10月に表示が義務化されるWLTCモードは、国連のルールに基づく世界共通の燃費測定方法。
    市街地や郊外、高速道路の走行を想定した三つの数値とそれらの総合値を表示する。
    装置上で計測する点は同じだが、エンジンが冷えた状態で測定を始めるなど、現行方式より条件が厳しい。

    ダイハツ工業の軽自動車「ミライース」は、新方式の総合値が最高25.0キロと、現行方式の同35.2キロから29%下がる場合がある。
    トヨタ自動車の高級車「クラウン」の一部グレードでは、新方式が20.0キロ、現行方式は24.0キロと17%悪化する。

    一方、マツダのセダン「アテンザ」のガソリン車は新旧の差が10%以下。トヨタの小型車「カローラスポーツ」のマニュアル車の一部は、新方式の方が燃費がいい。
    車種によっては新旧の燃費が当面併記されるため、車を選ぶ際は注意が必要だ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-00000057-jij-bus_all


    【燃費詐欺と悪評高い「JC08モード」終了10月から国際方式「WLTCモード」で現行より3割悪化の車も】の続きを読む

    tyota

    1: 2018/09/13(木) 21:27:08.95 ID:upMg3m4a0 BE:232392284-PLT(12000)


    トヨタの看板スポーツカー「スープラ」が復活する。それも提携している独BMWとの初の共同開発車だ。
    仕事はどう進んだのか? 自動車ジャーナリストの小沢コージが聞いた

    新型スープラを手がけたのは、86を担当した多田哲哉チーフエンジニアだ。86でスバルとの協業を成功させたからなのか、
    12年の86海外試乗会現場でトヨタ首脳陣から直々に「そのままBMWとの協業の可能性を探ってこい」との指示を受け、
    試乗会中にドイツに飛び、自ら今回のスープラ復活を総指揮してきた生粋のスポーツカーバカ。


    ―具体的にBMWに対して、どういうスポーツカーを造りたいと?
    多田 ポルシェに負けないスポーツカーをと。そしたら彼らは「だったらポルシェを買収すれば?」と。
        しかし、ハンドリング以外にもデザイン、エンジン、インテリア、すべてに対し要求しました。

    ―少し勘違いしてました。最初はトヨタの安心と保証の上で、BMWのスポーツカーに乗れるだけでいいかと思ってました。それは違うと?
    多田 そんな丸投げプロジェクトじゃ何も残りませんよ。すべてにおいてトヨタクオリティ、トヨタの販売店でトヨタユーザーに説明できるように開発しました。
        壊れる壊れないはもちろん、シート下に手を入れてもケガしないとか。

    ―本当の意味でトヨタとBMWの合作で、エンブレムのつけ替えだけではなく、トヨタの安心感があり、しかも、走りはポルシェに負けていないってことですか?
    多田 そのとおりです。ハンドリングすべての点をレーダーチャート化して比べ、ここは勝ってる、ここは負けてるってことを細かくやりました。
        ポルシェのケイマン、ボクスターの最新型をいつも持ってきて比べてましたから。

    ―マ、マジで! あのプライド高きBMWのエンジニアたちにそこまで露骨な比較を。
    多田 論理的に説明できない限りは彼らは絶対認めない。それを延々とやりました。

    https://wpb.shueisha.co.jp/news/lifestyle/2018/08/21/106845/


    【トヨタ「スープラを作る上で、BMWにはポルシェに負けない車を作れと要求した!(ドヤ)」】の続きを読む

    1: 2018/09/14(金) 20:32:48.08 ID:CAP_USER9

    ■2022年までの延長利用期限が終了

     2018年9月3日(月)、国土交通省およびITSサービス高度化機構、高速道路会社6社連名で、一部のETC車載器が、2022年12月1日以降使用できなくなると発表しました。

    【写真】2030年までに使えなくなるETC車載器も 判別はココを見よ
    no title

    no title


     使用不可となるETC車載器は、「平成19年(2007年)以前の技術基準適合証明・工事設計認証(旧スプリアス認証)を受け、製造されたETC車載器」です。

     スプリアスとは、無線設備において必要周波数帯の外側に発射される不要電波の一種。電波障害の原因となるスプリアスをできる限り低減するため、法令により発射強度の許容値が規定されています。現行の許容値は2005(平成17)年12月から適用されており、2年の経過措置期間を経て2007(平成19)年12月に全面適用となっていますが、旧規格で認証を受けた無線設備も2022年11月末まで延長利用できるとされていました。その期限が近づいているというわけです。

     2022年12月以降、旧スプリアス規格に基づき製造されたETC車載器で高速道路のETCレーンに進入した場合について、発表資料では「安全に配慮した運用となるよう検討致します」とされています。また、旧スプリアス規格品を2022年12月以降に取り付けていた場合、電源と接続し電波を発することができる状態であれば、電波法違反になるそうです。

     国土交通省高速道路課によると、規制対象か否かの判別は、商品の外観や車載器管理番号(車載器ごとにメーカーから付番された19桁の識別番号。車載器本体などに記載されている)からはできないといいます。2007(平成19)年以前のETC車載器について、個別にメーカーへ問い合わせてほしいとのこと。

     2018年9月11日現在、いくつかのETC車載器メーカーが商品の型式ごとにスプリアス規格の新旧対応をウェブサイトに掲載しています。たとえば三菱電機では「当社の全てのETC車載器は新スプリアス規格に対応しており、2022年12月1日以降も安心してご使用いただけます」としていますが、古野電気では生産終了品のなかで旧規格対応のものもいくつかある状況。古野電気は「商車載器本体のシールまたは取扱説明書に記載された型式名および型式登録番号(車載器管理番号とは異なる)での照合をお願いします」といいます。

    ※省略

    ■2030年までにもっと多くの機種が使えなくなる

     将来的には、より多くのETC車載器が使用できなくなることが見込まれます。ETCシステムそのもののセキュリティ規格が変更されるためです。このことは2017年10月に、国土交通省およびITSサービス高度化機構、高速道路会社6社の連名で発表されています。

     国土交通省高速道路課によると、(2018年9月現在も)具体的な規格変更時期は未定だそうですが、現行の規格が適用されるのは最長で2030年ごろまでとなる予定だそうです。ただし、セキュリティに問題が発生した場合は、変更時期が早まる可能性もあるとのこと。

     こちらは、車載器が新規格か旧規格かを商品外観から識別する方法が案内されています。車載器本体などに記載された19桁の「車載器管理番号」が「1」から始まっていれば新規格対応、「0」からであれば旧規格です。

     また、車載器のカード挿入口付近や側面に印刷された識別マークで確認する方法もあります。ETC車載器であれば、カード挿入口付近に「●●●」のマークが印字されたもの、ETC2.0車載器であれば、「ETC2.0」のロゴがあり、かつ挿入口付近に「■」のマークが印字ないものが新セキュリティ対応品です。

     なお、ETC2.0の名称が決定する以前のサービス名である「DSRC」のロゴが記載されたもの、あるいは「ETC2.0」のロゴがあっても「■」のマークが印字されている車載器は、旧セキュリティ対応です。

     このセキュリティ規格の新旧対応についても、主要メーカーのウェブサイトで型式ごとに記載があります。ただ、旧セキュリティ規格の対象となるのは、前出の旧スプリアス規格品よりも多い傾向で、たとえば古野電気製の生産終了モデルは、その多くが旧規格となっています。

    2018.09.14
    乗り物ニュース
    https://trafficnews.jp/post/81472


    【いまのETC車載器、使えなくなる可能性 2022年には一部がNGに 判別のポイントは?】の続きを読む

    1: 2018/09/14(金) 14:38:17.22 ID:CAP_USER9

     トヨタ自動車がグループのダイハツ工業と日野自動車を含む2018年の世界生産計画を前年比1・2%増の1059万4千台に引き上げたことが13日、分かった。中国の販売が好調で、前年比0・7%減の1039万7千台としていた従来計画から一転し、2年連続で過去最高を更新する。

     中国の現地生産を増やし、日本では中国向けの輸出車両を増産する。中国政府の輸入車関税引き下げも追い風となる。トヨタが主力としてきた米国はトランプ政権の保護主義的な貿易政策で不透明感が強まり、中国での成長が業績を引っ張る構図となっている。

    2018年9月13日 17:53
    琉球新報
    no title


    【トヨタ、世界生産過去最高へ 18年1059万台 中国の販売が好調】の続きを読む

    b

    1: 2018/09/14(金) 16:59:14.35 ID:s/wSVzuP0 BE:329591784-PLT(12100)


    ドイツの大手自動車メーカー、フォルクスワーゲンは、丸みを帯びたフォルムで長年愛された小型車「ビートル」の
    生産を来年で終了すると発表しました。

    フォルクスワーゲンは13日、代表的な小型車「ビートル」について、来年ですべての生産を終了することを明らかに
    し、およそ80年の長い歴史に幕を下ろすことになりました。

    「ビートル」はナチスドイツ時代の1930年代後半に生産が始まり、丸みを帯びた独特なフォルムが特徴で、「カブト
    ムシ」の愛称で日本を含め世界各国で親しまれてきました。

    「ビートル」は世界で2000万台以上が販売されましたが、近年は売れ行きが低迷していて、日本での販売について
    は、来年、終了するとすでに発表されていました。

    フォルクスワーゲンは、2015年にディーゼル車の排ガスをめぐる不正が発覚して以降、電気自動車へのシフトを進
    めていて、発表の中で「ファミリー層に特化し、電動化を進める中で代替案はない」としています。

    そのうえで、「3世代にわたったビートルがなくなることで、多くのファンのさまざまな感情を呼び起こすことになるで
    しょう」とコメントしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180914/k10011630171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009


    【フォルクスワーゲン「ビートル」生産終了へ】の続きを読む

    ju

    1: 2018/09/14(金) 14:41:21.66 ID:CAP_USER

     NTTデータは13日、都内で複数の自動運転車を公道で同時に走らせる実証実験をすると発表した。乗降場所を限定した完全自動運転による配車サービスを2020年までに実用化したい考えだ。

     同社の本社がある江東区豊洲地区で14日と19、20日に実施する。自動運転の技術を開発する群馬大が車両を提供。大和自動車交通の運転手が運転席に座る。

     豊洲駅、商業施設(アーバンドックららぽーと豊洲)、マンションの3カ所を乗降場所にした1周約6キロのルートを3台のミニバンが走る。事前に予約した40~50組のマンション住民が参加し、乗り降りする場所をウェブサイトで指定する。

     NTTデータは航空管制システムなどを手がけており、自動運転に必要なデータの解析やセキュリティー管理に強みを持つ。昨年、群馬大と協定を結び、天候などの条件を満たせばシステムがすべての操作を行う完全自動運転の確立をめざし、研究を進めている。

     同社広報は「人の多い都市部で自動運転車を走らせるのは課題も多いが、実現すれば採算も見込める。地域の声を聞き、課題を整理したい」としている。(箱谷真司)
    2018年9月14日14時01分
    https://www.asahi.com/articles/ASL9F4HLML9FULFA00Q.html


    【自動運転、複数のクルマを同時に NTTデータ公道実験】の続きを読む

    1: 2018/09/12(水) 11:50:17.80

    レクサスが「ミラーレス」に…量産車で世界初、10月発売のレクサス ES に

    レクサスは日本向けの新型『ES』(Lexus ES)に、量産車として
    世界で初めてデジタルアウターミラーを採用することを発表した。

    https://www.youtube.com/watch?v=HZ98z6q2_2I


    no title

    no title

    no title

    https://response.jp/article/2018/09/12/313907.html


    【トヨタがとうとう世界で初めてサイドミラーをミラーレスにしたぞ!】の続きを読む

    top

    1: 2018/09/13(木) 07:59:16.92 ID:CAP_USER9

    自動車の自動運転で特許競争力がある上位50社のうち、日本企業は15社だったことが分かった。
    日本経済新聞が特許分析会社のパテント・リザルト(東京・文京)に依頼して米国における特許競争力をランキングした。
    企業数では17社の米国と並び、一定の存在感を持つが、完成車メーカーとそのグループ会社が多く、米国勢と比べて業種の多様性が劣っている。

    ※続きは下記のリンク先でご覧ください。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35293300S8A910C1I00000/


    【自動運転特許トップ50 日本勢15社、中国勢は圏外】の続きを読む

    1: 2018/09/13(木) 18:18:18.41 ID:CAP_USER9

    ■登録車の2台に1台はトヨタ車という現実

     軽自動車より大きな登録車で、シェア5割を誇るトヨタ。軽自動車でも、子会社のダイハツがシェア3割を誇るなど、日本市場ではトヨタの強さが目立つ。では、なぜトヨタはそれほどまで、ほかの自動車メーカーを圧倒しているのか?

     その背景にあるのが「ウチは、トヨタではないから」という言葉だ。トヨタ以外の日系自動車メーカーの関係者がよく使う。この「トヨタではない」という文脈にはさまざまな解釈があり得る。

     たとえば、「トヨタのように研究開発費が潤沢ではない」、または「トヨタのように大規模な子会社を取り揃えている状況ではない」といった解釈である。つまり、トヨタはトヨタ自動車という単体ではなく、トヨタ車体やトヨタ自動車東日本(旧関東自動車)などの自動車の設計・製造を行う企業、そしてデンソーやアイシン精機、アイシンAWなど売上高では日系自動車メーカーの中位クラスと同レベルにあるほど大規模な部品メーカーなどを率いる、自動車コングロマリットなのである。だからこそ、他社を圧倒する数多くのモデル展開を維持することができるのだ。

     それほどまでに、トヨタはグループ全体として他社を圧倒する資金力を持っていることを、自動車業界に関わる多くの人たちが知っている。一方で、一般の自動車ユーザーは、まさかほかの自動車メーカーがここまでトヨタと自社との大きな差を自認しているとは夢にも思わないだろう。だが、これが自動車産業界の現実なのだ。

    ■販売網の強さもトヨタが圧倒する理由のひとつ

     このように製品企画、設計、実験、購買、製造という製造業として強みを見せるトヨタだが、トヨタの強みの秘密は、まだほかにもある。それが、強靭な販売網だ。

     トヨタは現在、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店、さらにレクサスという5つの販売チャンネルを持つのだが、トヨタ本社が直接的に資本参加している企業は少ない。これは、本社の系列下になる販売企業が多いマツダやスバルとはまったく逆の状況だ。

     こうした、各都道府県での地場資本の販売企業が、トヨタの販売力の強さを下支えしている。トヨタに対して事業の独立性を主張し、トヨタからクルマを仕入れるという意識があることが、トヨタ主要販売企業の「必死で売る気」を生んでいるのだ。

     さらにいえば、トヨタが他社を圧倒する大きな理由に、変化をいとわない思い切った経営判断にある。昨今では、コネクテッドや自動運転についてアメリカのIT産業界との連携を深めたり、新しい交通ビジネスであるライドシェアリングの企業や人工知能の開発企業に投資するなど、時代の変化を読む嗅覚が他の日系自動車メーカーよりも強いとの印象を受ける。

     「ウチはトヨタではないから」。こんなセリフが飛び交うようでは、トヨタのひとり勝ちを誰も止めることはできない。

    2018年8月29日 6時20分 WEB CARTOP
    http://news.livedoor.com/article/detail/15225269/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【トヨタ】圧倒的な強さ! 国産メーカーが誰もトヨタに追いつけない理由とは?】の続きを読む

    2018091300024_1

    1: 2018/09/13(木) 13:31:19.69 ID:CAP_USER9

    2018.9.13 13:05
    https://dot.asahi.com/dot/2018091300024.html

    「なおみ、ナイスやんか」奇妙な大阪弁で娘をコーチした父 一家はアイドル的な存在

     テニスの全米オープン優勝を果たした大坂なおみ選手(20)が13日午前、凱旋帰国。出迎えたスポンサーの日清ホールディングスの安藤宏基社長から花束を受け取ると、続いて日産の「ブランドアンバサダー」に就任した。横浜市内で開かれた会見には大勢の報道陣が詰めかけ、「大坂特需」となっている。

    【大坂選手がインスタグラムに掲載した家族との写真】

     大坂選手は日産の「セレナ」という自動車について質問されると、「知りませんでした。ごめんなさい!」と笑顔。以下は司会者との一問一答。

    ――大坂さんの運転はワイルドでは?

     No! いつも安全運転です!

    ――日産で一番好きな車があるって聞いています。

     GTRです。速い。

    ――GTR、プレゼントします。

     ありがとうございます。

    ――大坂選手は「ゲームチェンジャー」と言われていますが、どんな人がテニス界のゲームチェンジャーになると思いますか?

     私でしょうか? もしかるすると。今よりももっとランクの上にいって、ゲームチェンジャーになりたいと思います。

    ――車との思い出はありますか?

     父親が日産クエストを運転していました。ずいぶん長いこと運転していたので、子どもの頃の車との思い出かな。

    ――マイアミでGTRに乗ってどこに行きますか?

     練習します! 練習して、運転します。

    ――グランドスラムで優勝して、今後の夢は?

     年末まで頑張って、トップ5にできれば入りたいです。

     会見で父の愛車が日産のクエストだったと子供の頃の思い出を明かした大坂選手。

     3歳までは大阪市内で育った。大坂選手が幼い頃に通っていた「ICT靭テニスセンター」では、ハイチ出身の米国人である父親のレオナルド・フランソワさんがテニスの手ほどきをしたという。

     米国メディアの報道によると、大坂選手が日本で暮らしやすいように父親の名字ではなく、母親の日本名を使うようになったという。父親は大阪市内で英語講師などをしていたという。父親の元同僚がこう振り返る。


    【【テニス】大坂なおみ「セレナ知りません。GTRが好き」 日産「GTRプレゼントしますね」】の続きを読む

    c

    1: 2018/09/13(木) 15:12:43.16 ID:CAP_USER9

    高齢者事故多く「安全サポート車」限定免許検討
    2018年09月13日 15時01分
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20180913-OYT1T50086.html?from=ytop_top

     今年上半期(1~6月)の全国の交通事故死者数は、過去最少の1603人だったことが13日、警察庁のまとめでわかった。昨年同期を72人下回り、統計の残る1948年以降、最少のペース。一方、75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故は昨年同期より32件増え、同庁は、自動ブレーキなどの高齢者向け機能を搭載した「安全サポート車」限定免許などの対策を検討している。
     死者のうち65歳以上の高齢者の割合は、過去最多の56・6%。年齢別では75~79歳と80~84歳がいずれも196人で最多だった。
     事故の状態別で最も多かったのは「歩行中」にはねられた581人で、うち414人が65歳以上だった。65歳以上の約6割には、横断歩道外を渡る「横断違反」などの交通違反があった。
    (ここまで329文字 / 残り458文字)


    【高齢者事故多く「安全サポート車」限定免許検討】の続きを読む

    neko

    1: 2018/09/13(木) 15:12:40.70 ID:CAP_USER9

    初心者マークやシルバーマークをはじめ、赤ちゃんが乗っていることを示すものなど車には様々なステッカーが貼られているが、「家に猫がいます」というステッカーがSNSで話題を呼んでいる。「どうでもいい情報」という声がある一方、飼い主にとっては重要なメッセージだという意見も寄せられている。

    このステッカーは、黄色地に黒い猫のシルエットが描かれたもの。猫の下には「家に猫がいます」という言葉が書かれている。商品説明には、「車に乗っていない自宅でお留守番中の猫の存在を後方の車へ伝えます」と記されているが、後ろのドライバーにとっては不必要な情報。Twitterでも、「どうでもいい情報好き」という投稿が拡散し、ユニークで面白いと話題になっている。

    一方、「家に猫がいます」は、飼い主にとって重要なメッセージだという指摘も複数。事故などで動けなくなった場合、家に猫がいることを示すことで助けを求めるためのものだという。

    「事故などで自分が意識不明になった時にこのシールに気付いたら家にいる猫を保護してほしいという意思表示です」

    「何かあった時にこの人の家には猫がいるから猫に助けが必要と分かってもらうためです」

    「運転者が事故に遭い、救急搬送で入院や死亡した時に、万一を考えての表示です」

    「これを見たあなたがペットが家に残されていると気がつき、助けられるようにどうか動いてくださいという願いが込められています」

    「めちゃくちゃ大事な情報だと思う…私がもし出先でなにかあったときに、何らかの手を使って誰かが家にいる我が主のケアをしてくれたらどれだけいいだろう」

    また、「子供が乗っています」「Baby in car」というステッカーも、「事故になったときは子供を先に助けて下さい」「まず赤ちゃんを探してほしいというご両親のお願い」という意味が込められているという。
    なお、「家に猫がいます」の開発意図や使い道を確認ため、販売元にも問い合わせたが連絡を取ることはできなかった。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15296592/



    【【話題】車に謎の「家に猫がいます」ステッカー どうでもいい情報ではなく意味が…「事故などあったら猫を保護してほしい」】の続きを読む

    1: 2018/09/12(水) 19:30:03.05 ID:CAP_USER9

    no title


     スバルはSUV(スポーツ用多目的車)「XV」にハイブリッド車(HV)を追加して、11日から先行予約を始めた。搭載するのは、加速時のガソリンエンジンをモーターが補助する「マイルドハイブリッド」システム。モーターで低速時のエンジン駆動を助けることで、よりスムーズな加速ができるようになる。

     XVは2017年5月に全面改良され、今年9月までに約4万台を売った主力車種。HVの発売日や価格は10月に発表する。14日には、7月に売り出したSUV「フォレスター」のHVを発売予定。今年8月まで10カ月連続で前年割れと、低迷する国内販売で巻き返しを図る。

    2018年9月12日12時16分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL9C51K9L9CULFA01T.html


    【スバルのSUV「XV」にハイブリッド車、加速スムーズ 14日はSUV「フォレスター」のHVを発売予定】の続きを読む

    1: 2018/09/12(水) 09:55:13.88 ID:CAP_USER9

    no title

    no title


    ■フェラーリ51台全損のフェラーリ正規ディーラーはどんな場所に

    ※省略

     神戸地方気象台の発表によると、高潮警報は9月4日午前2時50分、同午前6時23分、同9時28分と合計3回、発表され注意を呼び掛けていましたが、神戸市にあるフェラーリ正規ディーラーでは51台ものフェラーリが海水につかり全損となってしまいました。全損となった51台のフェラーリは、事前に避難させることはできなかったのでしょうか。また今後、その車両はどのような扱いとなるのでしょうか。

     高潮の被害を受けたフェラーリ正規ディーラー「オート・カヴァリーノ」は神戸にある人工島「六甲アイランド」の北東側にあります。阪神高速の「六甲アイランド北」ランプのすぐ近くで、入り組んだ湾の奥に位置しており、周辺の倉庫や店舗なども約30本のコンテナが海に流出したり、冠水した車両十数台から火災が発生したり、甚大な被害を受けました。4日午後3時半頃には神戸市災害警戒本部より、六甲アイランド全域に避難指示(緊急)が発令されましたが、この時間帯にはすでに海水がかなりの高さまで侵入していたと思われます。

     なお、同じ六甲アイランドの中にある「ポルシェセンター神戸 六甲アイランド認定中古車センター」に聞いてみたところ「高潮の被害は全くありませんでした。事前に車を移動させることもやっていません」とのことでした。フェラーリ51台もアイランドの中央部にまで移動していれば、このような甚大な被害にはならなかったかもしれません。

    ■「全損」となったフェラーリ51台、本当に全く使えない?

     被害の概要としては、ディーラーに置いてあった53台のうち51台が高潮によって「全損」の扱いとなるようです。残り2台は修理などでリフトの上にあって難を免れたということです。ディーラーの公式サイトによると、新車で扱っているリストには以下の車がラインナップされていました。

    ・812 Superfast・GTC4Lusso・488 GTB・488 Spider・GTC4Lusso T・488 Pista・Portofino

     今回、塩水を被ってしまったフェラーリたち、1台平均3000万円としてみても51台ともなると、被害額は十数億円にも達します。これらの車両は全く使えないのでしょうか? フェラーリのメカニック歴20年以上、自らもV8からV12まで一通りフェラーリを乗り継いで、現在はフェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーを扱う、ガラ・オートモーティブ株式会社(静岡県静岡市)の営業主任を務める伊藤隆利氏に聞いてみました。

    ――フェラーリ51台が高潮で全損というニュースをご覧になった時、どう思われましたか?

     大変驚きました。過去、国内において正規ディーラーがフェラーリを高潮や火災、なんらかの天災により全損させるような事があったという記憶がないからです。

    ――実際、高潮(=海水)では、ホントに全損になりますか? パネルごとに洗浄すれば使えることもありますか?

     ※省略

    ――正規ディーラーではフェラーリにはどんな保険が掛けられているのでしょうか? 今回の高潮被害によって、51台分の保険は全額支払われるのでしょうか?

     ディーラーごとに保険の掛け方は違うと思います。所有車両全車に満額の保険を掛けることは大変な金額になるため、車両ごとに保険をかけてはいないと思います。そのあたりは詳しいことがわかりません。51台の中には、新車納車待ち、展示車、ユーズドカーや、お客様からの修理預かり、またフェラーリジャパンからの預かり宣伝車両(488 Pista)などがあるようですので、車両ごとの対応をすることになると思います。

     修理預かりなどで入庫中の車であれば、お客様が加入している保険を使わせていただくなどの方法を選択せざる得ないことも考えられます。いずれにしても、おそらくですが、51台分全額保険支払いは難しいと思います。

    ■海水を浴びたフェラーリを修理して乗ることは可能か?

    以下全文はソース先で

    2018.9.12
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180912-10341529-carview



    【【台風21号】被害額は十数億円…高潮で全損のフェラーリ51台 海水を浴びた新車のフェラーリはその後どうなる?】の続きを読む

    1: 2018/09/12(水) 10:37:38.93 ID:CAP_USER9

    no title


    ■短時間でドアを開錠

    ベルギーにあるルーヴェン・カトリック大学の研究チームが、テスラやマクラーレンといったブランドが採用するキーレスエントリー&スタートシステムのセキュリティに、重大な欠陥があることを指摘した。

    コンピュータセキュリティおよび産業暗号研究グループ(COSIC)は、2台のテスラ・モデルSのキーフォブを「あっという間に」攻撃し、複製できたそうだ。ハッカーなら、短時間でドアを開錠して、クルマをスタートさせてしまう。

    ソフトウェア会社のペクトロン(Pektron)が開発したこのシステムは、多くの高級車に採用されている。研究チームによると、ペクトロンのシステムはクルマとキーフォブが同時に近くにない場合でも、それぞれをハッキングできてしまうので、同じタイプの他のシステムよりも簡単に攻撃できるようだ。

    いかに短時間でモデルSをハッキングできるか、動画を見ればよくわかる。

    【動画】 わずか数秒 COSICが映像公開
    https://www.youtube.com/watch?v=aVlYuPzmJoY



    マクラーレンは、この研究結果が「当社の車両セキュリティシステムに潜む理論上の脆弱性」を示すことを認めたが、「当社の車両に影響があることは証明されていませんし、マクラーレン車がそのような方法で不正アクセスされたという報告は1件もありません」と言う。とはいえ、顧客にはこの問題をメールで通知し、クルマのキーフォブ・シグナルをブロックするポーチを送っている。

    テスラはこの研究結果を受けて、少し前に「ピン・トゥ・ドライブ」というセキュリティ機能を公開した。研究者はオーナーに対し、併せてパッシブ・エントリー・システムを無効にすることを推奨している。

    2018.9.12
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180912-10341527-carview


    【テスラ、キーレスにセキュリティ欠陥か 研究チーム、実証動画を公開】の続きを読む

    b

    1: 2018/09/12(水) 13:04:33.89 ID:CAP_USER9

     マツダは同社初となるディーゼルエンジンをベースとしたハイブリッド車(HV)を投入する方針を固めた。2020年をメドに欧州と日本で発売し、米国などにも投入を検討する。独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正や環境規制強化でディーゼル車には逆風が吹く。日本勢でも開発縮小や撤退の動きが広がるなか、ディーゼルに賭けるマツダの勝算はどこにあるのか。

    ■主力SUV「CX-5」で

     まず主力SUV(多目的スポーツ…

    ※全文は会員登録をしてお読みいただけます

    2018/9/12 8:01日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35254980S8A910C1000000/


    【マツダ、初のディーゼルHVを投入 電動化で燃費2割向上 主力SUV「CX-5」で】の続きを読む

    このページのトップヘ