政策/法律

    1: 2020/01/21(火) 11:31:35.54 ID:KSxE/ckM9

     スマートフォンなどを操作しながら車を走行させる「ながら運転」の罰則が強化されたのに伴い、スマホを使った防止アプリという新たなサービスが注目を集めている。開発・提供するIT関連会社や保険会社には、厳罰化した改正道交法が施行された昨年12月以降、問い合わせが相次いでいるという。(津田和納)

     「運送会社や営業車を抱える企業からの問い合わせが絶えない」と話すのは、カナダのブリティッシュ・コロンビア(BC)州に拠点があるIT関連会社「イーブレーキ テクノロジーズ」の日本担当の山川雅弘さん(55)=東京。同社は約2年前、走行中にスマホを使えないようにするアプリを開発。衛星利用測位システム(GPS)で一定以上の速度が感知されればスマホ画面がロックされる仕組みで、厳罰化に合わせ日本でも配信を始めた。

     同社によると、移動距離が長い北米地域では「ながら運転」による事故の増加が社会問題化。カナダ国内では、飲酒運転の6倍の危険性があると指摘され、防止策の模索が続く。最近では、ながら運転の撲滅を掲げるBC州の自動車連盟が、所有するレッカー車への搭載を決めたという。

     昨年12月になり厳罰化の報道が相次ぐと、国内の企業からの問い合わせが目に見えて増加。山川さんは「ながら運転で事故を起こすと、企業のブランド価値も傷つく」と指摘。「対策を講じることが、企業の社会貢献にもなる。今後、ますます取り組みに熱が入るだろう」と予測する。

     損害保険会社もサービスを展開する。損保大手「三井住友海上火災保険」(東京)は、走行中のスマホ使用を車載器で検知し、スマホのアプリで制御する「FOUR SAFETY(フォア セーフティー)」の提供を順次始めている。

     車載器は4千円程度だが利用料は無料。同社は「保険の契約者以外にも幅広く利用してもらえるサービスにした。積極的に事故防止に取り組むことが、企業の新たな価値をつくることにつながる」とする。

         ◇     ◇

    ■違反点数、反則金3倍に ながら運転厳罰化で摘発大幅減

     厳罰化で「ながら運転」の違反点数や反則金は従来の約3倍となり、酒気帯び運転と同様、刑事罰の対象となった。「携帯電話使用等違反」のうち、携帯電話を手に持って通話したり、画面を注視したりする「保持」は10万円以下の罰金に。使用により事故を起こす「交通の危険」を生じさせた場合は、30万円以下の罰金。いずれも懲役刑が適用され、「交通の-」は免許停止処分の対象になる。

     兵庫県警交通企画課によると、ながら運転の摘発は2018年12月の1カ月間で1554件あったが、厳罰化後の昨年12月は905件と約42%も減少した。同課の担当者は「厳罰化されて以降、気を付けようという機運が高まっている」とする。

     県警は厳罰化に先立ち、昨秋ごろから広報や啓発活動も強化。昨年10月には東灘、灘、芦屋署が合同で特別取締隊を発足させた。

     篠山署は昨秋、地元の自動車教習所と連携し、「ながら運転」を体験できる教室を開催。参加者がスマホを操作しながら運転したところ、ウインカーを出し忘れたり、蛇行をしたりと危険な運転が見られたという。(津田和納)

    1/21(火) 8:12
    神戸新聞NEXT
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000000-kobenext-sci
    no title


    【「ながら運転」厳罰化、防止アプリに企業からの問い合わせがひっきりなし 走行検知、スマホ画面をロック】の続きを読む

    危険運転に停車

    1: 2020/01/15(水) 23:31:57.65 ID:NDiEDU/r9

    ※夜の政治

    森雅子法相は15日、自動車運転処罰法に規定する危険運転の構成要件の拡大を法制審議会に諮問した。他人の車の前に急に割り込み、自分の車を停止させる行為を罰せるよう法制化したい考えだ。答申を受け、改正案を20日召集の通常国会に提出する方針。

    神奈川県大井町の東名高速道路で2017年6月、あおり運転を受け、追い越し車線上で停車させられたワゴン車が後続のトラックに追突され、夫婦が死亡した事故を受けた対応。森氏は法制審臨時総会で「あおり運転は悪質、危険な行為。厳罰化を求める声も高まっている」と述べた。

    自動車運転処罰法2条は、危険運転を6つに類型化。その一つとして、妨害目的で走行中の車の直前に進入したり、人や車に著しく接近したりする行為を定めており、あおり運転の摘発は、この規定を適用することが多い。ただ、加害者側の車が、衝突すれば重大事故となる速度で走行していたことが成立要件となっており、停止した車によって起きた事故には、適用できないとの司法判断が出ていた。

    今回の諮問では、追加する類型として(1)衝突すれば重大事故となる速度で走行している被害者側の車の前に、割り込むなどして停止する(2)高速道路や自動車専用道路上で、被害者側の車の前で停止したり、接近したりし、被害者側を停止・徐行させる――行為を提案した。(2)は加害者、被害者ともに速度がゼロであっても、後続車に追突され、死傷者が出る危険性を想定している。

    神奈川県大井町の東名事故で危険運転致死傷罪に問われた男の裁判では、一審、二審判決とも停止行為自体については危険運転と認めなかった。裁判は一審に差し戻され、係属中。〔共同〕

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54438630V10C20A1CR8000/
    2020/1/15 22:49


    【危険運転に「停車」追加 通常国会に改正法提出へ 森法相、法制審に諮問】の続きを読む

    kjo

    1: 2019/12/17(火) 13:18:03.01 ID:CAP_USER

    (日経新聞の仕様により画像引用ができません。自動ブレーキの主な性能基準の説明画像については元ソースでご覧下さい)

    赤羽一嘉国土交通相は17日、国産の新型乗用車を対象に、2021年11月から自動ブレーキの搭載を義務付けると発表した。歩行者への衝突を回避するなど国際基準と同等の性能を求め、メーカーに認定試験を課す。既存の車種やモデルは25年12月以降に販売する車に適用する。20年1月に関連制度を改正する。

    【関連記事】
    自動車部品メーカーが相次ぎ安全対策
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50719920X01C19A0TJ1000/
    車の後付け安全装置 スズキ、来夏にも商品化
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49077650X20C19A8TJ1000/

    高齢ドライバーによる事故が相次いだことを受け、政府は19年6月の緊急対策で自動ブレーキの搭載義務化や基準作りを検討し、年内に結論を出すとしていた。自動ブレーキは後付けでの搭載が難しく、販売済みの車は対象としない。輸入車についても24年以降、順次適用する。

    すでに大型トラックやバスは14年以降、搭載が順次義務化されており、今回の対象は普通自動車や軽自動車、3.5トン以下の貨物車両。性能認定試験では▽時速40キロで走行中、前方の停止車両に衝突せず止まる▽60キロで走行中、前を20キロで走る車にぶつからない▽30キロで走行中、時速5キロで横断する歩行者にぶつからず停止する――ことなどを満たすよう求める。

    性能認定を巡っては18年3月に始まった制度があるが、取得は任意で、歩行者に対する衝突回避試験も求めていなかった。20年1月に国際基準が発効するのを踏まえ、同様の水準へと厳格化する。

    自動ブレーキは18年に販売された国内の新車の84.6%に取り付けられている。ただ性能にはばらつきがあり、自動車各社は新たな基準への対応が必要になりそうだ。

    このほか、ブレーキとアクセルを踏み間違えた際、急な発進や加速を防ぐ装置の性能認定制度を創設し、20年度から申請を受け付ける。急発進防止装置は後付けで装着できるタイプもあり、トヨタ自動車とダイハツ工業が販売中。他の6社も20年夏以降の商品化を決めている。認定を受けているかどうかで消費者が安全性などを判断しやすいようにし、普及を後押しする。

    2019/12/17 10:14 (2019/12/17 12:22更新)
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53440790X11C19A2MM0000/


    【新型車の自動ブレーキ、21年11月義務化 事故対策で】の続きを読む

    ドライバーの7割超、「あおり」罰則強化求める

    1: 2019/12/07(土) 09:15:30.62 ID:Pnhpag769

     警察庁が今年10月、「あおり運転」について全国のドライバー(2681人)にアンケート調査を行った結果、74・6%が「罰則の強化」を求めていることがわかった。悪質なあおり運転は後を絶たず、処罰感情の強さが明らかになった。

     警察庁によると、全体の96・3%(2583人)が、あおり運転の抑止に向けて「何らかの方策が必要」と回答。具体策(複数回答)については、74・6%が「罰則の強化」を求め、60・9%が「ドライブレコーダーの普及促進」、43・8%が「積極的な取り締まり」、35・5%が「免許の取り消し」を選んだ。

     調査では、全体の35%(939人)が過去1年間にあおり運転の被害に遭っていたことも判明。被害の状況(複数回答)は「後方からの著しい接近」が最多の81・8%。「クラクションやハイビーム」が20・4%、「幅寄せ」が16・6%、「割り込み後に急ブレーキ」が14・9%だった。

     警察庁によると、車間距離保持義務違反の摘発件数(今年1月~10月末)は前年同期比14%増の1万2377件。道交法より罰則の重い刑法の適用も、昨年1年間(29件)を上回る34件で、内訳は暴行26件、傷害6件、強要と威力業務妨害が各1件だった。

    2019/12/06 20:48 読売
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20191206-OYT1T50237/


    【【警察庁調査】ドライバーの7割超、「あおり」罰則強化求める】の続きを読む

    「停車行為」も危険運転

    1: 2019/12/04(水) 07:23:46.19 ID:VBfrcbDb9

    政府が、自動車運転処罰法で規定する危険運転の構成要件を見直すため、法改正を検討していることが3日、関係者への取材で分かった。他人の車の前に割り込み、自分の車を停車させるといった行為は、現行法では危険運転に当たるかどうかで法的に争いがあるため、構成要件として明文化させたい考えだ。

     森雅子法相が近く法制審議会に見直しを諮問する方向で調整している。政府は法制審からの答申を受けて、改正案を来年の通常国会に提出したい考えだ。

     神奈川県大井町で2017年6月、停車させられたワゴン車に後続のトラックが追突し、夫婦が死亡した東名高速道路事故が改正の動きの背景にある。

    12/4(水) 06:00
    https://this.kiji.is/574701994920543329


    【「停車行為」も危険運転へ】の続きを読む

    mk

    1: 2019/11/11(月) 18:04:54.60 ID:nZADOZxT9

    「過労運転でも即免許取り消し」にネット民騒然 対象になるのはどんなケース?
    2019.11.8

    「あおり運転」の罰則強化を検討している警察庁が11月7日、酒酔い運転や過労運転と同様に、あおり運転も即免許取り消しの対象とする方針を固めたことが報道された。

    これを受けて、ネット上では「過労運転で免許取り消しなんだ……」と、あおり運転よりも”過労”が原因で免許取り消しになることに驚く人が多かったようだ。

    警視庁の「交通違反の点数一覧表」によると、過労運転の違反点数は25点。これは即免許取り消しを意味する。

    過労運転とは――トラック運転手の基準は拘束時間「月293時間以内」

    道路交通法第66条第1項では

    「何人も、(略)、過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない」

    と過労運転を定義している。また、免許取り消しの行政処分に加え、「3年以下の懲役、または50万以下の罰金」という比較的重い罰則も設定されている。

    交通事故慰謝料協会によると、”過労”を認定する基準の1つに厚生労働省が公開している「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」がある。同基準では、トラック、バス、タクシーの事業種別に異なる基準を設けており、例えば、トラック運転手の場合は「1か月の拘束時間は293時間が限度」としている。

    さらに、「1日の拘束時間は13時間以内(残業する場合は16時間以内まで)」「2日間平均の運転時間は9時間以内」「4時間以上の連続運転も禁止」などの基準が細かく示されており、同会のサイトでは

    「この条件に1つでも違反していると過労運転と見なされます。例え健康状態が良好であっても、上記の条件から外れていれば過労運転の認定になる場合もあります。特に交通事故を起こしてしまったら運転時間などを調べられ、違反を指摘される可能性が高いでしょう」

    と警鐘を鳴らしている。

    「居眠り運転」のほうが罰則軽いことに疑問の声も

    そこまで過酷な勤務環境ではなくても、疲労からうっかり居眠りをしてしまうこともあるだろう。居眠りと過労運転は区別されており、居眠りは「安全運転義務違反」に当たる。つい混同しがちだが、違反点数は2点で、反則金(普通車9000円、大型車1万2000円)を支払えば、懲役刑などの罰則は免除されるなど、罪の重さは過労運転の場合と大きく異なる。

    過労運転の主なケースでは、2016年に広島県の「八本松トンネル」で、渋滞中の車列にトラックが追突し、火災が発生する多重事故があった。この事故では死者2人を含む多くの負傷者が出ている。原因となったトラック運転手は、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)、道路交通法違反(過労運転の禁止)の罪に問われ、既に懲役4年が言い渡されている。

    事故を起こさなくても逮捕されるケースもある。兵庫県では2015年、運送会社の社長が逮捕された。容疑は、自社の従業員が過労と分かっていながら、自社の利益のために運転させたため。高速道路の路側帯で仮眠中だったトラック運転手を職務質問したことから発覚したという。これら以外の事例でも、トラック運転手が摘発されるケースが目立つ。

    報道を受けて、ツイッター上では

    「『過労運転』したくてしてるわけじゃないと思うんだけど。そうさせてる会社が問題」

    などと不安や戸惑いを感じる人や、「より悪質な酒酔い運転やあおり運転より軽度の罰則にすべきだ」といった意見を挙げる人もいた。

    https://news.careerconnection.jp/?p=81783


    【【過労運転でも即免許取り消し!?】にネット民騒然 対象になるのはどんなケース?】の続きを読む

    費用

    1: 2019/10/28(月) 23:19:54.24 ID:Al1CnW7bM

    月極駐車場「年間42万」
    ガソリン「年間10万」
    車「数百万~数億」

    若者「は?電車でええわ」

    これが現実


    【若者「車欲しいなぁ」教習所「35万」税金「年間6万」保険「年間10万」車検「2年で6万」】の続きを読む

    スマホを車の「鍵」

    1: 2019/09/29(日) 08:14:44.78 ID:/lFye7uB0● BE:844481327-PLT(13345)

    国土交通省は10月中旬をメドに道路運送車両法に基づく保安基準を改正し、自動車の鍵の代わりにスマートフォンを使えるようにする。
    鍵を持たずにスマホでエンジンを始動できるようになり、カーシェアリングなど車を共同利用する際に鍵を受け渡しする必要がなくなる。利便性を高め、サービスの普及を後押しする。

    現行の保安基準は、車とセットで設計・製造された専用の鍵でエンジンを始動すると定めている。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50359300Y9A920C1EA5000/


    【車の鍵を持たずにスマホでエンジン始動可能に 国交省が保安基準改正】の続きを読む

    zz

    1: 2019/09/10(火) 23:02:09.98 ID:ZM5NJFTB9

    2019年9月10日22時27分 朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM9B5KCGM9BUTIL04B.html?iref=sptop_8_02

     ほかの車の走行を妨げるといった「あおり運転」の対策のため、警察庁は道路交通法を改正する方針を固めた。関係規定の罰則強化と、現行法では規定されていないあおり運転にあたる行為を新たに定めることを検討する。来年の通常国会への改正案提出を目指す。

     現行の道交法にあおり運転そのものの規定はなく、警察は様々な法令を駆使してきた。主には道交法の車間距離保持義務違反(罰則は高速道路が3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金、一般道が5万円以下の罰金)を適用。
    ほかに急ブレーキ禁止違反(3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金)、追い越しの方法違反(同)、進路変更禁止違反(5万円以下の罰金)なども適用した。
    より悪質な場合は、相手の運転者に心理的に恐怖を与えたなどとして刑法の暴行罪(2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金など)や、自動車運転死傷処罰法の危険運転致死傷罪(負傷は15年以下の懲役、死亡は1年以上の有期懲役)などで摘発してきた。
    さらに茨城県の常磐自動車道で8月にあった事件では、蛇行や割り込み、急ブレーキなどを繰り返し、車を無理に止めさせたとして、県警は全国初とみられる強要容疑で男を再逮捕した。

     警察庁は、車間距離不保持など道交法の関係規定の罰則強化や違反点数の引き上げを検討。あおり運転にあたる行為を道交法に新設し、その規定で取り締まりができるようにすることも視野に入れている。ほかの車の走行に危険を生じさせたり、停車を余儀なくさせたりといった行為を対象にしたい考えだ。新たに定める行為の罰則は暴行罪より厳しくすることを検討している。
     あおり運転は、2017年6月に神奈川県の東名高速で起きた事故をきっかけに社会問題化。あおり運転により停車を余儀なくされたワゴン車が後続の大型トラックに追突され、夫婦2人が死亡し、姉妹がけがをした。警察庁は事故を受け、昨年1月に全国の警察に摘発強化を指示し、昨年の車間距離不保持での摘発は前年の1・8倍の1万3025件に上っていた。ほかに殺人1件、傷害4件、暴行24件、自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷罪の妨害目的)25件を適用した。(八木拓郎、編集委員・吉田伸八)


    【【法律】あおり運転対策で道交法改正へ 暴行罪より厳しくすることを検討】の続きを読む

    nagara

    1: 2019/07/18(木) 19:27:55.79 ID:43iS2Xo69

    2019年7月18日 17時3分
    https://news.livedoor.com/article/detail/16792622/

     スマートフォンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」を厳罰化した改正道交法が施行されるのに伴い、警察庁は18日、反則金を3倍程度に引き上げる改正道交法施行令案を公表した。違反点数も3倍になる。また一定条件下でドライバーに代わってシステムが運転を担う「レベル3」の自動運転を可能とする同法の規定も施行されるため、自動運転に関する新たな違反行為の点数(2点)と反則金(普通車9千円など)を示した。

     いずれも今月22日から8月20日までパブリックコメント(意見公募)を実施。ながら運転は12月1日、自動運転は来年5月までの施行を目指す。

    以下ソースで


    【【交通違反】ながら運転、反則金を約3倍に 自動運転の違反行為も設定】の続きを読む

    マンションの駐車場で方向転換

    1: 2019/07/16(火) 20:10:56.68 ID:aQAdWgyj0

    ワイいつも近くのマンションの駐車場で方向転換してから自分の家の車庫に車入れてるんやけどこれっていかんのか?
    ネットで調べても正当な理由ないから住居侵入罪にあたるとか言ってるやつもおるしぶつけてないからセーフみたいな意見もあるしようわからん


    【【急募】車の法律に自信あるヤツ来てくれ!!】の続きを読む

    1: 2019/06/04(火) 09:21:37.08 ID:NLhOULs59

    政府は3日、自動車メーカーに義務づける新たな燃費規制案をまとめた。2030年度までに新車の燃費を16年度実績と比べ、全体で約3割改善するように求めた。二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を新たに燃費規制の枠組みに加え、環境への対応強化を促す。

    経済産業省と国土交通省が3日、両省合同の有識者会議に政府案を提示した。新規制案では、30年度の燃費目標はガソリン1リットル当たり、25.4キロとした。16年度実績は19.2キロで、30年度までに32.4%の改善が必要になる。

    これまでEVは普及率が低く、走行時にガソリンを使用しないことなどから、燃費算出の対象としていなかった。だが、今後普及が進むとみられることもあり、発電時に消費するエネルギーを燃費に換算する「電費」の考え方を取り入れ、新たに対象に加えた。

    それでもガソリン車やディーゼル車に比べ、燃費効率は大幅に優れているため、メーカーはEVなどの販売を増やせば、目標を達成しやすくなる。

    規制の対象となるのは、定員9人以下か総重量3.5トン以下の乗用車。政府がメーカーごとに、その社の全車種の平均的な燃費を算出し、その数値(非公表)に応じてメーカー単位で目標を割り当てる。目標に達しない場合、メーカーに勧告や命令をして、従わなければ100万円以下の罰金を科す場合がある。

    17年時点でEVは乗用車全体の0.41%(1・8万台)、PHVは0.82%(3.6万台)にとどまる。政府は30年までにEVとPHVの普及率を20~30%に上げる目標を掲げている。政府は有識者会議を経て、年度内に新規制を実施する方針だ。【土屋渓】

    6/3(月) 23:04
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000097-mai-bus_all
    no title


    【新車の燃費規制、3割改善義務づけへ…EV・PHVも対象 2030年にリッター25キロ】の続きを読む

    自動運転中のルール整備

    1: 2019/05/28(火) 14:49:39.49 ID:CAP_USER

    自動運転車の公道走行を可能にする改正道路交通法が28日の衆院本会議で可決、成立した。緊急時にドライバーが手動で運転できることを前提に、自動運転車の運転中にスマートフォン(スマホ)や携帯電話を手に持って操作することが可能になる。

    道路の種類や天候など一定の条件のもとでシステムが運転し、緊急時にはドライバーが操作する「レベル3」の自動運転を対象に、ルールを整備する。政府は2020年をめどに「レベル3」に対応する技術の実用化をめざしている。

    緊急時に手動運転にすぐに切り替えられる状態であれば、スマホ操作などの「ながら運転」を認める。ドライバーには交通ルールを守る「安全運転義務」が課されることは変わらない。飲酒も引き続き禁止する。

    同法は参院で先に審議し、4月12日の参院本会議で可決、衆院に送付されていた。

    2019/5/28 14:30
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45357170Y9A520C1000000/


    【【スマホ操作は許可へ】自動運転中のルール整備 改正道交法が成立】の続きを読む