光岡

    1: 2016/09/09(金) 18:58:20.18 ID:CAP_USER

    http://www.asahi.com/articles/ASJ9743GQJ97PLFA006.html

    電気自動車(EV)をつくるベンチャー企業が国内でも台頭してきた。光岡自動車(富山市)は7日、
    2人乗りの小型EV「Like(ライク)―T3」の本格販売を始めたと発表した。各社とも、大手とは一線を画した
    個性的な車で勝負するが、販売力の弱さなどが課題だ。

    ■6時間充電で60キロ
     「急激に売れていく気配を感じている」。光岡が大阪市内で開いた説明会で、光岡進会長は手ごたえを話した。
     Like―T3は三輪型で、家庭用コンセントから6時間でフル充電できて約60キロ走れる。荷物は100キロまで積め、
    トヨタ車体の1人乗り小型EV「コムス」の30キロより多い。
     2012年から始めた試験販売では、小口配達の現場や観光地での近距離レンタカーとして採用されたほか、
    果物の収穫用などに農家からも注文が来ている。8月から全国の自動車販売店など20カ所を通じても売り始めた。
    経済産業省の補助金を使えば、価格は税抜き126万4千円からだ。
     光岡会長は「EVをつくらないと業界で取り残されると思った」と話す。規格上は「側車付き軽二輪車」で、
    車検や車庫証明がいらない。モーターを車両の後ろに配置し、坂道での安定性も確保したという。
    「需要の少ないニッチな市場で大手メーカーはなかなかできない」とみて、17年は300台の販売を目指す。

     今後もEV開発に力を入れ、17年に1人乗りの三輪型EV、19年には四輪の小型EVを発売するという。

    (続きはログイン)


    光岡自動車の「Like―T3」
    no title

    GLMの「トミーカイラZZ」
    no title

    FOMMの「コンセプトOne」
    no title

    タジマモーターコーポーレーションの「超小型モビリティ」
    no title

    日本エレクトライクの「エレクトライク」
    no title

    rimOnO(リモノ)の電気自動車「rimOnO」
    no title

    国内の主なEVベンチャーの車
    no title


    【ニッチなEVベンチャー台頭 光岡自動車「EVをつくらないと業界で取り残される」】の続きを読む

    1: 2016/08/18(木) 22:27:11.82 ID:CAP_USER

    http://autoc-one.jp/news/2854331/
    no title



    光岡自動車は、新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」を発表し、8月22日(月)より発売する。価格(消費税込)は、
    1026万円~1104万8400円となる。
    新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」は、トヨタの高級ミニバン「ヴェルファイア」をベースに全長を1400mm延長した
    存在感のあるバンタイプの洋型霊柩車で、広い室内空間は自由なレイアウトが可能になっている。
    光岡自動車では、オリジナルカーの「オロチ」「ゼロワン」や、国産車をベースに架装を施す「ビュート」等、長年培ってきた
    生産技術とノウハウをもって霊柩車などの特装車両製造も手がけてきた。
    この新型霊柩車の製造生産も「オロチ」や「ビュート」と同様、1台1台職人の手作業によって行われる。車台延長工程では
    職人自らが部品図を描いて溶接を行い、国内では最大級となる8基の塗装下地ブースと3基の塗装ブースであらゆる板金塗装に対応し
    要望に応じた内装や装備をしつらえる。

    なお、8月22日(月)から24日(水)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されるエンディング産業展2016(ENDEX)の会場で、
    新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」の初お披露目を行う。

    新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」車両概要
    トヨタのミニバン「ヴェルファイア」をベースに全長を1,400mm延長したファミリータイプの洋型霊柩車
    全長×全幅×全高:6335mm×1850mm×1930mm

    排気量:2493cc

    駆動方式:2WD(FF) / 4WD

    乗車定員:5名


    【光岡自動車、高級ミニバン「ヴェルファイア」をベースにした霊柩車を発売】の続きを読む

    1: 2016/05/06(金) 15:52:40.37 ID:CAP_USER*

    創業以来、独創的なクルマを作り続けている光岡自動車。
    ショーで飾られているところしか見たことがなかったスーパーカー「オロチ(大蛇)」が、
    街中を走っているのを見かけた時には興奮したものだ。

    そんな光岡自動車から発売されているオープンカー「ヒミコ」が、
    昨年6月にイギリスに導入され好評を博しているという情報を聞いたものだから、気になってしょうがなくなってしまった。
    しかも、今年5月に行われるロンドンモーターショーにも「ミツオカロードスター(日本名:ヒミコ)」として出展が決まっているそうだ。
    ショーにはコンパクト4ドアセダン「ビュート」も参考出展するとの情報も入手した。
    なぜ今イギリスなのか? そんな光岡自動車の不思議に迫ってみたい。

    さて、話を進める前に、まずはこの2台について簡単に説明をしておこう。
    今回情報がもたらされた「ヒミコ」は、3代目マツダ・ロードスターをベースに前後を同社の特徴である1930年代のクラシックカー風
    のデザインへと変更した2シーターオープンカーとなっている。

    もう1台の「ビュート」は、ベースに日産・マーチを使用し、1960年代に一世を風靡した英国車のジャガー・Mk2を
    デザインモチーフに、ノーズ部分とテール部分をオリジナルで作っているクルマだ。
    どちらもハンドメイドで、丁寧に製造されている。

    さて実際のところ、イギリスで好評だという話は本当なのだろうか? 光岡自動車の広報部に聞いてみた。
    ヒミコに、すでに15台の予約受注が入り、滑り出し好調という情報があるが、実際はどうなのだろうか? 

    「先日の記者会見の時点では15台だったのですが、現在は18台に増えています。
    他にも手付けをいただいているクルマもあり、かなり手応えを感じています」

    販売目標が年間24台ということで、順調に推移しているとのことだ。
    ただ24台は少ないと感じる読者もいるだろうが、1台1台丁寧にハンドメイドで作るのが光岡自動車のスタイルのため、
    これ以上の増産は難しいとの理由で、この台数となっているとのことだった。

    しかし、なぜ今イギリスに進出しようと考えたのだろうか? 
    「実は相当数のビュートが、イギリスに並行輸入されているということがわかり、当社のマーケットとして有望と考えたためです」
    そのビュートの並行輸入には、光岡自動車が関わっているのだろうか? 
    「いえ、弊社が並行輸入を行っているわけではないんです。
    現地の並行輸入業者が、日本のクラシックカーを大量に買い付ける時にビュートも含まれているという感じです。
    古くからの歴史を大切にする風土がある国なので、クラシックな外観でコンパクトなビュートがウケたのだと思います。
    フィガロを数十台持っている専門店なんてものもあるようですから、市場はあるんです」

    日本でも珍しいフィガロの専門店とは驚いた! 
    ジャガー・Mk2をデザインモチーフにしているビュートは、イギリス人の琴線に触れたということのようだ。

    しかし、人気があるのに、なぜビュートから導入しなかったのだろうか? 
    「ビュートはフィガロなどと同じく、パイクカー的なオシャレなクルマに分類されるのですが、中古車が5000~7000ポンド(日本円で約81万~113万円)で
    取引されるなかで、新車と中古車の価格に幅がありすぎるという理由から、人気があるのはわかりつつも導入を控えました。
    そこで今回は、ロードスター(オープンカー)が人気のイギリス市場ということを考慮し、ヒミコ1台に絞ったという訳です」
    ヒミコは、現地価格で5万3800ポンド(日本円で約872万円)~となっており、モーガンの最上級グレードよりは安いミドルクラスに位置するらしい。

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160505-00048577-gendaibiz-bus_all

    ヒミコ
    no title

    no title

    no title


    【光岡自動車、英国で受注好調? ロンドンモーターショーにも出展】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/18(木) 15:35:13.24 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/02/18/270037.html

    光岡自動車の光岡章夫社長は2月18日に都内で開いた新車発表会で、現地代理店を通じてイギリスで販売を予定している
    『ミツオカロードスター(ヒミコ)』について、すでに見込み受注を得ており、15台を現地に供給したことを明らかにした。

    光岡自動車は5月に開催されるロンドンモーターショーに初出展するのを機にミツオカロードスターの販売を開始する予定。

    光岡社長は「現地の代理店が時間をかけて市場調査したところ間違いなく売れるということだった。
    というのもヒミコのベースのマツダ『ロードスター』のグローバル販売のうちの約半分が英国で、それだけマニアがいるわけだ」と述べた。

    その一方で「ところが基準認証をとるのに時間がかかった。現地の代理店に最初にあったのが2年前で、
    ようやくここまでたどり着けた」とした上で、「すでに15台を現地に送った」と明かした。

    ロンドンモーターショーにはミツオカロードスターのほか『ビュート』も出品する予定で
    、「ショーの反応をみて(ビュートの)受注も始めたい」と光岡社長は語っていた。

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【クルマ】光岡自動車、ミツオカロードスター(ヒミコ)イギリスで事前受注好調 ロンドンモーターショーに初出展】の続きを読む

    1: スターダストプレス(東日本)@\(^o^)/ 2015/07/17(金) 21:20:30.31 ID:U9gH+7K00.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    光岡自動車は、コンパクトセダン「ビュート」の派生モデル「ビュート なでしこ」を7月18日に発売する。価格は167万4000円。

    ビュートは日産自動車の「マーチ」をベースとした同社の「ファッションカー」。フロントマスクを大きく変更し、
    さらにベース車にはないトランクを追加してクラシカルなテイストを演出するモデルとなっているが、
    今回発売されるビュート なでしこは、トランク追加を省いてベースとなるマーチと同じ5ドアハッチバックの
    ボディースタイルを採用。セダンボディーのビュートが227万8800円~300万7800円という価格帯というところから、
    大幅に抑えた車両価格を実現している。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150716_712109.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【価格は頑張った!光岡自動車の中身はマーチ 5ドアボディー 「ビュート なでしこ」】の続きを読む

    このページのトップヘ