光岡

    1: 2018/10/10(水) 17:39:13.68 ID:CAP_USER9

     光岡自動車は10月9日、新型オープンカー「Rock Star(ロックスター)」を発売すると発表しました。価格は468万8200円(税込)から、まずは50台限定で先行オーダーを受け付けています。

     ロックスターは、同社の創業50周年を記念した特別モデルとして登場。昨今叫ばれる「若者のクルマ離れ」に対する同社の答えの1つとして「自由」をテーマに開発されました。マツダ・ロードスター(ND型)をベースに、1960年代のアメリカ車を思わせる独特の雰囲気を備えた強烈な個性を持つデザインに仕上げました。カラーはアメリカ各地の都市をイメージした6色から選べます。オプションとして、幌、ピラー、ドアミラーカバー、内装やシートの色も好みのものを組み合わせられます。

     ちなみに2018年は、NDロードスターベースの車両には2018年2月にクラシックカースタイルの「ヒミコ(Himiko)」を、また創業50周年記念モデルにはアニメ「デビルマン」コラボのスーパーカー「デビルマン オロチ」などのぶっ飛びモデルを続々と投入しています。

     主な仕様はNDロードスターと同じ、1.5リッターの「SKYACTIV-G」エンジンを備え、仕様と装備別に3種類のグレードを用意します。車体サイズは4355(全長)×1750(幅)×1235(高さ)ミリ。全長、全幅ともにベース車両よりやや大きくなっています。先行オーダー分の50台には、より雰囲気を演出できる「ヴィンテージタイヤ&ホイールセット」を特別価格で提供します。



    ねとらぼ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000048-it_nlab-bus_all
    画像 光岡自動車「Rock Star(ロックスター)」(2018年10月発表)
    no title


    【光岡さんすげぇ、古き良きアメ車風の“新型車”「ロックスター」を発売】の続きを読む

    1: 2018/09/17(月) 21:33:21.97 ID:CAP_USER9

    2018年9月17日 14時10分 乗りものニュース
    光岡自動車が、霊柩車の製造・販売に力を入れています。そもそもなぜ霊柩車なのでしょうか。旧来の豪華絢爛な「宮型」霊柩車が減っていく昨今、光岡の霊柩車にはどのような強みがあるのでしょうか。

    長く使っても「古く見えない」
     霊柩車といえば、おみこしのような装飾が施されたクルマをイメージするかもしれません。しかし、こうした「宮型」と呼ばれる霊柩車は近年数を減らし、欧米風の装備や装飾を施した「洋型」や、ミニバンタイプの霊柩車が増加しています。

     そのような状況のなか、霊柩車の製造・販売を強化しているのが光岡自動車(富山市)です。同社はクラシカルな見た目の改造自動車で知られますが、自社オリジナル車両も手掛けており、「日本で10番目の自動車メーカー」とされています。2015年には、国内自動車メーカー初のオリジナル霊柩車として、同社の「ガリュー」をベースとした「ミツオカリムジンタイプV」などを発売。その後も、トヨタ「アルファード」や「エスティマ」をベースとした寝台霊柩車「フュージョン」シリーズを発表するなど、ラインアップを強化しています。同社に話を聞きました。

    ――いつごろから霊柩車に力を入れているのでしょうか?

     もともと、1990年代にアメリカで霊柩車として改造されたキャデラックやリンカーンの並行輸入車を販売し、売れ行きがよかったことが背景にあります。その一方で、当社の「ガリュー」を改造した霊柩車も巷で見かけるようになり、2000年代前半から当社自身でも霊柩車の架装を始めました。表立って力を入れ出したのは5年ほど前、葬儀や終活関連の大きな展示会に出展するようになって以降です。

    ――現在のシェアはどれほどなのでしょうか?

     霊柩車市場におけるシェアは約20%で、業界では2位です。2018年度は180台(対前年比で約20%増)の販売を目標としています。

    ――どのようなタイプの霊柩車が人気なのでしょうか?

    「ガリュー」ベースの霊柩車がメインです。ほどんどの葬儀社さんが1台の霊柩車を20年程度使うなかで、たとえば「クラウン」をベースにしたものだと6~7年程度で新モデルに切り替わり、古さが感じられてしまいます。一方で「ガリュー」などの当社オリジナルモデルをベースにした霊柩車ですと、もともとがクラシカルなので、古さがあまり目立たず飽きがこないというお声をいただいています。

     また、たとえば「ガリュー」をベースとする5名乗車タイプの霊柩車と「リンカーン」ベースの輸入車とで比較すると、後者は価格が1.5倍程度高いので、リーズナブルな面も支持されているでしょう。

     一方、既存のミニバンを架装した寝台霊柩車「フュージョン」シリーズも販売台数が伸びています。これらは車内にストレッチャー(担架)を備えており、病院などからご自宅または安置場所へご遺体を運ぶ搬送車としても、霊柩車としても使用することができます。葬儀専用の霊柩車を購入しない葬儀社さんもありますが、搬送にも葬儀にも使えて、家族葬でも恥ずかしくないクルマとして選ばれるケースが増えています。

    今後はミニバンタイプが主流に? 変わる葬儀のあり方
    ――今後についてはどうお考えでしょうか?

     今後はミニバンタイプのように、搬送にも葬儀にも使えるタイプが増え、いずれ「ガリュー」ベース車のようなボディを切って伸ばすタイプ(ストレッチリムジン)の霊柩車が減少していくと見込んでいます。葬儀件数は微増しており、それにともなって車両の台数も増えていくと考えられますが、霊柩車が葬儀単価に見合わなくなっていく傾向も考えられます。

     というのは、亡くなられる方の平均年齢が伸びていますので、(故人の年齢に近い)参列者を呼んでもなかなか来られないというケースが増えているからです。すると必然的に家族葬など小規模な葬儀が中心になっていきます。当社が拠点を置く富山県内でも、たとえば300人収容の大ホールを、100人収容の3ホールに改装するといった葬儀場が出てきています。

    全文
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15318262/
    光岡「ガリュー」をベースとする「ミツオカリムジンタイプV」
    no title

    トヨタ「アルファード」を改造した寝台霊柩車「フュージョン」。「ヴェルファイア」や「エスティマ」ベースのものもある
    no title

    「ガリュー」ベースの「ミツオカリムジンタイプV」5名乗車タイプ
    no title


    【光岡が霊柩車に力を入れるワケ 自動車メーカーで唯一製造、海外展開も その強みとは】の続きを読む

    1: 2018/09/06(木) 21:07:55.91 ID:XzKDJ6cD0 BE:422186189-PLT(12015)


    「デビルマンオロチ」1台限定で1968万円
    no title

    https://www.mitsuoka-motor.com/devilman-orochi/
    no title



     光岡自動車(富山市)は6日、創業50年を記念し、アニメ「デビルマン」をモチーフにした特別企画車「デビルマン オロチ」を1台限定で発売すると発表した。

    流線型の赤い車体にデビルマンの顔やウイングをイメージした黒のデザインをあしらった。

    光岡自動車の創業年にちなみ、価格は1968万円。

    https://mainichi.jp/articles/20180907/k00/00m/020/015000c


    【光岡自動車、最新鋭スーパーカー「デビルマン」を発表】の続きを読む

    1: 2017/09/03(日) 03:24:43.49 ID:CAP_USER9

    光岡自動車は、三越日本橋本店(東京)が開催するイベント「GSJプレミアムウイーク ~Vol.2~」の連動企画として、4台限定の特別仕様車『ヒミコ 乱<RAN>』を発表、9月2~3日、9~10日の4日間、同店本館1階南口にて展示販売を行う。

    GSJプレミアムウイークは、ゲーム音楽の世界をリードする「ゲームシンフォニージャパン(GSJ)」と三越日本橋本店のコラボイベントで、今回はゲームプロデューサー シブサワ・コウ氏の世界がテーマ。シブサワ・コウ氏35周年記念の特別展示をはじめ、三越劇場でのGSJコンサートや、店内の各所での関連イベント、コラボメニュー、コラボ商品の提案など、文化としてのゲーム世界をさまざまな角度から表現する。

    今回発売するヒミコ 乱は、日本古来の「武の美」をテーマに表した4台限定の特別仕様車。

    戦場を駆ける騎馬さながらに特別なオーラを放つ専用ボディカラーは、日本の伝統色である漆黒と、藍鼠(あいねず・グレー)の2色を用意し、それぞれのルーフパネルとボディサイドには朱殷(しゅあん・レッド)を組み合わせている。また金色のフレークを塗布した技巧「花吹雪」で、ボディ表面は星空のような立体感を演出している。色の境界にできる数ミクロンの塗り分け段差をなくしたり、塗膜全体を研磨して不均一な塗装肌をなくすなど、塗装工程に手間をかけた。

    インテリアには、織田信長が愛用した「片身替」(かたみがわり)の着物をイメージした、漆黒と朱殷の半身ずつからなる「片身替」シートを採用。異なる素材を組み合わせた斬新な印象に仕立てている。また、金沢の純金箔をちりばめたインパネデコレーションパネルや七宝焼きラジエターグリルバッヂ、甲冑の一部を連想させるアルミホイールなどを採用。

    光岡自動車では「戦国時代の美意識を掻き立たせ、現代社会という乱世を生きる侍たちに贈る至高の1台」と謳う。価格は638万円。

    http://s.response.jp/article/2017/09/02/299274.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【光岡自動車】4台限定の特別仕様車『ヒミコ 乱<RAN>』を発表】の続きを読む

    1: 2016/09/09(金) 18:58:20.18 ID:CAP_USER

    http://www.asahi.com/articles/ASJ9743GQJ97PLFA006.html

    電気自動車(EV)をつくるベンチャー企業が国内でも台頭してきた。光岡自動車(富山市)は7日、
    2人乗りの小型EV「Like(ライク)―T3」の本格販売を始めたと発表した。各社とも、大手とは一線を画した
    個性的な車で勝負するが、販売力の弱さなどが課題だ。

    ■6時間充電で60キロ
     「急激に売れていく気配を感じている」。光岡が大阪市内で開いた説明会で、光岡進会長は手ごたえを話した。
     Like―T3は三輪型で、家庭用コンセントから6時間でフル充電できて約60キロ走れる。荷物は100キロまで積め、
    トヨタ車体の1人乗り小型EV「コムス」の30キロより多い。
     2012年から始めた試験販売では、小口配達の現場や観光地での近距離レンタカーとして採用されたほか、
    果物の収穫用などに農家からも注文が来ている。8月から全国の自動車販売店など20カ所を通じても売り始めた。
    経済産業省の補助金を使えば、価格は税抜き126万4千円からだ。
     光岡会長は「EVをつくらないと業界で取り残されると思った」と話す。規格上は「側車付き軽二輪車」で、
    車検や車庫証明がいらない。モーターを車両の後ろに配置し、坂道での安定性も確保したという。
    「需要の少ないニッチな市場で大手メーカーはなかなかできない」とみて、17年は300台の販売を目指す。

     今後もEV開発に力を入れ、17年に1人乗りの三輪型EV、19年には四輪の小型EVを発売するという。

    (続きはログイン)


    光岡自動車の「Like―T3」
    no title

    GLMの「トミーカイラZZ」
    no title

    FOMMの「コンセプトOne」
    no title

    タジマモーターコーポーレーションの「超小型モビリティ」
    no title

    日本エレクトライクの「エレクトライク」
    no title

    rimOnO(リモノ)の電気自動車「rimOnO」
    no title

    国内の主なEVベンチャーの車
    no title


    【ニッチなEVベンチャー台頭 光岡自動車「EVをつくらないと業界で取り残される」】の続きを読む

    1: 2016/08/18(木) 22:27:11.82 ID:CAP_USER

    http://autoc-one.jp/news/2854331/
    no title



    光岡自動車は、新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」を発表し、8月22日(月)より発売する。価格(消費税込)は、
    1026万円~1104万8400円となる。
    新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」は、トヨタの高級ミニバン「ヴェルファイア」をベースに全長を1400mm延長した
    存在感のあるバンタイプの洋型霊柩車で、広い室内空間は自由なレイアウトが可能になっている。
    光岡自動車では、オリジナルカーの「オロチ」「ゼロワン」や、国産車をベースに架装を施す「ビュート」等、長年培ってきた
    生産技術とノウハウをもって霊柩車などの特装車両製造も手がけてきた。
    この新型霊柩車の製造生産も「オロチ」や「ビュート」と同様、1台1台職人の手作業によって行われる。車台延長工程では
    職人自らが部品図を描いて溶接を行い、国内では最大級となる8基の塗装下地ブースと3基の塗装ブースであらゆる板金塗装に対応し
    要望に応じた内装や装備をしつらえる。

    なお、8月22日(月)から24日(水)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されるエンディング産業展2016(ENDEX)の会場で、
    新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」の初お披露目を行う。

    新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」車両概要
    トヨタのミニバン「ヴェルファイア」をベースに全長を1,400mm延長したファミリータイプの洋型霊柩車
    全長×全幅×全高:6335mm×1850mm×1930mm

    排気量:2493cc

    駆動方式:2WD(FF) / 4WD

    乗車定員:5名


    【光岡自動車、高級ミニバン「ヴェルファイア」をベースにした霊柩車を発売】の続きを読む

    1: 2016/05/06(金) 15:52:40.37 ID:CAP_USER*

    創業以来、独創的なクルマを作り続けている光岡自動車。
    ショーで飾られているところしか見たことがなかったスーパーカー「オロチ(大蛇)」が、
    街中を走っているのを見かけた時には興奮したものだ。

    そんな光岡自動車から発売されているオープンカー「ヒミコ」が、
    昨年6月にイギリスに導入され好評を博しているという情報を聞いたものだから、気になってしょうがなくなってしまった。
    しかも、今年5月に行われるロンドンモーターショーにも「ミツオカロードスター(日本名:ヒミコ)」として出展が決まっているそうだ。
    ショーにはコンパクト4ドアセダン「ビュート」も参考出展するとの情報も入手した。
    なぜ今イギリスなのか? そんな光岡自動車の不思議に迫ってみたい。

    さて、話を進める前に、まずはこの2台について簡単に説明をしておこう。
    今回情報がもたらされた「ヒミコ」は、3代目マツダ・ロードスターをベースに前後を同社の特徴である1930年代のクラシックカー風
    のデザインへと変更した2シーターオープンカーとなっている。

    もう1台の「ビュート」は、ベースに日産・マーチを使用し、1960年代に一世を風靡した英国車のジャガー・Mk2を
    デザインモチーフに、ノーズ部分とテール部分をオリジナルで作っているクルマだ。
    どちらもハンドメイドで、丁寧に製造されている。

    さて実際のところ、イギリスで好評だという話は本当なのだろうか? 光岡自動車の広報部に聞いてみた。
    ヒミコに、すでに15台の予約受注が入り、滑り出し好調という情報があるが、実際はどうなのだろうか? 

    「先日の記者会見の時点では15台だったのですが、現在は18台に増えています。
    他にも手付けをいただいているクルマもあり、かなり手応えを感じています」

    販売目標が年間24台ということで、順調に推移しているとのことだ。
    ただ24台は少ないと感じる読者もいるだろうが、1台1台丁寧にハンドメイドで作るのが光岡自動車のスタイルのため、
    これ以上の増産は難しいとの理由で、この台数となっているとのことだった。

    しかし、なぜ今イギリスに進出しようと考えたのだろうか? 
    「実は相当数のビュートが、イギリスに並行輸入されているということがわかり、当社のマーケットとして有望と考えたためです」
    そのビュートの並行輸入には、光岡自動車が関わっているのだろうか? 
    「いえ、弊社が並行輸入を行っているわけではないんです。
    現地の並行輸入業者が、日本のクラシックカーを大量に買い付ける時にビュートも含まれているという感じです。
    古くからの歴史を大切にする風土がある国なので、クラシックな外観でコンパクトなビュートがウケたのだと思います。
    フィガロを数十台持っている専門店なんてものもあるようですから、市場はあるんです」

    日本でも珍しいフィガロの専門店とは驚いた! 
    ジャガー・Mk2をデザインモチーフにしているビュートは、イギリス人の琴線に触れたということのようだ。

    しかし、人気があるのに、なぜビュートから導入しなかったのだろうか? 
    「ビュートはフィガロなどと同じく、パイクカー的なオシャレなクルマに分類されるのですが、中古車が5000~7000ポンド(日本円で約81万~113万円)で
    取引されるなかで、新車と中古車の価格に幅がありすぎるという理由から、人気があるのはわかりつつも導入を控えました。
    そこで今回は、ロードスター(オープンカー)が人気のイギリス市場ということを考慮し、ヒミコ1台に絞ったという訳です」
    ヒミコは、現地価格で5万3800ポンド(日本円で約872万円)~となっており、モーガンの最上級グレードよりは安いミドルクラスに位置するらしい。

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160505-00048577-gendaibiz-bus_all

    ヒミコ
    no title

    no title

    no title


    【光岡自動車、英国で受注好調? ロンドンモーターショーにも出展】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/18(木) 15:35:13.24 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/02/18/270037.html

    光岡自動車の光岡章夫社長は2月18日に都内で開いた新車発表会で、現地代理店を通じてイギリスで販売を予定している
    『ミツオカロードスター(ヒミコ)』について、すでに見込み受注を得ており、15台を現地に供給したことを明らかにした。

    光岡自動車は5月に開催されるロンドンモーターショーに初出展するのを機にミツオカロードスターの販売を開始する予定。

    光岡社長は「現地の代理店が時間をかけて市場調査したところ間違いなく売れるということだった。
    というのもヒミコのベースのマツダ『ロードスター』のグローバル販売のうちの約半分が英国で、それだけマニアがいるわけだ」と述べた。

    その一方で「ところが基準認証をとるのに時間がかかった。現地の代理店に最初にあったのが2年前で、
    ようやくここまでたどり着けた」とした上で、「すでに15台を現地に送った」と明かした。

    ロンドンモーターショーにはミツオカロードスターのほか『ビュート』も出品する予定で
    、「ショーの反応をみて(ビュートの)受注も始めたい」と光岡社長は語っていた。

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【クルマ】光岡自動車、ミツオカロードスター(ヒミコ)イギリスで事前受注好調 ロンドンモーターショーに初出展】の続きを読む

    1: スターダストプレス(東日本)@\(^o^)/ 2015/07/17(金) 21:20:30.31 ID:U9gH+7K00.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典

    光岡自動車は、コンパクトセダン「ビュート」の派生モデル「ビュート なでしこ」を7月18日に発売する。価格は167万4000円。

    ビュートは日産自動車の「マーチ」をベースとした同社の「ファッションカー」。フロントマスクを大きく変更し、
    さらにベース車にはないトランクを追加してクラシカルなテイストを演出するモデルとなっているが、
    今回発売されるビュート なでしこは、トランク追加を省いてベースとなるマーチと同じ5ドアハッチバックの
    ボディースタイルを採用。セダンボディーのビュートが227万8800円~300万7800円という価格帯というところから、
    大幅に抑えた車両価格を実現している。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150716_712109.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【価格は頑張った!光岡自動車の中身はマーチ 5ドアボディー 「ビュート なでしこ」】の続きを読む

    このページのトップヘ