光岡

    1: 2018/11/29(木) 18:28:06.48 ID:CAP_USER

    no title

    光岡自動車は、創業50周年を記念した新型車『ロックスター』 を11月29日に発表、12月1日より受付を開始する。生産台数は限定200台で、出荷開始は2019年6月頃が目途。

    コンセプトは「やんちゃ×スタイリッシュ×楽しさ」。 マツダ『ロードスター』をベースに、1960年代の2代目シボレー『コルベット』、通称「C2」と呼ばれるコルベット・スティングレイを想起させる個性的なスタイリングを採用した。ボディサイズは全長4345mm、全幅1770mm、全高1235mm で、マツダ・ロードスターより430mm長く、35mm幅広く、高さは同じとなる。

    エンジンはロードスターと同じ1.5リットル直列4気筒エンジンで、トランスミッションは6MTまたは6AT。ボディカラーは「ロサンゼルスブルー」など全6色。価格は469万8000~518万4000円。

    2019年度は50台の生産・出荷を予定。51台目以降は2020年度に75台、2021年度に75台の出荷を予定している。
    no title

    no title

    no title

    no title


    その他画像はこちらから
    https://s.response.jp/article/img/2018/11/29/316675/1363751.html

    2018.11.29 Thu 15:13
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2018/11/29/316675.html


    【【光岡 ロックスター】情熱の爆発、2シーター・オープンカー 限定200台【ベースはマツダ ロードスター】】の続きを読む

    1: 2018/10/10(水) 17:39:13.68 ID:CAP_USER9

     光岡自動車は10月9日、新型オープンカー「Rock Star(ロックスター)」を発売すると発表しました。価格は468万8200円(税込)から、まずは50台限定で先行オーダーを受け付けています。

     ロックスターは、同社の創業50周年を記念した特別モデルとして登場。昨今叫ばれる「若者のクルマ離れ」に対する同社の答えの1つとして「自由」をテーマに開発されました。マツダ・ロードスター(ND型)をベースに、1960年代のアメリカ車を思わせる独特の雰囲気を備えた強烈な個性を持つデザインに仕上げました。カラーはアメリカ各地の都市をイメージした6色から選べます。オプションとして、幌、ピラー、ドアミラーカバー、内装やシートの色も好みのものを組み合わせられます。

     ちなみに2018年は、NDロードスターベースの車両には2018年2月にクラシックカースタイルの「ヒミコ(Himiko)」を、また創業50周年記念モデルにはアニメ「デビルマン」コラボのスーパーカー「デビルマン オロチ」などのぶっ飛びモデルを続々と投入しています。

     主な仕様はNDロードスターと同じ、1.5リッターの「SKYACTIV-G」エンジンを備え、仕様と装備別に3種類のグレードを用意します。車体サイズは4355(全長)×1750(幅)×1235(高さ)ミリ。全長、全幅ともにベース車両よりやや大きくなっています。先行オーダー分の50台には、より雰囲気を演出できる「ヴィンテージタイヤ&ホイールセット」を特別価格で提供します。



    ねとらぼ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000048-it_nlab-bus_all
    画像 光岡自動車「Rock Star(ロックスター)」(2018年10月発表)
    no title


    【光岡さんすげぇ、古き良きアメ車風の“新型車”「ロックスター」を発売】の続きを読む

    1: 2018/09/17(月) 21:33:21.97 ID:CAP_USER9

    2018年9月17日 14時10分 乗りものニュース
    光岡自動車が、霊柩車の製造・販売に力を入れています。そもそもなぜ霊柩車なのでしょうか。旧来の豪華絢爛な「宮型」霊柩車が減っていく昨今、光岡の霊柩車にはどのような強みがあるのでしょうか。

    長く使っても「古く見えない」
     霊柩車といえば、おみこしのような装飾が施されたクルマをイメージするかもしれません。しかし、こうした「宮型」と呼ばれる霊柩車は近年数を減らし、欧米風の装備や装飾を施した「洋型」や、ミニバンタイプの霊柩車が増加しています。

     そのような状況のなか、霊柩車の製造・販売を強化しているのが光岡自動車(富山市)です。同社はクラシカルな見た目の改造自動車で知られますが、自社オリジナル車両も手掛けており、「日本で10番目の自動車メーカー」とされています。2015年には、国内自動車メーカー初のオリジナル霊柩車として、同社の「ガリュー」をベースとした「ミツオカリムジンタイプV」などを発売。その後も、トヨタ「アルファード」や「エスティマ」をベースとした寝台霊柩車「フュージョン」シリーズを発表するなど、ラインアップを強化しています。同社に話を聞きました。

    ――いつごろから霊柩車に力を入れているのでしょうか?

     もともと、1990年代にアメリカで霊柩車として改造されたキャデラックやリンカーンの並行輸入車を販売し、売れ行きがよかったことが背景にあります。その一方で、当社の「ガリュー」を改造した霊柩車も巷で見かけるようになり、2000年代前半から当社自身でも霊柩車の架装を始めました。表立って力を入れ出したのは5年ほど前、葬儀や終活関連の大きな展示会に出展するようになって以降です。

    ――現在のシェアはどれほどなのでしょうか?

     霊柩車市場におけるシェアは約20%で、業界では2位です。2018年度は180台(対前年比で約20%増)の販売を目標としています。

    ――どのようなタイプの霊柩車が人気なのでしょうか?

    「ガリュー」ベースの霊柩車がメインです。ほどんどの葬儀社さんが1台の霊柩車を20年程度使うなかで、たとえば「クラウン」をベースにしたものだと6~7年程度で新モデルに切り替わり、古さが感じられてしまいます。一方で「ガリュー」などの当社オリジナルモデルをベースにした霊柩車ですと、もともとがクラシカルなので、古さがあまり目立たず飽きがこないというお声をいただいています。

     また、たとえば「ガリュー」をベースとする5名乗車タイプの霊柩車と「リンカーン」ベースの輸入車とで比較すると、後者は価格が1.5倍程度高いので、リーズナブルな面も支持されているでしょう。

     一方、既存のミニバンを架装した寝台霊柩車「フュージョン」シリーズも販売台数が伸びています。これらは車内にストレッチャー(担架)を備えており、病院などからご自宅または安置場所へご遺体を運ぶ搬送車としても、霊柩車としても使用することができます。葬儀専用の霊柩車を購入しない葬儀社さんもありますが、搬送にも葬儀にも使えて、家族葬でも恥ずかしくないクルマとして選ばれるケースが増えています。

    今後はミニバンタイプが主流に? 変わる葬儀のあり方
    ――今後についてはどうお考えでしょうか?

     今後はミニバンタイプのように、搬送にも葬儀にも使えるタイプが増え、いずれ「ガリュー」ベース車のようなボディを切って伸ばすタイプ(ストレッチリムジン)の霊柩車が減少していくと見込んでいます。葬儀件数は微増しており、それにともなって車両の台数も増えていくと考えられますが、霊柩車が葬儀単価に見合わなくなっていく傾向も考えられます。

     というのは、亡くなられる方の平均年齢が伸びていますので、(故人の年齢に近い)参列者を呼んでもなかなか来られないというケースが増えているからです。すると必然的に家族葬など小規模な葬儀が中心になっていきます。当社が拠点を置く富山県内でも、たとえば300人収容の大ホールを、100人収容の3ホールに改装するといった葬儀場が出てきています。

    全文
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15318262/
    光岡「ガリュー」をベースとする「ミツオカリムジンタイプV」
    no title

    トヨタ「アルファード」を改造した寝台霊柩車「フュージョン」。「ヴェルファイア」や「エスティマ」ベースのものもある
    no title

    「ガリュー」ベースの「ミツオカリムジンタイプV」5名乗車タイプ
    no title


    【光岡が霊柩車に力を入れるワケ 自動車メーカーで唯一製造、海外展開も その強みとは】の続きを読む

    1: 2018/09/06(木) 21:07:55.91 ID:XzKDJ6cD0 BE:422186189-PLT(12015)


    「デビルマンオロチ」1台限定で1968万円
    no title

    https://www.mitsuoka-motor.com/devilman-orochi/
    no title



     光岡自動車(富山市)は6日、創業50年を記念し、アニメ「デビルマン」をモチーフにした特別企画車「デビルマン オロチ」を1台限定で発売すると発表した。

    流線型の赤い車体にデビルマンの顔やウイングをイメージした黒のデザインをあしらった。

    光岡自動車の創業年にちなみ、価格は1968万円。

    https://mainichi.jp/articles/20180907/k00/00m/020/015000c


    【光岡自動車、最新鋭スーパーカー「デビルマン」を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ