交通ルール

    1: 2018/11/08(木) 07:41:44.08 ID:655ltQbJ0 BE:837857943-PLT(16930)


    歩行者がいても、一時停止しない車が約9割…県別最下位の栃木県に聞いてみた【信号のない横断歩道 調査】
    https://www.fnn.jp/posts/00379660HDK
    no title


    【そいつの後ろに1台も車がいないのに道を譲ってくれるドライバーウザイ 行っちゃてくれ邪魔だ】の続きを読む

    koutuuru-ru

    1: 2018/11/06(火)07:31:11 ID:kop

    全交差点二段階右折の義務 ←これは世界各国見ても日本と台湾にしかないガラパゴス法律
    欧州では原則小回りがセオリー。
    車乗りが「自転車は車両だからルールを守れ」というのなら
    右折レーン進入も認めるべきだよなあ?



    自転車は歩道を走れ

    ↑もっと意味わかんない。「自転車は車両だからー」と言い張るのは車乗りの方だ
    なのになぜ車道走られると困るんだ?ルールを守って車道を走ってるだけなんだが(困惑)
    強引な追い越しとか無しだよな?側方間隔1.5m開けられないなら追い越すな 大人しく後ろで待ってろ

    とにかく自転車は車道走行だ。文句あるなら言え




    自転車はすり抜けすんな ←じゃあ側方間隔詰めて追い越しすんな


    【日本では車乗りが自転車乗りより偉いという事実】の続きを読む

    careful46_1

    1: 2018/10/25(木) 07:05:00.79 0

    信号のない横断歩道を渡ろうとする歩行者がいても、9割以上の車が一時停止しない--。こんな実態が、日本自動車連盟(JAF)の全国調査で判明した。
    2016年に調査を始めてからの一時停止率の全国平均は、16年7.6%、17年8.5%、18年8.6%で推移しており、
    道路交通法で定められた歩行者優先のルールが相変わらず守られていない。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000004-mai-soci


    【9割以上の車は信号のない横断歩道を渡ろうとする歩行者がいても一時停止しない】の続きを読む

    1: 2018/10/20(土) 15:15:15.06 ID:CAP_USER9

     栃木県警が、夜間運転でのヘッドライトの上向き使用(ハイビーム)についてドライバーに行った意識調査で、「原則ハイビーム使用」を「知っている」との回答が7割を超えたにもかかわらず、実際に行っている人が5割あまりにとどまっていることがわかった。実践しない理由では「まぶしくて他の車に迷惑をかけるから」との回答が多かった。道交法では、他の車に影響しないよう、こまめにロービームなどに切り替えるとされているが、県警は「多くのドライバーが『常時』ハイビームと誤解している」とみて、さらに広報活動を進めることにしている。

     調査は、県警交通企画課が今年8月、運転免許を更新したドライバーを対象に実施。男性578人、女性422人の計1000人から回答を得た。県警の広報活動「ハイビーム大作戦」が昨年4月にスタートしてから1年半となるのに合わせ、発表した。

     調査の結果、夜間の自動車運転時は「原則ハイビーム使用」とされていることを「知っている」とした人は76・2%に上った。一方、「夜間にハイビームで走行している」人は54・1%にとどまり、40%は「あまり、もしくはほとんど実践していない」とした。実践していない人に理由を問うと、56・3%の人が「まぶしさで迷惑をかける」ことを理由に挙げた。

     結果について、県警の福原泉・交通部長は「『原則ハイビーム』がおおむね周知されていることは良いこと」としながらも、「『常時ハイビーム』と誤って認識している人が多い」と指摘。「ハイビームとロービームをこまめに切り替える必要性を、粘り強く訴えていきたい」としている。

              ◇

     県警はドライバーへの意識調査と並行して、今年9月末から10月上旬に県内の国道や県道8か所で、夜間にハイビームで走行している車の台数を調査した。

     同様の調査は、昨年4月の「ハイビーム大作戦」開始時から半年ごとに実施しており、今回で4回目。

     調査の結果、先行車も対向車もない状態で走行した車1129台のうち、ハイビームを使用していたのは116台。ハイビーム使用率は10・3%で、今年4月の前回調査(7・9%)から2・4ポイント上昇し、過去4回の調査で最も高かった。特に、県道氏家・宇都宮線(通称・白沢街道)では、昨年4月の調査では0%だったが、今回は11・0%まで上昇した。

     県警交通企画課の星野健一次長は「『原則ハイビーム』について、一定の周知効果が表れている」とする一方、「実際にハイビームを使用してもらうまで、まだまだ隔たりがある。正しくハイビームを使用してもらうことで交通事故防止につながることを、引き続き呼びかけていきたい」と話している。

    2018年10月20日 10時00分
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20181019-OYT1T50040.html

    画像
    no title


    【夜間ハイビーム54%どまり…「他の車に迷惑」】の続きを読む

    ght

    1: 2018/10/09(火)19:04:31 ID:kpS

    説明しづらいんやが割と広い道で先に左に入れるとこあるから地元の人間は右に寄せて待っとるんや
    そんで直進する車は当たり前やが待ってて左に入りたい車は抜けていけるように右に寄せてるみたいな感じで
    ワイの左抜けていく車おったからてっきり左に入りたいんかなっと思って見とったらなんとワイの2,3台前に入ってきよったんや
    頭ん中が「????」だらけだったけど少し経ってからブチギレどころじゃなかったンゴ…


    【【悲報】ワイ、同一車線左側から追い越されるwwwwwww】の続きを読む

    image

    1: 2018/10/12(金) 07:28:22.01 ID:CAP_USER9

    高速道路で前方の車との車間距離を詰めすぎたなどとして、全国の警察が1~6月に道交法違反の車間距離不保持で摘発したのは6130件に上り、昨年同期の3057件から倍増したことが12日、警察庁への取材で分かった。社会問題化したあおり運転に対する取り締まりの強化が影響したとみられる。

    あおり運転を巡っては、昨年6月に神奈川県大井町の東名高速道路で、無理やり追い越し車線に停止させられた静岡市の夫婦が死亡する事故が発生。その後も、各地であおり運転絡みのトラブルが相次いだ。

    2018/10/12 06:31
    共同通信
    https://this.kiji.is/423230694165152865


    【【警察庁】あおり運転関連、摘発倍増 高速道路で上半期6000件】の続きを読む

    このページのトップヘ