交通ルール

    スマホ見ながら運転してたら

    1: 2020/01/22(水) 13:55:40.478 ID:O6jjmWl2d

    走行中隣に付けてきてジェスチャーでやめろってやられた
    確かにスマホ見ながら運転した俺も悪いけどバイク乗りに言われる筋合いは無くね?


    【高速道路でスマホ見ながら運転してたらバイクの奴に注意されたwwwwww】の続きを読む

    自転車

    1: 2020/01/20(月) 19:46:57.137 ID:jdF3tVHr0

    何が「いい、いい」だよ
    こっちはよくねぇわ


    【車で信号待ちしてたらすり抜けしてきた自転車がサイドミラーに当たってきたけど「いい、いい」みたいなジェスチャーして去ったわ】の続きを読む

    違反切られた

    1: 2020/01/09(木) 10:56:38.446 ID:TuzmLGT40

    まじ運転むずい!

    先月…
    速度超過
    右折禁止違反
    一方通行逆走
    黄色線で車線変更 

    今月…
    右折禁止違反
    歩行者の邪魔した違反
    一時不停止

    免停講習通知来てるわ


    【最近運転始めたけど2ヶ月で7回違反切られた!えへwwwww】の続きを読む

    運転中に携帯さわってましたよね

    1: 2020/01/08(水) 01:33:05.97 ID:T1mQMSDv0

    携帯「電源ついたままじゃないですか」
    ワイ「停止中にね」
    警察「うつむいてましたよね」
    ワイ「停止中にね」
    警察「明らかに触ってましたよね?」
    ワイ「停止中にね…」
    警察「なんで停止の呼び掛けに気付くのがおそかったんですか?」
    ワイ「停止ty…」
    警察「すいません ながらスマホです!応援お願いします」ジージー
    ワイ「」

    なめんな クズが


    【警察「運転中に携帯さわってましたよね」ワイ「停止中にね」←これwwwwwww】の続きを読む

    mmk

    1: 2020/01/02(木) 07:18:22.524 ID:LJCVJ7Nsa

    俺「もうちょっと早く走ってくれません?後ろつかえてるんで」
    ドライバー「こっちは制限速度を守って走ってるんですよぅwwwなんか文句ありますかぁwwww?」
    ぶん殴ってやろうかと思ったわ
    せっかくドライブしたのに新年早々嫌な気分になった


    【俺「おっそいなぁ・・・前の車」前の車ドライバー「さっきからなんですかピッタリくっついてきて」】の続きを読む

    nh

    1: 2019/12/30(月) 17:57:06.13 ID:CAP_USER

     29日夜、三重県四日市市でパトカーをあおるように車を運転し、職務質問しようとした警察官を蹴るなどした20歳の男が公務執行妨害の現行犯で逮捕されました。

     男は「パトカーがゆっくり走っていたので、むかついた」と供述しています。

     29日午後10時ごろ、四日市市堀木の国道で、乗用車がパトロール中のパトカーに後ろから車間距離を詰めたり前に割り込むなどあおるように走行しました。

     警察官が乗用車を停車させ、運転していた愛知県尾張旭市の自称・とび職、井坂有星容疑者(20)に職務質問しようとしたところ、胸ぐらをつかみ蹴るなどしたため、公務執行防妨害の現行犯で逮捕しました。警察官にケガはありませんでした。

     井坂容疑者は「パトカーがゆっくり走っていたので、むかついた」と供述していて、警察が犯行のいきさつを詳しく調べています。

    https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20191230_110419


    【パトカーに“あおり運転”…職質しようとした警官を蹴る 20歳男逮捕「ゆっくり走っていたのでむかついた」】の続きを読む

    駐車違反

    1: 2019/12/19(木) 20:29:08.54 ID:Mg/g2NM+9

    駐車違反をした車の使用者が違反金を納付しなかったとして、県警は、富山市と高岡市の男性2人の住居を捜索し、現金を差し押さえました。

     銀行口座などの差し押さえではなく、県警が滞納者の自宅に入り現金を差し押さえるのは、初めてです。

     放置違反金を差し押さえられたのは、富山市に住む20代の男性と高岡市に住む30代の男性です。

     2人は県内で駐車違反をした車の使用者で、期限までに放置違反金を納付せず、その後の督促にも応じなかったため、県警は放置違反金を差し押さえる目的でそれぞれの自宅内を捜索しました。

     富山市の20代男性の住居では放置違反金6万1700円を差し押さえ、高岡市の30代男性の住居では現金がありませんでした。

     県警によりますと、富山市の男性は17回分、高岡市の男性は2回分の放置違反金を滞納。

     県警は、これまで主に預貯金や給与を差し押さえてきましたが、滞納者の住居を捜索し放置違反金差し押さえたのは今回が初めてです。

    2019年12月19日 18時34分 チューリップテレビ
    http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20191219181304


    【駐車違反で住居を捜索し違反金を差し押さえ!?】の続きを読む

    MM

    1: 2019/12/09(月) 07:28:56.87 ID:LmBHjKug9

     「ながら運転」の厳罰化から1週間。アウトとセーフの境目を解説した報道が目立ったが、誤りも散見された。道路交通法の条文を見ていないからだろう。改めて規制の内容を示したい。

    ■条文の中身は
    ※中略

    ■処罰される行為は
    ※中略

    ■罰則のポイントは

    (a) たとえ交通の危険を生じさせなくても、携帯電話やスマホなどを手で持って通話のために使用したり、スマホやタブレットなどを手で持って表示画像を注視すれば、それだけで犯罪であり、最高刑は懲役6か月

    (b) 携帯電話やスマホなどを手で持って通話のために使用したり、手で持っているか否かを問わず車内に設置したり持ち込んだスマホやタブレット、カーナビなどの表示画像を注視し、交通の危険まで生じさせれば犯罪であり、最高刑は懲役1年

    (c) 「通話」ではなく「通話のために使用」という規制文言なので、着信音に気づいて携帯電話を手に持つとか、手に持ったまま発信して相手の着信を待つなど、実際に通話する前の状態でもダメ

    (d) 逆に、ハンズフリーやスピーカー機能を使うなど、手に持たない状態での通話使用は、通話の目的や内容を問わず、この規制の対象外

    (e) 交通の危険を生じさせず、かつ、手で持っていなければ、スマホやタブレット、カーナビなどの表示画像を注視していても、この規制の対象外

    (f) 通話使用や画像注視さえしていなければ、携帯電話やスマホなどを手に持っていても、この規制の対象外

    (g) 「停止」、すなわち赤信号などでの停車中や待ち合わせなどでの駐車中は、たとえエンジンをかけていても、この規制の対象外

    (h) 渋滞時のノロノロ運転を含め、わずかでも車を進行させていたらアウト

    ※中略

    ■なぜ2秒?

     ところが、報道では「2秒以上」とするものが目立つ。その根拠をまったく示していないものも多いし、2秒未満であればセーフであるかのような報道もある。

     実はこの2秒という数字は、2002年に国家公安委員会がカーナビ事業者などに向けて示した告示がもとになっている。

     次のような規定だ。

    「運転者が提供情報に過度に気を取られることによって交通の危険を生じさせないようにするため、自動車走行中には、次に掲げる情報を車載装置等の画面上において提供しないこと」

    「注視(おおむね2秒を超えて画面を見続けることをいう。)をすることなく読み取ることのできない複雑かつ多量な交通情報」

     要するに「約2秒以上も画面を見続けないと情報が読み取れないようなカーナビは危険だからダメ。そうならない製品を開発してくださいね」というだけの話だ。

     その意味で、この告示は道交法の「注視」という文言を定義したものとまでは言い難い。こうした行政解釈は一つの参考にはなるものの、裁判所の司法判断まで縛るとは限らない。

     警察が外部に向けて明らかにしたものである以上、スマホの「ながら運転」などの取締りでも、「おおむね2秒を超えて画面を見続ける」という行為に及んだか否かが重視されるのではないか、というわけだ。

     警察庁の「やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用」と題するホームページにも、次のような記載がある。

    「運転者が画像を見ることにより危険を感じる時間は運転環境により異なりますが、各種の研究報告によれば、2秒以上見ると運転者が危険を感じるという点では一致しています」

    「時速60キロで走行した場合、2秒間で約33.3メートル進みます」

    ■「2秒未満=セーフ」ではない

     ただ、重要なのは、その警察庁ですらも、「道交法の『注視』とは2秒以上見ることだ」とまでは明記していない点だ。

     危険発生の度合いは相対的なものであり、時速120キロであれば、わずか1秒間で約33.3メートル進む。2秒以上だとアウトだと言い切ってしまうと、2秒未満ならセーフだと考え、事故を起こすものも出てくる。

     現に「ながら運転」の取締りに当たっている警察官は、手に持ったスマホの画面に目を向けているドライバーがいると、検挙の手続に入る。その際、いちいちデジタル時計などを使って「1秒、2秒」とカウントしたり、客観的な秒数を記録して証拠に残すようなことまではやっていない。

    以下全文ソース先で

    前田恒彦 | 元特捜部主任検事
    12/8(日) 8:37
    https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20191208-00153643/

     


    【【ながら運転厳罰化】「2秒以上」の根拠は??】の続きを読む