運転

    30b46cac

    1: 2018/04/26(木) 20:00:29.95 ID:CAP_USER9

     「あおり運転」などで交通に危険を生じさせる恐れがあるとして、各都道府県の公安委員会が1~3月に免許停止の行政処分としたのは13件に上ったことが26日、警察庁のまとめで分かった。同様の行政処分はここ4年は年間でも4~7件しかなく、今年は例年の9倍のペース。各警察本部が交通違反としての摘発のほか、行政処分との両面から、悪質・危険な運転の封じ込めに乗り出した格好だ。

     死亡事故に発展する恐れがあるあおり運転が社会問題化し、警察庁は昨年12月、免許停止の行政処分の積極的な適用と取り締まりの強化を全国の警察に指示した。

    2018/4/26 19:31
    共同通信
    https://this.kiji.is/362184535394288737


    【「あおり」免停9倍ペース 警察庁指示後、1~3月 悪質・危険な運転の封じ込めに乗り出す】の続きを読む

    1: 2018/04/19(木) 20:05:48.59 ID:ySbdxs/Y0● BE:842343564-2BP(2000)

    追い越しなども注意! 初心者&高齢者にやってはいけない違法行為とは
    https://www.webcartop.jp/2018/04/227287

    no title


    仮免許練習中や身体障害者標識などの表示車両も同様!
     街を歩くと真新しいスーツに身を包んだ新入社員や、大きめの学生服やランドセルを背負った新入生たちを多く見かける。
    そうした4月、5月は、道路でも初心者マーク(正式には「初心運転者標識」)をつけた、免許を取りたてのドライバーを多く見かける時期でもある。

    免許を取得して1年未満のドライバーは、この初心者マークの表示義務があり、「免許を受けて1年未満の運転者の交通事故防止と保護」を目的として、法律が定められている。
    したがって、初心者ドライバーを保護するために、初心者マークを表示しているクルマに対して自動車の運転者は、危険防止のためやむを得ない場合を除き

    ・側方に幅寄せをする
    ・前方に無理やり割り込む=必要な車間距離が保てなくなるような進路変更

     を行ってはならないと、道路交通法で定められている(道路交通法第71条)。違反者には当然罰則があり、「初心運転者等保護義務違反」で、違反点数1点、反則金6000円(普通車)のペナルティが待っているので要注意。

    なお、「初心運転者“等”保護義務違反」とあるように、このルールは初心者マークだけでなく、高齢運転者マーク、聴覚障害者マーク(聴覚障害者標識)、身体障害者マーク(身体障害者標識)、仮免許練習中の標識を表示している普通自動車に対しても同様の対応が求められているので要注意。

    また、話題の「煽り運転」に関しては、初心者マークのクルマに限らず、全面的に違法となる。

     具体的には、前車との車間距離を必要以上に詰める行為は「車間距離不保持(道路交通法第26条)」、急な割り込みや幅寄せ等をする行為は「進路変更禁止違反(道路交通法第26条の2)」や、
    「急ブレーキ禁止違反(道路交通法第24条)」、左側から追い越しをする行為は「追越し違反(道路交通法第28条)」、パッシング、警音器を鳴らす行為は「減光等義務違反(道路交通法第52条)」、「 警音器使用制限違反(道路交通法第54条)」など。

    no title


    【【車の運転】初心者&高齢者にやってはいけない違法行為とは】の続きを読む

    no title

    1: 2018/04/18(水) 17:52:43.24 ID:CAP_USER9

    逆走防止、オレンジ色「入り口」青色は「出口」
    2018年04月18日 16時42分
    www.yomiuri.co.jp/national/20180418-OYT1T50024.html

     多発している逆走事案を防ごうと、山形県内の高速道路を管理するNEXCO東日本は昨年5月、山形自動車道の庄内あさひIC(鶴岡市)と、日本海東北自動車道の庄内空港IC(酒田市)で、本線に入る道路と出る道路の路面をオレンジ色と青色に色分けした。
     両ICは、スロープ状の道路を走行して高速道路を上り下りする構造ではなく、「平面交差」で高速道路とつながっているため、「誤って反対車線に進入する危険性が高い」(同社山形管理事務所)という。このため、進入禁止の看板を立てるだけでなく、路面も色分けすることで、「動体視力が低下したドライバーにも進入方向を分かりやすくした」。
     逆走監視機能を搭載したドライブレコーダーも市販されている。
     昨年12月に販売を始めたのは、車用品販売大手「オートバックス」(東京都)。全国2500か所以上のICやサービスエリア(SA)などを登録しており、ICやSAなどに近づくと、ドライブレコーダーの画面に「逆走注意」と表示される。万が一、逆走した場合には「逆走しています」と大きな音声で注意喚起する仕組みだ。
     オートバックス山形北店(山形市馬見ヶ崎)では主に60~70歳代の人や、高齢の両親の運転を心配する人たちが買い求めているという。価格は3万円程度。長崎俊幸副店長は「逆走はあってはならないが、万が一の備えとして高齢ドライバーにお薦めです」と話す。


    【高速道路 逆走防止、オレンジ色「入り口」青色は「出口」】の続きを読む

    このページのトップヘ