高速道路

    xv

    1: 2018/11/07(水) 18:03:54.208 ID:3sKXRMdRd

    スバル「XVはエンジンのリコール対象ではないだすね」

    俺「おっしゃ!納車!」ブーン!

    帰宅

    自動車板「リコール追加きたな」

    俺「!?!?」

    どういうことなん?誰か説明して?


    【【悲報】俺、スバルのXVをリコール追加当日に納車してしまうwwwwwwwww】の続きを読む

    vb

    1: 2018/10/30(火) 13:56:29.31 ID:CAP_USER9

    50キロ厳守の名古屋高速トンネル、取り締まりに新兵器
    2018年10月30日11時16分
    https://www.asahi.com/articles/ASLBR2D6DLBROIPE004.html?iref=comtop_8_06

     名古屋高速2号東山線の東山トンネル(名古屋市名東区~同市千種区、上り約3・2キロ、下り約3・6キロ)で、愛知県警が新たに導入した装置による速度取り締まりが始めた。トンネルでは従来の取り締まり装置が使えなかったが、今回、トンネルでも使える“新兵器”を活用する。
     2003年3月に開通した東山トンネルは、接続する半地下構造部分(吹上西出入口付近~四谷出入口の3・5キロ)を含め、時速50キロに規制されている。
     しかし、守っている車は少ない。名東区側の入り口には「50キロ厳守」の垂れ幕や複数の立て看板があるが、記者が平日午後に50キロで走行したところ、追い越された車は8分弱で67台にのぼった。
     今回、県警が取り締まりに投入するのが、持ち運びができる速度違反自動取り締まり装置で、いわば「可搬式オービス」だ。置いておけば自動的に違反車両を記録する。箱形の本体は奥行き38センチ、幅26センチ、高さ50センチで、三脚に設置する。県警では昨春に2台を導入、生活道路を中心に運用。今年9月にさらに3台が加わった。
     オービスは本来、固定式で、県…

    残り:981文字/全文:1436文字


    【50キロ厳守の名古屋高速トンネル、取り締まりに新兵器】の続きを読む

    77f713446f

    1: 2018/10/24(水) 17:41:19.60 ID:e2xEwhJQ0 BE:194767121-PLT(12001)


    7週連続ガソリン高騰!! なぜ高速道路は高い? 最安県はどこ?
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181024-00010000-bestcar-bus_all


    【寒い季節の高速道路のSAでの缶コーヒーとタバコと不味いホットスナックだな!!!】の続きを読む

    5ec

    1: 2018/10/15(月) 05:48:58.21 ID:CAP_USER9

    2018年10月14日 21時18分
    読売新聞

     西日本高速道路の近畿の一部路線で今年4~9月、ETC(自動料金収受システム)搭載車の利用者から、通行料を二重徴収していた問題で、同社は14日、二重徴収した全利用者の特定を進め、通行料を返金すると発表した。

     これまでは申告があった利用者にしか、返金していなかった。二重徴収が発生しないようシステム改修にも着手する。

     西日本高速によると、二重徴収は、一部の出入り口に料金所がなく、高速道路上に料金所がある▽西名阪道▽南阪奈道▽阪和道▽近畿道▽堺泉北道――の5路線で、4~9月に少なくとも計196件起きた。

     ETC利用者は出入り口のアンテナで交信して通行料を支払う。二重徴収は、ETC利用者が、ETCを使って高速に入った後、高速上の料金所で現金を支払い、出口でETCで課金された場合に発生。高速上で現金を払った利用者はシステム上では特定できず、申告があった利用者のみに返金していた。しかし、二重徴収された利用者が申告分だけで53人に上ったことから、5路線の全通行記録を1件ずつ調べ、全員に返金することにした。

     西日本高速は「ETCの通行方法を注意喚起していたが、二重徴収が想定より多く、今回の対応を取ることにした」としている。

     問い合わせは、専用ダイヤルへ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15443839/



    【西日本高速道路のETC車二重徴収、一転して全利用者に返金へ】の続きを読む

    このページのトップヘ