高速道路

    crsm0000000008

    1: 2017/07/31(月) 20:35:11.91 0

    NAのCVTでも静かに100キロクルージングできるぞ
    合流時の加速も普通に流れに乗れるだけのパワーはあるし

    高速でも静粛性やパワーは十分あると思うのだが、軽自動車っていうほど高速道路辛いか?


    【軽自動車っていうほど高速道路辛いか?最近の軽なら普通にへっちゃらなんだが】の続きを読む

    1

    1: 2016/10/21(金) 06:46:16.21 ID:CAP_USER9

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20161021-00000619-fnn-soci

    茨城・笠間市の高速道路で、走行中の車のフロントガラスに
    石のようなものがぶつかり、警察は、何者かが石を投げつけたと
    みて捜査している。

    20日正午ごろ、笠間市住吉の北関東自動車道で、走行中の車に、
    ゴルフボールほどの石のようなものが当たり、フロントガラスに
    ひびが入った。

    運転手の男性(67)にけがはなく、警察は、何者かが石を投げつけた
    とみて、捜査している。


    【高速道路走行中の車のフロントガラスにひび。何者かが石を投げつけた可能性。茨城】の続きを読む

    4e057380

    1: 2016/10/16(日) 19:36:07.938 ID:KINr4EQx0

    俺の主観だが割りとあっているはず
    ①モコ、ハスラー等の女向けの軽
    軽自動車なので煽らることはない
    速度が遅い以外はまともだが3割位頭がオカシイのがいる
    多分バックミラーが見えていないかついていないのだろう車線変更をぶつかる手前でしてくる
    さらに遅いので邪魔になる
    全体の中ではまともなライン


    【主観で車種ごとの高速道路での動きについて語っていくから聞いてくれ!】の続きを読む

    00

    1: 2016/09/11(日) 17:00:19.53 ID:CAP_USER

    http://gigazine.net/news/20160831-slowly-fast-lane/

    高速道路の追越車線をゆっくりと走行するドライバーを目にすることがありますが、このような行為は
    交通事故の原因となるため避けるべきであることが知られています。Voxが作成する以下のムービーを見れば、
    なぜ追越車線をゆっくり走るべきでないのかが一発で理解できます。なお、ムービーはアメリカの交通規制をベースに作成されているので、
    日本とは左レーン・右レーンの概念が逆であることには注意が必要です。
    世の中には2種類のドライバーがいます。一人は、左レーンをゆっくり走るドライバーにイライラする人。

    Vox編集部だと彼のような人。
    もう一人は左レーンをゆっくり走ることがまったく気にならない人。
    私のような人です。
    しかし、一般的に追い抜き用の「追越車線」という意味合いのある左レーンに速度の遅いドライバーが居座ると、
    後ろからきた速いドライバーの追い抜きで大きな支障が生じ得ます。
    右レーンから追い抜けなかったあるドライバーが強引に路肩からの追い抜きを試みたところ……
    追い抜こうとした自動車に接触。
    さらには右レーンを走っていたトレーラーも巻き込んだ大事故になってしましました。
    相対的に速度の遅いドライバーが左レーンにいると……
    後ろからきた速いドライバーは、左レーンの遅いドライバーを追い抜くために右レーンに車線変更をして……
    再び左レーンへ車線変更をする必要があります。
    相対的にたった時速5マイル(時速約8キロメートル)遅いドライバーが左レーンにいるだけで……
    先ほど見たような多重クラッシュが発生し得るのです。
    最もよい交通スタイルは、「左レーンは追い越し用にのみ利用する」ということが分かっています。
    速いドライバーは左レーンを走行すれば、事故につながる危険性の高いレーンチェンジは劇的に減ります。
    さらに速いドライバーが後ろから来た場合は、左レーンを走るドライバーは右レーンに車線変更をすれば……
    万事解決。これが徹底されれば渋滞や事故が劇的に減ることが分かっています。
    しかし、実際にどうなっているかというと、以下の映像の通り左レーンは混んでいて右レーンがガラガラという有り様です。
    しばしば「左レーンは追い越しのためだけに利用しましょう」という注意がなされますが、ほとんど守られていません。
    車線変更の危険性は実証されており、スピード超過走行の場合よりも高いことさえ分かっています。
    相対的に時速5マイル(時速約8キロメートル)遅いドライバーは、時速5マイル速いドライバーよりも交通事故を引き起こす危険性が高いことも分かっています。
    この事実をもとにして、アメリカの多くの州では左レーンをゆっくり走ることが禁止されています。
    29州では周りよりも遅い速度で走行する自動車は右レーンを走行することが義務づけられています。
    より厳しい11州では、左レーンは追い越しにのみ利用できると定められています。
    これまではスピード違反ほどは注意されてこなかった左レーンのゆっくり走行は、近年、危険性ゆえに警察の取締対象となってきています。
    ワシントン、テキサス、オハイオなどの州では、左レーンのゆっくり走行を取り締まる大々的なキャンペーンが行われています。
    「あなたが停車を求められたのは、左レーンをゆっくりと走行していたからです」と、ドライバーに説明する警官。
    他にも左レーンをゆっくり走るべきでないことを示すはっきりとした事実があります。
    それはドイツのアウトバーン。
    速度制限のないこの高速道路ですが……
    事故発生率はアメリカのフリーフェイを下回ります。
    この原因は、右レーンが走行車線で左レーンは追越車線というルールが守られているから。
    交通事故を減らし、快適な交通環境を実現するために、多くのドライバーが走行車線と追越車線の意味をしっかりと理解し、ルールを守ることが求められています。


    【【研究】高速道路の追越車線をゆっくり走行することはスピード違反行為よりも有害】の続きを読む

    1: 2016/06/14(火) 19:30:38.24 ID:cNc8oiI50 BE:736790738-PLT(12000) ポイント特典

    サービスエリア限定の女子向けソフトクリーム3選

     女優の本田翼さんが先日、友人3人と女子旅ドライブを満喫。
    その際にサービスエリアのグルメを堪能した様子をインスタグラムにアップしていました。

     ドライブ途中での楽しみといえば、やっぱりグルメですよね。
    そこで、高速道路サービスエリアで食べたい、人気ソフトクリームを3つご紹介します。

    ●ももソフト/東北道 安達太良SA(下)

    福島産の桃の果汁を使った、スッキリした味わい!意外と大人の味で人気。

    ●デリシャスとまとソフトクリーム/東北道 長者原SA(下)

    糖度8度というデリシャスとまとの濃い~甘みとスッキリした酸味が楽しめる一品。

    ●ピーナッツソフト/東関東道 酒々井PA(下)

    千葉産のピーナッツペーストを使用したソフトクリーム!ちなみにここでは、千葉県産の牛乳を使った牛乳ソフトも人気だとか。

     夏はソフトクリームが一段と美味しい季節。そんな高速道路グルメを目的にした女子旅に出かけてみるのも楽しそうですね。

    http://asajo.jp/excerpt/11998


    【高速道路SA・PA、道の駅でご当地ソフトクリーム食べてる女子ってなんなの?】の続きを読む

    1: ダイビングエルボードロップ(茸)@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 21:56:18.43 ID:wToesE1v0.net BE:663621836-PLT(12001) ポイント特典

    高速道「時速120km」で吹き荒れる軽自動車への大逆風
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/178703/

    警察庁が、高速道路の最高速度を時速120キロに引き上げる方針を明らかにした。
    まずは静岡県の新東名高速と岩手県の東北道が対象だが、そのほか関越道、常磐道、東関東道、
    九州道も安全性の問題は生じないという。いずれはすべて引き上げられるのだろう。その影響は、何かと逆風にさらされている“日常の足”に及びそうだ。

     それにしても唐突だった。新東名を運営する中日本高速道路も、「引き上げの方針は承知していますが、
    どの区間になるのかも分からない」(広報室)と戸惑い気味。もともと新東名は120キロで通行する前提でつくられているとはいえ、いきなりの発表に驚いたようだ。
     警察ジャーナリストの寺澤有氏は、「特別会計の廃止が影響している」と言う。
    「高速道路の100キロ制限は、1963年の名神開通時から変わっていません。当時に比べると道路も車の性能も格段によくなっています。
    それなのに上限を維持してきたのは、スピード違反を取り締まりやすいから。120キロもOKとなれば、反則者が減るのは明らか。
    違反ドライバーが支払う交通反則金は警察の特別会計の財源で、違反が減れば裁量も減ったわけです。
    ところが2014年度から、この特別会計が廃止され、多い時で年間1000億円に上るカネはすべて一般会計に回されるようになった。
    警察からすると、スピード違反を取り締まるうまみも減ったのです」


    【高速道「時速120km」で軽自動車に大逆風…追い越し車線をずっと走る車取り締まりへ】の続きを読む

    このページのトップヘ