高速道路

    20170416161121

    1: 2018/06/15(金) 22:07:06.99 ID:b7B93q7M0 BE:736790738-PLT(12000)


    道の駅「みなみやましろ村」
    府内18番目、来場者50万人突破 村産・抹茶の新商品人気 /京都

     南山城村の国道163号沿いの道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」の来場者が13日、50万人を突破した。
    昨年4月15日に開業し、週末には1日で村の人口(今年5月31日現在2787人)を超える買い物客らが訪れる。
    売上額は1年2カ月で目標を約1億円上回る約4億8000万円に達する勢いという。

     府内で18番目の道の駅で、少子高齢化に直面する村は地域活性化の重要拠点に位置づけている。
    運営する「株式会社南山城」が村産の抹茶などを活用した新商品を次々と開発。
    一番人気の「村抹茶ソフトクリーム」(400円)などのオリジナル商品は約60種を数える。
    今年4月15日の開業1年で来場者が40万人を超え、売上額は約3億9000万円を突破していた。

     その後も平日もにぎわい、担当者は「2年目は年間売上5億円が目標」と話す。
    13日から期間限定で京丹後の琴引浜の塩と村産の米で作ったせんべいをトッピングした新商品「抹茶塩ソフト」(450円)を販売している。

    https://mainichi.jp/articles/20180614/ddl/k26/040/462000c


    【高速道路SA・PA、道の駅でご当地ソフトクリーム食べてるおっさんってなんなのwwwww】の続きを読む

    1: 2018/06/15(金) 15:18:42.77 ID:CAP_USER9

    2018年6月15日 14時31分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180615/k10011479291000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007
    no title


    片側1車線の高速道路で、車が対向車線にはみ出す事故を防ぐため、国土交通省は、全国の対面通行区間のおよそ半分を対象に、「ワイヤーロープ」と呼ばれる金属製のロープを、センターラインに設置することを決めました。
    国土交通省によりますと、全国の高速道路のうち4分の1に当たるおよそ2900キロは、片側1車線の対面通行区間で、車が対向車線にはみ出し衝突する事故が相次いでいます。

    こうした事故を防ぐため、国土交通省は去年、センターラインに置かれている軟らかい樹脂製のポールを、金属製のロープを束ねたワイヤーロープに変更し、車のはみ出しを防ぐ対策を一部の路線で試験的に行いました。
    その結果、試験区間でのはみ出し事故は1件と、おととしの45件から大幅に減り、事故の減少に効果があることが確認されました。

    これを受けて国土交通省は、技術的に設置が難しい場所を除き、全国の対面通行区間のおよそ半分に当たる1500キロを対象に、おおむね5年後までにワイヤーロープを設置することを決めました。
    車線を増やす工事のめどが立っていない区間などで、優先的に設置を進める方針で、石井国交大臣は、15日の閣議のあとの記者会見で、「具体的な設置の進め方は、過去の事故の発生状況などを踏まえ、警察などの関係機関とも協議して決定したい」と話していました。


    【高速道路のはみ出し事故防止 金属製ロープ設置へ】の続きを読む

    1660009

    1: 2018/05/25(金) 15:19:14.56 ID:CAP_USER

    江戸・東京のシンボルである日本橋が高速道路の陰に隠れてしまってから55年が経過した今、上を通る高速道路を地中に通す計画が固まった。しかし、その計画は莫大な費用と高い技術、そして長い年月を必要とする。中国メディア・中国新聞網は24日、「日本が1.2キロの高速道路を地下化するのに、数千億円をかけようとしている」と伝えた。

     記事は、国土交通省が22日に開いた会議で、日本橋の上を通る首都高速道路を地下に移設するプロジェクトについて、コースのプランを決定したと紹介。約1.2キロメートルの地上部分を撤去し、地中に約700メートルのトンネルを新たに掘り、既存の同高速道路八重洲線の地下部分とつなげる計画であるとした。

     そのうえで、「地下には上下水道、電力、通信、ガスなどのインフラが網の目のように張り巡らされているうえ、地下鉄線も複数通っている。それゆえ、日本メディアはとても難しい工事で、総工費は数千億円に達する見込みだと伝えている。一方、地下化が実現すれば日本橋周辺の景観はより美しくなり、多くの利益を生むことになる」と紹介している。

     また、工事は2020年の東京五輪後に始まり、完成までには少なくとも20年以上の歳月がかかる見込みだと伝えた。

     「1.2キロ区間を20年以上かけて工事」というのは、猛スピードでインフラ整備を進めてきた今の中国にとっては大きな驚きかもしれない。中国のネットユーザーからは「これは中国だったらあっという間だろうな」、「さすがは匠の精神の日本。この総工費と工期を見たら、マリアナ海溝まで掘ろうとしているのかと思ってしまう」、「20年かけてトンネルを作った時には、世界の乗り物がみんな空を飛び始めているかもよ」など皮肉を交えた感想が見られた。
    http://news.searchina.net/id/1660009?page=1


    【【道路】日本の高速道路、たった1キロを地下化するのに20年!?中国ネットが驚きと嘆息】の続きを読む

    d

    1: 2018/05/12(土) 18:22:49.03 ID:CAP_USER9

    乗りものニュース5/12(土) 14:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-00010003-norimono-bus_all

     高速道路のSA・PAは近年、設備やサービスなどが充実し、マスコミなどでもたびたび取り上げられていますが、一方で駐車マス不足も顕在化しているようです。

    NEXCO西日本は管内の全SA・PAについて駐車場の利用実態調査を進めており、2018年3月までに約180か所で完了しています。その結果、大型車については平日夜間を中心に70%以上のSA・PAで、小型車については休日昼間を中心に50%以上で駐車マスが不足しており、慢性的な混雑が確認されたといいます。原因と対策を同社に聞きました。

    ――駐車マスが不足している場所の傾向や、原因はどのようなものでしょうか?

     大型車については、仮眠や時間調整のため長時間駐車される方が増えている点が挙げられます。物流業界で運行管理が厳格化していることから、SAやPAへの立ち寄り回数も増えており、特に名神高速や山陽道など、東西方向の広域的な物流を担う道路で、時間帯によって駐車マスが不足している傾向です。

     小型車については、はっきりとした原因は分析できていないものの、大型車と同様に立ち寄り回数は増えています。たとえば四国や九州南部、西部など、どちらかといえば観光需要の高い場所を中心に不足傾向が見られます。

    (全文は配信先で読んでください)


    【【話題】高速SA・PA、駐車マスが足りない!大型車用は全国的に不足傾向、マナー違反も一因】の続きを読む

    cutepig

    1: 2018/05/09(水) 16:10:34.24 ID:QTMW09FT0 BE:323057825-PLT(12000)


    午前8時すぎ、かすみがうら市内の常磐道・上り千代田パーキングエリア付近で「ブタがいる」と警察に通報がありました。
    警察などが駆けつけたところ、体長1メートルほどのブタ一匹が、中央分離帯で草を食べていたということです。

     ブタは警察などによって捕獲され、現在は谷和原インターチェンジで保護されているということです。警察は常磐道を走っていた車から転落したか、逃げた可能性があるとみて、持ち主を探しています。

    常磐道にブタ現れる
    https://www.mbs.jp/news/zenkokunews/20180509/3364892.shtml


    【「高速道路にブタが走っている」常磐道にブタ出現wwwww】の続きを読む

    sirabee20180426kousokukowai1-600x400

    1: 2018/04/28(土) 17:43:52.14 ID:m+jXc9pY0● BE:485346416-2BP(2000)

    世間はいよいよ大型連休・ゴールデンウィークに突入。行楽地や実家に向かう人で高速道路が大渋滞になり、まったく車が動かないことも珍しくない。

    ただでさえスピードを出しているためなどで、危険なこともある高速道路。イライラするからか、久しぶりの運転者が多いからか、いつも以上に危険を感じ、ひやっとする瞬間が増えがちだ。



    ■高速道路で危険を感じたことがある?
    しらべぇ編集部では、全国の20代~60代の運転免許証を持っている人1,058名に、高速道路で危険を感じたことがあるかを調査。
    結果、中高年男性の割合が高く、60代男性は75.2%が「ある」と回答。長年運転していることもあるだろうが、かなり高い割合といえる。

    一方、20代男性は28.6%と女性を合わせても最低の数字に。免許を持っていても車を運転していなかったり、安全運転を心がけていたりするのだろうか。

    ■危険を感じる瞬間3選
    かなり多くの人が危険を感じている高速道路。一体どのような場面で、「危ない!」と感じるのだろうか。トラックドライバーのAさんに話を聞いた。

    ①急な車線変更

    「後ろもろくに確認せず、突然ウインカーを出して、車線変更してくる車はかなり危ないと感じます。普通は後ろをよく確認するものだけど、別車線を走る車が目に入らないようで…」



    ②渋滞時の最後尾がハザードを点けない

    「渋滞の最後尾車がハザードを出さないとき、少し危ないなと思います。法律で決められた行為ではないのですが、点いていることによって『この先渋滞なんだな』と後続車がわかる。できれば点けてほしいですね」



    ③無理な追い越し行為

    「自分の運転によほど自信があるのか知りませんが、追い越し車線と走行車線をスルスルと抜けるように追い越す車。追い越される側としては、危険極まりなく、大事故の不安を感じてしまいます。実際にそういう運転をしていた車が中央分離帯に衝突し、車が派手に宙を舞うシーンを見た同僚もいます。自殺行為ですよね」



    普段運転しない人はもちろん、プロのドライバーでも交通量の増えるゴールデンウィークは、不慣れな運転者の急な車線変更を避けるなど、巻き込まれる形での事故の危険も高まる。

    高速道路を利用する時はもちろん、一般道でも、くれぐれも安全運転を。
    https://sirabee.com/2018/04/28/20161600611/


    【大型連休で利用者が増える高速道路、危険を感じる瞬間3選】の続きを読む

    no title

    1: 2018/04/12(木) 18:24:24.82 ID:CAP_USER

    2018年04月11日 19時00分 公開
    高速道路マップを「JR路線図ふう」にするとどうなるか 「この発想はなかった」「驚くほど見やすい!!」みんな目からウロコ
    パッと見て全体像が分かるー。
    [高橋ホイコ,ねとらぼ]

     首都圏の高速道路網を“鉄道の路線図ふう”に表した「JR東日本風高速道路マップ 東日本版」が、「すごい、超分かりやすい」「驚くほど見やすい」「パッと見て全体像が分かる」と話題になっています。

     発想の素晴らしさもさることながら、いつも見ている電車の路線図ふうにするとこんなにもスッキリと理解できるようになるのかと感心します。制作者のあべっちさんに制作の意図、分かりやすさの工夫や秘密を聞きました。



    JR東日本公式路線図のフォーマットを忠実に再現

     JR東日本風高速道路マップは、一見するとJR東日本の路線図のようですが、路線名は「C1 都心環状線」「C2 中央環状線」などに、
    駅名も「江戸橋」「箱崎」「川崎浮島」などとインターチェンジ(出入口)やジャンクション(合流地点)の拠点名へ、自然に置き換えられています。

     制作した“あべっちチューブ”のあべっちさんによると、こだわりのポイントは、JR東日本の公式路線図に敬意を表し、そのフォーマットを忠実に再現し、分かりやすく表現するように努めたこと。
    フォントもJR東日本の路線図と同じのものを使用しています。首都高速道路が管理する「首都高速」と高速道路会社(NEXCO)3社による「高速道路」「自動車専用道路」は別の図になっていることも多いのですが、
    これを1枚にまとめています。東日本版では、JR東日本の東京近郊路線図とほぼ同じ範囲を収録しています。

     制作のきっかけは、JR東日本の路線図を見ていて、ふと「高速道路でやってみたら面白いのでは」と思い付いたことだそう。2016年8月から約1カ月かけて制作し、9月に公開。
    公開から約1年半が経過した2018年3月末にTwitterで話題となりました。公開直後にも反響はあったものの、2018年3月末時点の反響はそれ以上あったそうで、とても驚いているそうです。

     かなり複雑な首都圏の高速道路網も、鉄道の路線図ふうにするとスッと頭に入ってきます。これが鉄道路線図マジックなのでしょうかね。

    ――「JR東日本風高速道路マップ」が話題ですね! どんな感想が多かったですか?

     「分かりやすい!」が多いですね。「面白い!」「ずっと見ていられる」と言ってくださる方も多く、うれしい限りです。

    ――元になったJR路線図は、なぜ、どの辺が分かりやすいのでしょう。

     路線ごとの快速、特快などの細かい停車駅パターンは省き、駅を中心に載せているので視覚的に理解しやすいのだと思っています。あくまで「駅一覧」という点に重点が置かれているのですね。
    そして、乗り換え駅を黒地にして拠点になる駅を効果的に目立たせています。多少の地理感覚があればパッと目的地を探せるのが便利ですよね。

    ――作ってみて気が付いた「JR路線図のすごいところ」もありましたか?

     本当にていねいに作り込んでいるなと思いました。駅名の1つ1つにローマ字も振られています。そういう細かいところにもミスがありません。



    ――制作で苦労した点は?

     カーブの処理が大変でした。わりと適当に曲げているので、カーブごとにバラバラなのです。もう1つは誤字やミスの修正です。こちらはTwitterで公開してからたくさんの方から指摘をいただきました。
    指摘を元に都度修正してアップデートしているのですが、それでもまだミスが見つかります。特にローマ字表記は読み方を間違えることなく、またつづりを統一するのが大変でした。

    ――今後の予定は?

     「関西地区版」も制作しようと思っています。東日本版の高速道路マップも随時更新しています。「あべっちチューブ」に時々遊びに来てください。サイトには「渋谷駅大解剖」も掲載しています。時間に余裕がある方はぜひご覧ください!

     知人が運転する車には乗るものの、実はまだ運転免許を持っていないというあべっちさん。先日、箱崎ジャンクションについて調べていたところかなり面白い構造だと知り、いつか行ってみたいと思い始めたそうです。
    あべっちさんのお気に入りは大橋ジャンクション。「マジか、いつまで回るんだ」感がたまらないのだそうです。

     「JR東日本風高速道路マップ 東日本版」は、あべっちチューブからダウンロードできます。

    (高橋ホイコ)

    関連リンク
    あべっちチューブ

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/11/news119.html
    Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


    【高速道路マップを「JR路線図ふう」にするとどうなるか 「この発想はなかった」「驚くほど見やすい!!」みんな目からウロコ】の続きを読む

    iew

    1: 2018/04/12(木) 11:49:38.49 ID:XdJrgcGr0● BE:842343564-2BP(2000)

    いったいなぜ!?高速道路で逆走車に出くわしたときの対処法
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00010000-autoconen-bus_all


    高速道路上で発生するトラブルのなかで、近年特に話題に上がることの多いものが逆走車によるトラブルです。

    自分が逆走してしまった場合はどうすれば?

    本来一方通行であるはずの高速道路で逆走車が発生してしまう原因としては以下のようなものがあります。

    ■逆走はこんな場所・こんなときに起こりやすい!

    ・高速道路の出口から進入してしまった為そのまま逆走

    ・Y型平面交差のICで誤ってオフランプに進入し、そのまま本線を逆走

    ・ SAやPAから入り口に出てしまい、そのまま本線を逆走

    ・行き先の方向を間違っているのに気づき、料金所やJCTでUターンして逆走

    ・降りる予定手前のICやJCTに誤って進入してしまったため、本線に戻ろうとして反対車線との合流点でオフランプに侵入し逆走

    ・認知症や精神異常などが原因で、高速道路に進入したことに気付いていない

    このように逆走してしまう要因はさまざまですが、逆走には故意のものと過失によるものがあります。

    高速道路は走行速度が速いので、例えばお互いが時速80キロで走っていたとすると、相対速度は160キロにもなります。そのため、逆走車が居ると判断してから回避行動を取ったとしても避ける事が難しく、正面衝突などの重大事故に発展してしまうことが多いのです。

    高速道路での逆走車は、既に通報されていれば情報版やハイウェイラジオで知ることができますが、突然目の前に現れる可能性も大いにあります。

    それでは、実際逆走車に遭遇してしまった場合はどうしたら良いのでしょうか? 以下にまとめてみましたので対処法をおさらいしておきましょう。


    【高速道路で逆走車にでくわしたらどうしたらいいの?「十字を切って神に祈る」】の続きを読む

    このページのトップヘ