高速道路

    f

    1: 2018/08/15(水) 10:19:26.48 ID:CAP_USER9

    海老名SAは4つの「日本一」 人気店目的で訪れる人も

    バラエティ番組のサービスエリア(SA)グルメ特集などでは、必ずと言ってよいほど紹介されるのが海老名サービスエリアです。
    「日本一」と紹介される機会も多いのですが、海老名SAには「日本一」を飛び越えて「世界一」の記録を持つものや、「日本初」となるものも存在します。

    日本で最も利用者数が多い海老名SAの魅力を画像でチェック(14枚)

    首都圏で東名高速を利用する人なら、一度は訪れたことがあるであろう海老名SAは、休日になると上下線を合わせて1日の平均利用者数は10万人を超えるといいます。
    なぜこれほどまで人気があるのでしょうか。

    海老名SAがオープンしたのは、1968年。この年の4月に東名高速道路 東京IC~厚木IC間の開通に合わせる形で開業しました。ちなみに港北PAも同時オープンしています。
    大規模リニューアルで現在の形に整備されたのは下り線が2011年4月で、このとき、レストラン、フードコートの座席を185席から258席に増設し、
    新たに高速道路初出店となるシリアルスイーツ「シュガーバターの木」をはじめとした新たなお店がオープンしました。

    一方、上り線は2017年7月に EXPASA海老名としてグランドオープンし、従来からあった1階の店舗には高速道路初出店の「柿安」や人気スーパー「成城石井」、
    2階のフードコートには、「ザボン」や「たいざん」など東名沿線の人気店がずらりと顔を揃えています。

    ●気になる海老名SAの「日本一」とは
    ・利用者数
    ・利用車両台数
    ・日本にある高速道路SA/PAの売上高
    ・レストランやカフェ、コンビニなどの店舗数

    ざっと挙げるだけでも海老名SAにはこれだけの日本一があるのです。

    近年はそのほかのSA/PAも大幅リニューアルされて規模も大きくなっていますが、海老名サービスエリアのダントツ人気はどんな理由からなのでしょうか? 
    海老名SAを管理しているNEXCO中日本の広報室に聞いてみました。

    「海老名サービスエリアは東京から東名高速に入って約30kmという場所にあるため、交通量が多いという理由もありますが、週末は多くの家族連れでにぎわっており、ファミリー層の利用が多いことも特徴です。
    ベビー用品の販売やベビー用の施設が充実していることで、赤ちゃん連れでも安心してご利用になれます。
    SA内は高速道路初出店のお店も複数あり、テイクアウトのお店も豊富で、2階のフードコートにも数多くの名店が揃っています。海老名サービスエリアを目的に訪れるお客様が多いことも、利用者数が多い人気の理由だと思います」

    ●2016年10月1日~2017年9月30日の1日平均利用者数(※NEXCO中日本管内SA/PA)

    1位 海老名(下) 平日2万8000人 休日5万6000人
    2位 海老名(上) 平日2万人 休日4万5000人
    3位 足柄(下)  平日2万2000人 休日4万2000人
    4位 足柄(上)  平日1万7000人 休日3万人
    5位 談合坂(下) 平日1万6000人 休日2万9000人
    6位 談合坂(上) 平日1万6000人 休日2万7000人

    なお、NEXCO東日本管内トップの守谷SA (下)は平日14400人、休日21700人。同西日本トップの草津PA(下)では平日1万6000人、休日2万7000人とのこと。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00010000-kurumans-bus_all
    8/15(水) 7:10配信

    no title

    メロンパン


    【【交通】何が日本一? 1日10万人超も訪れるサービスエリア「海老名SA」人気の理由 海老名メロンパン】の続きを読む

    1: 2018/08/14(火) 14:51:33.93 ID:rtvOuma90 BE:323057825-PLT(12000)


    ■渋滞している本線への合流ポイントは?

     この時期、故郷への帰省や夏休みの旅行などで高速道路を利用する機会がふえてきます。当然、場所によっては数十キロという渋滞も発生します。

     交通集中や事故、故障車など渋滞の原因は色々ありますが、インターチェンジから高速道路に入ってきた車や、
    サービスエリアから出てきた車が本線に戻る際の「合流地点」も交通量が多い時期には激しく渋滞し、また接触事故が起きやすい場所でもあります。

     渋滞している本線に合流する際、どこから入るのが安全、またマナーとしても正しいのでしょうか?
     NEXCO中日本広報室に正しい合流ポイントについて聞いてみました。

    ――本線も加速車線も車が詰まっているときには、どこから本線に合流するのが正しいのでしょうか?

     渋滞している本線を横目に見ながら通過して先頭で入るのは気が引ける…と考えるドライバーもいるようですが、
    渋滞時であっても本線に合流する正しい地点は加速車線の先頭です。
    理想的には、加速車線の先頭で本線を走る車と交互に1台ずつ入る形になります。これが最も安全で、車の流れを極力妨げない方法です。

    ――実際、渋滞している本線上で少し車間が空いているような場所で入る車が多いですよね?

     そうですね。ですが、実際は渋滞で加速する必要がないとしても加速車線の先頭で、1台ずつ交互に入ることを推奨しています。
    本線上で、ちょっと車間が空いている場所を見つけて、右ウィンカーを出して割り込みするような形で合流する車も少なくないですが、
    接触事故や新たな渋滞を引き起こす原因にもなります。
    加速車線を使い切っての合流をお勧めします。

    先頭での本線合流はズル? 多くの人が勘違い…渋滞時の本線合流、正しい位置とは
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180814-10333775-carview/
    no title


    【高速道路、渋滞時の合流 すぐに合流するのはNG!NEXCO「加速車線の先頭まで行ってから合流して」】の続きを読む

    h

    1: 2018/07/04(水) 18:09:12.30 ID:CAP_USER9

    8月11日・12日は休日割引の適用外に

     国土交通省道路局とNEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、本四高速、宮城県道路公社は2018年7月4日(水)、お盆期間の渋滞対策の一環として、高速道路通行料金の休日割引適用日を試験的に変更すると発表しました。

     8月11日(土・祝)と12日(日)は休日割引の適用日とせず、代わりにその前の9日(木)と10日(金)を休日割引の適用日に変更します。分散利用を呼び掛けることで、お盆期間における高速道路の交通量の平準化を目指すといいます。

     休日割引は、観光需要を喚起し地域の活性化を図ることを目的としたもので、土休日(1月2日・3日含む)に、ETC搭載の軽自動車等と普通車が地方部の高速道路(一部除く)を通行する際に適用されます。割引率は3割です(本四高速は別)。

     なお、NEXCO中日本が管理する安房峠道路と、NEXCO西日本が管理する広島呉道路は、今回の変更の対象外とされます。

     国土交通省道路局などは、お盆期間における適用日変更の効果と影響を分析し、今後、年末年始やゴールデンウィークなど、特に交通量が増える期間での適用を検討していくとしています。

    2018.07.04
    乗り物ニュース
    https://trafficnews.jp/post/80876


    【【高速道路】お盆期間の高速ETC休日割引、8月11日(土・祝)と12日(日)→平日の8月9日・10日に変更 交通量の平準化目指す】の続きを読む

    k

    1: 2018/06/26(火) 12:07:54.697 ID:o95c1Mxk0

    二車線の左側走ってたらミラーを見ると超絶猛スピードでトラックが迫ってきて追突寸前のギリギリで急ハンドルで車線変更して追い越してった

    トラックを避ける為に俺が右に避けるか瞬間的に悩んだけど避けなくてよかった


    【昨日高速道路を法定速度で走ってたら声出してビビったwwwww】の続きを読む

    20170416161121

    1: 2018/06/15(金) 22:07:06.99 ID:b7B93q7M0 BE:736790738-PLT(12000)


    道の駅「みなみやましろ村」
    府内18番目、来場者50万人突破 村産・抹茶の新商品人気 /京都

     南山城村の国道163号沿いの道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」の来場者が13日、50万人を突破した。
    昨年4月15日に開業し、週末には1日で村の人口(今年5月31日現在2787人)を超える買い物客らが訪れる。
    売上額は1年2カ月で目標を約1億円上回る約4億8000万円に達する勢いという。

     府内で18番目の道の駅で、少子高齢化に直面する村は地域活性化の重要拠点に位置づけている。
    運営する「株式会社南山城」が村産の抹茶などを活用した新商品を次々と開発。
    一番人気の「村抹茶ソフトクリーム」(400円)などのオリジナル商品は約60種を数える。
    今年4月15日の開業1年で来場者が40万人を超え、売上額は約3億9000万円を突破していた。

     その後も平日もにぎわい、担当者は「2年目は年間売上5億円が目標」と話す。
    13日から期間限定で京丹後の琴引浜の塩と村産の米で作ったせんべいをトッピングした新商品「抹茶塩ソフト」(450円)を販売している。

    https://mainichi.jp/articles/20180614/ddl/k26/040/462000c


    【高速道路SA・PA、道の駅でご当地ソフトクリーム食べてるおっさんってなんなのwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ